ギターを弾き始めて2カ月ほどです
教室などには通っておらず、教本で練習しています
教本でわからないことがあったので質問させていただきます

ダウンのみのパワーコードは何とか弾けるし、
オルタネイトも全弦を弾くコードではできるのですが、
パワーコードのオルタネイトピッキングができません
となりの弦に引っかかったり変にからぶったり、リズムが狂ったりしてしまいます
上手く弾くコツがあれば教えていただきたいです

もうひとつ、
ミュートをどうかければいいのかわからないのですが、
左手のミュートはコードの形とセットで覚えておいた方がいいのでしょうか?

そして
疑問に思っていることなのですが
ブリッジミュートとブラッシングの違いは
右手でかけるか左手でかけるかだけですか?
使い分ける理由がいまいちわかりません・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どうもこんにちは。

僭越ながら回答差し上げたいと思います。

まず
○パワーコードのオルタネイトピッキングができません
となりの弦に引っかかったり変にからぶったり、リズムが狂ったりしてしまいます
上手く弾くコツがあれば教えていただきたいです

こちらから。

初心者の方という事で、パワーコードの練習から入るのはとても良いと思います。
それはさておき、本題ですが
「隣の弦に引っかかる」というのは、ストロークに変な角度がついているか、ピックの角度が変になっているか、が問題なのではないかと推測します。
「からぶったり」するのはまずストロークに問題アリです。確実にブレています。
それと、力まないように。力はまったく必要ありません。

まず、ストローク。

ギターの断面を想像してください。
弦は若干の弧を描いて上から下に並んでいますね?理想のストロークはその弧の形状で上から下、または下から上へと描いていくストロークです。
これを意識しながらストロークするようにしてください。難しければ直線でもかまいませんが、変に横にブレたりはしないように。この時、肘は固定してほとんど手首だけでストロークするようにします。
手首の運動でブラブラさせる時のような動きだけで弾いてみて下さい。

肘を固定するだけでストロークも安定する事が分かると思います。


次は、ピックの角度。

基本はフラットです。つまり、弦と平行に

ピック→     -
弦→     ---------

です。
しかし少し弾きにくい。特に立って弾くと^^;

なので、「前下がりピッキング」にしてみます。

ピック→      /
弦→    前 --------- 後

これを基本にしてみて下さい。もちろん、弾き方はストロークの項で言ったように「手首ブラブラ」です。
ダウンもアップも常に「前下がり」です。ピックはあまりガッチリ持たないように。つまむだけで良いです。

慣れないうちはスローペースで練習すると良いでしょう。徐々にスピードを上げていけば良いです。

リズムが狂う原因はストロークの振り幅にバラツキがあるためです。ここも意識して練習しましょう。
曲に合わせて弾くとリズム感は鍛えられます。


○ダウンのみのパワーコードは何とか弾けるし、
オルタネイトも全弦を弾くコードではできるのですが、
パワーコードのオルタネイトピッキングができません

これは、アップピッキングがブレているのと、やはり力みすぎなのではないかと思います。
力んでても、ストロークが長いコード弾きならなんとか形にはなるのですが、3弦分~しかストロークしないパワーコードではブレが大きくなってきます。

やはり力を抜いてみましょう。


そこでこんなやり方も一つ…

パワーコードだからといっても、該当の3弦ないし2弦しか弾いてはいけないという決まりはありません。
人差し指、中指、薬指で押弦したあと、薬指と小指の間接部分で残りの弦を全てミュートします。
そこでおもむろに6弦全部ストローク!もちろん、アップでも全部ストローク!

これでも良いと思います。というか、ピッキングの勢いをつけるためにあえてそういう弾き方をする場合もあります。


どんどんいきましょう。

○ブリッジミュートとブラッシングの違いは
右手でかけるか左手でかけるかだけですか?
使い分ける理由がいまいちわかりません・・・

これは根本的に使い方が違います。

まず「ブリッジミュート」

これは、ミュートとしても使いますが、何よりロック的な「ズンズン」という刻みのサウンドを出すための奏法です。手のひらの小指側の腹の部分(ミュートさせる場所)の当て具合を調整して、ミュートなのかズンズンサウンドかを調節します。

では、「ブラッシング」

これはカッティング奏法とセットで考えると良いです。つまり、あえてミュートの「カツッ」という音を(複数弦で)出す効果音的な用途で使います。
ロック的な音でいうと「ギャギャッ」という感じでしょうか。

このような用途として使いますね。ミュートの用途としてムリヤリ分けると

右手で(ブリッジ側で)行うミュートがブリッジミュート
左手で(ネック側で)行うミュートがブラッシング

という感じでしょうかね?


ここからは蛇足です。

教本を用いて練習、との事ですが、やはり楽器は自分の好きな曲を弾いてナンボです(笑)
ぜひお好きな曲をどんどんコピーして下さい。そっちの方がおそらく、上達も早いと思いますよ!

良きギターライフを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に教えてくださってありがとうございます
練習してみます^^

アドバイスもありがとうございます
実は
初めはあまりコピーに興味がなかったのですが;
知ってる曲の楽譜を見つけたので弾いてみたら、
やっぱり楽しいですね!!
がんばります!!

お礼日時:2011/04/29 14:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエレキギターのパワーコードの押さえ方について

 エレキギターを始めて一ヶ月くらい経ちます。
今回パワーコードの押さえ方について疑問になる点があり、今回質問させて頂きました。
 
 肝心の質問ですが、
普段私はパワーコードの際に五度音は薬指で抑えています。
しかし、某動画サイトなどのギタープレイを見ていると、どうにも五度音を小指で押さえていました。
 
 そこで、小指で押さえるのと薬指で抑えるとの違いや、各々のメリット、デメリット、またこういう時は小指、ああいう時は薬指と言ったような使い分ける場面など教えて頂ければうれしいです。

 加えて上記の質問とは全くズレますがパワーコードの際、ルート音を親指で押さえる方法はありますのでしょうか。

 まだまだ「演奏」という段階ですらない自分ですが、先輩方々のご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

パワーコードの際の薬指と小指の使い分けに関しては、単純に弾きやすい方を選択するのでも問題はないと思います。特にルールはありません。ご自身の感覚で、臨機応変にやりやすいように対処するのが妥当です。
ただ、パワーコードの場合は薬指で押える方が、フレーズの自由度は高くなります。例えば、ボトムリフなどは5度のポジションを小指で押えていては対応できません。
現時点でパワーコードに薬指を遣って対応できているのであれば、そこで敢えて小指を遣うように矯正する必要はないと思いますよ。

パワーコードの際にルート音を親指で押えることに関しては、それで演奏に支障が出ないのであればありと見て良いでしょう。実際、6弦をほとんど親指で押えるスタイルのギタリストもいます。逆に、そうすることによって演奏に支障が出るようなら、避ける方が良いといえます。
こちらについても、演奏上支障のないやり方であれば問題なしとしても良いとでしょう。

参考まで。

Qギターの弾き方の種類について。エレキギターの弾きかたってコード弾きとア

ギターの弾き方の種類について。エレキギターの弾きかたってコード弾きとアルペジオと単音弾きの三種類でしょうか?またコードもローコード、ハイコード、パワーコードの三つでいいんでしょうか?

Aベストアンサー

>エレキギターの弾きかたってコード弾きとアルペジオと単音弾きの三種類でしょうか?

大きく分けると、そのとおりです。
基本的にはエレキもアコギも同じです。

ただ、実際の曲を聞くと分かるように、音色も使い方も違いますので、
当然エレキ特有の弾き方というのもあります。
その辺は、練習していくうちに分かってきます。



>またコードもローコード、ハイコード、パワーコードの三つでいいんでしょうか?

分け方がちょっと違いますね。

ローコードとハイコードは、押さえる場所の分類です。
開放弦を含めてローポジションで押さえるのがローコードで、
それ以外はすべてハイコードになります。
ハイコードといっても、押さえる場所はたくさんあります。

基本的なコードは、音階「ドレミファソラシド」の1番目、3番目、5番目、(7番目)の
音を組み合わせたものですが、1番目と5番目の音だけを使い、他を省略したのもを
「パワーコード」といいます。
ですので、ローコードやハイコードとは違う分類となります。
パワーコードは、コードの一種ですね。

分類するとしたら、

メジャーコード
マイナーコード
セブンスコード
その他のコード(パワーコード、テンション・コードなど)

ぐらいで理解されると、分かり易いでしょう。
詳細については、教則本等でご確認ください。

>エレキギターの弾きかたってコード弾きとアルペジオと単音弾きの三種類でしょうか?

大きく分けると、そのとおりです。
基本的にはエレキもアコギも同じです。

ただ、実際の曲を聞くと分かるように、音色も使い方も違いますので、
当然エレキ特有の弾き方というのもあります。
その辺は、練習していくうちに分かってきます。



>またコードもローコード、ハイコード、パワーコードの三つでいいんでしょうか?

分け方がちょっと違いますね。

ローコードとハイコードは、押さえる場所の分類です。
開放弦を含...続きを読む

Qパワーコードについて

とあるバンドのDVDをみてふと気づいたのですが
普通のパワーコードなのに弦の押さえ方が違うので疑問に思いました。
Main Riff (Distorted Guitar)
e|--------------------------|---------------------[0]-|
B|--------------------------|---------------------[0]-|
G|-------666------6---------|-------666------6----[0]-|
D|-666---666--44--6--6---4--|--666--666--44--6--6-----|
A|-666---444--44--4--6---4--|--666--444--44--4--6-----|
E|-444--------22-----4---2--|--444-------22-----4-----|
G#5 C#5 F#5 C#5 G#5 F#5 G#5 C#5 F#5 C#5 G#5


 このリフなのですが、普通3音のパワーコードって6弦、人差し指  5弦、薬指  4弦、小指じゃないですか?なのにその演奏者はこの押さえ方+なんか中指を曲げて2弦のあたりを押さえてました。
 これはミュート?なのでしょうか?なんか説明下手ですみませんがみなさんのご意見をお聞かせ願います。
 またパワーコードが綺麗に弾けるような弦の押さえ方や弾き方があったらご教授願います。長文失礼いたしました。

とあるバンドのDVDをみてふと気づいたのですが
普通のパワーコードなのに弦の押さえ方が違うので疑問に思いました。
Main Riff (Distorted Guitar)
e|--------------------------|---------------------[0]-|
B|--------------------------|---------------------[0]-|
G|-------666------6---------|-------666------6----[0]-|
D|-666---666--44--6--6---4--|--666--666--44--6--6-----|
A|-666---444--44--4--6---4--|--666--444--44--4--6-----|
E|-444--------22-----4---2--|--444-------22---...続きを読む

Aベストアンサー

質問に答えられないのは申し訳ありませんがパワーコードを綺麗に鳴らすというかパワーを持たせるコツは知ってます。なるべく弦と平行に当てるようにして三本しっかり弾いてみてください。こうすれば力強いパワーコードになるはずです。ちなみにこれはメタル仕込みの弾き方です。

QDコードやパワーコードを弾く時に・・・

こんにちは。
質問なんですが、ギターでDコードやパワーコードを弾く時に鳴らしたくない弦まで鳴らしてしまって困ってます。
(Dなら5弦、パワーコードなら押さえている弦以外の全部みたいな感じです。)
特にダウンピッキングとアップピッキングを交互に弾くと毎回鳴らしてしまいます。
なにか改善する方法でしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

非常に単純なことですが、鳴らしたくない弦をミュートすることと、余計な弦をピッキングしないことを徹底するのが良いでしょう。

ピッキングについては、余計な弦まで勢いで弾いてしまわないように、うまくコントロールするように気を遣うと良いでしょう。 単純にピックを振って弦を弾けばいいと、ずさんな意識にならないように、丁寧にピックをコントロールすることを意識することをお勧めします。 ピッキングに関しては、繊細なコントロールが必要で、見た目以上に難しいものですので、よく注意して取り組むと良いでしょう。
ピッキングのコントロールについては、手首をうまく使うようにすることをお勧めします。 スナップを利かせるとよく言われる動きになりますが、手首を回す動き(鍵を回す、扇子で扇ぐ、水滴を払うなどの動きを連想すると良いでしょう)をうまく活かすと、だいぶ楽になりますし、コントロールもしやすくなるでしょう。 力任せにピックを振り回すのではなく、力まないようにしてピックをうまく運ぶように気を遣うとより良いと思います。
また、ピックを動かす時に、ピックの先がどのような軌道を描くのかを、三次元的に把握することもお勧めします。 ピックの先の軌道については、あまり直線的に動くのは好ましい状態ではないように思います。 弧を描くような軌道の方が、動きとしては自然でしょう。 そうした軌道を意識した上で、その軌道がうまく目的の弦とだけ交錯するようにイメージしながら、ピッキングしてみるのも良いかと思います。

また、鳴らしたくない弦については、ミスピッキングでのノイズや、共振によるうなり等を防止する意味で、開放弦のままにしないようにするのが良いでしょう。 常に体のどこかが弦に触れているくらいでも、やりすぎにはなりませんので、積極的にミュートをかける癖をつけるのも良いと思います。
ミュートの方法については、とにかくどんな方法でも良いので、演奏に支障がなく、効果のある方法であればどんどん取り入れるのが良いでしょう。 弦を押える手でいえば、空いている指は鳴らさない弦に添える、弦を押えている指の指先を隣の弦のミュートにあてる、弦を押えている指を寝かせるような具合で指の腹で高音弦側をミュートする、親指を5~6弦あたりのミュートに当てるなど、ピッキングする手でいえば手の腹を低音弦側に載せる、ピックを持っていない指先を弦に触れさせるなど、色々とやれることはあると思います。 思いつく限りの方法を採用するのが良いでしょう。
Dコードで5弦を鳴らしたくない場合は、親指を伸ばして5・6弦をミュートするのが現実的かと思います。 パワーコードに関しては、弦を押えている人差し指をバレーの要領で寝かせてしまい、指先で押えているポジションの低音弦側の弦、腹で高音弦側全体をそれぞれミュートするのが良いかと思います。 また、薬指を使っているのであれば薬指も寝かせて腹で高音弦側をミュートするのも良いでしょう。 加えて、中指が遊んでいるのであれば、その指も伸ばして低音弦に触れてミュートするのも良いと思います。 いずれにしても、演奏に支障のない方法であれば、どんな手段でも使ってミュートするのが良いでしょう。

なお、ピッキングにしても繊細なコントロールが必要な操作になりますし、また音を出すだけではなく音を鳴らさないこと(ミュート)についても弦楽器では重要な操作になります。 上達を目指す上では、そのあたりの点についてよく注意を向ける必要があると思います。 そのあたりも意識して、丁寧に練習・演奏するように心掛けることをお勧めします。

参考まで。

非常に単純なことですが、鳴らしたくない弦をミュートすることと、余計な弦をピッキングしないことを徹底するのが良いでしょう。

ピッキングについては、余計な弦まで勢いで弾いてしまわないように、うまくコントロールするように気を遣うと良いでしょう。 単純にピックを振って弦を弾けばいいと、ずさんな意識にならないように、丁寧にピックをコントロールすることを意識することをお勧めします。 ピッキングに関しては、繊細なコントロールが必要で、見た目以上に難しいものですので、よく注意して取り組む...続きを読む

Qパワーコードの耳コピ方法なんですが

パワーコードの耳コピ方法なんですが
パワーコードだけで、アニソンとかを耳コピしたいのですが
そもそも耳コピのやり方がわかりません。
パワーコードなら簡単だと聞いたので、パワーコードで耳コピする方法を教えてください。

Aベストアンサー

えーと、質問者さんはギターをやるということでしょうか?
パワーコードというのは、2音または3音だけで作られたコード(和音)のことで
ギターで弾く時には、ルート音がきまれば自動的にほかの音の位置も決まります。
パワーコードなんかで検索してみれば出てくると思いますが、指の押さえ方はとても簡単です。

ルート音が決まればパワーコードが決まるので、耳コピするならまずルート音を聞き取る必要があります。
ルート音というのは、そのコードの中で一番低い音という認識でいいと思います。
ピアノがあれば楽なのですが、なくてもまずは6弦または5弦上からルート音を探してみてください。
音源を聞きながらフレットを1つずつ移動していって、同時にならして同じ音なら、それがルート音のはずです。

Q曲をピアノで弾いて、まんまのコードでギターで弾いてみたんですが何か音が

曲をピアノで弾いて、まんまのコードでギターで弾いてみたんですが何か音が違ってコードちがうんじゃないかって思うんですが、何かおかしいですか?

Aベストアンサー

コードネームを見て弾かれたということですね。
本来は、おかしいはずがありません。
「Cコード」なら、ピアノやギターに限らずどのような楽器でも、「ド・ミ・ソ」(C・E・G)を鳴らす約束になっています。楽器ごとに響きが変わってはアンサンブルやセッションが出来ません。
弾き間違いや勘違いはないでしょうか?

ギターのチューニングのピッチとピアノのピッチは合っているでしょうか?
ピアノは、a=442Hzに合わせてある場合が多いので、a=440Hzでチューニングしたギターとは微妙に合いません。

Qパワーコードとバレーコードについて

パワーコードはRootに5度を足した音でバレーコードは人差し指でセーハなどしたコードのことを言って、パワーコードとバレーコードはまったく別のものですよね?以前、友達がパワーコードのことを人差し指でセーハして・・・とか言っていたので。

Aベストアンサー

一般的には、バレーコードという言葉はコードフォームを形容した表現で、音楽的な根拠を持つ用語ではありません。ギター系楽器特有の俗語のようなものです。具体的には、人差し指でほぼすべての弦をバレーしながら押さえるコードフォームや、そうしたコードフォームを使って出すコードのことを指します。

一方、パワーコードというのは音程に根拠を持つ用語で、ご質問文にある通り特定の音程に完全5度の音程を加えた二つの音程からなる複音を指します。
基本的な和音は、基盤となるルート音、ルート音の響きを補完する完全5度、メジャー・マイナーの別を決定付ける3度(短3度or長3度)の3つの音程からなりますが、パワーコードはこのうち3度の音程を除いたものになります。ただ、単純に3度をオミットすればよいと言う訳ではなく、これにギター上で低音弦側を中心に展開するものという条件が加えられることも多々あります。
厳密なことを言えば、パワーコードには響きの長短を決める音程が欠けているため、コードとしては成立していません。その代わり、パワーコードでのバッキングにメロディーを載せる場合、スケールの選択の幅を広く取れるという特徴があります。あるいは、単音では響きが物足りない場合に、雰囲気を壊さずに響きを厚くすることができます。

パワーコードとバレーコードとは、定義が異なる用語になります。分けて捉えておくのが妥当です。
参考まで。

一般的には、バレーコードという言葉はコードフォームを形容した表現で、音楽的な根拠を持つ用語ではありません。ギター系楽器特有の俗語のようなものです。具体的には、人差し指でほぼすべての弦をバレーしながら押さえるコードフォームや、そうしたコードフォームを使って出すコードのことを指します。

一方、パワーコードというのは音程に根拠を持つ用語で、ご質問文にある通り特定の音程に完全5度の音程を加えた二つの音程からなる複音を指します。
基本的な和音は、基盤となるルート音、ルート音の響きを...続きを読む

Qエレキギターの教本を探しています(パワーコード・ギターソロ等)

私は今エレキギターを練習しています。
コードは大体弾けるようになったので、そろそろパワーコードやギターソロなどもやってみたいと思い、次の段階に入ろうと考えています。
今の私に丁度良いエレキギターの教本はありますか?
出来れば教本がいいのですが、もし丁度良いアーティストのスコアがあればそれも参考にしたいと思いますので、
誰のスコアが良いかを教えていただけると助かります。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メロディーを弾く事を念頭に置いたフィンガリングトレーニングの参考にするのであれば、具体的な練習方法を紹介している教本が使いやすいでしょう。その手の教則本としては、究極のギター練習帳シリーズや地獄のメカニカルトレーニングシリーズなどがよく挙がる本になると思いますが、それらの本については少々難度の高い奏法を指向する傾向があり、敷居が高いかもしれません。
これから練習を進めていきたいということであれば、「1日10分!ギター・ドリル ペンタトニック活用術」などはとっつきやすいかと思います。
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar1_data/02317203.htm

あるいは、基礎的なところを解説している教則本を復習を兼ねて見直してみるのも良いかも知れません。「究極のプレイフォーム」や「ギターがうまくなる理由 ヘタな理由」などは参考になる部分も多いでしょう。

なお、教則本以外にも、ギター関連の雑誌などを講読するのも手です。ギター雑誌は大抵練習方法について触れた記事がありますし、ギタースコアなども付属しているのが普通ですので、練習に役立てられることも多いと思います。

教則本に関しては、中身を確かめて活用できそうかどうかを確認した上で購入を決めるのが良いでしょう。また、一冊の本だけに頼らず、余裕があれば複数の本を参考にするつもりで臨むのも良いと思います。

参考まで。

メロディーを弾く事を念頭に置いたフィンガリングトレーニングの参考にするのであれば、具体的な練習方法を紹介している教本が使いやすいでしょう。その手の教則本としては、究極のギター練習帳シリーズや地獄のメカニカルトレーニングシリーズなどがよく挙がる本になると思いますが、それらの本については少々難度の高い奏法を指向する傾向があり、敷居が高いかもしれません。
これから練習を進めていきたいということであれば、「1日10分!ギター・ドリル ペンタトニック活用術」などはとっつきやすいかと思い...続きを読む

Qパワーコードの弾き方を教えてください

バレーコードはわかるんです。しかしパワーコードって、どうやって弾けばいいんですか?コード譜なるものはないのでしょうか。パワーコードを弾く際のフレット上の規則的なものを教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

パワーコードの場合、1~3(場合によって4)弦部分のみでコード
和音を作ってそこだけピックをあて、逆に4(場合により5)~6弦は
親指を軽くかぶせてミュートして弾くような感じになると思います。
コードの3音を全部出さずにベース音と5度上だけ弾く事もあります。

コード譜(タブ譜)で書いてある譜面もありますけど、人によって
違う押さえ方をする人もいますので、自分の弾きやすい押さえ方に
走るもよし、ギター入門ブックで一番一般的なポジショニング、
基本規則をとりあえず覚えてみるもよし・・・。絶対的な正解や
規則にこだわる必要はないと思います。余った指でsus4、add9、maj7
みたいな小節末の遊びコードを割り込ませるのも、好みやノリの
方がどっちかというと大きく影響すると思いますよ。

例を一つ上げるなら、FをDm7で弾いてしまうとかでしょうか。
1~3弦のポジションが同じですからね。

ウィキペディアなんかでもバレーコード、パワーコードなどは
キーワードを入れると簡単な理屈を説明した文が出ます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/

パワーコードの場合、1~3(場合によって4)弦部分のみでコード
和音を作ってそこだけピックをあて、逆に4(場合により5)~6弦は
親指を軽くかぶせてミュートして弾くような感じになると思います。
コードの3音を全部出さずにベース音と5度上だけ弾く事もあります。

コード譜(タブ譜)で書いてある譜面もありますけど、人によって
違う押さえ方をする人もいますので、自分の弾きやすい押さえ方に
走るもよし、ギター入門ブックで一番一般的なポジショニング、
基本規則をとりあえず覚えてみる...続きを読む

QCDに合わせてギターを練習するとき、イヤホンをつけて曲を流しながら、アンプに繋いだギターを弾いていま

CDに合わせてギターを練習するとき、イヤホンをつけて曲を流しながら、アンプに繋いだギターを弾いています。

CDに合わせて練習するときはどうやっていますか?

Aベストアンサー

アナログの外部入力端子のあるアンプなら、CDイヤホンの出力をそれにつなげば、ギターとCDとを一緒に聴くことができると思います。
最近は、CDでなくて、ipodやスマホをつなぐことができるアンプがあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報