タイトルの通りですが、原発反対で代替案をうまく提示しているサイトを探しています。

基本、『反対か賛成』でくくるのは間違っていると思っています。
当方、海外在住者ですが、ネットで日本の意見を聞いていると『白か黒』かの二極論に到達してしまっている現状が悲しいと思います。(一時の(今でも?)アメリカの民主党か共和党か、ブッシュか非ブッシュかのような分かれ方)

基本的にわたしは田口ランディー氏の立場に賛同しています。
非でもなく是でもなく、わからないという立場から専門家に聞き探る。

たとえば今メディアでもてはやされている反対派の人の意見も読んでいますが、具体性的にどうでしょう、という感じです。(例:広瀬隆、田中優)

例の『原発がどんなものか知って欲しい』についてはネット上の怪文書という意見も読みますし。
(参考:http://www.faireal.net/articles/6/12/#d20903

当方、製造業関係で日本は技術大国だとよく認識しております。日本の経済復興には新しいエネルギー開発が必要だと思っています。(新しいというが、新しくはないが効率改善開発といったところか)

ただ、原発反対と言われる意見に感情的なものが多く、わたしのような人は仕事上データが提示されないと信じられません。

どなたか、「おお、これは!」といわゆる「原発推進者」と呼ばれている(その言い方は間違っていると思うが)方でも関心しちゃうような代替論などみかけたら教えていただければと思います。

ちなみに、批判をするのは簡単、解決法を提供するのはもっとも困難。ですよね?
エコ系でやたら反対を叫んでばかりいる人に言いたい、だったら理工系学位をとって電池開発に従事しなさい!そのほうがよっぽどエコです!って。w


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

日本の地理的条件を活用したもっとも有効で安全なエネルギー対策です。


日本には多くの湾や海峡があります。
この湾や海峡を利用した潮流発電を大規模に行ないます。

例えば、東京湾の入り口の潮流エネルギーのほんの何パーセントかを利用すれば関東地域全体のエネルギー全てを賄うことができます。
潮流発電では1日の内、何時間か潮流は止まります。
そこで、潮流が大きくなる時のあまった電気で電気分解をして水素を発生させます。
そうして、この水素で潮流が止まった時に大規模燃料電池で発電して安定的な電力供給を可能にします。
潮流は毎日必ず起きますから、水素をそれ程多く貯蔵(原油は半年分を確保しているようです)する必要はなく危険性を最低限に抑えることができます。
瀬戸内海等では鳴門海峡と瀬戸内の湾では時間差があって潮流が起きますから組み合わせれば燃料電池無しで安定的な供給も可能です。
水素製造と燃料電池を地域毎に設置すれば潮流発電に問題が発生した場合は、その地域毎に一定期間最低限のエネルギーを保障する設備ともなります。

日本の技術力を結集すれば津波に耐える潮流発電や大規模燃料電池は比較的短時間で可能でしょうし、燃料が必要なくなりますから電気料金の引き上げ無しで電力供給が可能となります。
将来的には自動車は全て燃料電池となりますが、この発電システムは自動車用エネルギー全ても賄う事になるでしょう。
    • good
    • 0

太陽は地球に使い切れないほどのエネルギーを与えています。



しかし、曇りや緯度で弱くなりますが オーストラリアでは太陽光だけでクリアするようです。

風力発電エネルギーは現在人類が使っているエネルギーよりも多くのエネルギーを与えていますが

オランダの様に風が安定しているところはある程度 利用できると考えられますが、そんなに多くの場所では
期待できません。

水力は原発の25%の能力でも 位置エネルギーのある河川は日本には使っていてありません。

石炭3tと1gが同じエネルギーの原発に見合うものはありません。

核融合は私にとって興味があり、50年間共に情報を共有して来ましたが、最近の10年は目新しいことが
なく残念です。
研究炉から小さな商業炉にと期待されていたのですが、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
省エネルギーで生きるための製品

炊飯器 レンジなど500wテレビ16型 車 軽自動車250cc 普通車 600 800cc 住宅は外断熱

等を一度選択して 実行するか

原発の選択かを考える


代替論があれば原発は選択していないでしょう。
    • good
    • 0

>原発反対で代替案をうまく提示しているサイトを探しています。



そんなもの有りません。有ったら、原発なんか無くなっている。

もっともらしいことを書いてるが、原発の放射能が無くなった分、新たな問題が出てくるのに、そこは無視するか、気付かない振りをしている。そんなサイトがあるとすれば、非常に難しくて、普通の人にはまずわからないでしょう。

広瀬隆なんて、自然エネルギーを否定して、コンバインドサイクルガスタービンなんて言っているが、あれも水力と原発で定格分を担保し、変動分にガスタービンで対応する条件で成立している。ガスタービンなんて、そんなに長時間運転できるものではない。材料がももたない。

自然エネルギーは、生活パターンや思想も変えないと成立しないでしょう。文明論や哲学論にまで波及するので、わけがわからなくなる。だいたい、自然エネルギーは、系統制御の話なんか無視しているのが殆どです。ところで、系統制御ってわかります。

神奈川県の新知事もそうですね。太陽電池を設置して電気があまったら配電線に逆配電すればよいくらいで済ませている。本当は、そこが一番難しいのに。配電って、皆、日常接しているけれど、原発よりも難しいですよ。

原発を、単純に何かに置き換えてすむ話ではないのです。
    • good
    • 0

WEBサイトではありませんが、私のアイデアを書きます。



一番理想的な物は、空き地すべてに植物を植えて、燃料と発電用の燃料にすることが良いを思い

ます。工場等地上にある必要に無い物は、すべて地下に移設して、地上は植物を植えます。
CO2は、この森林やジャングルで吸収します。

第2案、今回の事件で相当の節電が出来ることは分かりました。節電しながら、後は風車や地熱

発電等を増やすことが重要です。

第3案 CO2が完全に温暖化の原因かまだ分かっていませんが、植物燃料で火力発電しながら

、太陽発電等で排気のCO2等を冷凍して回収し、分解する方法を提案します。

第4案 東京等の都市では機械の電気の使用が、低能率だと感じますので、全ての機械設備を見

直して、原発の発電分の電力が節約できるはずです。 

原子力で怖い毒や放射能をばら撒きながら、発電するのなら、原発をしない方が良いです。
    • good
    • 0

コメントありがとうございます。

 私の理解している範囲でコメントします。

>マグネシウム発電(電池?)なんか面白いし実用的と思いました。
下記のような感じでマグネシウムを燃料などに利用し燃えカス( 酸化マグネシウム )を太陽光( 太陽光励起レーザー )で元のマグネシウムに精錬するサイクル(2)~(4)の提案です。
(1) 金属マグネシウムを入手する。
(2) マグネシウムを交通機関や発電所などの燃料として利用する。
(3) 燃料として利用した後は、酸化マグネシウムが残る。
(4) 太陽光励起レーザーで、酸化マグネシウムを金属マグネシウムに精錬する。
マグネシウムは自動車のホイルなどに利用される金属ですが、マグネシウム単体は非常に良く燃えます。


>常温核融合、しりませんでした、ありがとうございます。
たぶん・・・間違いだと思うのですが「重水を満たした試験管に、パラジウムとプラチナの電極を入れ暫らく放置、電流を流したところ、電解熱以上の発熱」が核融合で発生したとすると本当にトンデモナイことなので嘘っぽくても日本もアメリカの正式に確認したようですが・・・核融合が発生していることを確認できないようです。 模式図は「水の電気分解」なので、本当なら誰でも水爆もどき(核融合)が作れる可能性もあるので、その意味からも怖すぎる技術なので嘘であって欲しいかな?
    • good
    • 0

>「原発推進者」と呼ばれている(その言い方は間違っていると思うが)方でも関心しちゃうような代替論


東電の巨大な資金と日本政府と連携した原発推進派に排除されて、まともな反対論を主張できている人はいないと思います。 本当にいたら・・・このような事態になっていないという事実が証明していると思います。

しかし、原発推進だけしか研究されていないかというと、それは違って色々とユニークな研究は行われていますが一般に普及していないだけと思います。 福島原発事故後は、各種の色々な研究に正当な評価がなされて日本発の新エネルギーが広がることを期待しています。


私の知っている面白そうな技術です。

1.田んぼで発電 / 東京大学 先端科学技術研究センター、橋本和仁教授のチーム
http://wiredvision.jp/blog/yamaji/200909/2009090 …

2.太陽の熱を利用 / 東京工業大学の矢部孝教授
http://www.titech.ac.jp/about/introduction/html_ …


イチオシは「常温核融合」ですが、現時点ではト学会的な技術ですが・・・^ ^;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%B8%A9% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

マグネシウム発電(電池?)なんか面白いし実用的と思いました。
バクテリア発電も下記の方もポストされていますが、風力・太陽・水力など現時点で技術も普及もある程度あるけど小さい方法に比べ、国が研究費を投資するのかは多少疑問です。

以前の会社の以前の上司が現在はソーラーパネルの営業をしています。
国の補助金が出ても、1家庭で400万円ほどするそうです。
それではかなり普及が難しい。

価格競争は製造業の側から言わせてもらえばやっかいで嫌なものですが(常にコストダウン)、一方で技術力をあげてきた要素もあります。国が開発に力を注げ、もっともリターン(報酬)の多いいわゆる投資といったら何になるのか?なども疑問です。

天然ガスもありますが、日本にはその資源がない。
と、あれば石油のように輸入に頼ることになります。
資源のない日本だからこそ発展した技術なので、なるべくなら国内需要でと思いますが、当面のあいだ、何が一番現実的なのか、など。

常温核融合、しりませんでした、ありがとうございます。
Wikiページを見ただけでは少し理解が難しいので、少しネットを探ってみます。

お礼日時:2011/04/24 17:53

私は原発反対ですが、単に感情的なものではなく原発が根本的な重大な問題を持っているゆえに支持できないのです。


多くの現場で働いて来ましたが人間が製作した物には常に故障や事故が付き物で、長い年月の打ちに必ず大事故に発展します。
核燃料のような暴走する要素を内部に持った燃料を大量に1ヵ所に集めるような発電方法は自滅行為です。
その上、発電する程、処理できない放射性廃棄物を生み出し続ける原発等というものは地球から人の住処を奪いかねない危険な怪物のようです。
せめて廃棄物を短期間で処理できる技術が完成してからなら反対しません。

原子力の危険性は何十年も前から警告されていて、一時しのぎとして原子力利用を仕方なく認めることになった背景があることは昭和時代を生きてきた人は知っているはずです。
日本が技術大国であると言うのであれば、安易に既成の技術に頼ることなく、バブルでバカ儲けしたり世界一の経済大国といって喜んでる余裕があるなら日本独自のエネルギー開発をすべきであったと考えます。
窮地に立たされた今こそ、日本の地理的条件が優位になるようなエネルギー開発をすべき時です。
太陽をエネルギーとして保存できる手段は理論的にはいくつもあります。
すぐに利益になるような研究ばかりしていないで、この方向で英知を結集することが日本が生き残れる唯一の方向だと思います。
バクテリアで水素を生成する装置、潮流発電などのシステムは海外に先を越されています。
http://wiredvision.jp/news/200711/2007111522.html
レアメタルを使った高価な電池等は全ての家庭で持つことはできませんから、小川での小型発電や温度差発電と各家庭では中型鉛蓄電池でエネルギーの保存と処理水からの熱エネルギーの回収タンク設置等、それほど経費を掛けなくてもできることは限りなくあります。
使うことができるエネルギーを捨てているのは「マッタイナイ」ことです。

この回答への補足

そういえば、お礼を言うのを忘れてました。ご回答ありがとうございます。

補足日時:2011/04/24 17:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>日本が技術大国であると言うのであれば、安易に既成の技術に頼ることなく、バブルでバカ儲けしたり世界一の経済大国といって喜んでる余裕があるなら日本独自のエネルギー開発をすべきであったと考えます。

産業関係者(エネルギーではなく電子業界製造業)として日本の技術日々グローバル社会の先端(中国)で認識させられている者だけの発言です。原発ともまったく関係ありません。

日本のバブル経済でもうけた(それはなくなったわけですが、90年代の日本が技術大国になった事時点では)お金、それがどれだけエネルギー産業に投資可能だったのかわたしには政府金融関係に詳しくないのでわかりません。

ただ、今後、日本は得た技術力で新エネルギー開発または効率改善に取り組むべきだと思います。それだけのちらかは十分にあると思います。

エネルギー分野の日本産業界を世界比で知りませんが、他の分野ではずば抜けているところがあります。エネルギー産業は、技術もながら、政治的力が非常に強いです、どこの国でも。現総理大臣が新エネルギー開発に力を入れると言った一言を新聞で読んだのを覚えてます。具体案をお聞きしたいですね。

バクテリア発電、それは電力を貯蓄できるものなのでしょうか?つまるところ、貯蓄をする技術(電池)の発達なしにはいくら発電しても安定的な原発にへと方向が戻ることにはならないでしょうか?

お礼日時:2011/04/24 17:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子力発電所のメリット、デメリットについて教えてください

原子力発電所のメリット、デメリットについて教えてください

他のカテゴリー
社会 > 社会問題 > 自然環境問題 で
アメリカの原子力発電所の建設についての質問をしています

私自身、原子力発電所について知識不足です
その知識不足を補うための質問です

原子力発電所は化学的に分解できない放射能汚染物質を出し
さらにその汚染物質の中に再利用できない
ただのゴミを出すという話を聞きました

その汚染物質は地下に埋めて対処するという話を聞きました

原子力発電は二酸化炭素を出す火力発電に比べクリーンという
話を聞きましたが・・・

二酸化炭素は植物が分解してくれます
しかし放射性物質は分解出来ません

全然クリーンでないです

それで他のカテゴリーでアメリカの
原子力発電所の建設を考える質問をしました

私自身、知識が不足しているので
それを補いたいです
原子力発電所のメリット、デメリットと分けて
原子力発電所の詳しい知識を教えてください

Aベストアンサー

>原子力発電は二酸化炭素を出す火力発電に比べクリーン

これは良く言われていますが正確には間違いです。たしかに原子力発電所は火力発電所よりも非常に少ない二酸化炭素しか出しません。ですが、火力発電と違って原発の中で使っている潤滑油は2年ごとに全部燃やすんです。この際に大量に二酸化炭素が発生します。これは火力発電で発生する二酸化炭素よりも若干少ない程度だそうです。そのため、原子力発電=二酸化炭素を出さないというのは間違いで正確には原子力発電=火力発電よりも二酸化炭素排出が少ないということになります。

ちなみに、火力発電の場合は定期的に潤滑油の濾過を行い濾紙が吸収して減った分の油を補充している程度です。そのため、潤滑油をほとんど燃やしていません。

なお、これらの情報は仕事関係で東○電力の人に見せてもらった情報と聞いた話を元にしています。

>原子力発電所のメリット、デメリット

メリットは発電コストの低さでしょうね。原子力発電所は1kWhあたり10円くらいで発電しています。水力発電所は平均して12~13円くらい、古い発電所のみは建設コストなどが減価償却されているので5円前後の所もあるみたいです。火力発電(油)は原油価格が上がる前までは12~13円でしたが最近は20円近くまで上がっています。LNG(液化天然ガス)はコスト的には13円くらいですがLNGの長期購入契約を断られているので購入できる時期が不安定です。石炭火力は13円程度のコストですが発電所が少ないので主流になれません。

デメリットは高レベル放射性物質を生成すること、発電所を解体するのに多額の費用がかかることでしょうね。高レベル放射性物質は無害な状態へ処理する方法が無いので人体に影響が出ない場所へ保管するしかありません。原発も残留放射能がすごいので解体にかかるコストがものすごいです。

>原子力発電は二酸化炭素を出す火力発電に比べクリーン

これは良く言われていますが正確には間違いです。たしかに原子力発電所は火力発電所よりも非常に少ない二酸化炭素しか出しません。ですが、火力発電と違って原発の中で使っている潤滑油は2年ごとに全部燃やすんです。この際に大量に二酸化炭素が発生します。これは火力発電で発生する二酸化炭素よりも若干少ない程度だそうです。そのため、原子力発電=二酸化炭素を出さないというのは間違いで正確には原子力発電=火力発電よりも二酸化炭素排出が少ない...続きを読む

Q原発反対デモ、ツイッターでの呼びかけでの参加者.

原発無いに越した事無いけど、
廃炉する為の税負担、雇用問題、地元自治体への経済的影響を考えて、参加した人いる?
それだったら参加してもしょうがないよね。
デモ参加者、もし、自分が原発関係の仕事をしていたら、なんて考えていないよね。

Aベストアンサー

 停めればそれで済むのかって問題が全部抜けてるよね。

 停めていても廃炉にするにしてもリスクはある。
 フクシマの四号機の燃料棒取り出しにあれだけ時間がかかるし、うまくいかないんですよ。
 で、使用済み核燃料をどこにもっていけと?

 全部クリアーしてからじゃないと前には進まない。

 ツイッターをしてるってその電力はどこから来ているのか?
 従来首都圏があれだけ繁栄できたのは誰のおかげだったのか?
 

 恩着せがましく言いたくないけど。。。。。。

 原発関係者ですが、仕事がないと飯食えないんで。東電さまさまなんですよ。でも避難民でもある。

 デモもいいけど、だったら全員で原発警戒区域に行って瓦礫撤去を手伝ってくれた方がまだ建設的。

 叫ぶのはロバの耳だけで結構。

Q原子力発電所

原子力発電に興味があります。
東京近辺で、実際に見学をさせてくれる原子力発電所なんてありますか?
あと、原子力発電の知識を深める施設などをご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 できればURLもお願いします。

Aベストアンサー

原子力に限らず、発電所は啓蒙目的で見学させてくれるところが多いです(ちゃんと見学コースが用意されている)。
ただし発電所の施設そのものを見せてくれるのでなく、「PRセンター」「展示館」のようなところで実物大の模型や発電の仕組みに関するパネルを見る、というケースもあります。

東京近辺には原子力発電所自体がありません。近いところでも中部電力の浜岡原発(静岡県小笠郡・・・浜松と静岡の中間くらい)や新潟の柏崎になってしまいます。
URLを添付しますので、便のよい発電所を探してみて下さい。

中電浜岡 http://www.chuden.co.jp/hamaoka/
東電柏崎 http://www.tepco.co.jp/kk-np/
東電福島第一 http://www.tepco.co.jp/fukushima1-np/index-j.html
東電福島第二 http://www.tepco.co.jp/fukushima2-np/index-j.html 

Qまた爆発!原発の冷却がうまくいかない理由は?

原発内の冷却水が足りないだけの話で、
どうしてこんなに長引いているのでしょうか?
しかも二度も爆発させるというテイタラク。
当初電源が来れば冷却システムが回復すると楽観的なことを言っていましたが、
どうなっているのでしょうか。
想定外があってはならないはずの原発、その後ももたもたやって
これでどんな地震や津波が来ても安全とよく言っていたものです。

Aベストアンサー

原発は密閉された空間に燃料棒と制御棒に純水のプールでできています。今回の状況は、

●燃料棒は加熱している(2700~2800度)
●中性子はでていない(制御できている)
●純水にドブ漬けしたいが、水が蒸発している

で、結果として内部圧力が高すぎて注水できない様子です。

即ち、お家の圧力ナベで蒸気がでているのに、水が少ないからフタを開けずに水を入れるようなものです。蒸気弁からは蒸気が出ているから、ここからはムリ。他に注水できる穴がないから・・・原発は、排気弁やら注水弁はあるものの、内部圧力に勝る送水ポンプが適切でないようです。さらに、担当員が燃料不足を見逃した・・・らしいですが、おそらく、過労で一時的な休憩中のガス欠でしょう。ただ、休憩中とか発表すると、保安院が矢面に立つのでごまかした様子です。

(海水の注水を決心した時点で、東電は廃炉を決断した様子です。ここの原発は40年ほど経過しており、廃炉問題もありプルサーマルで延命中でしたが、これで廃炉が確実です。ここの残骸は、青森県で一時保管と思われます。)

Q原子力発電所の問題性

原子力発電所は被爆の問題もあり、また人件費等もものすごくかかるとききました。さらにエネルギー生産量をコントロールできないから無駄なエネルギーを生んでしまう、など様々な問題を指摘されています。

しかし日本では発電量で原子力発電の占める割合が年々増しています。

火力発電と比較した時の原子力発電をつくるメリットとデメリット
そして原子力発電に代わる新しい発電方法

が知りたいです。
おねがいします。

Aベストアンサー

日本で原子力発電が増えるのは理想と現実の差だと思います.
理想で言えば無いにこしたことはありませんが,我々が自宅で直接使用する電力や第2次産業が使用する電力を安く大量にまかなうには現状としては原子力発電しか選択しがないように思えます.
無くて良いという意見は理想としては賛成ですが,同じ電力を供給できる手段は当分見つかりそうにありません.
政治からみると安く大量に電力を供給できるという意味が大きいのではないでしょうか.安定して国を成長させ国民生活を豊かにするという側面で(電気がついたり消えたりすると大変ですよね)
産油国は政情不安な国が多いですし,価格もかなり変化します.価格変動によって電力がまかなえないという事態は政治的に見れば避けたいわけで.
さらに我々は燃料費高騰に伴って電気代が高くなるのはなかなか認められないわけでして...

火力発電の短所は燃料がいつまで採掘できるか,またco2排出問題.さらには原子力発電と比較すると得られるエネルギーがあまりにも小さい問題があります.
ウラン235が1gが核分裂して得られるエネルギーは,炭素12から得られるエネルギーの約200万倍です(損失が同じとしてですが.出典は伝熱学のテキストです)
この核分裂エネルギーを超えるものといえば核融合しかなさそうですが,実現は遠い将来でしょう.

あと原子力発電の無駄なエネルギーの部分でエネルギー生産量をコントロールできないといありますが,コントロールできますよ(制御棒を入れる.もしくは燃料棒のを減らす)
現状の発電方式の最大の問題は,火力,原子力と問わず必要な時に必要なだけの電力を供給することができない点です.
そのためある程度余裕をもって運転しないと今年の夏のように電力が逼迫するわけです(電力会社の算出した余裕分が十分だったため幸いにも停電しませんでしたが..)
この余裕を無駄といわれれば,電力が逼迫してくるといつ停電してもおかしくないわけでして..
そして停電すると我々は騒ぐわけでして...
この急な需要に余裕をもって耐えられるのは原子力発電しかなさそうですしね(得られるエネルギーの差から)


近年"水素=究極のエコ"と騒がれていますが,自然界に水素は単独では存在しないので水素化合物から水を製造する必要があります(水を電気分解する等).
では,その電気はどこからくるのかといえば,原子力,火力発電から得られるわけでして.全体で見ると一体何がエコなのやら...

我々の文明が電気で成り立っているので,それを捨てて不便になってもかまわないというぐらいの世論があればベストでしょうね.

ちと脱線しましたが,原子力発電のメリットデメリットは以下です.
・メリット:火力発電と較べて環境負荷が小さい(二酸化炭素は地球規模の問題ですが,放射性廃棄物は局所的な問題).燃料は天然資源であるが石炭,石油と較べると今後も安定して供給できそう.
・デメリット:破棄する際に時間と費用が掛かる.放射性廃棄物の行き先(発電所も破棄する場所も地方に依存している).さらに事故が起きたときの被害が甚大.

デメリットはヒューマンエラー(永遠になくならない)とメンテナンス(お金をかければ何とかなる)が主ですので,メンテナンスに関しては我々がどの程度電気代として負担することができるか(それを認められるか)によるのではないでしょうか.

新しい発電方法は核融合(実現が極めて難しそう)太陽光発電とか潮汐発電,地熱,太陽電池が考えられます.
では得られるエネルギーは?と言われると核融合以外は火力発電にすら及びません.


個人的には核融合が実現するまでは原子力発電は必要悪と理解しています.

日本で原子力発電が増えるのは理想と現実の差だと思います.
理想で言えば無いにこしたことはありませんが,我々が自宅で直接使用する電力や第2次産業が使用する電力を安く大量にまかなうには現状としては原子力発電しか選択しがないように思えます.
無くて良いという意見は理想としては賛成ですが,同じ電力を供給できる手段は当分見つかりそうにありません.
政治からみると安く大量に電力を供給できるという意味が大きいのではないでしょうか.安定して国を成長させ国民生活を豊かにするという側面で(電気...続きを読む

Q原発産プルトニウムは、原発から南部方面100キロ

以遠まで飛散している可能性はありますか?

Aベストアンサー

単体のプルトニウムはとても重いので飛ばないが
微粒子になると風で上空に舞うと十分運ばれるだろう。
雨や風の強さによっては変化はあるが
均等に広がったとして距離の2乗に比例して密度は減っていく。
おおよそ20キロ圏内の25分の1
30キロ圏内の9分の1程度。
微粒子でないと飛ばないのでまとまった物質で被爆する可能性はないだろう。
ということで

・微粒子の飛散を否定はできない
・しかし健康被害があるほどの被爆はないはず

このページは現状がとてもわかりやすかった。

http://r.diim.jp/

今後怖ろしいのはむしろ地下水やチェックされない魚や野菜
そして片付けられたり処理されたりする産廃だと思う。

Q原子力発電の危険性と他国のエネルギー政策について

現在、日本では原子力発電が稼働していますが・・・

まず、危険性についてです。
原子力発電で大規模な事故が起こった場合、国や電力会社が
責任を取ることは当然できないと思います。
それだけの危険性を持っていながらも国は「安全性」を主張しています。話はずれてしまったのですが・・・・
原子力発電所を建てる場合、補助金を地元の人に払うということです。
これは、何のために払うのでしょうか?

*国や電力会社が原子力発電の危険性を認めて払っておくということですか?


また、イタリアは現在原子力発電を行っていませんが特に電力不足の問題を聞いたことがございませんし
ドイツは、原子力発電を廃止する法を作りました。

*なぜ、日本も廃止することができないのでしょうか?
それともイタリアやドイツは将来的に電力不足に陥ると知っていながら
原子力発電を稼働していない、また廃止しようとしているのでしょうか?


以上2点、よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

かなり、誤認をお持ちなようなので、そちらから。

まず、ドイツでは「建ててから一定の年月をたった原子炉を廃棄する」
という法律です。
新しい物をつくらないのではなく、老朽化したものを
廃棄するというのが、この法律の主眼です。

次にイタリア。
確かにこの国には原発はありませんが、
2003年には、なんと全国で数時間の大停電を発生させています。
現在、イタリアは電力の15%を隣国から買っていますが、
買っている相手は、全発電の75%を原発に頼っている
フランスです。
つまり、ご質問のように、「将来的に電力不足に陥る」のではなく、
すでに電力が足りずに、原発で作られた電気を大量に
購入している状態ということになります。

たとえば、ですが、
もしも日本が石油火力発電だけに頼っていたとしたら、
ここ数年の石油価格暴騰で、電気代は3倍に上がってしまって
います。
資源の無い国であるからこそ、できるだけエネルギー源を
多角化したいという事になります。
これはヨーロッパも同じです。

さて、もうひとつのご質問である補償金。

まあ、一言で言えば、地元がほしがるからでしょうね。
悪しき習慣というしか無いでしょう。
現実問題として、水力発電は限界に達し、
火力は温暖化問題が一番深刻、
そうするとどうしても原子力が必要になる訳で、
補償金を出せば賛成、出さなければ反対という人たちが居る限り、
ださざる終えないということになります。

ただし、漁業補償だけはやはり必要でしょう。
温排水問題がありますから。

かなり、誤認をお持ちなようなので、そちらから。

まず、ドイツでは「建ててから一定の年月をたった原子炉を廃棄する」
という法律です。
新しい物をつくらないのではなく、老朽化したものを
廃棄するというのが、この法律の主眼です。

次にイタリア。
確かにこの国には原発はありませんが、
2003年には、なんと全国で数時間の大停電を発生させています。
現在、イタリアは電力の15%を隣国から買っていますが、
買っている相手は、全発電の75%を原発に頼っている
フランスです。
つまり...続きを読む

Q原発 なぜ福島原発がとまっただけで影響がこんなに?

ひとつ疑問に思っていることがあります。
日本の原子力発電の依存度は3割くらいだと聞いています。
そして原子力発電所のひとつの福島第一原子力発電所が
操業できなくなってから電力問題がさけられない状況となりました。

しかし数ある原子力発電所のひとつの福島第一原子力発電所が
操業できなくなっただけでなぜここまで影響がでているのでしょうか??

よくわからないしつもんかもしれませんが
わかる方、回答お願いします。。。

Aベストアンサー

原子力発電所は「地震などによる緊急安全停止、事故停止、点検停止」した場合、再稼働には県や市町村の了解を得るルールがあります。

今般の地震&津波と福島原発事故により「地震などによる安全停止、事故停止、点検停止」した原発を県や市町村は再稼働をOKしなくなりました。
彼ら(県や市町村)の主張は、福島原発を襲ったクラスの地震(M9級)や津波(15m級)でも、安全が保証されなければ再稼働は認めないとの主張です。

しかし、日本の原発54基は総て、福島原発を襲ったクラスの地震(M9級)や津波(15m級)を想定していません。

日本には54基(福島含む)の原発があります。
5月10日現在、稼働中の原発は20基です。
原発は13ヶ月毎に定期点検があります。
このままでは、定期点検を迎えた原発は全数、再稼働が不可能な状況です。
今後、ドンドン稼働原発は減少し、来年には稼働原発は0基になる公算です。

つまり、日本の電力の3割を支える原発が、今後、暫くは全数停止する見込みのため、代替火力や震災で大災害を負った火力が本格的に稼働するまで、電力不足は向こう3年間ほど続く予定です。

原子力発電所は「地震などによる緊急安全停止、事故停止、点検停止」した場合、再稼働には県や市町村の了解を得るルールがあります。

今般の地震&津波と福島原発事故により「地震などによる安全停止、事故停止、点検停止」した原発を県や市町村は再稼働をOKしなくなりました。
彼ら(県や市町村)の主張は、福島原発を襲ったクラスの地震(M9級)や津波(15m級)でも、安全が保証されなければ再稼働は認めないとの主張です。

しかし、日本の原発54基は総て、福島原発を襲ったクラスの地震(M9級)や...続きを読む

Q日本が原子力発電に注力した理由

なぜ日本が原子力発電に注力したのかと言うと、第二次世界大戦に日本が参戦した理由がエネルギー問題だからです。
つまり、日本は石油が出ないため、自前で発電をするためには有力な発電方法が原子力しかなかったのです。
石油を求めて他国に戦争を仕掛ける国にならないよう、原発事故のリスクを承知で原子力発電を選んだのです。

もしも日本に原子力発電がなければ、オイルショック一発で国民は飢餓状態にさらされることになります。

そこで質問ですが、みなさんは もしも日本に原子力発電がなければ どうなっていたと思いますか?

Aベストアンサー

貴方の質問者の認識は全く正しく無い派です私は何故か、

大東亜戦*米では太平洋戦争*末期のニューメキヒコのまマンハッタン計画の膨大な開発資金血税の回収が日本て゜も欧米にも平和の原発しと猛烈な売り込みを掛けた結果と見て居ます、日本のそれの協力者は中曽根大勲位+世論操作の読売故正力+官僚から御用学者から鹿島代表のゼネコン等+日本3大総合電機メーカー等です、マンマ今の原発村住人ですね、初めの原発.東海の時代から全く変わっていないです。日本最強の一つの村社会です、巨徳権益の。

証拠に福一での汚染水処理機アルプスが物に成らないのに村社会以外の機械使う気今の所ゼロですねー村以外にも10社位実験して良かったら使ってって言ってるのに巨徳権益ですねー、国民に迷惑掛けまくってても権益優先ですねー。

で貴方に逆質問、今現在原発止まってて国内どうなってますかー?

Q泊原発でも、いわゆる原発奴隷はいるのですか?

泊原発でも、北海道電力の孫会社の孫会社で安くこき使われ、補償も受けることのない、原発奴隷と言われる方々はいるのでしょうか。

日本全国の原発で、原発奴隷と言われる方々が、いるのでしょうか?

Aベストアンサー

原発作業員について詳しくこちらに載っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/xiromin/64529473.html
http://www.nuketext.org/roudousha.html
樋口健二氏の話によれば、被曝の危険性があるのは、定期検査で格納容器などに作業員が入る時だそうです。 

「原発ジプシー」とは、掘江邦夫氏ノンフィクションが語源です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%82%B8%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC

沖縄は失業率が高いことから、原発作業員になる人が多いそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=3fR9KNLbOwc
浜岡の作業員だった人の母親の証言
http://www.youtube.com/watch?v=tCbELfOhvMg
3:40~労働者は何年も家族と別れて日本の原発を渡り歩いている。(ジプシーと呼ばれる理由)
http://www.youtube.com/watch?v=8qkJueqv5pQ&feature=related

4月17日に東電の幹部は、6~9ヶ月以内に福島第一の原子炉を安定的な停止状態にするという工程スケジュールを発表した。 しかし5月24日に、1号機に続き2,3号機の核燃料もメルトダウンしていることが発覚し、工程達成は限りなく厳しい状況にある。 そのため「東電は作業を急げという指令を出しながら、現場を軽視している」と、協力会社に勤める中村英雄さん(30代、仮名)は憤る。
『大量被曝の危険と隣り合わせの仕事をしているんだから、とく別な手当てはある』と話していた所長に、『口約束だけではこまります』と、つめ寄ったことがあるんです。 すると、所長は、1枚の紙を出して、こう言います。 『大丈夫だ。250ミリシーベルト以上浴びたら5年間の生活を保障してくれると、東電が用意したこの紙に書いてあったから』。 そんな子供騙しの保証書がしんようできますか? そもそも俺達下請けのさぎょういんには、積算の被曝量すら教えてもらえないんです。 東電のバックアップもなく、過酷な現場で働きたい人間など居ません。 1Fでの仕事を拒否する作業員が増え、最近では原発の仕事との未経験者や、60歳以上の高年齢作業員も採用されているそうです。(FRIDAY 6.29より抜粋)
福島レポート
http://www.youtube.com/watch?v=SVzjf5524os&feature=related

昨日も福島の作業員2人が汚染水処理場で被曝したニュースがありました。 29日にも2人同じ場所で被曝したとありました。30日には急性白血病で一人急死なさっています。 現在、福島では常時3000人の作業員が働いているそうです。

原発作業員について詳しくこちらに載っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/xiromin/64529473.html
http://www.nuketext.org/roudousha.html
樋口健二氏の話によれば、被曝の危険性があるのは、定期検査で格納容器などに作業員が入る時だそうです。 

「原発ジプシー」とは、掘江邦夫氏ノンフィクションが語源です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%82%B8%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC

沖縄は失業率が高いことから、原発作業員になる人が多いそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=3f...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング