ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

いつもお世話になります。

今回はグリースについて質問させてください。

自転車いじりが趣味で、BBやヘッドの分解なども良くしますが、グリースには特に気にしておらず
ホームセンターで蛇腹のチューブ入の黄色のリチウムグリースを使用していました。

一般にはDURA ACEグリースを使用するようですが、何が違うのでしょうか?
また違うにしても、レースでなくツーリング主体での使用で体感できるようなものなのでしょうか?
(「平均時速で1km/h程度は差が出る」などわかり易い表現だと助かります。)

また今度、ハブのOHにも挑戦するつもりですが、ハブはDURA ACEグリースを使用した方がいいでしょうか?その他おすすめのグリースはありますか?
(ホイールはフルクラムのRACING3です)

それではどうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

DURAグリスというのは、自転車用マルチグリースで


意外に思われるのですがカルシウム基です。

=リチウムでもありません。
汎用として売られている物では「シャシグリス」が最も近いです。


なぜ自転車用には、とりあえず「DURAグリス」と言われるのかと言えば
水分との関係から始まります。

シマノがメインで採用するカップアンドコーンのベアリングの防水システムと言うのは
「入る物拒まず、ドンドンでていって貰う」そういうシステムです。
=完全密閉せず、玉当たり部分に水分が入ってくる前提で
それに対して油膜切れを起こさないグリス。

カルシウムグリスは、その特性からもともと微量の水分を含んだグリスです。
水分との親和性が高い、防水性に優れたグリスです。
カルシウムグリスに一時的に水が入っても、内部のグリスの表面のちょう度が落ちるだけで
総体的とくに玉当たり部には変質が及びません。

これがリチウム基などだと、
グリス部に水が来た場合、油膜が切られて
徐々に油の下に水だけ入り込む格好になります。
=金属面とグリス面の間に入り込んでしまう。
こうなるとたくさんのグリスが入っていても、
肝心の金属接触部に水が入ることも考えられる。
ということが言えます。

ですので、水分が入る・発生する箇所では
とりあえずDURAグリスがいい!といえます。
=水が入って粘度が多少落ちても大丈夫に調整されています。
一般のシャシグリスでは、水が入るとすぐに流れ出してしまい余り具合が良くありません。

フルクラムのRACING3のハブは、シールドではなく、
カップアンドコーンですので、基本的にシマノ同様「水が入る・発生する」ハブです。
DURAグリスが最も向いています。

=雨天走行はもとより、結露などによる油膜切れ局面でも威力を発揮します。
=微細なかじりを発生しません=玉当たり狂いが生じにくくなります。
=メンテナンス頻度を普通のレベルにしてくれます。

リチウムグリースなどだとメンテナンス頻度がどうしても短くなりますね。
組んだ直後でいえば、DURAグリスではない方が遥かに回転は良いでしょう。
カルシウムグリース自体は決して玉保持や回転性に優れているわけではありません。
回転性能だけでいえば、556やエンジンオイルでも挿しておくと最強でしょうが…

シールドベアリング部には、
樹脂製シールを傷めずに極圧性の高いグリスがむいていますね
とりあえずウレアにしておけ!というところでしょうか?
=自転車で汎用リチウムグリースを使う場面はありません。
=防水も悪い・シール攻撃も高い。

樹脂が多い場合シリコンも選択肢に入ってきます。
DURAグリス
ウレアグリス
シリコングリス
これを使い分けてやれば完璧に組めますね。

添加剤はご自由に。
    • good
    • 0

すみません、追加です。


一般用自転車などで、シールも無く隙間が多い部品の場合、柔らかすぎるグリスは流れやすいので不適です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様、色々とコメントをいただきありがとうございました。
失礼ながらこちらでまとめて御礼申し上げます。

結局、OH頻度が高ければ比較的粘度の低いリチウムグリースでも問題なさそうですね。
何事も普段のメンテナンスが一番大切だということがよく分かりました。

非常に勉強になりました。
この度は誠にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 09:22

回転性能はたいして変わりません。

ただ動力機械用などの高回転高出力用の固いものは不適ですが。
デュラグリス、ごく普通のものです。無難という事です。
グリスごときで「平均時速で1km/h程度は差」など出ません

ただ耐久性は安いグリスよりいいのではないでしょうか。
自転車屋で売っているフィニッシュラインだとか、ある程度の値段以上のスポーツ用のものでしたら大差無いとも思いますのであとは自分の好みだと思います。

玉当たり調整などしょっちゅうしていてグリスの状態など常に把握していらっしゃるのなら現状どおりでもかまわないように思います。
グリスが硬化していたり流れてしまっていれば何を使っていようがまずいですが。

あと種類の違う油やグリスが混ざるとまずいとよく書いてありますが、実際はさして不都合は起きません。混ざっている場合質の悪いほうの油に影響されるので、メーカーが品質保証上そう書いているだけのようです。
    • good
    • 0

No4さんが非常に詳しく説明されてますので、なにも言う事はないですが。


DURAグリース。
ウレアグリース。(個人では使う量も少ないので、コンプレックス系でもいいですね。)
シリコングリース。
の3種類を使い分けるのがいいと思いますよ(稠度ちょうど=硬さはお好みですが)。
あと。
スレッドコンパウンド(アンチシーズでも)というものがあります。
ワコーズ等から発売されていますが。
ボルト等の焼き付きや異材金属のカジリを防止するものです。
プロショップなどでもBB・ブレーキ周りや、シートポストなんかに使ってますね。
使用する量はほんの少しで。
多量に使うと(特にボルト頭の部分に付くと)、通常のトルクでボルトをまわしてもオーバートルクになる可能性もありますので。
少々高いですが、非常に値打ちのあるものです。
    • good
    • 1

一言で言えば違いは無いです。


そもそもデュラグリスは粘度が高い事で有名ですから、いっパンの評価はそんなに高くないですよ。
万能的なつかいかたで、とりあえずデュラ入れときゃいっかーって感じですね。

今現在手元に別のグリスがあるなら、わざわざ買ってまで試す価値は無いと個人的には思います。
まぁ、そんなに高いもんでもないし、試してみたいなら良いんじゃないかなー。
    • good
    • 0

私もレーシング3を所有していて、ハブにDURA ACEグリースを入れました。

シマノでは粘度の低いハブグリスを指定していましたが、フルクラムのラチェット音がうるさいので、あえて粘度の高い通常のデュラグリースを入れましたが、最初ホイールが重たく回りましたが、50キロも走ったら、粘度の低いハブグリースとなんらかわりませんでした。現在12000キロ走行してますが、まったく問題ないです。しかしラチェット音は1000キロくらいで5割ほどおおきくなるのでまた入れてますが、またグリースはよほどの負荷を与えるところと水の浸入を考えるところ以外は、そんなに神経質にならなくても良いのでは
    • good
    • 0

機械と違って高速で回す事もないので熱量とか気にしないで良いけど


耐水性や硬さ(粘度)は気にした方が良いでしょう
柔らかすぎると流れちゃうし、堅いと回転が重くなる


あとは、ゴムやプラスチックを痛めないというのも重要
防水シールとしてプラやゴムが使われている事がある
それらを劣化させちゃうようなグリスだと使えない。


てことで
自転車には自転車専用のグリスがお勧め

DURA ACEグリスは何処にでも使えてコスパも良い

そのほかでよく見かけるのは
フィニッシュラインのセラミックグリース使ってる人

たまにいるのがマイクロロンの超高級グリス使ってる人
http://item.rakuten.co.jp/bee/10001640/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

QママチャリのBBやハブはメンテ無しでも十年安全?

自転車屋さんはママチャリのオーバーホールなど引き受けないようなご回答をいただきましたが、でもほかの過去質問を見ても9年とか10年以上とか、同じ自転車を乗り続けてる人は多いように思います。
雨ざらしで9年もたてばハブのグリスは完全に切れてると思うんですが違うんでしょうか?
それとも、自転車と人間の重量で舗装路走行程度の負荷ではグリスはあってもなくても同じなんでしょうか?
一般的に、ママチャリの回転軸部分の寿命は設計時、何年、何キロメートル走行程度を想定してるのか、教えてください。

Aベストアンサー

>自転車屋さんはママチャリのオーバーホールなど引き受けないようなご回答をいただきました

いやいや、お客さんだからお金を払ってもらえれば引き受けますよ。
その価値があるかどうかは自転車屋は判断しない。
依頼された仕事をするだけ。

>でもほかの過去質問を見ても9年とか10年以上とか、同じ自転車を乗り続けてる人は多いように思います。
>雨ざらしで9年もたてばハブのグリスは完全に切れてると思うんですが違うんでしょうか?

雨ざらしで9~10年たった自転車をそうそう乗っているとは思えない。
安物のママチャリだったらサビる。
ステンレスでもサビるよ。
塗装も紫外線でヤラれる。
タイヤだってノーメンテというわけにはいかない。
たぶんそこそこの値段がするスポーツ車を駐輪場や室内保管でしょう。
ちなみに我が家でももう4年ほどマンションの駐輪場(屋根付き)で放置しています。
オーナーは娘ですが、遠方で下宿している大学生なんで、ほったらかし。
それはそれはひどいものです。
処分される廃品自転車のほうがよほどキレイ。

>それとも、自転車と人間の重量で舗装路走行程度の負荷ではグリスはあってもなくても同じなんでしょうか?

耐久性を考えなければ無くてもいいでしょう。
でもね、ベアリングを受ける鉄の部分(玉押し)はキレイに研磨されていて、水の一発でサビるよ。
そこにベアリングが回転すればサビは落ちるけど、潤滑剤が無いので摩耗でヤラれる。
どっちみち10年以上雨ざらしの回転部分なら、グリスは肝心な場所に留まらず周辺に固着している。
そういう使い方をするユーザーは、不調を身体で感じる神経が無いし、壊れれば買いかえるだけなんで別に困らない。

ところでNo.2さん。
>ハブにグリスをどうやって足すの?
>車輪はずして、スポークもバラして交換?

どうしてハブのグリスアップにスポーク外すの?
カップ・アンド・コーンなら玉押し外してシャフトを抜けばいいんじゃない?
私の自転車にはカンパレコードのハブが多いのでシェルのグリス穴からグリスガンで注入することもできるけど、グリスガンもガン用のグリスも持っていないから玉押し外すしかないけどね。
今流のシールドハブはスポーク外しゃグリスアップできるのかな?

>元自転車製造者です。

ホントかいな。

>自転車屋さんはママチャリのオーバーホールなど引き受けないようなご回答をいただきました

いやいや、お客さんだからお金を払ってもらえれば引き受けますよ。
その価値があるかどうかは自転車屋は判断しない。
依頼された仕事をするだけ。

>でもほかの過去質問を見ても9年とか10年以上とか、同じ自転車を乗り続けてる人は多いように思います。
>雨ざらしで9年もたてばハブのグリスは完全に切れてると思うんですが違うんでしょうか?

雨ざらしで9~10年たった自転車をそうそう乗っているとは思えない...続きを読む

Qアウター、インナーケーブルに使うグリス・オイル

ブレーキとシフトのアウターにオイルを、インナーにグリスを、それぞれ組む前に注油したいのですが
ホームセンターに置いてるようなもので利用出来そうなものはどんなのがあるでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シマノからワイヤ用のグリスが出ていますので、本来はそちらをお薦めします。
と書くと終わっちゃいますので、あくまでも「とりあえず」って感じで見てもらえばいいかな?



まず、潤滑スプレーで有名な「KURE CRC556」ですが、こちらは使わないように。
アウター内のプラスチック成分を侵すので禁止です。

おなじ呉でも「シリコーンスプレー」は使えます。


あとは、個人的に「EVERS」がお薦め。こちらだとちょっと大きめなホームセンターでも
取り扱いしてます。 なければ「WD-40」でもまぁOKかな?

Q自転車用グリスは車用でもいい?

ロードバイク通勤してます!

今度フルカーボンロードを購入予定なのですが、
メンテでグリスを使うときに自転車専用品でなく、
車に使う一般的なスプレーグリスを使用しても問題無いでしょうか?

グリスについて教えてください^^

Aベストアンサー

私はスプレーグリスなどは殆ど使わないですな。
一口にスプレーオイルと言っても色々ありますしね。
私のガレージには一応コンプレックス系の物がありますが。
自転車では出番はありません。

グリスで重要なのは、ちょう度(硬さ)とベースオイルに何を使っているかです。
別に何用でもいいんですけど(例えば車用でも内容が合えば)。
適材適所ということで、使用する場所も変わってきますな。
どこに何を使うか判っておいででしょうか?

自転車で良く使うグリスは。
・シリコングリス。
・カルシウム系のシャシーグリス。
・リチウム~ウレア系の万能グリス。
・スレッドコンパウンド(アンチシーズ)
あたりですかね。
コレぐらいは使い分けたほうがよろしいかと思います。
イキナリそろえるのは無理かと思いますが。
初めはデュラグリス辺りが無難かな。
カルシウム系のシャシグリスに近いものです。
ハブやBB周りに有効です(水との親和性がよい為)。

Qネジなどに使うグリスについて

先日、クロスバイクを購入したので
ネットでボトルケージを手に入れ自分で取り付けてみようと
付け方を調べてみると、ネジにグリスをつけるようにとありました。

そこでグリスをネットで見たり近所のお店で見ると
ボトルのような物に入ったシマノのグリスが定番のようで
そう高くはないのですが、定期的にメンテする方でも
年単位で持つ、とレビューがありました。

初心者にはとりあえずはそんなにいらないかなと思うのですが・・・。
ボトルケージのネジだけですし・・・。

自転車用のグリスでミニ四駆のやつくらいで
ネジ取り付け用程度のちっちゃいのはありませんか?
どうせそのうちメンテで要るしでかいの買っとけって感じですかね?

グリスってメンテど素人がいじる程度の場所(パーツ)でも
量はともかく、ちょくちょく使うもんでしょうか?

Aベストアンサー

なぜそう言う箇所でもDURAグリスがいいのかといえば
カルシウム基グリスだからです。

油と水分の基本的関係を考えると、
グリスとはいえ高温・劣化などすると
蝋化が解かれ、ほぼ油と同じ性質になります。
油ですので、「水を弾くのではなく、水の上に乗ってしまう=浮く)ということが
問題になります。
=防水して欲しいのに、逆に金属の潤滑面にいつまでも水分を取り込んだままになる可能性、
潤滑表面から剥がれてしまう可能性があります。
それをしないために、大量に入れたり、蓋をするような入れ方にしたりして、
水の侵入を防いだりするわけですが、

スレッド(ねじ切り部)では、そんな事をするわけにも行きません。
=すこしの量で効果的に水分が防げることが大事。

ですので、思いっきりシール性の高い
「スレッドコンパウンド=歯磨き状の粉を詰めるようなもの」とか、
「水分を元々僅かに持っており、グリス分にはいって撹拌された場合、
グリスが浮かずに混ざってくれる」
カルシウム基のグリースが、自転車には向いているわけです。
=一般品としては、シャシグリスとして売られていますが、
それよりもちょう度や粘度を高めにし、
ベアリングにも対応が出来ている物になっています。

そう言うハッキリと水分に対してオープンな所こそDURAグリスをお使いください。
腐りませんので、数年は黙って保ちますね。

ミニ4駆のグリスは、ほとんどオイルに近いくらいの
ちょう度・粘度ですし、基材も勿論通常のリチウムや使用目的から考えるとシリコン基かな?
全く向いているとは言えません。
何も着けないよりマシ?うーん微妙。
556タフを着けるのと同程度かな?
チェーンオイルでも同じくらいだと想像はします。

使わなくても、買って置いて損はないとは思います。

なぜそう言う箇所でもDURAグリスがいいのかといえば
カルシウム基グリスだからです。

油と水分の基本的関係を考えると、
グリスとはいえ高温・劣化などすると
蝋化が解かれ、ほぼ油と同じ性質になります。
油ですので、「水を弾くのではなく、水の上に乗ってしまう=浮く)ということが
問題になります。
=防水して欲しいのに、逆に金属の潤滑面にいつまでも水分を取り込んだままになる可能性、
潤滑表面から剥がれてしまう可能性があります。
それをしないために、大量に入れたり、蓋をするような入れ方にした...続きを読む

Qクレとワコーズなどはそれ程違う?

ロードバイク通勤してます!

自転車のメンテではオイルを使いますが、

ワコーズ ラスペネと
http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/008/index.html
クレ 5-56という同様の商品がありますが、
ワコーズはもてはやされクレは否定されることが多いように思います。

私はワコーズは持っていなくて、
フッ素が配合されたクレスーパー5-56を持っていて使っています!
http://www.kure.com/products/index.html(上から4段目)

フッ素が入っているおかげか今まで特に問題なくスムーズに使えているのですが、
実際にそれ程違うものなのでしょうか?

クレとワコーズなどの違いについて教えて下さい^^

Aベストアンサー

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファーストルーブルになります。

KUREは、安価に作るのか主の様で 潤滑油やグリスとしての性能は 低いです。
他のメーカーの方が しっかりした 目的別の 潤滑油が 有ります。

556より WD40の方が まだマシ ワコーズなら ラスペネではなく メンテルーブルが
比較対象品だと思います。

自転車には 浸透潤滑剤を使用するところは ほぼ有りません。
基本 グリス チェーンや フリーハブのみ エンジンオイルの様な ドロドロした 高粘度の 飛散し難い固いオイルを使用し ワイヤーアウター内などは テフロンコーティング皮膜を作る様な 高価な潤滑剤をケーブルインジェクターなどで 充填するか
初期組立時に グリスを塗布しておきます。

ベアリングの 入る 回転部に 556を吹きかけると グリスを 見事に溶かし落としてしまい
部品を 金属摩耗させてしまいます。

556は 洗い油(洗浄用程度) 誤って潤滑油として使わない様に 我が家からは 排除
友達関係にも 同様に伝え 家から なくすように 言い聞かせています。

チャリなら フィニッシュラインなども良いのでは?

潤滑剤性能を 試すには 未塗装の 鉄板を用意して 両面に吹きかけ 外に吊るして 錆びのテスト
556とラスペネや 他の潤滑スプレーも 購入し 同時に 試してみて下さい。
目に見て 錆びの進行が 早いのか556と解ると 思いますよ。 潤滑油成分より石油成分がほとんど

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファースト...続きを読む

Qロードレーサーはなぜフロントトリプルが少ないのか?

ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。
ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。
元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。

私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。
登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。
マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。
つらければダンシングで上ればいいし。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、...続きを読む

Qシリコングリスって??

シリコングリスはどんなときに何に使うものなのですか??

Aベストアンサー

私の場合ですが。

パソコンのCPUに放熱板を取り付けるとき、密着する面に塗ります。
また、アンプを製作する時、パワートランジスターという、
熱を発するトランジスターと、同じく放熱板と密着する面にも塗ります。

要は、シリコングリスは熱伝導率が高いので、できるだけ熱を効率よく
伝えたい部分に塗ります。また、シリコングリスは絶縁性も高いので、
こういう使い方に適していると思います。

Qシリコンスプレーについて教えてください

 自転車のお手入れについて質問させて頂きます。

過去の質問回答を見ていると各部分でいろんな商品のお勧めを見かけます。

 自分は手軽でべたつかなくてどこでも手に入るものが希望なのですがシリコンスプレーはどうなのでしょうか?過去の回答でたまに出てきていろんな場所で使えるけど効果が持続しないような説明を見かけます。自分としてはさらっとしていてべたつかなくて黒くならなければ注す回数が増えてもかまわないと思っていますがどうでしょうか?

 シリコンスプレーの効果のほど、可動部分で使ってはいけないところはあるか、シリコンスプレーとシリコンオイルの違いなどについて教えて頂けないでしょうか?回答よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

シリコンスプレーをチェーンに使用することは、まめに注油し湯幕切れを起こさないよう注意すれば何の問題もありませんが、ブレーキワイヤーやシフトワイヤーのアウターとインナーの間にスプレーしてしまうと、ワイヤーによっては、アウターとインナーの摩擦を低減するためにテフロンライナーを入れているものがあり、シリコンスプレーはこのテフロンライナーを侵食して溶かしてしまう物も数多く存在しますので、適材適所で、良く確認した上で使用すべきです。
その中でも有名な物は、CRC556などは、注意が必要です。

チェーンに使うときは、各こまのローラーとプレートの間(内外各1ヶ所づつXコマ数)に1滴づつさして、数回チェーンを回転させて馴染ませた後、余分な油分を綺麗なウエスで拭き取ってください。
余分な油分があると、そこに埃や泥をを吸着しそこに水分などがたまることになり、チェーンの寿命を早めたり。著しく損傷させたりします。

Qmavic フリーホイール内部のグリス

昨日、MAVICのCROSSRIDEという完組みホイールのハブとフリーホイール内部のグリスアップを行いました。

使ったグリスは
KURE シリコングリースメイトペースト
http://www.webike.net/sd/1494925/4000/
※昔からヘッドパーツやBB、ハブベアリングなどのグリスアップにつかっているのですが粘度の高い、シリコングリースです。

こちらをフリー内部(ラチェット部)に塗りこんだところ少しフリー回転がシブくなったものの、試運転を少しすると概ね良くなった感じです。

そこで質問したいのは

・フリー内部用のグリスは何が最適か?(粘度の高いもの、低いもの? MAVICの専用オイルがあると聞いたことがあります・・)

・そもそもKUREのシリコングリースメイトペーストは、スポーツバイクのグリスアップに適しているのか?DURAのグリスやその他のもののほうが性能は良いのか?


です。体験・経験なんでも結構ですがご存知の情報を教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

返信が遅くなってしまいました。

マヴィックのミネラルオイルは800円ほどなので、一番無難だと思いますが、他に上げるならば

レスポ・アッセンブルオイル

トリフロー・エアゾール

などがいいかと思います。

いわゆるホームセンターで販売している、300円くらいの潤滑剤はやめておいた方が良いでしょう。

それでは


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング