いつもお世話になります。

今回はグリースについて質問させてください。

自転車いじりが趣味で、BBやヘッドの分解なども良くしますが、グリースには特に気にしておらず
ホームセンターで蛇腹のチューブ入の黄色のリチウムグリースを使用していました。

一般にはDURA ACEグリースを使用するようですが、何が違うのでしょうか?
また違うにしても、レースでなくツーリング主体での使用で体感できるようなものなのでしょうか?
(「平均時速で1km/h程度は差が出る」などわかり易い表現だと助かります。)

また今度、ハブのOHにも挑戦するつもりですが、ハブはDURA ACEグリースを使用した方がいいでしょうか?その他おすすめのグリースはありますか?
(ホイールはフルクラムのRACING3です)

それではどうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

DURAグリスというのは、自転車用マルチグリースで


意外に思われるのですがカルシウム基です。

=リチウムでもありません。
汎用として売られている物では「シャシグリス」が最も近いです。


なぜ自転車用には、とりあえず「DURAグリス」と言われるのかと言えば
水分との関係から始まります。

シマノがメインで採用するカップアンドコーンのベアリングの防水システムと言うのは
「入る物拒まず、ドンドンでていって貰う」そういうシステムです。
=完全密閉せず、玉当たり部分に水分が入ってくる前提で
それに対して油膜切れを起こさないグリス。

カルシウムグリスは、その特性からもともと微量の水分を含んだグリスです。
水分との親和性が高い、防水性に優れたグリスです。
カルシウムグリスに一時的に水が入っても、内部のグリスの表面のちょう度が落ちるだけで
総体的とくに玉当たり部には変質が及びません。

これがリチウム基などだと、
グリス部に水が来た場合、油膜が切られて
徐々に油の下に水だけ入り込む格好になります。
=金属面とグリス面の間に入り込んでしまう。
こうなるとたくさんのグリスが入っていても、
肝心の金属接触部に水が入ることも考えられる。
ということが言えます。

ですので、水分が入る・発生する箇所では
とりあえずDURAグリスがいい!といえます。
=水が入って粘度が多少落ちても大丈夫に調整されています。
一般のシャシグリスでは、水が入るとすぐに流れ出してしまい余り具合が良くありません。

フルクラムのRACING3のハブは、シールドではなく、
カップアンドコーンですので、基本的にシマノ同様「水が入る・発生する」ハブです。
DURAグリスが最も向いています。

=雨天走行はもとより、結露などによる油膜切れ局面でも威力を発揮します。
=微細なかじりを発生しません=玉当たり狂いが生じにくくなります。
=メンテナンス頻度を普通のレベルにしてくれます。

リチウムグリースなどだとメンテナンス頻度がどうしても短くなりますね。
組んだ直後でいえば、DURAグリスではない方が遥かに回転は良いでしょう。
カルシウムグリース自体は決して玉保持や回転性に優れているわけではありません。
回転性能だけでいえば、556やエンジンオイルでも挿しておくと最強でしょうが…

シールドベアリング部には、
樹脂製シールを傷めずに極圧性の高いグリスがむいていますね
とりあえずウレアにしておけ!というところでしょうか?
=自転車で汎用リチウムグリースを使う場面はありません。
=防水も悪い・シール攻撃も高い。

樹脂が多い場合シリコンも選択肢に入ってきます。
DURAグリス
ウレアグリス
シリコングリス
これを使い分けてやれば完璧に組めますね。

添加剤はご自由に。
    • good
    • 0

すみません、追加です。


一般用自転車などで、シールも無く隙間が多い部品の場合、柔らかすぎるグリスは流れやすいので不適です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様、色々とコメントをいただきありがとうございました。
失礼ながらこちらでまとめて御礼申し上げます。

結局、OH頻度が高ければ比較的粘度の低いリチウムグリースでも問題なさそうですね。
何事も普段のメンテナンスが一番大切だということがよく分かりました。

非常に勉強になりました。
この度は誠にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 09:22

回転性能はたいして変わりません。

ただ動力機械用などの高回転高出力用の固いものは不適ですが。
デュラグリス、ごく普通のものです。無難という事です。
グリスごときで「平均時速で1km/h程度は差」など出ません

ただ耐久性は安いグリスよりいいのではないでしょうか。
自転車屋で売っているフィニッシュラインだとか、ある程度の値段以上のスポーツ用のものでしたら大差無いとも思いますのであとは自分の好みだと思います。

玉当たり調整などしょっちゅうしていてグリスの状態など常に把握していらっしゃるのなら現状どおりでもかまわないように思います。
グリスが硬化していたり流れてしまっていれば何を使っていようがまずいですが。

あと種類の違う油やグリスが混ざるとまずいとよく書いてありますが、実際はさして不都合は起きません。混ざっている場合質の悪いほうの油に影響されるので、メーカーが品質保証上そう書いているだけのようです。
    • good
    • 0

No4さんが非常に詳しく説明されてますので、なにも言う事はないですが。


DURAグリース。
ウレアグリース。(個人では使う量も少ないので、コンプレックス系でもいいですね。)
シリコングリース。
の3種類を使い分けるのがいいと思いますよ(稠度ちょうど=硬さはお好みですが)。
あと。
スレッドコンパウンド(アンチシーズでも)というものがあります。
ワコーズ等から発売されていますが。
ボルト等の焼き付きや異材金属のカジリを防止するものです。
プロショップなどでもBB・ブレーキ周りや、シートポストなんかに使ってますね。
使用する量はほんの少しで。
多量に使うと(特にボルト頭の部分に付くと)、通常のトルクでボルトをまわしてもオーバートルクになる可能性もありますので。
少々高いですが、非常に値打ちのあるものです。
    • good
    • 1

一言で言えば違いは無いです。


そもそもデュラグリスは粘度が高い事で有名ですから、いっパンの評価はそんなに高くないですよ。
万能的なつかいかたで、とりあえずデュラ入れときゃいっかーって感じですね。

今現在手元に別のグリスがあるなら、わざわざ買ってまで試す価値は無いと個人的には思います。
まぁ、そんなに高いもんでもないし、試してみたいなら良いんじゃないかなー。
    • good
    • 0

私もレーシング3を所有していて、ハブにDURA ACEグリースを入れました。

シマノでは粘度の低いハブグリスを指定していましたが、フルクラムのラチェット音がうるさいので、あえて粘度の高い通常のデュラグリースを入れましたが、最初ホイールが重たく回りましたが、50キロも走ったら、粘度の低いハブグリースとなんらかわりませんでした。現在12000キロ走行してますが、まったく問題ないです。しかしラチェット音は1000キロくらいで5割ほどおおきくなるのでまた入れてますが、またグリースはよほどの負荷を与えるところと水の浸入を考えるところ以外は、そんなに神経質にならなくても良いのでは
    • good
    • 0

機械と違って高速で回す事もないので熱量とか気にしないで良いけど


耐水性や硬さ(粘度)は気にした方が良いでしょう
柔らかすぎると流れちゃうし、堅いと回転が重くなる


あとは、ゴムやプラスチックを痛めないというのも重要
防水シールとしてプラやゴムが使われている事がある
それらを劣化させちゃうようなグリスだと使えない。


てことで
自転車には自転車専用のグリスがお勧め

DURA ACEグリスは何処にでも使えてコスパも良い

そのほかでよく見かけるのは
フィニッシュラインのセラミックグリース使ってる人

たまにいるのがマイクロロンの超高級グリス使ってる人
http://item.rakuten.co.jp/bee/10001640/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグリス 熱伝導両面テープ

湿気の多い環境でPCを使用しているため以下のような特性を
もつグリス・熱伝導両面テープを探しています

グリス
1.熱伝導率等は特に気にしない
2.長期間成分が変化しにくい
3.ヒートシンクを傷めない(錆びの元とならない)

熱伝導両面テープ
1.熱伝導率等は特に気にしない
2.長期間成分が変化しにくい
3.ヒートシンクを傷めない(錆びの元とならない)
4.粘着性が高い(比較的重いヒートシンクでもくっつけられる)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>例えばグリスはある程度使用した後だと油分が揮発してガビガビになってしまう物もありますよね?

安物はなります

>銀を配合しているシリコングリスは銀が酸化したりもしますよね?
どちらにしても長期間・高温にさらされるとなる場合がありますから年に一度塗りなおせば良いと思います

パソコンなんて旬の時期はそんなに長くありません、精々2年ぐらいですから気にすることもないと思います

http://www.ainex.jp/

ここならかなり良い物が見つかります

Q自転車のメンテナンス・・・オイルorグリース

自転車メンテナンス初心者です。
お手入れ用に潤滑油的なもの(オイルとか?)を一本用意した方がいいと本に出てたので、買おうと思ってます。
CRC-556のようなオイルのスプレータイプと、グリースのスプレータイプの2種類がお勧めみたいな感じで出てました。
この2つ、どう違うんでしょう?
どちらがいいんでしょうか?
教えてください!!

Aベストアンサー

基本的にグリスとオイルは明確に分類することはできず粘度の違いで
その両者の中間のようなものも存在すると思っています。

ですので、CRC556などは最も粘度の低い(浸透性の高い)部類に入り、
いわゆるベアリング用のグリスなどは最も粘度が高く、水などに流れにくいものだと言えます。
つまり、それぞれの用途によって使うところを分ける必要があります。
ワイヤーやチェーンなど細部に浸透する必要があるものには、粘度の低いもの(オイル)が向いていて
ベアリングなど強い力が常にかかり、潤滑が長期間必要な部分には粘度の高いもの(グリス)を
使います。

質問者さんのしたいと思っているメンテンナンスの種類にもよってくると思いますが、
自分のお勧めとしてはまず、チェーンオイルにも使える粘度が低めの潤滑剤(ベアリング以外の各部に使えます)と
チェーンを洗うためのディグリーザーを買うのがいいと思います。
これならセットみたいです。http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/finish/tos046.html

スポーツサイクルでしたらスプレータイプのグリスを持っていても
グリスアップの必要なところは結局シール(水の浸入を防ぐゴム)があるので
一度分解して開けなければグリスアップできません。
ですから品質に定評のあるシマノのグリスなどを使うのがいいですが、
問題はそこま自分でするのか?という部分ですね。

また、スプレーかスプレーでない物の違いは、単に使い勝手ですが、
狭くて奥まった場所(ディレイらーのピボットなど)はスプレーが便利かもしれません。
自分は液体の方が割安なのでスプレーを買いませんが、最初はスプレーが楽かもしれませんね。

長々と書いてしまいましたが、一番最初はリンクで紹介したものをとりあえず購入してみて
必要を感じたら増やしていくという形が応用性が広く無駄が少ないと思いますよ。

基本的にグリスとオイルは明確に分類することはできず粘度の違いで
その両者の中間のようなものも存在すると思っています。

ですので、CRC556などは最も粘度の低い(浸透性の高い)部類に入り、
いわゆるベアリング用のグリスなどは最も粘度が高く、水などに流れにくいものだと言えます。
つまり、それぞれの用途によって使うところを分ける必要があります。
ワイヤーやチェーンなど細部に浸透する必要があるものには、粘度の低いもの(オイル)が向いていて
ベアリングなど強い力が常にかかり、潤滑が...続きを読む

Qグリスの種類、用途

グリスはいろいろありますが、使い分けがわからずこまっています。
とにかくあまり判っていません
しかし、機械の整備で使用するに際し、どんな時にはどんなグリスを使うかを知りたいです。
お詳しい方お教え下さい。
よろしくお願いします。

<私が知っているグリス>
 ・シリコングリス
 ・モリブデングリス(黒い色)
 ・リチウム系グリス
 ・万能(ホームセンターで売っている飴色、もしかしたらこれがリチウム系グリスかな?)

   ※リチウム系グリスと万能グリスは同じものかもしれません

Aベストアンサー

グリスは基油(合成油、鉱物油など)と増長剤(リチウム、カルシウムなど)や添加剤(モリブデンなど)によって分類されます。

シリコングリス
一般的にはゴムや樹脂などに対する攻撃性が少ないので、それら材質が使用されている場所に適合します。

モリブデングリス
おそらくはリチウム基のモリブデングリスではないかと思います。
モリブデンは極圧性能が高く自己潤滑作用があるので高負荷の場所に使われます。
ただし極圧性能は劣化が早いとも言われています。
水には弱いと思います。

万能グリス
リチウム系のグリスで、シャーシグリスなどと呼ばれるものだと思います。
比較的水に強いので屋外での使用に適します。

他にウレアグリス(高性能ですが高額)やフッ素やカーボンを主体としたものもあります。

Qリチューム石けん基の万能グリースにミシンオイル

最初にリチューム石けん基の万能グリースというものを
自転車車輪のベアリングに使ったのですが、
回転が重くなってしまいましたので、
現在はシャーシーグリースというものを使っています。

そこで質問なのですが、このリチューム万能グリースに
ミシンオイルを混ぜて少しばかり軟らかくしてベアリングに使用した場合、
シャーシーグリースのような軽い回転のグリースになるのでしょうか。
勝手に混ぜ物を加えたりすると、品質的に問題が出てきてしまうのでしょうか。

Aベストアンサー

そのままシャシーグリスでよいのでは。
シャシーグリスはカルシウム石鹸基をつかったモノが多いので、水との親和性に優れています。
水分の影響を受け易いハブベアリングなどには良いと思いますよ。
また、水分を取り込み乳化しますと、性能が落ちますので、早めのメンテナンスが必要ですね。
グリスの硬さのことを「ちょう度」といいますが。
一般的に売られているグリスのちょう度だと、そのままハブベアリングに使っても全く問題ないですよ。
ウレアでもリチウムでも同じです。
ベースオイルによるちょう度の違いと言うのは、個々の製品の目的の違いだけで、シャシーグリスが柔らかいとはいえません。
ベアリングの回転が重くなるように感じますが、それぐらいが普通です。

Qグリスの選択

先日、スイングアーム、リンク類を清掃しようと思いばらしました。

ピボットシャフトはグレーのグリスでしたがこれは「モリブデングリス」でしょうか?ちなみにシャフトにはニードルベアリングが付いてます。

いろいろネットで検索するとベアリング関係は「万能グリス」が良く「モリブデングリス」は良くない。とか「モリブデングリス」が良いとかあり迷います。。「万能グリス」はゴムを傷める。とかあり、「じゃあ、シールが痛むか?」ますますわからなくなりました。

ついでにホイールベアリングもグリスアップしようと思います。

皆さんはどのグリスを使用していますか?

Aベストアンサー

黒に近いグレーなら、モリブデングリスでしょうね。
低速で大きな力のかかるリンク類にはよく使います。
あまり高い潤滑性が必要な箇所でもないのでイモグリスでもいいでしょうが、モリブデンの方が圧力に強いので良く使われます。
ゴムを傷めるという話は聞きません。
シールには耐油ゴムを使うのが普通(じゃないと役に立たない)なので、気にしなくてもいいでしょう。
100歩譲って悪影響があるとしても、ダストシールの耐久性が限界にきたことよってダメになる方が先です。

ホイールベアリングは何でもいいです。
モリブデンは黒く汚くなるので、イモグリス(万能グリス)の方がいいかもしれません。
ホイールベアリングのグリスアップとありますが、ホイールベアリングはグリスアップできません。
ハブ内に入っているのはグリスが封入されたシールドベアリングであることが普通なので、とくにベアリングをグリスアップする必要も無いですし、できないです。
アクスルシャフトにグリスを塗って組むのは、単に防水と錆止めの役割しかありません。
ホイールの回転はホイールベアリングが受け持つので、アクスルシャフトとホイールベアリングインナーレース間に回転はありません。
回転が無い以上、高い潤滑性も必要ありません。
あそこにグリスを塗るのは錆止めと防水、ダストシールの潤滑が目的ですので、黒く汚れるモリブデンよりも普通のグリスの方がいいでしょう。

黒に近いグレーなら、モリブデングリスでしょうね。
低速で大きな力のかかるリンク類にはよく使います。
あまり高い潤滑性が必要な箇所でもないのでイモグリスでもいいでしょうが、モリブデンの方が圧力に強いので良く使われます。
ゴムを傷めるという話は聞きません。
シールには耐油ゴムを使うのが普通(じゃないと役に立たない)なので、気にしなくてもいいでしょう。
100歩譲って悪影響があるとしても、ダストシールの耐久性が限界にきたことよってダメになる方が先です。

ホイールベアリングは何...続きを読む

Q自転車用の潤滑スプレーで内部のグリースが溶ける事はありませんか?

ディレイラーにテフロンパウダー配合の自転車用潤滑スプレーを使用して、内部のグリースが溶ける心配はありませんか?
グリースが溶けると自転車にどういった不具合が生じますか?

Aベストアンサー

まず、ディレーラーに限って話します。

テフロンの潤滑スプレーをかけるときにはまずディグリーザで洗浄、続いてパーツクリーナーで脱脂その後にスプレーをしないと効果が発揮されません。

潤滑油とグリスは基本的に混ぜてはいけません(中には混ぜても大丈夫とうたっているものもありますが)。グリスが必要なところにはグリスの粘度が必要です。そこに粘度の低いオイルを加えるとグリスが流れ出してしまうのです。そうすると防水性、潤滑性能などが低下してしまい、さびなどの原因になります。

さらに、異なった製品を混ぜると本来その製品が持っている性能が落ちてしまうだけでなく、化学反応により、違う性質を持ち、樹脂成分や金属成分を侵食してしまう可能性があります。

Q高価な熱伝導グリスの効果はあるのでしょうか

高価な熱伝導グリスの効果はあるのでしょうか
CPUクーラーに使用する熱伝導グリスは一般的なシリコーングリースの他に単価の高いシルバーグリスとかセラミックグリスとか伝導テープなどがあり、熱伝導率(W/m・k)が書かれています。
例えばシリコーングリスは 0.9 、シルバーグリスは 8.2 あたりですが、シルバーグリスの商品説明にCPUの冷却効果が(-)3℃あると書かれている物もあります。高価なグリスの冷却効果は本当にこれぐらいあるものでしょうか。

Aベストアンサー

日経WinPC 2009年10月号にて比較記事がありました。
(1)アイネックス社 PA-070 0.62W/m・K(シリコングリス標準タイプ 210円)
(2)アイネックス社 PA-080 0.9W/m・K(シリコングリス高性能タイプ 380円)
(3)アイネックス社 AS-04 5.1W/m・K(セラミックグリス 720円)
(4)アイネックス社 AS-05 9W/m・K(シルバーグリス 1500円)
(5)ワイドワーク社 SST-M50α 50W/m・K(熱伝導シート 1500円)

Core i7-920と標準クーラーで温度を測定した温度の差は
(2)、(4)、(5)が(1)と(3)より2度~3度下がる結果となりました。
(記事にある数値をそのまま引用するのは控えます)

塗り方や長期運用では異なる結果になるのかもしれません。
ただ熱伝導率の数値だけで過度な期待はしない方がよいと思います。

Q安い汎用油と高いチェーンオイル?

ロードバイク通勤しています。

チェーンオイルについて調べていると、
自転車専用の比較的高価なオイルにこだわっている方と、
チェーンソーなど一般工具用の安価なオイルを流用している方がいらっしゃいます。

チェーンオイルは価格に比例して能力も比例して高くなっていて価値があるのでしょうか?
それともホームセンターで売られている安い汎用油で十分なのでしょうか?

Aベストアンサー

自転車チェーンはオープンシステムなので
浸透・保持という相反する性能が要求されます。
これを満たす者はなかなか無い。

油性の問題。

で、高価格の者は
保持性を高めるために
添加剤を加えているのだよ。

でね。
いくら添加剤加えても所詮オープンシステムなので
いずれは出て行く。

そう。
まめに勝る手入れはないのだ。

其れをサボろうとすると
高価な者ってはなし。
あるいはいつまでもきれいにしておきたいとかの
付加価値。あくまで。

潤滑性能は基油に由来するから
豆にていれするなら
オイル価格は問わないの。

それだけの話だ。
終了。

Qspeedplayのメンテナンスに使うグリスについて

speedplayのメンテナンスで、グリスガンで新しいグリスを押しこんで、反対側から古いグリスが押し出されて、ふき取ってメンテナンス終了というメンテナンスがありますが、これに使われるグリスは何を使えばいいのでしょうか?

グリスガンは、ホームセンターに売っているものでいいと思いますが、グリスはどんなグリスがいいのか・・・
ホームセンターで一般的に売られているどのグリスを使えばいいのか教えてください。

エーゼットの万能グリースとか使えるなら安くていいのですが・・・

専用品は高いので考えてません。
普通のグリスガンと一緒なのに4千円以上って信じられない・・・

Aベストアンサー

少し語弊がありましたね…

ペダルの回転についてですが高価なグリスでメンテ直後とかにペダルを空回りさせようとしても一回転するかしないかです。
しかしグリス分がすっかり抜けたペダルはクルクルと何回転もします。

漕いでいて滑らかで抵抗が少なく感じるのはもちろんメンテしてあるほうです。


普通にホームセンターで売っているボールベアリング用に使えるグリスなら問題はないです。
あとはどれだけこだわるかですね。

Qブレーキワイヤーを切断する専用工具

ブレーキワイヤーを切断して取り付けたいのですが、切断する工具ってなんていう名前なのでしょうか?詳しく教えてください。
ホームセンターで購入予定です。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ワイヤークリッパーがありますがブレーキワイヤーは切りにくいです
丈夫なペンチでもいいです
切断タガネとハンマーで叩ききるのが速いです
切断タガネ
ハンマー
金床
の三つが必要です


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報