こんばんは。
私は医師(内科)をしているものですが、この度ある分野(直接医学とは関連がない)で大学院に海外留学しようと思っています。
英語力はTOEICでは900点以上ありますが今まで「医学英語」を(日常業務であまり必要ないため)知る機会はありませんでした。ただ単語さえ調べて分かれば英語文献を読むのに苦労はしません。
さて、海外留学の一年ほど前より準備で仕事を止めようと思っています。その間、医師としてのアルバイトもできないわけではありませんが、できれば自宅で英語に触れる機会も増えるし翻訳業務などできればいいなあと漠然と考えています。
実際仕事で求められるレベルが分からないので、ある程度の目安を教えていただきたいのです。
ただ、今述べたように、英語のままで理解できるのと日本語に訳すのは違うということは分かっています。
翻訳経験のない私のある程度の英語力と医学知識(主に内科)で、いきなり翻訳の仕事はできるでしょうか?やはり研修(の様なもの)は必要でしょうか。
まとまりのない質問になってしまいましたが、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> 翻訳経験のない私のある程度の英語力と医学知識(主に内科)で、いきなり翻訳


> の仕事はできるでしょうか?

できると思います。実務の翻訳に携わっている人のすべてが、1.専門知識 と 2.語学力 の両方を高いレベルで兼ね備えているわけではありません。
どちらかが相当高いレベルなら、もう片方もそこそこのレベルであることが前提ですが前提ですが、仕事はあります。
とくに、1がかなり高度なものをお持ちなら(英語での知識でなくても大丈夫)、2は、おそらくお考えになっているほどのレベルでなくても仕事はあります。

> ある程度の目安
翻訳に必要な語学力のすべてはTOEICのスコアではわからないので、これは皆さん答えにくいと思います。しかしそこがお知りになりたいのでしょうから、異論もあるでしょうけれども、目安を書いてみます。

まず和訳(日本語への翻訳)ですが、これは高度な専門知識があることが前提ですし分野にもよりますが、最低ラインとしては800点レベルの英語力でも可能です。

もちろんこれで十分といっているのではありません。
文献によっては文章の意味が取れないこともまれにはあるかもしれません。
しかし十分な専門知識があれば多くの場合正しく類推できるので補える範囲だと思います。
fabulous75さんの場合、仕事は、はじめのチャンスさえ見つかればやっていかれるのではないでしょうか。

ですが、読んでわかる日本語訳を書けることは大前提です。ふつうに日本語を書けば大丈夫でもいざ翻訳となると、原文の意味はきちんと理解できていても、読みやすい文章には仕上げにくいものです。
(まさにそれが翻訳ですよね。)

英訳の場合には、私が思うには和訳以上に慣れが重要なので、TOEICのスコアなどによる目安はさらに示しにくいところですが、これもあえて書きますと、英語を書き慣れている人ならという条件付きで、最低ラインとしては800点台のかなり後半のスコアがあればなんとか仕事はあるでしょう。
これもある分野での専門知識が十分ある人の場合です。

しかし一方で、900台でも英語を書き慣れていない人というのは世の中に大勢いて(わたしも900台ですがそうでした)、そういう人なら900点~930点あたりのスコアでもすぐには難しいと思います。とはいえこのレベル(900点~930点)の基礎的語学力があれば、仕事の依頼があったときに断らないで、積極的に引き受けていけば、あとは積み重ねでなんとか普通に訳せるようになると思います。

> やはり研修(の様なもの)は必要でしょうか。
私は必要ないと思いますが、正直なところ、私も経験がないのでそういった類のものがどれほど有用かわかりません。それを補うべく、私は文章のスタイルのルールブックのような本は読みました。とくに英訳の場合には読んでおかれると良いと思います。たとえば、行頭にはアラビア数字は書かない(1ならoneと書く)、とかそういうようなルールです。

こんなところです。思ったよりハードルが低いと感じられたかもしれませんが、ピンからキリのピン側の人たちのレベルのお話しではもちろんなく、ご質問への回答でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
大変分かりやすいご説明で感謝いたします。
なんとか最初の仕事を見つけ、経験をつんでいけば何とかなりそうですね(まずキリのレベルからですが・・・)。TOEICのみでは英語力が分かりにくいのは承知しておりましたが、そこの目安を提示していただいて大変参考になりました。あらためて、ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/04 22:42

#1です。

下記は、過去のログのうちの参考サイトです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=594964
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びご登場ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/10/07 20:14

下にご紹介したサイトは、私が知っている通訳・翻訳の会社です。


こういう所に翻訳者として登録すれば、仕事をもらえることもあるのではないでしょうか。
私自身も生化学を専門とする者ですが、通訳を少々かじったことがあります。
翻訳は学生時代にアルバイトでやった経験があります。
世間で一般に思われているのとは逆に、翻訳は通訳よりずっと難しいような気がします。
私が通訳の勉強をしていたときも、一緒に勉強していた人たちの中に理系の人はあまりいませんでした。理系で通訳・翻訳ができる人は、非常に求められていると思います。
まして医師の方であれば、貴重な存在だと思います。

幸い今は文書のやり取りがメールで簡単にできる時代です。遠方の翻訳会社でも仕事の窓口として利用できると思います。まず問い合わせてみられてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.icube-t.co.jp/trans/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、翻訳は日本語構成力も通訳以上に問題となりますから、より難しい面もあるかもしれませんね。サイトのご紹介感謝します。

お礼日時:2003/10/07 20:13

こんにちは。



TOEIC900点以上と言えども(僕も900点以上ありますが)、翻訳となると難しいですよね。でも、それに加えて医学的知識があるなら、ネットなどで、普通の翻訳もできるし医学的な翻訳もできると積極的にアピールしていけば、どこかからはオファーがあると思いますよ。

参考URLにフリーの辞書「英和医学用語集」をリンクしておきます。北里大学医学部および医療衛生学部の学生らが入力したデータを、医学部生物物理系 奈良佳洋が編集した医学用語の専門用語辞書です。お役に立てれば幸いです。以下も参考になるかと思います。

http://www.jedo.jp/
http://www.bekkoame.ne.jp/ha/jhla/new/terminolog …

海外の大学院に留学されるのですね。僕も現在、海外の大学院に留学中です。論文をたくさん読まないといけません。大変だと思いますが、十分に準備して頑張って下さい。

参考URL:http://www.a2001.com/down/dic.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

用語集、ありがとうございました。大学院での論文との格闘、頑張ってください!僕も後から追いかけます!!翻訳のオファーがあればいいなあ。

お礼日時:2003/10/04 22:32

取り敢えず下記ウエブを参考に勉強法を決めては?翻訳を「商品」として完成するためには、それなりの業界のノーハウ、文章力、語彙を習得する必要があります。



参考URL:http://homepage2.nifty.com/i-honyaku/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ウエブサイトをチェックしました。役に立ちそうです。ありがとうございました!

お礼日時:2003/10/04 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブログに行政処分された医師名を載せると名誉毀損になるのでしょうか?

私のブログで 医者の行政処分の記事を載せました
載せ方として

《医業停止6カ月》
東京都●●区、●◇×病院、●▽◇男(●◇歳)
=業務上過失致死

以上のように 数十人を 
ニュース記事の通り 実名で書きました

約1年後の今日 コメントに書き込みがあり
『処分期間を過ぎた内容を掲示し続けるのは名誉毀損に当たります。
 速やかに削除してください。』と 匿名で書かれました

処分期間が終わったものに関し
実名を載せるのは 名誉毀損にあたるのでしょうか?

殺人犯や強姦犯の名前を 
ニュース記事としてブログに載せたら
懲役刑が終わったあとは 名前を削除しないと
名誉毀損に当たるのでしょうか?

法律に疎い者なので 是非お教えください

Aベストアンサー

難しい問題です…

新聞、雑誌など紙媒体は、発行した時点でのみ問題となりえますが、
インターネットの場合は、ほぼ未来永劫検索すれば残っています。

いくら触法して処分された人間でも処分期間が終了すれば、その人格は回復されます。
これは、刑法犯が刑期を終えると人格回復されるのと同じ考え方です>
但し、処分期間や、刑期を過ぎたからといって完全に許されるものではない、という考え方もありますが、これは現在認められて無いですので
この場合のケースから外します。

ですから、この場合過去ログに対して削除要請があった場合には削除に応じなければなりません。
しかしながら、別に信念があり、『出し続けるべきだ』と、お考えでしたら削除要請を断ればよいのです。

さて、ここからがネットの複雑なところです…
質問者様がどこかのサイトを借りてブログを公開されていた場合は、
削除責任が、サーバを持っている者(法人)に移ります。
質問者様のブログサイトの利用規約など隅々まで読み直してみてください。
表現の自由は、サーバ管理会社の契約の下で、その契約にそむいてなければその範囲内での自由です。
ここのところ勘違いされる方が多いです。

今回は、多分質問者様が削除しなければ、管理法人に削除要請がいくでしょう…
結果、最悪の場合はアカウント停止です。

信念がおありになり、表現の自由が貫きたければ、個人でドメインを取得し、海外のサーバを借りるか、もしくは個人でサーバを立ててどこのISPの世話にもならずにおやりになるしか手段はありません。

現実に、同様な過去ログについて名誉毀損となることはあります。
公共性、公益性があれば名誉毀損罪は無罪となりますが、それを証明する責任と義務は質問者様にあります。
そこまでして争う意味はないと思いますよ。

蛇足ながら、名誉毀損罪はざっくり言うと、書かれてあることが真実であるかどうかは問われません。そのことが書かれたことで名指しされた人が社会的に名誉が損なわれた、と、判断されれば成立します。

難しい問題です…

新聞、雑誌など紙媒体は、発行した時点でのみ問題となりえますが、
インターネットの場合は、ほぼ未来永劫検索すれば残っています。

いくら触法して処分された人間でも処分期間が終了すれば、その人格は回復されます。
これは、刑法犯が刑期を終えると人格回復されるのと同じ考え方です>
但し、処分期間や、刑期を過ぎたからといって完全に許されるものではない、という考え方もありますが、これは現在認められて無いですので
この場合のケースから外します。

ですから、この場合過...続きを読む

Q英語・ドイツ語・フランス語→英語・日本語の業務用翻訳ソフト

英語、ドイツ語、フランス語から英語または日本語に翻訳する機械翻訳ソフトで、お薦めはありますか?
内容は、社会学・人類学の論文です。

LogoMedia、Systran、Jx9はどうかと思っているのですが、いかがですか。
 http://www.worldlanguage.com/Japanese/Products/101644.htm
http://www.systransoft.com/
http://www.nova.co.jp/products/Jx9/gaiyou.html

リサーチをしている関係で専門用語がとても多く、学習機能が高いものを探しています。
すみません、どうぞよろしくアドバイスください。

Aベストアンサー

ご参考までに。

参考URL:http://koho.ktplan.jp/link017.html

Q医師の事を好きになってしまいました。

医師の事を好きになってしまいました。
ちょっと前まで通院していました。とても話が楽しい先生だったので「私、ブログをやっているので、よかったら見てください」と言ってURLを教えたら、先生は本当に私のブログを見てくれて、先生も自分がやっているブログを教えてくれたので、お互いにブログを読んだり、メールのやり取り(と言ってもフリーメールですが)をするようになりました。
でも、だんだんそういう関係(患者と医師なのか、友だちなのかがよくわからない感じ)が、苦しくなってきました。
やがて私の病気も良くなってきて、通院を終える時が来ました。
先生に「これからもブログ読んでくださいね」と言うと「病院で見ると履歴が残るから、そんなに見れないけど、またコメントする」と言われました。(今までは病院からも見てくれていました)
また「こういう形じゃなかったら、友だちになりたかった。○○さん(私)がどう思っているのか、わからないけど」とも言ってもらえました。
すごく嬉しかったのですが、何と答えたらいいのか、わからなくて何も言えませんでした。
それに先生が本気で言ってくれているのか、そう言って私を励まそうとしてくれているのかもよくわかりません。
私はこれからも先生とお話ができたらいいなと思っているのですが、先生には迷惑かもしれないと思うと迷っています。

医師の事を好きになってしまいました。
ちょっと前まで通院していました。とても話が楽しい先生だったので「私、ブログをやっているので、よかったら見てください」と言ってURLを教えたら、先生は本当に私のブログを見てくれて、先生も自分がやっているブログを教えてくれたので、お互いにブログを読んだり、メールのやり取り(と言ってもフリーメールですが)をするようになりました。
でも、だんだんそういう関係(患者と医師なのか、友だちなのかがよくわからない感じ)が、苦しくなってきました。
やがて私の...続きを読む

Aベストアンサー

人を好きになることは、悪いことではない。それがたまたま、なかなか壁の多い医師と患者という関係だっただけ。
今は、医師と患者という関係ではなくなったんだし、だからといってどうこう進められる状況でもないけど、絶対いやならまたコメントするとは言わないはずだし、だからと言って大きく期待することも難しい部分。先生は、一社会人として、職場の患者さんとプライベートでやりとりすることについて、その職場の考え方も含めて、きちんと考えてるし、今後も考えると思う。
だから、先生を思いやるがあまりに、人を好きになっている感情にふたをしてしまわないで、その感情とその出会いを大切にして、元気な姿をブログで見せ、先生の元気な姿を見て、少しずつのままだけど先生との関係を素直に継続してみてもいいんじゃないかな。そこに縁があればたぐりよせあうことになるし、なければまた別の道は必ず訪れるはずなんじゃないかな。

Q医学部卒業後、医師にならない人の割合は?

医学・歯学の国家試験を通った人のうち、医師を職業としない人の割合はどのくらいなのでしょうか。
医師は向いていなかったとか、ほかに興味が向いたとかで、あらましのところで30歳くらいの時点で医師をしていない人・やめた人って、どれくらいいるのでしょうか。
毎年、○千人が国家試験を通り、一方で、全国には○○人の医師がいる・・というデータでも結構です。
医学部・歯学部の全国の在籍者数(6で割れば一学年の数字が出ますか。)も、ご存じでしたら、教えていただきたく思います。
身近に、医師を休職している20代の人と、インターンの後、全く畑違いの就職をした人がいるので、こういうこともたぶん今はよくあることなのかと思うのですが、高齢の身内はなかなか受け入れられないようなので、情報をお待ちします。

Aベストアンサー

http://www.jda.or.jp/jp/toukei.htm

こちらのような統計を厚生労働省が調査、発表しています。ワード形式ですので、読めない場合はワードビューワーなどを使うと解読できます。

私の親戚は医師が多いのですが、大学に残って臨床以外で研究している割合が多いです。

参考URL:http://www.jda.or.jp/jp/toukei.htm

Q医師のイメージ

医師のイメージ

医師(特に産婦人科医)は、非常に忙しいというイメージしかありませんでしたが、
最近はここで回答したり、ブログを更新したり、テレビに出演したり、
元勤務医の不同意堕胎の件といい、想像するより、案外暇なのでしょうか?
私の中では、医師や看護師は非常に忙しいイメージがあります。

個人病院だから、暇があるのでしょうか?
婦人科医にメールで問い合わせをすると、すぐに返事があります。

病気や医療カテよりも、こちらの方が専門的な回答が多いので質問してみました。

Aベストアンサー

こんにちは。

実は私も質問者様と同様の疑問をいだいています。

最近はネットでPRしてる医師もみかけますね。

医者といってもピンキリだと思うんです。

私は患者の立場ですが
患者から見て、忙しいというか信頼性高い病院は
ネットやTV出演をあえて控えめにすると思うんです。

やたらTV出演したり、ネットの書き込みに没頭したり
本を出版したりってのは
医師としての信頼を失うのではないかと思います。

でも医師によっては
自分のクリニックのHPで
「有益な情報をきちんと提供」して、
患者さんから信頼をえてるケースもあると思います。

>婦人科医にメールで問い合わせをすると

性病科や婦人科の場合、
患者は病院へゆくことが恥ずかくて躊躇してるので
病院側が積極的に
ネットで情報提供してる場合もあると思います。

「口で言えないような状況でも恥ずかしがらないでくださいね。
患者さんの立場にたって安心して来院できるよう
当クリニックは心がけてます」という感じで
ネット上で雰囲気作りに力を入れてるクリニックもありましたよ。
そういう場合はいいと個人的に思いました。

的確な回答になってないようですみません。

こんにちは。

実は私も質問者様と同様の疑問をいだいています。

最近はネットでPRしてる医師もみかけますね。

医者といってもピンキリだと思うんです。

私は患者の立場ですが
患者から見て、忙しいというか信頼性高い病院は
ネットやTV出演をあえて控えめにすると思うんです。

やたらTV出演したり、ネットの書き込みに没頭したり
本を出版したりってのは
医師としての信頼を失うのではないかと思います。

でも医師によっては
自分のクリニックのHPで
「有益な情報をきちんと提供」して、
患者さんか...続きを読む

Q医学系翻訳家になりたいのですが

新しく、医学系の翻訳の仕事をしたいと思っています。地方在住なので自宅でフリーランスの仕事ができればと思っています。

これまで翻訳経験はありませんが、大学院や製薬企業で研究してきたこともあり、医学系の知識には比較的自信があります。英語力、日本語力も留学こそしたことがありませんが、論文を投稿したり海外学会で発表したり外国の研究員とコミュニケーションとることも可能なので、そちらも何とかなると思っています。

がしかし、実際検索してみると
未経験者を採用してくれる会社がなかなかありません。大概、募集要項の所に要経験とあります。
未経験者OKという会社には大体翻訳の勉強をする
学校や通信添削教材といった教育機関が付属しており、未経験者はまず勉強させて、それから自社に登録させる、といった採用方法しかしない方向に見えます。

やはり未経験者は教材や授業に投資して登録してもらうところから始めないと道が開けないんでしょうか??

Aベストアンサー

もちろん翻訳会社さんにはチェッカーの方がいらっしゃいますが、
現状、チェッカーの方の手を介してでさえ、お客様からの品質評価が常に高いとされる翻訳会社は少数といえる状況が続いています。
つまり翻訳会社さんにとっては、「高いアウトプットを出してくださる翻訳者が全て」といった状況であり、それがゆえ、経験者を重視する傾向がある、とお考えになられるのがよいかと思います。
(例えばこちらの翻訳会社が謳っているように”正確かつ自然”というところが、品質をはかるバロメーターになります http://www.iris-research.co.jp/006.html)


もしsakurarararaさんがご自信があれば、医薬翻訳を手がけていらっしゃる会社(できれば小さいところ)に、直接売り込みをされては如何でしょうか? 
もしそこが採用に前向きであれば、何らかの形でsakurarararaさんの実力を測ってくださることと思います。もしそこで高い実力があると認められれば、晴れてお仕事ができることになると思いますよ。
(大きいところですと、採用まで何かと形式的なステップが多いと思いますので、その意味で、実力を見てもらいやすい小さいところへの売り込みがベターと思います)


また、大学院/製薬企業のツテから、翻訳会社を探すことは出来ませんか?
そういった形であれば、紹介してくださる方が、sakurarararaさんの実力をendorsementしてくださるので、お仕事への道も近いと思います。


以上徒然ですが、もしご参考いただける部分ありますと幸いです。。。

もちろん翻訳会社さんにはチェッカーの方がいらっしゃいますが、
現状、チェッカーの方の手を介してでさえ、お客様からの品質評価が常に高いとされる翻訳会社は少数といえる状況が続いています。
つまり翻訳会社さんにとっては、「高いアウトプットを出してくださる翻訳者が全て」といった状況であり、それがゆえ、経験者を重視する傾向がある、とお考えになられるのがよいかと思います。
(例えばこちらの翻訳会社が謳っているように”正確かつ自然”というところが、品質をはかるバロメーターになります http:...続きを読む

Q禁止事項について-医師法

http://service.okwave.jp/cs/prohibition/index.html
この禁止事項に

病状に対する指導やアドバイスは、医師法第17条に反する恐れがあるため禁止いたします。
「それは○○という病気です/と思われます」「○○という薬を使用してみてはいかがでしょう」といった、病状の改善を目的とした投薬や治療方法に関する指導やアドバイス

という記述があります
禁止事項は運営側が決めることなのでこういった書き込みはいけない、ということには異論はありません

しかし気になるのは「医師法第17条に反する恐れ」です
医者でない人が自分は医者ではないと断った上で回答しても医師法に違反するのでしょうか?
たとえば私が「一般人」として「風邪には葛根湯が効きますよ」と書けば医師法に違反するのでしょうか?
そうならば世にあふれるHPやブログには、かなり違法サイトが存在することになります

実際のところどうなのでしょうか?詳しい方がいれば教えて下さい

Aベストアンサー

>処方箋が必要ならばなおさら大丈夫です
>なぜなら医者で診察を受けなければその薬が買えないからです

何か勘違いされていませんか?
ご質問はサイトで薬の利用などをアドバイスすることについて「医師法第17条に反する恐れ」について聞かれているのではないでしょうか?
処方薬に関しては、医師免許を持たない無資格者が処方するのは違法行為とされています。単純に処方という単語に限定すると「患者さんの病気に使われる薬の種類、量などを決めること」として解釈できます。実際に入手できる状態にするかどうかということとは必ずしも一致しません。

従ってこうしたサイトで処方薬の使用を促していると、そうした医療行為を行っているのではないかとの誤解が危惧されるので、サイト管理者が「医師法第17条に反する恐れ」と言われるのではないかということです。

Q日本の医学部医学科を卒業してアメリカで医者になる方法

日本の大学の医学部医学科三年生です。大学を卒業してからアメリカで臨床医になりたいと考えています。日本の医学部を卒業した後で、アメリカで医者(臨床)になるには、どのような試験、資格、メディカルスクール?を受ける必要があるんでしょうか。

Aベストアンサー

 私も在学中に調べたことがあります。資格としてはまずはUSMLEのstep1,2に合格し、日本の大学を卒業してからアメリカもしくはアメリカ領の病院(米軍基地内も含む)での二年間のインターンを修了する必要があります。その後は、病院にアプライして就職活動という流れだと思います。ただ、外国人を雇う場合、雇用主は移民局に1万ドルだかを払う義務が生じるので、就職活動は難航すると思います。相当な額の寄付をすれば別ですが…。
 
 問題はビザです。質問者様がアメリカ国籍や永住権を持っていれば良いのですが、そうでない場合は多くの場合J1ビザしか下りません。これは7年で失効します。アメリカで学んだ知識・技能を母国に持ち帰ることを前提とするビザです。

 さらに日本に帰ってきて臨床医をやるには、日本の臨床研修が別途に二年間必要となります。

 これらのデメリットを上回るメリットを見出せない限り、卒後アメリカに行くのはお勧めできません。

Q医師って・・・

ある日のブログに私自身が仕事の後に病院を受診し、待ち時間が2時間だったこと、それに関する苦情を書いたことを掲載したら、「通りすがりの医師」さんからこのようなコメントが寄せられました。
「あなたが待ってる2時間以上、医師はずっと患者さん診てたんでしょ?早く診て欲しいなら早く受付しないと仕方ないでしょ?そんなことで苦情出すなんて、一体何様?あなたディズニーランドとかで待ち時間長いと苦情出すの?あなた以外にも患者さんがいて、あなたより早く受付してるなら待つしかないでしょう。わがままです!」
苦情を書いてきた点に関しては私の勝手もありますが、このコメントを見て非常に憤りを感じています。
1つ目に、体調が悪くて病院を受診しているのに、患者が待つのは当たり前という発言ができる医師は最低な人間だと感じました。
2つ目に、ディズニーランドは「夢を売る」商売、医師は「患者を診る」商売であり一緒にしてほしくないと思いました。
このような医師がいるから助かるべき命が失われしまうのではないでしょうか?
同じ医療機関で勤務している者として恥ずかしい限りです。
皆さんは、このコメントを見てどのように感じるのでしょうか?

ある日のブログに私自身が仕事の後に病院を受診し、待ち時間が2時間だったこと、それに関する苦情を書いたことを掲載したら、「通りすがりの医師」さんからこのようなコメントが寄せられました。
「あなたが待ってる2時間以上、医師はずっと患者さん診てたんでしょ?早く診て欲しいなら早く受付しないと仕方ないでしょ?そんなことで苦情出すなんて、一体何様?あなたディズニーランドとかで待ち時間長いと苦情出すの?あなた以外にも患者さんがいて、あなたより早く受付してるなら待つしかないでしょう。わがま...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

仕事の後になることがわかってたら、前もって予約しといたほうがよかったですね。

大きい病院より個人のほうが早い時もありますね。
それはなんともわかりません。回りの人に病院の情報を聞いたりするもの1つの方法かな。

ディズニーで並ぶのって、ワクワクですよね。我慢できます。
病院って苦痛ですよね。
比較の対象がなんかおかしいですね。

昔、病院で働いていました。
こんな医者よくいますよ。

この医者、根はそう思ってても、オブラートに包んだいいかたでカキコすればよかったのに。

Q旅行会社での英語業務

こんにちは。
今旅行業に就職をしたいと思っているものですが、旅行会社で働くには英語など語学力も必須といわれています。

旅行会社にて英語をつかうとは具体的にいったいどんな業務を指すのでしょうか?

そして、どの程度の語学力を必要とされるのでしょうか?
よろしく返答願います。

Aベストアンサー

ひとくちに旅行会社といっても、いろいろな「現場」があり、英語の必要度は千差万別でいちがいには語れません。
一般的には国際旅行(訪日外国人)の部門がもっとも英語を使う機会が多いようです。

でも、それ以外で不要というわけはありません。国際線予約担当者でも、顧客が外資系企業で外国人だらけというのは実際にあることですし、CRS(予約端末)は基本的には横文字の世界です。

英語(に限りませんが)は、使えて(少なくとも“読めて”“理解できて”)当たり前ではないでしょうか。現実に業界人すべてがそうではないでしょうが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報