ファイヤーワークスでスライスを切ってイメージとテキストに分けています。
かなり大きな画像でスライスもかなりの数になっています。
こうなると、スライスに切ったはずの部分が認識できずにHTMLを書き出したとき、その部分の画像がなくなっていたり、挿入したはずのテキストが表示できなくなったりします。これはファイヤーワークスのバグでしょうか?
それとも単にメモリが足りないとか?
ただし、その画像を半分にして別々の画像としてスライスし、書き出した場合は問題なく書き出すことができます。

OS:Win2000Pro / メモリ:512MB / FW Ver4

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Ver1の頃から使い続けてますが、書き出されたHTMLを


使ったことはほとんどありません。

Fireworksは画像を書き出すときひとつのTABLEとして
書き出そうとするので、複雑なスライス構成になると
TABLEも無意味に複雑になって、結果ブラウザで認識
しきれないようなものを出すときがあります。
NN4.*とかでみるとかなりアレです。

Fireworksは「画像切り出しツール」もしくは「Java
Script書き出しツール」として使って、他の部分は
自分で組んだほうがよほど効率的です。:-)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね。 同じような認識で使ってみるのも一考ですね。
確かにNNシリーズは厳しいものがありますね。

お礼日時:2001/04/24 11:56

Fireworksについてはかなり使っているつもりですが、このようなことは初めて聞きます。



一体どの程度のスライスの数なのでしょうか?
私の個人的な作り方から言わせてもらいますと、Fireworksでは、ページまるごとを一つのファイルから書き出そうとすると全てを一つのテーブルに入れ込もうとして無理をしてしまうので、できるだけエレメントを分けて書き出すことをオススメします。

根本的な解決になっていなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり分けないとだめでしょうか。
実質的には2,3に分割して書き出してから改めて連結するように
していますが、不便です。
誰に聞いても、Macromediaに聞いてもそんな症例は無いといわれますね。
ほんとに辛いところです。

お礼日時:2001/04/24 08:18

とりあえずメーカーサポートページは探しました?


基本ですね。

スライスの書き出しに関する障害はあるようです。

参考URL:http://www.macromedia.com/jp/support/fireworks/t …

この回答への補足

探してみましたけど、ありません。
サポートに確認しましたが、まだ発売間もないので
私のような症例は無いといわれました。

補足日時:2001/04/23 23:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシャフトが軟らかいとスライスしやすい?

5年前にゴルフを始めた30歳男です。
この前クラブを持たずに練習場へ行き、レンタルの中では一番新しそうなスプーンを借りて打ちました。シャフト(カーボン)がRだったのですがいつもと同じ感覚で打つと全部スライスでした。極端なフックグリップでやっとまっすぐ飛ぶといった具合なのですが、今までウッド、アイアンともにSシャフトしか使ったことなかったので、軟らかいシャフトのせいかと思ったのですがどうなんでしょうか?
軟らかいシャフトを硬いシャフトと同じ感覚で打つとスライスし易いですか?
(最近初めて計ったらヘッドスピードは46でした。)

あとゴルフはアメリカで始めたのでアメリカのSシャフト(ウッド-カーボン、アイアン-スティール)なんですが、一般的に日本のSより硬いというのは本当ですか?
(メーカーにもよるのでしょうが…)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヘッドスピードが速い人ほど、フェースの戻りとの差が拡がり左右の曲がりは大きくなります。

nakko_november さんの場合はスライスが多かったようですが、逆にインパクトまでためて一気にリリースする打ち方の人は極端なフックになるはずです。

従ってヘッドスピードの速い人がシャフトの柔らかいクラブを振ると、その人のスイングの特徴によって左右どちらかに曲がるという事になります。 スライスだけとは限りませんね。

またアメリカで市販されているSシャフトですが、たしかに日本のSより硬いです。 

同じSでも腕力のない日本人向けに作られたクラブは比較的柔らかいです。 よくクラブに貼っているシールに 「JV」 という表示がありますが、これは 「Japan Version」 の略で、要は日本向けに作られたクラブであるという意味です。

そのような表示があるクラブのSシャフトはアメリカ向けより柔らかいという事になります。

Qドリームウェーバー上の画像をファイヤーワークスで開くには?

ドリームウェーバー3.0上で配置した画像をダブルクリックするなどしたらファイヤーワークス3.0で開けるようにしたいのです。

イラストレーターは画像をoption+ダブルクリックでフォトショップで開きますよね。ああいう感じで。

今は出来ないのでファイル名を覚えて、ファイヤーワークスで「開く」→そのファイル、というふうにしていて面倒です。

どなたかご存じの方いたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

えと。#1の方がおっしゃるように「編集」の他、画像をコマンドキー(Winならコントロールキー)+ダブルクリックでFWを起動できます。
補足にあった件は参考URLに載ってることを参照してみて下さい。Mac・・・ですよね?

参考URL:http://www.macromedia.com/jp/support/dreamweaver/ts/documents/dw0238.html

Qトップでシャフトが目標方向より右にクロスします。

ビデオ撮影して確認したらトップでシャフトが目標方向より右にクロスします。特に右脇が空いてしまっております。その結果ダウンスイングでフェースが開きスライスになります。右脇が閉まっているときはトップでシャフトも目標方向に真っ直ぐで綺麗なストレートボールが打てます。素振りの時は右脇が空きませんがボールを打つ時は右脇が空いてシャフトがクロスしてスライスになります。なぜでしょうか?トップで右脇が空かないように意識している事などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

既に諸先輩方からアドバイスがありましたので、一言だけ。

スライスで悩まれているようですので、スライスの主な原因となるアウトサイドインの軌道とフェースの戻りが遅い事、あるいはインパクトで左脇が開くを早く直す方が先決かと思われます。

そのためには 「トップでの右脇」 よりも 「インパクト後の左脇」 を意識される方がスライス矯正に効果的だと思います。

端的に言ってトップでいくら右脇が空いていようが、多少シャフトがクロスになろうが、要はインパクト時にスクエアに戻っていればいいわけですから、この辺は 「スイングの個性」 と理解していいのではないでしょうか。 無論、程度問題でしょうが ・・・

たしかビジェイシンが練習で両脇に手袋を挟み、それを落とさないようにスイングしていたと思いますが、彼の場合は非常に体が柔らかいのでアマチュアがこれを真似してもフルスイングをするのは大変難しいため、一度左脇だけに手袋を挟んで練習してみればいかがでしょうか。

左手リードのスイングになり、かなりスライスの矯正が出来ると思うのですが ・・・

それと、どうしてもトップで右脇が空くのが気になるようでしたら、ひとつだけ。

アドレスの時に胸の 「ライン」 をイメージして、そのラインから右肘が後方 (背中方向) にはみ出さないように意識してスイングする事をお勧めします。

右脇が開きシャフトがクロスする時は、大抵の場合、右肘がこのラインが背中方向に大きくはみ出しているはずです。

既に諸先輩方からアドバイスがありましたので、一言だけ。

スライスで悩まれているようですので、スライスの主な原因となるアウトサイドインの軌道とフェースの戻りが遅い事、あるいはインパクトで左脇が開くを早く直す方が先決かと思われます。

そのためには 「トップでの右脇」 よりも 「インパクト後の左脇」 を意識される方がスライス矯正に効果的だと思います。

端的に言ってトップでいくら右脇が空いていようが、多少シャフトがクロスになろうが、要はインパクト時にスクエアに戻っていればいいわ...続きを読む

QWEBデザインで、ラフデザインからスライスを切る前までの作業

現在webデザイナーを目指しスクールでの勉強をほぼ終え、課題製作中のものです。

タイトル通りなのですが、
「ラフデザインからスライスを切る前までの作業」
の手順がいまいちわからず、困っています。

わからない点とは

 1.ラフデザインをフォトショップ、イラストレーター(またはファイアーワークス)どちらで起こしていくか。
 2.具体的な作業の流れ。
3.各パーツを作って置いてみたところで、色やちょっとしたデザインがまとまっていなく感じやりなおししてしまうので、どこまで紙の上で吟味すべきか。また良い手直しの仕方。


です。

現在は

 1.http://design.rightclicksright.com/Make-Site/webDesign.htm様を参考にイラストレーターを使用し
 2.手描きのラフをスキャンで取り込み配置して
3.各パーツを自分で決めたサイズ、位置に、グリッド、ガイドに沿って作成し、置いていく。

という感じでやっています。



プロの方や経験者の方で、アドバイス頂けると助かります。
おそらく多少人によって、もしくは会社によって違うと思われるので、いろいろな方に頂けると助かります。
宜しくお願いいたしますm(__)m

-----------------------------
補足:

スクールではいきなりもう出来上がりのものをスライスを切るところからの内容説明なのでわからないのです。

勿論講師の方にも聞きましたが、<好きなほうでやったほうが..しかしイラストレーターでやってるんですか?>という答えで...f(--;)

はっきりした手順がテキストに無いのでわけもわからずやっている状態なので、だいたいの正しい手順(いろいろあるかもですが)のようなものを最初は知っておきたいのです。宜しくお願いしますm(__)m

現在webデザイナーを目指しスクールでの勉強をほぼ終え、課題製作中のものです。

タイトル通りなのですが、
「ラフデザインからスライスを切る前までの作業」
の手順がいまいちわからず、困っています。

わからない点とは

 1.ラフデザインをフォトショップ、イラストレーター(またはファイアーワークス)どちらで起こしていくか。
 2.具体的な作業の流れ。
3.各パーツを作って置いてみたところで、色やちょっとしたデザインがまとまっていなく感じやりなおししてしまうので、どこまで紙の上で吟...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ラフデザインをイラストレーターかフォトショップどちらで起こしていくかということですが、それは決まった方法はないので自分のやりやすいほうでやればいいと思います。
DTP出身者はイラストレーターを使うのが慣れているのでイラストレーターで作ることが多いかもしれません。私がそうですが同僚はフォトショップで作ります。

起こすデザインによって使い分けたほうがいいかもしれませんね。写真をメインに使ってるページなどだったらフォトショップのほうが使いやすいでしょうし。

イラストレーターの場合、デザイン段階ではやりやすいのですが画像化するという段階があるので直接フォトショップでやるより手間になるかもしれません。
私の場合、イラレで作った後Webで保存などで画像化し、それをフォトショップ上で切っていきます。
フォトショップだとパスとか使いづらいんですよね^^;

ラフはだいたいこんな感じ程度に書いてスキャンしてテ
ンプレートとするまでは作りこまないですね。
仕事の場合、他の人の意見(上司や他部署の人の)が入って、必ずといっていいほど直しが入るので作りこんじゃうと逆に手間になってしまいます。

別にレイアウトして切り出してページを作らないといけないということはないので必要な部品ごとに作成してレイアウトはDreamweaverなどでしていくという方法もよくやります。

まず、ラフデザインをイラストレーターかフォトショップどちらで起こしていくかということですが、それは決まった方法はないので自分のやりやすいほうでやればいいと思います。
DTP出身者はイラストレーターを使うのが慣れているのでイラストレーターで作ることが多いかもしれません。私がそうですが同僚はフォトショップで作ります。

起こすデザインによって使い分けたほうがいいかもしれませんね。写真をメインに使ってるページなどだったらフォトショップのほうが使いやすいでしょうし。

イラストレータ...続きを読む

Qヘッドスピードとシャフトフレックスとが合わないと

こんばんは。

スイング時
ヘッドスピードとシャフトフレックスとの相性が合わないと、
球はどのような振る舞いをしますか?

固い   シャフトなら、球はフックに。
軟らかいシャフトなら、球はスライスに振舞うと思うのですが
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシャフトのしなりが大きくなりタイミングが合った場合は球が捕まりフック系のボールになります。但し柔らかすぎるとシャフトが撓り戻って来ずにフェースが開いてスライスする場合もあります。


上記はあくまで同じシャフトのSとRを比較した場合といった感じでご理解ください
同じSやRの表示であっても、メーカーやブランド、商品によって硬さはバラバラだということくらいはご存知ですよね?


シャフトは硬さ以外にも重量や長さ、トルクなどのスペックによっても、その撓り戻りの特徴が変わります。例えば赤マナの様なWキックと呼ばれるタイプのシャフトはインパクト時にヘッドがめくれるような動きをする物が多くあります。ヘッドがめくれるとロフトが増えて球が高くなると同時にバックスピン量も増えますので、スピン量不足で球の低い方には合います。逆に去年売れたツアーADのDIなんかはインパクトでロフトが立った状態になりやすいのでスピン量が減るタイプのシャフトです。ヘッドスピードが遅めの方は手元が硬いシャフトだと充分なタメを作れないので、手元の柔らかいタイプのシャフトが比較的向いているという傾向があります。


ミスの原因を道具によるものと判断する場合は丁度良いものを探すのも当然ですが、一度間逆のスペックを試してみることでミスがクラブによるものなのかスイングその他によるものなのかハッキリしますよ!例えば総重量280g前後のRシャフのドライバーをトをお使いなら300g以上あるSフレックスを試してみるといった感じです。


また極論を言えば飛ばしたい場合はシャフトの撓り量が多い"柔らかいシャフト!"ですが諸刃の刃で曲がる要素も大きくなります。ということで方向性重視なら若干硬めにして球の高さも抑え仮にボールが曲がっても球が低ければその分曲がりも少なく怪我が小さく済むという考え方もあります。ご自身の道具に求める機能を考えたときにどちらがより強いかによって選び方に反映させれば良いと思います。


またシャフト選びはヘッドスピードだけではなく切り返しのタイミングにもよります。スイングテンポの速い方はやや硬め、遅い方は柔らかめの方がタイミングを取りやすいと言われています。



P.S.この質問と関係ないですが以前の質問で
>レッスンプロの言う「フィニッシュ時 ターゲット方向へ歩いて行け」
はこんな感じですよ・・・という動画がありましたのでリンク貼っておきますね!
http://www.mbs.jp/shingol/housou/no38/main.html

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシ...続きを読む

QFireWorksでのスライス→画像保存

winXPでFireworksMXを使用しています。
画像をスライスして保存しようとしているのですが、
スライス画像が保存できません。
穂孫のウィザードは表示され、上書き保存のメッセージ等も表示されて、今まで保存できていたときと同じ状態なのですが、いざその画像を使おうと思い、保存先のフォルダを見てみると、先ほど保存したつもりの画像がないんです。
何が原因なのかわからず困っております。

ちなみに以前もこのような状態になり、そのときは1枚のpngファイルが重かったので、レイヤーを他のファイルに分けて保存したら、保存できました。
今回もそれかな?と思い、やってみたのですが、今回はそれもダメでした。

的外れなことだったのかもしれませんが、何か他に方法があればご教授くださいませ。

Aベストアンサー

私はMacなので違う部分があるかも知れませんが・・・

FireWorksでスライスした画像は、自動で名前が付いた何枚もの画像になって保存されます。一般的には、バラバラの画像を元画像と同じ状態にWebファイルに持ってくるのは難しいことなので、スライスした画像を画像だけ保存とはしません。
ファイル → 書き出し → スライスオブジェクトを保存
にして、同時に
HTML設定 → DreamWeaver も設定して書き出します。

そうすると、1個のHTML書類と数個のjpg(gif)画像が書き出されます。
書き出されたHTML書類をDreamWeaverで開いてみると、元画像とまったく同じく表示されるように、テーブルの中に組まれた画像が表示できると思います。あとはテーブルの前後に「ここからここまでコピーする」みたいなコメント文が付いていますから、その通りコピーして、別にご自身でデザインしているWebファイルの配置したい場所にペーストすればOKです。

Yheeiさんがこの方法をすでに分かっていて、単に画像が保存できていないということであれば、画像の書き出し段階でディレクトリーを指定できるようになっていますから、思わぬ場所に書き出されているのかも知れません。
例えば、ルートのディレクトリーにあるindex.htmlのデザインをしていて、画像関係は/imagesのディレクトリにまとめて入れている場合など、ディレクトリを指定してスライス画像を書き出さないとルートディレクトリにたくさんの画像が入ってしまって収拾付かなくなってしまいます。

あとでじっくり読んでみたら、書き出しのことではなく保存と書いているので、まったく見当違いの事を書いたような気もします。その場合はすみません。

私はMacなので違う部分があるかも知れませんが・・・

FireWorksでスライスした画像は、自動で名前が付いた何枚もの画像になって保存されます。一般的には、バラバラの画像を元画像と同じ状態にWebファイルに持ってくるのは難しいことなので、スライスした画像を画像だけ保存とはしません。
ファイル → 書き出し → スライスオブジェクトを保存
にして、同時に
HTML設定 → DreamWeaver も設定して書き出します。

そうすると、1個のHTML書類と数個のjpg(gif)画像が書き出されます。
書き出されたHTM...続きを読む

Q先調子のシャフトと中調子のシャフト

先調子のシャフトと中調子のシャフトを打ち比べると中調子のほうがスライスすることが減りました。距離も先調子より出ているみたいです。

ヘッドスピードは47m/秒くらいなのですが、先調子のシャフトは合わないことが多いでしょうか?

Aベストアンサー

HPより先調子は暴れるでしょうね。
プロを見て頂ければ分かるようにHPが早い人には先調子は不向きと言われています。
先調子は文字通りヘッドに近い部分がキックポイントになりますから、
切り返しで大きく捻れ遅れることになりますから、HPが早い人はヘッドが明後日方向を向いたままインパクトとになるためスライスします。
逆にHPが遅い人は戻る捻れとタイミングが合うため捻れの勢いを利用して飛距離が出せることになります。
それに比べ中調子,元調子は捻れが少なくなるため、HPが早い人用と言われる由縁です。
ヘッドの動きのイメージとして先調子は長い棒の先にひもでボールが付いているのを、元調子はヌンチャクに長い棒の先にボールが付いているのを、中調子は同じ長さの棒をイメージをして下さい。
今はひもでイメージしてボールの動きを考えましたが、今度はひもを柔らかいゴムでイメージして下さい。
先調子では少ない力でボールが捻れますが、元調子では大きな力でないと先調子と同じ捻れは出せませんから、同じ力では余り捻れないことになります。
中調子はほぼ先調子と元調子の中簡になります。
以上から先調子は大きく捻れるためヘッドの戻りが遅い、元調子は余り捻れないため、ヘッドの戻りが早くなることになります。
ですから、質問者さんのHPなら中調子でスライスが減るのは当然です。
もしかすると、元調子でも良いくらいだと思います。
しかし、HPが早くても先調子がよいと言う人もいますので、絶対と言いませんが、理屈は上記で述べた通りです。
結局は、自分にあった調子を選ぶのが一番ですので、あらゆるクラブの試打をして自分に合った調子を選ぶのが良いでしょう。

HPより先調子は暴れるでしょうね。
プロを見て頂ければ分かるようにHPが早い人には先調子は不向きと言われています。
先調子は文字通りヘッドに近い部分がキックポイントになりますから、
切り返しで大きく捻れ遅れることになりますから、HPが早い人はヘッドが明後日方向を向いたままインパクトとになるためスライスします。
逆にHPが遅い人は戻る捻れとタイミングが合うため捻れの勢いを利用して飛距離が出せることになります。
それに比べ中調子,元調子は捻れが少なくなるため、HPが早い人用と...続きを読む

QIllustrator cs(11.01)でベクトル画像をデータ書き出

Illustrator cs(11.01)でベクトル画像をデータ書き出しでBMP保存したいときカラーモードをCMYKで保存するには、どうしたら良いのですか。ラスタライズオプションのウィンドウのカラーモードにはRGB、グレースケール、モノクロ2階調しか選択項目が在りません。

Aベストアンサー

BMPはCMYKは扱いません。
そのメニューにあるとおりです。

Qゴルフです。シャフトが柔らかい場合、フックするとお答えいただきました。

ゴルフです。シャフトが柔らかい場合、フックするとお答えいただきました。ありがとうございました。仮にシャフトが柔らか過ぎる場合、ヘッドが元の位置に戻る前にインパクトを迎えた場合、方向は右に出てやはりスライスになるのでしょうか

Aベストアンサー

力に負ける柔らかなシャフトは、クラブヘッドが振り遅れになってインパクトを迎えます。
当然開いた状態でインパクトを迎えるので、こすり玉に成ってスライスになります。
ヘッドの返し具合で必ず右に出るとは限りませんが、その傾向は大きくなります。

しかし、ヘッドが下りてくるのをタイミング良く待ってインパクトを迎えると、シャフトのしなりが旨く利用でき、思わぬ飛距離が出ます。
ただし、そのタイミングが少しでも遅れれば、ヘッドが先に走ってフックボールが出てしまいます。
自分にあったシャフト選びが大事ですね。

なお、このご質問はスポーツのゴルフカテで質問された方が、より多くの実体験者のご意見がもらえます。
参考までに。

QPhotoshop スライスした画像の保存時の設定

Photoshop7.0(Win)にて写真画像の上にレイヤーで文字を書き、その文字の部分だけをGIFアニメで動かすようにしました。
スライスツールで文字の部分のみをGIFにし、他の部分はJPEGにしてWeb用に保存・・・するところまでは出来たのですが、
JPEG部分の画質設定をスライスごとに変えることが出来ません。
人の顔のところは高画質に、背景などは標準画質に・・・などとJPEG圧縮率をそれぞれ変えて保存したいのですが、
一つのスライスを選択して画質を設定すると、
他のスライスも同じ設定に変わってしまいます。

ImageReadyでも同じ結果でした。
それぞれのスライスの画質を買えて保存することは無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは!

解決にはなりませんが・・

>それぞれのスライスの画質を買えて保存することは無理なのでしょうか?

この回答としては出来ます...です。

特別な設定とかもなく普通に出来るはずなんですが・・
ちなみに手順は・・
【Web用に保存】の画面で、『スライス選択ツール』でそれぞれのスライスを選択した状態で設定を変えるだけです。

原因はちょっと思いつきません・・
とりあえずはアップデート(7.0.1)がまだでしたらやってみてください。


人気Q&Aランキング