こんにちは。
夏にヨーロッパまで行くため、機内で読書でもしようと思っているので、よろしければおすすめの本を教えてください。
好きな作家は宮部みゆき、米原万里、奥田英朗、東野圭吾などです。宮部みゆき、米原万里の本はほとんど完読しているので、それ以外でお願いします!
ちなみに好きな本は宮部みゆきの蒲生邸事件、貴志祐介の新世界より、翻訳物ですが夜と霧などです。
ジャンルはミステリーかファンタジー、もしくは昭和を舞台としたものでお願いします。エッセイなどでもいいです。
持ち運びの関係上なるべく文庫本だと嬉しいです。
注文が多いですが、もし「こんなのいいよ」という本がありましたらよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

北村薫「空飛ぶ馬」



泡坂妻夫「亜愛一郎の狼狽」

翻訳物なら
アガサ・クリスティ「雲をつかむ死」
名前の通り飛行機が舞台なので臨場感たっぷりです。

エラリー・クイーンの国名シリーズもいいと思います。
読者への挑戦で頭を使いますから、読み終わるまでに時間がかかります(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

クリスティーのものは面白いですよね!
色々探してみようと思います
回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/06/28 17:53

私も米原万里さんの本大好きです。

「打ちのめされるようなすごい本」も読まれましたか?
ものすごく分厚いので機内で読むには適しませんが、彼女の読書量に圧倒されます。

肝心の質問に対する答えですが、
機内で読むには井坂幸太郎さんの本をおすすめしたいと思います。
一応ミステリーに入るかな?

どれも独特の世界に引き込まれてしまいますが、私は「ゴールデンスランバー」が一番好きです。
2番は「アヒルと鴨のコインロッカー」

他の作品も、時間が引き戻される感じが不思議体験になりますよ~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「打ちのめされるような~」は読みましたよー!
あの中から、個人的に気になる本をピックアップして読んでいっていました。
米原さんは本当に色んな意味ですごい人だと思います。

井坂孝太郎は友達がすごくハマっていたのですがまだ私は手付かずなんですよね。
これを機会に読んでみたいと思います!
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/24 18:50

星新一、阿刀田高のショートショート。



短編で別れているので小休止を取ったりキリの良いところで辞められること。
シンプルな筋で楽しませる話が多いので繰り返し読んでも飽きないところ
かな。
阿刀田さんは昭和が舞台のミステリーも多いですし。

飛行機物のミステリー。洋物なので昭和ではないですが
スティーブンキングの「ランゴリアーズ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

星新一の短編は本当いいですよね~
阿刀田さんのも読んでみたいと思います
回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/06/23 16:26

ファンタジーで


小野不由美「十二国記」シリーズ
『月の影 影の海』上下
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062647737.h …

荻原規子『空色勾玉』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4198931666.h …

ミステリーで
今野敏『隠蔽捜査』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101321531.h …

岡嶋二人『99%の誘拐』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062747871.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

隠蔽操作などおもしろそうですね!
警察小説も好きなので興味がわきました
回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/06/23 16:25

「蒲生邸事件」がお好きでしたら、恩田陸さんが同じ事件を題材に描いた「ねじの回転」(集英社文庫)はいかがでしょうか?SFが入っていますが、「新世界より」がOKであれば面白いのではと思います。


「凍りのくじら」(辻村深月・講談社文庫)にえきらない主人公に最初はいらいらしましたが、最後にはぐわーっときます。
「イタコ千歳のあやかし事件帖」(堀川アサコ・新潮文庫)若くして未亡人となり、イタコとなったお嬢様の千歳と、元娼婦でもある義理の姉の幸代のコンビが贈る多少オカルトありの探偵もの。昭和初期の青物が舞台です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

恩田陸さんで同じ題材のものがあったんですね!
回答ありがとうございました、本屋などで色々見て買いたいと思います

お礼日時:2011/06/23 16:13

ある程度ボリュームがある本から。



高橋克彦『総門谷』『刻迷宮』。エンターテイメントの要素を全部盛り込んだとんでもない創造性。合う人、合わない人の差は激しそうですが。

井上ひさし『吉里吉里人』。分冊数は多めですが、面白いです。東北を医療技術立国で独立しようというファンタスティックな作品。

京極夏彦『鉄鼠の檻』。ノベルス版だとソフトカバー一冊で済みます。

池井戸潤『空飛ぶタイヤ』。細部に粗さがありますがページターナーと呼んでいい作品。

奥田英朗『最悪』。不良、女子行員、町工場の零細経営者の三人を主役のばらばらな日常がひとつの事件に向かっていきます。結末が暗いのが好みでないなら、『サウス・バンド』。

高野和明『13階段』『グレイブ・ディッガー』。映画を見るようなミステリの達者な書き手。

青木冨美子『731』。ノンフィクション。石井部隊を追っています。

R.D.ウィングフィールド『クリスマスのフロスト』『フロスト日和』『夜のフロスト』『フロスト気質』。まだ読んでいないなら、フロスト・シリーズを。モジュラー形式で複数の事件の捜査にあたるフロストがへろへろになりながらバシッと解決。少々事件の関連が込み入っているのでアルコールを楽しみながらには不向きかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

13階段と最悪は読んだことがあります。両方おもしろいですよね。
空飛ぶタイヤや吉里吉里人など興味がわいてきました、回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/06/23 16:05

ごめんなさい。

ちゃんと質問読んでませんでした。

Q&A

石田衣良さんの本のどれでも

靖国への帰還 内田康夫著
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、機長からのアナウンスもおもしろそうですね!
紹介していただいたもの、調べてみようと思います。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/06/23 15:57

機長からのアナウンス 内田幹樹著



短いので読み終わってしまうかもしれませんが、せっかく飛行機に乗られるので、パイロットの裏話なんていかが?
あと、この方が書いた航空ミステリー小説も面白いものばかりです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q奥田英朗さんの「空中ブランコ」

奥田さんが、空中ブランコで賞をとられましたが、あれはどういう経緯だったんでしょうか?詳しく教えていただきたいです(どこに作品を応募したのかとか…)

Aベストアンサー

直木賞は、毎年、12月~5月(上半期)、6月~11月(下半期)という時期に発表された作品を対象として候補作品が数作選ばれます。
そして、その候補作品とされた作品の著者に対し、ノミネートをさせて良いか、という連絡が行き、著者が了承するとノミネート作品として発表されます。なお、ここで著者が辞退することもあります。
そして、発表の日、作家などによる選考委員が選考し、1作~2作が受賞作となります。

奥田英朗さんの『空中ブランコ』ですが、これは、精神科医の伊良部を主人公とした短編シリーズで、雑誌『オール讀物』に連載されている作品です。
単行本として、文藝春秋社から02年に第1作『イン・ザ・プール』、04年に第2作である『空中ブランコ』が発売されました。
そして、02年の『イン・ザ・プール』も127回の直木賞候補にノミネートされ落選、その続編である『空中ブランコ』が131回の候補にノミネートされ、受賞する、ということになりました。
なお、その後、06年に第3作目の『町長選挙』も文藝春秋社から発売されてます。

文学賞は、まだ作家としてデビューしていない作家志望の人が、各出版社などが募集する新人賞に作品を応募して、受賞するとデビューという賞と、既にデビューしている小説家の中から、その賞の規定にあうような作品を探してノミネート、受賞作を決定するという賞の2つに大別できます。
直木賞は、その後者のタイプの作品といえます。
奥田英朗さんは、1997年に『ウランバーナの森』という作品で小説家デビューしており、その後、2001年発表の『邪魔』という作品で125回の直木賞候補に初めてノミネートされ、また直木賞と同じようなタイプの文学賞である大藪春彦賞を受賞しています。

なお、同時に受賞作が発表される芥川賞は、デビューしたばかりの作家が受賞し、まだ単行本として発表されていない段階の作品が多いのに対し(雑誌掲載の段階でノミネートされます)、直木賞はデビューして小説家としてキャリアを積んだ作家が受賞するケースが最近は多いです。
(奥田氏はデビュー7年での受賞ですが、これは比較的短い方で、141回の直木賞をとった北村薫さんや、134回の直木賞を受賞した東野圭吾さんはデビュー20年以上での受賞です)

直木賞は、毎年、12月~5月(上半期)、6月~11月(下半期)という時期に発表された作品を対象として候補作品が数作選ばれます。
そして、その候補作品とされた作品の著者に対し、ノミネートをさせて良いか、という連絡が行き、著者が了承するとノミネート作品として発表されます。なお、ここで著者が辞退することもあります。
そして、発表の日、作家などによる選考委員が選考し、1作~2作が受賞作となります。

奥田英朗さんの『空中ブランコ』ですが、これは、精神科医の伊良部を主人公とした短編...続きを読む

Q貴志祐介さんのおすすめ

ミステリーが好きで東野圭吾さん、宮部みゆきさん、岡島二人さんの本をよく読んでいます。

貴志祐介さんの本は、青の炎、硝子のハンマーを読みました。また、新世界よりは現在読んでいる途中です。
他の貴志さんの作品も読みたいのですが、ホラーに分類されているものが多いためちょっと躊躇してしまいます。というのも、とても怖がりなのでホラーは読めそうにありません。
こんな怖がりな私でも読めそうな貴志さんの作品はどれでしょうか?

Aベストアンサー

貴志祐介、面白いですね。

「黒い家」は泣きたくなるほど怖いホラーですが
「天使の囀り」はホラーというよりサスペンスSFとでも呼んだほうがしっくりくる感じです。面白いですよ。
「クリムゾンの迷宮」も不条理ゲーム小説なんて命名したい不思議な作品です。
「十三番目の人格 -ISOLA-」は個人的にはイマイチでした。

Q宮部みゆきさんの書名教えてください

宮部みゆきさんの小説で、豪雨の夜にマンションに住んでいる家族(たぶん娘さん)が上階から誰か人が落ちてくるのを窓越しに目撃した話のタイトルを忘れてしまってどうしても思い出せませんので教えてください。
記憶では、たぶん宮部みゆきさんの作品だったとは思うのですが・・・

Aベストアンサー

『理由』ではないでしょうか。

http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/4022642955/i/

Q宮部みゆき「火車」の犯人は誰だと思いますか。

宮部みゆき「火車」の犯人は誰だと思いますか。

皆様の予想を教えて下さい。

Aベストアンサー

かなり前に読んだので、記憶があいまいですが
犯人の悲惨な過去が明かされて行くのと、いかに
別人になり替わるのかが話のキモですから
火車の犯人って別段ぼかしたりはしていなかったはずですよ

Q宮部みゆき女史と村上春樹氏の書籍について。

御二方の小説をまったく読んだ事がないのですが、最近になって興味が湧いてきました。
オススメの小説なんかあれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

村上春樹さんの作品はたくさんは読んでいませんが、
「ノルウェーの森」「海辺のカフカ」

宮部みゆきさんはどれを読んでもはずれはないと思いますが、私のお勧めは、
「蒲生邸事件」「ぼんくら」

下記のサイトで人気投票などあります。
http://park12.wakwak.com/~miyabe_hondana/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報