よろしくお願いいたします。
インジケーターの回線の状態を表すアイコンを
クリックして"状態"を見ると
bps、接続時間、受信バイト数、送信バイト数とありますが、
この"送信バイト数"って何を送信しているのでしょうか?

A 回答 (2件)

インターネットでも何でも、通信するときには



「データくれ」
「これがそのデータです」

「データくれ」
「これがそのデータです」

という風にまず要求が行われ、それに対するデータが受信されているのです。

この場合の送信バイトというのが「要求で」
受信が「それに対する返信」
という感じです。

これはデータがほしい場合で、逆にデータを送るような場合は

「データを送ったよ」
「あいよ」

という感じで送信バイト数の方が多くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、早速の回答ありがとうございます。
なるほど、これがいわゆるコネクションと言うことですね。
バイトと言うと、いつも受け取るデータの量のこと
と思ってしまいますが、そうではないんですね。

お礼日時:2001/04/27 01:59

技術的に言えば[VRAM]さんの言った内容に加えて


「TCP 3-way ハンドシェーク」処理も含んでいます。
簡単に言うと
「データくれ」「データ送ったよ」「受け取ったよ」
だけでなく、
接続開始時の
「今から接続開始したいんだけどお願いね」
「分かった」
や、接続終了時の
「用事が終わったから接続解除したいんだけどお願い!」
「分かった」
等の事前事後処理まで含まれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
受け取りながらいろいろ同時に行っているんですね。
とても勉強になりました。
心よりお礼申し上げます。

お礼日時:2001/04/27 02:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング