マイコンを始めようとおもっています。
ライターとか、プログラムを書くソフトとか、転送するソフトとかいろいろものいりです。

古いパソコンがあまってるんですが、もしかして、これをマイコンがわりにつかえないでしょうか。

たとえば、マウスでクリックするとこちらのライトが点灯するとか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

パソコンはマイコンの発展したもので、どちらもお考えのようにデジタル式コントローラには違いありませんから、代わりにならないこともありませんが、パソコンでは勉強することが、より多く必要になります。



マイコンでは主にCPU、ROM、RAM、入力ポート、出力ポートだけで構成されていて、直接機械語でポートを制御します。
従ってIOポートと機械語のプログラミングを勉強します。

パソコンは、上記のマイコンの入出力ポートに色々なインターフェースをつけて、ディスプレイやキーボード、プリンタ、その他の入力や出力や表示の装置をつけています。
さらに機械語を人間に理解できる言葉に翻訳したり制御するOS(MS-DOS、WINDOWSなど)が組み込まれているので、これらのインターフェースの勉強やOSを使ったプログラミングが必要になります。

制御に使う一番簡単な装置は、リレーですね。これもONかOFFかですから、デジタル信号です。
リレー1個を1ビットととして8個で一つの言葉とすれば8ビット言語になります。
プログラムは、ソフトではなくハードになりリレーのシーケンスコントロールのようになります。タイマーなど必要なら、これもハードで用意します。
これに8個のLEDをつけておくと、8個のLEDの点滅の組み合わせが制御できます。
マイコンでは、8ビットの出力ポートにつなぐのと同じです。

マイコンでは、ROMやRAMにプログラムを記憶させますから、リレーのときと違い自由に書き換えが出来ます。
マイコンの機械語では、入出力ポートを直接指定できますし、機械語の語数が割と少ないので、覚えやすいです。
機械語は、ハードウエアとの関連も直接的ですから、電気・機械関係を制御するというイメージにも結びつきやすいと思います。

お考えのような家庭電器の制御や趣味や勉強には、マイコンが最適と思います。お勧めします。

ちなみに相当に古くて(20年前か)パソコンでも8ビットバスでOSがCPMなどのものであれば、かなりマイコンに近い構造をしているのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わかりました。私はなんか勘違いしてたみたいです。

マイコンってMPLAB、PICEEとか、なんか説明がそっけなくて、これはしろうとむけではないぞと、思ってました。

ところが一方、パソコンってけっこう素人でも使えるようになってますよね。ですから、パソコンでやったほうが簡単じゃないかと思い込んでました。

ところが、パソコンでやるともっとむずかしいということですね。納得しました。

お礼日時:2003/10/24 23:03

回路設計・製作よりソフト寄りの制御を楽しみたいということでしたら、LEGOなんて良いのではないでしょうか?



参考URL:http://mindstorms.lego.com/japan/
    • good
    • 0

既に調査済みかもしれませんが,


秋月の H8 や PIC の開発キットを買ってくれば,
1万円未満でとりあえず動かせますよ。(参考 URL)

> 古いパソコンがあまってるんですが、もしかして、これをマイコンがわりにつかえないでしょうか。
> たとえば、マウスでクリックするとこちらのライトが点灯するとか。

パソコンに自作の回路を繋げるとなると,
実質パラレルポートぐらいしか使えないと思います。
シリアルポートは回路組むのが大変そう。
OS によってはパラレルポートを自由に制御出来ないかもしれません。

# もちろん拡張カードや外付けの機器を使えばいろいろできるのでしょうが。
# 質問からしてお金をかけたくなさそうだったので。

参考URL:http://akizukidenshi.com/catalog/

この回答への補足

>そもそも何がやりたいのでしょうか

わたしは理科系の人間じゃないので、コンピューターときくと情報処理というより、原発とかNASAのコントロールルームのイメージがあります。

ですから、パソコンといえばなんか電気・機械関係を制御するという頭があります。

それなら、家庭電化製品を自由にパソコンでコントロールできるはずだと思ってるんですが。

>いまいち目的が分かりませんが

マウスでクリックするとライトが点灯するって、すごいなと思いませんか?

やっぱ、思わないか?

補足日時:2003/10/24 04:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
意外とパソコンではやりにくいんですね。

お礼日時:2003/10/24 04:10

>たとえば、マウスでクリックするとこちらのライトが点灯するとか。



いまいち目的が分かりませんが、もちろん可能です。
適当なシリアルポート(RS-232Cなど)やパラレルポート、あるいはUSBなどで接続し、適当な信号を与えて、スイッチを制御すればいいだけです。

以下のサイトが参考になるかと
http://kasai86.infoseek.livedoor.com/

参考URL:http://kasai86.infoseek.livedoor.com/
    • good
    • 0

RS-232Cを使ってマイコンと接続するキットなんかもありますよ。


そもそも何がやりたいのでしょうか?パソコンはマイコンの機能が増えた物のような物ですし。
ライト制御だったらAC-DCコンバータなんかを使えばいいですし。

参考URL:http://www.adwin.com/elec/nextstage/note_01.html

この回答への補足

ありがとうございます。

まずはなにができるのか、いろいろ実験をしてみたいです。

もしうまくいくのなら、いろんなセンサーやタイマー機能で電気製品をコントロールできたらとおもってます。

補足日時:2003/10/23 23:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAVRマイコンのパワーセーブモード時の消費電流

AVRマイコンのパワーセーブモード時の消費電流について質問させて頂きます。
パワーセーブモード、パワーダウンモー時の消費電流を測定すると、

・パワーセーブモード時消費電流:92.5μA(電源電圧:3V、動作クロック:31.25kHz、WDT無効)
・パワーダウンモード時消費電流:0.2μA(電源電圧:3V、動作クロック:31.25kHz、WDT無効)

になりました。
AVRマイコンのマニュアルを見ると、

・パワーセーブモード時消費電流:7μA(WDT無効)
・パワーダウンモード時消費電流:0.2μA(WDT無効)

との記載があり、パワーセーブモード時消費電流においてマニュアル値と実測値で大幅な相違があります。
何らかのミスを犯していると思われますが、原因を推測できる方がいらっしゃいましたら、ご教示下さい。
AVRマイコンの型番は、『ATMEGA48V』になります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

仕事中に付き ちょこっと

パワーセーブ時でのポート状態を確認されましたか?
必ずしもこの時は初期化(リセット)直後とは異なる状況にポートはなっているのではないでしょうか?

取りあえずこんな所です。
物理的に観測可能な症状ですので、一つ一つ観測すれば問題の箇所は見つかります。

では、がんばって下さい。

Qバルクとかノーブランドとか。。。

バルク品とかノーブランドとかってやはり、相性、リスク高いんでしょうか?
自分はそれを恐れ高いサードパーティ製のもので相性とか保証してくれているのしか買ったこと無いんですが、安い物でも大丈夫ならやはりそちらを選びたいなぁ。。。と最近思うのですが、こういうページや、他のところの書き込みみると、メモリーとかSDカードとか、その他、安いもの買ったら、動かなかった話よく目にするので。
自分は周辺機器で相性合わないとか、すぐ壊れるとか、そう言う経験まだないです。メーカー製選んでいるからでしょうが。
さすがに、メーカー製のPC買って純正のメモリーは買ったことありません。はんぱじゃなく高いですよね。素直に買ってる人いるのかなぁ?

Aベストアンサー

 バルク品でもしっかりしたメーカーの物であれば、メーカー保証が無いと云うだけで、動作そのものは問題ない物が多いです。
 バルク品という物は、もともとメーカー製PCなどに使われているデバイスを簡易包装のみで店頭販売している物ですから、取扱説明書などもありませんし、そういった意味での自己責任は問われますね。
 ただ、HDDなどはサードパーティ(BUFFALOなど)のメーカーで製品化している物と変わりませんから、製品自体の信頼性は決して劣る物ではありません。

 ただし、メモリのノーブランドは注意する必要があります。
 これはメモリチップメーカーが製造したメモリチップを、そのメーカーが検査する前に別のメーカーが引き取って、そこで独自の検査を行い製品化した物です。そのため、品質にばらつきが出やすく、相性問題も発生してきます。
 それに対しいわゆるメジャーメーカー製のものは、チップメーカーの内部検査を通過したチップのみを使っているので、安定した品質を保っています。
 BUFFALOなどのメジャーメーカーのメモリがノーブランド品より高いのは、そういった面があるからです。

 ちなみに、HDDなどのドライブ類が、バルク品よりメーカー品の方が高いのは、製品保証の他にバンドルソフトの関係もあります。光学ドライブのバルク品は、書き込みソフトぐらいは付いていますが、マニュアルはないし、もちろんソフトメーカーのサポートもありません。下手すると、ソフトも外国製で日本語表記がなかったりします・・・

 バルク品でもしっかりしたメーカーの物であれば、メーカー保証が無いと云うだけで、動作そのものは問題ない物が多いです。
 バルク品という物は、もともとメーカー製PCなどに使われているデバイスを簡易包装のみで店頭販売している物ですから、取扱説明書などもありませんし、そういった意味での自己責任は問われますね。
 ただ、HDDなどはサードパーティ(BUFFALOなど)のメーカーで製品化している物と変わりませんから、製品自体の信頼性は決して劣る物ではありません。

 ただし、メモリ...続きを読む

Q燃料電池の発電特性試験における定電圧・定電流モード

燃料電池(SOFC)のI-V特性測定を実施予定ですが、
その際、定電流・定電圧モードでの測定の使い分けを御教授いただけないでしょうか?
私の認識では、定電圧・定電流モードでの測定とは、電源から定電圧を印加して電流を測定する方法と、定電流を流して電圧を測定する方法のことだと思っていますが、両方法の精度的な使い分けなどは
ありますでしょうか?

Aベストアンサー

>電源から定電圧を印加して電流を測定する方法と、定電流を流して電圧を測定する方法のことだと思っていますが、

これは違うんじゃないですか。
電源の定電圧・定電流ではなく、負荷の定電圧・定電流だと思います。

定電圧負荷とは、電源から流れ出す電流が変わっても電圧が変わらない負荷の事を言います。
内部抵抗が小さい電源の場合、電源電圧又は負荷の電圧設定がわずかに変化しただけで負荷電流が大きく変化します。
この場合測定電流値にノイズが乗りやすくなります。
定電圧負荷は内部抵抗が大きい電源、又は定電流出力の電源に適した負荷です。

定電流負荷とは、電源の電圧が変化しても電流が変化しない負荷の事を言います。
内部抵抗が大きい電源の場合、電源の電流又は負荷の電流設定がわずかに変化しただけで負荷電圧が大きく変化します。
この場合測定電圧値にノイズが乗りやすくなります。
定電圧負荷は内部抵抗が小さい電源、又は定電圧出力の電源に適した負荷です。

昔は電源の測定時の負荷としては可変抵抗器を使っていましたが、大容量の可変抵抗器での測定は操作性/発熱などに難点が有ります。
現在は電子負荷と呼ばれるものが使用されるようになっています。
これらの負荷では、定電圧モード、定電流モードの他に、定抵抗モードや定電力モードなどの負荷モードが使用できます。
菊水の電子負荷のカタログの例です。
http://www.kikusui.co.jp/catalog/pdf/files/2011/plz-4w.pdf
電子負荷によっては消費電力をAC電源に回生させるものが有り、このような負荷では装置内の発熱を抑える事が出来ます。
http://www.kikusui.co.jp/catalog/?model=plz6000r

どの負荷モードで測定するのがいいのかは電源の種類と負荷の種類によります。
普通の電池や充電池の場合は内部抵抗が低い為定電圧負荷の使用は好ましくありません。
電池の寿命を測定する場合、実際に使用する負荷が抵抗で有れば抵抗モードで測定するのが良いです。
リニアレギュレータを使用した回路では電源電圧が変わっても負荷電流が変化しないので定電流モードがふさわしいです。
DC-DCコンバータを使用した回路(近年増加しています)では電源電圧が変わっても負荷の電力が変化しないので定電力モードがふさわしいです。

>電源から定電圧を印加して電流を測定する方法と、定電流を流して電圧を測定する方法のことだと思っていますが、

これは違うんじゃないですか。
電源の定電圧・定電流ではなく、負荷の定電圧・定電流だと思います。

定電圧負荷とは、電源から流れ出す電流が変わっても電圧が変わらない負荷の事を言います。
内部抵抗が小さい電源の場合、電源電圧又は負荷の電圧設定がわずかに変化しただけで負荷電流が大きく変化します。
この場合測定電流値にノイズが乗りやすくなります。
定電圧負荷は内部抵抗が大きい電源...続きを読む

Qパソコンパーツの追加とか配線作業とか

自作PCで基本的な構成ができました。
いろいろとパーツ1つづつを付け加えていこうと思います。

HDDの追加
わけあってメモリの増設
LANボード設置
配線のつけかえ

などなどその他もろもろ・・・。

そこでなのですがこれらの作業って、
シャットダウン後しかだめなのでしょうか?
例えば「休止」にしてやったらだめなのでしょうか?
「スリープ」などは電源を抜けないのでやったらダメだとはわかります。

配線のつけかえとかはPC起動中でもやってよさそうな気がします。
前後のファンを止めるのに起動中に抜いたりしてますが、
これも本来やってはいけないのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハードウェアの追加や取り換えは電源OFFの状態で実施するのが基本です。
とはいえ、自作の楽しみは種々のチャレンジにあるというのも否定しませんので、ご自身で試してみてはどうですか?
とはいえ、メモリの増設を電源ONの状態で実施するほどチャレンジングなことはしないでしょうけど。

QAVRマイコン パワーダウンモード時のピン状態

AVRマイコンをパワーダウンした際に、入出力ポートはどの様な状態になるのでしょうか?
入力ポート→GND?
出力ポート→GND?
ご教示下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

パワーダウンモード落ちる直前の状態が維持されます。

入力設定にしたポートは入力ポートのままで、内部プルアップの設定もそのまま。
(そこで、入力ピンチェンジ割り込みなどを使えば、入力ポートへの操作でパワーダウンモードからの復帰ができます)

出力設定にしたポートは出力ポートのままで、最後に出力した状態がそのまま。

ですので、パワーダウンモードで消費電力を抑えるためには、モードを変える前に、
できるだけ消費電力の少ないピン状態に変えておく必要があります。

(例えば、LED直結で点灯させる回路になってるなら、LEDを点灯させていたらパワーダウンモードに落ちている間もLEDは点灯しっぱなしです。まずLEDを消灯させておくのが重要)

Qフラッシュメモリ?とかメモリースティクとかわかりません。

友達のパソコンから友達と一緒に撮った写真を自分のパソコンに移したいのですがフラッシュメモリー?とか持ってる?って言われました。1Gので2000円くらいで買えるよ~って言われたのですが、フラッシュメモリー以外にもカードリーダーとSDカード?とかメモリースティックとかいろいろあるそうで困ってます。どれを買ったらいいのでしょうか?友達はよくわかんないって言ってます。写真は1GのデジカメのSDカードにほとんど埋まってます・・・デジカメ借りてきてコピーして、壊してもいやですし。

Aベストアンサー

簡単に使える製品だとUSBメモリが良いですね。USBポートに差し込むだけでデータの読み書きが出来ます。基本的に最近(ここ5年ぐらいの間)のパソコンでUSBポートが1つも無い機種はほとんど無いのでどのパソコンでも使えますし。

とりあえず、詳しく分からないなら家電量販店のパソコンコーナーに行って「2GBのUSBメモリで一番安いものをください」と言えば良いです。最近の製品は値段が安くても性能や品質に大きな差は無いのでどれを買っても同じです。

Qマイコン H8 3052F モード5の不具合

こんばんは。

 3052Fに8Kバイトのメモリーを増設して
モニタデバッカーでモード5に設定して
HTERMでMEMORYコマンドで20,000台のメモリーを
書き換えようとしたところFF FF FFの表示のみで
書き換えができませんでした。

試験的にMD1の短絡片をMD0に交換したところ
200,000台のメモリーを書き換えることができました。

モニタデバッカーでモード6に設定して200,000台の
メモリーを書き換えることができました。しかし
試験的にMD0の短絡片をMD1に交換して20,000のメモリーを
書き換えることができませんでした。

モード6では正常にアクセスできるので、ハード的には
正常?ではないかと思います。
MD1を短絡すると、memoryコマンドが5桁の窓が開くので
MD1の短絡はハード的に正常に認識されているのでは?

モード6は正常ですがPA7のポートが塞がれてしまうので
モード5で走らせたいのですが、、、、、、

何を見落としているのか、わかる方
教えてください。

  monitor.c 抜粋

BSC.ABWCR.BIT.ABW1 = 1;
BSC.ASTCR.BIT.AST1 = 1;
BSC.WCER.BYTE = 0xF0;
BSC.WCER.BIT.WCE1 = 1;
P1.DDR = 0xFF;
P2.DDR = 0xFF;
P5.DDR = 0x07;
P8.DDR = 0x08;

こんばんは。

 3052Fに8Kバイトのメモリーを増設して
モニタデバッカーでモード5に設定して
HTERMでMEMORYコマンドで20,000台のメモリーを
書き換えようとしたところFF FF FFの表示のみで
書き換えができませんでした。

試験的にMD1の短絡片をMD0に交換したところ
200,000台のメモリーを書き換えることができました。

モニタデバッカーでモード6に設定して200,000台の
メモリーを書き換えることができました。しかし
試験的にMD0の短絡片をMD1に交換して20,000のメモリーを
書き換えることができませんで...続きを読む

Aベストアンサー

データシート127P によると、モード5 1Mモードでは、外部メモリ エリア4-7のみ有効になります
モード6 16Mモードで、0x2000000エリアでアクセスできたということは、エリア1 CS1にメモリがつながっています
メモリのチップセレクト CS1 -> CS4 に変更し、0x80000からアクセスしてみて下さい

参考URL:http://akizukidenshi.com/download/ds/renesas/rjj09b0335_3052bhm.pdf

Qcorei3とかi7とか何ですか?

corei3とかi7とか何ですか?
しばらく前にcore2というものが出ました。
知り合いのパソコンに詳しい人が推奨していたので購入しました。

今度はノートを購入しようかなと思って価格コムを見たら、
上から順にatom、i7、i5、i3、quad、duo・・・となっていました。
core2 duoも3年で大分順位が下がったのですね。

quadまではcpuみたいなのが4つ分とかまでは覚えています。
その上のi3、i5、i7、atomとは何でしょうか?
単純に倍々で、i3が8、i5が16、i7が32、
最上位のatomは64とか考えてもいいのでしょうか。
よく分からないので教えて下さい。

Aベストアンサー

Atomはモバイル向けではなくMID(モバイルインターネットデバイス向け)のCPUです。
いわゆるネットブックと呼ばれる製品向けの品で、安いのが売り、性能は低い。そういったパソコンです。インターネットデバイスを標榜しているにも関わらず、youtubeで主流となりつつあるHD動画もコマ落ちするレベルのプロセッサです。
これは、超小型のインターネットデバイス向けに設計されたもので、性能よりも省電力を重視したインオーダー型のプロセッサとなります。最近の高度マルチメディア処理に適した性能はありません。


Core iシリーズは下から、i3、i5、i7となります。いずれも、Nehalem Micro-Architectureと呼ばれるプロセッサ技術を元に開発されたプロセッサで、2008年に最初のi7(開発名・bloomfield)が出荷されています。まあ、発売から既に1年半以上経過しており、来年早々には次のSandy Bridge(プラットフォーム開発名/アーキテクチャ候補名)が、i7とi5ラインは置き換える予定ですから、登場後1年ほどの短命に終わる予定の枯れた製品と言えます。

i3は、2つのコア(Dual Core)を内蔵します。特に特徴的な機能はなく、まあ低価格ブランドと思ってください。グラフィックス機能がCPUに統合されており、2つのHD映像を同時に表示する動画再生支援機能を備えたIntel HD Graphicsという新しいグラフィックスブランドとなっています。ただ、グラフィックスの性能は大して高くありません。尚、Core2Duoよりは高速に動作します。一般にバリュー~パフォーマンスエンド(ミドルエンド)を支えます。

i5は、Hyper Treadingを備える製品と4コア(Quad Core)の製品があります。また、Turbo Boostに対応しているのが特徴。そのため、i3よりも上位となります。DualCore版でもHyper Threadingが搭載されており、必ずWindows上では4つのコアとして稼働するのが特徴。
ミドルエンドのパフォーマンスブランドです。価格や機能のバランスでは最も売れ行きの良いライン。

i7は、i3~i5が備える全ての機能を網羅します。最上位は、Westmere製品群に属するi7 980Xとなり、6つのコア(Hexa Core)を搭載していますがデスクトップ向けです。Hyper Threadingが内蔵されており、最大で12コアとしてWindows上では認識します。一般に販売されているデスクトップ向けはQuad(Windows上では8コアとして認識動作)が中心です。
ノート向けでは、DualCore(Windows上では4コアとして動作)の製品とQuad Core(最大8コアとして動作)の製品があります。
最上位です。ちょっと高めです。とにかく性能を求めるライン。ハイパフォーマンスからエンスージアスト向け。

いずれの製品でも言える特徴として、 Macro Fusion64への対応があります。また、Intel core i5,i3及びi7 980X及びモバイル向けi7に関しては、AESアクセラレートと呼ばれる暗号化支援用の拡張命令が搭載されています。また、メモリコントローラがCPUに統合されメモリアクセス効率が改善しています。
同じ周波数、同じコア数のCore2に比べると10~15%程度性能が向上しています。さらにHyper Treading対応製品だと最大でさらに+15%~20%ほど性能が上乗せされる場合があります。(処理によりけりです)

Atomはモバイル向けではなくMID(モバイルインターネットデバイス向け)のCPUです。
いわゆるネットブックと呼ばれる製品向けの品で、安いのが売り、性能は低い。そういったパソコンです。インターネットデバイスを標榜しているにも関わらず、youtubeで主流となりつつあるHD動画もコマ落ちするレベルのプロセッサです。
これは、超小型のインターネットデバイス向けに設計されたもので、性能よりも省電力を重視したインオーダー型のプロセッサとなります。最近の高度マルチメディア処理に適した性能はありません。...続きを読む

Qバッテリーを使ってマイコンを駆動させたいのですが、電源電圧に困ってます

バッテリーを使ってマイコンを駆動させたいのですが、電源電圧に困ってます。
マイコンとその他のICは5V系なので、バッテリーの電圧はそのまま使えません。
そこで、二通りの方法を考えました。

(1)3.6Vの電池を直列に繋いで5Vのレギュレータで降圧させる。
(2)3.6Vの電池を並列に繋いで5Vのレギュレータで昇圧させる。

(1)と(2)、どちらの方が消費電流を抑えられますか?
ちなみに、電池1個で(2)の方法でやったら、
すぐに5Vが出力されなくなり電池の容量も減ってしまいました。

Aベストアンサー

>電池には3.6V/70mAhと表記されていました。

>マイコン消費電力が55mWなら、この電池で1時間弱はもつという計算でしょうか。
>変換効率80%として70mWの電池でいけそうな気がします。
その通りです。
少し計算してみます。
P=I*E ですから、I=P/E より I=70*10^-3/3.6V I=19.4mA ですから
電池の持続時間は、70mAh/19.4mA 3.6h が持続時間です。
先に紹介したDC/DCコンバータは、高効率の85%[TYP]ですからもう少し
使用時間は延びます。

先の
>ちなみに、電池1個で(2)の方法でやったら、
>すぐに5Vが出力されなくなり電池の容量も減ってしまいました。
は、使用されたDC/DCコンバータの変換効率が悪く、ロス分で短時間になったか、
マイコンがもう少し消費電流が多いのでしょうね。

Qマウス購入において(800カウントとか分解能とかについて)

ノートパソコンを使っています。USB接続でマウスを購入する予定です。通販ショップを見てると、スペックなどが色々書いてあり、わからないことがあります。

・800カウントとか1600カウントとはなんですか?数字が高くなるにつれてどういった特徴などがあるんでしょうか。


・分解能とはなんですか?

・マイクロソフトの製品は、毎秒6000回スキャンしてるとか書いてありますが、凄いんでしょうか?


あと、親のためにマウスを買うのですが、パソコンの素人でも楽に使えて値段も妥当な製品で良いものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

分解能
単位はdpiかcpi
カウント800、1600ってのは800cpi,1600cpi

つまり
マウスを1インチ動かした場合、800(1600)回、移動情報が送られる。

値が大きければ大きいほど細かい、精密な作業が出来る


毎秒6000回スキャンしているどこが凄いのか

従来1000回程度だったのが6000回になりましたよ
より正確に移動距離を検出できますよ。


手にフィットするか?
ボタンの配置がしっくりくるか?

のほうがスペックを気にするより
重要なのではないでしょうか。

ハイスペックが要求される機会なんて数知れてますしね。


実際に実物を手にとって感触確かめるのが一番良いんじゃないですかね。


個人的にはワイヤレスマウスで乾電池で駆動するタイプは避けたいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報