ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ヤマボウシの幹の皮が剥けてきました。
害虫か病気でしょうか。

「ヤマボウシの病気」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

苔のつきやすい木は、皮を剥くことによって苔を落とすという性質があります。


皮が剥ける木は本来樹皮がすべすべしていて、そのため苔も生えやすいものと思われます。
ヤマボウシがこのようにはっきりと皮が剥けるのは珍しいですが、よく見ると樹皮に一面苔が生えていますので、これが原因かなと・・・。

他に症状がなければ、特に問題はないと思います。
大体、害虫・病気の類は、葉に影響が現れやすいです。
葉が元気であれば、枯れる心配はまずないです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご丁寧なご説明ありがとうございました。大変よくわかりました。
葉も虫に食べられたり傷んだりしていなく、今年は花も沢山咲き、実はまだ緑ですが沢山ついて元気なようです。大変安心しました。

お礼日時:2011/08/15 19:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q庭木の手入れについて

1.ヤマボウシの幹が黒くなっています。知人は黒カビだと言いますが、対処方法はありますか?市販の園芸用殺菌剤をスプレーしてみましたが効果がありませんでした。
2.同じくヤマボウシの樹皮が所々でめくれてきます。原因と対処方法を教えてください。
3.ハナミズキの幹に緑色の苔状の物が繁殖しています。更に一部は黒くなっています。1と同じく殺菌剤をスプレーしてみましたが、効果がありません。対処方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

>知人は黒カビだと言いますが、
黒カビは黒カビですが、繁殖している部分が幹の表面そのものではありません。
ハダニやアブラムシなどの害虫の排泄物にカビが生えています。
スス病あるいは黒スス病と呼ばれています。
黒カビは漂白剤のようなものでもない限り死んでも黒いままです。

>対処方法はありますか?
このシーズン(11月)では、薬剤での処理は出来ません。(効果がありません)
物理的に剥ぎ取れば取れますが幹を痛めます。
辛抱して春まで待ってください。自然に落ちます。

来年も同じことが起きないように予防処置が必要です。
お正月が過ぎたら、マシン油を幹といわず枝といわず、表面が濡れる程度に万遍無く散布して下さい。
マシン油はホームセンターに有ります。希釈倍率は説明書に従って下さい。
(機械油ではありません。ホームセンターの農薬の棚にあります)
春になって芽が動き出す前に作業は終わって下さい。

アブラムシの発生を抑えるために、新緑が揃った頃(4月下旬~5月中旬)にオルトランを散布して下さい。
散布用のオルトランはホームセンターに有ります。

夏になって高温で葉が乾燥すると、ハダニが発生し易いので注意して下さい。
ハダニ駆除剤を葉の裏側に丁寧に万遍無く散布して下さい。
裏側ですので多少手間はかかるかと思います。

毛虫などは見つけ次第殺虫剤を散布して下さい
大きくなると薬効が悪くなりますので注意して下さい。

ハナミズキも全く同様の取り扱いをして下さい。
苔はある程度止むを得ません。これも風情と思って下さい。
無理に擦ると幹を痛めます。
苔が一部黒くなっているのは、ヤマボウシ同様黒スス病です。
上記の処置で防止できます

>知人は黒カビだと言いますが、
黒カビは黒カビですが、繁殖している部分が幹の表面そのものではありません。
ハダニやアブラムシなどの害虫の排泄物にカビが生えています。
スス病あるいは黒スス病と呼ばれています。
黒カビは漂白剤のようなものでもない限り死んでも黒いままです。

>対処方法はありますか?
このシーズン(11月)では、薬剤での処理は出来ません。(効果がありません)
物理的に剥ぎ取れば取れますが幹を痛めます。
辛抱して春まで待ってください。自然に落ちます。

来年も同じことが起き...続きを読む

Q庭のヤマボウシの葉が茶色に! 写真をご覧ください。

庭のヤマボウシの葉が茶色に! 写真をご覧ください。
5年ほど前に植えてから、特に手入れもせず植えっぱなし状態です。(反省)
ヤマボウシの周りは芝生、背丈は約4m弱。
あまり水はやってませんでした。幹、枝に虫の穴はなさそうです。
根元の芝を刈りとって見ようと思ってます。
何かご指摘をいただけると幸いです。

Aベストアンサー

前回、回答した者です。できるだけ適切なアドバイスができるよう、私がよく行く公園(各所に大小20本位のヤマボウシが植わっている)、その他の場所でも10本以上のヤマボウシを見て、写真のような状態の葉のものがないかも見て来ましたので少し回答が遅れました。
何処も水はけが良く、梅雨時期でも雨がちょっと降っていないと表面の土は完全に乾いています。この時期葉の色も濃いミドリで、赤茶けたものは無いですね(たまに枝の先1~2枚だけ赤茶けたものも見ました)。

写真の葉の色は赤茶けているだけでなく、この時期のヤマボウシとしては少し黄緑過ぎますね。これは比較的造成地に多い痩せた土・水はけの悪い土・粘土質・赤土が多めの土壌に多く見られる特徴です。(本来の葉の色が出ない)

AC7さんの土壌はどうでしょう?、たとえば表面は良さそうでも深い位置の土壌が根にとってあまり良くないのではないでしょうか。何故かと言うと定植から2~3年程度までは発生しやすい症状なのですが、普通は5年も経った樹木で新たには現れにくい症状です。このことから成長した根が良くない土壌まで達したため今年症状が現れたとも考えられます。もうひとつは芝生による水はけの阻害、空気が入らず排水性・通気性が悪くなったのでしょう。初めから芝生は茂っていましたか?

◆結論としては主に、土壌が痩せている、水はけが悪い、の2点だと思います。写真を見る限りは根腐れの心配はやや少なそうです。

◆対策としては、
 (1)前回も書きましたが、水はけ改善のため芝生を剥ぐ。半径60~80cm程度は剥ぎたいですね。
 (2)養分の多い土壌に改善する。(※土壌が良好なら5年経過のヤマボウシには本来、水やりも肥料も要らないのです)腐葉土、堆肥などをすき込んで改善します。すき込む量は葉の回復を見ながら経過観察でいいです。堆肥ですが、今は肥料を与える時期ではありませんので、回復を図る為に主に油粕を幹から30cm離した位置にすき込むといいでしょう(与えすぎないように、量は経過観察で)。本格的な追肥は秋以降にします。
 (3)弱った(赤茶けた)葉を落とす(特に下の方を中心に)。それと弱った葉の多い枝の剪定。剪定の季節ではありませんが、樹勢回復のために多少切り落とします。また細く樹勢の無い枝も剪定し樹木の根の負担を減らして下さい。
※あとは以下のURLを参考に管理してみて下さい。

<ヤマボウシの管理>
http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/jumoku/ya.html#yamabousi

<肥料を与える上で注意すること>&その他
http://ueshin.info/the-care-for-garden-tree-point/care-3

根http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/sosiki.html#ne
土壌http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/kankyou.html#dojou
改善http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/kaihuku.html#dojo
肥料の場所と方法http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/hiryou.html#houhou

http://www.nararinshi.pref.nara.jp/kanrimenu.html
上記各URLの元サイトですが、各種樹木の管理のことでが色々と勉強になることが書かれていますので、時間のあるときにでも読んでみて下さい。他の庭木についても役立つ筈です。
※参考までにページによって「生長」・「成長」の両方の文字が出てしまいますが、「生長」は古い時代の名残りで使われ、現代では動物・植物共に「成長」の文字を使うのが一般的になっています。

芝生を剥ぎ取ったあと見栄えが悪くなりますよね?
そこで剥ぎ取った周り(樹木から50cm離して)に花期の長い植物を植えられてみてはいかがでしょうか?見栄えが良くなります。
ペチュニア・マリーゴールド・デージー・ビオラなどが咲く期間がとても長いです。四季折々咲かすと楽しいですよ。
http://www.hana300.com/deji001.html
http://www.hana300.com/marygo1.html
他にはローズマリーなども痩せた土でも簡単に育ち、ハーブをして利用できて一石二鳥です。

その他参考URL欄<ヤマボウシの葉が茶色に>

参考URL:http://botany.cool.ne.jp/logb/200806/08060125.html

前回、回答した者です。できるだけ適切なアドバイスができるよう、私がよく行く公園(各所に大小20本位のヤマボウシが植わっている)、その他の場所でも10本以上のヤマボウシを見て、写真のような状態の葉のものがないかも見て来ましたので少し回答が遅れました。
何処も水はけが良く、梅雨時期でも雨がちょっと降っていないと表面の土は完全に乾いています。この時期葉の色も濃いミドリで、赤茶けたものは無いですね(たまに枝の先1~2枚だけ赤茶けたものも見ました)。

写真の葉の色は赤茶けているだけで...続きを読む

Qヤマボウシの葉に斑点・先端の枯れ

ヤマボウシの葉に、茶色い斑点があり、葉にも元気がありません。
また、先端が枯れている葉も見られます。

去年、ハマキムシが発生したため、スミチオンを散布して駆除、今年も予防のため先日散布しました。(斑点は散布の前から徐々に発生していた)

何が起こっているのでしょうか?どう治療してやれば良いのでしょうか。
植えている場所は家の北側、シンボルツリーとして1.5年前に植木屋さんにうえてもらったものです。粘土質の土地ですが、植えるときに一部の土を入れ替えています。

同じような質問の回答を探したのですが、同じ症状なのかよくわからず・・・質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヤマボウシという植物は大変に水が好きな植物で、自生地などを見ても池や川の近くに自生していたり、植えられていたりします。
しかしだからといって、地面がいつもジメジメして湿っていたりするのは好みません。排水性の良い斜面などに自生していたり、植えられたりします。

これを自宅の庭で再現するとなると、斜面は少しばかり無理があるとしても、排水性の良い土壌、また特に夏場は土の乾き過ぎを防ぎ、夏の晴天時は朝夕しっかり水遣りしてやる必要があります。
それでも土が乾き過ぎるようならば、株元周辺を厚さ数センチぐらいバーク堆肥などを敷き詰めてやって、いわゆるマルチングなどを施した方が良いでしょう。

土の乾き過ぎに注意し、なお且つ土の過湿にも注意する必要があります。
北側といっても画像からは、夏場はある程度の日当たりがあるようです。ヤマボウシは半日陰でも良く育つ植物ですから、特に問題は無い様に思われます。
土壌改良は一部植木屋にやってもらったとの事ですが、粘土質土壌ならば大々的に改良する必要があります。
バーク堆肥や排水性を上げる川砂やパーライトを、庭土に多めに混ぜ込んで深めに耕すなどの処置が必要です。
商売人は予算との兼ね合いなどもあり、また知識としてもトーシロー(素人)はトーシローであり、素人に毛が生えた程度の者であった可能性もあります。安心はできません。

私としては病気と言うより、水遣りや土壌の排水性などに基づく生理障害の可能性の方が高いと思います。
とりあえずは株の最大径直下あたりの株元周辺の土を何箇所か掘り、上記したバーク堆肥や川砂を庭土にすき込んで土壌改良の補助をして、新根を張りやすくしてやりましょう。
そして水切れしないように、晴天時は朝夕しっかり十分に水遣りします。
それでも土が乾き過ぎるようでしたら、前述したマルチングを施してみましょう。
また枝葉が茂り過ぎているようならば、再度少しばかり剪定してみましょう。
夏場における、葉からの水分の蒸散量をもう少し減らします。

ヤマボウシという植物は大変に水が好きな植物で、自生地などを見ても池や川の近くに自生していたり、植えられていたりします。
しかしだからといって、地面がいつもジメジメして湿っていたりするのは好みません。排水性の良い斜面などに自生していたり、植えられたりします。

これを自宅の庭で再現するとなると、斜面は少しばかり無理があるとしても、排水性の良い土壌、また特に夏場は土の乾き過ぎを防ぎ、夏の晴天時は朝夕しっかり水遣りしてやる必要があります。
それでも土が乾き過ぎるようならば、株元...続きを読む

Qヤマボウシの幹に穴が・・・害虫??

庭のヤマボウシ(植えて13年、株立ち)の株元地面に木くずを発見しました。
観察すると、幹に穴があいていたり、幹の地面すれすれの部分がはがれたりしています。

害虫でしょうか?
どう対処したらいいのか、アドバイスをお願いします!

Aベストアンサー

幹の穴はぬれていますか?乾いていますか?
濡れていたら中でうごめいています。乾いていたら成虫になったか中で寝ているかです。
穴からドライバーの尖ったので穴を大きくしてみて下さい。その部分が枯れているようなら、穴の方向にドライバーをさして皮を剥がして下さい。
穴が大きくなったら、スプレー式の家庭用殺虫剤でスプレーしましょう。(アースジェット等)
地面すれすれの皮が剥がれてくるようなら、穴に沿ってドライバーで穴を辿ってみましょう。
もしかするとカミキリの成虫に当たるかも知れません。
ただし、穴が横方向につながっているなら、止めて下さい。スプレーだけにしましょう。
横方向に一回りしていたら、その幹は枯れます。
虫は冬眠状態ですので、殺虫剤が効きにくいので、数日おいて何度かやって下さい。

庭にもみじやハナミズキ等、主に落葉する木が他にありませんか?有るなら、そちらにも付いているかも知れません。
来年以降も虫が入る可能性が有りますので、来年も注意して下さい。

Q木の幹が割れて裂けて来ました。

昨年植えた2.5m程のしだれ桜の幹が、割れて裂けて来ているようです。夏以降、葉が黄色くなって落ち始めたので気になっていたのですが、昨日、木の幹が裂けて来ているのが分かりました。
どの様に対処すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

割れたところは虫が食ったりして、腐ってきていませんか?

腐って変色している部分を除去し、癒合剤を塗って保護します。

そのまま放っておけば腐った部分が広がります。

幹の下の方なので場合によっては手遅れかも知れませんが・・・

枝をハラってコブになっているような所も見られますが、
枝を落としたときすぐに癒合剤を塗りましたか?
そのままにしておくと、そこから腐って行きますよ。

ナイフで削ってみて黒っぽく変色していれば、腐ってきている証拠。
出来るだけ腐った部分をそぎ落とし、癒合剤でカバーする。

もう取り切れないぐらいに腐った部分が伸びているかも知れません。

桜の木は、切るなと言われるぐらいに切り口から腐りやすいです。
もし切ったのなら癒合剤で保護してやらないとすぐ腐ってきます。
中途半端な物で塞ぐと保護にならないばかりか、腐った状態が見えなくなり手遅れになりますよ。

細い枝ならしょうがないですが、太い枝や幹の場合癒合剤をたっぷり塗り、
癒合剤の効果が弱くなってきたと判断したら塗り直し。
場合によっては薄く削り取ってからの塗り直しが必要です。

幹の割れた場所がよく判りませんが、丈夫なナイフかノミで腐った部分を除去したら、
すぐに癒合剤を塗ってあげてください。

割れたところは虫が食ったりして、腐ってきていませんか?

腐って変色している部分を除去し、癒合剤を塗って保護します。

そのまま放っておけば腐った部分が広がります。

幹の下の方なので場合によっては手遅れかも知れませんが・・・

枝をハラってコブになっているような所も見られますが、
枝を落としたときすぐに癒合剤を塗りましたか?
そのままにしておくと、そこから腐って行きますよ。

ナイフで削ってみて黒っぽく変色していれば、腐ってきている証拠。
出来るだけ腐った部分をそぎ落とし、癒合剤でカ...続きを読む

Q庭のヤマボウシが元気がないようで。。心配で。

3年ほど前にヤマボウシ(高さ5m~6m位、株立ち。大きめだと思います。)を購入しましたが、あまり元気が無く、葉が茶色に(葉の周りが)なり、また全ての枝に葉っぱがあるわけでなく、枯れているような感じの枝もあります。全体の20%くらいに葉っぱが無いような感じです。今年も5月頃咲きましたが、散りが早かったような気がします。
 他の人の質問とかを参考に考えてみたのですが、よく解りません。病気か、水切れか(今現在(6月)は、水は散布してません)、根腐れかのどれかだとは思うのですが、なんとなく根腐れのような感じがするのですが、手入れの仕方が解りません。庭師さんに見ていただいたほうがいいのでしょうか?
 日当たりの状況は、朝は家の影になりあまり良くないですが、昼頃にかけて段々と良くなっていきます。夕方の西日はまともに当たります(これが原因ですか?)。ただ、夕方になると、根の付近には、塀(高さ1.2m)のせいで日光は当たりにくい状況です(そのせいで根腐れかと・・)
 水やりは7月~10月位までは、ほぼ毎日朝夕2回してます。
 消毒は1回もしたことありません
肥料は、2月ごろに鶏糞を根の周りに少し溝を掘って埋めてます。また、石灰を少々散布します。あと春夏時期に、月1回ぐらいHBー101と言う栄養剤をあげてます。
 隣に植えてあったエゴノキが今年の冬に突然倒れてました。地面のところでポキッて感じでした。エゴノキも株立ちでしたので他の茎もゆすってみたら、簡単にポキポキと・・・。悲しかったです。
 ヤマボウシもそのようにならない様にしたいのですが。
長々と書いてしまいましたが、宜しくお願いいたします。
ちなみに、庭師さんに見ていただいた場合は、予算的にはお幾らくらいするものなのでしょうか?何卒宜しくご回答の程宜しくお願いいたします。

3年ほど前にヤマボウシ(高さ5m~6m位、株立ち。大きめだと思います。)を購入しましたが、あまり元気が無く、葉が茶色に(葉の周りが)なり、また全ての枝に葉っぱがあるわけでなく、枯れているような感じの枝もあります。全体の20%くらいに葉っぱが無いような感じです。今年も5月頃咲きましたが、散りが早かったような気がします。
 他の人の質問とかを参考に考えてみたのですが、よく解りません。病気か、水切れか(今現在(6月)は、水は散布してません)、根腐れかのどれかだとは思うのですが、なん...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

エゴもヤマボウシも、日本の山に自生している木です。(我が家のヤマボウシは、じぶんちの山から掘ってきたもの。元気です。)
林の中ですので根元に日はあたらず、木の上のほうにだけ当たっているのです。
また、林の中では誰も肥料などはくれません。あるのは落葉が積み重なってできた、天然の堆肥ですよね。

そんな環境で驚くほど大木に育つことを考えると、育て方もわかってくるのではないでしょうか。

1.根元に日を当てない。乾燥させない。
2・水やりは、あまりしない事。(植えつけたときと、何日も雨が降らない夏の日だけ。)やるときには地面にしみこむように土の表面を軽く掘り、ホースの水を5分くらい出しっぱなしにするつもりでたっぷりと。普通にシャワーで30秒くらいでは、中までしみこんでいません。
3.肥料は要らないが、根先の土がふかふかの良い土になるように、堆肥を混ぜ込む。

乾燥させずに、でも水遣りをしないというのは矛盾してますが、大事なことです。


我が家の庭木は、その辺の山に自生している落葉樹がほとんどです。エゴ・シャラ・ナナカマド・ヤマボウシ・ウツギなどなど・・・。基本的に肥料はやってません。庭に植える草花には与えているので、結果的には少し吸収しているとは思いますが。
また、水もよほどの暑さが続くときしかやりません。
剪定も、込みすぎたところを根元から切るだけです。(秋に。)
まぁ、庭に勝手に生えてるって感じでしょうか。

そのかわり、堆肥だけは惜しみません。以前トラック1杯買ったこともあります。木から作るバーク堆肥がいいといわれ、コレをたくさん混ぜ込んで林の中のふかふかの土をめざしています。
植え付け時に混ぜ込んでも、何年か経つと土の表面が固くなるので、軽く掘り、堆肥を混ぜています。
また、夏の間乾燥を避けるため、株もとにバーク堆肥でマルチングをしています。最近はミミズも増えたので、耕してくれます。

今では元気な我が家の雑木たちですが、植え付けて4年位までは、やっぱりなんとなく元気がなかったですよ。毎年安定して邪魔なくらい茂るようになったのは、6年目くらいからです。

とりあえず、水遣りをやめ、根元の土を軽く耕して、通気・排水性をよくし、できれば根元に何か植え込んで乾燥を防いでみてはいかがでしょうか。

こんにちは

エゴもヤマボウシも、日本の山に自生している木です。(我が家のヤマボウシは、じぶんちの山から掘ってきたもの。元気です。)
林の中ですので根元に日はあたらず、木の上のほうにだけ当たっているのです。
また、林の中では誰も肥料などはくれません。あるのは落葉が積み重なってできた、天然の堆肥ですよね。

そんな環境で驚くほど大木に育つことを考えると、育て方もわかってくるのではないでしょうか。

1.根元に日を当てない。乾燥させない。
2・水やりは、あまりしない事。(植え...続きを読む

Qやまぼうしの葉がどんどん枯れていく・・・

今年の2月にアパートに山ぼうしの苗木を植えたのですが、当初は葉がたくさんでてきて元気がよかったのですが、この暑さのためか、どんどん葉が茶色く枯れていき、かなり可愛そうな状態です。自宅からちょっと遠いので、月に1回程度しか行けませんので、あまり面倒を見てやれません。植える時に業者からは、“丈夫であまり面倒をみなくても大丈夫ですよ”との事でしたが、この暑さと雨の少なさの為なのでしょうか?

・とりあえずの対応策は?
・今後どのように面倒をみていけばよいか?
・見た目がよくないので、枯れた葉は、もいでとってもよいか?

どなたかアドバイスを頂ければ助かります。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 ヤマボウシは落葉樹ですので、常緑樹に比べて植栽は楽なほうです。 2月の厳寒期に植えたということはお宅様は暖地にお住まいでしょうか?。
 
>とりあえずの対応策は?
  水鉢を作って、お水を20リットルのポリ缶に入れてたっぷり根元に入れてあげましょう。(出来れば樹力回復剤を既定倍率にしたもの:メネデール又はHB101等、肥料は絶対やらないように!。)
 さらに水が透水した後に完熟腐葉土を10センチほど根元に敷いてマルチングしましょう。(根元の乾燥防止です。)

>今後どのように面倒をみていけばよいか?
  出来れば寒冷紗で西日避けをしてやると大分元気になるはずです。

>見た目がよくないので、枯れた葉は、もいでとってもよいか?
  はい。取ったほうが良いですね。 さらに混んだ枝、弱い枝そして絡んだ枝を軽く枝元より剪定してください。 軽くですよ。

 後はヤマボウシの自己回復力、生命力に期待するしかありません。 根付くまでの間の水管理が不十分だったのが原因ですので今から管理したからといって大丈夫という保障はありません。 どんな植物も植え替えは大手術と同じで療養期間というものがあります。 この期間の管理次第で以後の成長に影響を与えます。
 さらに植えて3年は養生期間と認識してください。 夏を三回越すことが出来て初めて基礎体力が出来て立派な植物になります。 3年です。
 
 

 ヤマボウシは落葉樹ですので、常緑樹に比べて植栽は楽なほうです。 2月の厳寒期に植えたということはお宅様は暖地にお住まいでしょうか?。
 
>とりあえずの対応策は?
  水鉢を作って、お水を20リットルのポリ缶に入れてたっぷり根元に入れてあげましょう。(出来れば樹力回復剤を既定倍率にしたもの:メネデール又はHB101等、肥料は絶対やらないように!。)
 さらに水が透水した後に完熟腐葉土を10センチほど根元に敷いてマルチングしましょう。(根元の乾燥防止です。)

>今後どのように...続きを読む

Qサルスベリの木の樹皮が剥がれてきています。

写真のとおりサルスベリの木の樹皮が剥げて、白っぽくなりました。
何か病気にでもなったのでしょうか。
それとも、この時期になると、自然と古い樹皮が剥げ落ちていくのでしょうか。
もし、対策を施す必要があれば、教えてください。

Aベストアンサー

>サルスベリの木の樹皮が剥がれてきています。

  ↓

樹齢・樹勢で異なりますが、百日紅の元気に育ってる時の現象であり心配はいらないと思います。
大きくなると樹皮がめくれてツルツルになります。
その状態が木登り上手な猿でも滑り落ちそうな事から、別名:サルスベリと呼称が付いた由縁です。   


※ご参考:こんな記事がありました。

http://log.engeisoudan.com/lng/201209/12090005.html

Qレッドロビンの害虫?病気?

庭のレッドロビンの3分の2ほどに写真のような木の皮のめくれがあります。この写真ではすでにめくれた皮を取り除いたあとですが、実際には、糸くずのような状態でめくれてます。糸くずのような皮を取り除くと写真のようになり、そこに小さな穴があいてます。どうも何かの虫が削って穴をあけたように見えるのですが、それを確認できたことはありません。そうとう広範囲で、めくれたところは新芽が生えてこないようなので、早急に原因を突き止めて対策を講じたいと思いますので、原因のわかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ルリカミキリ幼虫の食害痕ですね。昨年のこの時期も回答しました。
http://okwave.jp/qa/q7421903.html

対策は上記URLにも書きましたが、早急に処置してください。針金などを穴から奥まで挿しグリグリとやってください。その後殺虫剤(特に指定はないです)をノズルから穴の中に大量に注入してください。
他にも産卵痕がないか、幼虫の食害痕がないか調査してください。バラj科の植物やレッドロビンなどが好きなようですが、念のため他の樹木も確認してみてください。
食害が進行した枝は枯れる可能性もありますが、万が一枯れてしまった枝は切り捨ててください。果樹農家では特に多い被害です。

レッドロビンに付いたルリカミキリ(成虫)
http://koh16.blog11.fc2.com/blog-entry-1421.html
ルリカミキリ(成虫)と幼虫の食害痕(右下の写真)
http://insectk.web.fc2.com/zukan/z_rw01/ruri.html
http://file.jidaraku.blog.shinobi.jp/DSCN1124.jpg

成虫の産卵痕
http://jidaraku.blog.shinobi.jp/Entry/169/
レッドロビンの枝の中にいた幼虫
http://ozi.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-1811.html

<生態・症状・対策>
http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/info/dtl.php?ID=3573

参考: 幼虫の食害痕の例
http://www.wrass.co.jp/log/2005/2005_pic3/050609_Lkon.jpg
http://www.wrass.co.jp/log/2005/2005_log_ruriLB.html
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7c/ab/5f6aca447b5dbe4f0e7b9cb8d8d1ff4e.jpg

ルリカミキリ幼虫の食害痕ですね。昨年のこの時期も回答しました。
http://okwave.jp/qa/q7421903.html

対策は上記URLにも書きましたが、早急に処置してください。針金などを穴から奥まで挿しグリグリとやってください。その後殺虫剤(特に指定はないです)をノズルから穴の中に大量に注入してください。
他にも産卵痕がないか、幼虫の食害痕がないか調査してください。バラj科の植物やレッドロビンなどが好きなようですが、念のため他の樹木も確認してみてください。
食害が進行した枝は枯れる可能性もあります...続きを読む

Qハナミズキが危ない!!対策を教えてください。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている部分があります。
(前に家にあったオルトランCをかけてはみたのですが、、)
なので、幹もなんとなく元気がないように思います。
植えている場所は北側のあまり日が当たらないところで、
朝早くに少しと西日が当たります。
株元にギボウシが植えてあります。

とりあえず、白く変色した葉や茶色いものはなるべく取っているのですが、ほとんどが白くなっているので全部とってしまうのもどうかと思い、そのままの状態です。

これからどのようにしてあげればよいか助言をしていただきたく質問しました。
よろしくお願いいたします。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている...続きを読む

Aベストアンサー

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我が家では、ミネラシンがよく効きました。
薬剤が葉に付きやすいように、ダインなどの展着剤を少し混ぜて、葉全体(裏も)に散布します。
2週間おきに3回ほど散布するといいですね。
ただし、これから、夏の高温時には、薬害が出易いので、比較的涼しい日の夕方に散布するのがよいと思います。
後、葉の白い色は、薬剤でカビが死んでも残ります。
ですから、白い色が広がっていかなければ、薬剤の効果があると判断します。
葉を摘んでしまうのは、木にとっても更なるダメージを与えることになるので、茶色く完全に枯れたもの以外は残しておいたほうがよいですね。
駆除できると良いですね。(^^)

参考URL:http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/byoki04.html

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング