緊張症を治す方法を知りたいです。

人前に出たり、発表したり、一人で海外に行くなど 思いきった場ではむしろ堂々としていられるタイプなのですが

普段、何気なく人と接するとき

緊張して思ったことを、上手く喋れなかったり

そんな自分を責めたり葛藤したり

面倒くさくなって、人が煩わしくなったり

特に過去のトラウマから、気になる人には上手く話せないどころか 話をしたいと思っていても、何ともないふりをしたりみずから避けてしまったりしてしまいます。

なぜ、シチュエーションに対する緊張はないのに、人に対する緊張がひどいのでしょうか?

どうしたら、人と緊張せずに接することができるようになりますか?

同じ様な性格や経験をお持ちのかたや、克服されたかたがいましたら、ぜひ教えていただけたら嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

学生の頃に、似たような経験ならあります。


私の場合は、普段の会話では多少、特に発表の場などで強く起こりました。
会話の最中でも、的外れな事を言ったような気がして些細なやりとりをいつまでも忘れられなかったり、
発表や面接のような、自分の意見をさらす場では動悸が酷く周囲の声がよく聞こえなくなったり、
足が震えたりしました。

私は物知りで口八丁、社交的で豪快で、大人っぽいというキャラクターが定着していたので、
自分では物凄く緊張していても周囲の人間には泰然と見えているようです。
発表機会もよくもらいましたし、評価も(今思えば)悪くなかったようです。

幼い頃は要領の悪い空想がちな子どもで、周囲とずれた発言が多かったみたいです。
それが、「素直に自分を語ると白い目で見られる」という心情を育てたのかも。
その結果、せっかく大人っぽい仮面をしているのにバレたら恥ずかしい、と思っていたのかも。

結局「相手に受け入れられないかも」「受け入れてもらえない自分は恥ずかしい」、
という気持ちですね。
だから実際の自分より良い自分を演じようとしていたのかも。
恥をかきたくないから緊張する、緊張がバレたら恥だ、というエンドレスなネガティブループにハマると中々抜け出せません。

私は案外うっかり者、という自分を見せていくことで、徐々に「恥」に慣れていきました。
笑われたり白けさせたりする度に「大したことじゃない、皆そんなもんだ」と思うことで、
段々と緊張体質が治っていったように思います。

あくまで個人の体験談なので、silver1103さんの場合とは違うかもしれませんが、
「緊張して当たり前」「恥ずかしくて当たり前」と思える事は大事だなーと実感している者として回答させていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よく見られたいっていう気持ちが働くと緊張してしまうんですね。

失敗することを恐れないでいきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/27 21:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女の子と緊張せずに接することができるように…

24歳男、年齢=彼女いない歴です。当然、女性経験もありません。

最近、好きな人ができたのですが、緊張してうまく話すことができません。このままではずっと彼女ができる気がしないという焦りがあります。若い女性は全般的にそうですが、好きな人と話すと緊張しすぎて頭が真っ白になり、顔が赤くなっているように思います。
(今はしどろもどろになりながらも、何とかメールアドレスと電話番号を教えてもらった段階です。)

そこで、女性への免疫と度胸をつけるために、今度デリヘルを予約しました。こういうことを好きな人以外ですることに抵抗はあるし、そういう行為をすること自体、恥ずかしくてとても不安です。後ろめたさもあります。
ですが、このままだと自分が変わらないと思い、実行することを決意しました。かなり勇気が要りましたが、この決断が良かったのかどうか未だ自信がないです。

そこで、みなさんから、これからについて(女性に対して・好きな彼女に対して・デリヘルについて等)の心構えやアドバイスをお願いします。不安で頭がいっぱいなので、良い方向に背中を押してくれると助かります。
よろしくお願いします。

24歳男、年齢=彼女いない歴です。当然、女性経験もありません。

最近、好きな人ができたのですが、緊張してうまく話すことができません。このままではずっと彼女ができる気がしないという焦りがあります。若い女性は全般的にそうですが、好きな人と話すと緊張しすぎて頭が真っ白になり、顔が赤くなっているように思います。
(今はしどろもどろになりながらも、何とかメールアドレスと電話番号を教えてもらった段階です。)

そこで、女性への免疫と度胸をつけるために、今度デリヘルを予約しました。こ...続きを読む

Aベストアンサー

好きな人のために変わろうと努力するのはいいことですね^^
今の彼は、デリヘルのことを告白してくれましたよ。
「あの頃は、ばかだった」と言っていました。
そのことを聞いた時ちょっとショックだったけど嫌いにはなりませんでした。
でも、好きな人には言わないほうがいいと思いますね。
 女性は余裕がある人のことを好きな人が多いと思います。
先日、バイト先のお客さんから電話番号とaddressが書かれた香水付きの紙を渡されました。少ししゃべりましたが、ものすごく緊張されてたみたいで、話がよく聞き取れませんでした;
正直困ってしまい、誠意は伝わったんですけどそのあとは連絡しませんでした。
えっと、
だから少しは女性に慣れてたほうが女性も接しやすいのではないでしょうか。
キャバクラとかは女性慣れしたい目的の客が結構多いですけど高くつくので好奇心程度でいってみてはいいと思います。何事も経験が大事ですから。お金は、好きな人のために貯めたほうが後々余裕が持てますしね。
女友だちがいたら、いっぱい話したりして練習してみては?

ちょっと理解しずらいコメになってしまってすみませんTT
応援してるので、がんばってくださいね!

好きな人のために変わろうと努力するのはいいことですね^^
今の彼は、デリヘルのことを告白してくれましたよ。
「あの頃は、ばかだった」と言っていました。
そのことを聞いた時ちょっとショックだったけど嫌いにはなりませんでした。
でも、好きな人には言わないほうがいいと思いますね。
 女性は余裕がある人のことを好きな人が多いと思います。
先日、バイト先のお客さんから電話番号とaddressが書かれた香水付きの紙を渡されました。少ししゃべりましたが、ものすごく緊張されてたみたいで、話がよく...続きを読む

Q緊張しすぎでしょうか。人と上手く話せません…

はじめまして、宜しくお願い致します。
親しい人とは普通に話すことができ、知らない人(店員の方や他人)とはそれほど緊張もなく話すことができるのですが、彼の親兄弟と上手く話すことができません。

今日、偶然にも彼のお母さんに会ったのですが、
頭が真っ白になり一応返事などはできるのですが
こちらから話題をふったり、気の効いた事を言えませんでした。一言一言しゃべった後に、頭の中で「ああ言えばよかったとか、この間のお礼も忘れてた」などと思い出し自分が情けないです。

その後何時間かは、その時の緊張のせいでしょうか。
他のお店によったのですが、妙にソワソワして
商品をじっくりみることができず横目で見ては素通りしたり、何が必要だったか忘れたりと些細な行動ができなくなって、かなり挙動不審の人みたいでした…。

あれから6時間たって、みぞおち辺りのソワソワも大分なくなってきましたが、本当に情けなくて悔しいです。

他の方の投稿をみたら対人恐怖症というのがあり
まさかそうなのではと疑ってしまいました。
小さい頃は、人前にでると顔がすごく真っ赤になり
今でも大勢の前で話す事が苦手です。(変な喋り方をしてしまうこともあります)

また、式典や免許の講習・テストなどの時は
前日くらいから緊張しているみていで
当日必ずと言っていいほど下痢になります。

緊張性?の下痢を克服するいい方法はないでしょうか。
また緊張しないで上手く話せるようなアドバイスをお願い致します。

はじめまして、宜しくお願い致します。
親しい人とは普通に話すことができ、知らない人(店員の方や他人)とはそれほど緊張もなく話すことができるのですが、彼の親兄弟と上手く話すことができません。

今日、偶然にも彼のお母さんに会ったのですが、
頭が真っ白になり一応返事などはできるのですが
こちらから話題をふったり、気の効いた事を言えませんでした。一言一言しゃべった後に、頭の中で「ああ言えばよかったとか、この間のお礼も忘れてた」などと思い出し自分が情けないです。

その後何時間か...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。27歳既婚女性です。

なんとなくわかります。私も少しあがり症と言うか、よく緊張します。(主人は私よりもあがり症・・・)
主人の実家に電話をかけるときとか、「あぁ、今お義母さんたち忙しかったら迷惑かな?」と思うとドキドキ緊張しちゃいます。義母が少し早口なんで、話を聞き逃さないようにしなきゃ!と思うと余計にドキドキ!伝えなきゃいけないことは、忘れないようにメモを書いておいて電話をするくらいです。(笑)
知らないところには普通に電話できちゃうのに・・・
主人も私の親と話をするときは、あっぷあっぷしてます。(笑)

で、思ったんです。
大事な人(私の場合は主人の両親たち)に、嫌われたくない。少しでもいい印象を与えたい。こう思うから、緊張してしまうのでは?と。
質問者さんも、彼氏さんの親兄弟、今回はお母さんに「嫌われたくない。息子の良い彼女と思って欲しい。」とどこかで思っているから緊張してしまうんでしょうね。(^-^)落ち着いて、リラックスしましょう。

>一言一言しゃべった後に、頭の中で「ああ言えばよかったとか、この間のお礼も忘れてた」などと思い出し自分が情けないです。
大丈夫ですよ。今度会ったときに改めてお礼をしたら良いですよ。「この前お会いしたときに言い忘れてしまったのですが、○○のときはどうもありがとうございました。」って。
大丈夫。今度お会いしたときには、お話をする前に一度深呼吸をしてみましょう。


>また、式典や免許の講習・テストなどの時は
>前日くらいから緊張しているみていで
>当日必ずと言っていいほど下痢になります。
私も大事なことがある日の前日は緊張しっぱなしです。さすがに下痢にはあまりなりませんけど、胃のあたりが痛くなります。結婚式の当日も、式場へ向かう電車の中で「胃が痛い~。ドキドキする~。」と呪文のように言い続けていました。(笑)

そのことばかりを考えてしまうから緊張してしまうので、別のことを考えましょう。
テストがある日は、テストのことじゃなくて勉強のことを考える。式典のときは、「終わったらどこに遊びに行こうかな?」とか考えたらどうですか?
大事なことの前が一番緊張するけど、始まってしまえば意外と緊張もしないで終わってしまったりします。
(私の場合は、ですけどね。)

私は大勢の前で話さなくてはいけないとき(例えばスピーチ)は、イメージをしながらスピーチの練習をします。意識してはっきり喋る練習をしておきます。
本番では、あまり人と目をあわさないようにしてスピーチします。(挙動不審にならない程度に(笑)「お客はジャガイモとカボチャ!」と思えば大丈夫です。そんな気がします。


対人恐怖症なんて考えていると、ますます緊張してしまいますよ。
「私はちょっとあがり症なだけ。リラックスしたら大丈夫。深呼吸を忘れずに。」と思えば、平気だと思いますよ。(^-^)

なんか良いアドバイスになってないかもしれませんが、私はこう思いました。

こんばんは。27歳既婚女性です。

なんとなくわかります。私も少しあがり症と言うか、よく緊張します。(主人は私よりもあがり症・・・)
主人の実家に電話をかけるときとか、「あぁ、今お義母さんたち忙しかったら迷惑かな?」と思うとドキドキ緊張しちゃいます。義母が少し早口なんで、話を聞き逃さないようにしなきゃ!と思うと余計にドキドキ!伝えなきゃいけないことは、忘れないようにメモを書いておいて電話をするくらいです。(笑)
知らないところには普通に電話できちゃうのに・・・
主人も私の親と話...続きを読む

Q愚痴の多い、おばあちゃんとの上手な接し方

こんばんは。
いつもお世話様です。
82歳の祖母のことですが、今、近所に住んでいて、時々、一緒に食事をしたり、外に連れ出したりしています。
その祖母は気位が高く、自分が上品ぶっていて、人を小ばかにしていれば機嫌がいいというタイプです。
その祖母を満足させるのには、もの凄いエネルギーを使い、くたくたになってしまいます。
私も小ばかにされ、陰で泣いたことは3度もあります。
私の母(実の娘)はそんな祖母との付き合いを一切絶ってしまいました。
今、祖母に中心となって相手をしているのは、お嫁さんと私になります。
そんな祖母なので、人に嫌われ、一緒に住んでいる孫にも嫌われています。
私は自分のおばあちゃんなので、出来る限りのことはしたいと思っているし、お嫁さんからもあてにされているので、頑張っていますが、私も疲れてしまい、家に帰ってから、母に愚痴ってしまう始末です。
82歳まで生きて、ひ孫までいるんだから、充分幸せな人生を送っているはずなのですが、本人としては、家族から大切にされないこと(それも本人が周りをそうさせている)など、愚痴が多く、聞いているほうも嫌になってしまいます。
だから、なるべく外に連れ出すようにしていますが・・・いちいち、小言が多く、へとへとになります。
「そうか、そうか、そんなこともあったんだ、辛いよね」と祖母の言うことを受け止めてはいますが・・・
どうか、そういったお年寄りとの上手なお付き合いの仕方がありましたら、ご助言下さい。
宜しくお願いします。

こんばんは。
いつもお世話様です。
82歳の祖母のことですが、今、近所に住んでいて、時々、一緒に食事をしたり、外に連れ出したりしています。
その祖母は気位が高く、自分が上品ぶっていて、人を小ばかにしていれば機嫌がいいというタイプです。
その祖母を満足させるのには、もの凄いエネルギーを使い、くたくたになってしまいます。
私も小ばかにされ、陰で泣いたことは3度もあります。
私の母(実の娘)はそんな祖母との付き合いを一切絶ってしまいました。
今、祖母に中心となって相手をしている...続きを読む

Aベストアンサー

pocket1212さんは、本当に心優しい方ですね。
そういう若者がいるというだけで、私はほっとしま
す。
80代の人は80年間生きてきた生き様を皆に見せて
しまうのです。
人生ずっと積み重ねの結果なのです。
ですから、あなたのお母様も嫌になってしまい、お嫁
さんと孫のあなたにかかってきてしまっているのです
ね。
今あなたのこと一番感謝している方はお嫁さん、つま
り叔母様でしょう。
老人にもう人生観変えろって言っても駄目です。
聞いてあげるだけでも辛いかもしれませんが、自分
の為、人生の反面教師にしてください。
そして、老いたら誰でも寂しくなるもの。そこを理解
して、お祖母さんの仰ることを聞き流してください。
若いあなたが疲れるのだったら、大人はもっと疲れま
す。
でも一生懸命していたら必ず誰かが見ています。
これは本当に不思議なことです。
そして思わぬところから、人生のプレゼントが舞い込
んできます。
これは私の実体験なのです。
お祖母さんは十分幸せな人生送っているように見えま
すが、心は別です。その繰り返しでそういう老後にな
ってしまったのでしょう。
愚痴も聞き流すように、頑張ってください。
又、時々優しい言葉をかけて上げてください。
多分そういうものにも飢えていらっしゃるのではない
でしょうか。
「おばあちゃんにプレゼント」と小さなお花を持って
いくとかだけでも、どんなに心がほろっとするでしょ
う。言葉に出せなくてもきっと感謝なさると思いま
す。
きっとものすごい疎外感を味わっていらっしゃると思
います。
人生の老後は酷なものです。

pocket1212さんは、本当に心優しい方ですね。
そういう若者がいるというだけで、私はほっとしま
す。
80代の人は80年間生きてきた生き様を皆に見せて
しまうのです。
人生ずっと積み重ねの結果なのです。
ですから、あなたのお母様も嫌になってしまい、お嫁
さんと孫のあなたにかかってきてしまっているのです
ね。
今あなたのこと一番感謝している方はお嫁さん、つま
り叔母様でしょう。
老人にもう人生観変えろって言っても駄目です。
聞いてあげるだけでも辛いかもしれませんが、自分
の為、...続きを読む

Q人づきあいが煩わしい

32歳男性
最近、人づきあいが煩わしく、特に恋愛、結婚に関してはできるものならば『避けたい』というくらい思っています。

少し前まで、社会人サークルで男女問わずみんなと遊び、楽しい時間を過ごしていて、そこで恋愛関係になった人もできました。ただ、その女性から振られそれを機に社会人サークルへ行くことが無くなりました。

他の社会人サークルに行くと、楽しいのですが気遣いをする以上、上述した煩わしさがでてきて次第に参加しなくなっていきました。
(仕事が面白くなってきたというのも社会人サークルから離れていく一因だと思っています)

特にどうしたいこうしたいというのは無いのですが、こんな気分になる事って多分にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

30代男性です。私も人付き合い(どうでも良い人との人付き合い)が煩わしいです。一緒ですね。

社会人サークルとかそういうサウンドが特にそうですが
仲が良いわけでもないのに皆が仲の良いふりをどこかしていて、
烏合の衆が集まってうわべトークのオンパレードになっている、こういう会合はもうなるだけ近づきません。

見た目の華やかさと心のうつろが一致しない、
このことを心の冷静な部分でアンテナが感じ取っているので、
「何かうまく言えんけど楽しくなかったなあ」
「何やろ、この感じ…」
みたいなことになりますよね。気疲れに自分が気付かないこともあります。
皆がいれば肩やデコをバンバン叩けても、その人と2人だけになると名前さえも急に呼びにくい、みたいな…。
実は親しくも何ともないんですよね。

でも私は、本当に心通ってる家族とかだったら、無言で向かい合って、
酒を酌み交わしているだけでも満たされるんです。
その時間、その空間が美味しい、という。
こっちは気疲れしないんですよね。

結局「気の置けない人」というのは身近な人だし、数多くいないので、
そういう数少ない人以外はすべて大なり小なりの煩わしさはあるでしょうね。
で、この疲れる「度合」は人によって尺度が違うようで、
私の経験では男性のほうが気疲れの度合が大きいと思えます。
女性ももちろん人によりますが、男性に比して、女性は根本的に人が好きなところがどこかありますね。
男性はもともと狩人だから、仕事の成果とかのほうが好きみたいです。
女性は人との共有感・連帯感を大事にするから、会合みたいなことが男性よりは好きですよね。何歳になっても。

30代の男性の視点でいうともう落ち着いているし無駄に騒ぐのも疲れるので、
このお話は分かります。
まあこれ(齢の話、性別の話)も、もちろん人によりますが…。

フロンティアは人によって違うし、またタイミングによっても変わるから
良いんじゃないでしょうか。
私は自分だけのフロンティアを探しています。
最後の最後にはそれは人かも知れませんし、仕事の達成かも知れません。

30代男性です。私も人付き合い(どうでも良い人との人付き合い)が煩わしいです。一緒ですね。

社会人サークルとかそういうサウンドが特にそうですが
仲が良いわけでもないのに皆が仲の良いふりをどこかしていて、
烏合の衆が集まってうわべトークのオンパレードになっている、こういう会合はもうなるだけ近づきません。

見た目の華やかさと心のうつろが一致しない、
このことを心の冷静な部分でアンテナが感じ取っているので、
「何かうまく言えんけど楽しくなかったなあ」
「何やろ、この感じ…」
み...続きを読む

Qなぜ緊張しても態度にでない人と、出る人がいるのですか?芸能人でも「緊張

なぜ緊張しても態度にでない人と、出る人がいるのですか?芸能人でも「緊張してます」といいながら普通に話せる。私の友人もみなそうです。私は声が震え、顔面硬直し顔がひきつり、回りの声が聞こえなくなり、自分が考えている事を話すのが誠意ぱいです。世の中不公平です。

Aベストアンサー

本当には『人の心や、体は』同じく反応するように出来ています。緊張した場合には同じ反応をしています。処がその緊張した事を『忘れた人は』緊張しなくなっています。その逆にその緊張を『忘れられなくて、意識をした場合に』今度は本当に緊張して、その緊張した事から逃れようと『意識した時に』本当に緊張する人になってしまいます。

是は『意識』の使い方の問題です。難しい話からしますが、人間の心には感情を沸かせている者が存在しています。緊張する場合にも言えます。誰でも脳の機能から言うならば『緊張させる者が居て緊張しています』緊張しないように見える人は『その情報』を受けて、その情報を受け入れてしまう人のことです。緊張した瞬間にその緊張する事を『肯定出来た』人の事を言います。緊張する事を『受け入れた時に』もう意識には上がって来ないからです。

その反対に緊張をする人は、緊張した瞬間に『心や体には緊張する事は悪い事だから緊張しないようにしよう』と言う力み、或いは意識上に乗せないように『意識の力が入ってしまいます』すなわち『上がって緊張する事を』排除=受入れないようにしてしまいます。その事で緊張させる者が、自我意識が受け入れてくれない事から、その緊張するための情報を『強くして』送って来ます。心は緊張をすることは受入れようとはしません。送る方はますますその情報を送る、と言う悪循環に入ってしまいます。

緊張すると言う事の他の症状にも言えます。例えば『不安障害』と言う場合にも言えます。人間には必要として備わっている脳の働きの一つに『不安になる』と言う事があります。それももう一つの脳の働きからの信号ですが、不安をものともしない人は始めの『弱い不安』と言う信号の状態で肯定して受け取っています。

受け取って貰った事が分かるので、その情報を送る者は、二度とその信号は送らなくなります。それとは逆に『弱い不安と言う情報を』拒否された場合には、その信号を増幅して送ってくるように為ります。不安を増幅して大きくした情報が『恐怖』という事になります。つまり弱い不安と言う情報が、受け取りを拒否されたために、増幅されて『恐怖』と言う強い情報になってもう一度送られてくる。と言う現象が『パニック障害のメカニズム』になっています。

必要として自我意識に送られてくる情報を、受け取ろうとしない事から、送る方は強くして、受け取ってもらうまで送る場合があると言うことになります。その場合に『もう必要がなくなった情報が、頭の中で繰り返される事になります』それが妄想の正体という事です。

現実に恐怖の対象がある、或いは実態のある恐怖に、恐怖する事は『現実の世界で』生きている事になります。是は真実の世界を見ている事です。ですが実体の無い恐怖に怯える事が在るという事になります。
恐怖の実態が無い場合でも恐怖する場合を『心を病む』と言います。この事を妄想と言います。妄想が湧くと言う原理は今言ったことによります。強迫観念も同じです。

今の精神医学では『不安や恐怖』が何処から湧き上がるのかを解明出来てはいません。『心が如何して苦しくなるのかの解明が出来ていません』そうして不安の除去に懸命になっています。不安の除去をする薬とは、不安を起こしている者の情報やその情報の結果である不安と言う心の状態を感じ難くさせているだけです。ただの対処療法でその場限りのものであって、心の問題の改善は何も成されているわけではありません。心の問題、或いは精神衛生上の啓蒙や学ぶと言う場にはなっていません。根本は何も判らなくてただ薬が処方されているだけです。『内因性の精神疾患の本態がわかっていない、、』と言う事実が昔から余り変わっていません。ですが感じ難くする『薬』は進歩を遂げています。ですが患者数は増える一方になっています。おまけに自殺する人の数は増えたままになっています。

心を病む事の原因とは『心の矛盾』です。心の中で違う二つの意識が争っているためですが、心はその事を知りません。自我意識の機能は分別する機能です。処がもう一つの意識とは『無意識や命そのものを働かせている』意識です。自我意識に感情を沸かせたり、危険を知らせたり、必要であるなら心臓でも呼吸数でもホルモンの調節でも自在に出来る者です。簡単な言い方にするなら『命を働かせている意識と自我意識が』同調でき難くなった事が、心を病む事や、神経症になる事や、自律神経失調症になる原因といえます。それは生きてゆく事の不安や、何時訪れるかも知れない死に対しての不安が、絶えず心の中に、闇の中から覗くようにして、自分自身を圧迫しているような感じで人の心覆ってています。

この不安を感じている人が自分に敏感な人つまり神経質な人という事になります。不安を受入れた時が障害の終結と言う事になります。

本当には『人の心や、体は』同じく反応するように出来ています。緊張した場合には同じ反応をしています。処がその緊張した事を『忘れた人は』緊張しなくなっています。その逆にその緊張を『忘れられなくて、意識をした場合に』今度は本当に緊張して、その緊張した事から逃れようと『意識した時に』本当に緊張する人になってしまいます。

是は『意識』の使い方の問題です。難しい話からしますが、人間の心には感情を沸かせている者が存在しています。緊張する場合にも言えます。誰でも脳の機能から言うならば『緊...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報