ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

Nikonのレンズの種類を調べると、
 ・AF-I
 ・AF-N 
 ・AF-Nikkor
 ・AF-S 
 ・Ai-AF
 ・Ai-S
 ・Ai-Micro-Nikkor 

など(他にもありますでしょうか?)の種類がありますが、これは何がどう違うのでしょうか。うまく違いが理解できていません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

http://www.nikon-image.com/products/lens/system/

1959年以来のFマウントという基本形状を現代の一眼レフまで変更せず、それでも時代に合わせて機能を追加した結果、様々な種類のレンズが発売されているのがニコンの特徴です。

記載されたものの中には、種類としては分類しない項目もあります。


・AF-I
これは初期のAF望遠レンズで、レンズ側にAFモーターが内蔵されたレンズです。発売されたレンズは少なく、今では超音波モーター内蔵のAF-Sという種類のレンズが主流です。

・AF-N
これは種類ではなく、NewのNで、初期のAFレンズから1世代新しくなったレンズに(New)と記載されていたものがあり、それの略称みたいなものです。

 ・AF-Nikkor
これもレンズの種類ではありません。Nikkor=ニッコールは、ニコンのレンズに使われる名称です。1959年以来発売されているニコンのレンズは、一部を除き、コンパクトカメラも含めニッコールの名称が使われています。AF Nikkorはオートフォーカス対応のニッコールレンズということになります。

 ・AF-S 
前述のAF-Iの実質的に後継に当たります。レンズ側にAF駆動用超音波モーターを内蔵したレンズです。
以前のニコンAFレンズは、カメラボディ側にAF駆動モーターを内蔵し、それを機械的に動力伝達してAFレンズを動かしていましたが、デジタル一眼レフ以降はほぼAF-Sタイプになっています。

・Ai-AF
AFレンズのうち、レンズ側に絞り調整のリングが残されたレンズはAiAFレンズと呼びます。
これは、まだAFがない時代、レンズの絞り設定値を機械的にカメラ側の露出計に伝えるためのガイドが備わったレンズのことをAiレンズと呼びました。
AFレンズになり、レンズにCPUが内蔵されましたが、古いMFボディとの組み合わせでも絞り値が伝達できるようこの機構は残されていました。このため、Aiガイド付きの絞りリングがあり、かつAFに対応したレンズのことをAiAFレンズと呼びます。

最近は絞りリングのないGタイプと呼ばれるレンズが増えてきたため、このタイプのレンズはAiガイドがないため、単純にAF-S Nikkor ○○mm F/○○Gとなどと表記されています。
90年代以前のAFレンズは、例えばAiAF Nikkor ○○mm F/○○Dなどと記載されています。

 ・Ai-S
これはMFレンズに該当します。前述のAiガイドが付いたMFレンズをAiレンズと呼びますが、MFカメラ末期に、自動露出の付いたカメラが出現、プログラムオートやシャッタースピード優先なども付きました。
プログラムオートやシャッタースピード優先では、カメラボディ側が自動でレンズの絞りを調整しなければなりませんが、そのためにレンズ側の開放F値をボディに伝えなければなりません。
AF以降はCPU内蔵でマイコンで情報をやり取りしましたが、それ以前はレンズマウント側にキボミをつけるなどして機械的に伝えていました。
Ai-Sレンズは開放F値を伝えるためのくぼみが設けられました。

 ・Ai-Micro-Nikkor 
これはAiガイド付きのMFレンズで、1/2倍以上の撮影が可能なレンズです。他メーカーでは一般的にマクロレンズと呼ばれるものが、ニコンではマイクロニッコールと称しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさに知りたいことで、完璧です~。
ありがとうございました!

お礼日時:2011/08/23 18:27

判らない時はネット検索です。

 ネットの百科事典 ウィキペディアがお勧めです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

Qニコンのボディにコンタックスのレンズは?

最初にニコンのカメラを買ったので、なんとなく他のカメラを知らずに、ニコン製品で機材を揃えてきましたが、少し物足りなさを感じています。今使っているボディはF100とF80、D70ですが、コンタックスのレンズがきれいとききます、
ニコンのボディにコンタックスのレンズをつけても、大丈夫なのでしょうか?
そういう使い方をしていらっしゃる方がいらしたら、感想を聞かせてほしいです。

Aベストアンサー

 hredさん こんにちは

 私の知る限りニコンFマウントのボディーにヤシカコンタックスマウントのレンズを装着するマウントアダプターは作られてないハズです。

 ここで重要なのは各社のマウントのフランジバックです。フランジバックとは「カメラのレンズ取り付け基準面から焦点(フィルム面)までの距離」です。これでは何の事か解りませんよね。簡単に言うとマウントから受光帯までの距離と考えると良いと思います。受光帯とは銀塩カメラで言えばフィルム、デジカメで言えばセンサーです。このフランジバックはメーカー毎に異なっています。ちなみにニコンFマウントのフランジバックは46.5mm、ヤシカコンタックスマウントのフランジバックは45.5mmです。

 ところでマウントアダプターとはカメラボディーとレンズの間に噛ます物ですから、厚み数mmのマウントアダプターと言えども元々のボディー側のフランジバックを長くしてしまいます。ですから基本的には、レンズ側のフランジバック>ボディ側のフランジバックと言う物同士で無いと∞にピントがこなくなり、マクロ撮影状態になってしまいます。ヤシカコンタックスマウントのレンズとニコンFマウントのレンズとのフランジバックの関係は、レンズ<ボディーですから、もし作ったとしても∞にピントを合わせる事の出来ないマクロ状態になってしまいます。

 ところで無理矢理どうしてもFマウントのボディーにヤシカコンタックスマウントのレンズを装着してマクロでなくて通常撮影をしたい場合、マウントアダプター内に数枚のレンズを入れて調整しなければならなくなります。つまり各社が作っているテレコンバージョンレンズ状態です。そう言う状態で良いのであれば作って作れ無い事は無いです。但し中間に数枚のレンズを入れる事になりますから、高性能なツアイスレンズの性能を損なわないで作れるかというととても疑問な所です。

 上記のような理由により、ニコンFマウントにヤシカコンタックスマウントのレンズを装着するマウントアダプターが作られてないんだと思います。

 もしヤシカコンタックスマウントのレンズをどうしても使いたいならヤシカコンタックスマウントのボディーを買われた方が良いでしょう。コンタックスブランドのボディは結構な値段すると思いますが、ヤシカブランドのFRシリーズやFX-3シリーズだったらヤシカMLレンズ付きで2万円位で中古で買えると思います。そう言うカメラを買われたらと思います。

 hredさん こんにちは

 私の知る限りニコンFマウントのボディーにヤシカコンタックスマウントのレンズを装着するマウントアダプターは作られてないハズです。

 ここで重要なのは各社のマウントのフランジバックです。フランジバックとは「カメラのレンズ取り付け基準面から焦点(フィルム面)までの距離」です。これでは何の事か解りませんよね。簡単に言うとマウントから受光帯までの距離と考えると良いと思います。受光帯とは銀塩カメラで言えばフィルム、デジカメで言えばセンサーです。このフランジ...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Qニコンのレンズの種類についてです

こんにちは
ニコンのカメラで、フィルムカメラはFM2、デジカメはD50を使っています。
今回、フィルムとデジタルの両方で使える24mmの単焦点レンズを中古で購入する事を考えています。
お店に行ったりネットショップなどで見てますと、AFでも"D"とか"S"や、特別名称に何も無いオートニッコール24mmF2.8など3種類ほど?ありました。
このレンズたちは同じAFでも何がどう違うのでしょうか?

よろしかったらお教えいただければと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

趣味でニコンを使う者です。

細かく説明すると質問の意図から外れてしまうので、かなり省略します。

まず、NIKKOR Auto 24mm F2.8 は、かなり古いレンズですね。三十年以上前のものかもしれません。

原始的なカメラを想像して下さい。絞りは、レンズの絞り冠を回すと動き、シャッターもダイヤルを回すと機械的に決まるものです。
これだと、ファインダー像は、絞りを動かした状態で見ることになるので、絞り込むと暗い像になってしまいます。

一眼レフとしては、ファインダーを覗いている間は明るい像で、シャッターを切った時だけ絞り込んでくれたら便利です。

そこで、ニコンは一眼レフを初めて開発した時に、ボディ側から絞りを動かすレバーを儲けました。
これで、絞りが自動で動きます。

現代のレンズでもマウント部にレバーが出てますね。
これを動かすと、絞りが開閉します。(あんまりさわらないでね)

この絞り作動機構を付けたレンズが「Auto」の名前です。

Autoの頃のレンズは、絞り冠を回した角度をボディに伝えるために、ボディ側のピンと、レンズ側の爪を引っかけて、機械が連動するようになっていました。

これを「カニの爪」などと呼びます。


次に登場したのが「Ai NIKKOR」です。
これは、カニの爪では自動露出が不便なため、絞り冠の形状を変更し、開放F値なども正確にボディに伝えるようになりました。

その後、細かい修正が加えられ、「Ai Nikkor 50mm F1.4S」などのように末尾に「S」が付くようになります。

現行のマニュアルレンズも、この「Ai S」タイプです。

そしてオートフォーカスになり、「Ai AF Nikkor 50mm F1.4S」という「Ai S」タイプであり「AF」であるというレンズになります。
この時点で、レンズ内にCPUを持ち、電子制御が中心になりました。
機械構造は、過去との互換性維持のためです。

その後、オートフォーカスと露出を総合的に制御するために、レンズから距離情報を得るようになります。

これが「D」タイプレンズです。「Ai AF Nikkor 50mm F1.4D」というように末尾が「D」です。

また、AFにも種類があります。
ニコンは最初、ボディ内モータでレンズを駆動しました。モータに大きく強いものが使えることと、レンズが大きくならないためです。

しかし、望遠レンズなどレンズによっては、レンズ内にモータを付けた方が構造が簡単で、高速なAFが実現します。

そこでレンズ内モータにした物が「AF-I」「AF-S」です。
両者の違いはモータの形式の違いで、「AF-I」がサーボモータ、「AF-S」が超音波モータです。
「Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D (IF)」などです。
(EDが特殊低分散ガラス、IFがインターナルフォーカスです)

AF-I発売当時はまだ超音波モータが非常に高価で、発達中でした。
現在ではAF-Sばかりになりました。

そして現在、機械式露出制御は廃止して、絞り冠が無くなりました。
これが「G」タイプレンズです。

Gタイプは過去のボディとは互換性が無くなりました。
そのかわり、新しく買う人にとっては、不要な機構が無い分、低価格です。

で、結論ですが。
フィルムのフルサイズでも、デジタルでも使える24mmは
「Ai AF Nikkor 24mm F2.8D」です。

実はこのレンズ、基本設計はマニュアルフォーカスのAi Sタイプと同じです。細かい改良や、コーティングの変更は何回かあるようです。

なので、新品を買っても、中古屋で古いマニュアルタイプを買っても、同じ感じで写ります。

D50でオートで使った時の、機能に違いが出ますね。

趣味でニコンを使う者です。

細かく説明すると質問の意図から外れてしまうので、かなり省略します。

まず、NIKKOR Auto 24mm F2.8 は、かなり古いレンズですね。三十年以上前のものかもしれません。

原始的なカメラを想像して下さい。絞りは、レンズの絞り冠を回すと動き、シャッターもダイヤルを回すと機械的に決まるものです。
これだと、ファインダー像は、絞りを動かした状態で見ることになるので、絞り込むと暗い像になってしまいます。

一眼レフとしては、ファインダーを覗いている間は明るい...続きを読む


人気Q&Aランキング