プロが教えるわが家の防犯対策術!

Nautilus801を中古で購入し、現在オンキョーA-1VL+C-1VLで鳴らしています。
とてもはっきりくっきりと鳴っていて、どこが不足と言うわけではないですが、何か面白味に欠けます。アキュフェーズなんかどうかな、なんて思いますが音のバランスが合うか判りません。ラックスマン505fは低音が出過ぎでダメでした。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

またまた iBook-2001 です♪



PM-11S1というキーワード、、、現行販売製品じゃないのね、、、

探したら発売当時のちょっと面白いHPが見つかったぞぉ。
http://www.ippinkan.com/DCD_SA1_SA_11S1_test_rep …


おそらく、想像通り、マランツの高級オーディオ製品のリファレンスはB&Wでしょう。
全くの憶測、想像の範囲ですが、PM-11S1の開発にもB&Wが使われ、以前のマラントーンと言われたサウンドから変換期の製品と想像いたします。
チョット前のPM14とかPM17がマイナーチェンジした頃から音質傾向が変わり始めたように感じましたので、(PM17Dをその情報から購入し、私の写真スピーカーはそのアンプで今でも鳴らしてるサブセットです)

現行製品のS2が良いのでは?と思うのは私だけかな??
PM-13S2とかも良いかと、、

おそらく、一般販売してた製品でいきなり大きくサウンド傾向を変えるのは昔からのファンン等への配慮も有り、モデルチェンジの度に徐々に変化させてる部分も有るかと想像します。

そんな状況下で、レコーディングスタジオ用パワーアンプ2機種が一度販売され、好評だったにも関わらず初期生産ロット台数を売り切って後継機もなく販売終了。
実は好評だったけどプロ機なので販売がゆっくりで何年も掛かる間に、日本マランツ社からスピンアウトして独立したプロオーディオ部門の一部技術集団、これがソウルノートだったはずです。

その意味ではB&Wのスピーカーを、プロ感覚でドライブして音楽性をソースのまま引き出そうという方向が強いソウルノート、音楽ファンが家庭内で心地よいと感じられるサウンドを追求してる日本マランツ(今は、マランツというブランド名で、会社組織は変わってしまいましたね。)

まぁ、大元はアメリカのマランツで、日本支社だけが存続したので「日本マランツ」と言いました。
ビクターと同じ様なものですね。

中古市場からPM-11S1を狙うのも、一つの方法かと思います。
状態の良い物に巡り会えれば、費用対効果はかなり良いでしょう。ハズレを掴むリスクは有りますが、がんばってみてください♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

S1なのは単に中古市場での値段の違いからでして。まあ失敗に終わっても許せる範囲かなと。
まあいろいろと検討してみます。これもまたオーディオの楽しみの一つだと思いますので。
しかしどうしてMARANTZやDENON、LUXMAN、ACCUPHASEといった大手メーカーはデジタルアンプに本腰を入れないんでしょうかねえ。やっぱり何か技術上か営業上かの理由があるんでしょうね。
また質問になってしまいました。これはまた新たに他で質問してみたいと思います。
回答これからアンプを探す上で大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/27 08:55

再び iBook-2001 です♪



お礼をいただきまして、ありがとうございます。
さて、お礼に有りました、
「アキュではE-560クラスまで行かないと無理でしょうか。」
ですが、前回書かせていただいた、
「サウンドに味付けするなら、アンプはかなり大幅な投資と成るはず」
と言う意味ではそのように思います。

味付けの部分は個人の好みが大きなウエイトを占めますので、A級アンプが良いかは、人それぞれでしょう。
(残念ながら、アキュのA級アンプをじっくり聞き込んだ事が無いので、私個人の感想は書き込みませんね。)

回答#3のyuka2002様御推薦のソウルノート、一時期活動が止まったような情報も有ったので、心配していましたが、まだがんばっているのでしたら、組み合わせとしては一つの正攻法とも言えるので、可能なら是非とも一度試聴されるのが良いと思います。

B&W Nautilus801のバックボーンは前回書かせていただきました。
ソウルノートも、ほぼ同時進行でアンプ開発を継承している部分が多いので、組み合わせとしてはかなりの可能性が有るでしょう。

ソウルノートは元々日本マランツのプロオーディオ部門だった人材がスピンアウトした会社です。
日本マランツのプロオーディオ部門と言えばオランダのフィリップス社と繋がっており、実際にフィリップス社の製品を多数開発製造しています。
そして、B&Wの製品がヨーロッパの有名レコーディングスタジオに採用されるきっかけがフィリップス社のソフト部門とも言われています。
ほぉ~らぁ、一周して丸く繋がりますねぇ~(^o^♪♪

ちなみに、アキュもスピンアウト組で、元はトリオ(現:ケンウッド)から大衆向けでは無く、高級機だけ作ろうと独立ですよ。トリオの時代から海外ブランドはケンウッドで、独立当初のアキュはケンソニックと言う社名でブランド名をアキュフェーズ、現社名です。

プロ用アンプと言っても多種多様で、リーズナブルでコンパクトな製品も有ります。
一例ですが、AMCRON ( アムクロン ) / D-75A
*ttp://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=123^D75A^^

プロ機の場合は音質的な個性よりも、正確なサウンドと、利用条件内で壊れにくい丈夫さ、などが優先ですので、あまりオススメでは有りませんけれど、こういう世界も有ると言う部分を覗き見してみて置くのも良いと思いますよ。

御質問のタイトル通りに、
「B&W Nautilus801に合うアンプ」
となると、音はもちろん、価格も見た目デザインも考慮しますから、どうしても有名ブランドの高額製品に目先が行きがちです。
実際には、音質を無視すれば、ラジカセのイヤホン端子に接続しても音が出て、ラジカセユーザーには驚く程雄大なサウンドを体感出来るでしょう。(でも、もったいないなぁ~。苦笑)

いろいろな候補とそれぞれの簡単な特徴くらいは得られるでしょうけれど、最終的にはご質問者様が自分で聴いてみて好みかどうかで判断する事と成るでしょう。

がんばってください♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくお答えいただきありがとうございます。
AMCRON ( アムクロン ) / D-75Aですか。確かにネットで見たことはあります。ネット上で色々調べてみると、プロ用の機器も何となく魅力的に見えますね。
あとマランツの話が出たついでに、PM-11S1なんかどうなんでしょうか。マランツはB&Wの販売代理店もやっていますし、アンプの音決めなんかにB&Wのスピーカーを使ってたりしませんか?そうだとすればベストマッチと言う事になりそうですが。

お礼日時:2011/09/26 15:49

soulnote3.0で試聴してみてはどうでしょうか?(貸し出し可能)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

Soulnote魅力的なメーカーですよね。視聴出来るなんて知りませんでした。
百聞は一聴に如かず。聞いてみたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/09/21 13:20

はじめまして♪



B&W Nautilus801とは、また超ド級の高性能スピーカーですねぇ。

下手な高級プリメインアンプとの組み合わせで悩むよりは、現在の組み合わせは価格差を無視すればわりとイケル方向の一つと考えられそうです。

このスピーカーが開発された背景には、SACDやDVD-Audioなどの次世代CDが開発されていた頃にレコーディングスタジオで実用に成る物を作ろうと言う部分が有ります。

ドライブアンプとしては高度なレコーディングスタジオで活用されているプロ用のパワーアンプを前提に、アンプもスピーカーも毎年のように高額経費をかけてメーカーメンテナンスを前提としたプロの世界感ですね。

一般市場投入には多少リファインしていますが、基本的な性格は維持していますので、普通のオーデォオマニアでも考えられない程のパワーアンプの底力が要求され、低域のコントロールで悩んだ果てに手放したマニアも多いと言う噂もあるスピーカーです。

その後、デジタルアンプが登場してみたら、一番の悩み所だった低域駆動の底力があっさりクリアされ、ほんとに拍子抜けです。(デジタルアンプでも、一定以上の本格的な物だけですが、、)

ただ、元がレコーディングスタジオ用のモニターで、個性的な魅力を排除した方向のサウンドなので、個性が少ないデジタルアンプとの組み合わせでは、より個性を殺して、冷淡なまでの冷静な音だけど正確性を出す方向に成りがちです。

おそらく、アキュ製品でもかなり上位機のパワーアンプでしたらメリットが多く成ると思いますが、20~30万クラスではメリットよりもデメリットが気になるかと思われます。

この価格帯では、プロ用アンプとしてアキュもYAMAHAもマランツも利用可能で、それぞれにメリットは得られると思いますが、なにぶん接続環境が違い過ぎて、他の機器もプロ機器に全部入れ替えとなれば本末転倒でしょうね。

サウンドに味付けするなら、アンプはかなり大幅な投資と成るはずですので、プレーヤーやDAC、ケーブル類で変化を楽しむと言う方法も良いと思います。(このスピーカーになら、ケーブル類だけでも5万、10万と言う投資も有りでしょう。)

とにかく、ドライブアンプや設置環境がとても難しいスピーカーと一般的に言われているようですので、焦らずにじっくりとあれこれ試しながら好みの音に鳴るようにがんばってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変興味深い専門的なお話で面白かったです。
確かにA-1VL+C-1VLでは一聴すると低域が薄い様に感じられますが、実はシッカリと芯のある音が出ていて、これぞデジタルアンプの本領発揮かと感心しました。
これをアナログアンプで出そうとするとかなりの高級品でないと出ないものなんでしょうか。しかしスペースと予算の関係上、プリとパワーを分けるのではなく出来れば一体型で行きたいと思いますが、アキュではE-560クラスまで行かないと無理でしょうか。

お礼日時:2011/09/21 09:56

えー!?



Nautilus801にオンキョーA-1VL+C-1VLですかぁ??
一瞬、我が眼を疑いました・笑

あまりにもアンバランスです。
素晴らしいスピーカー本来の性能が全然活かされていませんよ。

実は行きつけの某高級オーディオショップの視聴室に愛聴盤CD(クラシック、ジャズボーカル)を持参し、アンプをいろいろと繋ぎ替えて聴いた経験アリです。視聴させてもらった時間はゆうに丸一日!

SPはB&W Nautilus801。AMPは、ラックスマン、DENON、アキュフェーズ、マランツ、トライオード、マッキントッシュ。いずれもプリメインで30~60万クラス。

結論から言うと、DENON、アキュフェーズ、マランツ、トライオード、マッキントッシュはNG。

DENON、アキュフェーズは物理特性臭さというか電気臭さ?が鼻につきます。つまりは音楽的でないのです。マランツは問題外。トライオードはパワー不足。マッキントッシュはもたつきます。

というわけで、唯一ラックスマン。けれど若干、中域の独特の甘いトーンが耳につきますが・・・

あと、番外編として今は無きサンスイなどはどうでしょう?サンスイはJBLと相性が良いと言われてきましたが(当時輸入代理店をしていた)、実はB&Wとのほうがイケてたんです。引き締まった低音や澄んで伸びきった高音はJBLなんかには勿体無い!?というか、英国製スピーカーを鳴らしてこそ本領発揮なんですね。
Nautilus801でしたら、ハイエンド機種のAU-α907MRや07アニバーサリーなどがベスト。当時の価格は30~45万でしたが、ネットオークションなどで状態の良いものを20万位で買うことが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご体験をお話下さりありがとうございます。
ラックスマン505Fはちょっとかなと言う感じなのですが、509クラスならちゃんと38cmウーファーをドライブしてくれるのでしょうか。ラックスマンの音は嫌いではないです。
それからサンスイはまだ会社としてはあるみたいですけど、オーディオから撤退して大分経ち、メンテナンスの面で心配なので避けたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/21 09:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB&Wのスピーカーと相性のいいアンプは?

かなり古いB&Wのスピーカー(ソリッド)が気に入っていますが、デッキもつなぐため、MD端子がないのアンプは何かと不便。セレクターでチェンジする方法は、機械音痴の家族が「面倒だ」と拒否……。CDMDラジカセをつなぐ方法も、録音レベル等の調整が不自由なようなので選択肢から消えてしまいました。

いろいろ考えた末の結論としては、最も気に入っているB&Wを残して、その他をできるだけ安く買い換える予定。
とりあえず、アンプとCDが必要なのですが以下質問させてください。

B&Wと相性のいいアンプのメーカーは?予算は実売価格で3万円以内です。
(今はナカミチのアンプで8Ωで35W×35Wです)あた、マランツのPM4200辺りが激安で、8Ω30W×30W・ブラックもあるので考えていますが、いかがでしょう? 量販店の店員さんに「 B&Wとマランツでは硬質な音同士で合わない」と言われましたが、いかんせん試聴ができず確かめられません。
SONYのTA-FE570やスペースをとらないハイコンポ単体、例えばオンキョーのインテック275も視野に入れています。
皆さん、アドバイスよろしくお願いします。

かなり古いB&Wのスピーカー(ソリッド)が気に入っていますが、デッキもつなぐため、MD端子がないのアンプは何かと不便。セレクターでチェンジする方法は、機械音痴の家族が「面倒だ」と拒否……。CDMDラジカセをつなぐ方法も、録音レベル等の調整が不自由なようなので選択肢から消えてしまいました。

いろいろ考えた末の結論としては、最も気に入っているB&Wを残して、その他をできるだけ安く買い換える予定。
とりあえず、アンプとCDが必要なのですが以下質問させてください。

B&Wと相性のいいアンプのメー...続きを読む

Aベストアンサー

私の正直な意見を述べると
3万円クラスのアンプでは、相性を気にする程の
音質差は出ないと思います。
さすがに10万円を超えると、相性の良し悪しまで
再生する実力が出てきますが・・・

>B&Wとマランツでは硬質な音同士で合わない
PM4200の音が分からないので確かなことは言えませんが
基本的には「B&Wとマランツの音が硬質」というのは
間違いです。

B&Wの音質は超ハイファイ、超リニアですが
音色は暖色で柔軟です。
B&Wはもともとフィリップス系のモニタースピーカー
つまり、ヨーロッパのクラシック系スタジオの
代表的なモニタースピーカーです。
一方、マランツはもともとフィリップス系の
日本の高級オーディオメーカーです。
よって両者はともにハイファイ高性能でありながら
それをこれみよがしにすることなく
ヨーロッパ系のアダルトで優しく洗練された音を
もっています。

ただ日本のメーカーの悪い所は
高級品と安物とでは音を変えてくる傾向が強く
安物は音を派手に、いわゆる高音と低音を強調する
ドンシャリ型の音にする傾向があります。
(以前に較べればドンシャリ型は減ったらしいですが。)
そういう意味ではヨーロッパ製品の方が
音の相性という意味ではいい筈です。
アメリカ東海岸系のメーカーも相性は悪くないと思います。
それらの中古を探す、という手もあります。
でも、3万円ぐらいなら
デザインで選んでもイイんじゃないかと思います。

私の正直な意見を述べると
3万円クラスのアンプでは、相性を気にする程の
音質差は出ないと思います。
さすがに10万円を超えると、相性の良し悪しまで
再生する実力が出てきますが・・・

>B&Wとマランツでは硬質な音同士で合わない
PM4200の音が分からないので確かなことは言えませんが
基本的には「B&Wとマランツの音が硬質」というのは
間違いです。

B&Wの音質は超ハイファイ、超リニアですが
音色は暖色で柔軟です。
B&Wはもともとフィリップス系のモニタースピーカー
つまり、ヨーロッパの...続きを読む

QB&Wスピーカーに合わせるアンプ

今度、B&Wのスピーカー「703」を購入します。それをきっかけに次にアンプを選定しようかと思っています。そこで、どのメーカーがお勧めかや、その特徴などを教えて下さい。(オーディオ初心者に近いのでプリメインアンプを考えています。)ちなみに、「703」の試聴の限りでは高音部は申し分ないので、中低音がもっとくっきりしてればいいなという印象をもちました。
また、そのような情報が得られるサイトなどがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は。  forest01さん。

 やはりこの手も質問には『予算の提示』が必要ですよ。 プリメインアンプでも 2万円台で購入できるモデルから 数百万もするモデルがあるのも事実ですから・・・ 

 常識的な範囲で考えられない事もないのですが・・・  常識が無いのが この「オーディオの世界」 怖い!怖い! ・・・?   

 では本題に・・  お薦めは 一般論として(私が店員で お薦めのアンプは? と訊ねられれば・・) 40万円以上の 国産アンプとしては最高級クラスになるでしょうね。  これは 後々後悔させたくない為の選択でもあります。 (アンプの価格を考えて・・) 

 forestさんは 「初心者」との明記があるのですが 本当なのでしょうか?  いきなり ペア35万円もするスピーカーを購入しようとする「初心者」は あまり見かけません。  703がよっぽど気に入られたのでしょうか?   やはり その「お気に入り」のスピーカーを 「イイ感じ」に鳴らすには それなりの苦労と努力 そして「お金」が必要です。  頑張って・・!


 具体的な提案として・・

 DENON PMA-S10/3L(¥280.000) 価格的にはリーズナブルですが C/Pは大変に優れたモデルです。 量感のある低域再現を得意としているモデルですので(クォリティーは非常に高いが・・) 「中低音がもっとくっきりしてればいいなという・・」 と言われている forestさんの好みとは ちょいと違うかもしれませんが 一聴の価値は十二分にありますヨ。 

 marantz  PM-17SA Ver.2(¥120.000) + SM-17SA Ver.2 ×2 (¥200.000)  B&Wを鳴らす為の「純正組合せ」の様な マランツでの駆動ですが・・  最終的に上のような組合せを実現できるといいですね。 PM-17SA Ver.2の単体使用から始めて グレードアップしていくという「楽しみ」にも繋がります。 音質的には DENONの様な「熱い音」ではありませんが 比較的スッキリとした 空間を大事にした様な 感じの音が楽しめるでしょう。 


 アンプは星の数ほどありますから 組合せは無限です。 スピーカーは「アンプが無ければ」ただの『箱』です。 ここを「ケチる」と 後々後悔が出てきます。  かといって 金銭的にも厳しいものがあるわけで・・・  辛いですネ。  ここでは 「後々の事」を考慮に入れ 10万円前後のものから 経験を積んで グレードアップをされた方が良いかもしれませんね。 §^。^§ ・・・


 

今晩は。  forest01さん。

 やはりこの手も質問には『予算の提示』が必要ですよ。 プリメインアンプでも 2万円台で購入できるモデルから 数百万もするモデルがあるのも事実ですから・・・ 

 常識的な範囲で考えられない事もないのですが・・・  常識が無いのが この「オーディオの世界」 怖い!怖い! ・・・?   

 では本題に・・  お薦めは 一般論として(私が店員で お薦めのアンプは? と訊ねられれば・・) 40万円以上の 国産アンプとしては最高級クラスになる...続きを読む

Qアキュフェーズ Accuphase アンプとB&W DALI

よろしくお願いします。
今現在アキュフェーズのアンプとCDプレイヤーで DALIのルビコン2を使用しています。
DALIの暖かみのある音に満足しておりましたが、オーディオショップの店員さんと話しをしていると DALIのスピーカーはキャラが強く アキュとの組み合わせがもったいないといわれました。
アキュの音が出ずDALIの個性だけになると言われ
店員さんは、B&Wのスピーカー CM6 S2がいいのではないかと言われました。
CM6 S2に興味があったのですが、視聴出来ず帰ってきました。805D3は視聴出来ましたが、大変綺麗な音 音場の広がり最高でした。 ただアキュのアンプでの再生ではなかったです。
アキュのアンプで CM6 S2を聞かれた 使用されている方 感想を教えてもらえないでしょうか?
後アキュでDALIを鳴らすのはもったいないでしょうか?
ご意見よろしくお願いします。
CM6 S2の評判良かったら 視聴できる所を探そうと思いまして
あと DALI派かB&W派かも教えていただけないでしょうか

Aベストアンサー

前の質問にも回答させていただいたとおり

ルビコン2の個性は強すぎて、アキュの
何も引かない、何も足さないという王道を
うまく引き出すことができません。

アキュアンプ+CM6 S2を聞いたことがありますが
100Hz付近の盛り上がりに違和感があり
50Hz付近の落ち込みは雄大さを欠きます。
高音は綺麗ですが、中高音においては
ザラつき感ギラギラ感があり、ちょい聴きには
いいものの、長時間聴くには疲れます。
やはりアキュの素直さを耳にすることはできません。
それでもほかのスピーカーに比べたら
まだましな方です。

Q最もおいしい、アンプのボリュームの捻り具合

いろいろ調べていたらわからなくなってきたので質問いたします。
高級アンプはどれも高出力なので、一般的に出力に余裕があったほうが音質はよくなると思っていました。
しかしあるHPに、高級アンプ(確か出力1200W)を能率のよいフルレンジスピーカーと組み合わせたら、ひどい有様だったとありました。
そのアンプのオーナーは低能率のスピーカーで鳴らしているが、高能率スピーカーと組み合わせるとボリュームの捻り具合が少なすぎるためという見解でした。
アンプのボリュームの捻り具合によって品質が違うようですが、一般的な理論としてどうなのか教えていただけたらと思います。
そしてできれば、トランジスタアンプと真空管アンプ両方で解説お願いいたします。

Aベストアンサー

まず、誤解があるといけないのですが...

高級アンプほど大出力になる傾向は確かにありますが、そうとも限りません。数10WクラスのA級アンプや真空管アンプ、トランジスタアンプでも100W程度の高級アンプは多数存在します。

また、大出力というのは、よりたくさんの電流を供給する能力がある、という意味であって、即大音量というわけではありません。アンプの音量は増幅率で決まります。(もちろん、増幅率を大きくするためには大電流に耐えられる増幅回路が必要ですが。)

また、ボリュームと一言にいってもさまざまな方式があります。最も単純なのは、入力部分で電圧を下げ、その後の回路は増幅のみ行うタイプです。複雑なものだと、たとえば増幅率を変えてしまうことも可能です。

入力電圧を下げる方法だと、ボリューム(可変抵抗器)の品質が直接音質に影響します。可変抵抗器の端の部分(最小位置、最大位置に近い部分)は精度が良くなく、増幅率の大きなアンプでは音量を絞るためにその精度の悪い部分を使わざるを得ません。何より、入力電圧を下げるということは、相対的に雑音が増えることを意味します(S/N比でいうと、Sだけだ小さくなる。)から、その意味でも不利です。加えて、抵抗値が変わるということは、入力側から見ても、アンプ側から見てもインピーダンスが変化するということですから、ボリューム位置によってわずかながらも音質が変化する可能性があります。

増幅率をコントロールする方法であれば、この弱点は克服できますが、回路が複雑になり、また可変抵抗器の精度が問題となる点自体に変わりはありません。

要するに、可変抵抗器を使って音量をコントロールしようとする場合、特に入力レベルを下げようとする場合は、品質の優れた可変抵抗器を使い、増幅率などの点も含め、できるだけ可変抵抗器の中点付近(時計でいうと12時付近)で音量を調整できるように使うことが良いわけです。
とはいえ、ユーザー個々人がどの程度の音量で聴くかは分からないため、メーカー製でこのような設計になっているものは多くはないでしょう。

一方で、小音量でも比較的害の少ないボリュームもあります。具体的には、デジタル方式で増幅率を操作する、いわゆるデジタルボリュームです。デジタルというとにべもなく拒絶反応を示す人もいますが、増幅率の調整がデジタルなだけで、音声信号はアナログのまま流れています。

もう1つは、これは古くから行われている方法ですが、入力レベルを下げる場合に、可変抵抗器の前後にバッファアンプを置き、インピーダンスを安定化させ、かつS/N比を改善しようとするものがあります。

さらに、可変抵抗器自体の精度を問題にして、ロータリースイッチで固定抵抗を切り替える方法をとるものもあります。ただし、部品点数が多くなり、物理的サイズも大きくなるため、かなり大掛かりな装置になります。

まず、誤解があるといけないのですが...

高級アンプほど大出力になる傾向は確かにありますが、そうとも限りません。数10WクラスのA級アンプや真空管アンプ、トランジスタアンプでも100W程度の高級アンプは多数存在します。

また、大出力というのは、よりたくさんの電流を供給する能力がある、という意味であって、即大音量というわけではありません。アンプの音量は増幅率で決まります。(もちろん、増幅率を大きくするためには大電流に耐えられる増幅回路が必要ですが。)

また、ボリュームと一言にいっ...続きを読む

Qアキュフェーズの嫌いな方理由を聞かせてください

アキュフェーズは好きな人と嫌い人とがはっきり別れているようですが
嫌いな人にお尋ねしたいのですが、どこがいやなのでしょうか。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていますが、魅力を感じるアンプは今まで1台もありませんでした。
金額的にはりっぱなんですが・・・。

その理由としては、どのアンプも特徴がない・・・個性がない
前回答者と同じですが、音感に無機質な1つ1つの音をそのまま出力している。感じがする事です。
音の好き嫌いは全ての人、一人々多少は違う訳ですから一概には云えませんが。

私はマランツ(#機)の音質が好きで・・・只30年以上前の製品ですから現在のデジタルアンプのように前に突き出るような音は望めませんが・・・#機のシリーズごとに各々特有の音質・音感を持っていて、そこに好感をもてます。
それに引き替え、ACC社のアンプ類は初期の機器を除き、安価機?から超高額機までどれも無機質な(デジタル的な)音質に終始しているように感じます。
それがACC社の音に対するポリシーだとしたら、私には受け入れられないと云う事だと思っています。

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていま...続きを読む

Q真逆なスピーカを所有する

現在、JBL4429にほれ込んで毎週のように試聴に行っています。

みなさんのアドバイスもいただき感謝しています。

JBLといえば押しの強い前に押し出す音です。

個人的には真逆なタイプのスピーカを所有して、気分により使い分けることも考えています。

もちろん投資は必要ですぐにはできませんが。

プリメインアンプはラックスマンの505uです。

そこで質問です。

JBL4429でカバーしきれない音質を持ったスピーカブランドってどこになるんでしょうか。
(クリアーで透き通った音)

やっぱり、B&Wやダリ、タンノイあたりでしょうか。

教えてください。

試聴するにも種類が多すぎて絞り込めないんです。

Aベストアンサー

はじめまして♪

昔は、ジャズにはJBL、クラシックにはタンノイと言われた時代が有ったそうですねぇ。

個人プレイの個性を強調する、アメリカンサウンドと、大勢の演奏者による奥行き感でそのような評価だったのかなぁ?

ジャズでもクラシックでも、ソロ、単独演奏、単楽器にのめり込みますと、一般論として真逆なサウンド傾向の機器も案外好ましく再生する物ですね。

私が音が出る機械に興味を持った小学2~3年生の頃に、近所の歯科医(父の友人)は。同じ曲をいろんな条件で聴いてみろ、聞いてみた感想を聴いてみたかったみたいです。

御質問者がどのような環境(正反対?)を構築してみたいのかは存じませんが、大編成の曲はやはり全盛期のセオリー道理の面が有るようです。

しかし、ソロ楽器とかボーカルに注目した場合。違う個性のシステム、特にスピーカー等で聴き比べするのも面白い物ですね。


個人的にはスピーカーの個性が違う音って楽しいので、スピカー工作も趣味の一つですよぉ(苦笑)

1970年代以前の個性的なサウンドも、面白いのですが、現代的サウンドは、個性的な魅力も弱点も少なくなりがちで、中枢と言いますかニュートラルなサウンド傾向に成ってます。

「より個性的jな」サウンドなら、オーディオ機器が全盛だった時期のスピーカーを体験されるのも面白いとお思いますよぉ~。

多種多様な曲が有るように、オーディオも個人の趣味で多種多様ですね。
いろんな体験をして経験値をアップして行きましょう。 

がんばれ~♪

はじめまして♪

昔は、ジャズにはJBL、クラシックにはタンノイと言われた時代が有ったそうですねぇ。

個人プレイの個性を強調する、アメリカンサウンドと、大勢の演奏者による奥行き感でそのような評価だったのかなぁ?

ジャズでもクラシックでも、ソロ、単独演奏、単楽器にのめり込みますと、一般論として真逆なサウンド傾向の機器も案外好ましく再生する物ですね。

私が音が出る機械に興味を持った小学2~3年生の頃に、近所の歯科医(父の友人)は。同じ曲をいろんな条件で聴いてみろ、聞いてみた感想を聴...続きを読む


人気Q&Aランキング