忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

イギリスでは先日、キャメロン首相が
・王位継承法を現行の男子優先から男女平等の長子優先に改正
・王位に就く者とカトリック教徒との結婚禁止規定改正
上記の内容に着手したそうですが、イギリスの世論はこれらに対してどう思っているのですか?
しかもキャメロン首相って保守党党首ですよね?

イギリスの保守層から、「男子優先の伝統を守れ!」「偉大なる英王室がカトリックに乗っ取られる!」
「キャメロンよ、それでも保守政治家か!」 など言われているのですか?

まぁ日本の皇室と英王室は違いもありますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 NHKwebニューズによると、英国民の7割が長子継承に賛成しているそうです。



 また、2005年総選挙では、保守党がカソリック王位継承禁止の再検討を公約しました。選挙で負けたので実現しませんでしたが。

 ヨーロッパの王室のほとんどが長子継承です。また、イギリス史上、もっとも長寿で功績のあった3人の国王、2人のエリザベスとヴィクトリアが揃って女王であったことも見逃せません。逆に、チャールズ皇太子は不人気だからね。

 もともと王室ファンは労働党支持者に多く、保守党はどちらかというと無関心ではないでしょうか。
 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111013/t100132 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
>もともと王室ファンは労働党支持者に多く、保守党はどちらかというと無関心ではないでしょうか。
そうなんですか。
日本の場合、アンチ天皇は左翼に多いため(左翼で天皇ファンもいるし、右翼で天皇にそれほど関心のない人もいますが)結構意外でした。

>イギリス史上、もっとも長寿で功績のあった3人の国王、2人のエリザベスとヴィクトリアが揃って女王であったことも見逃せません。逆に、チャールズ皇太子は不人気だからね。
なるほどですね。

私が想像していたような「長子継承はフェミの陰謀だ!、カトリックと結婚OKにするのはアイルランドの陰謀だ!、キャメロンは保守のくせに何言ってるんだ!」というネット右翼的な?意見は案外少ないようですね。

お礼日時:2011/10/16 00:05

ラエル:「真の革命は、あらゆる形の政府を破壊することです。



「ある人々は権力やお金を持ち、そしてもっと欲しいと思っています。彼らは他の全ての人々を奴隷
にしたいのです。:働かせ、税金を払わせ、従わせて、自由を少しも持てないようにしたいのです。
それが彼らの望んでいることです。しかし、彼ら自身は自由とお金と権力を欲しているのです。彼ら
は不正行為によって欲しいもの全てを得たいのです。そしてこれがあらゆる所での現実なのです。そ
のため、行うべき真の革命は、ただ政府を変えるのではなく、あらゆる形の政府を破壊する革命なの
です。」
将来、人類は政府を全く必要としなくなるとラエルは強調します。
「私たちに権力は必要ありません。なぜなら権力は自由を破壊し、暴力を生み、貧困を生み、飢餓を
作り出すからです。」
「将来、とても近いうちに、皆が自分のお金を公共広場に持って来て、それを燃やすでしょう。もし皆が他の全ての人々の利益のために働いて、助け合ったら、お金は必要ありません。社会の未来は、お金無しで仕事をして助け合うことです。
というのもお金は政府によってあなたに与えられた、単なる毒にすぎないからです。」

・・・

〔 イギリスは世界に先駆けて産業革命を達成し、19世紀始めのナポレオン戦争後は七つの海の覇権を握って世界中に進出し、カナダからオーストラリア、インドや香港に広がる広大な植民地を経営し、奴隷貿易が代表するような交易を繰り広げイギリス帝国を建設した。しかしイギリスの世界覇権は第一次世界大戦までで、二度の大戦を経てその後はアメリカが強大国として台頭する。

首都ロンドンはニューヨーク・香港と並ぶ世界三大金融センターである。ロンドンのシティには、世界屈指の証券取引所であるロンドン証券取引所がある。イギリスの外国為替の1日平均取引金額は1兆8536億ドル(約160兆円)と、アメリカの2倍以上、日本の5倍以上の規模があり、世界一である。

英語は普段話されている人口はあまり多くはないが、公用語としては最も多くの国で話されている(約80カ国)ため国際的には最重要言語となっている。ちなみに、国連の公用語は、英語、ロシア語、中国語、フランス語、アラビア語、スペイン語の6つ。

銀行の起源
イギリスの場合、1650年代には個人銀行の業務がロンドンの商人たちにすでに受け入れられており、満期為替手形の決済に関連した貨幣取り扱い業務の記録が見られるという。彼らの主要な決済手段は金(ゴールド)であった。貨幣経済の興隆に伴い商業取引が増大し、多額の金を抱える者が出てきた。金を手元に抱え込むリスクを懸念した金所有者は、ロンドンでも一番頑丈な金庫を持つとされた金細工商(=ゴールドスミス en:Goldsmith)に金を預けることにした。ゴールドスミスは金を預かる際に、預り証を金所有者に渡した(「金匠手形」)。
しばらくして、ゴールドスミスは自分に預けられている金が常に一定量を下回らないことに気付いた。これは、支払いに用いられた金を、受け取った業者がすぐに預けに来ることが原因であった。また、中にはキリのいい単位で金を預け、その預り証をそのまま取引に用いる金所有者も現れた。 ~  - Wikipedia〕

マグナ・カルタ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0% …
権利の章典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%88%A9% …

 イギリスの 良識 が再考されるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/15 23:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング