ネットが遅くてイライラしてない!?

以下を参考にタスクトレイにアイコンを追加するようにしました。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/uk413/vc/VCT_T …

しかしながら、プログラムを終了させてもタスクトレイにアイコンが残っており、マウスポインタをアイコンに近づけるとようやくアイコンが消えます。

一般的なアプリのようにプログラム終了時に即アイコンが消えるようにするにはどうすれば良いのですか?

<環境> WIN98 VC++6.0 MFC 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.呼ばれてない


2.呼ぶタイミングが悪い

では?

呼ばれていないについては、デバッグすればわかるでしょう。
呼ぶタイミングが悪いについては、
CDialog::OnDestroy();
を呼ぶ前にAPIをコールしてみるとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お久しぶりです。
呼ばれていませんでした。

そこで以下のように終了まえに追加することでうまく行きましたが、これで良かったのかな?
::Shell_NotifyIcon( NIM_DELETE, &m_stNotifyIcon );
PostMessage( WM_CLOSE, 0, 0L);

PS
ちなみにtaka_tetsuさんは、ここ以外のQ&Aでも回答されていますか?

お礼日時:2003/11/17 18:45

>そこで以下のように終了まえに追加することでうまく行きましたが、これで良かったのかな?


>::Shell_NotifyIcon( NIM_DELETE, &m_stNotifyIcon );
>PostMessage( WM_CLOSE, 0, 0L);

これでもいいですけど、通常はOnCloseの中で
終了の確認メッセージを出すパターンが多いと思うので、
そんなつくりにした場合、続行したときでも
消えちゃいますよね。

なんで、Postする前よりは、OnCloseの中でしょう。

>ちなみにtaka_tetsuさんは、ここ以外のQ&Aでも回答されていますか?

してないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>なんで、Postする前よりは、OnCloseの中でしょう。
分かりました。

お礼日時:2003/11/19 19:34

サンプル


|::Shell_NotifyIcon( NIM_ADD, &m_stNotifyIcon );

となっているので、終了処理で

::Shell_NotifyIcon(NIM_DELETE, &m_stNotifyIcon)

を行えば良いハズです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。

参考にしたサイトにも
void CChildDlg::OnDestroy()
{
CDialog::OnDestroy();

// TODO: この位置にメッセージ ハンドラ用のコードを追加してください
::Shell_NotifyIcon( NIM_DELETE, &m_stNotifyIcon );

}
と書いて有ったのでそうしましたが、質問と同じ現象が出てアイコンがすぐに消えません。

再度アドバイスをお願いいたします。

お礼日時:2003/11/17 15:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタスクトレイからアイコンを削除したい

VB6.0にて、自作のアプリ「zisaku.exe」から、タスクトレイ常駐型の他アプリケーション「aiueo.exe」を再起動したいと考えています。
しかし、色々調べて試してみたのですが、Shell_NotifyIconに設定する設定値が分からず困っています。教えていただけないでしょうか。
(「aiueo.exe」はウィンドウを持たない)

動作フロー
(1)「aiueo.exe」のプロセスを削除する。(タスクマネージャにて確認。動作OK)
(2)「aiueo.exe」のタスクトレイアイコンを削除する。(設定値が分からない)
(3)「aiueo.exe」を起動する。(起動後は自動でタスクトレイに入る)

開発環境
WindowsXP SP2 VB6.0-SP6

コード

'タスクトレイ関連の構造体と定数
Private Type NOTIFYICONDATA
cbSize As Long
hWnd As Long
uID As Long
uFlags As Long
uCallbackMessage As Long
hIcon As Long
szTip As String * 64
dwState As Long
dwStateMask As Long
End Type

Private Const NIF_ICON = &H2
Private Const NIF_MESSAGE = &H1
Private Const NIF_TIP = &H4

Private Const NIM_ADD = &H0
Private Const NIM_DELETE = &H2
Private Const NIM_MODIFY = &H1

Private Const WM_MOUSEMOVE = &H200
Private Const WM_LBUTTONDBLCLK = &H203
Private Const WM_LBUTTONDOWN = &H201
Private Const WM_LBUTTONUP = &H202
Private Const WM_RBUTTONDBLCLK = &H206
Private Const WM_RBUTTONDOWN = &H204
Private Const WM_RBUTTONUP = &H205


Private Sub aiueoReStart()

Dim intCnt As Integer
Dim lngRet As Long
Dim strBuf As String
Dim strSql As String
Dim lobjProcess As Object
Dim lstrModule As String

Dim NID As NOTIFYICONDATA

lstrModule = "aiueo.exe"

'プロセスを削除する。
strSql = "SELECT * FROM win32_process WHERE name='" & lstrModule & "'"
For Each lobjProcess In GetObject("winmgmts:").ExecQuery(strSql)
If lstrModule = lobjProcess.Name Then
lobjProcess.Terminate
End If
Next

'Shell_NotifyIconを使ってタスクトレイより削除する。
'NIDの設定値が分からない。
'色々試して見たけど巧くいかなかった。
Shell_NotifyIcon NIM_DELETE, NID

lngRet = Shell("C:\Program Files\aiueo.exe", vbNormalNoFocus)
If lngRet = 0 Then
lngRet = MsgBox("起動失敗!", vbCritical)
End If

Exit Sub
End Sub

以上です。
どうかよろしくお願い致します。

(質問するカテゴリを間違えていたため、一時削除しました。申し訳ありません。)

VB6.0にて、自作のアプリ「zisaku.exe」から、タスクトレイ常駐型の他アプリケーション「aiueo.exe」を再起動したいと考えています。
しかし、色々調べて試してみたのですが、Shell_NotifyIconに設定する設定値が分からず困っています。教えていただけないでしょうか。
(「aiueo.exe」はウィンドウを持たない)

動作フロー
(1)「aiueo.exe」のプロセスを削除する。(タスクマネージャにて確認。動作OK)
(2)「aiueo.exe」のタスクトレイアイコンを削除する。(設定値が分からない)
(3)「aiueo.exe」を起動する。(起動...続きを読む

Aベストアンサー

タスクトレイって、実体はただのツールバーで、アイコンを登録したウィンドウにメッセージを送っているだけなので、おそらく非表示になっているだけで、aiueo.exe にはウィンドウがあると思います。

Microsoft の Spy++ がインストールされているなら、Spy++ で調べてみるとよいと思います。
Spy++ がなければ、
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yamashita/product/debug/ww.htm
なんかがよさそうです。

ウィンドウクラス名がわかれば、API の FindWindow 関数、もしくは FindWindowEx 関数を使用して、ウィンドウハンドルが取得できます。
で、取得したウィンドウハンドルに SendMessage 関数で WM_DESTROY を送ってやれば、普通のアプリケーションなら、タスクトレイからアイコンを削除して終了すると思います。

もし何か異常な状態になっていて、WM_DESTROY ではアイコンが削除されないのであれば、
Shell_NotifyIcon で削除しなければならないと思いますが、

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb773352(v=vs.85).aspx

に記載されているように、NOTIFYICONDATA の hWnd と uID の組み合わせ、もしくは、guidItem によって識別しています。ということで、

Dim i As Long
NID.hWnd = FindWindow( "ウィンドウクラス名", "" )
For i = 0 To &HFFFFFFFF
NID.uID = i
If Shell_NotifyIcon( NIM_DELETE, NID ) Then
Exit For
End If
Next

のようにすればよいと思います。

タスクトレイって、実体はただのツールバーで、アイコンを登録したウィンドウにメッセージを送っているだけなので、おそらく非表示になっているだけで、aiueo.exe にはウィンドウがあると思います。

Microsoft の Spy++ がインストールされているなら、Spy++ で調べてみるとよいと思います。
Spy++ がなければ、
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yamashita/product/debug/ww.htm
なんかがよさそうです。

ウィンドウクラス名がわかれば、API の FindWindow 関数、もしくは FindWindowEx 関数を使用して、ウィンド...続きを読む

Qファイルやディレクトリの存在確認を行う方法

ファイルをオープンするのはfopenでOKですが、ファイルやディレクトリの存在確認を行う方法が知りたいです。

何か組み合わせて作るものなのでしょうか?
perlとか便利な演算子があるのですが、C/C++って器用ではないですね。
これは処理系?依存の内容ですか?

私の環境は VC6, VC2005 Windows2000です。

Aベストアンサー

int access(const char* path, int mode);
int stat(const char* path, struct stat* sb);

かな?
MSDN を引くと _access_s() を使えとか書いてあるけど。

QCStringからchar*への型変換について教えてください。

以前の質問に

int型 → CString型/char型

がありましたが、

CString型をchar*型に変換する方法を
教えていただければありがたいです。

MSDNで「LPCTSTRキャスト」が説明されていましたが、
例が載ってないのでよくわかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目的にもよりますが一時的にchar配列として使いたいならCString::GetBuffer()が利用できます。
char配列としての利用が終わったらCString::ReleaseBuffer()する必要がありますが。

直接CString内の文字列を扱う必要があるならCString::operator LPCTSTRで文字列ポインタが得られます。
ただし、CStringオブジェクトをいじると無効ポインタなる可能性があるので気をつけてください。

MSDNのMicrosoft Foundation Classリファレンス→CString→クラスメンバで確認してください。

QVC++から引数付きexeファイルの実行

タイトルの通り、VC++から外部ファイルを実行したいのですがどのような関数を使えばよいのでしょうか?
exeファイルを実行中は親プロセスであるVCのプログラムの方を止めておきたいのです。
出来ればexeファイルは引数付きで実行したいと思いますので、よろしくお願いします。
開発環境はVisualStudio2005です。

Aベストアンサー

#1です。こちらで作成したサンプルです。
呼び出し側
#include "stdafx.h"
int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
intret;
printf("system試験開始\n");
ret = system("C:\\VCSTUDY\\printarg\\Debug\\printarg.exe XXX YYY ZZZ");
if (ret == 0){
printf("system成功\n");
}else{
printf("system失敗\n");
}
return 0;
}
----------------------

呼び出される側(c:\\test.exeに相当)
#include "stdafx.h"
int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
inti;
for (i = 0; i < argc; i++){
printf("ARGV[%d]=%s\n",i,argv[i]);
}
return 0;
}
以下、実行結果です。
コマンドプロンプト画面に下記の文字が出力されます。
------------------------
system試験開始
ARGV[0]=C:\VCSTUDY\printarg\Debug\printarg.exe
ARGV[1]=XXX
ARGV[2]=YYY
ARGV[3]=ZZZ
system成功
Press any key to continue
---------------------------

#1です。こちらで作成したサンプルです。
呼び出し側
#include "stdafx.h"
int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
intret;
printf("system試験開始\n");
ret = system("C:\\VCSTUDY\\printarg\\Debug\\printarg.exe XXX YYY ZZZ");
if (ret == 0){
printf("system成功\n");
}else{
printf("system失敗\n");
}
return 0;
}
----------------------

呼び出される側(c:\\test.exeに相当)
#include "stdafx.h"
int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
inti;
for (i = 0; i < argc; i++){
p...続きを読む

Qラジオボタンのグループ化

VC6.0の
ラジオボタンのグループ化についてですが
例えばIDC_RADIO1~IDC_RADIO6まで作ったとして
IDC_RADIO1と
IDC_RADIO4のグループにチェックをいれると
IDC_RADIO1~3と4~6が
それぞれグループになったのですが
1、2、6と3、4、5をグループにしたいときは
どうすればよいのでしょうか?

あるサイトによるとグループボックスでラジオボタンで囲むと
囲んだ部分がグループになると記述されてたのですが
それについてもうまくいかなかったのですが、教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

[レイアウト]-[タブオーダー]でタブ順を
IDC_RADIO1,2,6,3,4,5 の順で設定します。
ラジオボタンのプロパティで IDC_RADIO1 と IDC_RADIO3
の[グループ]をチェックします。またIDC_RADIO5 の後の
コントロール(何でも良い)の[グループ]もチェック
します。

>グループボックスでラジオボタン
マジっすか。

Qタスクトレイからのバルーン表示

タスクトレイ(タスクバーの横)にアイコンが並んでいますが、
ここからバルーンを表示する方法を教えてください。

これは、「Windowsアップデートの通知」などで使われているものです。
Windows初回使用時のスタートボタンに対しての「ここから始めます」みたいなものも同様です。

タスクトレイからメッセージボックスを表示すると
そのようになるのかなと思ったのですが、そうではないようです。

バルーンと書きましたが、きちんとした名称も分からず
検索もうまくいきません。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『猫~』にこんなのがありましたが、これのこと?

「ツールチップのスタイルにTTS_BALLOONを加えるだけ
です。」
だそうです。

そうでなければ、ノッペラボウのウィンドウを作成し
吹き出し型のリ-ジョンを加えて手製で作るしかない
ようです。

参考URL:http://www.kumei.ne.jp/c_lang/sdk4/sdk_307.htm

QLNK2019: 未解決の外部シンボルのエラーが出る

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自キャラのデータ
Point2D g_jikipos = {40, 400};//自キャラの座標

//画像ハンドル
int g_jikiimage[11];

//色々なファイルの読み込み
int LoadFiles(){
//画像ファイル読み込み
if(LoadDivGraph("media\\player01.bmp",
11,11,1,64,64,g_jikiimage) == -1) return -1;

return 1;
}


 mymain.h
//他から呼び出させるMyMainの関数
void MyMain();
int LoadFiles();


 myhelper.h(サンプルなので打ちミスはない)
#include "DxLib.h"
#include <limits.h>
#include <math.h>

//構造体宣言
//座標またはベクトルを記録する構造体
struct Vector{
float x,y;
};
typedef Vector Point2D;
//線を記録する構造体
struct Line2D{
Point2D startpos, endpos;
float katamuki;//傾きをラジアン値で記録
Vector speed;//移動している場合は速度をセット
};
//球体を記録する構造体
struct Ball2D{
Point2D position;
float hankei;//半径
};
//四角形を記録する構造体
struct Rect2D{
Point2D lefttop;
Point2D rightbottom;
float width;
float height;
};


//ライブラリ関数
Point2D PosInView(Point2D in);
int XInView(float inx);
int YInView(float iny);
void ScrollToLeft(float jikiposx);
void ScrollToRight(float jikiposx);
void ScrollToUp(float jikiposy);
void ScrollToDown(float jikiposy);
void DrawLineInView(float x1, float y1, float x2, float y2, int Color, int Thickness);
void DrawCircleInView(float x, float y, float r, int Color, int FillFlag);
void DrawAnimation(float x, float y, double ExtRate, double Angle,int TurnFlag,
int *imgarray, int allframe, float fps);
//ベクトル関数
Vector CreateVector(Vector in, float veclen);
Vector AddVector(Vector v1, Vector v2);
Vector SubVector(Vector v1, Vector v2);
Vector AddVectorInFrameTime(Vector pos, Vector speed);
Vector AddVectorInFrameTime2(Vector pos, Vector speed, Vector accel);
Vector Normalize(Vector in);
Vector RotateVector(Vector in, float radian);
float VectorLengthSquare(Vector in);
float DotProduct(Vector v1, Vector v2);
float CrossProduct(Vector v1, Vector v2);
void SetLine2DKatamuki(Line2D *in);
void DrawLine2D(Line2D in, int Color, int Thickness);
void DrawBall2D(Ball2D in, int Color, int Fill);
//当たり判定関数
bool HitTestLineAndBall(Line2D linein, Ball2D ballin);
bool IsPointAtLineFace(Line2D linein, Point2D ptin);
bool HitTestLineAndLine(Line2D line1, Line2D line2);
bool HitTestBallAndBall(Ball2D a, Ball2D b);
bool HitTestPointAndBox(Rect2D rect, Point2D pt);
//タイマー関数
void SetSimpleTimer(int idx, int time);
int GetPassedTime(int idx);


//グローバル変数
extern float g_frametime;
extern Rect2D g_framerect;//画面領域(当たり判定)
extern Point2D g_current_field_pos;//現在の左上座標
extern Rect2D g_stagesize;//ステージサイズ

//定数宣言
const float ZEROVALUE = 1e-10f;
const float PIE = 3.1415926f;
const int SCROLL_LIMIT = 200;
----------------------------------------------------------------
 エラー内容
1>myhelper.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "void __cdecl MyMain(void)" (?MyMain@@YAXXZ) が関数 _WinMain@16 で参照されました
1>C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\Visual Studio 2008\Projects\my\Debug\my.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です
1>my - エラー 2、警告 0
ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ
----------------------------------------------------------------
画像を貼り付けときます
(見えにくい場合→http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org154142.jpg.html)
初心者なのでわかりやすくお願いします

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自...続きを読む

Aベストアンサー

ファイル構成から推測するに
mymain.cpp というファイルに
void MyMain(void) {
// ここに処理を書く
}
という関数が必要なようです。

QCloseとDisposeの違い

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、タイマーコントロールのイベントに記述していますと、それは実行され続けます。

これを防ぐために、Me.Dispose() を使います。すると、きれいにプロセスは終了し、イベントは発生しない模様です。

そこで、「フォームを閉じる」意味のMe.Close() をすべてMe.Dispose() に変えてしまいました。確実にプロセスを破棄出来ると思ったからです。Webで調べると、違いは「再利用できる、できないの違い」という答えがありましたが、それはきっと、ファイルやオブジェクトのことで、フォームの場合は、再びShowまたはShowDialogで表示させることは可能でしたので、特に問題は感じていませんでした。

ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。Me.Close() に変えるとうまくいきました。

わけわからなくなってきました。。。

ちなみに、その残ったフォームは、スタートアップフォームであり、別のフォームからShowまたはShowDialogメソッドで呼び出したものではありません。

ここで4つの仮説を立ててみました。

1. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、Showで呼び出した、あるいは、スタートアップフォームは、Me.Close() すれば破棄できる

2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

4. 併記する必要がある場合がある

Me.Close()
Me.Dispose()

または、

Me.Dispose()
Me.Close()



どれが正しいのでしょうか?どなたがご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけませんでしょうか? どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、...続きを読む

Aベストアンサー

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。
Me.Close() に変えるとうまくいきました。

通常はどちらでもうまくいきます。

>2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

ShowDialogの場合は、メソッド内部で、ハンドルが破棄されているため、Close()メソッドの際にDispose()メソッドが呼び出されます。

>3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

そう思います。

>4. 併記する必要がある場合がある

インスタンスを明示的に破棄したほうがよい場合は多く存在します。
Disposeが使えるメンバはIDisposableをインターフェースとして持っているメンバです。
これらのメンバは、外部とのやり取りを行うものが多くあります。
たとえばSQLClientに含まれるようなメンバです。

外部とのコネクションを確実に破棄を保障してほしいなどという場合がありますよね、このようなときに使用します。

Using構文を使用するのとまったく同じ理由になります。
正確にはUsing構文を使用できるメンバには条件があります、IDisposableをインターフェースとして持っているメンバに限るというものです。

ほかにもガーベージコレクタによるファイナライズを伴うかどうかという違いがあります。
Disposeの場合はファイナライズが同時に行われるため、使用していたメモリ空間を開放することができます。

上記のような理由により、
Me.Close()
Me.Dispose()
は両方書いたほうがよいと思います。

蛇足ですが、
Me.Dispose()
Me.Close()
はエラーになります。
Me.Dispose()により、Me本体(インスタンス)は削除されてしまいます。
存在しないMeに対してCloseメソッドを要求することはできないためです。

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリ...続きを読む

Q外部プロセスを終了したい!!

こんにちは。
ご多忙の中、申し訳ありませんが皆さんの知恵をお貸しください。

私はVBは初心者中の初心者なのですが、
あるアプリケーションからEXEをキックし(このEXEは永久ループ)、
ある程度の処理をしたら、キックしたEXEを終了させたいと考えております。

基本的にキックされたEXEがウェイトして自らおちるのではなく、キックした
アプリから落としたいと考えています。

簡単に言えば、UNIXでいうKILLコマンドのような関数はありますかと
言うことです。(プロセスIDを使用して・・・)

ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
宜しくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

サンプルをどうぞ。
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/JP129/7/97.asp
しかし、強制終了するはあまりよくないと思います。
WM_CLOSEメッセージを投げる方法をお勧めします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=157242

QVB6.0 SHELLで起動したプログラムを終了さしたいのですが

(1)メインプログラムから電卓を実行します。
 Shell("C:\WINNT\system32\CALC.EXE", 1)
(2)メインプログラムで電卓を終了させるにわ、どうすればいいのですか
 教えてください。

Aベストアンサー

(今会社なのですが、、、)サンプルありました。奥深く眠ってました。
Microsoftの終了方法と、定数が違いますが、こちらでも終了ができます。


コメントを見たら、処理の流れがわかると思いますが、処理の流れを記します。

Shellで電卓を起動します。Shell関数は起動したアプリのプロセスIDを返します。
次に Call EnumWindows(AddressOf EnumWinProc, 0&)を実行します。
これはたった一文で、FOR文/DO~LOOP文を使用してませんが、EnumWinProc関数内を何度も実行します。実行回数はWindowsに存在するハンドルの数だけ実行されます。
そしてその関数内で電卓のプロセスと同じハンドルを探し、電卓に終了の命令を送ってます。



EnumWinProc内を詳しく説明します。
GetParentが'0'ゼロの時、未処理としています。

これは何を意味するかというと、フォームだけでなく、フォームの中に存在するボタン、リストボックス、ラベル、それぞれのコントロールにハンドルが存在します。
しかしフォームとその中のコントロールには親子の関係があります。
GetParent(子のハンドル)の時 → '0以外'の数値を返します。基本的にフォーム(親)のハンドルのを返します。
GetParent(フォームのハンドル)の時 → '0'を返します。親が存在しないためです。

電卓にも多くのボタンが存在してます。そのボタンのハンドルはチェックする必要がないのでGoto文で未処理にさせています。必要なのは電卓本体が必要で、GetParentで0を返すものが、チェックの候補となるわけです。

あとは電卓のプロセスと比較し、一致するハンドルを取得するだけです。



Option Explicit

' ウィンドウのプロセスIDとスレッドIDを取得する関数の宣言
Private Declare Function GetWindowThreadProcessId Lib "user32.dll" _
  (ByVal hwnd As Long, lpdwProcessId As Long) As Long

'親ハンドルを取得する関数の宣言
Private Declare Function GetParent Lib "user32" _
  (ByVal hwnd As Long) As Long

'ウィンドウを列挙する関数の宣言
Public Declare Function EnumWindows Lib "user32" _
  (ByVal lpEnumFunc As Long, ByVal lParam As Long) As Long

'ウィンドウにメッセージ定数を送る関数の宣言
Private Declare Function SendMessage Lib "user32" Alias "SendMessageA" _
  (ByVal hwnd As Long, ByVal wMsg As Long, ByVal wParam As Long, lParam As Long) As Long

Public Const WM_CLOSE = &H10

'見つかったウィンドウハンドル
Private FindWinWnd As Long
'探すべきプロセス
Private FindPrs   As Long


Sub Main()
  Dim lngSts As Long

  '初期化を行う
  FindWinWnd = 0
  FindPrs = 0

  'とりあえず電卓を起動と同時に、電卓のプロセスを得る
  FindPrs = Shell("Calc.exe")
  
  'プロセス=0のとき起動失敗
  If FindPrs = 0 Then
    MsgBox "電卓の起動失敗"
    GoTo PGMEND
  End If
  
  'Windowsに存在する全部のハンドルから、電卓のプロセスの一緒のハンドルを探す
  Call EnumWindows(AddressOf EnumWinProc, 0&)
  
  '電卓を終了します。
  If (FindWinWnd <> 0&) Then
    MsgBox "電卓が見つかりませた。終了します。"
    Call SendMessage(FindWinWnd, WM_CLOSE, 0&, 0&)
  Else
    MsgBox "電卓が見つかりませんでした。"
  End If
  
PGMEND:
End Sub

'Windowsの全ハンドルを得ることができる関数
'内部処理は、
'(1)指定のプロセスを探す
'(2)見つかったプロセスのハンドルを記憶
Public Function EnumWinProc(ByVal hwnd As Long, lParam As Long) As Boolean
  Dim lngTrd As Long 'スレッド
  Dim lngPrs As Long 'プロセス
  
  'Trueの間は、Windowsに存在するハンドルを最後まで取得しようとする
  EnumWinProc = True
  
  '子ウィンドウは未処理
  If Not (GetParent(ByVal hwnd) = 0) Then GoTo PGMEND
  
  'スレッドとプロセスを取得する
  lngTrd = GetWindowThreadProcessId(hwnd, lngPrs)
  
  '同じプロセスだとしたら
  If lngPrs = FindPrs Then
    '取得してきたハンドルを記憶
    FindWinWnd = hwnd
    'これ以上のハンドルは取得しないでもいいので、Falseをセット
    EnumWinProc = False
  End If
  
PGMEND:
End Function

(今会社なのですが、、、)サンプルありました。奥深く眠ってました。
Microsoftの終了方法と、定数が違いますが、こちらでも終了ができます。


コメントを見たら、処理の流れがわかると思いますが、処理の流れを記します。

Shellで電卓を起動します。Shell関数は起動したアプリのプロセスIDを返します。
次に Call EnumWindows(AddressOf EnumWinProc, 0&)を実行します。
これはたった一文で、FOR文/DO~LOOP文を使用してませんが、EnumWinProc関数内を何度も実行します。実行回数はWindowsに存在する...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング