プロが教えるわが家の防犯対策術!

電界強度は十分な所ですが、現在FM放送のアンテナを調整中です。マルチパスの観測(だけに使用目的を絞って)にはどんなテストオシレーターがいいでしょうか。
テストオシレーターでもマルチパスの波形の変化がよくわからんくて追い込めないとの話も聞きますが、実際はどんなものでしょうか。
予算の都合で程度の良い中古を探していますが、その際の注意点などもあわせて教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

オシロスコープですね。

こんなものでも、多分十分OKだと思います。保証はしませんが。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00186/
私のオシロスコープはこれより低性能、低機能ですが、30年前に10万円しました。
それでも色々と便利に使っています。マルチパス波形を見るにも不足はありません。
もっと安いものを中古で探しても良いかもしれません。
X-Y入力できることと、2chが条件です。2chでもX-Y入力できない場合があります。
1chのものはX-Y入力できても一般にX軸の感度が低いので向きません。
もちろん、チューナーにV-H出力が無ければ使えません。

マルチパスモニタだけが目的だとオシロスコープはもったいないと思います。
マルチパスが酷ければNo.1の方が仰る通り、V端子の音でわかりますし、逆に微妙な場合には波形を見てもどう判断すれば良いかよくわからないからです。アンテナを回して方角と電波の強さの円グラフを描いてみるというのは如何でしょうか。

AccuphaseのT-1100というチューナーは、マルチパスのレベル表示とキャンセル機能を持っています。
販売店にお願いしてT-1100の評価機を借用するという手もあります。私はこれも試しました。
T-1100では電波のAM成分を検出してこれをマルチパスのレベルと見立てます。キャンセル機能は電波を遅延させた信号を沢山作ってAM成分がゼロになるようにレベルを自動調節しながら混合します。チューナーのV端子はAM検波出力で、オシロスコープで見る場合はこのAM成分がフラットかどうかで判断します。どれも基本原理は同じです。でもマルチパスの強さがAM成分の大きさに比例するとは限りません。そこで、全く別の考え方でマルチパスのレベルを見ようと考えた人がいます。工作ができる方なら下のリンク先の方法が面白いと思いますが、私は試したことがありません。
http://ham-radio.com/k6sti/qmm.htm

私の場合、さんざん苦労した結果、結局解決しませんでした。歪みの原因が私のアンテナではなく、NHKの中継所にあったからです。中継所のある山までチューナーとアンテナとアッテネッタを持ち込んで確証が取れました。NHKも認識してくれましたが解決できず毎日残念な音を聴いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

より専門的な内容を具体的にわかりやすく教えていただきありがとうございました。

>私の場合、さんざん苦労した結果、結局・・・・解決できず毎日残念な音を聴いています。

私も昔こんなことをよく体験しましたのですから、あまりドツボにはまらず、すべて「そこそこ」でやってきました。しかし、最近FM放送の内容にも魅力を感じよく聴くようになったのですが、マルチパスが悩みの種になってきました。皆さんからいただいたアドバイスをもとに、もう少し落ち着いて自分の耳と目と手(グラフ化ほか)でいろいろと楽しみながらやってみたいと思います。適切なご回答をありがとうございました。

お礼日時:2011/11/26 14:40

私も同じ状態でした。


チューナー漁りで凌いできましたが、終わりなしでした。
波形観測用に機器も揃えましたが、不満はふえるばかりでした。

テストオシレーター類の機器は役に立ちません。

現在マランツのオシロスコープとチューニングメーターの付いたチューナーになっています。
マルチパスの波形はこれで十分というか、これしかありません。

電界強度があるのでしたら、300Ωのフィーダー線で教科書に有るように計算して裁断して自作、に限ります。

私の場合、モノラルからステレオに切り替えても雑音は増えません。
おまけに、2トラ38テープ・LPレコード等のリサージュ波形でステレオやモノラルの様子や擬似ステレオや
逆位相の商品まで観察できます。

目で確かめ耳で聴いて安息の域におります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マルチパスに限らず、オーディオ全般、泥沼にはまることがこわくて、すべて「そこそこ」でやってきました。しかし、非圧縮のCS-PCM(MUSIC BIRD)が無くなってFM放送に頼らざるをえなくなり、
マルチパスが悩みの種になってきました。マランツのそういうチューナーは便利そうですね。
所有のオープンデッキのアジマス調整にも活用できますから将来的にはオシロの購入を検討します。
まずは、自分の耳でじっくりと聴いて目で確かめて納得するようにしたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/11/26 14:26

ご希望の品がオシロスコープと言う事は、既に回答されている通りなので、マルチパスの測定方法の方を。


添付の図をご覧下さいね。
オシロ以外には、確かにマルチパス用出力があるFMチューナーも必要ですね。
「FM放送のマルチパス観測のテストオシレー」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。

こんなふうに、はっきりと検出されれば安心できますね。
観測の具体的な方法がよくわかりました。

まずは、自分の耳でじっくりと調べてみたいと思います。
わかりやすい資料をありがとうございました。

お礼日時:2011/11/26 14:14

「オシレーター」ではなく「オシロスコープ」ですよね?


オシレータは発振器です。通常マルチパスの観測に使用するのはオシロスコープになります。

で、以下「オシロスコープ」という前提での話になります。
マルチパスを観測するためにはマルチパス観測用出力端子が装備されているFMチューナーが必要です。
現行のFMチューナーにはこのような端子は装備されていませんので、装備されている中古で程度の良いモノを準備する必要があります。
そのチューナーがある前提での話になりますが、X-Yモードが搭載されているオシロスコープであれば大抵の機器で大丈夫です。
ただ、それでリサージュ波形を表示させたとして、それを使用してどこまで追い込めるのかは正直難しいところです。
個人的にはオシロをわざわざ購入するよりも、FMチューナーのマルチパス観測端子のうちV端子の方をオーディオアンプに接続し、耳で歪み信号の大きさや音質を聞く事で調整された方がお手軽かと思われます。
この方法でも、オシロを購入してリサージュチェックするのとほぼ変わらない結果が得られると思いますよ。

以上、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。
失礼しました。オシロスコープでした。

いろいろなリサージュ波形の写真で、私の観測端子付きのチューナーでも面白いように
見えるのでは期待していました。
まずは、自分の耳でじっくりと調べてみたいと思います。
適切なアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2011/11/26 14:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFMチューナのマルチパス

TRIO FMチューナー KT-7700 です。いまさら、なんですが、DeviationとMultipathをアナログメーターで切り替えて見れるようになっています。MultipathはFM電波(高周波)を多重輻射の影響を受けないようにミニマムになるようアンテナの方向調整を行う・・・・と理解しているのですが、音声信号の強弱に比例し、針が大きく振れます。Deviationほどではないのですが、数分の一程度に振れます。
無変調(無信号)状態が続けばMultipathが最低になるように方向調整はできるのでしょうが、通常の放送状態では、前述の状態ですので無理です。
これは私のチューナーが壊れているのでしょうか?それとも、こんなものでしょうか?(そうであれば、マルチパスの調整はどのように行うのでしょう)。お教え下さい。

Aベストアンサー

  FMの変調ですから(実際は間接FMの)メイン波と迂回波との入力差がある程度あれば、FM変調の特製により強い電波の方が勝ちます。ただ、直接波が受信できない時は、マルチパスになる可能性が有ります。

 調整する方法は、オシロスコープを使って、テスト電波(同じ周波数のピーと言う音が流れている)でピートに成っているのか確認します。そのビートが無くなるように調整します。

 同じようなことをマルチパスメータはやっています。テスト電波にてメータが最初に成るように調整します。

 基準になる信号が来ない事には調整ができません。通常は3khzの単一周波数の基準信号を使います。これがマルチパスになれば、差分の距離が時間位相差となり音が濁ります。

 この濁りをマルチパスメータを見るのです

QFM放送を室内でキレイに聞くにはそうしたらよいでしょうか?

どの家もそうやと思うんですがFMの入りが悪いです。電波障害地域では無いので入るはずなんですが・・・。
持ってるコンポにはAM用のアンテナとFM用のアンテナが付いてました。FM用はアンテナケーブルのみ。現在コンポを窓際に置き、アンテナケーブルを外に出してますが局によって聞こえが悪いです。
昔の話ですが、アンテナとしてコンセントの接地側コンセントから電波を貰っていたと聞いたことがあります。実際にやっていたという声も聞きました。それでいけるんやったらコンポってアンテナレスが可能やと思うんですが、どうなんでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

コンポのマニュアルにFM簡易アンテナって書いていませんでしたか?

今お使いのFMアンテナは、正式なアンテナを取り付けるまでのつなぎとして使用するものです。
FM放送を受信するには、それなりのアンテナが必要です。

文章から関西圏の方とお見受けしますが、大阪湾沿岸部以外は、受信状態が不安定な地域が多いですよ。
特に奈良県南部や和歌山県では、かなり受信状態が悪いですから、専用アンテナが必要です。

とりあえずテレビに接続しているアンテナ線をつないでください。
受信状態が改善されることがあります。
またCATVに加入されている場合、FM放送が再送信されていますので、もっとも安定した受信状態になります。
但し周波数変換しているかもしれませんから注意が必要です。

QFMチューナーの修理を請け負っている方知りませんか

アナログのビンテージ物のFMチューナーの修理を受けていただける方を
探しています。
メーカーに修理をお願いしましたが、部品が無いということで修理が出来ませんでした。
また独断で改造などされても嫌なのでちゃんとしたところを探しています。


お勧めのお店を知っていらしゃる方、おられませんか?

Aベストアンサー

L1 L30-0375-05 C16 4700PFをパラ接続
L30はIFTの部品番号のようですね、コンデンサーが内蔵されていても回路表記が無いかもしれませんが
コイルのみなら線の接触不良が考えられますね。メーカが部品メーカーに指定して作っていると思いますよ。
昔は、内職でコイルを巻いているかもしれないので?

CTVなどでは最初各社ばらばらの回路図での部品の番号を打っていたのですがわかりづらいので色回路は500番台とか共通してつけられるようになりました。オーディオでも各社共通の回路の番号を付けたかは不明です。注文時のパーツナンバーとは違い回路図での番号です。

ttp://nice.kaze.com/l-03t.html
KENWOOD L-03T をゲット!
ttp://nice.kaze.com/av.html
AV機器
最初のヒットが03だったので03で書いていますが詳しく書いていらっしゃるので不明な点はたずねてみるのが良いのでは
調整機器はリースバックの校正済み品をしようされているようです。
このサイトが一番参考になるのでは。
コンポ全盛期をビンテージと言われると寂しい感じですがそう言われてもしょうがない年代、時代になってしまいましたね。

L1 L30-0375-05 C16 4700PFをパラ接続
L30はIFTの部品番号のようですね、コンデンサーが内蔵されていても回路表記が無いかもしれませんが
コイルのみなら線の接触不良が考えられますね。メーカが部品メーカーに指定して作っていると思いますよ。
昔は、内職でコイルを巻いているかもしれないので?

CTVなどでは最初各社ばらばらの回路図での部品の番号を打っていたのですがわかりづらいので色回路は500番台とか共通してつけられるようになりました。オーディオでも各社共通の回路の番号...続きを読む

Q現在のFM放送環境で高級チューナー意味有りますか?

現在KENWOOD L-02Tの購入を検討していますが、
聞くところによると現在のFM放送のクオリティーが低く高級チューナーを使用しても
意味が無いと言う事を聞きました。
本当にそうなのでしょうかどなたかお教え願います。

Aベストアンサー

nimaibaと申します。
KENWOOD L-02Tって凄く懐かしいです。
かつて私がオーディオにハマッていた時期の最高級チューナーですもん。

現在のFM放送のクオリティの低下ですが、これは低下というよりもわざと音をいじっているのです。
FM放送が普及した現在、リスナーのほとんどがカーオーディオやポータブルオーディオ(またはそれに毛の生えた程度のコンパクトコンポ)で聴いています。
ですから送り出す方も、そのテの機材で聴いた時に「良い音」と感じるように音質を調整しています。(私は特にJWaveあたりが顕著に思います→ドンシャリ。)
つまりFM放送はL-02Tが発売された当時と違い、今はピュアオーディオとして扱われていないのです。

ちなみに私もPIONEER F-120という20年ほど前のチューナー(低価格の製品ですがデジタル・ダイレクト・デコーダーという回路を搭載し、当時の10万円以上の機種をしのぐ評価を得ていました)を使い、アンテナではなくCATVでFM放送を聴いています。
でも、NHKのクラシック演奏会場収録番組以外は音の良さには期待していません。

nimaibaと申します。
KENWOOD L-02Tって凄く懐かしいです。
かつて私がオーディオにハマッていた時期の最高級チューナーですもん。

現在のFM放送のクオリティの低下ですが、これは低下というよりもわざと音をいじっているのです。
FM放送が普及した現在、リスナーのほとんどがカーオーディオやポータブルオーディオ(またはそれに毛の生えた程度のコンパクトコンポ)で聴いています。
ですから送り出す方も、そのテの機材で聴いた時に「良い音」と感じるように音質を調整しています。(私は特にJWave...続きを読む

QFM/AM 修理と調整を自分で出来ますか?

家に古いチューナーがあり、ネットで調べていたら"Vintage FM Synthesizer Tuners"さんとかで見ていて修理調整に興味が湧きました。

まったくの素人ですが、自分で修理調整出来るようになれればと思い質問しました。

FM/AM 標準信号発生器 など必要な物も未だ把握していませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

このご質問にはどう回答していいか2日ほど考えました。

まずチューナーの修理はアンプに比べてより専門的な知識が
要求されます。スーパーへテロダインの原理はもちろんのこと
シンセサイザー方式ならPLL(フェーズロックループと
言います)の理屈も知っていなければなりません。でないと
プリント基板上のこの部分はどのような働きをしているか、が
分からないからですね。この辺りのことを詳細に書いていれば
一冊の本ができてしまうし、あいにく私もそこまでは深く
理解しておりません(^^;

また原理を理解している人間でも実際のチューナー調整には
測定器が必要です。フタを開けると実に様々な調整箇所が
ありますよ。テスター一台あれば事が足る、などというもの
ではありません。ですのでそのチューナーが大切な物で
あるのなら、素直に修理に出した方が賢明です。

ただしメーカーからも修理を断られた、あとは粗大ゴミで
捨てるしかない! となれば話は別です。徹底的にいじって
みてもよろしいでしょう。「こうゆう造りになってるんだ」
ということを知っただけでも、単に捨てるより得る物が
あったはずだし、フタを開けたらたまたまコネクターの抜け
掛かった部品を発見して、差し直したら治ってしまった、
などというラッキーが、もしかしたらあるかもしれません。

とにかく自分でいじる場合はダメ元という気持ちが大切
ですね。でないと本当にダメだったとき立ち直れなく
なりますので。

このご質問にはどう回答していいか2日ほど考えました。

まずチューナーの修理はアンプに比べてより専門的な知識が
要求されます。スーパーへテロダインの原理はもちろんのこと
シンセサイザー方式ならPLL(フェーズロックループと
言います)の理屈も知っていなければなりません。でないと
プリント基板上のこの部分はどのような働きをしているか、が
分からないからですね。この辺りのことを詳細に書いていれば
一冊の本ができてしまうし、あいにく私もそこまでは深く
理解しておりません(^^;

また原理を理解...続きを読む

QFM検波回路を9種類調べています。

9種類のFM検波回路の名前と動作を調べています。
FMは周波数変調で、検波は復調と同じ事というのはわかりました。
ピーク作動型検波回路というのがわかったのですが後8種類がわかりません。
何か知っていましたら教えてください。

Aベストアンサー

通常は本当のFMの変調ではないのですね
間接FMと呼ばれる方法で使ってます(放送局も)

PM(位相変調)で変調してます
実際にFM波にするために事前に積分回路を通してから
PM変調をすれば、FM変調が間接的に得られる方法を使ってます

復調回路の種類は
スロープ検波回路
離調弁別回路
フォスタ・シーレ弁別回路 発明者の名前
比検波回路         上記の改良版
C結合形弁別回路      
乗算形弁別回路(プロダクト検波 ICを使ったもの)
セラミック弁別回路
パルスカウン弁別回路
位相弁別回路
遅延線周波数弁別回路

QFMアンテナの設置の仕方について

ミニコンポでラジオを聴こうと思って、室外アンテナ(DX ANTENNA、高感度FMアンテナ、5素子アンテナ、FM-5N)と言うFM用のアンテナを買って、ベランダにテレビアンテナと同一のマストにつけました。
テレビアンテナから1M50cm上にFMアンテナをつけました。
地上からやく7M50cmの高さの所です。
配線わ2芯のフィーダです、配線の間には、ブースターなど何も付けていません、FMアンテナを360度ゆっくり回転しましたが、全然入りません、地域わ和歌山県岩出市です。受信したいバンドは、大阪のFM802,FM851です。
アンテナの説明書には、(使用周波数76~90、インピーダンス75/300、動作利得5.2~6.7、VSWR2.4~1.4、前後比11.0~14.5、半値幅62~56、適用 水平 垂直共用形)と書いています。
全くわからなくて、困っています。
詳しい方何がいけないのか教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

再び iBoo-2001 です♪

詳しい補足を戴きありがとうございます。

さて、アンテナの状況につきましてはかなり理解出来ましたが、全く受信出来ないという事は、接続が上手く言っていないのかもしれませんよ。

コンポの接続端子はどのようになっていますか? アンテナ本体側の説明書に従っていますか?

できたら同軸の75Ω線で接続するようにして、送信方向に山との事でしたので、効果の程は試してみるまでわかりませんが、山の頂上方向へ角度をつけて見るのも良いかもしれませんよ。

同軸ケーブルは外皮と網線と内皮と芯線、きちんとサイズが合うように作業が必要ですので、馴れていない様でしたら、何度か試せるように少し長めに設置して、何度か試して下さい。  当然ですが、飢餓には注意して作業して下さいね。
 また、使い易い道具が無いと苦労ばかりで、奇麗に仕上がりませんからね。

私は庭作業で使い慣れた活け花用のハサミで一通り処理出来ます。でもナイフも併用した方が簡単かな?(あくまで 私の場合ですよ。普通の人ならニッパーとカッターナイフ、プライヤー等でしょうかねぇ。)

もし、差し支えが無い様でしたら、コンポの状態をお教え戴けますと末端処理の方法も具体的にアドバイス出来るかもしれませんね。

基本的にアンテナは電波を電気信号に換えてくれます。しかし、とても弱い電気信号ですので、受信機に入るまでノイズ等が入り込まないように注意が必要で、そう言う意味でも同軸構造のケーブルは大変有利な物です。
 でも接続部分で処理を失敗するとショートしたりノイズを拾いったりしてしまいますから、きちんと接続して下さいね。

再び iBoo-2001 です♪

詳しい補足を戴きありがとうございます。

さて、アンテナの状況につきましてはかなり理解出来ましたが、全く受信出来ないという事は、接続が上手く言っていないのかもしれませんよ。

コンポの接続端子はどのようになっていますか? アンテナ本体側の説明書に従っていますか?

できたら同軸の75Ω線で接続するようにして、送信方向に山との事でしたので、効果の程は試してみるまでわかりませんが、山の頂上方向へ角度をつけて見るのも良いかもしれませんよ。

同軸ケーブルは...続きを読む

QFMチューナー(アナログ)のチューニングずれを直したい

VICTOR T-2020というアナログFMチューナーを入手しました。調製品だったのですが、チューニングメーターが実際のチューニングから左へわずかにずれていることに気がつきました。恐らくは測定機器を用いなくても比較的単純に手動で調整できると思うのですが、アナログチューナーの場合、一般的にどのような部位を操作すればよいのでしょうか?簡単に説明できるならば、教えてください。ある程度のことを教えていただければ自分で慎重に試行します。或いは、参考にできるサイトを紹介してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バリコンの横にシールドで仕切られた回路があるかと思います。これが受信周波数を決めている局部発振回路です。ここのコイルとトリマコンデンサが経年でずれてくるのでダイヤルとのずれが起こります。簡単には周波数の低い局の周波数にダイヤルを併せて、受信できるようにコイルのコアをわずかに回します。次に周波数の高い局を受信してトリマをわずかに回して受信できるように調整します。上記を何回かやればだいたいOKです。コイルのコアは非常に割れ易いので専用のプラスチップもしくはセラミックでできたドライバを使ってください。
※調整ずれが原因ですので糸をずらす等はやってはいけません。

QFMアンテナ、何素子がいいでしょうか?

茨城県と千葉県の県境(我孫子市内)から東京のNHKFMとInterFMをよりよい音で聞きたいと思っています。そこでFMアンテナを屋根の上に立てようと思っています。

現在テレビのアンテナを使ってFMを聴取しています。東京のNHKFMはチューナーのシグナル5点灯中1点灯、かなり雑音交じりながらもステレオで聴けます。InterFM(もしかしたら東京ではなく千葉からきている電波かも)は2点灯ですが雑音をあまり感じずにステレオで聴けます。ちなみに、千葉放送局からのNHKFMは4点灯でかなり良好です。

このような環境で千葉放送局並みに東京からの放送を受信するには何素子のアンテナが向いるでしょうか?また、東京のFMを良好にキャッチしようとすると、千葉放送局からのNHKFMは聞こえ難くなってしまうでしょうか?
ちなみに周囲に高い建物は皆無です。

Aベストアンサー

まず、現在TVのアンテナでFM放送を受信されているようですが、TVのアンテナは東京タワーの電波を受信しているのでしょうか。
その場合、FM放送帯域の指向性は180度反対方向に出ています。
つまり、茨城県の方向の電波を受信するのに適した状態ということです。
ちなみにNHK茨城FM(桜川市にある加波山から送信)83.2MHzは良好に受信できると思います

質問の回答ですが、距離(電界強度)的にも、また周辺に障害となる建物などが無いという環境からも3素子のFMアンテナで
十分だと思います。

ただ、一つだけ心配なことがあります。
FMの3素子のアンテナでも指向性があります。
八木アンテナの特性として、アンテナの横方向が一番感度が低くなります。

すなわち、NHK東京FMとInterFMは東京タワーから送信されていますが、NHK千葉FMは三山 (船橋市)から送信されているため
方向が90度違うことになり、東京タワーにアンテナを向けた場合はNHK千葉FMは受信できないか、マルチパスで受信状態がよく
ないという恐れがあります。

妥協して、両方の送信所の中間に向けて問題なく受信できればよいのですが・・・。

理想的には、各送信所に向けてそれぞれアンテナを設置して、アンテナ切り替え機で切り替えることです。

まず、現在TVのアンテナでFM放送を受信されているようですが、TVのアンテナは東京タワーの電波を受信しているのでしょうか。
その場合、FM放送帯域の指向性は180度反対方向に出ています。
つまり、茨城県の方向の電波を受信するのに適した状態ということです。
ちなみにNHK茨城FM(桜川市にある加波山から送信)83.2MHzは良好に受信できると思います

質問の回答ですが、距離(電界強度)的にも、また周辺に障害となる建物などが無いという環境からも3素子のFMアンテナで
十分だと思います。

ただ、一つ...続きを読む

QFMラジオのブースタ選びの相談です

電波の弱い地域でFMラジオを聞くために屋外アンテナを購入しました
格段に受信状況は改善されたのですが雑音が消えません
カーラジオは受信するのでブースターを設置すればクリアになると思うのですが
ネットで調べてもTV用とカーラジオ用がほとんどで良い物が見つかりません
以前にも同様の質問が有ったようですが現在の状況に対応出来無いので質問します
現在購入可能な商品で安価な卓上ブースターをご存知の方
助けてください

Aベストアンサー

パソコンやスマートフォンでの聴取では駄目ですか?
地域によっては聴取できませんが。。。
http://radiko.jp/

ブースターは、卓上型は止めたほうが良いです。屋外設置型に比べて格段に性能が劣ります。
TV(VHF)用がFMにも使えます。
カーラジオ用もアンテナコネクタ変換とDC12Vの電源を用意すれば使えます。


人気Q&Aランキング