墓地及び墓一式を購入したいと思います。大阪の服部霊園がとてもきれいですが、購入方法と金額はどれくらいか知りたいです。どなたか ご存じないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

服部霊園の管理者です。


平成11年以降、墓地の募集はおこなっておりません。
今後の募集については、ホームページでご案内しますが、当面予定はありません。
なお、前回と同様の募集要項となれば、大阪市民のみの受付とさせていただくことになります。
※大阪市設服部霊園は、閉鎖しておりません。
現在は、大阪市環境事業協会が大阪市より委託を受けて、管理しております。

参考URL:http://www.kankyoujigyou.or.jp/hattori.html
    • good
    • 0

業界経験者より



服部霊園で墓石を購入を考えているみたいですね。現在空いてる墓地があると思いますがどのくらいの区画が必要かによって変わります。霊園事務所に問い合わせるのが一番です。墓地に関しては値段が決まっていますが墓石の購入に関しては石材店によって値段がまちまちです。安い中国材から高い国内物まであり、またその中で多くの石種に
わかれていおり値段を一言で述べることができません。
(墓地の広さ、石種によってことなるため)
もしよろしければどこかで見積りを取り、この場で値段を発表して頂けるのでしたら私がその価格が適正か回答しますよ。結構高い値段で売りつける石材店も多いのできおつけてください。また安い石を高く売りつける場合もあります。墓石は定価があってないようなものなので!

私でよければお手伝いしてあげたいのですが少し気味が悪いでしょうからねー。ただ私が言いたいのは一般の人が墓石に関して知識ないため(しょうがないですけど)高く買わされてることに腹が立ってるだけです。(もちろん良い石材店もありますけど)

話が脱線してしまいましたがもし墓石の値段が判ればネット上で教えて頂ければ確認しますよ!
必要事項;石種、(商品番号)大きさ多分8寸~9寸
     墓地の広さ、付属品等、
     できれば石の総重量(墓石、墓石を囲ってるい               る石の総重量)

    • good
    • 0

なぜか豊中市にある元大阪市の元大阪市営服部霊園ですか?


平成11年に市営霊園が廃止になっていますので、現在詳しくわかりませんが、
お付き合いのあるお寺さんか、霊園周辺の石材店に聞けば現在の状況、販売墓地の有無などわかると思いますよ。
電話帳で調べて、電話するという方法もありますしね。
    • good
    • 0

服部霊園の管理者に尋ねるか出入りの墓石製作所に相談されては如何ですか。


参考URLを見て下さい。

参考URL:http://www.scinex.ne.jp/tel50/osk1060/01.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の法律では火葬後に墓地に埋葬しないといけないのでしょうか?

ちょっと疑問に思ったもので、お暇な時にでもお答え下さい。

たとえば、無宗教の人がいたとします。するとその人は無宗教なので身内に死者が出ても葬式はしません。で、そこまでは日本の法律では問題ないと思うんですが、問題はここから先です。

火葬は絶対にしなければいけないんでしょうか?

まあ、しなければいけないならするとします。
しかしもう一つ問題があります。

骨は墓地に埋葬しなければいけないのでしょうか?

とういのは、墓地って寺とかにありますよね。つまり宗教に関連した施設にしかありませんよね? どこの宗教とも繋がりのない人は一体どうしたら良いんでしょうか? 骨壷に骨を入れてそのまま家で飾っとく? でも一生持ち続けることが出来たとしてもいずれその本人も死にますよね。その後どうするんですか? あと、骨は捨ててはいけないんでしょうか?

ということで、その辺の法律は日本ではどうなっているのかちょっと気になったのでこのカテゴリに質問しました。(無宗教でなくても仏教でない場合は日本では面倒なんじゃないでしょうか? 教義が全然違う場合とかも)

ちょっと疑問に思ったもので、お暇な時にでもお答え下さい。

たとえば、無宗教の人がいたとします。するとその人は無宗教なので身内に死者が出ても葬式はしません。で、そこまでは日本の法律では問題ないと思うんですが、問題はここから先です。

火葬は絶対にしなければいけないんでしょうか?

まあ、しなければいけないならするとします。
しかしもう一つ問題があります。

骨は墓地に埋葬しなければいけないのでしょうか?

とういのは、墓地って寺とかにありますよね。つまり宗教に関連した施設に...続きを読む

Aベストアンサー

参考URL煮もありますが「散骨」をする人が増えているようですね。
確か散骨には許可が必要だったと思います。

参考URL:http://rinsoin.jp/yuyu/sousiki_gimu.htm

Q墓地の購入、寺院と霊園、どちらがいい?

先日、義父が亡くなり、お墓を購入することになりました。
義父は田舎に住んでいたのですが、そちらには主人も帰らないということで、田舎ではなく、こちらでお墓を探すことになりました。

隣駅の傍に本家と同じ宗派の寺院墓地があったのですが、そこでは檀家にならなければならないそうです。最低でも年2万円~の会費と、改築・増築等の場合は寄付をお願いすることもあるということです。

霊園も探してみたのですが近所にはなく、電車で15分、駅から更に車で十数分というような場所です。自宅からは時間が掛かるのですが、公園のような雰囲気でとても明るい感じでした。管理費も年一万円も掛かりません。

父親は特に信仰をしていた訳ではないのですが、本家と同じ宗派の寺院墓地と、霊園とどちらにしようか迷っています。また、檀家というものもよくわからず、寺院墓地にした場合、私たち夫婦の代はいいのですが、子供たちが引き継いでくれるかも気に掛かります。

アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 気が向いた時にいつでもお参りできる場所に墓がある方がいいでしょう。
 公園墓地ですと,山を切り開いた所にあって,駅から遠いことが多く,年老いた時に墓参するのに難渋するようなところは避けたいところです。
 
 特に年老いてから連れ合いを亡くした方は,自宅から徒歩圏内,公共交通機関1本で30分以内のところに墓地を求められることが多いそうです。

 うちの亡父の墓地を求めるとき,年老いた母が「遠い所は嫌だ。坂を登らなければければならないところは嫌だ。気が向いた時にすぐに行けるところが良い。」と申しました。
 幸い,本家と同じ宗派で,本家の菩提寺から紹介された寺院の境内墓地に空きがありましたので,そこに墓地を求め,檀家となりました。実家から徒歩5分のところです。
 寺院の護持費(墓地管理料込)が年2万円。近隣の寺院では高い方の部類ですが,年老いた母は喜んでおり,月命日には墓参しております。

Q共同墓地が登記上、私の名義です。どんな権利がある?

共同墓地の土地全体の名義が自分の名前になっていて、登記簿上、共同墓地の土地所有者になっています。
もともとは山林でしたが、曽祖父か、それ以前に、自然発生的に墓地になり、少しずつ墓地が広がっていったように聞いています。大昔で、ド田舎なので、法律の規制もなく、金銭のやり取りと口約束だけで、墓地として自然発生的に広がり、結果、現在、公共墓地となっています。
しかし、登記にまで至っていないので、登記簿上、墓地の土地所有者は、私です。

そこで、質問ですが、その墓地に隣接して、うちの山林があります。というより、その山の一部が墓地となり、残りの部分が、山林のまま、私の名義で現存しています。
その山の木々からの落葉や木のために墓地が汚れるとか散らかるという理由で、地域の墓地管理者から、清掃と管理を兼ねて、年間30万円を支払って下さい、との要求があり、まるで、ヤカラのように連日、半分脅迫めいた電話があります。
脅迫については警察に訴える手段はありますが、後の仕返しが怖くて、どうしたものかと悩んでいます。また、法律上、こちらには、どこまで責任があるのかも分りません。法律的な判断をお願いしたいです。宜しくお願いします。

共同墓地の土地全体の名義が自分の名前になっていて、登記簿上、共同墓地の土地所有者になっています。
もともとは山林でしたが、曽祖父か、それ以前に、自然発生的に墓地になり、少しずつ墓地が広がっていったように聞いています。大昔で、ド田舎なので、法律の規制もなく、金銭のやり取りと口約束だけで、墓地として自然発生的に広がり、結果、現在、公共墓地となっています。
しかし、登記にまで至っていないので、登記簿上、墓地の土地所有者は、私です。

そこで、質問ですが、その墓地に隣接して、うちの山...続きを読む

Aベストアンサー

>『寄附は結構ですが、その後の運営がどうなるのか、初めてのことなので分らない。厄介な問題を背負い込まされては困るので、その辺りが、知りたい。』

将来の事は勿論、現状や過去経緯についても確定的なことは
いえない訳ですから知っている事を全て書面にして、それで
受け取るかどうかということだと思います。

田舎の山ということですから、或いは境界等もはっきりして
いないかも知れません。考えればそういう事は沢山ある訳で
すから、そういう土地だということで受け取ってもらうしか
ありません。

もちろん、それでは嫌だといわれればそれまでです。
地域の墓地管理者に「あなたに譲りたい」といえば喜んで
譲り受けるかも知れません。

Q墓地と霊園

墓地と霊園の違いは何でしょう??

Aベストアンサー

墓地は法律で定められた埋葬ができる場所場所です
墓地以外に埋葬してはならない、という既定があります
霊園には埋葬することができません
墓をよく見てください
現在主流になっている墓は「舞台」があってその上に石碑を建てます
遺骨は石碑の下地面より上の舞台の中に収めます
これは埋葬にはならないのです
墓地以外の場所にも墓は建てられますが墓地以外の場所では地面の下に納骨できないのです

Q法律は施行前にさかのぼって適用されますか?

法律は施行前にさかのぼって適用されるのでしょうか?
具体的には
戦後「私有地(?)(正しくは忘れましたが)には墓地を設置してはいけない」という
法律ができたそうですが
(法律がなかった)戦前にあった墓地は撤去しなければならないのでしょうか?

法律の内容自体がうろ覚えなので
あらためて正しい内容を教えていただければ助かります。

また
「法律は施行前にさかのぼって適用されるか否か」のことを
専門用語ではなんと言うのか教えてください。

Aベストアンサー

その前に・・・

現在の法律では、納骨は許可を得た場所以外にはできない。
しかし、たとえば墓地以外の私有地に墓石だけ
墓標だけの建立であれば、OKなのです。

そこまで法律は、指示していない。

これを頭に入れる...。

墓地・埋葬等に関する法律(略称;墓地埋葬法)

と言う法律があります。

墓地埋葬法第4条第1項には

「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に
これを行つてはならない。」

とあります。
同法第10条には

「墓地、納骨堂又は火葬場を経営しようとする者は
都道府県知事の許可を受けなければならない。」

とあります。

これを考えると、庭に墓石だけは許される・・・という解釈。

ですが、これができる前のことまで規制していません。
中身も一緒に移動したい・・・
と、考えればご近所の同意までもが、必要です。
1人でもご近所さんが反対したなら、移動できません。

すでにある墓は、当然に、撤去の必要はない。

こんな情報が、まず必要だ!!
と、思い書き込みさせていただきました。

ご迷惑とわかっていました、ごめんなさい。

Q改葬のため、空いてしまう霊園墓地は・・・

個人的に譲渡すれば良いと霊園側に言われましたが
どうやって、そのような希望者を探せば良いのでしょうか。
マンションや車のような訳にはいかず困っています。
その霊園で新規に墓所を買えば、私と同じ小さな区画で200万円です。
お墓が高くて買えないと言うような話題は
新聞・テレビなどで見たことは有るのですが・・・。

Aベストアンサー

ここに相談してみてはいかがですか?

参考URL:http://www.ecnetk.co.jp/

Q火葬することは法律で義務付けられている?

「墓地、埋葬等に関する法律」で火葬は義務付けられており、家族が死んだのに火葬しなかった場合は罰則がある

と聞いたことがあるのですが、墓地、埋葬等に関する法律を見た限り、
「火葬しなければならない」という文章は無いようですが、
火葬は法律で義務付けられているのでしょうか?
また、埋葬は義務付けられているのでしょうか?

墓地、埋葬等に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO048.html

また、宗教的に火葬を拒否する人はどうなるのかという疑問があります。

Aベストアンサー

>死体遺棄の罪に問われない範囲での選択肢

「捨てずに手元で管理する」のであれば「遺棄」にはなりません。
ちゃんと死亡届けを出して、火葬許可証を持っていれば、「何日以内に火葬しなければ罰則がある」ということではないはずです。(これをせずに、「まだ死んでません」と言ってた、ラ●フスペ●スは犯罪になる)

ただし、遺体が腐ったりすると、公衆衛生上の問題があります。むちゃくちゃ広い土地を持っていて、近所迷惑がないようなところに住んでいらっしゃるのでなければ、いずれ火葬なり土葬なりが必要になるでしょう。

アメリカでは「エンバーミング」という死体保存処理が行われており、いわばレーニン廟みたいに保存することが行われていますが(これもずっと保存するのではなく、広い国で弔問者が来るまで時間がかかるのを待つためのもの)
むちゃくちゃ金がかかるのと、国内では「死体に手を加えること」が認められない現実があって、実施にはかなりの困難がありそうです。

Q公営霊園と民営霊園

霊園には「公営」と「民営」がありますが、
それぞれのメリット・デメリットはありますでしょうか?

Aベストアンサー

公営のことしか分かりませんが、私の祖母が眠っています。
公営施設は設備がしっかりしていますし、管理も言うこと無しです。
ゴミ一つ落ちていません。
自治体により色々あるのでしょうが、制約事項が多いのは、いたしかた
無いというかんじでしょうか?(自治体に居住していたこと等等・・・)それを除けば、公営霊園はきれいで施設が整っています。
ただし、彼岸などは、一斉に墓参りをする人が集まる為、交通渋滞
(霊園の中にまで及ぶ)がネックです。

Q近所の墓地拡張の話で困っています。

近所の墓地に拡張の話があるようです。
隣接の土地にも家が建っています。
今は空き地(お寺の土地のようです)となっているこの土地ですが、既存の墓地を拡張するようです。
法律的には問題ないのでしょうか?
いろいろ調べましたがわからず、質問させていただきました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

墓地法10条1項では「墓地、納骨堂又は火葬場を経営するものは、都道府県知事の
許可を受けなければならない」と定められており、同2項では「墓地の区域を変更する
者も、同様に都道県知事の許可を受けなければならない」と定められています

都道府県知事(実際の事務は殆どが市町村長が行なってます)の許可を受けておらないと
墓地を経営すること(造成することを含む)ができません

質問者様近隣の墓地拡張計画が

1)すでに墓地としてエリア全体の許可を得ており、いままでその一部を使用していたが
さらに拡張する
2)今までの墓地とは離れたところ(地続きでない)に拡張(新たな土地は許可未取得)
3)今までの墓地と一体化するように拡張(新たな土地は許可未取得)

このいずれかによって、今後の流れは違ってきます

1)の場合は、既に得た許可の範囲での造成工事となりますので、改めての手続きは
一切ありません
ある程度の配慮をおこなってもらえるよう申し込む形になると思います

2)と3)の場合は、それぞれ墓地法に基づく手続きが必要となります

手続きでは、安定した墓地経営が行なってゆけるか、その墓地が必要であるのかどうか等を
判断するために経営者が提出する書類が多数ありますが、その中に近隣住民の意見書や
同意書が必要になる場合があります(必要書類は市町村によって異なります)

新たな許可を必要とする場合は、お寺側が話し合いの場を設けられると思いますので
じっくり話し合われてはいかがでしょうか

なお、意見書や同意書は許可を出すかどうかを判断するための材料のひとつとして必要
なのであり、反対者がいる場合は必ず許可が出ないというものではありません
(総合的に判断されるということです)

墓地法10条1項では「墓地、納骨堂又は火葬場を経営するものは、都道府県知事の
許可を受けなければならない」と定められており、同2項では「墓地の区域を変更する
者も、同様に都道県知事の許可を受けなければならない」と定められています

都道府県知事(実際の事務は殆どが市町村長が行なってます)の許可を受けておらないと
墓地を経営すること(造成することを含む)ができません

質問者様近隣の墓地拡張計画が

1)すでに墓地としてエリア全体の許可を得ており、いままでその一部を使用していたが
さらに...続きを読む

Q霊園内で同じ敷地内で隣り同士にお墓が有る場合

私の従兄弟は長男ですが、兄弟が多いので自分の両親は長女が世話をしていました。従兄弟の奥さんは一人娘ですのでその親(母親のみ)と同居していました。
2年前に自分の両親が相次いで他界しました。その時、長男という事で喪主になりました。又奥さんの母親も昨年他界しました。
今年1ヶ月前に、同じ霊園で墓地を2区画購入し、自分の両親と奥さんの母親のお墓を隣り併せに成るように独立して立てました。

これからが皆様に教えて頂きたい事です。
従兄弟の父親は私の父の弟ですので、何かと付き合いが有りました。
しかし、従兄弟の奥さんの母親とは私は面識が有りません。

今週私は叔父さんの3回忌(法要は身内だけで行う)と、お墓が出来た両方でお参りをしようと考えているのですが、その時両方のお墓に供花とお線香などのお参りをしなければならないのでしょうか?
わたしの母は行くのなら一緒に参るのが筋と言いますが、知人に聞くと知らない人を参るのは可笑しいと言います。叔父・叔母がやきもちするのではと言われました。この場合二つのお墓を参るのか叔父叔母のみ参るのか教えて頂きたくお願い致します。

私の従兄弟は長男ですが、兄弟が多いので自分の両親は長女が世話をしていました。従兄弟の奥さんは一人娘ですのでその親(母親のみ)と同居していました。
2年前に自分の両親が相次いで他界しました。その時、長男という事で喪主になりました。又奥さんの母親も昨年他界しました。
今年1ヶ月前に、同じ霊園で墓地を2区画購入し、自分の両親と奥さんの母親のお墓を隣り併せに成るように独立して立てました。

これからが皆様に教えて頂きたい事です。
従兄弟の父親は私の父の弟ですので、何かと付き合いが...続きを読む

Aベストアンサー

坊さんです。
地域によっては、自己のお墓の隣近所もご近所さんだからとお花とお線香を置いていかれる地区もあります。
また、どのような縁であり縁があるなら挨拶程度は当たり前であるとの考え方もあり、「知らない人を参るのは可笑しい」とまでは言えません。
同じ霊園で自分の両親と奥さんの母親のお墓を隣り併せに購入したと言うご縁はある時点で忘れられることはあっても、無理して消したり無視したりという縁ではありません。その意味では、供花とお線香などのお供えは当然あっても良いことではないでしょうか?
もちろん「しなければならない」という性質ではありません。また叔父・叔母がやきもちを焼くことはありません。
合掌


人気Q&Aランキング

おすすめ情報