親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

約7年前にソーラー電波掛時計(針式)を買いました。
先日、針が止まり購入した大型電気量販店に持っていったら、
「内臓電池を交換して、分解掃除もするから新品を買っても値段が変わらない。
ソーラー時計の寿命は10年以内」
と言われました。
ソーラー電池は半永久的に使えるものと思っていたのに、乾電池式の方が小売価格は安くて長持ちすることになり、ショックを受けています。

時計に限らず、ソーラー電池はずっと使えるというような広告を見聞きしたような気もします。
そうすると3年前に買ったソーラー電波腕時計もそのうち動かなくなるのでしょうか。

ソーラー時計、広くはソーラー家電やソーラーエネルギーの寿命があるものか、あればどのくらいかを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

時計というものが、その性質上どうしても正確さを重視しますから、安物といえどもそれなりに精巧なつくりになっています(分解修理ができるかどうかなどは別にして)。

ですから、電池式の時計でも10年も使えば遅れたり止まったりというトラブルは出てくるでしょう。

ですから、7年も使った時計が止まったと持ち込まれたら、メーカーではただ壊れた部分の部品交換だけで済ませることはないでしょう。通常はほかにも経年劣化が想定される部分の清掃点検や部品交換もするでしょうから(返した直後に別のところが壊れて苦情に晒されるよりは、壊れたのを機に予防保全したほうがいい)、どうしても修理費(点検整備費を含めて)は高くなります。

それ以前に、修理自体が高いんですけどね。人件費がかかるから。
電池式の安い時計なら、修理に出すとか部品交換するとか考えるまでもなく、買い換えてしまうのが普通の世の中なので「電池式の時計でも長年使えば調子が悪くなるし、修理できたとしても結構なお金がかかる」なんてことはあまり考えないですよね。
実際、コストダウンのために分解修理など一切考えないものづくりも当たり前に行われているので、そもそも修理できない構造になっているものも少なくありません(特に安い大量生産品は)。

閑話休題。
ソーラー時計で電池式の時計と違う部分は、おおむね以下の2点です。これ以外は電池式の時計とあまり変わらないでしょう。
・太陽電池(ソーラーパネル)は、20~30年程度は若干の性能低下があっても十分使用に耐えると思います。
・蓄電池(質問文の内蔵電池)は、ものによりますが3~7年で性能低下を起こします。
なお、蓄電池はソーラーパネルが光を受けていないときも時計を動かすために電気を貯めておく必要があるため積んであります。蓄電池ではなくコンデンサを使用している製品もあるかもしれませんが、コンデンサも種類により長短はありますが寿命はあります。

家電製品なんて壊れることがないという神話は、古い扇風機が原因で火災になるなどすでに崩れています。
ものにはそれなりの寿命というものがあり、たとえば太陽電池パネルが20~30年は使えるからといって、ほかの部分が壊れて使えなくなる(部品交換や精密点検が必要)ということはおかしなことではありません。

家庭用ソーラー発電ではコンディショナー、大規模ソーラーだとまず蓄電池、ついでコンディショナーが弱点になってくると思います。もっとも、壊れる前にそこだけ取り替えてしまえばいいわけですが(壊れた後だと、壊れ方によってはほかにダメージを及ぼすこともあるため)。
    • good
    • 0

こんばんは。



ソーラー電波時計に限らず、半永久的に使える時計はありません。
例えば、液晶時計のような機械部品がない時計でも経年で液晶パネルが薄くなりますから寿命がありますし、機械式時計では5年ぐらいでのオーバーホールを推奨されてますが、ロレックスなどはオーバーホール料金だけでも3~4万円、部品交換を伴えば軽く10万円以上の料金が掛かる場合もあります。
それでも、50万円以上する腕時計なら、買い換えるよりは安いと思って依頼するものです。

もし、ご質問内容のソーラー電波掛時計の購入価格が50万円以上だったなら、内蔵バッテリー交換などの工賃がロレックスのオーバーホール料金並みに3~4万円でも高いと思わないのではないでしょうか?
しかし、壁掛け時計なら失礼ながら、購入価格は数万円程度でしょうから、数万円の修理工賃が高いと感じるのだと思います。

ちなみに、私もソーラー式の腕時計を2本持ってます。
1本は10年ぐらい前にデザインが気に入って購入した2万円程度の安物クォーツ時計ですが、未だに動いてますから「10年間は寿命がある」ことは実際に確認してます。
ただ、内蔵バッテリー交換に1万円以上の工賃が要るなら廃棄しようと思います。

もう1本は、5年前ぐらいに9万円程度で購入した電波腕時計ですが、今年の東日本大震災の影響で福島県のJJY標準電波(40kHz)が暫くの期間 停波したにも関わらず、1秒の誤差もなく時を刻み続けてくれたので、内蔵バッテリーが寿命を迎えても、2~3万円程度の交換工賃なら依頼しょうと思っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さま、短時間のうちにたくさんの回答をいただき大変感謝しています。
回答者1人1人にお礼を入力すべきですが、1回の書き込みでお許し願います。

ソーラー電池や家電製品に過度な期待を持っていたのが、少し考え直さなければならないと痛感しました。
今後は気に入り度や値段を考慮して、製品を選び、またその後の処分についても今回の回答を参考にしたいと思います。

お礼日時:2011/12/18 14:44

部品の磨耗や故障が関係しているのでは?

    • good
    • 0

ソーラー時計はソーラー発電で直接動いている訳ではありません



夜間など、ソーラー発電ができない時間帯でも動き続けるために、充電池が入っています
明るいときにソーラー発電で時計を動かしつつ電池も充電して夜間に備えます

ソーラー発電そのものは半永久的とまではいかないものの、かなり超寿命ですが、電池がせいぜい10年くらいで寿命ですし、今後も電池寿命が飛躍的には延びないでしょう

ソーラー発電時計は、半永久的に使うというよりも、電池交換頻度を大幅に減らすものです
事実、10年間電池無交換で動き続けた訳ですし

二年毎くらいで電池交換しても構わないのであれば、普通の電池交換式の方が安上がりでしょう
    • good
    • 1

時計自体は除くとして、


まずソーラーパネルの寿命ですが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD% …
こちらにまとまっています。
太陽電池の種類によって違いますが、10-30年です。
人工衛星に使われているものなど非常に強固で耐久性に優れているものもあります。凄まじい価格だそうですが。
時計の場合でも光から発電する原理は同じですので、タイプによって違いますが、同等かと思います。

次に電池ですが、まずソーラーパネルで発電した電気を蓄電する装置が必要です。
充電できるタイプの電池と同じですが、これは種類によって寿命が違います。
高出力は必要無いので、ニッカド電池などが使われているのではないかと思いますが、ニッケル・水素充電池などの可能性もあると思います。リチウムイオン電池などは使われていないでしょう。

満充電して放電した場合の期待寿命は500回くらいが多いのですが、特に寿命を延ばすことをメインにしたエネループなどは
http://jp.sanyo.com/eneloop/lineup/eneloop01.html
1800回が目安になっています。
エネループ技術を使っているという製品は聞いたことが無いので、ニッカド電池などでしょうか。
満充電しない状態は長持ちはすると思いますが、それでも10年くらいが限度だと思います。
二次電池は使えば、少ながらず劣化し、やがてほとんど使えなくなります。これが寿命です。

車のバッテリーも数年で買い換えるのが普通ですし、例えば100年持つ、というような長寿命電池はなかなかないと思います。

> ソーラー電池はずっと使えるというような広告
本当にそうあるのなら、それは嘘ですね。

1977年に打ち上げられ、今でも動作しているボイジャー1号に搭載された原子力電池なんかはすごく持っていると思いますが、これは1次電池であり、充電できません。(切れたらそれで終わり)

寿命をのばすとしたら、二次電池を外してしまう方法が良いかもしれません。
光が当たらなくなったら時計が止まりますが、高品質な太陽光パネルは結構長持ちするのに対して、まだまだ二次電池は持ちません。
しかし、光に当て続けないと不正確な時計というのも何だかですね。

究極的には、体内埋め込みに使われる予定(人工心臓など)の原子力電池が1次電池ですが、光がなくとも動作し続け、相当長期間持つので。
ただ、実用化は法律的な(放射性物質を使うため)問題があるので難しそうです。
    • good
    • 0

太陽電池(ソーラーパネル)は名前こそ、「電池」と付いていますが、あれは太陽光を受けて発電する発電機で電池ではないです。


光が当たった時だけ動けばいいような玩具や電卓なら充電池は不要で半永久的に使えますが、
時計とかライトには、別に発電した電力を貯える充電池があります。
ソーラーパネルの寿命はかなり長くて半永久的とも言えるけど、充電池は寿命があります。
7年もすれば充電池の寿命が来てもおかしくないですね。

分かりやすい例だとこのライトとか。
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/d …
ソーラーパネルで発電した電力を充電池「充電式エボルタ(エネループ)」に貯めて使います。
ソーラー時計も充電池のサイズとかこそ違うけど同じ。
    • good
    • 0

ソーラーであろうが電池であろうが、メカニカル式の時計であれば、数年で分解清掃が必要となります。


太陽電池は太陽の光を受けているときは発電しますが、太陽の光がなければ発電できません。発電できないときも時を刻まなければならないので、そのためには二次電池かスーパーキャパシタが必要となります。スーパーキャパシタであれば寿命が長いのですが、コスト面や容量の関係で採用されないのかもしれないですね。
ソーラー家電と言われるものがどのような物を指し示しているのかが判りませんが、内部に二次電池を持っているものは、数年で電池交換の必要が生じます。
    • good
    • 0

 


半永久は永久ではありません、半永久にも寿命はあります。

例えば太陽光発電システムのメーカー保証は10年~20年
針を回すモーターの寿命は10年程度
表示の液晶の寿命も10年程度
 
    • good
    • 0

ソーラパネル自体は10年以上持つかも知れませんが、その他のパーツは普通のクォーツ時計と同じだと思います。


太陽光発電も太陽光パネル自体は各メーカー10年位を保障しているみたいですが、それらを制御して居る装置は普通の家電と同じだと思っています。
対外10年程度で何処か故障しますよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソーラー・電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるので

ソーラー・電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるのでしょうか?

メーカーの説明を読むと、光に当たっている限り、半永久的 (?) に1秒の狂いも無く動き続けるように感じるのですが、本当のところ、どうなのでしょうか?

このカテでも同じようなQ&Aがあったのですが、半永久というのは言い過ぎだという回答が多かったです。

仮に現在の技術で半永久が可能となったとしても、針式(アナログ式)の時計は可動部分があるため、何年かすると補修の必要が出るように思うのですが、それはどうでしょうか?

もうひとつ

ソーラーじゃなく、普通の電池タイプの腕時計の場合、メーカーの説明で電池の寿命が3年とか5年とかの表示があるのですが、購入した製品があと何年の寿命なのか確かめる方法ってあるのでしょうか?

実際の店頭にはそんなに古い製品は無いという話を聞いた事がありますが、もし買って半年で電池切れになり、クレームをつけても、「残念ですが、あなたが購入したのは、あと半年しか寿命が残っていない時でした」 と言われたら、どうしようもないように感じます。

本当に買ってから3年とか5年は確実に電池はもつのでしょうか?

ソーラー・電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるのでしょうか?

メーカーの説明を読むと、光に当たっている限り、半永久的 (?) に1秒の狂いも無く動き続けるように感じるのですが、本当のところ、どうなのでしょうか?

このカテでも同じようなQ&Aがあったのですが、半永久というのは言い過ぎだという回答が多かったです。

仮に現在の技術で半永久が可能となったとしても、針式(アナログ式)の時計は可動部分があるため、何年かすると補修の必要が出るように思うのですが、それはどう...続きを読む

Aベストアンサー

ソーラー電波アナログ腕時計を3年数ヶ月愛用してます。
勿論、1秒の誤差なしで動作中ですが、それ以前に購入したソーラー・クォーツ・アナログ腕時計は購入後8年程度経過して現在もノンストップで動作中です。
寿命になりそうな部品は、内蔵バッテリーとソーラーパネルと考えられますが、8年以上の使用実績がないので私の場合は未知数です。
8年の使用実績から、私の予想ですが20年は使えると思ってます。

他に、酸化銀電池を使用するアナログ・クォーツ腕時計を3つ持ってます。
いづれも電池寿命は3年程度ですが、古い初期の物は40年近く経ちますが、現在も動作します。
但し、途中で幾つも腕時計を購入してるので、電池切れを何度かさせてるので連続動作ではありません。

同じ時期に購入したグランド・セイコー自動巻腕時計は約40年間に2度分解掃除をしてますが、現在も健在で動作します。
それ以前の時計は紛失しました。
これ等を総合的に考えると腕時計本体は40年間は自動巻でもクォーツも使える結論です。
時計本体より先に金属バンドがダメになる印象です。
尚、電池式クォーツ腕時計の内蔵電池は「購入時はモニター電池」です。
時計メーカーが製造時に装填するので購入時に1年経過してれば、3年の電池寿命の物は残り2年になります。
電池切れで新品電池を装填した時はメーカー発表の電池寿命は保証されます。
私の場合は、どんな腕時計でも5~10年で「飽きる」ので腕時計に何10年の寿命は期待してません。
それでも40年は動作してる現実があります。

ソーラー電波アナログ腕時計を3年数ヶ月愛用してます。
勿論、1秒の誤差なしで動作中ですが、それ以前に購入したソーラー・クォーツ・アナログ腕時計は購入後8年程度経過して現在もノンストップで動作中です。
寿命になりそうな部品は、内蔵バッテリーとソーラーパネルと考えられますが、8年以上の使用実績がないので私の場合は未知数です。
8年の使用実績から、私の予想ですが20年は使えると思ってます。

他に、酸化銀電池を使用するアナログ・クォーツ腕時計を3つ持ってます。
いづれも電池寿命は3年程度...続きを読む

Qソーラー腕時計の内蔵電池は何年持つの?

電池が切れたのを機会にソーラー電波腕時計を買おうとしています。ソーラーは電池交換不要と書いてあります。でもよく考えると、ソーラーで集めた光を電気に変えて何らかの内臓電池に蓄電しているはずです。その電池は何年持つのでしょうか?この内臓蓄電池を3年くらいで交換しないといけないのでは意味がありません。10年くらいは持つのでしょうか?

Aベストアンサー

購入後7年近くたちますが故障・電池交換等ありませんし、時計自体止まるような気配もないです。安定して動いてます。電波時計機能やストップウォッチ機能など一切ないシンプルなモデルです。ただ、蓄光部分(ルミブライト)は購入したときと比べるとずっと暗くなり持続時間も短くなりました。

10年もたてば電池より先にパッキン寿命がきます。また内臓蓄電池は20年で約20~40%の性能低下があるとされています。もっとも20年もたてばこれまた電池より先に機械部分のメンテナンスが必要です。ソーラー部分は腕時計の場合風防によって守られているので10年くらいは問題ないと思います。

Q半永久的に止まらない腕時計

こんにちは。
以前、半永久的に止まらない腕時計があると聞いたのですが、忘れてしまって気になっています。

有名なブランドの商品ではなくて、確かスイスかドイツの職人さんが手作りで作られているものだったと記憶しています。

買う買わない(買える・買えない)の文脈ではなくて、
そのような時計があると聞いたのに、度忘れして気になっている状況です。

ご存知の方がいらっしゃれば、お教えください。
m(_ _)m

Aベストアンサー

動力に何を使っているか?、と言う疑問や、トゥールビヨンのお話、果ては独立時計士のお話までされている割に、自動巻きを良くご存知無いとなるとどうもギャップが大きすぎですよね。(笑)

少なくとも先のNHKの番組に紹介されたお話は、独立時計士や高級時計の工業製品というより、芸術品と全く同じなんですよね。あの方たちは技術者と言う芸術家になってしまった訳で、単に時間を知るなら1$で買える時代ですからねー。フィリップ・デュフォーさんのは1番安いので340万円だった気がします。たぶん作者が亡くなると・・・。

日本国で使用するなら、ソーラーの電波時計がお勧めですよ。故障しなけりゃ普通に永久と言えるくらい正確に時を刻みます。安いし。
それと機械式は、数年に1度オーバーホールが必要ですが、
クオーツなら原則要りません(本当は要ります)。
私もSEIKOのを1個持ってます。

Q時計の寿命について

機械式時計はメンテナンスさえしっかりしていれば100年は持つと聞いたことが
あるのですが、クォーツ時計はメンテナンスをした上でどれくらい持つのでしょう?
勿論、安物ではなくグランドセイコーのような高級クォーツ時計の場合です。
50年くらいは無理ですか?
どうせ買うのであれば一生使いたいのですが…。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「クォーツ時計はメンテナンスをした上でどれくらい持つのでしょう?勿論、安物ではなくグランドセイコーのような高級クォーツ時計の場合です。」

グランドセイコーかザ・シチズンなら、概ね一生修理できるはずです。

ただし、
「質問者様が定期的なメンテナンスを欠かさず」
「飽きずに一生使い続ける」
ことが必要です。

グランドセイコーの場合、メーカーが「製造中止後30年間修理に対応します」と言っています。質問者様が仮に30歳であれば、60歳の定年までは使えることが確実、ということになります。その後も、可能な限りは修理に応じてくれるでしょうから、実際は質問者様の一生を通して使えるでしょう。

また、シチズンのザ・シチズンは、「生涯修理対応」を宣言しています。修理可能年数でいえば、こちらの方がさらに上です。ただし、時計としての評判では一
般にはグランドセイコーの方が良いみたいです。

クォーツ時計が壊れる可能性が一番高いのは「技術のない者が電池交換したとき」と言われます。長く使いたいなら、電池交換は必ずメーカーに依頼して下さい。電池交換の作業を間違わないのは当たり前ですが、同時に時計の点検もして、修理が必要ならその旨言ってくれますので安心です。

また、金属バンドの時計は、時々時計全体を水で洗わないと汚れが溜まり不潔になり、最悪の場合はステンレスがさび付きます。こうなると、いくら修理できると言っても不快で使い続けられません。

グランドセイコーやザ・シチズンは、防水性能が高いので、時計全体を水洗いして問題ありません。特に夏は、定期的にハンドソープなどで時計全体を良く洗ってください。「時計を一生使う」にはこれが大事です。

# いくら防水時計でも、メガネ屋の店頭にある超音波洗浄器に丸ごと入れてはいけません。壊れてしまいます。

「クォーツ時計はメンテナンスをした上でどれくらい持つのでしょう?勿論、安物ではなくグランドセイコーのような高級クォーツ時計の場合です。」

グランドセイコーかザ・シチズンなら、概ね一生修理できるはずです。

ただし、
「質問者様が定期的なメンテナンスを欠かさず」
「飽きずに一生使い続ける」
ことが必要です。

グランドセイコーの場合、メーカーが「製造中止後30年間修理に対応します」と言っています。質問者様が仮に30歳であれば、60歳の定年までは使えることが確実、ということ...続きを読む

Qソーラー電波時計の寿命

私の腕時計はCASIOのWAVE CEPTORという電波時計です。買ってから5年ほど愛用しています。時刻は自動補正でソーラーなので、「ずっと止まらず狂わない理想の時計」だと思っていました。
ただ、最近、ボタンを押したときの「ピッ」と操作音が、1回押すと2度目以降は鳴らなくなります。室内光や太陽光にしばらく当てておくとまた操作音は鳴りますが、その日のうちに同じ症状になります。これはきっと充電ができていないと思います。
そこで質問なのですが、
(1)こうした腕時計の太陽電池の寿命は何年くらいなのでしょうか?
(2)また、本当に寿命がきてしまっているのであれば、どうしたらよいのでしょうか?交換ですか?
(3)もし交換であれば、普通の電池交換屋(?)でもしてくれるのでしょうか?
以上、よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

ソーラー(太陽電池)式腕時計でも2次電池(いわゆるバッテリー)を内蔵しています。
太陽電池で発電した電気の余剰分を2次電池に蓄電しているわけです。
暗いところでは、この2次電池から電気を供給しています。

で、その2次電池の寿命ですが、通常の使い方をしている限りは5年くらいでは寿命にはなりません。携帯電話の充電のように一気に充電するようなものではないからです。

ご質問の不良については、一概に電池の寿命とは言えませんので修理に出されるのがいいと思います。

Qスント(SUUNTO)とカシオ(PROTREK)どっちが優れてる?

時計なので家電あたりのカテゴリと迷ったのですが、取り合えず、アウトドアにカテゴリに投稿しました。

気温・気圧・高度・方位などを測定できる腕時計があります。
知る限り、以下の2社かなと。

「SUUNTO」
http://www.suunto-japan.jp/

「CASIO PROTREK」
http://casio.jp/wat/PROTREK/

そこで、両社モデルを使ったことのある方、または、両社モデルに詳しい方、
両社モデルを比較して、優れている点、劣っている点を教えて下さい。

ちなみに、アウトドア(登山、スノースポーツ、マリンスポーツ、ジョギング、キャンプなど)で活用したいと思っています。
中でもできるだけのフル機能搭載モデルが良いのですが、両社モデルの測定機能の精度も気になるところです。

お勧めのモデルなどもお聞かせいただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 Jagar39です。

 私のプロトレックはPRT-30と刻印してありますが、正確なモデル名は判りません。あまり気にもせずに買ったので・・・

 温度計についてはカシオ、スントに限らず、腕に着けている限りは体温を拾ってまともな気温を示さないのは仕方ありません。腕から外せば「気温」を表示しますが、かなり時間もかかります。

 高度計については、本質的に気圧計です。気圧を測定して高度を計算して表示しているわけですから、標高が判っている地点でキャリブレーションをしないと正確な高度は表示できません。
 台風の接近中で気圧が急降下中の時など、同じ地点に留まっていても猛烈な勢いで高度計の数値が上がっていきます。
 ですから機構が不安定なときは1カ所でキャリブレーションしても行動中に誤差が生じます。

 職場にもプロトレックを持っている人がいて、車で移動中などよく高度を確認し合って遊んでいます。2人とも登山の時はともかく、普段はまったくキャリブレーションなんてしないので、2人のプロトレックが表示する高度が100mほど違う、なんてことはしょっちゅうです。
 前の回答で書いたとおり、同時にキャリブレーションをしても2日間後には100mくらいずれてしまうわけですから。

 精度については、スントでも安価なベクターは5m、高価なX6は1mと表記されています。
 まあ、1mの精度といっても、高度差1mの気圧差を感知するセンサー、といわれても信じがたいですが・・・きちんと測定しているとしても、気圧変化の方が大きいでしょうから現実問題として正確に1mの誤差で高度を測定できるとも思えませんし。
 「1mの気圧差を感知できる高精度なセンサー」を搭載することが「標高を1m以内の誤差で表示する精度」には直結しないはずです。気圧自体が刻々と変化するわけですから。
 なのでGPSを利用するものでもない限り、高度計の精度は「こんなもん」という程度のものだと思います。(そういえばスントにGPSを搭載したモデルがあったような記憶が)

 コンパスについては申し訳ありませんが、私自身に興味がないため、よく判らないんですよ。

 Jagar39です。

 私のプロトレックはPRT-30と刻印してありますが、正確なモデル名は判りません。あまり気にもせずに買ったので・・・

 温度計についてはカシオ、スントに限らず、腕に着けている限りは体温を拾ってまともな気温を示さないのは仕方ありません。腕から外せば「気温」を表示しますが、かなり時間もかかります。

 高度計については、本質的に気圧計です。気圧を測定して高度を計算して表示しているわけですから、標高が判っている地点でキャリブレーションをしないと正確な高度は表示でき...続きを読む

Q液晶時計の表示が薄くなった

掛け時計タイプの液晶電波時計を数年愛用しています。
ソーラー式なので電池は使用しません。
最近、どんなに部屋を明るくしても、
液晶の表示がひどく薄くなってきました。
どんどん薄くなって、見えなくなってしまいそうです。
ちなみに部屋は暖かく、17℃を下回ることはありません。
対応策はあるでしょうか。
(ホームセンターで安く買った中国製なので、
 修理が必要なら買い替えを考えています。)

Aベストアンサー

恐らく内蔵バッテリーの電圧降下が原因と思います。
ソーラーパネルからの発電量が室内照明だけでは不足してしまい、バッテリーの電圧が下がってしまったのです。
時計を外して、直射日光に数時間当ててみてください。
それと、正常に電波を受信してますか? 電圧不足なら、電波受信をする余裕がないですから、正常な受信をしていない可能性があります。
液晶の寿命は、想像以上に長いです。

QGショック10年で修理不可能!

2年前にヤフオクでGショックのメン・イン・ブラック「マッドマン」を新古品で購入。

2年間磯釣りなどでガシガシに使っているとベルトと本体カバーの繋ぎ目の部分がヒビ割れてきた。
カシオに修理の依頼をすると「10年以上前のモデルですので修理に対応できる代替品がありません!」とのこと。
10年以上普通に使っている人はいると思うし、特に気に入っているモノならよく使うのでその分、損傷もひどくなると思います。
たった10年で部品がなくなってしまうGショックはどうしたものか・・・

当時のGブームに乗じて種類を山ほど出した為にその分部品も多くなり部品抱えるのは10年で終了。
Gショックは結局使い捨てというメーカーの見解なのでしょうか。
もうそんなんなら色んな種類出すな!と言いたいです。

皆さん気に入ってるGショックの部品が無いかもしれませんよ!
結局ヤフオクで代替を見つけるしかないのでしょうか?

何か良い知恵ありましたら教えて下さいませm(_ _)m

Aベストアンサー

Gショックなどは、樹脂のボディを使用していますから、金属のボディより寿命は短いですね。
樹脂製品は、弾性を持たせる為に薬品を混ぜ合わせています。
この薬品が少しづつ揮発して、硬くなって、もろくなっていきます。
ですので使用しなくても駄目になって行きます。
(部品として在庫しておく場合でも同じ。)

ですので、部品も作り置きしてもしょうがないのです。
そして、数年置きに補修部品として再度作るなんて需要もまずありません。
基本的に使い捨ての商品ですので。

また、カシオと言うメーカーは、そもそも、使い捨ての安い時計や電卓を作る事が多いメーカーです。
10年も使用されることはそもそも考えていないでしょう。
だから、Gショックも、同じモデルを作り続けるのではなく、昔から半年毎にモデルチェンジしていました。
そんなメーカーでしたので、Gショックのあれらのモデルの様にみな限定生産、予定数作ったら終わり。で沢山の種類を出していた訳です。

ネットで未使用品を探されると言われているようですが、既に年数のたったモデルは、樹脂に含まれる薬品が揮発していて、もろくなっていますので、取り扱いには注意された方が宜しいかと思いますよ。

金属ボディであれば、まだ何とかなったりするのですけどね。。。

Gショックなどは、樹脂のボディを使用していますから、金属のボディより寿命は短いですね。
樹脂製品は、弾性を持たせる為に薬品を混ぜ合わせています。
この薬品が少しづつ揮発して、硬くなって、もろくなっていきます。
ですので使用しなくても駄目になって行きます。
(部品として在庫しておく場合でも同じ。)

ですので、部品も作り置きしてもしょうがないのです。
そして、数年置きに補修部品として再度作るなんて需要もまずありません。
基本的に使い捨ての商品ですので。

また、カシオと言うメー...続きを読む

Q電波時計が止まる・・・

6年前くらいに購入した電波時計が動かなくなりました。
電池はないのでこれは故障かと思い購入した所に持って行きました。
そしたら光に当てるのが少ないのかと思います。としばらく蛍光灯の下で見てもらっていたら動きました。

しかし家で動いたと思っていて気付いたらしばしば止まります。
ケースもガラスケースなので完全な闇に収納しているわけでもないですし、部屋の明るさもそこそこありますが、もっと明るい光や直射日光にも当てないといけないのでしょうか?
一応蛍光灯の明かりでも動きますが、翌日また止まってたり狂ってたりしています。

今回止まるまではこんな事は1度もありませんでした。
それでも故障とかではなく光(明るさ)が数ないのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

機種は内容からソーラー発電式の電波時計でしょうか?

これまでの使用環境で一度も無かったのが、急に今回の現象であるならば、考えは二つ。

(1)ソーラー発電する機能(発電パネル)が劣化して発電能力が下がっている
(2)発電した電力を蓄積する蓄電池が劣化している。

メカのトラブルが無い(時間の異常な現象が無い)ならばほぼこの二つです。

ソーラー電波時計はノンメンテとは言われているようですが、腕時計の世界でもよく発電パネルや、特に蓄電池の基本寿命はメーカーによるけど約6年が目安(もっと長持ちしたり短命もありの個体差なので)。メーカーのメンテナンスサイクルも腕時計(SEIKOの例)ですが6年ぐらいを周期にと言われます(カスタマーセンターで以前確認しました)。

よって、これまでの使用条件で不動になる場合はほぼ故障と思って間違いないです。
もし確認されるならば、取扱説明書の中に例えば、”太陽光で○○時間でフル充電の目安”という記載があるかと思います。それでしっかり充電して、その後常用で無事動けばですが?作動が不安定や不動の場合はパーツが弱っているのでメンテナンスが必要です。

もし普段使いで問題なかったのでしたら、ほぼこの(1)か(2)なので、お店の方に相談しメンテナンスに出された方が良いかと存じます。

参考になれれば幸いです m(__)m

はじめまして。

機種は内容からソーラー発電式の電波時計でしょうか?

これまでの使用環境で一度も無かったのが、急に今回の現象であるならば、考えは二つ。

(1)ソーラー発電する機能(発電パネル)が劣化して発電能力が下がっている
(2)発電した電力を蓄積する蓄電池が劣化している。

メカのトラブルが無い(時間の異常な現象が無い)ならばほぼこの二つです。

ソーラー電波時計はノンメンテとは言われているようですが、腕時計の世界でもよく発電パネルや、特に蓄電池の基本寿命はメーカーによるけど約6年...続きを読む

Qソーラー時計を快適にご使用の方へ

特にソーラー時計を快適にご使用の方へ質問です。

先日ソーラー時計を購入しました。
電池式時計を使っていましたが10年以上使っていてそろそろ寿命かなと思ってCITIZENの電波式ソーラー時計を買いました。
Eco-Drive購入価格3万円ほど。

購入してから少し心配な点があるので心配点を解消したくご回答をお願いいたします。

(1)大切な時に止まっていたら困るという心配。
冬など長袖の下で着用していたり十分に充電できない環境で使用していた場合、人との待ち合わせや行事の時間等大切な時に止まっていたらと思うと使用するのに少し不安です。実際はそんな心配は不要なのでしょうか。どうしたらその心配をぬぐえるのか教えてください。

(2)常に充電をこころがけなくてはならないのが面倒。
以前は使わないときは引き出しの中にしまっておきました。
しかしこのソーラー時計を買ってからは、窓の下の日の当たりやすいところにおいています。また使用時も暗いところで長時間使用する時など
充電を常に気にしていなければならないと思うと不便な時計だなと思います。(電池式だったらまったく気を使わなくてよい。)

今後10年くらいは使うのだろうと思って最新式のをと思って購入したのですが、(1)、や(2)などの問題点がでてきました。
この疑問点を解消するようなご回答をお願いいたします。

また電波式ソーラー時計とうまく付き合っていけるアドバイス等もあったらお願いいたします。

以上よろしくお願いいたします。 

特にソーラー時計を快適にご使用の方へ質問です。

先日ソーラー時計を購入しました。
電池式時計を使っていましたが10年以上使っていてそろそろ寿命かなと思ってCITIZENの電波式ソーラー時計を買いました。
Eco-Drive購入価格3万円ほど。

購入してから少し心配な点があるので心配点を解消したくご回答をお願いいたします。

(1)大切な時に止まっていたら困るという心配。
冬など長袖の下で着用していたり十分に充電できない環境で使用していた場合、人との待ち合わせや行事の時...続きを読む

Aベストアンサー

説明書に書かれている、充電しないでどのくらい持つか確認してみてください。(視覚による確認で安心します。)
充電は蛍光灯の光でも大丈夫です。家に帰ったら蛍光灯の下に置いておくだけで充電できます。
私もはじめの頃は気をつけていましたが、今は快適に使用しています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング