最新閲覧日:

こんにちは。

サッカー中継が放送されています。
(私は、サッカーに関しては、詳しくない素人です。)

マラドーナ・ペレの再来とか言われている選手いますね。
ところで、マラドーナやペレというと偉大な選手らしいですが、どのように凄かったんでしょうか?

1.
現役の全盛期の彼らも、今の海外のトップ選手と比べれば、能力的には普通。当時は確かに凄かったんだろうけど。

2.
現役の全盛期の彼らを、今の海外のトップ選手と比べたとしても、全く見劣りせず、今のサッカー界でも能力的に上回る選手は少ない。

3.
マラドーナやペレは、能力と言うよりも残した成績で凄いとされている。

4.
サッカーは戦術やトレーニング方法・組織力は進歩したかもしれないけど、トップ選手の能力はそれほど変わりない。
なのに、当時の環境でマラドーナやペレほどの水準の選手が生まれたのは奇跡的。


マラドーナやペレとは、どのように偉大だったのでしょうか?
素人の私に解るようにニュアンスを教えてください。
お手数をかけてしまうと恐縮なので、簡単で結構です。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

こんばんは。

オールドファンです。

ペレは66年のイングランドW杯の時から、マラドーナは79年の日本でのワールドユース(現20W杯)から見ている者です。ペレは生では見ていませんが、マラドーナの試合は神戸でボカジュニアーズ時代の21歳ぐらいの彼をまじかで見ました。

二人に共通しているのは。

(1)卓越したボールコントロール・ボディーバランス・創造性・・・DFにタックルされてもなかなか倒れなかったです。今のメッシもそうですね。二人とも相手の逆をつくプレーが多かったです。

(2)国民にも世界からも愛された・・・性格は正反対でしたが。共に世界中の人から愛されました。メッシも世界中から愛されていますね。ネイマールはまだ19歳。これからの成長が楽しみです。

(3)共に身長が低かった・・・ペレは170cm、マラドーナは165cmだったと思います。「小さくても偉大になれる」。世界の子供たちに勇気を与えたと思います。フィジカルは強かったです。

(4)伝説のゴールがある・・・ペレならば58年スウェーデンW杯での「幻惑のゴール」があります。「一瞬ボールが消えた」と子供の頃サッカー部で話題になりました。マラドーナならあの86年メキシコW杯での「5人抜き」があります。

ペレはサッカーで一番大切なものはとの問いに「ひらめき」と答えています。サッカーのシステム・戦術・練習方法・環境とかが時代と共に変化しても不変のもの・・それが「イマジネーション」なのかもしれません。

余談ですが私自身歴史上最高のチームと思うのは72年欧州チャンピオンの西ドイツチーム(ギュンター・ネッツァー、ベッケンバウアー、ミュラー、フォクツとかいて「イマジネーションフットボール」と呼ばれていました)、それと現在のFCバルセロナでしょうか。

時代が違っても変わらないものがあるのですね。一言でいえば「驚き」でしょうか。

ペレが王様になったのは70年メキシコW杯で30歳、マラドーナが神となったのは86年メキシコW杯で25歳だったでしょうか。二人ともメキシコに縁がありますね。メッシが真の神になるにはW杯優勝が必須かもしれません。14年ブラジルワールドカップが楽しみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お立ち寄りいただきありがとうございます。
勉強になりました。
親切な方が多いスポーツカテゴリーでも、回答しにくい振りだったようですね。
すみません。
「驚き」を参考に時々観戦したいと思います。

お礼日時:2011/12/20 19:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ