フリーでデザインやDTP等の仕事をしています。
この度2色刷り(2色はKとMです。)の書籍の仕事を頂きました。
しかし、大変お恥ずかしい話ですが、書籍はCMYK入稿の経験しか無く、
2色の入稿の経験がありません。
表紙はカラーですので心配ありませんが、
中の本文には、illustratorの図やphotoshopの図がところどころ入ります。

その図と本文をindesignで組んでいきますが、
indesign、illustrator、photoshopの各々の
データは色に関してどのように作成すれば良いか教えて頂けると幸いです。

また、4色のphotoshopepsデータを2色に改変するには
1度グレースケールにしてダブルトーン2版にという方法をとってみましたが、どうしても色が汚くなってしまうため別の方法がありましたらこれに関しても教えて頂けると大変助かります。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

すでにご存じかもしれませんが、基本的に知っておくべきことを書きます。



印刷は、C・M・Y・Kの版ごとに印刷機を通します。
つまり、4色フルカラーの本を作るということは、4回印刷機を通すということです。
当然ながら、2色の本を作るときは、2回印刷機を通します。

したがって、先行回答者がいうとおり、イラレでもフォトショでもインデザでも、
KとMしか使ってはいけないということです。

逆に、KとMを混ぜて使うことには問題ありません。
ただし、ここで注意しなければならないことがあります。
図版(写真・グラフィック)にはKとMを混在させても問題は少ないのですが、
文字のカラーにKとMを混ぜて使うことには、相当慎重になるべきです。

2色刷の本は、先ほど言ったように、印刷機を2回通すわけですが、
印刷される紙は、湿度などによって微妙に伸縮するため、
「版ズレ」という現象が起きがちです。
「版ズレ」というのは、本来のデータ上はKもMもまったく同じ位置にあるのに、
印刷したときに微妙にずれが生じることです。
文字に対して版ズレが起きると、文字が二重に見えてしまい、
非常に見にくい本に仕上がってしまいます。

この版ズレは、0.0何ミリという単位で起きるのが普通なので
(仮に0.1ミリ以上ずれたら、印刷会社の落ち度で刷り直しです)
大きなタイトル文字、ゴチック体などならOKのことも多いですが、
小さな本文文字、明朝体のように線の細い文字には使うべきではありません。

また、図版であっても、0.1ミリといった細い罫線にKとMを混在させると、
1本の線が2本に見えてしまうと言ったトラブルの原因になりますから、これも要注意です。

ですので、MとKの混在は、塗りの部分などの使うと考えた方がよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どの方も大変参考になるご意見有り難うございました!
印刷に関して知識が乏しかったため大変参考になるご意見でした。
先日無事に色校正に出すことができました。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/15 10:55

>また、4色のphotoshopepsデータを2色に改変するには



マゼンタのままですか、
あとで特色に変えるのですか?

チラシでないので、画像を2色でなくグレースケールでよいのでは?
2色 = 画像2色 ということもないので
 クライアントにお聞きになったらいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有り難うございました!
マゼンダのままですが、先日無事色校正に出せました。
有り難うございます。

お礼日時:2012/02/15 10:56

Indesign、Illustratorでは「KとMのみを使う」としか言いようがありません。



CMYKのPhotoshopデータをMKのデータに作り変えるには、私は「チャンネルミキサー」を使います。

まずCチャンネルのCを0(ゼロ)に、またYチャンネルのYも0に落とします。
それで自然な写真が出来上がればそれでOKです。

しかしそれでは色が剥げ落ちて不自然に見える場所があちこち出てくることもあります。
そういうときはMチャンネルとKチャンネルで調整していきます。
具体的には、Mチャンネル・KチャンネルのそれぞれでCやYの数値をプラスの方向に少しずつ上げて剥げ落ちた部分の色を補っていくのです。
ひとことで言えば、もともとはCだったところを、Cは0にしてしまったのでその分を軽めのKやMで置き換えて埋めていくということです。
一枚一枚、仕上がり具合を見ながらの作業になりますので時間はかかります。

以上参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有り難うございました!
チャンネルミキサーの使用方法大変参考になりました。
有り難うございます。

お礼日時:2012/02/15 10:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPhotoshopとInDesignで特色指定入稿

画集をつくっています。

絵の具を使って描いたイラストを、データにしたものがあります。
これをDICの色番号で特色1色の指定をして
InDesignで入稿したいと思います。

Photoshopでまず、イラストをグレースケールにして、
さらにそれをダブルトーンで特色をDICの番号で設定して加工して、
それをInDesignに配置して入稿すればいいのでしょうか。
印刷所ではPhotoshopに組み込まれた色番号を
印刷所のスタッフが確認して特色を作って印刷、
という感じになるのでしょうか。

あるいは、Photoshopでの加工はイラストをグレースケールすることのみにとどめておいて、
それをInDesignに配置して、
あとは、いままでやられていたように、入稿の際に
カラーガイドの「色紙」のチップをちぎって
出力見本のプリントなどに添付する方法の方がよいのでしょうか。

Aベストアンサー

仕上がりが色つきなので混乱するかとおもいますが、
特色1色での印刷は、印刷所では1色分の版のみ出力しますので、
グレースケールの状態で入稿してOKです。
カラーガイド、出力見本を貼付すれば完璧だとおもいますよ。

Q2色刷りのPDF入稿について

InDesignCS3でMKの2色で作成したデータ(6ページ程)を[PDF書き出しプリセット]にて変換し、入稿しました。
すると印刷会社の方から、
「取り込み画像にCYが1%ほどまじっています。見た目では確認できなかったので、該当の場所が細かく指示できないのですが、確認してもう一度入稿し直してください。」
と言われてしまったのですが、InDesigh上でも画像をPhotoshopで確認しても、きちんとMKで2色になっているんです。
けど、確かにPDFの[出力プレビュー]で確認すると細かい部分でC1%混じっている部分がありました。
PDF変換時に誤作動があったからなのでしょうか?
解決するPDF変換方法がございましたら教えていただけないでしょうか?
初歩的な質問だったらすみません!
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

アクロバットの「色を変換」機能を使えば大丈夫です。
出力プレビューで確認すれば安心です。

QInDesign貼り込んだIllustrator書類内に埋め込み画像の色分解について

InDesignCSを使ってレイアウトを最近始めたのですが、
特色を使って出す時に、
IllustratorCSにPhotoshopCSで作られたファイルを埋め込んで
InDesignに張り込んでカラー分解印刷をすると、
埋め込まれた画像が出力されません
(周りにあるイラストレーターで作られた画像は分解される)
どなたか、どうしたら分解されるのか知っていらっしゃる方、
居ませんでしょうか?

Aベストアンサー

Photoshop画像の埋め込み...をとりあえず配置にしてみる

あと、Photoshop画像のモードはダブルトーンですか?
(RGBとかなってないですか?)


最悪、特色分解は諦めてCMYKのいずれかの版に置き換えて別版で分解するとか..

QinDesignの入稿について

はじめまして、質問させていただきます。
InDesignで始めて入稿します。
周りに聞けるデザイナーが少ないためお聞きさせていただきます。

InDesignでPDF入稿(この後色校等の流れがあります)の際は
パッケージで集めた画像や、inddファイルは必要ないのでしょうか。
フォントはフォントワークスです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

InDesignでPDF入稿との指示であれば、その他の画像やファイルは
必要ありません。そのPDFを見て色校正の指示があるはずです。

必要ファイルや形式がある場合はあらかじめ指定されます。
参考にしてください。

QIndesignのカラー設定(一部グレースケールで入稿したい)

Indesign初心者です。知恵を貸して下さい。
IndesignCS2を使い100ページほどの雑誌を担当することになりました。
内容はフルカラーではなく、コスト削減のために途中白黒のページがあります。この白黒(グレースケール)ページの作り方について疑問があります。
例えばillustratorでは、カラー>グレースケールに変換のようなページ全体をカラー変換する機能がありますが、indesign上ではカラーモードがCMYKとRGBとLabの3種類しかないため、どういった手順で塗りや線をグレースケールに変換したらいいのでしょうか。写真はあらかじめカラーを破棄したものを配置する予定です。
自分なりに考えたのですが、最初からスウォッチパレットの紙色(白)と黒のみを使って入力しなければならないんでしょうか。その際、この黒色はグレースケールの黒ではなく、CMYKの黒として認識されてしまうのでしょうか。だとすれば、出力の際、他のCMYK(フルカラー)と同じ料金になってしまう気がするのですが。

Aベストアンサー

遅くなってすいません

CMYKのページをコンポジットグレーで出力するとK版で出力されますが、本来のCMYKのカラーテーブルが崩れるのでお奨めできないって事です
とはいってもよくわかんないですよね(汗

写真で試してみるとよく解ると思うんですが、同じ写真でCMYK→グレースケールと最初っからグレースケールの写真を比べてみると全然違います
モノクロにはモノクロのトーンカーブがありカラーならカラーのトーンカーブがあります
例えば人の顔写真があって髪の毛が茶髪だったとします
その写真がCMYKモードからグレースケールに変換した場合、髪の毛の部分がやたら薄かったり、逆に真っ黒だったりします
もちろんイイ感じな仕上がりになるかもしれません
結局何がいいたいかとゆーと、かならず満足する調子に仕上がるとは限らないのです
それをふまえてイラレで作ったカラーページではっきり読めた文字がコンポジットグレーで出力した時、薄くて読めないって事があります

基本通りモノクロページはK単色で作るといいでしょう


人気Q&Aランキング

おすすめ情報