半ば素人ですが、以下環境で多くの画像がリンクされたフルカラーチラシを作成しております。

WindowsXP+PhotoshopCS2+IllustratorCS2

PhotoshopCS2でCMYK変換し、EPS形式に保存する時に、
今まではカラープロファイル(Japan Standard v2)を埋め込んでいたのですが
カラープロファイルを埋め込まなくても問題ないでしょうか?

その理由はカラープロファイルを埋め込まないとEPSファイルサイズが半分近くになり、
最近、始めたオンライン入稿(宅ふぁいる便)の送信が1回(100MB以下)で済むので助かるからです。

ちなみに、今までカラープロファイルの埋め込みは印刷業者からの指示ではなく
私の素人判断でつけていました。

ネット検索すると印刷出力基礎知識として「CMYKにプロファイルを埋め込んではいけない」
とも書かれてます。

一般的な印刷業界の情報を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ナルホド、分かりました。


そういうケースでは、全く作業内容に関係ないので、プロファイルは気になさらなくても良いかと思います。
(すごく色味にこだわりがない場合は)
プロファイルは、その画像を作った人が『この色味で使用して!』という時の、印みたいなものだと思うのです。
例えばメインビジュアルが写真のCDジャケットや商品カタログなんかは、微妙な色が命ですので、
色が変わらないように必要なのです。撮影した人と、使用する人の色環境も違うので、どうしても差ができますからね。

お調べになられた通り、雑誌や新聞の広告掲載時なんかの規定(トラブル回避のため厳しいです)では、
プロファイルの埋め込みは禁止です。
プロファイルって、RGBの場合にのみ有効で、実はCMYKにはあまり意味ないのかも知れないですね…。

なので、商品カタログからご自身でスキャニングする時も、プロファイルは埋め込みしなくて大丈夫です。
最終は印刷業者さんに色味を調整していただく訳ですし、普通にCMYKにだけ変換していれば、印刷には大丈夫です。
さらにスキャニング時に、最初からEPS保存にすれば、画像編集は1度ですみますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

まず、新聞折り込みチラシなので、CDジャケットや商品カタログ(パンフレット)レベルの
画像品質は必要としません。

やはりカラープロファイルは埋め込まなくて良いという事ですね。
これだと1回のオンライン入稿(100MB以下)で済むので助かります。

>プロファイルって、RGBの場合にのみ有効で

実は最初にこの問題でだいぶ試行錯誤しました。
Photoshopで画像をスキャンする場合、スキャナーの読み込み環境をsRGB(もしくはAdobe RGB)
にしないと色合いが大きく異なってしまいます。
未だにsRGBとAdobe RGBどちらがいいのか迷ってるのですが...
今までsRGB環境で読み込んでましたが、最近気がつきましたが
Adobe RGBの方が原画に近い色がでるようです?
スキャナーのメーカーや機種にもよるかもしれまませんが、プロファイル変更すべきか迷ってます。

>キャニング時に、最初からEPS保存にすれば、画像編集は1度ですみますよ。

1度で済むというのは、PSD形式(RGB)読み込み→CMYK変換→EPS形式保存という事でしょうか?

それとも最初からEPS(CMYK)形式で読み込めるスキャナーがあるのでしょうか?

度々すみません。 

お礼日時:2007/11/29 11:29

お礼いただきました。



そうですか。でしたら、Adobe RGBでよいと思いますよ。
さっとネット検索しましたら参考URLがでましたので、読んでみると違いがわかりそうです。

あとスキャニング時の件ですが、メーカーや機種によりますが、最初からEPSでできる物もあります。
お持ちのものはおそらくPSDでしかできないのかも知れませんね。
ややこしい事までお話ししてしまってごめんなさい。

詳しく知るには、印刷屋さんに直接聞けば、きっと教えてくれると思います。
向こうにしたら、間違って手間のかかるデータになるより有り難いはずですし。

大体こんな回答で宜しいでしょうか?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/RGB
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。

質問外の回答までいただいて恐縮です。今後、Adobe RGBに変更します。

手持ちのスキャナーはPhotoshopの場合はPSD形式(RGB)になります。
いきなりEPS(しかもCMYK?)でできる物があるとは知りませんでした。

今後は印刷屋さんと相談してみます。

どうもありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2007/11/29 13:42

こんにちは。

そこまで詳しくないですけど…。

その扱っている画像は、デジカメデータですか?
カメラマンがきちんと撮影した場合、よくプロファイルの埋め込みをされています。
(埋め込みをしてるので、フォトショップ6.0以上で開いてください、等指示がついてます)

もし何もないのでしたら、特につけなくてもいいかと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ようやく回答がつきました。ありがとうございます。

画像のおよそ99%は商品カタログからスキャナで読み込んでます。
残りの1%はデジカメで撮影してますが、小さな画像なので
いずれも多少の色合いの違いは気にしません。

PhotoshopCS2でsRGB(Adobe RGBの方がいいかも?)カラープロファイルを埋め込み、
CMYK変換後、EPS保存する時にカラープロファイル(Japan Standard v2)を
埋め込んでます。

最終的に、印刷物の色合わせはカタログ写真を見本に印刷業者が行うので、
条件が一緒であれば同じだと思うので、EPS保存する時のカラープロファイル(Japan Standard v2)は
埋め込まなくていいと思うのですが、いかがでしょうか?

お礼日時:2007/11/29 05:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPhotoshopCS CMYK+特色1の変換

画像の加工について教えてください。
RGB画像の藍の部分を綺麗に出したいため、PhotoshopCSを使って、CMYK+特色1色(特ねり藍色)の計5版で製版を行いたいのですが、藍の部分が特色版に割り振られるように変換するようにはどのように操作したらよいのでしょうか?
いつもCMYKのときは、JapanColor2001でプロファイル変換しています。
同じような操作でやる方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

特色用の版を作らずにCをそのままもう一度 “特ねり藍色” で刷ると言うこと?
普通は特色用の版を一つ作るんだけどどうすればいいかは印刷屋に聞いてください。Photoshopデータだけではちょっと無理かな。

QIllustrator CS5にてeps画像を配置すると、CMYK値が

Illustrator CS5にてeps画像を配置すると、CMYK値が変わってしまいます。

お知恵を貸していただきたいのですが、
Photoshop CS5で作成した画像を、epsで保存した後Illustrator CS5にて配置をすると、画像のCMYK値が変わってしまいます。

例えばPSで、C20Y15Y15K100で塗った画像をepsで保存し、Illustratorにて配置すると上記のカラーがC92.97 M87.97 Y89.02 K80とむちゃくちゃな値に変わってしまいます。

黒だけでなく、他のカラーでもほぼ同様に数値が変わってしまいました。PSDを配置してみても上と同じような結果となりました。

カラー設定はBridgeにて全て同期し、設定は「一般用 - 日本2」を使用しています。eps保存時は全てチェックは外して、TIFF(8bit)/JPG最高画質で保存をしています。

対処法をご存じの方がいらっしゃればご享受お願いします。

Aベストアンサー

遅レスですが、ご参考までに

・画像をリンク配置してスポイドで色をひろうととんでもない数値になります。プレビューの数値を拾っているのでまず意図しない数値になるようです。PSDも同じなのが腑に落ちないのですが、そういう仕様みたいです。ただし、画像自体の数値が変わっている訳ではありませんので出力・印刷に影響はありません。

・EPS保存の際に、エンコーディングをJPEG圧縮にするとデータは軽くなりますが、写真などだと分かりにくいですが、ベタなどで数値が変わってしまうことがあります。(1~2%別の色がはいったりします。)一度EPS保存でエンコーディングをJPEG圧縮にすると通常のJPEGと同様、再保存するたび画像劣化します。容量などの制限がないのであれば、ASCIIかバイナリにすると回避できます。
(昔はRIPのせいでバイナリ運用が当たり前でしたが・・・データが大きいのでやり取りが大変でした)

回避策ですが、画像を開いて使ったようですので、埋め込みされたことになると思います。
リンク配置の画像から色を拾うのは現状無理っぽいので、画像を開いて色を拾うか埋め込みにしないと正確な数値を拾えないと思います。
今回は数値が変わらなかったようですが、EPSでエンコーディング:JPEG圧縮の画像ですと上記のように数値が微妙に変わることがあるので、基本PSDやTIFFなどの画像で運用した方がいいのでは。
ただ、印刷先などがNGとなっている場合などは、最終的に埋め込みにするなどして対処するのがいいかなと思います。

最近は、PCのスペックがよくなったり、IllustratorやInDesignもPSDをサポートしているのであえてEPSにする必要はないかな~とも思います。(画面表示は早いですが・・・)

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

遅レスですが、ご参考までに

・画像をリンク配置してスポイドで色をひろうととんでもない数値になります。プレビューの数値を拾っているのでまず意図しない数値になるようです。PSDも同じなのが腑に落ちないのですが、そういう仕様みたいです。ただし、画像自体の数値が変わっている訳ではありませんので出力・印刷に影響はありません。

・EPS保存の際に、エンコーディングをJPEG圧縮にするとデータは軽くなりますが、写真などだと分かりにくいですが、ベタなどで数値が変わってしまうことがあります。(1~2%...続きを読む

QInDesignCS3:画像データのカラーモードをCMYK/グレースケールに設定する方法を教えて下さい。

InDesignCS3で、JPEG画像データをページに貼り付けるとRGBになっています。画像データのカラーモードをCMYKやグレースケールに設定したいのですが、カラー設定が変更できません。
どこで設定したらよいのか教えていただけないでしょうか。
できれば詳細な手順を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Photoshopを使用してください
印刷用のデータを作成されているのならJPGではなくEPSで保存してください

Qillstrator(CS) CMYKにカラー変換できない

illstrator(CS)で印刷物を作成しています。
いざ入稿となり“書類情報”を見てみると、カラーモードがRGBカラーとなっています。
なので、「フィルタ」メニューからカラーをCMYKに変換しようとしたのですが
「CMYKに変換」がクリックできず、カラーを変換することができません。

普段はWEBのものを作成しているためミスしてしまいました。
印刷のためにRGBカラーにするにはどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

選択してないからじゃないでしょうか。
それよりファイルのドキュメントのカラーモードで変換すればイッパツです。
CMYKにしたとき色が変わるので必要なら補正したほうがいいでしょう。

Q印刷データ IllustratorでCMYKの%に決め事はあるのでしょうか

現在、知人に依頼されて、パンフレットの印刷データをIllustrator10で制作中なので、知りたいことがあります。

以前に短期間、デザインの個人事務所でアルバイトをしていた時、社長に、
「色は2色以上混ぜるな。5%以下は使うな。」と言われていたことを思い出しました。
やはりこれが常識でしょうか?
他にも色作りのときの、決まりごとと申しますか、
データの色はこうした方がよいとかあればお教え願えれば幸いです。

Aベストアンサー

印刷屋さんがどのような環境なのかにもよります。印刷屋さんにデータ入稿の際の注意点を聞いておかないとトラブルの元ですし、注意点は印刷屋さんによって異なるので「こうすれば大丈夫」という確証はありません。
フィルムで出力して、殖版機で刷版に焼くとすると、5%以下の網点は飛んで消えてしまう可能性がありますが、直接刷版にデータを焼き付けるCTPがあるなら再現できるかもしれません。
4色オフセット印刷では、「インクを乗せるのは300%あたりが限界」と言った印刷上の注意点はあります。印刷実務についての経験がない場合は、なおさら印刷屋さんと打ち合わせすることをお薦めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報