半ば素人ですが、以下環境で多くの画像がリンクされたフルカラーチラシを作成しております。

WindowsXP+PhotoshopCS2+IllustratorCS2

PhotoshopCS2でCMYK変換し、EPS形式に保存する時に、
今まではカラープロファイル(Japan Standard v2)を埋め込んでいたのですが
カラープロファイルを埋め込まなくても問題ないでしょうか?

その理由はカラープロファイルを埋め込まないとEPSファイルサイズが半分近くになり、
最近、始めたオンライン入稿(宅ふぁいる便)の送信が1回(100MB以下)で済むので助かるからです。

ちなみに、今までカラープロファイルの埋め込みは印刷業者からの指示ではなく
私の素人判断でつけていました。

ネット検索すると印刷出力基礎知識として「CMYKにプロファイルを埋め込んではいけない」
とも書かれてます。

一般的な印刷業界の情報を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ナルホド、分かりました。


そういうケースでは、全く作業内容に関係ないので、プロファイルは気になさらなくても良いかと思います。
(すごく色味にこだわりがない場合は)
プロファイルは、その画像を作った人が『この色味で使用して!』という時の、印みたいなものだと思うのです。
例えばメインビジュアルが写真のCDジャケットや商品カタログなんかは、微妙な色が命ですので、
色が変わらないように必要なのです。撮影した人と、使用する人の色環境も違うので、どうしても差ができますからね。

お調べになられた通り、雑誌や新聞の広告掲載時なんかの規定(トラブル回避のため厳しいです)では、
プロファイルの埋め込みは禁止です。
プロファイルって、RGBの場合にのみ有効で、実はCMYKにはあまり意味ないのかも知れないですね…。

なので、商品カタログからご自身でスキャニングする時も、プロファイルは埋め込みしなくて大丈夫です。
最終は印刷業者さんに色味を調整していただく訳ですし、普通にCMYKにだけ変換していれば、印刷には大丈夫です。
さらにスキャニング時に、最初からEPS保存にすれば、画像編集は1度ですみますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

まず、新聞折り込みチラシなので、CDジャケットや商品カタログ(パンフレット)レベルの
画像品質は必要としません。

やはりカラープロファイルは埋め込まなくて良いという事ですね。
これだと1回のオンライン入稿(100MB以下)で済むので助かります。

>プロファイルって、RGBの場合にのみ有効で

実は最初にこの問題でだいぶ試行錯誤しました。
Photoshopで画像をスキャンする場合、スキャナーの読み込み環境をsRGB(もしくはAdobe RGB)
にしないと色合いが大きく異なってしまいます。
未だにsRGBとAdobe RGBどちらがいいのか迷ってるのですが...
今までsRGB環境で読み込んでましたが、最近気がつきましたが
Adobe RGBの方が原画に近い色がでるようです?
スキャナーのメーカーや機種にもよるかもしれまませんが、プロファイル変更すべきか迷ってます。

>キャニング時に、最初からEPS保存にすれば、画像編集は1度ですみますよ。

1度で済むというのは、PSD形式(RGB)読み込み→CMYK変換→EPS形式保存という事でしょうか?

それとも最初からEPS(CMYK)形式で読み込めるスキャナーがあるのでしょうか?

度々すみません。 

お礼日時:2007/11/29 11:29

お礼いただきました。



そうですか。でしたら、Adobe RGBでよいと思いますよ。
さっとネット検索しましたら参考URLがでましたので、読んでみると違いがわかりそうです。

あとスキャニング時の件ですが、メーカーや機種によりますが、最初からEPSでできる物もあります。
お持ちのものはおそらくPSDでしかできないのかも知れませんね。
ややこしい事までお話ししてしまってごめんなさい。

詳しく知るには、印刷屋さんに直接聞けば、きっと教えてくれると思います。
向こうにしたら、間違って手間のかかるデータになるより有り難いはずですし。

大体こんな回答で宜しいでしょうか?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/RGB
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。

質問外の回答までいただいて恐縮です。今後、Adobe RGBに変更します。

手持ちのスキャナーはPhotoshopの場合はPSD形式(RGB)になります。
いきなりEPS(しかもCMYK?)でできる物があるとは知りませんでした。

今後は印刷屋さんと相談してみます。

どうもありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2007/11/29 13:42

こんにちは。

そこまで詳しくないですけど…。

その扱っている画像は、デジカメデータですか?
カメラマンがきちんと撮影した場合、よくプロファイルの埋め込みをされています。
(埋め込みをしてるので、フォトショップ6.0以上で開いてください、等指示がついてます)

もし何もないのでしたら、特につけなくてもいいかと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ようやく回答がつきました。ありがとうございます。

画像のおよそ99%は商品カタログからスキャナで読み込んでます。
残りの1%はデジカメで撮影してますが、小さな画像なので
いずれも多少の色合いの違いは気にしません。

PhotoshopCS2でsRGB(Adobe RGBの方がいいかも?)カラープロファイルを埋め込み、
CMYK変換後、EPS保存する時にカラープロファイル(Japan Standard v2)を
埋め込んでます。

最終的に、印刷物の色合わせはカタログ写真を見本に印刷業者が行うので、
条件が一緒であれば同じだと思うので、EPS保存する時のカラープロファイル(Japan Standard v2)は
埋め込まなくていいと思うのですが、いかがでしょうか?

お礼日時:2007/11/29 05:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDATA保存時のプロファイル埋め込みについて

PhotoshopでDATAを保存する時に、プロファイルの埋め込みの有無をcheckできると思うのですが、checkしないとDATAをくれた相手がどんな作業スペースで作業していたかわからないものですか?

埋め込んであるのとないのとだとどちらが主流なんでしょうか?

Aベストアンサー

開くときに「無視」を選ぶと自分の作業スペースになります。
それが誰に対しても適切とは言い切れませんが、
少なくとも私にはそれがいちばんトラブルが少ないです。



それと、他の方への補足に立ち入ってしまいますが(汗)

異なるRGBスペースで開いても見え方が変わるだけですが
異なるCMYKスペースで開くと見え方が同じでも各版の数値が変わってしまいます。
もちろん開いただけでは変わりませんが、そのスペースで再保存すれば変わります。

恐いのは「見え方があまり変わらない」と言う部分です。

CMYKは所詮RGBを使って擬似的に表示しているだけですから
モニターで見る分には違いが出なくて当然なんですが、
たとえばプロファイル内のUCR(下色除去)とGCR(色転化)が変われば
実際の印刷版では各色の配分が違ってしまいます。
その結果、スミ潰れが起きたりコントラスト不足になったりします。

特に、コート紙用の分解と新聞紙用の分解では
その辺りの違いが顕著になって現れます。

そういう意味ではCMYKに分解したデータは、相手の印刷環境が分かっている場合以外は
外に流通させないほうがいいです。
また、もし先方からCMYKデータが来たら
プロファイルをそのまま使っていっさい色目についてはいじらないほうがいいです。
もちろん色については分解者に責任を取ってもらうようになります。
この辺りが「ルール」なんですね。

この場合、ある程度画像の扱いに慣れてくれば、CMYKをいったんRGBに戻して
再度適切なCMYK分解テーブルにかける事もできますが
画像の劣化が避けられませんからあまり薦められません。

私の仕事の場合でも、同じ画像を新聞と一般印刷に使いまわす場合は
それぞれに合わせた分解テーブルで分解しなおします。
また、先方で画像データを必要とする場合はプロファイルなしのRGBデータを渡します。

開くときに「無視」を選ぶと自分の作業スペースになります。
それが誰に対しても適切とは言い切れませんが、
少なくとも私にはそれがいちばんトラブルが少ないです。



それと、他の方への補足に立ち入ってしまいますが(汗)

異なるRGBスペースで開いても見え方が変わるだけですが
異なるCMYKスペースで開くと見え方が同じでも各版の数値が変わってしまいます。
もちろん開いただけでは変わりませんが、そのスペースで再保存すれば変わります。

恐いのは「見え方があまり変わらない」と言う部分...続きを読む

Q【illustrator】保存時にICCプロファイルは埋め込みしなくてOKですか?

イラストレータCS2(WinXP)使っております。
「.ai」での保存方法をいろいろ試してみたのですが、
・ICCプロファイルを埋め込まない
・圧縮を使用
という条件だと極端にファイルサイズが小さくなります。圧縮はいいとしてICCは埋め込まなくていいのだろうかと悩んでいます。作業内容はWeb用のJPEGやGIF画像作成です。お詳しい方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

用途がWEB用でファイルサイズの軽量化が目的でしたら埋め込みしなくてもOKだと思います。

ICCプロファイルはアプリケーション、プリンター、モニターの色合わせのためにあるもので、主に印刷業界で必要となるものです。

それに付属のアドビガンマユーティリティでモニタのキャリブレーションを行ってないと本来の色がモニタに映りません。
キャリブレーションを行ってない2台のモニタで同じ画像を比較すればその違いがよくわかります。
(電器屋で違うメーカーのテレビ画像を比較した時と同じように違いますよ)

ネット上ではほとんどの人がこのモニタのキャリブレーションを行っていないのでICCプロファイルを埋め込む以前の問題で違った色で表示されてしまいます。

たとえモニタのキャリブレーションを行ったとしてもブラウザ自体がICCプロファイルを認識できなければ意味がありません。

以下、印刷業界でのお話ですが・・・

マックは昔からColorSyncという技術があるので色の違いをそれほど?気にする必要がないようですが、Windowsはカラーマネージメントに関しては遅れてたので、ICCプロファイルを埋め込んだり、モニタのキャリブレーションを行う等して色合わせする必要がでてきたのです。

私もWindows環境で印刷屋にデータを入稿してますが、この色合わせ(色の再現性)にはだいぶ苦労しました。

結論は質問者さんの場合は、ICCプロファイルは埋め込みしなくてよいと思います。
(ネット上で色を忠実に再現させるにはWindows環境の全ての人がこのカラーマネジメントを行う必要があるからです)

私は印刷屋の指示で色空間をsRGB IEC 61966-2.1にしてますが。

用途がWEB用でファイルサイズの軽量化が目的でしたら埋め込みしなくてもOKだと思います。

ICCプロファイルはアプリケーション、プリンター、モニターの色合わせのためにあるもので、主に印刷業界で必要となるものです。

それに付属のアドビガンマユーティリティでモニタのキャリブレーションを行ってないと本来の色がモニタに映りません。
キャリブレーションを行ってない2台のモニタで同じ画像を比較すればその違いがよくわかります。
(電器屋で違うメーカーのテレビ画像を比較した時と同じように違い...続きを読む

Qeps形式とai形式の違いは何でしょうか?

eps形式とai形式の違いが分かりません。

仕事でイベント屋をやっていて、
デザイン屋さんの画像データを
ステージ施工会社に渡すことが多々あるのですが、
いつもeps形式で渡してます。
aiはイラストレータの標準形式だと思いますが、
こっちはデザイン屋さんも出したがらないですよね。
ノウハウはaiに詰まってるのでしょうが、
epsならOKな理由が分かりません。

Aベストアンサー

ええと、epsによって失われるものは・・(経験談ですが、記憶違いもありえますので参考まで)

・グラデーションメッシュがめちゃくちゃになりました。
・aiの各オブジェクトに対する「透明」が無視されました。
・配置した画像が勝手にスライスされていました。

ai独時の機能はeps保存する時に切り捨てられると考えていた方が無難です。なお、上に書いた症状は、以前イラストレーターが不安定だった時に起こったものなので原因がごっちゃになっている可能性もあります。あくまでご参考まで。

現在、eps渡しにする場合はaiの特殊機能を使わないように気をつけています。


>ノウハウはaiに詰まってるのでしょうが

それは深読みし過ぎですよ^^
単に互換性の問題だと思います。epsの方がaiより多くの人にとって無難ですので。それと、同じepsでも保存形式(バージョン)によっては不具合が出るかもしれません。
相手の環境がわからない時はeps8で保存してあげた方が無難だと思っています。(相手が印刷用など、aiが必要になったら自分でepsからaiに変換するでしょうし)

ええと、epsによって失われるものは・・(経験談ですが、記憶違いもありえますので参考まで)

・グラデーションメッシュがめちゃくちゃになりました。
・aiの各オブジェクトに対する「透明」が無視されました。
・配置した画像が勝手にスライスされていました。

ai独時の機能はeps保存する時に切り捨てられると考えていた方が無難です。なお、上に書いた症状は、以前イラストレーターが不安定だった時に起こったものなので原因がごっちゃになっている可能性もあります。あくまでご参考まで。

現在、eps...続きを読む

Qphotoshopでeps保存:バイナリとJPEGの違い

印刷物のデザインをしている者です。画像の保存について質問します。
使用ソフトはphotoshop7.0、使用環境はmacOS9、powerMacG4です。
うちの会社ではphotoshopで画像をEPS保存する際に、「Macintosh8ビット」で「バイナリ」を選ぶようにしています。
でも、なぜバイナリにしているのか、バイナリとは何なのかがわかりません。入社後だいぶたってしまったのでもう聴くにきけなくなってしまったのでここで質問させていただきました。
調べてみると、JPEGを選ぶとデータが軽くなるようですね。でも、やっぱりバイナリのほうがベターなのでしょうか?印刷所によってはバイナリ形式で保存したものしか受け付けてくれないところもあるのでしょうか?

無知で申し訳ありません。それぞれの違いと、デザイナーとして知っておかなくてはいけないことなどを教えていだだけると嬉しいです。

Aベストアンサー

バイナリはデータをそのまま保存させるような基本的な形式、ASCIIはそれを少し進化させたものだと教えられています。
「画像が荒くなるからバイナリかアスキーで」というところがあるかと思えば「セッター出しに時間かかるからデータ量の少ないjpegで」といわれるところもあります。(それならDCSデータを使えば?と思うのですけどね^^:)美しさを求められるパンフレットやポスターなどはバイナリ、速さを求められるチラシなどを中心にしている印刷所はjpegを選んでいるようです。
(あくまで地方で仕事をやっている私の周辺の印刷所です。)
印刷される紙によってはjpegだとやっぱり・・・ということなのでしょうね。
ただ、問題があって、エンコーディングがjpegのデータは埋め込むことができないので、インクジェットでリッパーなしで出力するとき、プレビューデータでのプリントになってしまい、クライアントに見せるのがためらわれます。

それから余談ですが8ビット・jpegを選ぶ会社に、「なるべくデータを軽くするため、PhotoShopEPSデータを一旦古いPhotoShopで開いて別名で保存し直してくれ」と言われます。最近のPhotoShopで作ったEPSデータは情報量が多く、例えば3M近くあるEPSデータをバージョン4.0などの古いPhotoShopで別名保存するだけで1.2M程度になってしまいます。不思議ですよね^^:

バイナリはデータをそのまま保存させるような基本的な形式、ASCIIはそれを少し進化させたものだと教えられています。
「画像が荒くなるからバイナリかアスキーで」というところがあるかと思えば「セッター出しに時間かかるからデータ量の少ないjpegで」といわれるところもあります。(それならDCSデータを使えば?と思うのですけどね^^:)美しさを求められるパンフレットやポスターなどはバイナリ、速さを求められるチラシなどを中心にしている印刷所はjpegを選んでいるようです。
(あくまで地方で仕事をや...続きを読む

Qイラストレーターの色が勝手に変わる時の対処法を教えてください。

閲覧ありがとうございます。
仕事でイラストレーターCSを使用しているのですが
たびたび色が変わる現象が起こり困っています。
鮮やかな色がくすむという感じです。

現象が起こる流れとしては
①イラストレーターでWeb用にRGBで画像を作る
 (印刷をしたりすることはありません)
②Web用にjpegで保存し、イラストレーターのデータも保存する
③次にまたイラストレーターのデータを開くと色がくすんでいる
 (たぶんCMYKにかわってしまっている)

文字の色が変わる程度であれば再度変えれば良いだけなのですが
画像に使用した素材画像や写真なども色がくすんでしまうので
急ぎで画像を作ったりしなければならない場合に
わざわざ使った元の写真を探したりとタイムロスがあって
非常に困っております。

イラストレーターのバージョンが低いせいで
たびたびこのようなことがおこるのしょうか…
(会社専用にカスタムされたイラストレーターなので
なかなかバージョンを上げることができないらしくて)

なぜこのような現象が起こるのか、そしてどうしたら直るのか
またはどうしたら色合いをすぐ元に戻せるのか、
知恵を貸していただけませんでしょうか。
原因がわからずとももとに戻せる方法さえわかればと
藁にも縋る思いです。
宜しくお願い致します。

閲覧ありがとうございます。
仕事でイラストレーターCSを使用しているのですが
たびたび色が変わる現象が起こり困っています。
鮮やかな色がくすむという感じです。

現象が起こる流れとしては
①イラストレーターでWeb用にRGBで画像を作る
 (印刷をしたりすることはありません)
②Web用にjpegで保存し、イラストレーターのデータも保存する
③次にまたイラストレーターのデータを開くと色がくすんでいる
 (たぶんCMYKにかわってしまっている)

文字の色が変わる程度であれば再度変えれば良いだけ...続きを読む

Aベストアンサー

それはやのぉ〜、iccプロファイルが悪さしとるんですわ〜!
まっ!早い話「開く時に自動でCMYKプロファイルを当てる」設定になってるんですわ〜!
開く時に確認するか、当たらん様にすればえぇだけ。
http://home.a02.itscom.net/color/CM_illustrator/CM_illustrator.html
こんなパレットがあるさかい、設定を変えればえぇ!

Qモノクロ2階調のTIFFファイルに着色したのですが…。

ある雑誌に『手書きのイラストをスキャンして、モノクロ2階調のTIFF形式で保存。レイアウトソフト上で色を変えた。』と書かれてあり、作例と共に掲載されていました。
作例をみると、イラストが青色に着色されています。

私も同じようにやってみようと思い、自分が描いたイラストをスキャンして、Photoshop7で【グレースケール】→【モノクロ2階調:50%を基準に2階調に分ける】→TIFF形式で保存をしてみました。そしてIllustrator10にリンクで配置して色を着色しようと思ったのでっすが、ど~やったら着色できるのか分かりません。

どのメニューから着色するのでしょうか?

“フィルタ”→“カラー”→“カラー調整”が怪しいと思うんですが…。

よろしくお願い致します。

■Windows XP Pro SP2, Illustrator10.0.3 ,Photoshop7

Aベストアンサー

>どのメニューから着色するのでしょうか?

考えすぎですよ(笑)

普通の図形の面色の設定と同じ扱いで良いです。

TIFF画像を選択してから「塗り」を選ぶだけです。

Qadobe のフォトショップにて72dpiを350dpiに変更する操作を・・・

お世話になります。

フォトショップ一日目の初心者です。
winxpにてフォトショップ7の体験版を使用しています。
デジカメで取った写真を72dpiから350dpiに変更したいのですが、操作方法を教えて下さい。

本来、書物等で勉強してから質問を出すのが常識だと思うのですが、今回、とても急ぎで是非回答して下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 火急の事態みたいなので、取り急ぎ・・・
 画面左上の イメージ>画面解像度>とすると [画面解像度]というダイアログが開きます。
 次に ダイアログ左下の解像度(R)の値を350に変更して OK をクリックです。

Q印刷すると色が青みがかる(Photoshop)

Photoshopでクリスマスカードを作成して試し刷りをしたのですが、
全体が青みがかってしまい、困っています。(緑は青に、赤は赤紫に)
またコントラストも高いようです。

紙に出力するのでCMYKで作成していったのですが、それが原因かと思い、
RGBに変換してみましたが、輝度が上がっただけで同じ色のままです。

Photoshopはまだ使い方がよく分かりません。
単にプリンタ側の原因(インクが無いなど)だったらいいのですが、
何か考えられる原因はありませんか?

使用環境:
Mac OS X 10.3.9 Photoshop 7.0.1

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

CMYKで作ったのが敗因なような(^^;(後で変換してもね、という意味も含んでいます)

まず、プリンタのプロパティなどにテストプリントできる項目がありますので、それを選んでプリントしてみてください、Photoshopのサンプルデータでもいいでしょう。

また、新規の画面を開いてRGBYMCをてきとーでいいから塗ってプリントしてみてください

もちろんプリンターの説明書を見て、インクの取り付け位置を確認してくださいね。位置が正常なら他の色が出てない可能性があります。

また、詰め替えインクを使っていたら原因はそれです。

Photoshopやカラーマネージメントの話しをする前に先の事を確認してくださいね。

Q手書き文字をスキャンしたものをパス化する

マジックや筆で文字を書き、それをスキャンして画像にします。
それをphotoshopで開いて、文字の輪郭をパス化する方法があったと思うのですが、わかる方いらっしゃいますか?

最終的にはイラストレータに取り込んで、色を変えたり、形を変えたりしたいのですが。

Aベストアンサー

Photoshopで選択範囲をパス化。
CS2以上のillustrator上でならライブトレース。
どちらも試してみて、ニーズに合ったほうをどうぞ。。

Q特色の一括変換方法につきまして

イラストレータで特色2色のチラシを作成していましたが、
急遽、特色の指定色変更の必要が生じました。
この場合、DICナンバーを変更することで一括して変更することは可能でしょうか?

今の私の作業では特色(DIC○○○)の100%色を選択して色を変換すると、
同じ100%部分は選択できているのですがその同色の80%、60%・・・などは選択できません。
それぞれの色を個別で変えなければならず、さらに線と面とでも別々の作業が必要となり、とても作業工数が多くなってしまいそうです。
もし上記作業を一括で変換できる方法をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。
イラストレータのバージョンはCCを使用しております。
何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Illustrator CS5.1 15.1.0

DIC100 を DIC117 に変更を例に

1 まず変更したいDIC117をDICカラーガイドからスウォッチリストに登録します
2 登録したDIC117をダブルクリックしてスウォッチオプションを出し
  グレーアウトしてますが C0, M90, Y93, K0 数値を控えます。
3 数値を控えたらDIC117をスウォッチリストから削除します。

4 変更するスウォッチリストにある「DIC100」のスウォッチオプションを出し
  カラーモードを「CMYK」にして控えておいた
  DIC117の数値「C0, M90, Y93, K0 」に書き換えます。
  この段階でプレビューにチェックが入って入れば、ドキュメントの色も置き換えがみられます。
  名前もDIC100 → DIC117に変更して
  カラーモードはCMYKのまま(スウォッチにするともどってしまう)「OK」を押します。

5 スウォッチリストが「DIC117」になっているか確認
6 スウォッチオプションでカラーモードがスウォッチに変わっているか確認
7 スウォッチリストの未使用項目を選択での確認
8 分版プレビューや分版でプリント等で確認

ほかにもやり方あるでしょうが、一例です。

Illustrator CS5.1 15.1.0

DIC100 を DIC117 に変更を例に

1 まず変更したいDIC117をDICカラーガイドからスウォッチリストに登録します
2 登録したDIC117をダブルクリックしてスウォッチオプションを出し
  グレーアウトしてますが C0, M90, Y93, K0 数値を控えます。
3 数値を控えたらDIC117をスウォッチリストから削除します。

4 変更するスウォッチリストにある「DIC100」のスウォッチオプションを出し
  カラーモードを「CMYK」にして控えておいた
  DIC117の数値「C0, M90, Y93, K0 」に書...続きを読む


人気Q&Aランキング