WindowsXP+IllustratorCS3+&PhotoshopCS3環境で
自店舗の新聞折り込みチラシ(4C/4C)を自作してます。

最適なIllustratorCS3の「カラー設定」が知りたく質問しました。

なお、リンクファイル(EPS形式CMYK画像)にカラープロファイルは
一切、埋め込んでおりません。

【現在のカラー設定】
作業スペース
■RGB:sRGB IEC61966-2.1
■CMYK:Japan Color 2001 Coated
カラーマネジメントポリシー
■RGB:オフ
■CMYK:カラー値を保持(リンクされたプロファイルを無視)
          ↑
以前は「オフ」でしたが、aiファイルを開く時に下記メッセージが
でる場合が多くなり、変更したばかりです。
このメッセージがでるようになった理由は何でしょうか?

【メッセージ】
「現在のカラー設定はリンクされたコンテンツのCMYKプロファイルを
破棄しますが、このドキュメントを作成したときにプロファイルが
保持されるように設定されています」

■プロファイルの不一致:チェック無
■埋め込みプロファイルなし:チェック無
■変換オプション:Adobe(ACE)
■マッチング方法:相対的な色域を維持
■黒点の補正を使用:チェック

特に印刷所からクレームはないのですが、
私の場合の最適なカラー設定を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私は、Photoshopでカラー設定したものを保存して、Bridgeでその設定を読み込んでCreativeSuite全体に適用させています。


IllustratorにもPhotoshopで設定したカラープロファイルが適用されている事になります。
Photoshop側でカラーマネジメントポリシーのRGB、CMYK、グレーをオフ・オフ・オフにして、その設定を保存後、アプリケーションを全て終了し、Bridgeを立ち上げ、Photoshopで設定したカラー設定を読み込んでみてください。


まぁ、私はMacなので根本的に違っていたらごめんなさい。
「IllustratorCS3のおすすめの」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。画像添付が可能になったのですね。わかりやすいです。

早速、アドバイス通りに設定したところ、見事に下記メッセージが表示されなくなりました。

【IllustratorC3のメッセージ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在のカラー設定は、リンクされたコンテンツの
CMYKプロファイルを破棄しますが、このドキュメン
トを作成したときにプロファイルが保持されるように設
定されています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>Photoshop側でカラーマネジメントポリシーのRGB、CMYK、グレーをオフ・オフ・オフ

印刷所の指定で、Photoshopは以前からこの設定になっていたのですが...
いつのまにか、上記メッセージが表示されるようになってしまいました。

しかし、今度はIllustratorCS3のカラーマネジメントポリシーのRGB、CMYKを
オフ・オフにしても上記メッセージは表示されなくなりました。

原因不明ですが、無事問題解決したようです。Windowsでも同じですね。

その他、余談ですが...

Photoshopの作業スペースは私の場合、訳あって「Adobe RGB(1998)」にしてあります。

その他、回答者さん同様にマッチング方式は「相対的な色域を維持」にしてあります。
こちらの理由はわかりませんが、これも印刷所の指示です。

お礼日時:2008/12/11 20:04

良い機会ですので調べてみましたが...


http://contents.ga-city.com/PDF_mirai/dtp09.html
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/colormanagemen …

CMYKで再現できない色域をどういった形でシフトさせるか...という事みたいですね。(印刷結果に大いに影響しそうです。)

「知覚的」より、「相対的な色域を維持」の方が画面上の見え方の変化は少ないが、元画像の階調の再現性を優先したい場合は「知覚的」が良い...と

作業する側からすると「相対的な色域を維持」の方がイメージが掴みやすそうですね。

基本、「相対的」にしておいて、階調が不足するような時だけ「知覚的」に切り替える....っていう使い方が良いんでしょうかねぇ?
私も、とりあえず、「相対的」にしてみます。

普段あまり気にしていないところでしたので、いろいろと勉強になりました。
ありがとうございます。

この回答への補足

こちらこそありがとうございました。勉強になります。

本日、印刷屋に「知覚的」と「相対的な色域を維持」どちらが良いか?質問中です。

モニタで表示された通り、印刷結果も暗く(知覚的の場合)なるか質問しました。

回答がでましたら、お礼にて結果報告いたします。

補足日時:2008/12/16 13:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

その後、印刷屋からケースバイケースで使い分けるという回答がありましたが、
モニタで表示された通り、印刷結果も暗く(知覚的の場合)なるか?回答がありません。

気になったので、締め切り後にこのカテにて再質問させていただきます。

お礼日時:2008/12/19 16:01

すみません。


マッチング方法(知覚的)の方が良いか、相対的な色域を維持が良いかはわかりません。
新たに質問してプロの意見を聞いてみた方が良いかも知れませんね。

その前に、お使いの印刷屋がなぜ「相対的な色域を維持」を推奨されるのか...という事を突っ込んで質問された方が良さそうですけれど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もすみません。別途、質問しますが...

その後「知覚的」と「相対的な色域を維持」で比較してみました。

PhotoshopCS3でCMYKに変換した時、
「相対的な色域を維持」の方が色変化がほとんどありませんで
「知覚的」にすると「若干暗く」なります。

これはあきらかに印刷結果に影響しますよね?

印刷屋が「相対的な色域を維持」を推奨したのはPhotoshop7の頃で
今は別の印刷屋なので問い合わせてみます。

お礼日時:2008/12/16 07:55

Photoshop側のみAdobeRGBを適用されているという事は


RGB設定がIllustratorとPhotoshopで合っていない事になりますね...。
それぞれのアプリケーションで画面上の見た目が違ってきたりするかも知れませんね

今回貼った画像は、W52CAさんの最初の質問文のIllustratorのカラー設定をPhotoshopで再現しようと思って変更したもので、普段私が利用しているのはマッチング方法(知覚的)です。
また、私はそんなに高価なモニタを使用していませんので、AdobeRGBの色域をモニタ上で再現できておりません。
sRGBの方がAdobeRGBより画面とプリントの色が近かったんですよね...

そんな訳で、プリプレス用-日本2をベースにAdobeRGB→sRGBに変更、カラーマネジメントポリシーを全てオフにした設定で使っております。

もう少し設定が解りやすいと良いんですけどね...(後々、めんどくさそうだからプロファイルを埋め込まない人が多いですよね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び回答ありがとうございます。

回答者さんが貼っていただいた画像(カラー設定)の理由がわかりました。

>Photoshop側のみAdobeRGBを適用されているという事は
>RGB設定がIllustratorとPhotoshopで合っていない事

すみません。質問内の作業スペースのRGB設定が間違ってました。
いずれのソフトもsRGB IEC61966-2.1でなく「AdobeRGB(1998)に統一」してます。

ただ、私の場合IllustratorCS3は常にCMYKモードで作業してる上、リンク画像も全て(CMYK)なので、
IllustratorのRGB作業スペースは、sRGBでもAdobeRGBでもどちらでも無関係ではないでしょうか?

>そんなに高価なモニタを使用していませんので、AdobeRGBの色域をモニタ上で再現できておりません。

私もしばらくsRGBモニタを使用してるので、AdobeRGBの色域をモニタ上で再現できてません。

「AdobeRGB(1998)に統一」してる理由は下記の通りです。

チラシ画像のほとんどはスキャナの「AdobeRGB」モードでカラーマッチングして
取り込んでる関係で、PhotoshopのRGB設定は「AdobeRGB(1998)」にしてます。

ちなみに、PhotoshopのRGB設定を「sRGB IEC61966-2.1」にすると
「赤みが強い色」になってしまいます。

例えば、AdobeRGBに対応したデジタル一眼レフカメラで撮影した画像をPhotoshopで
表現する場合、PhotoshopのRGB設定は「AdobeRGB(1998)」にしますよね?
それと同じ理由で「AdobeRGB(1998)に統一」してます。

モニタのハードウェアキャリブレーションを行うようにしてから
モニタ上でもほぼ原画に忠実に色再現されるようになりました。
(厳密にはAdobeRGBをカバーしたモニタでないとわからないのでしょうが...)

>普段私が利用しているのはマッチング方法(知覚的)です。

私の場合もマッチング方法(知覚的)の方がいいのでしょうか?
商業印刷用のデフォルトは全て「知覚的」になってますよね。

「相対的な色域を保持」と「知覚的」どちらがいいのでしょう?

ご不明でしたら、別途質問しようと思います。

お礼日時:2008/12/13 07:19

IllustratorではなくBridgeで設定と言ったのには訳がありまして、


Bridgeで設定するとお使いのCreativeSuite製品全体に対していっぺんに設定が適用される(同期が取れる)からです。(PhotoshopやInDesignも含めて一貫したカラー設定にするため)
Photoshop側とIllustrator側の設定の相違が原因ならそれを回避できそうな気がしますし...

カラーマネジメントのプロファイルの不一致...の所のチェックも外してあるんですよね?(Photoshop側も確認してみてくださいね)

>「現在のカラー設定はリンクされたコンテンツのCMYKプロファイルを
破棄しますが、このドキュメントを作成したときにプロファイルが
保持されるように設定されています」
...ってのはPhotoshop側でCMYKのプロファイルを保持する設定になっているってのが原因...かも

この回答への補足

その後、いろいろ検証しましたが、私の原因予測は間違ってました。

IllustratorCS3で
「新規aiファイルを作成し、リンク画像を全く配置しない」状態でも
下記メッセージがでます。
この時、ICCプロファイルは埋め込んでありません。

【IllustratorC3のメッセージ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在のカラー設定は、リンクされたコンテンツの
CMYKプロファイルを破棄しますが、このドキュメン
トを作成したときにプロファイルが保持されるように設
定されています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前は表示されませんでしたので、何故でしょうか?

「IllustratorC3で下記設定にした時のみ」メッセージは表示されなくなります。

■CMYK:カラー値を保持(リンクされたプロファイルを無視)
 

補足日時:2008/12/09 17:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

Bridgeで設定しましたが、いっぺんに設定が適用されるので便利ですね。

しかし「プリプレス-日本2」に統一するとPhotoshopとIllustratorどちらも
わかりきったメッセージが表示されてしまうので、私のケースだとカスタマイズが必要です。

>カラーマネジメントのプロファイルの不一致...の所のチェックも外してあるんですよね?

Photoshopのプロファイルの不一致の所は、一応チェックしてありますが
リンク画像は全てプロファイルを埋め込んでないので、チェックを外しても
どちらもPhotoshopではメッセージは表示されません。

>Photoshop側でCMYKのプロファイルを保持する設定になっているってのが原因

そうですね。一時的にその設定になっていた可能性もあります。

約200個のリンク画像の中に、1個でもプロファイルが埋め込まれてるリンク画像が
あると下記のメッセージは表示されますよね?

「現在のカラー設定はリンクされたコンテンツのCMYKプロファイルを
破棄しますが、このドキュメントを作成したときにプロファイルが
保持されるように設定されています」

私が考えた今回の原因は...
「全てのリンク画像をカラープロファイル埋め込み無しに設定したつもりが、
 少なくとも1個以上の埋め込みファイルがあったから」
という事でしょうか?

お礼日時:2008/12/09 08:28

カラープロファイル無しなら無しで統一された方が良いと思います。



Illustratorの保存時の「ICCプロファイルを埋め込む」チェックも外した方が良いのではないでしょうか?

とりあえず、そういう事はお使いの印刷屋さんに聞いてみましょう。
「Bridgeで『プリプレス用-日本2』を選んでください」とか言われるかも知れませんし、「埋め込まない方が良いです」って言われるかも知れませんし...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>Illustratorの保存時の「ICCプロファイルを埋め込む」チェックも外した方が良い

申し訳ございません。チェックは以前から外してあります。
でも、どうして質問内のようなメッセージが毎回表示されるのでしょうか?

>「Bridgeで『プリプレス用-日本2』を選んでください」とか言われるかも

IllustratorCS3単独でも『プリプレス用-日本2』は選択できまが...

この場合「CMYK:カラー値を保持(リンクされたプロファイルを無視)」
の設定になるので、質問内のメッセージはでなくなりますが、

「ドキュメントにはCMYKプロファイルが埋め込まれていません」と
表示されれてしまいます。

「埋め込みプロファイルなし」のチェックを外せば、当然のごとく
表示されなくなります。

私の場合「カラープロファイル無しで統一されてる」ので、必要に応じて
重要でないメッセージが表示されないように、カラー設定をカスタマイズ
すれば良いのでしょうか?

それと、『プリプレス用-日本2』のデフォルトは「知覚的」になってますが
以前、取引してた印刷業者から「相対的な色域を維持」を選択するよう指示され
現在に至ってます。

「知覚的」の方が商業印刷の場合、一般的なのでしょうか?

お礼日時:2008/12/08 07:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QInDesignCS3:画像データのカラーモードをCMYK/グレースケールに設定する方法を教えて下さい。

InDesignCS3で、JPEG画像データをページに貼り付けるとRGBになっています。画像データのカラーモードをCMYKやグレースケールに設定したいのですが、カラー設定が変更できません。
どこで設定したらよいのか教えていただけないでしょうか。
できれば詳細な手順を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Photoshopを使用してください
印刷用のデータを作成されているのならJPGではなくEPSで保存してください

QRGB→CMYK

いつもお答えいただいてありがとうございます。
ちらしなどを自分でオリジナルのデザインをし、印刷屋で刷ってもらっているのですが、毎度写真のスキャニングした色合いがうまくいかなくて困っています。
スキャナーはエプソンのGT-9700FでRGBでしかスキャニングできません。これをフォトショップのカラー設定のCMYKをいろいろ試しているのですが、どれも各チャンネルの色が潰れた感じがしてどうしてもベタ色が多くなってしまいます。
印刷屋さんで頼むとCMYK各チャンネルがいつも綺麗になるのですが、この様に綺麗に出すにはどうすればいいんですか?やり方を是非教えてください。お願いします

Aベストアンサー

>印刷屋さん曰く私の作るデータではインキ量や色を刷る順番を考えないと上手く出来ないと言われてしまって。原因は各チャンネルの色潰れの様になっているからということみたいです。

印刷屋さんのいっている事は当たってますが、現段階ではチャンネルの色潰れうんぬんの問題ではないと思います
とゆうのも、RGB→CMYK変換すると色がおかしくなって当たり前です

CMY(K)=色の三原色
RGB=光りの三原色
この事をおわかりですか?
黒を表現しようとするとCMYKならC100M100Y100(K100)かK100で、RGBならR0G0B0です
白ならまったくの逆です
その事から言えば、CMYKで金赤(M100Y100)を表現しようとしても、RGBならR237G28B36とまったく違うカラー情報になってしまいます

印刷は色の三原色(CMYK)が基本です
RGBの知識は意味のない事だと思いますが、現実的にWEBやデジカメの画像を取り扱う事もあるので、RGBとCMYKの知識は必要かな?と思います
caramelboxさんのスキャナーも同じ事ですよね^^;
それでCMYKの基礎知識として、単純な色の掛け合わせを覚えるといいと思います
上にも書きましたがM100Y100=金赤(真っ赤な赤)とかです
人の肌を表現するにはだいたいどの色がどのぐらいの濃度があればいいとかです
それとK版(ブラック)は何故必要か?とかも学ぶといいと思います
その上で、RGBで入力した画像とCMYKで入力した画像の違いが理解できると思うし、変換する時どういった処理をすればいいのか判ってくると思います

>RGBからの変換などを解説しているサイトや書籍ってあるのでしょうか?

変換を解説してるってのはあまりききませんが、DTPの基礎から上級者向けの月刊誌ならあります
「月刊プロフェッショナルDTP」です
情報量の多さもそうですが、カラーマネージメント情報なども載っていますので、一度参考にしてください

>印刷屋さん曰く私の作るデータではインキ量や色を刷る順番を考えないと上手く出来ないと言われてしまって。原因は各チャンネルの色潰れの様になっているからということみたいです。

印刷屋さんのいっている事は当たってますが、現段階ではチャンネルの色潰れうんぬんの問題ではないと思います
とゆうのも、RGB→CMYK変換すると色がおかしくなって当たり前です

CMY(K)=色の三原色
RGB=光りの三原色
この事をおわかりですか?
黒を表現しようとするとCMYKならC100M100Y100(K100)かK100で、RGBならR0G0B0...続きを読む

QCMYKとRGBが併存しなければならない理由は?

素朴な質問なのですが,画面は光だし,印刷物も光の反射だから,結局光なので,なぜあえて前者をRGBを原色とし,後者をCMYKとしなければならないのか(RGBKでもいいんじゃないのか?と)わかりません。根本的な理由を知りたく,ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

RGB全ての色を混ぜると白になります
CMY全ての色を混ぜると黒になります
(CMYだけではくっきりとした黒に見えないためKを使います)


この時点でお分かりかもしれませんが、印刷物に使われるインクと、直接発光するモニタ等では意味が違うんです

モニターなどの光をまぜてゆくと白くなるものを加法混色といい

インク等の混ぜると黒に近づくものを減法混色といいます


よく考えてみてください

印刷物などのインクは、太陽光があたって、どの色を反射するか で決まりますよね
全ての色要素を含んだ太陽光が物体に当たって、どの色を吸収してどの色を反射することによって何色に見えるか変わる

モニター等はモニターそのものが発光して色がきまります
全ての光が発光すれば、太陽を直接目で見てる状態と同じことがおこります、つまり白く見えます


紙などの印刷物は、どの色要素が吸収されるかによって色が決まる
モニターなどは、どの色を発光させるかで色が決まる

印刷物とモニターでは色決まり方が逆なんです

QEPS保存時にカラープロファイルを埋め込まなくてよいか?

半ば素人ですが、以下環境で多くの画像がリンクされたフルカラーチラシを作成しております。

WindowsXP+PhotoshopCS2+IllustratorCS2

PhotoshopCS2でCMYK変換し、EPS形式に保存する時に、
今まではカラープロファイル(Japan Standard v2)を埋め込んでいたのですが
カラープロファイルを埋め込まなくても問題ないでしょうか?

その理由はカラープロファイルを埋め込まないとEPSファイルサイズが半分近くになり、
最近、始めたオンライン入稿(宅ふぁいる便)の送信が1回(100MB以下)で済むので助かるからです。

ちなみに、今までカラープロファイルの埋め込みは印刷業者からの指示ではなく
私の素人判断でつけていました。

ネット検索すると印刷出力基礎知識として「CMYKにプロファイルを埋め込んではいけない」
とも書かれてます。

一般的な印刷業界の情報を教えて下さい。

Aベストアンサー

ナルホド、分かりました。
そういうケースでは、全く作業内容に関係ないので、プロファイルは気になさらなくても良いかと思います。
(すごく色味にこだわりがない場合は)
プロファイルは、その画像を作った人が『この色味で使用して!』という時の、印みたいなものだと思うのです。
例えばメインビジュアルが写真のCDジャケットや商品カタログなんかは、微妙な色が命ですので、
色が変わらないように必要なのです。撮影した人と、使用する人の色環境も違うので、どうしても差ができますからね。

お調べになられた通り、雑誌や新聞の広告掲載時なんかの規定(トラブル回避のため厳しいです)では、
プロファイルの埋め込みは禁止です。
プロファイルって、RGBの場合にのみ有効で、実はCMYKにはあまり意味ないのかも知れないですね…。

なので、商品カタログからご自身でスキャニングする時も、プロファイルは埋め込みしなくて大丈夫です。
最終は印刷業者さんに色味を調整していただく訳ですし、普通にCMYKにだけ変換していれば、印刷には大丈夫です。
さらにスキャニング時に、最初からEPS保存にすれば、画像編集は1度ですみますよ。

ナルホド、分かりました。
そういうケースでは、全く作業内容に関係ないので、プロファイルは気になさらなくても良いかと思います。
(すごく色味にこだわりがない場合は)
プロファイルは、その画像を作った人が『この色味で使用して!』という時の、印みたいなものだと思うのです。
例えばメインビジュアルが写真のCDジャケットや商品カタログなんかは、微妙な色が命ですので、
色が変わらないように必要なのです。撮影した人と、使用する人の色環境も違うので、どうしても差ができますからね。

お調べ...続きを読む

Qillstrator(CS) CMYKにカラー変換できない

illstrator(CS)で印刷物を作成しています。
いざ入稿となり“書類情報”を見てみると、カラーモードがRGBカラーとなっています。
なので、「フィルタ」メニューからカラーをCMYKに変換しようとしたのですが
「CMYKに変換」がクリックできず、カラーを変換することができません。

普段はWEBのものを作成しているためミスしてしまいました。
印刷のためにRGBカラーにするにはどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

選択してないからじゃないでしょうか。
それよりファイルのドキュメントのカラーモードで変換すればイッパツです。
CMYKにしたとき色が変わるので必要なら補正したほうがいいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報