ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

頭が悪いもので本当にすみません。
追証が発生する計算式に自分の数字を当てはめて、今後の為に自分で計算したいと思ってるのですが、色んなサイトを参考にして計算しようとしても、どこからその数字が来るのだろう?という疑問が多くて困っています。

私は普段ライブスター証券を利用していますので、証券会社にも問い合わせたのですが、返って来た答えは、下記の計算式に当てはめてくれというものでした。
(受入保証金総額 - 評価損 - 決済損 - 諸経費)-(建玉総額×25%)

例えば、74円の銘柄を1000株信用売りする場合、
数量 1,000株
執行条件 指値
価格 74円
建玉金額 108,000円
委託保証金 32,400円
諸経費 3円


例)建玉総額182,000円(108,000円+74,000円)
=(600,000円※ - 評価損 - 決済損 - 3円) - (182,000円×25%)
=+554,497円

※当社の最低委託保証金は300,000円となりますので、74,000円の売建玉の保証金が300,000円、108,000円の建玉の保証金が300,000円と仮定します。
これにより、追証が発生する判定ラインは、評価損および未受渡決済損、諸経費の合計額が554,497円を上回った場合となります。

という答えでした。
ここで分からないのが、
建玉総額182,000円(108,000円+74,000円)の、74,000円というのは、74円×1000株のことだとおもうのですが、なぜ108,000円+74,000円というように足す必要があるのか?

さらには、最低委託保証金が300,000円というのは分かるのですが、なぜ74,000円の売建玉の保証金が300,000円、108,000円の建玉の保証金が300,000円、合計で600,000円という2倍の数字になるのか?です。

訳が分からなくなったので、直接証券会社に電話して聞いたのですが、
そしたら今度は、
(預け入れ総額(買付余力の事)-含み損)÷建玉金額=25%を下回った場合に追証
と説明されました。
これは凄く分かりやすかったので、あぁ・・そうですか・・と電話を切ってしまったのですが、よく考えてみるとこれで本当に合ってるのでしょうか?
前者と後者では、全然計算方法が違うように見えるのですが???

買付余力は10万円、含み損2万円として、後者の計算式に当てはめると、
(100,000-20,000)÷74,000円
これが25%を下回ると追証ということでいいのでしょうか?


本当に頭悪くてすみません・・・。
でもこれをハッキリさせとかないと信用取引は怖いものですから。
どうか私でも分かるような、優しい解説ですととても助かります・・・。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

証券会社の説明の600,000円の保証金は間違いでしょうね。



あえて文中の数字は使わず、分かりやすく説明しますね。諸経費等は無視します。
例えば30万現金の保証金で、1,000円1,000株を買い建てしました。建て代金は1,000,000円。
保証金率は30%ですね。
保証金は現金のみだから、代用有価証券のように評価が毎日変化するわけではない。
建てた株が950円になった。→-50×1,000=-50,000
300,000-50,000=250,000
250,000÷1,000,000=25%

ライブスターは保証金率25%までは追加の保証金(追証)を請求しないということですから
この時点では請求されません。
ですからそれ以上値下がりすれば追証の請求がきます。

930円になった。→-70×1,000=-70,000
300,000-70,000=230,000
230,000-250,000=-20,000

20,000円の追証が必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださりましてありがとうございます!
私のバカな頭でもよく分かりました。
証券会社が間違えてたんですね・・・
勉強になりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2012/02/15 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株の信用取引は危険でしょうか?

信用取引で大損した人がよく
車を売ったり質屋にカバンを売ったりして
お金を工面したり
女房をレンタルしたりする話をよく聞きますが
株式取引の信用取引は
危険なものなのでしょうか?

現物なら、ニコニコ現金がなくなれば借金までいきませんが
信用取引は大きくマイナスになる事が多々あると聞きます

しかし、大儲けするには金融の信用創造をしないと
大儲けできないので
判断が迷っています。

信用取引をやるべきかやらざるべきか
一般大衆のみなさんのご意見アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば、かなりキツキツでやっている状況で、補填出来る資産がないのにリスク管理がなっていない人は危険です。

制度でも無期限でも追証がありますが、追証できない状態なら強制的にロスカットされますね。
その状態で残っている現金や担保の現物から損失をカバーできるならまだマシですが、それを超えて不足を補填できないと破産するのと同じです。
しかし通常の借金と違って、破産しても無くならない借金なので大変です。
免責が認められないので、基本的に返済する義務が生じます。

そう言った意味でも危険と言えると思います。
ですので現物なら幾ら損失が膨らんでも、保有資産(現金)を超えて損失が膨らまないので信用よりマシなのです。

限度目一杯の建玉を持たない、一般預金と運用に使う資金は同比率か6:4など予め決めておく、損失が出た時のロスカット(個人レベルでの)は守る。

ですから自己管理とリスクへの認識を十分に理解して置く必要があります。

ネットの「契約締結前交付書面」などはボタン一発で承認できますが、かなりの人は熟知してやっていないでしょうね。

Q信用二階建てと信用だけ買いどちらが危険ですか?

信用二階建ては危険と言われてますが、実際注文を出すと現物で目一杯買い、残りを信用で買った方が、信用だけで買うよりも保証金維持率が高くなりますし
危険だと言う比較例が、現物ギリギリで買う場合と比べて、現物ギリギリで買いさらに信用ギリギリで買うという例と比較という極端な物が多いので危険性の公平な判断ができないでいます

例えば、150万円の資金で200万円分の株を買う場合
現物ギリギリで買い、残りを信用で買う場合と
信用だけで買う場合どちらが追証が発生しやすいでしょうか?

Aベストアンサー

150万円現物 50万円信用のケース (維持率240%)
株価が現在より約67%下落した場合に追証がかかる。

0円現物 200万円信用のケース (維持率75%)
株価が55%下落した場合に追証がかかる。

※代用有価証券の掛目は80%評価
(http://www.margin-trade.com/knowledge/word_daiyou.html)

※追証は維持率20%割れ
(http://www.margin-trade.com/knowledge/word_ijiritu.html)

こんな計算になります。少額での2階建てのケースはあまりリスキーととらえる必要はありませんが、2階建ての場合、当初の維持率が240%と高いのに追証になるまでの下落率は単独建ての場合と比較してさほど変わらないという点には注意しておくべきだと思います。
代用有価証券は掛目がある以上、下落に対して弱くなります。

Q株超超初心者です。ストップ高の株の買い方?

買いたい株がストップ高の場合はあまり買わないほうがいいのでしょうか?
買うとすれば下がるのを待ったほうがいいですか?

希望の買値で買い注文をしていればその値に下がったとき買えるのですか?

やさしいアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ストップ高を買って、翌日売ろうという投資法があるそうです。勢いに乗るということでしょう。選択眼は必要です。

色々な面(これくらいで買いたい、予算など)希望価格があるなら、その価格で指値しておくことです。ただし、その指値は、前日終値からストップ高・ストップ安の範囲にしなければなりません。
下がってくれば、買える可能性はあります。指値注文の一般論としては、約定しないこともあります。

QPTS株価って翌日の始値に影響があるの??

株初心者で分からないんですが、「PTS株価」って翌日9:00の始値に影響あるんですか?
現在PTS株価見たら、ある銘柄が値上がりしています。(東芝ですが・・・)

前日終値と始値が違うのはPTS株価が理由なんですか? それとも???

Aベストアンサー

PTSと日中売買は切り離されています。
PTSでも日中でも同じように売買できますが、PTS価格が日中価格に反映されるということはありません。
したがってPTS価格は参考程度にしかなりません。
まあ、動向を見る程度ですね。
前日価格と始値が違うのはPTSは何も関係ありません。
前日の何らかの材料やNYの動向を見て上がると思って買い注文が多いとギャップアップして始まるし、逆に下がると思って売り注文が多いとギャップダウンします。

Q寄り付きとは?

こんにちは
株の寄り付きで買う、というのはその日の成り行きで買うということなのでしょうか?
辞書などで調べたり、検索したのですが、今一よく分からないので、質問しました。
初歩的な質問で恥ずかしいですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

寄付きと言う言葉があるのは、市場が開くてから最初に付く値段と
言う意味ですが、値段が付いた後と売買の成立方法が違うからです。

寄付きは板寄せと言い高値の買いと安値の売りをマッチングさせて
行き中心相場で最初の値段を決めます。この時の成行き注文は
最優先でマッチングされますので、ほぼ確実に取引が成立します。

値段が付いたあとはオークション方式になるので指値の場合は
反対取引の相手が現れるまで成立しません。

成行注文の場合は相手側(買いの場合は売り)の注文があれば
相手側の値段で約定します。

纏めると成行きは注文方法のことで、寄付きとは相場が出来ることを
いいますので別物です。

Qマザーズに上場している会社が東証に移行した場合、株価は?

マザーズに上場している会社が東証に移行した場合、
株価はどのように変化することが予想されますでしょうか。(例えば、株価が一時的に上昇するなど)

株に関しまして現在、勉強中であるため、
株に詳しい方、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

一般論としては他の方がご指摘されるとおり、中期的には上がる可能性があります。
それは、企業成長の一過程として、マザーズから一部・二部等に上っていく、と見られるためです。

ただし短期的(一時的)にはケースバイケースといえます。
個別には、上場に伴う新規発行株数が多ければ希薄化の懸念、売出しが多ければ経営者(or親会社)の利益確定の嫌気、などといった要因が考えられますし、マクロ的には、アメリカ市場暴落で投機マネーの日本流入、原油高による影響、などで変化するためです。

最後に、東証には3つの市場があり、一部市場、二部市場、そしてマザーズとなっています。
つまりマザーズは東証の一市場です。誤解なきよう。

Qデイトレーダーは、個人事業主になった方がいい?

ちらっとデイトレードをしているなら、税務署に個人事業主にしたらと言われました。
まだ始めて数ヶ月で、やっていけるかどうかも分からないですけど申請をするのとしないのでは何が違うのか、利益・不利益はありますか?

Aベストアンサー

税務署の人が言ったんでしょ。
貴方個人にはほとんどメリットは無いと思いますよ。
課税対象者を詳細に把握するために開業届を出させて、2,3年に一度は確実に調査に立ち入るための方便だと思います。

 株式投資で得られる利益に対する経費は全く認められていないのが現状です。たとえば貴方が株式投資に関する著作を発行して、たくさん売れたらその取材費や原稿用紙や万年筆の購入費用や編集者との打ち合わせの喫茶店のコーヒー代などは経費として認めてくれますが、それはあくまでも原稿料や印税に対しての経費であります。

 簡単に例をあげましょう。
 株式投資での収入が年間200万円、著書出版による原稿料・印税収入が200万円、合計400万円の収入があったとしましょう。
 ではここから取材費用や原稿用紙購入代などの経費を差し引こうと思っても、それはあくまでも原稿料・印税収入の200万円からは差し引けますが、株式収入からは引けません。もしも経費が250万円掛かったとしても原稿料・印税収入から200万円の経費を引いた残りの50万円の経費は株式収入から引く事はできません。貴方の赤字です。(実際には収入を超える費用は認められません。事業内容にもよりますが、経費として認められるのは収入に対して10-30%の間といったところです。)
 それでいながら、株式収入からはしっかりと10%の源泉徴収は引かれます。(数年先には元の税率の20%に戻りますね)
 
 「パソコン使ってネットで株取引するんだから、個人投資家にはパソコン購入費や電気代やプロバイダ接続料や自宅を事務所扱いにして”家計に事務所家賃を支払う”などは経費として認められるのでは?」
と思われるかもしれませんが、これも今の税務署は認めてくれません。課税を不服として訴訟を起こして勝訴すれば別でしょうが。

 というわけでほとんどメリットはありません。強いて言えば開業届けを出して青色申告者になることで晴れて無職者から「税務署お墨付きの事業者」になりますが、普段道をあるいていてもご近所さんの貴方を見る眼差しが尊敬の目が変わるわけでもありませんから、特段メリットにはならないでしょう。

税務署の人が言ったんでしょ。
貴方個人にはほとんどメリットは無いと思いますよ。
課税対象者を詳細に把握するために開業届を出させて、2,3年に一度は確実に調査に立ち入るための方便だと思います。

 株式投資で得られる利益に対する経費は全く認められていないのが現状です。たとえば貴方が株式投資に関する著作を発行して、たくさん売れたらその取材費や原稿用紙や万年筆の購入費用や編集者との打ち合わせの喫茶店のコーヒー代などは経費として認めてくれますが、それはあくまでも原稿料や印税に対しての...続きを読む

Q追証預かり金不足ですって口座管理にでました 助けてください

4日前信用口座開設して建玉めいっぱいでデイトレしてほぼ全敗の日々でした
今は代用有価証券があります297万です
あといくらか入金せずにこのまま信用取引したいのですが今も売り玉は持ち越しています・・・逆日歩0.05円の2000株のイオンです

代用有価証券のダイコク電機2800株を明日全て売り払って現金化すれば追証はなくなるのでしょうか?
SBIです

実質保証金A 2.768.290
建代金合計B 2.467.000
委託保証金率A/B*100 112.21パーセントです

買い付け与力
3営業日後  0
4営業日後  0


保有資産評価

現金残高   -128.536

今こんな状況です
お詳しい方いったいいくら今入金しないと口座潰されるのでしょうか?
また委託保証金を増やすには代用有価証券を売り払って現金化すればなんとかもちこせるのでしょうか?
教えて下さい  かなり困っています
怖いです  

Aベストアンサー

SBI証券に確認するのが確実なのですが、とりあえず書かれていることからわかることを述べます。
維持率は112.21%と30%を割り込んでいませんので、保証金が足りなくなったわけではありません。
おそらく、デイトレの損失によって現金が128536円足りなくなっただけだと思います。
このまま放置すると代用証券が強制売却されてしまいますので、とりあえず128536円(イオンを決済した時に支払いが必要ならその分も追加して)払い込めば問題ありません。
代用証券は、デイトレをしたその日に売却していれば間に合ったのですが、その後では間に合いません。
今後は「信用取引を決済すると損失は現金で支払わなければならない」ことを忘れないようにしてください。

Q寄り付き前の板で始値がわかりますか?

今、株式の勉強をしている者です。まだまだ始めたばかりですが…。

寄り付き前の板を見ていて疑問に思ったことがあります。板を見て、その日の始値の予測はつくものなのでしょうか。買い優勢か売優勢かはわかるのですが…。現在、赤文字と青文字の値のところが大体の始値でしょうか。見ていた板を添付させていただきます(もし不都合があれば削除させていただきますのでおっしゃってください)。

Aベストアンサー

9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。

特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。初心者はビックリするみたいです。でも直前に元に戻る)。明日の朝、暇ならトヨタやキャノンやソフトバンクとかの板を見てると面白いかも。SQは毎月第2金曜日です。

その画像は日経ETF(1321)でしょう?自分は買わないので寄り前の板(気配)を見たことがないけれど、そんなに動かないのではないですか。個別銘柄は直前に大きく動く場合がありますが…

日経ETFは、日経平均に連動しますよね。その日経平均は日経平均先物に連動します。つまり先物に連動します。で、今日の先物(日中)は9.760円で引けました。明日の寄付きはダウ平均や為替、ユーロ圏の問題などによって変わってきます。

日経平均先物は日本(大証)だけでなく、シカゴ(CME日経平均先物)、シンガポール(SGX日経平均先物)でも取引されています。CMEは当然アメリカなので、日本の夜間のダウ平均や為替を織り込みながらリアルタイムに動きます。その終値に、日経平均先物(大証)がサヤ寄せして始まります。ちなみにSGXは8:50に取引開始で、寄付きの価格は2分遅れくらいでニュースが出ますが、日本より10分早いだけなので参考にする意味がありません。

なので朝、CME日経平均先物(円建て)を見れば、日経平均がいくらで寄り付くかかなり正確にわかると思います(騰落率で見る)。なので日経ETFもほぼ正確に寄付きの価格はわかるでしょう。寄り付いてから上がるか下がるかはわかりません。

CME日経平均先物(円建て)は、証券会社のホームページの海外指標のところにあります。ほかにもMONEY BOXなどいろいろ便利なサイトがあります。

http://moneybox.jp/

9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。

特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。初心者はビッ...続きを読む

Q追加委託保証金の計算

証券外務員試験の信用取引の問題で質問です。

「ある顧客が、時価1500円の上場銘柄A社株式1万株を信用取引で買い建て、委託保証金を現金および時価500円の上場銘柄B者株式で必要最低限差し入れました。
この場合、(1500円×10,000株)×20%=300万円が最低限必要な委託保証金となり、A社株の評価損をB社株の担保評価額から差し引いた額が300万円を下回ると、追加保証金が必要となります。
なお、当初の必要差入担保は1500万円×30%=450万円です。」

「最低限必要な委託保証金(300万円)」と「当初の必要差入担保(450万円)」の違いが理解できていないため、上記の中の「当初の必要差入担保は1500万円×30%=450万円です。」の部分がなんのことを説明しているのかがわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

A社株 10,000株 @1,500 ¥15,000,000 の建玉(たてぎょく)  つまり信用取引で買いました。
この場合、実際に1500万円は無くても、一定比率の担保を入れれば、買うことが出来ます。
じゃあどのくらい担保を差し出せば良いのか?
この時に必要な、「一定比率の担保」というのが、「当初の必要差し入れ担保」です。
それは30%ですので、1,500万円×30% = 450万円です。

この450万円の担保は、すべて現金で納めることも可能ですし、株式で差し入れることもできます。
すべて現金で入れるならば、450万円を入れればよいです。

一部株式で入れることも可能です。このように、現金の代わりに担保として差し出す有価証券を
「代用有価証券」と呼びます。

たとえば、B社株5,000株(今日の時価500円) が手元にあるので、これを使うことにしましょう。
B社株は、500円 × 5,000円=250万円 の価値があります。
担保は450万円必要なので、この250万円に加えて、残り部分は現金200万円で入れよう ・・・ 
と思いますが、実はそれはダメです。

なぜかと言うと、代用有価証券の場合、上の例でいうと、250万円とは見てくれません。
なぜなら、代用有価証券(B社株)だって、毎日時価変動しますので、明日になれば250万円が230万円に
なってるかもしれないので、割り引いて評価されます。

この割引率を「掛目」(かけめ)と呼びますが、上場株式の場合、80%程度でしょうか。(証券会社によって異なります)
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/invest/sinyo/ta/daiyo_yukashoken_kakeme.html

したがって、250万円×80%=200万円と評価されますので、担保の450万円を用意するには、
代用有価証券B社株 200万円 + 現金250万円 が必要となります。

さて、このように取引が始まりました。
A社株を信用で買い建てた翌日、A社株が値下がりしてしまいました。1500円が1450円になってしまった。
1500万円の評価が、1450万となったわけですから、50万円の含み損が出てしまいました。
代用有価証券B株の株価は前日比変わらずの500円で引けました。

当初の差し入れ担保は、30%と言いました。450万円分入れましたよね。
50万円の含み損が発生したわけなので、理論上、この450万円のうち、50万円を食いつぶしてしまったわけです。
(まだ決済してないからあくまで計算上ですが)

結論から言うと、建玉の20%のラインを切った時に、追加保証金(俗に言う、追証(おいしょう))を入れなければなりません。
今回の例では、1500万 × 20% = 300万円。
当初入れた450万円から見ると、150万円下落したところ。
これが、「最低限必要な委託保証金」です。最低保証金維持率とか、追証ラインなどとも呼ばれます。
つまり、A社株の含み損や、B社株の時価変動による下落分が、150万円を超えてしまった場合に、追証を入れねばなりません。

例)
A社株が 1500円から1400円まで下落。100円下落×10,000株 =▲100万円の含み損
B社株が 500円から400円まで下落。 100円下落×5,000株=▲50万円の下落
あわせて150万食いつぶしました。当初差し入れ担保450万-150万=300万。
ここまではぎりぎりセーフ。追証は要らない。

だけど、
A社株が 1500円から1390円まで下落。110円下落×10,000株 =▲110万円の含み損
B社株が 500円から400円まで下落。 100円下落×5,000株=▲50万円の下落
こうなりますと、▲160万円を食いつぶしたので、当初差し入れた担保450万-160万円=290万円となってしまいました。

この場合、最低限、維持しなくてはならない担保20%(300万)を切ったので、追証を入れねばなりません。
その場合は、300万を回復するための10万円を入れるのではなくて、450万円を回復するための160万円が必要となります。

【まとめ】
・ 当初必要な担保は30%
・ 建玉の含み損、代用有価証券の値下がりなどによって、当初建玉の20%を切ったら追証が発生
・ その場合は、当初の30%ラインまで戻さねばならない。
・ つまり、25%とか、22%などのラインでは追証は要りません。

ご不明点あればお知らせください。

A社株 10,000株 @1,500 ¥15,000,000 の建玉(たてぎょく)  つまり信用取引で買いました。
この場合、実際に1500万円は無くても、一定比率の担保を入れれば、買うことが出来ます。
じゃあどのくらい担保を差し出せば良いのか?
この時に必要な、「一定比率の担保」というのが、「当初の必要差し入れ担保」です。
それは30%ですので、1,500万円×30% = 450万円です。

この450万円の担保は、すべて現金で納めることも可能ですし、株式で差し入れることもできます。
すべて現金で入れるならば、450万円...続きを読む


人気Q&Aランキング