「あんた学校で地動説って言われたからそう思っているだけだよ」(天動説研究会著、民明書房刊)という絵本があるという話を聞き、探しているのですが見つかりません。

何かこの本に関する情報をお持ちの方いらっしゃいましたらお教えいただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問者さんには申し訳ないんですが、絶対に見つからないと思います。



google などの検索エンジンで調べてみてもらうと分かるんですが、「民明書房」ってのは、以前「少年ジャンプ」に掲載されていた「魁!男塾」(宮下あきら作)というマンガによく登場した出版社のことです。

で、そのマンガ内で繰り広げられた男たちの戦いで登場した「技」を解説していたのが、民明書房の出版物でした。

要するに「架空の出版社」です、ハイ(^^ゞ。

以下のページもどうぞ。
・民明書房ホームページ
http://www1.mahoroba.ne.jp/~kemorin/minmei/minme …

・民明書房とわ!?
http://www.is.osaka-kyoiku.ac.jp/~a9608m/minmei. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。

>要するに「架空の出版社」です、ハイ(^^ゞ。

えええええええええっ!

「民明書房ホームページ」を見て、「出版社のサイトらしくないなあ、何か変だなあ」と思ってはいたのですが・・・

こうなったら「男塾」を読まなくては!(笑)

 

お礼日時:2004/01/09 18:02

どちらで、その絵本の話を聞いたのでしょうか?


もういちど、話の出所を確認した方がいいと思います。

まず始めに、"民明書房"をキーワードにして、WEB検索をしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。

>どちらで、その絵本の話を聞いたのでしょうか?

説明させていただきます。

「実験する化学手品80 遊べる理科の教科書」(天動説研究会/編著、ワニマガジン)という本を読んだところ、その本の裏見返しに、天動説研究会の主な著作物のひとつとして挙げられていたのです。

しかし、民明書房が架空の出版社ということは、この裏見返しの紹介文は冗談ということなのでしょうか。

しかし、いきなり何件もの回答がつくなんて・・・「民明書房」って「有名」なんですね・・・

私も「男塾」を読まなくては。

お礼日時:2004/01/09 18:13

民明書房ですので、


「魁!!男塾」の中の話だと思うのですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。

・・・やはり架空の絵本ということでしょうか。

悔しいので「男塾」を読みたいと思います。

お礼日時:2004/01/09 18:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまついのりこ著の「たしざん」という絵本

小さい頃、私が大好きだった、たしざんの絵本がありました。
タイトルや詳しいことまでは覚えてなかったのですが、確か四角いものが5つ集まると「5のかたまり」としてピカピカ光りだす…という絵本でした。

小学校の図書館司書をしていた祖母が、処分する絵本として持ち帰ったものらしいのですが、タイトルなどが全く分からないまま今に至ってました。

が、たまたま子供の新学年の絵本教材の案内を見ていると、まついのりこさんの著書で「たしざん」という本があり、どうも私が読んだ本に似ているような気もしました。
が、表紙だけしか見れず、検索しても内容が分からないため非常に気になっています。

この絵本をお持ちの方、もしくは内容を覚えてるかた、私が記憶してた足し算の本と同じ内容でしょうか?
もしくは「5のかたまりが光りだす」内容の足し算の絵本をご存知の方はいらっしゃいませんか?

私が足し算を覚えた基礎になった絵本なので、是非子供にも読ませてあげたいのですが…。

Aベストアンサー

まついのりこさんの「ひきざん」という本を持っています。
縦横15cmほどの小さい正方形の青っぽい本です。
「こびと」「あくま」「そらとぶじゅうたん」などが出てきます。
内容としては
 とんでいた こびとが3
 つかまった こびとが2
 のこった こびとは いくつ
といった書き方です。

残念ながら「たしざん」の方はないのですが、「ひきざん」と対のものなら絵本の大きさ・文体等共通した部分があるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

出版社は「福音館書店」。
「福音館のペーパーバック絵本」となっています。

Q絵本を探しています。1、ワニの絵本 2、オレンジの灯りの絵本

二冊の絵本を探しています。
一冊目はワニの絵本です。
ワニは鮮やかな緑色で書かれており、ディフォルメされています。
内容は雪を食べてみたいワニが北国に行き、念願の雪を食べようと雪の降る中、口をあけて目を閉じていたら凍ってしまい流氷になって海を漂っていたら、友達のバナナみたいなくちばしをした南国の鳥に助けられるストーリーだったと思います。

二冊目は多分日本の作品で、絵本だったか児童書だったか定かではありません。
海の底のほうに、灯り亭、みたいなお店があって、貝殻の中に青い灯りや赤い灯りなど色とりどりの灯りがあって、その中にひとつだけオレンジ色の灯りをともす貝殻があり、それは主人公のための灯りだからもっておいき、と手渡してもらえるお話です。

どちらも1980年代に読んだ本です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自信がないので書店で確認をしてみてくださいm(_ _)m
「わにのアリゲーきたのしまへ」カズコ・G・ストーン作

Q地動説を唱えた人の絵本を探しています。

昔読んだ、地動説を唱えたために火刑に処された人を描いた絵本を探しています。
自分なりにネット等で調べてみたところ、おそらくはジョルダーノ・ブルーノという人について
書かれていたらしいことはわかったのですが、どうしても書名が出てきません。

ご存知の方がおられましたらお教え下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特にブルーノという人について書かれた作品ではありませんが、安野光雅作「天動説の絵本」福音館書店
http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=352
の中に地動説という考えを変えないために火あぶりになったお坊さんについての言及があります。

Q昔読んだ絵本が気になります。 その絵本は熊とモグラの交流を描いた絵本でした。 うろ覚えですが、モグラ

昔読んだ絵本が気になります。
その絵本は熊とモグラの交流を描いた絵本でした。
うろ覚えですが、モグラは女の子だった気がします。
ご存知の方は是非教えてください。

Aベストアンサー

「ぼくのはなさいたけど…」
作: 山崎 陽子
絵: 末崎 茂樹
はどうですかね?モグラは女の子です。
http://www.ehonnavi.net/ehon00_opinion.asp?NVKB=E00&no=3442

Qこの古い絵本知りませんか?魚の絵本

ちいさなころ読んだのですが、
魚が主人公の本です。
弱虫でちいさい魚だったきがします。
ほかの魚たちにいじめられる感じの
キャラだった気がします。。

外国のものの作品で
日本語訳として出ていたものだった
きがします。

絵は、まさに外国の絵本の典型って感じで
ポップでカラフルで、けっこう細いとこまで
描いてるイラストだったきがします。
ペン画で、色つけて・・って感じだったような。
ほかにも、いろいろな種類で
魚とは関係ないので本があったきがします。

どんなことでもかまいませんので
タイトルなどの、情報おまちしてます。

Aベストアンサー

パッと思い浮かんだのは

「スイミー」

です。
小さい魚が集まって大きな魚の形になって・・・

という話です。
主人公の魚は赤かったので目のところにいました。

参考URL:http://www.kogakusha.com/leo/leo001.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報