「教えて!ピックアップ」リリース!

こんにちは、初めまして。
今朝の出来事です。
よく車のミラー同士での接触のことはこのサイトでもよく質問がありますが、私の場合は違うものと接触しました。
それは歩行者のたたんである傘です。
車が一台通れる近所の道を走行中のことです。
前におじいちゃんが歩いているのが見えました。 当然私は減速しました。
そのおじいちゃんは傘を振りながら歩いていました。
そして横を通過した時に、その傘とミラーが接触しました。
傘を振ってるのが確認してから接触するまで一瞬でした。
この場合皆さんは無視して行きますか?それとも止まって歩行者と話しますか?
ちなみに体には接触していません。

A 回答 (8件)

体と接触していなくても、歩行者が身に着けているもの、手にしているものと接触すれば、歩行者との接触事故になります。




だから被害がなくてもまず相手との対処をして、なかったことにするかどうか話し合って相手の身元を調べておかないと、面倒なことになります。

のちのち相手から通報されれば、当て逃げになります。

ちなみにペットもそうです。リードでつながれているペットを弾いても、事故です。でも人身ではないですが、相手のペットへの愛情の度合いによっては子供を轢き殺されたようなものなので賠償が高くなることもあります。
ペットの管理がしっかりしていなかったことを証明できれば事情は変わってきますが。


ゆえに、体に接触していなくても結論的にその状況は歩行者との接触と同じ扱いになるので、私はきちんと対処します。
    • good
    • 4

歩行者とは1.5m以上の距離を取らなければならない、


の交通違反をした上で接触した訳ですから、停車して詫びるのが常識でしょう。

渡しならば、距離を空けて歩行速度で徐行します。
    • good
    • 3

傘であろうと、自転車であろうと、つけ爪であろうと、他車のミラーであろうと同じです。



あなたが相手に接触したことと相手があなたに接触したことが同時に起きています。

傷ができていなくて相手もなんとも思ってないようなら素通りで良いと思います。

傷が出来てれば、交通事故として処理します。おじいちゃんが個人賠償保険や同等の保険に入ってれば良いですけど、相手も怪我したと言われてしまうと、その程度の傷と怪我なら相殺で、ということになってしまいそうです。

未然に防ぐにこしたことはありません。
    • good
    • 0

一応確認だけでもしておいた方が良かったでしょうね。


不公平な程、弱者救済が基本ですから・・・。

以前友人が停車している車に自転車で激突して怪我をしました。
完全に友人の不注意なのですが、停車していた車に非があるという裁定でした。
車を所有しているだけで、責任は所有者に発生してしまいますから、気を付けましょう。
    • good
    • 0

おじいちゃんを怪我させている可能性があります。



立ち去ればひき逃げになるので
停車して事故処理します。
    • good
    • 1

もちろん止まって、歩行者に無事を確認します。



そもそも体に接触していなくても、横を通り抜けようとした貴方の車に驚いて転倒したとしても、貴方に過失が生じます。
人身事故は、非接触でも成り立つのです。

また、振っていた傘が当たったのであれば、傘の破損よりも手首の捻挫を心配しますね。

もちろん、お爺ちゃん側にも非がありますので、事故につながったとしても過失相殺になります。

振った傘に当たったと言う事は、お爺ちゃんが急な心筋梗塞で車側に倒れていたら、質問者さんは轢いていた事になりますよね。

歩行者を追い越す場合は安全な距離が必要です。
距離が保てないのであれば、法的には、ジッとやり過ごすしかありません。
    • good
    • 1

それは、何もなかったのか相手の歩行者に問います、何もなければそれでよいですが、相手によっては何も言わなかったために警察に通報されるとひき逃げで捜査されますからね、車対車でも悪い方には注意喚起すべきですが、今は何をするか判らない相手が多いので気をつけてください。

    • good
    • 1

当て逃げになる可能性がありますので止まります。



ふらつく、倒れる、手を振る、立ち止まる。いろいろな可能行動を判定して、最悪を回避できる間隔、速度で通過すべきです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング