個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

私は九紫火星で、年の凶方位=東北へ、家族の病気のため、帰省したいと思っています。

方位を気にしている場合ではないと思いますが、今年、凶方位へ移転してから良くないことばかり続き、心身疲労、八方塞りでこれ以上凶を招きたくありません。

そこで、

「1週間」程度の帰省旅行
距離は1500キロの「長距離」 では

・奇門遁甲を使えば、気学は無視していいのか?

・年盤、月盤、日盤どれを使用しますか?

・吉方位に経由し、1泊する程度では、方違えにはならないでしょうか?

・ 実家に1週間滞在した後の、「帰り」の方位は影響するのか?(つまり南西の自宅=凶へ戻る)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大気象理学(気学)で気学鑑定士が回答します。



奇問遁甲と気学は別物ですから奇問遁甲を使えば気学は無視してもいいと思いますよ。

但し、それで凶災が避けられるかどうかは別の話ですが。

気学的には凶方位へ行けば凶災は基本的には必ず出ます。

但し、実家とはあなたが生まれ育った家で建て替えや引っ越しなどしていなければ気にせず戻ってください。

まあ小細工としては吉方位へ宿泊したのち凶方位へ行けば直接凶方位へ行くよりはましにはなります。
ましになるというだけで凶作用がなくなるわけではありませんよ。

帰りの方位を気にする方が多いですが、太極が移転するほど長い間の滞在でなければ帰りは気にする必要はありません。

1週間では太極は移転しませんから帰りの方位を気にする必要はありませんよ。

人としての義理を欠くようでは人として問題がありますからね。
仮に凶方位へ行っても基本的に凶歳はすぐには出ませんから帰って来てから祐気採りをして凶災を押さえるようにすればよいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました!ありがとうございました!

お礼日時:2013/03/13 08:39

奇門遁甲透派で時盤を使いましょう。

それなら気学はいっさい無視してかまいません。実家の風水をフライング・スター風水で鑑定してみましょう。本も出ています。方位がよくても風水がだめではいけません。風水がよければ方位なんてぜんぜん怖くありません。むずかしい玄空飛星風水を落第した方がバカの一つ覚えに気学の方位を連呼しますけど気学の師範免許のある私からすれば情けないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フライングスター風水の本を買ってみました。ありがとうございました!

お礼日時:2013/03/13 08:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q奇門遁甲を使用して移動する場合

最近奇門遁甲について興味を持ち始めました。使用してみたいのですが移動は、普段寝泊りしている場所(自宅)から見るのですか?
どこかを経由してしまう場合はそこからの方位を見るのでしょうか?
またその時間帯に出発し到着しなくてはいけないのでしょうか。この場合時盤だとなかなか遠くにはいけません。
初歩的な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>縁ができてしまった場所・人ということは、今まで行ったことのある場所では
>効果がないということでしょうか。

 「縁が既に結ばれている場所・人」という言葉は、ご自分の「日常の生活圏内や生活パターンの中に既に含まれているもの」という意味で前回の回答では用いました。

 占術における運命転換の方法には様々なものがあります。しかし、それらに概ね共通する考えは、『元となる運命の流れ』が存在し、そこに『別の運命の流れ』をぶつけることによって、『元となる運命の流れ』自体に影響を及ぼそうというものです。当然、『元となる運命の流れ』に強く影響を与えるためには、より強く大きな『別の運命の流れ』が必要になります。

 『方位術』においては、この『元となる運命の流れ』に相当するものが『太極』であり、『別の運命の流れ』に相当するものが移動や普請・修繕によって新たに作り出された『新たな太極』です。
 つまり、奇門遁甲などの『方位術』で説いているのは、『元となる運命の流れ』に相当する『太極』に対して、より強くより大きな良い影響を及ぼす『新たな太極』を作り出すための方法なのです。
 そして、この『新たな太極』を、より強くより大きなものとするための方法が、「遠」と「長」。つまり、より遠くに、より長期間、ということです。

 しかし、日常の生活パターンに既に組み込まれているもの、例えば、会社に行くことやスポーツクラブへ通うこと、買い物に行くことなどは、いくら遠くても長時間であっても、それらはあくまで既存の『太極』の中で発生していることに過ぎず、これらの行動にいくら工夫を凝らしても、それによって『新たな太極』を作ることはできません。

 これに対し、日常の生活パターンに未だ組み込まれていないもの、例えば、日常の生活圏外に属する観光地やスキー場に行くことなどは、その場所が以前行ったことのある場所であったとしても、既存の『太極』の中に含まれている行動ではないため、これらの行動をとることによって『新たな太極』を作成することが可能となります。
 また、「転居」や「普請・修繕」などは、それらが当然長期間に及ぶものであるため、例えば、同じ家の中で自室を別の部屋に移すだけであっても『新たな太極』を作成することになるのです。


>また職場の人間関係を良くしたいと思っているのですが、こちらももう既に縁が
>できてしまっていると考えるのでしょうか。

 既存の職場の人間関係というものは、『元となる運命の流れ』(既存の『太極』)の範疇で生じているものです。したがって、そこに転居・旅行・普請・修繕などにより作り出された『別の運命の流れ』(『新たな太極』)をぶつけることにより、職場の人間関係なども含んだ『元となる運命の流れ』に影響を及ぼすことが可能になると考えられているのです。



 以上、ご参考まで。

>縁ができてしまった場所・人ということは、今まで行ったことのある場所では
>効果がないということでしょうか。

 「縁が既に結ばれている場所・人」という言葉は、ご自分の「日常の生活圏内や生活パターンの中に既に含まれているもの」という意味で前回の回答では用いました。

 占術における運命転換の方法には様々なものがあります。しかし、それらに概ね共通する考えは、『元となる運命の流れ』が存在し、そこに『別の運命の流れ』をぶつけることによって、『元となる運命の流れ』自体に影響を及ぼ...続きを読む

Q長距離、1週間の凶方位帰省旅行。気学は無視ok?

私は九紫火星で、年の凶方位=東北へ、家族の病気のため、帰省したいと思っています。

方位を気にしている場合ではないと思いますが、今年、凶方位へ移転してから良くないことばかり続き、心身疲労、八方塞りでこれ以上凶を招きたくありません。

そこで
「1週間」程度の帰省旅行
距離は1500キロの「長距離」 では

・奇門遁甲を使えば、気学は無視していいのか?

・年盤、月盤、日盤どれを使用しますか?

・吉方位に経由し、1泊する程度では、方違えにはならないでしょうか?

・ 実家に1週間滞在した後の、「帰り」の方位は影響するのか?(つまり南西の自宅=凶へ戻る)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別の占いで避けるというのはあまりにもナンセンス。だったら気にしないが一番です。

方災というのはのべつ出るわけじゃありません。必ず決まった期間に決まった現象で現れます。
ですから何時どのような現象があり、その現象の原因が一定期間前のどれにあるのかを調べなければ、その凶事が方災かどうかなどということは分からないのです。
まして「今年凶方位に引っ越して」ではね。確かにその年にも兆候は出ることがありますが、それは本当に兆候程度です。もし大きなものであれば、それは12年前の行動の結果と考えるべきなのです。

気学による方位の吉凶は積み重ねです。つまり引越しや旅行などを気にしても、毎日の生活を無視するなら意味ありません。毎日の生活における方位や行動のすべてが祐気、剋気の摂取なのです。
ですから「しなければならない」剋気摂取を悩んでもしょうがありません。それなら積極的に祐気を摂取するべきなのです。
つまり、毎日の散歩を月日の吉方に行く、行ったら出来れば2時間ほど滞在する。吉方に寝所移動をする。これは家の中で二週間おきに月日の吉方に移動することで出来ます。
帰宅しても吉方取りを続ける。その気が無いなら気にしない。気学は継続による力です、思いつきで気にしても逆にストレスになるだけです。それが生活にならないなら気にしないほうが幸せです。

方位の見る人の中に方違えを利用している人がいますけど、方位(九気)と方違えは関係ありません。方違えは方位神に対する対処法なのです。方違えで避けることは出来ません、というか無いわけじゃないけど今まで住んでいた期間の10分の1を必要とします。つまり20年住んでいれば2年間吉方に移動しなければなら無いということになるんです。それなら吉方を待って引っ越せば良いわけですから、方違えは実質無いといえるのです。方位神は短いもので3ヶ月程度です。つまりそのくらいの期間を以って方違えとするならそれは方位神除けの転用だと思いますよ。

別に遊興で行くのではないから、とりあえず自分の氏神、故郷の氏神に感謝と祈願をして、抑えていただき、積極的に祐気を摂取すれば良いのです。

別の占いで避けるというのはあまりにもナンセンス。だったら気にしないが一番です。

方災というのはのべつ出るわけじゃありません。必ず決まった期間に決まった現象で現れます。
ですから何時どのような現象があり、その現象の原因が一定期間前のどれにあるのかを調べなければ、その凶事が方災かどうかなどということは分からないのです。
まして「今年凶方位に引っ越して」ではね。確かにその年にも兆候は出ることがありますが、それは本当に兆候程度です。もし大きなものであれば、それは12年前の行動の結果と...続きを読む

Q九星気学でノイローゼになりそうです

もともと夫が九星気学にハマっており、調べたところ私の不運の原因が方位のせいではないかとわかったことから、生活に九星気学を取り入れることになりました。

しかし、日破だから北はダメだとか。
転職する時期はやっぱり○月じゃなくて、×月じゃないとダメ。それをしたら必ず離婚しますとプロに言われたり(そんな時期を待っていたら、破算しちゃいます)ですとか。
とにかく実現不可能なことなどを夫にも、占い師の方にも言われ、とうとうノイローゼで服薬するようになってしまいました。
どこにも行けず、行けば「うまくいかない」とか「人生が台無しになる」などと占い師に言われ、もう占いのある生活に限界を感じています。

最近では、夫はとてもよい人ですが、離婚すら考えています。

九星気学というのは、確かに的中率は高いですし、悪い効果はよく出ると身をもって知っています。
ですが、生活や気持ちを犠牲にしてまで、率先してやらなくてはならないことでしょうか…。
実際そんなに劇的に何か変わるのでしょうか?

もう疲れてしまいました…。
気にしないで済む方法や、最低限これだけは気をつけたらいいということなど、何でも構いませんので、アドバイスをいただけたらと思います。

本当に心身ともに滅入っております。
どうかよろしくお願いいたします。

もともと夫が九星気学にハマっており、調べたところ私の不運の原因が方位のせいではないかとわかったことから、生活に九星気学を取り入れることになりました。

しかし、日破だから北はダメだとか。
転職する時期はやっぱり○月じゃなくて、×月じゃないとダメ。それをしたら必ず離婚しますとプロに言われたり(そんな時期を待っていたら、破算しちゃいます)ですとか。
とにかく実現不可能なことなどを夫にも、占い師の方にも言われ、とうとうノイローゼで服薬するようになってしまいました。
どこにも行けず...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。 

読んでいてため息が出ました。辛いでしょうね。本来、気学も算命学も
人間が良い運を少しでも得る為のもの、のはずですが。

毎日のことは、気にせず外出されて大丈夫です。仕事は気にすれば、
出掛けることも、適わなくなります。人は誰しも良い方位にばかりは
行けませんので。私がよく使う方法があります。

外出する時は必ず赤いものを2つほど身に付けます。
(ブラウス、バッグ、肌着etc)
気に入りのアクセサリー、パワーストーンを身に付け、
出掛けます。帰宅したら必ずうがい、手洗い、風邪予防だけでなく、
外で身に付いた悪い気等を水に流すつもりで。
それから、塩茶(熱いお茶に塩を一つまみ入れたもの。)を
飲んで、くつろぎます。

九星気学で移動したからといって悪いことも、良いこともすぐに
起こる訳ではありません。もし、凶方位を犯した、と思った時は
吉方位に祐気とりを実行すればよいだけのこと。どうぞ怖がらないで
下さい。

ご主人様も良い方のようですから離婚など考えず、心を落ち着けて
普通にお暮らし下さい。

方位で気をつける事は海外旅行、新居への移転、仕事で転勤の場合
です。日破は営業職で移動される方が商談の時に気を付けなければ
ならないものです。余談ですが私は外出する時、わざと方位は
みません。帰宅してから、みますが、その日一日のことは大した事も
無くて、あら~当たってない、などと笑ってます。

少しはお役に立ちましたでしょうか?何かありましたらご質問
下さい。

はじめまして。 

読んでいてため息が出ました。辛いでしょうね。本来、気学も算命学も
人間が良い運を少しでも得る為のもの、のはずですが。

毎日のことは、気にせず外出されて大丈夫です。仕事は気にすれば、
出掛けることも、適わなくなります。人は誰しも良い方位にばかりは
行けませんので。私がよく使う方法があります。

外出する時は必ず赤いものを2つほど身に付けます。
(ブラウス、バッグ、肌着etc)
気に入りのアクセサリー、パワーストーンを身に付け、
出掛けます。帰宅したら必ずう...続きを読む


人気Q&Aランキング