人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんにちは。

現在、マイコンボードを使って、組込みシステムについて勉強しています。
マイコンボードには、CPUとメモリと入出力ポートが搭載されています。
このマイコンボードのLSIマニュアルを読むと、
データの出入り口となる場所に、
PA0/AN0/TM0IOA/SEG24
といった表記がされています。
この表記の場合は、マニュアルによると、それぞれ
ポートAのビット0/アナログ入力0/タイマ0入出力/セグメント24
という意味だそうです。
ポートAのビット0以外は、端子として使われており、
「ポートと端子の兼用」といった説明がされていました。
この「ポート」と「端子」の違いについて、いまいち理解できないでいます。
Wikipediaなどでそれぞれの説明を読んでも、上手くイメージがつかめません。

ハードウェアについて詳しい方がいらっしゃれば、分かりやすく説明して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ポートってのは周辺回路の名前です。

タイマ回路やA/Dコンバータ回路と同じレベル。
マイコンのブロック図を見ると「ポートA」って箱があるでしょう。
マイコンの入出力をするだけの回路です。

端子ってのは物理的なLSIの足ですが、ここではA/Dコンバータ回路やタイマ回路の入出力の意味でしょう。
アナログ入力端子、タイマのクロック入力端子、タイマアウト出力端子‥‥などなど。

兼用ってのは内部でつながってて切り替えて排他的に使うか、どちらかを動かないようにして使う必要のある作り方です。
設定によってはタイマ0の出力をA/Dコンバータのアナログ入力としても使えてしまうということ。
もちろんそれにあまり意味はありませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

なるほど、ポートは周辺回路の一種であり、マイコンへの入出力を行うだけだと
考えればよいのですね。
よく分かりました。

お礼日時:2012/10/02 23:12

以前マイコンのパターン設計を経験した者です。

今はやっていませんが。

そちらの挙げているポートは、7SEGに接続するための端子ですね。

そちらの持っているマニュアルを見ないとわかりませんが、ポートというのは回路でいう名称です。端子というのは、実物のPINのことを言います。
こちらの想像では、中で入出力を切り替えて使うPINかなと思います。
    • good
    • 0

主にハード技術関係をやってる者です。


これで合ってるかどうかは不明ですが… ^^;

I/Oポートは大抵八つで一つになってることが多く(ビット毎で設定出来ない可能性あり)、端子は単独の入出力を表しているのではないかと思います(外国製でマニュアルは翻訳?)。
この辺りの差はあまり気にする必要はないかと思いますし、四つの入出力が一つのピン(端子)に繋がっていることだけ理解出来れば問題ないのでは?そのピンをどの機能に使うかは内部レジスタで設定出来るので、その使い方だけ分かれば大丈夫かと思います。

質問の意図と違ってたらすみません <m(_ _)m>
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

なるほど、ポートは端子のセットだと考えればよいのですね。
了解しました。

お礼日時:2012/10/02 23:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVccとVddの違い

トランジスタのバイアス電圧などでよくVccとかVddとかかかれているのをみます。
Vccのccとは何の略で、Vddのddとは何の略なのでしょうか?
また使い分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

cはコレクタ,dはドレインの略です.
Vcと表記すると該当のトランジスタ1個のコレクタ電圧を指しますよね.
Vccという表記は,それと明確に区別するために使われていると思います.
ccで,複数のトランジスタのコレクタを意味しているのでしょう.
つまり,ccは「コレクタ側電圧(電源)」,ddは「ドレイン側電圧(電源)」
と考えればよいでしょう.
ちなみに,Veeでエミッタ側のマイナス電源(NPNの場合)を表します.
それと,ccとかddとかは,大文字でCC,DDと表記することが決まっている
はすです.小文字の場合は「小信号」を意味するからです.
IEEEやJEDECで表記の規則が手に入るはずです.

Qプルアップ抵抗値の決め方について

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調節していって電圧降下が0.9Vとなるように設定するのでしょうか。どうぞご助力お願いします。



以下、理解の補足です。
・理解その1
ふつう、こういう場合は抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が決まっていることが前提だと考えていました。V=IRを計算するためには、この変数のうち2つを知っていなければならないからです。
また、例えば5V/2Aの電源を使った場合、マイコン周りは電源ラインからの分岐が多いため、この抵抗に2A全てが流るわけではないことも理解しています。

電源ラインからは「使う電流」だけ引っ張るイメージだと理解しているのですが、その「使う電流」が分からないため抵抗値を決定できません。(ポート入力電流の最大定格はありますが…)


・理解その2
理解その1で書いたように、抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が必要だと理解しています。図2を例に説明します。Rの値を決めたいとします。
CD間の電圧降下が5Vであることと、回路全体を流れる電流が2Aであることから、キルヒホッフの法則より簡単にRの値とそれぞれの抵抗に流れる電流が分かります。今回の例もこれと同じように考えられないのでしょうか。

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。

スイッチがONした時に抵抗に流れる電流というのは、最大入力電流や最大入力電圧
という仕様から読めば良いのでしょうか。
→おそらくマイコンの入力端子の電流はほとんど0なので気にしなくてよいと思われます。
入力電圧は5Vかけても問題ないかは確認必要です。

マイコンの入力電圧として0Vか5Vを入れたいのであれば、抵抗値は、NO3の方が
言われているとおり、ノイズに強くしたいかどうかで決めれば良いです。
あとは、スイッチがONした時の抵抗の許容電力を気にすれば良いです。
例えば、抵抗を10KΩとした場合、抵抗に流れる電流は5V/10kΩ=0.5mAで
抵抗で消費する電力は5V×0.5mA=0.0025Wです。
1/16Wの抵抗を使っても全く余裕があり問題ありません。
しかし、100Ωとかにしてしまうと、1/2Wなどもっと許容電力の大きい抵抗を
使用しなければいけません。
まあ大抵、NO3の方が書かれている範囲の中間の、10kΩ程度付けておけば
問題にはならないのでは?

QIC未使用端子処理のプルダウン/プルアップ抵抗

2点質問させて頂きます。

1点目
ICの未使用端子処理は、抵抗を介してプルダウンまたはプルアップ抵抗を接続して下さいという記述を多々見ます。普段、10kΩを繋いでいるのですが疑問があります。

この抵抗はどれだけ小さくても、またどれだけ大きくても良いのでしょうか。理由も併せて教えて頂けないでしょうか。抵抗が必要な理由も理解できません。

2点目
常にHレベル入力 / 常にLレベル入力の端子は抵抗を介さずに電源ライン / GNDに繋いでも良いのではないでしょうか。そのような回路は見たことがないので問題があるためだと思いますが、何故なのでしょうか…。

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

ごもっともな疑問と思います。私も悩んだことがあります。
2点まとめて回答してみましょう。
ポイントは、「基本的には、おっしゃるとおり、電源/GNDに直付けでよい。まあ、わずかながらの”消費電流”を考えると・・・」

 まず、プルアップ/ダウンの必要性はご理解のようですね。入力端子については、周囲の雑音(電磁波)により電圧が変動すると中にある(増幅または増幅同等の機能のある)回路が動作してしまい、それにより回路内部にさらなる雑音を発生させたり消費電流が大きくなったりするので、これを止めたいというもの。

 これを止めるためには入力端子の電圧を確定させればよいので、電源やGNDに直付けでも良いだろうというご意見はそのとおりで、質問者さんはご経験になっていないようですが、私は実用回路でもしばしば目にしています。(特にGNDに直付け。)

 さて、他方、抵抗を介してのプルアップ/ダウンも多いですね。これは、主に「消費電流」に関する次のような考え方によります。
・ICなどの入力端子が流れ出し型なのか流れ込み型なのかわからない
 話の単純化のためにバイポーラトランジスタ(FETではない旧来型トランジスタ)を前提にしてお話しましょう。
トランジスタにはPNP型とNPN型があり、いずれも入力端子は「ベース」と呼ばれますが、PNP型はベースから電流が流れ出そうとしており、大きく流れ出させる(Lo。GNDにつなぐ)とオンになります。
この際、入力端子回路そのもので電流(電力)を食うほか、内部の(少なくとも初段の)トランジスタも大きな電流を消費します。
NPN型では流れ込み型なので、入力電流を大きく流れ込ませる(Hi。電源ラインにつなぐ)と消費電流が大きくなります。
 このため、プルアップ/ダウンはPNPならアップ、NPNならダウンにしたいところですが、ICごとにいちいち内部回路(等価回路)を確認するのは大変。
 そこで、適当に抵抗をつないで妥協を図る・・・というのはご理解いただけるでしょう。
(消費電力を極限まで低下させる場合で量産品として社会的影響が大きい場合などはIC内部の等価回路まで確認してアップ/ダウンを決めます)

・抵抗値の適正な値は?
 さて、基本的には短絡(0オーム)でも良いので、抵抗値問題としては「どのくらい大きくできるか」・・・になりますね。
 抵抗を入れるのが妥協策である以上、最終的には消費電流と耐ノイズ性の妥協点であり、経験という面になってきますが、関係するのは「入力インピーダンス」になります。
「入力インピーダンス」は見かけ上の入力端子(とGND間)の抵抗で、通常はこれが極めて大きい故に端子電圧が「あばれる」ことになりますので、外付け抵抗はこれより十分に小さい必要があります。
 これも、結局はICごとに異なるので、最適な値というのは内部等価回路を知って決めることになりますが、もともと大した問題ではないので、経験的に多くのICが100kオーム~1Mオームのインピーダンスを持つことを前提に、それより十分小さい値として1k~10kオーム程度を選ぶ・・・というところでしょう。
 さらに、余談ですが、私は、自分で作った回路(装置)に後日、臨時のテストや修正、改造を加えることが多く、その際には配線が小さすぎてプルアップ抵抗を切り離すのに苦労することがあるので、大き目の10k~50kオームを選んでおきます。すると、プルアップ(hi)に固定したものを臨時にLo(GNDに短絡)したり、プルアップを放置したまま前段に別の回路を接続するといった無茶なことも可能です。(事前に短絡してあると変更の際は必ず切らなければならない)

 さてさて、いかがでしょうか。
私が見落としている理由もあるかもしれませんが、お役に立てば幸いです。

こんにちは。

ごもっともな疑問と思います。私も悩んだことがあります。
2点まとめて回答してみましょう。
ポイントは、「基本的には、おっしゃるとおり、電源/GNDに直付けでよい。まあ、わずかながらの”消費電流”を考えると・・・」

 まず、プルアップ/ダウンの必要性はご理解のようですね。入力端子については、周囲の雑音(電磁波)により電圧が変動すると中にある(増幅または増幅同等の機能のある)回路が動作してしまい、それにより回路内部にさらなる雑音を発生させたり消費電流が大きくなったりするの...続きを読む

Q「消費電力」と「消費電流」について

電気機器で「消費電力(W)」もしくは「消費電流(A)」といった
表記がありますが、
(消費電力W)=(電圧V)×(消費電流A)
の式にあてはまるのでしょうか?

例えば100V電源で使用する機器の「消費電力(W)」が300Wなら、
「消費電流(A)」は3Aということになるのでしょうか?

また上記の場合、-48V電源なら「消費電流(A)」は
どの様に計算するのでしょうか?

お分かりになられる方がいらっしゃいましたら、
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交流の消費電力は
P=VIcosθ
です。

θはVを基準としたIの遅れです。このcosθは力率と言われるものです。
VIは皮相電力で単位はVA(ボルトアンペア)です。VIcosθは有効電力、VIsinθは無効電力です。単位はともに、W(ワット)です。

コンデンサーに交流を流すと、電流の位相は電圧Vよりπ/2遅れるので、θ=π/2ですからcosθ=cos(π/2)=0となり、電力は消費されません。

インダクタンス(コイル)に交流を流すと、電流はπ/2進むので、θ=ーπ/2ですから、矢張り、電力は消費されません。

抵抗だけの時はθ=0ですので、cosθ=1となり、消費電力はP=VIとなりません。

一般に、電器機器には抵抗、コンデンサー、コイルが複雑に絡んでいますので、cosθ=1ではありません。
したがって、交流の場合、消費電力は
P=VI
とはなりません。
以上。

Q組み込みマイコンでのソフトウェアによるリセット

組み込み用マイコン向けのファームウェアをC言語で
書いています.
ここで, ソフトウェア側からマイコンにリセットをかけ
るにはどのような方法があるでしょうか?
※マイコン自体には内部的なハードウェアリセットを行
う機能は無いものとします.

素人考えで思いつく限りだと:
・リセットを行う場所の関数からmainまですべて戻る
経路を作っておく.
main (または, mainを呼び出すスタートアップルーチ
ンの部分)をループにしておき, その始めで内蔵周辺
機能のレジスタやstatic領域のメモリをすべて初期化
するようなコードを
ひたすらハードコーディングしておく.
(※static領域のメモリ初期化はどのみち行うからよ
いとして, 内蔵周辺機能のレジスタをひたすら初期化
するのが面倒に思われます)

・ウォッチドッグタイマ機能があれば, わざとカウン
タをオーバーフローさせてハードウェアリセットをか
ける.

・外部リセット端子に何らかの形で出力ポートを
接続しておいて, 自分でハードウェアリセットをかける.


上記のものでもやればそれなりに動作しそうな気は
しますが, どういう方法が一般的なのか知らないため
どうしてよいか悩んでいます.

どのようにリセットを行うのがスマートであるか
ご教示いただけませんでしょうか?

組み込み用マイコン向けのファームウェアをC言語で
書いています.
ここで, ソフトウェア側からマイコンにリセットをかけ
るにはどのような方法があるでしょうか?
※マイコン自体には内部的なハードウェアリセットを行
う機能は無いものとします.

素人考えで思いつく限りだと:
・リセットを行う場所の関数からmainまですべて戻る
経路を作っておく.
main (または, mainを呼び出すスタートアップルーチ
ンの部分)をループにしておき, その始めで内蔵周辺
機能のレジスタやstatic領域のメモリをすべて...続きを読む

Aベストアンサー

確実さの順で行くと、
1、外部ポートからワンショット回路を経由してリセット端子へ
2、ウォッチドッグタイマで自滅

ソフト的にリセットベクタへ飛ぶのは、周辺デバイス(マイコン内臓も外部も)が初期化されませんから、初期化ルーチンがパワーオンリセット状態であることを前提に書かれていれば、予期せぬ状況を招きます。
マイコン外部に周辺デバイスを接続している場合は、2の方法も同様に危険です。

ちなみに、出力ポートをリセットピンに直結すると不完全なリセットになり、やはり予期せぬ事態になり得ます。

私は余計な回路を載せるのがいやなので、可能な限り2を、それがダメなら1の方法を使用しています。

Qサーミスタから出力される電圧から温度を出したいのですが・・・

サーミスタを用いて気温を測れる装置を作ろうと思っています。
しかし,ウェブや本等を調べてみたのですが,電圧から温度を出す方法がいまいちわかりません。

サーミスタの抵抗値は25℃で100kΩです。
B定数は4178Kです。
入力電圧は3.3Vで,出力電圧は2V前後です。

調べが足りなかったのかもしれませんが,何かわかる方がいらっしゃいましたら,回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前作ったことがあります.
やり方は;
ここの「サーミスタの特性」のところに式が載っています.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF
ただし温度の単位は[K]ですから,25℃なら25+273.15=298.15Kと絶対温度に変換する必要があります.

電源Vcc(3.3V)と1端をグラウンドに接続したサーミスタRの間に抵抗Rsを接続します.
サーミスタに加わる電圧はV= VccR/(R+Rs)となり,これをマイコン内蔵のA/Dコンバータで測定します.
A/Dコンバータの分解能から,10ビットなら0~1023,8ビットなら0~255の数値に対応する温度を計算で求めます.
式を求めてEXCELで計算させれば簡単です.
求めたA/Dコンバータの測定値と温度データをテーブルにおきます.
A/D変換結果からテーブル参照命令を使えば,温度になります.
これを表示すればOKです.

マイコンは,今ならNECのオールフラッシュが簡単でしょう.

以前作ったことがあります.
やり方は;
ここの「サーミスタの特性」のところに式が載っています.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF
ただし温度の単位は[K]ですから,25℃なら25+273.15=298.15Kと絶対温度に変換する必要があります.

電源Vcc(3.3V)と1端をグラウンドに接続したサーミスタRの間に抵抗Rsを接続します.
サーミスタに加わる電圧はV= VccR/(R+Rs)となり,これをマイコン内蔵のA/Dコンバータで測定します.
A/Dコンバータの分解能から,10ビッ...続きを読む

QAD変換のLSB(量子化単位)の求め方。

AD変換のLSB(量子化単位)を求める式について質問があります。
8ビット分解能の場合、LSBの計算式は以下の式になるようですが、
 LSB = Vref/256 (※Vref:リファレンス電圧)

なぜ"256"で割るのか分かりません・・
次のように"255"ではないんでしょうか。
 LSB = Vref/255

例えば 8ビット分解能、Vref=255Vの場合、次のようなAD変換結果に
なると思います。
 0V = 00000000b
 1V = 00000001b
 2V = 00000010b
   :
 254V = 11111110b
 255V = 11111111b

この場合、LSBは1Vではないでしょうか。
となると、
 LSB = Vref/x
の計算式より
 x = Vref/LSB = 255V/1 = 255

となり "255"で割ることが正しいのではないんでしょうか??

Aベストアンサー

LSBは最下位ビットによる変位幅なので、質問者さんの考え方であっていると思います。
私はそのように教わりました。
失礼ですが、参考文献に誤りがあるのではないでしょうか。

No1の方は256を主張していますが、カードの例えで1LSB=1=(3-0)/(2^2-1)から分解能nビットのAD変換について範囲を(2^n-1)で割るのが正しいことを証明していますね。

QAC電源(L,N.E)の特性

AC100V電源のL, N, Eの特性について、以下質問いたします。

(1) AC電源を使う機器の場合、ヒューズはL側に入れるのはなぜでしょうか?
N側に入れても、電流はLとNに同じだけ流れるので、問題ないと思うのですが。

(2)100Vを、Nを使わず、LとEから取るとどのような問題があるでしょうか?

(3)そもそも、Eが接地されているのに、Nも接地されているのはなぜでしょうか?
両方接地されていないと、感電防止?にならないのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)L側は、100Vの電圧が加わっており、N側は0Vです。もし、N側にヒューズを入れ、このヒューズが切れてしまっても、L側は100Vとつながったままですので、事故が起きているのに危険な状態のままになっています。L側にヒューズを入れておけば、過電流などにより事故が起きてもN側は、0Vなので危険はありません。

(2)Nは接地側電線、Eは接地電線で、似てるようで違います。基本的にEは、機器と地面、Nと地面がつながっていますが、電流は流れません。なぜなら、たとえば、機器の筐体(ケース)などにEをつなげますが、ここには電気が流れる経路がないからです。もし、ここに電気が流れてしまうことがあれば、それは漏電という事故になります。
機器-アースー地面-N側という経路に電気が流れてしまいます。
したがって、EをNの代わりに使うことはできません。
電流は、Lから機器をとおり、Nの線から戻るので安全ですが、電流がLからEに流れてしまうと、人体や機器のケース、建物など、流れてはいけないところに電流が流れることになるので、感電や火災などの事故になり危険になります。
漏電で流れてしまう場合は、電流が微量であったり、漏電遮断器がすぐに作動するするため、危険は回避されます。

(3)ほぼ、(2)と同じ回答になるかと思います。
機器(負荷)だけが接地され、地面につながっていても、万が一、漏電が起こったときに電流の逃げる道(Nに戻る道)がないため、人体に電気が流れてしまい、危険な状態となってしまいます。普通は、人体より地面のほうが抵抗が小さいので、人間はほとんど感電せずにすみます。

(1)L側は、100Vの電圧が加わっており、N側は0Vです。もし、N側にヒューズを入れ、このヒューズが切れてしまっても、L側は100Vとつながったままですので、事故が起きているのに危険な状態のままになっています。L側にヒューズを入れておけば、過電流などにより事故が起きてもN側は、0Vなので危険はありません。

(2)Nは接地側電線、Eは接地電線で、似てるようで違います。基本的にEは、機器と地面、Nと地面がつながっていますが、電流は流れません。なぜなら、たとえば、機器の筐体(ケース)などにEをつなげます...続きを読む

Qint型からchar型への変換

タイトル通り、int型からchar型への変換の仕方がわかりません!><
どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#include <stdio.h>


char buf[5];
int no;

no = 10;
sprintf(buf, "%d", no);

Qモジュールとは何ですか

モジュールとは具体的には何を指しているのか、をお聞きします。

手元のカタカナ語辞典では
「プログラムを、それぞれ特有の機能を持ついくつかの基準単位に分割すること。また、その基準単位。」
と書いてありました。

そうすると、1つ1つのソースファイルを指しているように思えてきます。

いままで私が人がしゃべっているのを聞いてきたところでは、Windowsでいうところの、exeファイルやdllファイルを指しているような気がします。

「モジュール」という言葉は gooの新語辞典にも載っています。
また、コンピュータ用語辞典のようなサイトも見てみました。
それらによると、「ソフトウェア・ハードウェアの部品」だそうです。
しかし、例えば何のことをいっているのかが、分からないのです。

#ファイルなら何でもいいのだろうか。

この言葉の用例を教えていただきたいのです。

============================
過去の質問と回答より。


http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=302590
回答No.1の補足より。
>モジュールはAccessの標準モジュールのことです

わたしはAccessのことをほとんど知らないので、ハテナです。


http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=293234
こちらのNo.2の回答では、
dllとは「共通モジュール=ライブラリ」である、
という使い方ですので、例えばdllのことを指しているようです。

モジュールとは具体的には何を指しているのか、をお聞きします。

手元のカタカナ語辞典では
「プログラムを、それぞれ特有の機能を持ついくつかの基準単位に分割すること。また、その基準単位。」
と書いてありました。

そうすると、1つ1つのソースファイルを指しているように思えてきます。

いままで私が人がしゃべっているのを聞いてきたところでは、Windowsでいうところの、exeファイルやdllファイルを指しているような気がします。

「モジュール」という言葉は gooの新語辞典にも載ってい...続きを読む

Aベストアンサー

「モジュール」と言う言葉には「ソフトウェアの部品」という以上の共通概念はありません。
よって、使用される文章の前後関係によって微妙に意味合いが変ってきます。

1.関数、手続き
「mainモジュール」など
2.機能単位でまとめられたライブラリのメンバー
「標準関数ライブラリ(UNIXならlibc.a)に含まれるstdio関係の関数群」など
3.実行ファイルを構築するための個々の素材ファイル
「ソースファイル」、「オブジェクトファイル」、「ライブラリファイル」など
4.実行環境を構成する個々の実行可能ファイル
「exeファイル」、「dllファイル」など
5.(オブジェクト指向型言語において)クラス

モジュールは機能で分類されていると言う保証はありません。
「stdioを構成する個々の関数」を関数モジュールと言う場合もあります。

モジュールと言う単語を使い場合、「関数モジュール」とか「ライブラリモジュール」と言うように、モジュールと言う言葉の曖昧さを保管するような単語と組み合わせて使う用に心がけた方が安全です。


人気Q&Aランキング