先日父が亡くなりました。霊界が存在していればどんなにいいかと思っています。49日も過ぎあちらで幸せに過していてくれれば...などと考えてしまうのですが素朴な疑問があります。普段、霊となった方々は何をされているのですか?例えば、よく修行をしているなんて事も聞きますが、「側にちゃんとついてられます」なんていうことも聞きます。仏さんとなった彼等は寝たり起きたりもされるのですか?あと、私は未だに毎日泣いているのですがそんな時父は悲しいとおもってるのでしょうか?それともこれほどまで娘が自分のことを思っていてくれてるのかとよろこんだり少しはしているのでしょうか?しりたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。

K-marinoさん。
最愛のお父様をなくされ大変おつらいことと胸中お察しいたします。
毎日、お父様との思い出や楽しかったことをあらゆる場面で思いだし涙がながれることでしょう。あなたの心の温かさが伝わってきます。
ところで、K-marinoさんちょっと考えてほしいことがあります。例えば、あなたは最愛の人が自分のことで毎日涙を流している姿を望みますか?どちらかというと、自分がいた存在は忘れてほしくはないけど、いつも笑顔で心が安定している姿を望むでしょう。きっとあなたのお父様もそうだと思います。実はね、亡くなった方のことを思い泣いてばかりいると亡くなった方はあの世にいけなくなってしまうの。自分のことを思って悲しんでくれている人のことが心配とかこの世に未練が残っちゃいますから。だから、お父様のこと笑顔で見送ってあげてほしいなぁ。
申し送れましたが、私は、前世療法セラピストの沙阿羅と申します。幼少のころから霊感を持ちこの世で生きる辛さを長いこと味わいました。ひょんなめぐりあわせからセラピストの道を与えられ現在はこの霊力を用いてみなさんのお手伝いをさせていただいています。
あなたの質問に答えてくださっている皆さんの回答も一理あると思います。セラピストの世界でも飯田氏の本は多く読まれています。K-marinoさんが笑顔に戻ることを祈ってます。
    • good
    • 0

仏様になられますと、はたらかれます。


貴方をこれからずっと、昼も夜も休み無く見守りますよ!と
見守ってゆかれることが仏さまのお仕事です。
霊界は関係ありません。
仏様は、「たのむから貴方を見守らせてください」と申されます、たとえ貴方が断ったとしても仏様は「貴方が逃げ回ったとしても後ろから追いかけてでも見守りますからね」と申されます。
迷信や心の弱みにつけこむようなアドバイスに頼らないように!
これからは仏様に感謝して日々、生活させて頂きましょう。
合掌
    • good
    • 0

先日私はお世話になった先生の家に行ってきました。

5年来の友人ですが、
今回初めて彼女にはそういう力があるという事を聞きました。で、色々
話をしたのですがそれは省いて…
彼女のお父さんは病死なさったそうです。亡くなった時は、違う部屋に
いたそうですが、その時丸い感じの何か(目に見えて丸いとかではなく、
丸い何かが浮いているという感じだそうです)が、部屋に来たそうです。
父親だ、と思ったら、ふわふわとその丸い父は、蝕まれた忌まわしい肉体を
捨て、こんなに自由に、幸せなきもちになれた、という喜びを伝えに
きたんだそうです。その後どこかに行ってしまったそうですが(会ったか
どうかは聞いていない)、その件以来彼女自身は死ぬのが楽しみになった
そうです。まったく違う価値観なので(私も悲しいという気持ちが優先するので)
その事について話し合ったのですが、どちらかと言うと最後は魂と呼ばれる
ものは、悟りの境地(喜びや悲しみのない)になるのではないかと言って
いました。私たちは肉体があるからこそ、うれしいとか悲しいとかいう
感情を持つ、というのが彼女の持論です。ある意味理解はできるのですが…
実際にお盆の時には戻っていく霊を見るそうなので、夏にはちゃんと迎え火を
立ててお迎えしてあげたらどうでしょう。ちなみに彼女は、日本在住の
アメリカ人です。クリスチャンでしたが、色々調べてみて一番自分の体験に
合致した「不思議なもの」に対する真実に一番近い教えは仏教と言うことで、
今は仏教の信者です。輪廻転生もあると言っています。色々これについても
話をしましたが、彼女の話を聞いたあとでは、お父さんが全く無くなって
しまうとは信じがたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不思議な体験をもつ方のお話ありがとうございます。私は全くそうゆう力がないので、父が亡くなってから自分に霊能力なるものがあればどんなにいいか、なんて考えてしまったりするのですがこの先生のお話をよませていただくと、ほっとしました。おかしな話ですがどこかにいるんだ、きっと、という思いがこれからの生きるちからになります。そして、つらい闘病生活から解放された父は楽になって穏やかにすごしているなかもという気持ちになれます。貴重な体験のお話ほんとうにありがとうございました。初盆も心をこめて迎えたいです。

お礼日時:2001/05/26 11:10

ご愁傷さまです。

今は本当に辛い時期ですね。質問の回答になっているかわかりませんが、参考になればんですが、きっとあなたのお父様はあなたの守護霊となっていつも守ってくれていると思いますよ。未だに泣いているあなたの姿を見て、申し訳ないな~とういう気持ちになっているかもしれません。泣くな!!!とおもっているかもしれません。いつもあなたのそばにいます。がんばって素敵な人生を送ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

励ましのお言葉ありがとうございます。申し訳ないなーとおもってるかもしれません、とおっしゃっていただいたとき、どきっとしました。それは6ヶ月間私は病院で寝泊まりしながら父の側にいて看護をしていたからです。お父さんならそう思ってるかもしれないとふと思いました。でも、私は父の側にいれることがなによりの幸せでしたからそれをあちらにいる父に語りかけ続けたいです。いつも私の側にいてくれてるのかとおもうと今まで以上身近に感じることができます。いつまでも弱い私でいやになりますが、温かいお言葉をいただいてとてもうれしい気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/26 10:56

自分は霊能力はありません。

ただ仕事の関係で霊能力のある人に色んな話を聞いたことがあるので・・・。話すと長いので簡単にいいます。霊界は確かに存在するらしいです。霊界での生活も、今、自分達がしている生活と同じだって聞きました。
修行してるって言うのは、霊界の中で位があがるらしいです。かなり厳しい修行もあるらしいです。みんながみんなしてる訳ではないみたいですが・・・。後、あなたにとって凄くいいお父さんだったから悲しいですよね。あなたの気持ちは通じていると思います。聞いた話では、ご飯食べる時、お父さんの分も食卓に並べてあげた方がいいって言ってましたが・・・何か答えになってないみたいですみません。
あなたの声はきっとお父さんに届いていますよ! 余談ですが、修行中は、おむすびとお茶持って言ってるみたいな事聞きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

励ましのお言葉本当にありがとうございます。やはり、父が「無」になってしまうことが一番恐ろしい私にとって霊界が存在するといってくれる人がいるだけで救われます。見ず知らずの私に親切にアドバイスしてくださってとても今感動しています。これからも父に感謝の気持ちも含め、いっぱい語りかけていきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/21 09:23

あのあと、飯田氏の本の内容などを簡潔に書いてある(お子さんを亡くされたらしい方の)ホームページをみつけましたので、この1ページを読むだけで、かなりのことがわかると思います。


URLです。↓http://www.parkcity.ne.jp/~chaichan/chai/iida01. …

参考URL:http://www.parkcity.ne.jp/~chaichan/chai/iida01. …
    • good
    • 0

素敵なお父さんだったのでしょうね・・・



わたしは、飯田史彦さんの「生きがいの創造」PHP出版\1500(単行本もあり)を読む事をおすすめします。
ネットでも飯田氏のことは調べられると思います。

「生きがいの創造」はシリーズの第1冊目で、あとから出版された本ほどこなれていないかも知れないけれど、それだけにほどよく押さえが効いて、いい本だと思っています。

内容は、k-marinoさんが知りたがっていることを、実践的に実証?してる、と言うより、科学的な態度で考察しているというか・・・

こう書くと、とっつきにくい本のようですが、かなり感動して泣けちゃう本でした。

本の最初の導入部は、アメリカの臨床医(精神科医)が患者のどうしても治らない水の恐怖の原因を探る為に催眠術をかけているところから始まります。
子供の頃のトラウマを探るつもりで、誘導する言葉を間違ったため<その原因となる時までさかのぼってください、という指示>患者はなんと紀元前の世紀の記憶をしゃべり出してしまう・・・と言うものです。
その是非はともかく、それ以後患者はすっかり治ってしまうのです。

生まれ変わりを科学する、という副題がついていたと思います。

たくさんの信頼できるデータと考証、学会で発表されている信じられないような多くの証言。
飯田氏は今も大学の助教授であり、信頼できる文献のみを注意深く選んで、人間が死んだら、どこに行くのか、生まれ変わりはあるのか、なぜ生まれてくるのか、なぜ死ぬのか、と、いうことについて、ある程度、読者が自分で答えを見つけられるように材料を提示しています

大抵は、死んだ後、すぐにうまれかわるのはまれで、愛する家族のそばにいて見守っていたりすることが多いようです。

死んだらどうなるか、死んでから戻ってきた人はいません。(臨死体験というのはありますが)絶対に証明できない事柄であり、賛否両論あるのを充分に意識して書かれた本ですが、

この本を読んで、わたしは愛の涙を流しました。

愛する人は死んではいません。すぐそこにいて、見守ってくれているのが自分たちには見えないだけ。
それが心の底から信じられるような本でした。

ぜひ読んでみてください

お父さんの、「悲しむ必要はないよ」と言う優しい声が聞こえてくるような気がすると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心温まるアドバイスをいただきありがとうございます。私は父との関係も父の性格も詳しく述べていなかったのに素敵なお父さんだったんでしょうなんて言っていただいて、泣きそうです。本当に父が亡く
なるまで真剣にあちらの世界の事など考えたことも
なく、お墓参りや法事なども今と比べると、姿勢が
違ってると自分でも思います。今回
飯田史彦さんの「生きがいの創造」を薦めていただ
いて興味深くかんじています。ありがとうございます。なによりも最後に言って下さったお言葉が心に
あたたかく残りました。本屋さん、行ってきます。

お礼日時:2001/05/21 09:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旅館で、ホテルで、苦手なことや困ること

旅行で旅館やホテルに宿泊するのは、なかなか心地良いものだと思います。
それでも、こんなところが苦手だとか、ちょっと困るとかいうことがあれば、教えて下さい。

一般的な旅館またはホテルについてのお答えが一番ありがたいのですが、特定の旅館かホテルで体験したことでも結構です。

因みに私は温泉には別に興味がないので、大浴場に特に入りたいとは思わないんです。
だから、温泉旅館だと室内のバスルームが極端に貧弱なのがちょっと嫌ですね。

Aベストアンサー

旅館の夕食がきらいです。
品数が多くて、見てくれがよくチマチマした料理、
京料理とか懐石料理とか食べたくないんです。
レバニラ炒めライスなんかがいいのですが、
そこまでシンプルでなくても、もう少し品数を
減らして作りたてで見た目より味を重視してほしい。

Q霊界 とか守護霊を説明、解説される方々にお尋ねします

霊界とか生まれ変わりの有様を普通に解説されている方は その内容がどんなイメージを見て、あるいはお告げなどを聞いて 断言しておられますか? 高級な霊が見えないことを教えて事件解決などしている霊能者は確かに存在します 例えばその実証された高級霊が霊界はこういうものだと語ればその信憑性は堅いものになるのですよね

Aベストアンサー

 特にイギリスで非常に高いレベルで研究がされており、例えば、コナンドイルも会長を務めた学会があります。その研究の中から纏め上げたものが、例えば、「コナンドイルの心霊学」という本でまとめており、例えば「守護霊」「幽界と霊界は違う」などの主張または仮説が流布されているのです。決してドグマではありません。

アマゾンのカスタマレビューの一部です。

>>主に19世紀半ばから20世紀初頭にかけてのイギリスで、ウィリアム・クルックス、オリバー・ロッジ、アルフレッド・ウォーレス、シャルル・リシェといった世界を代表する科学者たちの霊媒を使った実験によって、霊の実在が証明され、霊魂の存在が信仰から事実へと変わっていく様子がわかりやすく書かれています。

同時に、それから1世紀以上経過した現在においても、それが何故世界に共有された常識になっていないのか、その理由までわかる本です。人は死後どうなるのかについての簡単なまとめにもなっていて、最初の一冊としては最適の本です。

証拠もなく、偏見や憶測だけで霊の存在を拒絶している人にも、あるいは理屈なしで霊の存在を信じている人にも是非読んで欲しい本です。ドイルの軽々しく霊の存在を信じない慎重さと、かといって偏見で頭から否定せずに確かめようとするバランス感覚は素晴らしいものです。霊魂や前世についての本といえば頭から拒絶することも、逆に何でも有難がったり面白がって受け入れることも、どちらも幼稚なことがわかるはずです。

どこまでが事実として完全に証明されていることなのか。どこからが状況証拠から十中八九事実らしいと推測されていることなのか。そして、どこからが何の物的証拠も、状況証拠もないことなのか。

何の証拠もないことについては、証明されていること、状況証拠のあることを前提にして、それから余りにも外れていないか。それを語る人物の知性や言動は信頼できるのか。

この本で得られる知識やドイルのバランス感覚を最低限の前提にしてからスピリチュアルな本を読んでいくことで、そうした判断が冷静にできるようになると思います。

このように、特にイギリスでは非常にアカデミックに霊について研究されており、BBCなどでも頻繁に取り上げられているようです。例えば、「切り裂きジャック」の犯人は、実は捕まっており、イギリス王室専属の霊媒により、発見されたのだが、また犯人もイギリス王室に関係する医者だったため、その真相は隠されたという内容のものが、詳しく調べれら、BBCで放送されたそうです。しかし、勿論、イギリス人でも霊の存在を否定する人はたくさんいます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4806313645/sr=8-2/qid=1160270418/ref=sr_1_2/250-6501724-8922664?ie=UTF8&s=books

 特にイギリスで非常に高いレベルで研究がされており、例えば、コナンドイルも会長を務めた学会があります。その研究の中から纏め上げたものが、例えば、「コナンドイルの心霊学」という本でまとめており、例えば「守護霊」「幽界と霊界は違う」などの主張または仮説が流布されているのです。決してドグマではありません。

アマゾンのカスタマレビューの一部です。

>>主に19世紀半ばから20世紀初頭にかけてのイギリスで、ウィリアム・クルックス、オリバー・ロッジ、アルフレッド・ウォーレス、シャルル...続きを読む

Q利用するホテルや旅館にパンフレットの郵送をたのむ行為

質問があいまいで申し訳ないのですが、ホテルや旅館に対してパンフレットを送ってもらうようにお願いする行為というのは、どれくらい一般的なのでしょうか?

「依頼するのは自由。応えるかどうかは相手次第」というのが当たり前なのかもしれませんが、昔から無料でパンフレットを送ってくれるホテルや旅館は少なからず存在するかと思います。

そこで、
●どういうホテル・旅館だったら依頼してもよいのか(「これくらいの規模で断ることはあり得ない」「断るのが当たり前」など)
●「宿泊予約済み」ではなく「宿泊を検討したい」でも依頼して良いのか
●送料は通常ホテル・旅館が負担してくれるものなのか
といった点につきまして、ホテル・旅館側、利用者側どちらからのご意見でも結構ですので、一般論やご感覚を教えていただきたく存じます。
お手数ですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

旅館スタッフ経験者です。

ネット普及前には、予約されたお客様に施設側が送料負担、無料でパンフレットをお送りするのは一般的でした。
気の利くところですと、周辺の観光施設のパンフレットや割引チケット、周辺地図も同封していました。
「検討したい」の段階でも、「欲しい」といわれれば旅館ホテル側が送料負担してお送りするのが当たり前だったかと思います。
そこで「嫌です」と言うのは、イコールで「お泊りくださるかもしれないお客様を逃がす」事ですからね。
あまり断るというのは、有り得なかったかと思います。
ただ、ごくごく小さい施設ですと「パンフレットの用意がありません」等で、お断りするという事はあったかとおもいますが。

現在は、ネットで情報を手軽に収集できますので、No1さんも仰るとおり「紙媒体のパンフレットを用意していない」宿泊施設さんも、もしかしたら増えているかもしれませんが。
それでも、地元の観光案内所に置いてもらったり、温泉施設に置いてもらう事で一見のお客様がいらしてくださったり、
お泊りいただいたお客様に「他の人に紹介したいからパンフレットを頂戴」などと仰っていただける事はよくありますので、
多くの宿泊施設はパンフレットを用意しているかと思いますし、
やはり「欲しい」と言われれば無料でお送りする施設が大多数なのではないでしょうか?

配る為に作るパンフレットを、欲しいと言われて断る。というのは、客商売ですからあまり有り得ないかと思いますよ。

旅館スタッフ経験者です。

ネット普及前には、予約されたお客様に施設側が送料負担、無料でパンフレットをお送りするのは一般的でした。
気の利くところですと、周辺の観光施設のパンフレットや割引チケット、周辺地図も同封していました。
「検討したい」の段階でも、「欲しい」といわれれば旅館ホテル側が送料負担してお送りするのが当たり前だったかと思います。
そこで「嫌です」と言うのは、イコールで「お泊りくださるかもしれないお客様を逃がす」事ですからね。
あまり断るというのは、有り得なか...続きを読む

Q心霊治療、スピリチュアルヒーリングは、本当に霊界からのパワーによるもの

心霊治療、スピリチュアルヒーリングは、本当に霊界からのパワーによるものだと思いますか。

Aベストアンサー

いいえ。
ただ、人の心を良くする言葉であれば(地獄に堕ちる云々は最悪ですが)、その人のやる気や気分を高める事に役立つと思います。

Q富良野・美瑛近辺でおすすめのホテル・旅館を・・・

今夏8/25に富良野・美瑛を観光して宿泊しようと思っております。
\15000/人程度以下(大人4+子供1の構成)で、付近の旅館・ホテルを探しています。

できれば旅館のほうがいいのですが、ペンションばかりでなかなか見つかりません。またホテルも種類がありすぎてどれがいいのか見当もつきません。

旅館・ホテルでおすすめの場所ございましたら、教えてください。
なお、レンタカーでの移動ですから、鉄道やバスの便は不便でも構いません

Aベストアンサー

確かに簡素な「商人宿」を除けば、富良野・美瑛地区で純和風の旅館は私も知りません。

条件に近い候補として、「湯元白金温泉ホテル」はいかがかなと思いました。
http://www7.ocn.ne.jp/~s.onsen/

白金温泉一番の格式のホテルで、館内は靴やスリッパでの移動ですが、部屋は和室、食事は和食、そして何よりも眺めの良い(男湯からですが・・・)露天風呂で有名なところです。

呈示の条件で検索したところ、「じゃらん」で12500円のプランがあるようです。
http://www.jalan.net/jalan/jweb/yado/YADS_337872.HTML

Q夢の中に霊界はあるのでしょうか。

私は、昼寝をするとよく明晰夢というもの(夢の中で夢だと分かる)を見ます。馬鹿だとは思いますが、その中で知り合った人に「夢の中の世界は存在するんだ」と言われました。
今日見た夢の内容は、
数人の男女(妖精?)と知り合い、森や家の中?に入ったりしました。通っている学校を、高いところから見下ろしたりして、赤い木の実のようなものを差し出され、表面のすべすべした感じは分かったのですが、ほんの少し口が開けられるだけで、自分の顎がカチカチになっていて食べることはできませんでした。そして、別れ際、木の実で異世界の存在を示して欲しい、だから現実世界の私の学校に木の実を置いて、存在することを証明して欲しいと頼みました。相手は困っていて、「お願い!あの場所に置いといてね!」と言っても、曖昧な返事をしていました。
とうとう迎えが来て、私は動く板?のようなものに男女と乗っていて、動き始め、最後は青い森の中で道がいくつかに分かれており、そこで男女と私と木の実は全て別れました。道を進んでいくにつれ「現実へ帰るのだな」と悟り、ゆっくり目を開け、そこで目が覚めました。
現実で満足した生活が出来ていない、また苦しい状態だとそんな夢を見ると聞きます。確かに現状に満足しているわけではないけど、それなりに楽しいです。また、調べていくと「夢の中に霊界がある」?という意見があるのを知り、半信半疑であるもののそうだったら夢があるな、とも思いました。
誹謗中傷はおやめ下さい。霊界というものは存在するのでしょうか?

私は、昼寝をするとよく明晰夢というもの(夢の中で夢だと分かる)を見ます。馬鹿だとは思いますが、その中で知り合った人に「夢の中の世界は存在するんだ」と言われました。
今日見た夢の内容は、
数人の男女(妖精?)と知り合い、森や家の中?に入ったりしました。通っている学校を、高いところから見下ろしたりして、赤い木の実のようなものを差し出され、表面のすべすべした感じは分かったのですが、ほんの少し口が開けられるだけで、自分の顎がカチカチになっていて食べることはできませんでした。そして、別...続きを読む

Aベストアンサー

>>私の見た夢は、霊界のものだったのでしょうか?

私には、なんとも判定しずらいですが、内容的には、その可能性が高い気がしますね。

ちなみに「夢の中に霊界がある」じゃあなくて、「広大な霊界のこの世に近い部分に、睡眠中に体から抜けた魂が、ちょっとお邪魔した」っていう感じでしょう。

Qホテルマン、旅館従業員

ホテルマン、旅館従業員

ホテルマン、旅館従業員などで契約社員やパートの場合、長くは働けないのでしょうか?

Aベストアンサー

嫁さんが正社員でホテルに勤務してます。
その会社の規模や考え方にもよると思いますが、嫁が努めているホテルは派遣からでも正社員になれます。(現に登用してますね)
つまり派遣会社にお金を払ってでも社員にしたい人材であれば「なれます」。
さて、上記の要件を満たすかどうかは、やはり会社とあなた次第だと思います。
しかしながら契約社員やパートからのスタートの方が予め職場の内情をよく知ることもできるので、むしろそこからスタートされてもいいかと思います。オススメの考え方ですね。
急がば回れとは良く言ったものですが、今のご時世です、契約社員orパートでスタートする方が意外と社員登用への近道なのかもしれません。

Q江原さんのDVD(霊界の下層部)について・・・

※「スピリチュアル」のカテゴリーが欲しいですね。占いとは違いますよね。。。

本題ですが、DVDの中で江原さんが説明してました「現世での行動は、あの世へ行った時に平行移動する。
物質的価値観に執着している政治家や宗教家などは、霊界の下層部へ行き、あの世でも金儲けやビジネスをしている人が多い」
と、言ってましたが「霊界の下層部」には物質や感覚があるという事なのでしょうか?
また、物質的利己主義を捨てる事により「霊界の上層部」に上がり、「想念」によって全てが自由に手に入る。
との事ですが、物質的利己主義では無くなったのですから、何も欲しなくなるのでは無いでしょうか?

肯定・否定という低レベルな事は言いたくありませんが、「霊」は見た事がありませんが
「霊」は信じたい。江原さんの影響で高い波長を持ちたいと思っています。
本当に、私たちの気持ち次第で「粗い粒子」から研磨され、みんなが優しくなれればと本当に思います。

くだらない質問で申し訳ありませんが、回答できる方、お願いします。
私は「霊」を感じた事が無いので、頭の中を整理したのです。
宜しくお願いします。

※「スピリチュアル」のカテゴリーが欲しいですね。占いとは違いますよね。。。

本題ですが、DVDの中で江原さんが説明してました「現世での行動は、あの世へ行った時に平行移動する。
物質的価値観に執着している政治家や宗教家などは、霊界の下層部へ行き、あの世でも金儲けやビジネスをしている人が多い」
と、言ってましたが「霊界の下層部」には物質や感覚があるという事なのでしょうか?
また、物質的利己主義を捨てる事により「霊界の上層部」に上がり、「想念」によって全てが自由に手に入る。
との...続きを読む

Aベストアンサー

No.14です。(回答の続きです)

(ご質問)
物質的利己主義を捨てる事により「霊界の上層部」に上がり、「想念」によって全てが自由に手に入る。
との事ですが、物質的利己主義では無くなったのですから、何も欲しなくなるのでは無いでしょうか?

(回答)
清浄世界の住人の願望とは他者に奉仕することです。
そして、下層界の住人の意識を少しでも向上させ、彼らをその苦しみから救うことです。
さらに、人間界の人々を悪霊の誘惑から守り、正しい道へ導くことです。
そして霊、人間に関わらず、苦しみ悩んでいる魂を慰め、癒し、少しでも霊的真実を伝え、迷いや絶望から救うことです。

その為に彼らは一時も休む事無く、全身全霊で全ての人、霊に対し救いの手を差し伸べます。
特に霊格の高い聖霊を中心として協力しながら計画的に活動するようです。

その活動に必要なモノを彼らは欲します。
他者を救うためならば、例え、人間界における金策にでも走り回るでしょう。

勿論介入できる境界が定められており、それを越えることは許されないようですが(本人のためにならないので)
出来る限りのことはしよう・・と骨を折ってくれるようです。

その他者への奉仕、救いこそが彼らの願望であり喜びなのです。
下層界の願望とは全く質が違うものです。

この様な説明で少しはお役に立てましたか?

最後に、霊の有無が随分議論になっているようなので、参考までに書籍「光りの手」のURLを貼ります。

著者アン・ブレナンはNASAの科学者であり、オーラやチャクラを科学的検証をもって世界で初めて説明した
人体エネルギーの研究者であり、ヒーラーでもあります。
彼女が証明したオーラやエネルギーこそ霊的エネルギーと同質のものだと思います。
懐疑論者の方々はこの様な本でも読んでみてください。
全てを否定出来なければ、霊を否定することは出来ないと思います。
又彼女の研究により、人の病の原因と治癒法が随分明らかになったようです。
霊の研究が害悪を為すばかりとは決して言えないとおもいます。

光の手 上下
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4309250718.html
参考になれば幸いです。

参考文献
霊の書 上下 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9980348836

ベールの彼方の世界
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp%26field-keywords=%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%BD%BC%E6%96%B9%26results-process=default%26dispatch=search/ref=pd_sl_aw_tops-5_books-jp_12319705_1&results-process=default?tag2=jp-ja-google-22

No.14です。(回答の続きです)

(ご質問)
物質的利己主義を捨てる事により「霊界の上層部」に上がり、「想念」によって全てが自由に手に入る。
との事ですが、物質的利己主義では無くなったのですから、何も欲しなくなるのでは無いでしょうか?

(回答)
清浄世界の住人の願望とは他者に奉仕することです。
そして、下層界の住人の意識を少しでも向上させ、彼らをその苦しみから救うことです。
さらに、人間界の人々を悪霊の誘惑から守り、正しい道へ導くことです。
そして霊、人間に関わらず、苦...続きを読む

Q東京で家族6人が1部屋で泊まれる旅館ホテル

東京23区、できれば中央部で家族6人(大人2人、小学生3人、幼児1人)が1部屋に泊まれるホテル、旅館が見つかりません。できるだけ安価で泊まれる旅館かホテルを教えてください。

Aベストアンサー

るるぶで6人1部屋、都内で検索した結果ですのでご参考まで。6人1部屋に合致していない宿泊施設もあるやもしれませんが、その当たりはご容赦下さい。
http://rurubu.travel/group6mei/A04/13/

ホテルではコネクティングと言って、部屋は2部屋で部屋内に行き来出来るドアが設置してある部屋もありますので、そういうホテルを探すのも一計かと思います。

良いご旅行を。

Q守護仏の調べ方

自分の守護仏を知りたくて調べたら、干支だけで守護仏が決まる方法と、干支と星座で決まる方法(この場合は守護仏が2人のようです)
どちらが正しいのか解らなく困惑しています。 どちらが正しい守護仏の調べ方なのでしょうか?

Aベストアンサー

ここは、占いカテゴリですから、書いている趣旨が違いますが、少し書かせていただきます。

「守護仏」というのは、もともと密教の中に存在する言葉のひとつです。インターネットで調べても、「あなたの守護仏鑑定いたします」など、ほとんど歴史的な正当性のある内容を持っているものはありませんし、「守護神」も何も同じに扱いになってしまっています。

密教は、本来、インド思想や民間信仰の流れを汲んだもので、初期仏教や上座部仏教(テーラバーダ)とは直接関係がありませんが、現在の仏教は、大乗仏教のどの宗派も、すでに何百年以上も、仏陀そのものの教えとは直接の関係がなくなっています。その中でも、密教は、歴史的には、最も新しい(7世紀頃の)仏教の一派です。

上座部仏教の経典や教義が、それらより優れているかというわけでもありません。釈迦の言葉と信じるほどの根拠には足りません。経典成立時期からしても、最古ということでもありません。南方仏教は、北方仏教よりも、改編が少ないという特徴だけです。

ただ、そうした上座部仏教経典が、民間に出回ったからとしても、それで仏教が復興したわけではなく、若者たち新鮮に映っただけで、それ基に、伝統的な仏教教義を否定する材料とし、それが元でいくつかのカルト教団に利用されることになってしまったことは否定できないと思います。

古来、私たちの東北アジアは、在家信者による商業的な活動によって、仏教は大きく発展してきたわけで、その人たちに支持された仏教信仰が、大乗仏教だったわけです。また、密教以外にも、中央アジアを発端とされる浄土宗も、大乗仏教のひとつになります。本来、その地域や経済と、信仰は深く結びついています。上座部仏教(テーラバーダ--Theravada)が、思想的には研究対象でも、私たちの社会には、本来根付きません。(否定する方もいるかもしれませんが、伝統的な仏教には、約千五百年の間には、天才的な僧侶によって、新たな宗教として再構築されています。その中には、空海さんもいます。)

仏教とは言いながらも、釈迦を人が解脱した者として扱うか、仏陀を抽象的な法として扱うか、この宇宙すべて仏陀の法が存在するかというのは、それぞれの思想は重なり合った部分があっても、まったく宗教としては違うものです。それは、キリスト教とユダヤ教とイスラーム教との違い以上にあります。

他の宗派やその思想を認めないという思想や考え方は、本来、仏教の考え方としては相応しくありません。

「無記説」というのは、上座部仏教の中にあるお経にはあるものの、それは人を救うために、無意味な議論や探求はやめなさい、ということだと思います。言い換えると、形而上の論議からは何も生まれない、それは、仏教の宗教の本来のあり方だったはずです。「無記説」は、仏教の無我説(アナートマン)を、一部の宗派では「無霊魂説」や「無神論」と結びつけてしまったことには間違いはないものの、本来、その件では、釈迦が霊や神の肯定も否定もしていません。ある意味で、そういう信仰の一派がいるとしかいいようがありません。

ここは、占いカテゴリですから、書いている趣旨が違いますが、少し書かせていただきます。

「守護仏」というのは、もともと密教の中に存在する言葉のひとつです。インターネットで調べても、「あなたの守護仏鑑定いたします」など、ほとんど歴史的な正当性のある内容を持っているものはありませんし、「守護神」も何も同じに扱いになってしまっています。

密教は、本来、インド思想や民間信仰の流れを汲んだもので、初期仏教や上座部仏教(テーラバーダ)とは直接関係がありませんが、現在の仏教は、大乗仏教...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報