日本ハムの大谷翔平が投打二刀流を目指すと言うことで話題になっていますが、うちの父親の情報によると30年以上前に、同じように投打二刀流で活躍する選手を描いた野球劇画があったそうです。

・連載は週刊読売だったらしい(1970年代後半?)。
・主人公が所属していたのは読売ジャイアンツだった。
・投打ともになかなかのものでちゃんと活躍していたらしい。
・現役を引退した星飛雄馬がコーチ役でちょこっと登場していたらしい。

↑あまり情報がありませんが、ご存知の方がおられましたら作品名と作家を教えて頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

作品名「巨人(ジャイアンツ)のサムライ炎」


原作  梶原一騎(巨人の星.侍ジャイアンツ.他)
作画  影丸譲也(空手バカ一代.他)

以上だと思います。
amazonでコミックが買えますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

「作画 影丸譲也」でピンと来たみたいです。検索してみたらヒット数は少なかったものの、ストーリーと本編の絵を紹介しているブログがあって、親に見せたら間違い無しとのことでした。

コミックの方も買いたそうな顔してたんで、ゲットしたらわたしも読んでみようかと思います。

お礼日時:2013/02/03 15:59

NO.2です。


すみません、「新巨人の星」は投打2刀流ではないですね。
投手としても活躍するお話ではなかったはずです。
失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

一応質問する前に検索してみたので、「新巨人の星」ではないのは分かってたんですが・・・

ちなみに星がカムバックした時点ではバッターとして代打専門だったようですが、後に右投げの投手として蘇ります。しかも本来右利きであったのが一徹によって左投げに矯正されていたのが、元の右投げに戻ったために、致命的な欠点であった球質の軽さも克服されて剛球投手(ただしノーコン)になると言う意味不明の展開になってるみたいです。
その点、タイムラグはあるけど星も投打で活躍してたのは確かですね。

お礼日時:2013/02/03 16:10

新巨人の星でしょう。


画はもちろん川崎のぼるさん、原作もオリジナルと同じく梶原一騎だったか
どうかは私は記憶にありません。
星飛雄馬が打者となってカムバックするという話です。
コーチで復帰しちょこっと登場するのは父の星一徹です。
御質問の通り週刊読売で1978年頃に連載開始、1~2年連載しましたかね。
TVのアニメにもなりました。連載開始時は週刊読売も盛んと宣伝しましたが、
大きな話題になることはありませんでした。ちょうど連載中に江川事件が起きて、
巨人人気が失墜した時でしたから時期も悪かったですね。

アニメも視聴率は10%超がやっと、ほとんど視聴率一桁で、人気は出ずひっそりと終りました。
もはや巨人の野球漫画で視聴率が稼げる時代ではないと新聞のテレビ欄で批評されていたのを覚えています。

どういうストーリーだったか?・・・・・
すみません、私はアンチ巨人で全く興味がなく、週刊読売の連載1回目しか読まず、
アニメも全く見ませんでしたので内容についてはほとんど全く知りません。

どなたかフォローよろしくお願いします。

これは余談ですが、「新巨人の星」開始に合わせて「彦べえの桜漬け」という漬物で
星飛雄馬のサインボールがもらえるよ!という懸賞がありました。
関東では早朝の宗教関係の番組や天気予報などで限定的に放送されていた
絵が動かないCMでした。笑。
「う~ん、こんなに欲しいと思わない賞品というのも珍しなあ」と見ていたので妙に記憶に残っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二刀流

剣道に関しては、全くの素人です。剣道の試合で二刀流は許されているが、ほとんど勝つことは無いそうです。リーチがないとか、打ち込みが認められないとか…。それって理由は(1)から(4)のどれなんでしょうか。
(1)二刀流は本当に弱い
(2)二刀流は本当は強いんだけど、二刀流が大会で活躍しないよう、ルールで押さえつけている
(3)そもそも二刀流はほとんど練習されていないので、使い手がまだ二刀流を使いこなせない、よって一刀流の修練を積んだ人に勝てない
(4) そのた

あともう一つ。同じ素質の人間二人を10年間、一人は一刀流で、もう一人は二刀流の修行をひたすら積ませます。この二人がガチンコの真剣勝負したらどっちが勝つのでしょうか。素人の意見としては、二本あるから二刀流が勝つと思いますが。

Aベストアンサー

(1)
弱くはないが、邪道であるとされています。
かの宮本武蔵も、二刀で戦うのは敵に囲まれたときや狭い室内のみだと言っています。

(2)
小刀での打突がほぼ有効打にならないのはルールの制約とも言えるでしょう。
実際には小さいナイフでも人は殺せるのに。

(3)
スポーツとはそういうものです。裾野が広いものはレベルも高い。
実際には中段>>>>>>上段>>>>>>>>>>>>>>>>>>二刀
くらいの人口比率でしょう。

(4)
片手面は上段をしていてもなかなか綺麗に決められません。
上段では左手でふり、右手で押し出すことで威力を増しますが、二刀は最初から片手。
さらに難易度が高くなります。
右片手上段は女子にまれに見受けますが、スピードについていけません。遠間からの一撃にかけるのみです。
ですが、前に突き出した小刀のために自然と間合いが近くなる。また相手の攻撃を小刀で受けてから反撃しても近すぎる。
つまり攻撃力が激減なわけです。防御面でも片手で竹刀を操れば、いくら軽い小刀といえども速くはない。

私は上段をしていましたし、二刀での稽古もしたことがありますし、二刀と戦ったこともあります。
結論としては、「二刀は弱くない」と思います。
宮本武蔵が邪道というのは、あの重い日本刀だからです。軽い竹刀なら鍛えようもある。
小刀も幻惑や、防御、巻き技などの独特の使い方を研究すればよいし、
構えも両上段・両中段など未開拓の要素も多い。
もしキャリアが同じならば、選択肢の多い二刀に分があると私はふんでいます。

(1)
弱くはないが、邪道であるとされています。
かの宮本武蔵も、二刀で戦うのは敵に囲まれたときや狭い室内のみだと言っています。

(2)
小刀での打突がほぼ有効打にならないのはルールの制約とも言えるでしょう。
実際には小さいナイフでも人は殺せるのに。

(3)
スポーツとはそういうものです。裾野が広いものはレベルも高い。
実際には中段>>>>>>上段>>>>>>>>>>>>>>>>>>二刀
くらいの人口比率でしょう。

(4)
片手面は上段をしていてもなかなか綺麗に決め...続きを読む

Q大谷翔平をエースで4番、日ハム球団の狙いの真相?

今日からプロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平ですが、エースで4番、まるで高校野球のような語彙の響き…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動いているようですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、そうしようとしてやっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為であったがばかりに、そして今のところでは、取り敢えずの、マスコミ受けも想定しながらの、話題作り且つ宣伝効果狙い、で、本音のところは、もうちょっと先々には、投手に絞って…一本化?、または、バッターに絞って…?
これ、こんなことが折り込み済み…?
さて、真相はどうなんですか?
もしこれ、その内すぐにどちらか一本化が真実としたら、大谷翔平は、日本ハムの出汁に使われた、ピエロ?、少なくとも、現時点では?
本当の真実のところを知りたく、教えてください。
こう思う、こう想像できる、でも結構です。
あっ、それと、現在のプロの野球で、エースで4番、これって、可能なのですか?
可能だとしても、その本人にかかる負荷、これは、如何ほどのものなのでしょうか?
大谷翔平くん、何か見てて、かわいそうな気が、ふと、感じられてしまったもので…。

今日からプロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平ですが、エースで4番、まるで高校野球のような語彙の響き…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動いているようですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、そうしようとしてやっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為であったがばかりに、そして今のところでは、取り敢えずの、マスコミ受けも想定しながらの、話題作り且つ宣伝効果狙い、で、本音...続きを読む

Aベストアンサー

まず、投手が4番打者になること。
これは全く問題ありません。セリーグであれば、先発出場の打順で4番に投手を置けば何の問題もありませんし、パリーグでも「指名打者を使わない」ということは可能です。プレーオフ制が始まる前には、優勝したチームが、日本シリーズに備えて、投手を打席に立たせる、ということはしばしばありました。


大谷選手の二刀流ですが、これは、首脳陣もどちらに適正があるのか図りかねている、というこではないかと思います。
投手として、150キロ台の球を投げることが出来た。これは、それだけで、物凄い才能です。
ただ、一方で、高校通算56本塁打、というのは打者としての資質も高いことを示しています。
恐らく、数年後にはどちらかに一本化となると思いますが、最初から可能性の芽を摘まない、というのが狙いなのでしょう。

日本の少年野球の場合、最も体力がある選手を投手に、ということが一般的で、現在、野手として活躍している人も元々は投手ということが少なくありません。
普通は、プロ入団時に投手か野手か、を決めてしまいますが、例えば、横浜などで活躍した石井琢郎選手のように当初は投手として登録されながら、野手に転じて好成績をあげた人もいます。
アマチュア時代に投手だけど、プロでは野手というのは、それこそ、山のようにいます。イチロー選手だって、高校時代は投手だった人です。


本人の負荷は、当然、物凄いと思います。
ただ、首脳陣とすれば、どちらも捨てるには惜しいだけの資質がある、ということの裏返しではないかと思います。

まず、投手が4番打者になること。
これは全く問題ありません。セリーグであれば、先発出場の打順で4番に投手を置けば何の問題もありませんし、パリーグでも「指名打者を使わない」ということは可能です。プレーオフ制が始まる前には、優勝したチームが、日本シリーズに備えて、投手を打席に立たせる、ということはしばしばありました。


大谷選手の二刀流ですが、これは、首脳陣もどちらに適正があるのか図りかねている、というこではないかと思います。
投手として、150キロ台の球を投げることが出来た。こ...続きを読む

Q大谷MLBでは投手か二刀流か

プロ野球日ハム大谷選手は投手に打者に大活躍し、ベーブルース
以来の二刀流記録を打ち立て、従来からの二刀流論議に結着を
つけました。

将来、MLBに挑戦するに当たっては、投手としてか、二刀流としてか、
あるいは野手としての、いずれで挑戦したらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

能力云々をあえて無視して、MLBの需要と供給だけで考えれば、断然投手。

ベーブ・ルースとの比較ばかり報道されますが、あちらは断然打者の素養が高かった。だから打者として歴史に残す記録も作れた。更に言うなら、日本にもルースの年代相当のプロ野球・職業野球で二刀流どころかフルポジションこなせる選手だってザラにいた。

現在のMLBの需要を大谷翔平投手兼選手に当てはめると、需要の割合は投手と野手で8:2以上投手重点だと見ます。

まず打者大谷については、あのくらいの打者はまだマイナー以下に佃煮にして捨てるほどいる。そのくらいの打力で二刀流、そのリスクを背負ってでもという球団はMLBにはないと思う。完全に日本人向けの客寄せとしてなら可能性はあるが、今の緊縮財政まっしぐらのMLBでそんな遊び事に金を使える球団はないし、それだけの金があったら真面目に戦力増強に使う。

一方投手。これは今でも十分通用する。何しろ、今回の日米野球でも見せましたが、今のところ大谷翔平投手は「先発」「リリーフ」どちらに得手不得手があるとは見せていない。MLBでは先発・中継ぎ・抑えは完全に分業制であると同時に、マイナーでの育成時に完全にそれ専用の投手に「体格・体質」から変えていく(だからMLBで先発・リリーフの転向例はあっても成功例は相当少ない。おそらく野手・投手間の転向例の方が多いはず)。そう考えると、どちらにも使えそうな大谷投手は、今から育成する素材としても非常に魅力がある。
※MLBは20代後半で初メジャーが珍しくない上、30代以降の勝ち星だけで200勝平気で上げる投手も出ている。

二刀流はやめた方がいい。過去日本球界からMLBに挑戦したほぼすべての選手が異口同音に言っていますが、

「休み方を間違えると成功しない。」

二刀流でMLBに在籍して、はたしてどの段階で休めというのか。投手ならローテーションの合間は日本と違ってノースローできっちり休む。野手にしてもイニング間のインターバルや攻撃時の待ち時間にムダに体を動かす選手なんて見たことない。どんな場面でもとにかく休憩を取らないとやってられない。二刀流だとその休みの時間が明らかに削られることは容易に想像できる。

1年限定の契約で日本に戻ってくるならともかく、MLBに長期在籍の気持ちがあるなら、二刀流は厳禁。成功する・しないではなく、するわけがないと断言してもいいくらい可能性が薄い。それなら、特にポテンシャルも評価も高い投手1本で勝負すべきだと。100マイルの速球はそれだけで武器ですし、変化球と違い、球速はほぼ「素質」だけの能力。それも100マイルを境にそこから先は天賦の才を持たない投手には永遠に到達できない世界です。それを今の時点で達成しているなら、大谷翔平は間違いなく投手向きだと見ます。

※よく同じ球速でも伸びだのキレだの重さだのという解説者の話もありますが、それは150キロ台までの話。161キロ=100マイルを越えてくると、球質の軽重など問題にならなくなります(150キロ台まではバットに当ててからのことを考えますが、100マイルからはバットに当てることが重要になる)。あくまでも緩急をつける変化球があっての話ですが。その点大谷投手は遅い球(出来ればカーブよりチェンジアップ)を覚える余裕もあるでしょうし。

能力云々をあえて無視して、MLBの需要と供給だけで考えれば、断然投手。

ベーブ・ルースとの比較ばかり報道されますが、あちらは断然打者の素養が高かった。だから打者として歴史に残す記録も作れた。更に言うなら、日本にもルースの年代相当のプロ野球・職業野球で二刀流どころかフルポジションこなせる選手だってザラにいた。

現在のMLBの需要を大谷翔平投手兼選手に当てはめると、需要の割合は投手と野手で8:2以上投手重点だと見ます。

まず打者大谷については、あのくらいの打者はまだマイナー以...続きを読む

Aベストアンサー

怪我(左大腿二頭筋の肉離れ)の回復に4週間ほどかかる見込みだそうです。
試合復帰はさらに先で、5月後半になるのではないかとのこと。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00050051-yom-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000074-spnannex-base

肉離れはきちんと治さないと同じところを怪我しやすくなりますから…
あせらずにリハビリをして戻ってきてほしいです。

QFF11: 二刀流効果アップって何?

FF11の事で教えて下さい。「二刀流効果アップ」という効果がつく装備品がありますが、具体的に何が良くなるのか判りません。
これを装備したら、二刀流がどう良くなるのですか?

Aベストアンサー

攻撃間隔が短くなります。
装備での二刀流効果アップはほとんどが5%短縮です。
FF11における%計算は数字を足してから最後に%計算になるので、
5%を3つつけていれば15%カットになります。
本来は95%の3乗の0.857375になるはずなんですが・・w

装備での二刀流効果アップがあるのは
AF胴(HQも)、AF2脚(HQも)、素破が5%カット、
サポジョブが忍者のときに効果がでるさらしは1%カットになります。

また、忍者のジョブ特性の二刀流においても攻撃間隔短縮効果があります。
忍者のレベルが
10,25,45,65でそれぞれ10%,15%,25%,30%カットになります。

なので合わせて最大で45%カットになります。

Q日本ハムの大谷翔平選手の怪我の調子はどうなんでしょう?いつ復帰できそうですか?

タイトルの通りです。復帰できそうですか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

今日のニュースによると、怪我をした部分の内出血は引いてきているとのことです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00000025-spnannex-base
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-01817695-nksports-base

4月末には打撃練習にも出ていますし、明後日にはランニングを開始できるそうですから
そこから2~3週間で実戦復帰、その後1軍に合流というところでしょう。
最初に出た復帰スケジュール通り順調に進んでいるようですね。
5月下旬をお楽しみに。

Q剣道で二刀流はご法度なのですか?

 江戸時代の有名な流派や、現在の剣道の試合を見かけると、皆一刀流ですよね?
 二刀流はご法度なのでしょうか?
 二天一流は、他流試合をしない雰囲気ですしね。
 海外でも二刀流って見ませんが無いのでしょうかね?
 中国拳法の太極剣やトンファーくらいですかね?

Aベストアンサー

剣道では二刀流は使えます。
実際、私も稽古をつけてもらったことがありますし、私自身も二刀流を目指して上段に転向した口です。
重いから振り回せない、というのは違います。
二刀流の大刀は普通の竹刀よりも軽くできており、成人男子が鍛えればきちんと扱えます。
また大刀の隙をカバーするための小太刀があり、決して不利ではありません。
大刀の当たり判定も、上段が使える人間なら難しくないはず。上段の唯一無二の武器が片手面打ちですからね。
二刀をする人が少ないゆえに誤解されているだけです。

余談ですが、隻腕の剣士が大阪の高校にいました。
本にもなったその彼は、そんじょそこらの高校生よりもすばやい太刀筋を片腕で繰り出します。
その彼が二刀を使っていたらどうなっていたでしょうね。

真剣においては、二天一流の改組宮本武蔵も、二刀流は邪道といっています。
城に立てこもる時、大人数を相手に戦うとき意外は用いるべきではないと。
真剣の重さを考えれば当然でしょう。

Q大谷翔平投手が日本野球界に残る可能性は何%???

ドラフト会議前に「メジャー希望」を宣言していた大谷翔平投手を1位指名してしまった日本ハムファイターズ・・・。
『その年の一番の人材を指名する』と言う観点からの指名だが、日ハムファンとしては「また勝負に出た~(T_T)」と言う気持ちも本音。

ところが一部報道によると「大谷翔平投手の日本残留の可能性が0%から1%に・・・」なんて報道が???
まぁ、1%ですから体勢には影響なしなんだけど、紳士協定の御陰もあって大リーグ側は日本ハムの交渉が終わってからと言う事も追い風の様です(^_^)

はてさて・・・大谷翔平投手が日ハムに入団するか否かは別として、実際に日本野球界に残る可能性は何%まで上がると思われますか?

あくまでも大谷選手の希望が第一優先なので、偏見の無い意見を期待します(*^_^*)

Aベストアンサー

私の予想では

50:50

ですね。

まぁ、本人はメジャーへの憧れを捨てきれないようですが、そんなに甘くありません。
日本は彼ほどのスーパールーキーなら、間違いなく春のキャンプで1軍帯同したり、上手く運べば開幕1軍なんて事もありますが、アメリカでは「絶対に」それはありません。

どんなスーパールーキーでも「必ず」マイナーからのスタート。

これは過去の例を見ても明らか。
大学や高校で大活躍し、ドラフトで上位指名されたとしてもです。

なのでどんなに好意的に見ても最低3~4年はマイナーでしょう。

それに適応できるか?

また、日本では藤波と双璧の選手ですが、アメリカには彼くらいの選手はゴロゴロいます。
その中で何か「光る物」を見せないことにはメジャーには上がれません。

これらの現実をどこまで本人が理解しているか。。。

なので、私は去年の菅野よりはハムに入団する可能性は全然あると思います。
それでも50%と見ますがね。

あと、指名されたのが日ハムというのもミソです。

この球団、何故か実態に比べイメージが飛び抜けて良い球団です。
まぁ、監督始め選手の殆どが「暗黒面」の無い素晴らしい球団ですが、その「現場」の輝きが強烈な為に「影」の部分が見えなくなっていますよね。

ファンサービスや、地元への還元という部分(営業部門)はとても優秀な人材を抱えていますが、前述のように肝心の編成・強化があまりにもお粗末。

今シーズンも一見「優勝したから万々歳」となっていますが、ドラフトは2年連続で1位枠を無駄(菅野、ハンカチ)に使っていますし、今年も今のところ全くの先行き不透明です。

そして先日の吉井コーチを筆頭に「優勝チームの主要コーチ」の大量離脱。
その理由が「監督との確執」ですから。

同じ事が他の球団(巨人・阪神・福岡)で起こったら、それこそファン・マスコミを巻き込んで結構な騒ぎになるところですが、日ハムはそれ程ではありません。

まぁ、ヒルマンから梨田、そして今年の栗山と「さわやか路線」を徹底的にファン、マスコミに印象付けてきた「営業部門」の勝利でしょう。

それらも全てひっくるめて大谷君がどう判断するか。。。
彼には失礼ですが、こりゃ「見物」ですね。3月までは。

私の予想では

50:50

ですね。

まぁ、本人はメジャーへの憧れを捨てきれないようですが、そんなに甘くありません。
日本は彼ほどのスーパールーキーなら、間違いなく春のキャンプで1軍帯同したり、上手く運べば開幕1軍なんて事もありますが、アメリカでは「絶対に」それはありません。

どんなスーパールーキーでも「必ず」マイナーからのスタート。

これは過去の例を見ても明らか。
大学や高校で大活躍し、ドラフトで上位指名されたとしてもです。

なのでどんなに好意的に見ても最低3~4年はマイナ...続きを読む

Q一刀流 vs 二刀流みたいな映画

質問はタイトルの通りなんですが、一刀流対二刀流のような映画を探しています。二刀流の方は刀でなくてもいいです。たとえばサイだとかトンファーだとかナイフとか。国や制作された年は何でもかまいません。出来ればそのシーンが何分も続くような映画がいいです。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
日本の「五条霊戦記」は二刀流対一刀流です。途中から槍とかになりますけど。まあ、アクションが全然うまく撮れてないのでシチュエーションだけしか参考にはならないと思います。
柳葉敏郎主演の「ディフェンダー」って映画で、田口トモロヲを戦うときが、確か一刀流対二刀流だったような。小説だと長いナイフって設定だったような。うる覚えです。
一刀流が中国剣でもよければ、香港映画でツイハーク監督の「ブレード」ですね。敵が二刀流なんですが、動きがハンパないです。あのアクションを越える作品はもう無いと思うくらいです。
香港映画でジェット・リー主演の「スウォーズマン/女神伝説の章」ってやつだと、一刀流対糸のついた縫い針とか見れますよ。
王道だと、「グリーン・デスティニー」ですかね。
「英雄」もチャン・ツィイーが二刀流でマギー・チャンが一刀流だった。あんまり剣を合わせてないけど。
とりあえず思い出せるのはこれだけです。
また、思い出したら書き込みます。

Q大谷翔平VS東海道新幹線足の速さでは、どっちが勝ちますか?よろしくお願いします。

大谷翔平VS東海道新幹線足の速さでは、どっちが勝ちますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

え?何か特別な根拠を新たに発見せよ、との設問でしょうか?人間百メートルを十秒=時速36KM
と概算でいつも考えていたから、私の頭では比較のしようが無い・・・で終りですが。

冗談が判ってないぞ、と言われるのは嫌だから、再度考えたけれど何も浮かばない。


人気Q&Aランキング