はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

デリダの脱構築という理論というか手法は、いくらでも応用、発展の可能性を含んだ手法のように思えたんですが、デリダを受け継いで広範な影響力を持ち得た理論とか、 あるいは影響力を発揮した学者さんとか、いなかったのでしょうか?

サイードのオリエンタリズムなどは、単純な二項対立を否定するあたりが、デリダ的なんじゃないですかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

デリダを応用しているなら、スピヴァクじゃないですか。

弟子のひとりではありますし、これは『デリダ論』を手に取ってみても明らかです。しかし二項対立を否定しているとは言えないですね。

しかしサイードって、二項対立を否定していたんでしたっけ。東洋と西洋は対立しているんじゃないのでしたっけ。つまり質問には当初から大きな誤解があるのです。デリダの脱構築は主権を否定するものであって、二項対立を否定するものじゃないと思います。二項対立の否定なら、別の思想家でしょ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スピヴァクですか、よく知りませんでした、ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/27 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング