個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

表現に関することなのでカテ違いかもしれませんが、車関係で詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

高速道路の出入り口は普通インターチェンジと言いますが、そのほかにランプというところもあるようです。また、単刀直入に出入口というところも。高速道路の分岐はジャンクションですね。
これらの言い方の使い分けはあるのでしょうか?

ランプはあまり東日本では聞かないので西日本の地域的な言い回しなのでしょうか。
とは言え、高速道路でなくてもバイパスなどでも「○○IC」というのがありますし、有料道路専用の単語では無いようです。一方向しか出入りできないインターチェンジをハーフインターチェンジと言っているのを聞いたことがあるので「ランプ=一方向のハーフインターチェンジ」でもなさそうです。

用途や機能で分類分けできるのかと思っていましたが、明快な境界が見つけられませんでした。
ご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前は道路公団の(高速)道路では一般道との出入り設備をインターチェンジ、高速道路どうしの交差部分をジャンクションとよび、都市高速道路(首都高速、阪神高速)では一般道との出入り設備をランプ、高速道路どうしの交差部分をインターチェンジとよんでいました。


その後都市高速のインターチェンジで外に出られなかったと言うような苦情がありジャンクションに名称を変更しています。

また都市高速の場合出口と入口が必ずしも対になっていないので出ようと思ったランプで出られなかった等の問題から出口、入口と呼ぶようになっています。

>ランプはあまり東日本では聞かないので西日本の地域的な言い回しなのでしょうか。
以前は東京でも使っていましたが昔からの言い習わしでしょう。西の方が御上が言い換えてもそれには従わないと言うことかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

なるほど、首都高は名称を変えていましたか。
ようやく納得できました。

お礼日時:2013/03/18 22:10

ランプ


http://dictionary.goo.ne.jp/srch/ej/ramp/m0e/
によれば『(段違いの二面を結ぶ)斜面;(一般に)傾斜路』とある

高速道って高架だったり一段高い路盤だったり、一般道とは異なる平面上に設置される
当然、一般道と高速道との連絡通路は坂になることが一般的、よってその連絡通路(坂道)をランプと言い表す <-通路そのモノの呼称

出入り口は、一般道から見たICへの通路との接合部分ピンポイントで言い表す言葉

ICは、通路(ランプ)も合流分岐の設備も必要なら料金所も相対的な設備全体の呼称


整理すれば
・道路のピンポイントを表すのが出入り口
・上り線、下り線、或いは一般道への通路など、それぞれの通路単体を表すのがランプ
・連絡通路、ゲート、合流分岐の設備、ランプと本線との接合、その他多数の設備を備えた施設全体をIC
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

なるほど、ICを施設全体としてみる考え方があるのですね。

ただ、地図上で見ると出入口、ランプ、ICと混在して表記されているのがちょっとわからないのです。

行ったことが無いので地図上でしか分かりませんが、堺泉北有料道路はどう見てもICの様に見えますが、ランプばっかりです。坂道には違いないでしょうが、ICと言っても良さそうです
ほかにも第二阪名有料道路の西石切ランプなど。これらは例外と言うことでしょうか?

お礼日時:2013/03/17 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「~ランプ」と「~インターチェンジ」

ちょっとくだらない質問かもしれませんが、暇があったら教えてください。

高速道路の出口・入口って「~インターチェンジ」って言いますが、
首都高は「~ランプ」って言いますよね。こういう風に使い分けてる
理由というか、この2つの言葉の意味を知ってる方、教えてください。

特別、答えが必要という訳でもないのですが、とても気になって仕方が
ないので、暇があったら教えてください。

Aベストアンサー

もともと「インターチェンジ」には「交差、連絡、交わる」と言う意味があり、
「ランプ」は、ただ単に「出入路」という意味を持っています。

首都高速のように、出入り口だけの場合は「ランプ」という言葉を使い、
他の高速道路(東名、東北、中央…)など、大きな国道とつながっている場合は、
「インターチェンジ」という言葉を使っているようです、

大きな高速道路の出口も、正式には「インターチェンジランプ」と呼ぶそうです、

出口の無い場合は、単に「インターチェンジ」と呼んでいましたが、
「出口がある」と勘違いされないように、最近では「ジャンクション」とも呼ばれていますね。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q主要地方道と一般県道との違いは?

 こんばんは。
 さて、県が管理する道路は主要地方道と一般県道がありますが、この違いは一体何なのでしょうか。
 それと、2つの県にまたがる県道の場合、2つの県とも同じ県道番号となりますが、2つの県にまたがる県道の場合は、両方の県で県道番号を統一しなければならないのでしょうか。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

道路法関係は、平成に入って大きく改正されたようですね。
たとえば、「一般国道の路線を指定する政令」の別表には、昔、起点・終点の記載は、「○○市××」だったのが、今は「○○市」だけなのですね。久ぶりにゆっくり開いて、びっくりです。
 「国道×号(“線”は不要)」は、「○○市△△」から「☆☆市□□」までかと見ていたことが懐かしく思われます。
 さて、私のつまらぬ、思いで話はこれまでです。

 一般県道と主要地方道についてですが、「道路法令総覧」をざっと見ましたが、記載されているのは、一箇所です。(見逃していれば、すいません)

 平成6年6月30日 建設省道政発第33号 各都道府県知事宛、建設省道路局長通達「都道府県の路線認定等について」のなかで、一般県道の認定基準について記載しているのですが、

 これの「第七 路線番号のつけ方」に、「都道府県道の路線番号は原則として主要地方道は一から、一般都道府県道は一○一から連続した番号をつけるものとする。」と記載があるのです。

 ここにしか、「主要地方道」の文言を見つけることができません。

 確か、「県道の総延長」とか、「舗装率」等が、地方交付税の算定基準の一つであったと思うのですが、「主要地方道」は、その分、加算があるのだろうか?
 このあたりにしか、「主要地方道」の存在価値がないとおもうのですが・・・。

 次回、土木課関係にまわる時に、聞けるなら聞いてみますが・・。


 それから、「2つの県にまたがる県道の場合」の答えですが、
  前述の引用の後半に次のような続きがあります。

 「なお、隣接の都道府県にまたがる路線の場合は、当該隣接都道府県と調整して同一番号をつけるものとする。」と記載があります。

道路法関係は、平成に入って大きく改正されたようですね。
たとえば、「一般国道の路線を指定する政令」の別表には、昔、起点・終点の記載は、「○○市××」だったのが、今は「○○市」だけなのですね。久ぶりにゆっくり開いて、びっくりです。
 「国道×号(“線”は不要)」は、「○○市△△」から「☆☆市□□」までかと見ていたことが懐かしく思われます。
 さて、私のつまらぬ、思いで話はこれまでです。

 一般県道と主要地方道についてですが、「道路法令総覧」をざっと見ましたが、記載されているのは、一箇所です...続きを読む

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Q高速道路の上り・下り

高速道路の上り・下りっていうのは、どうやって決まっているのですか?

例えば、
 ・名神高速の大阪→名古屋方面
 ・中国道の大阪→広島方面
は、上りですか?下りですか?

渋滞のニュースとかで、よく何の説明もなく「○○道上り××付近」とか
言っていますが、
多くの人はそれで分かっているのですか?

Aベストアンサー

http://road.kh23.com/info/archives/2005/12/post_1.html

道路によりことなります。


名神なら名古屋方面が上り、中国道なら大阪方面が上り。おおよそ、東京に向かうほうが上り。

Q「通り」と「とおり」の違いについて

予定「通り」や、次の「とおり」のように、漢字で書く場合と平仮名で書く場合があるようですが、違いはなんでしょう?また、どちらが正しいのでしょうか?知っておられる方が居られれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>予定「通り」や、次の「とおり」のように…

あなたが公務員で公式文書を書くのなら、それは仮名書きにしないといけません。
民間企業でのビジネス文書もこれに準じるのが良いです。
個人の詩歌や小説などはこの限りではありません。

このことは、昭和24年4月4日付けで政府が策定した『公用文作成の要領』で定義され、その後常用漢字表の部分改正などに伴って、その都度追認されています。
直近は菅総理の名前で、昨年11月に出されています。
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Bunsyo/BunKanjiH22.html

Q「いらっしゃいますか?」と「おられますか?」正しいのは?

 私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。

 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。そしてその時、自分が用事のある人物に電話を取り次いでもらいたい場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と「○○さんはおられますか?」ではどちらが本当は正しいのでしょうか? それとも地域によってちがうのでしょうか?

 私は北東北在住です。振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。

Aベストアンサー

学校文法的に言えば、

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。
「おる」は謙譲語です。
したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。

ということになります。
私もそのように教えられた覚えがあります。

しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。
このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。(↓)
これを読んでから、私も「おられる」は間違いではなく、学校文法が間違っているのだと思うようになりました。
文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/cls/ndm/gnsodan03.html

Q路肩と路側帯の違い

タイトルの通りです。
今度試験があるのですが、この違いが分かりません。教えて下さい。

また、センターラインの実線には白と黄色がありますが、この違いも分かりません。

Aベストアンサー

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止です。高速道路の場合はペイントがあっても路肩と呼んでいますが、路側帯でも差し支えないようです。
 ここでおせっかいにも付け足したいことがありまして、歩道と車道に明確な境界がある場合(例えばガードレールや縁石があるとか)は、路側帯に見える部分は「側道帯」といい、ペイントの事を「外側線」といいます。車両の通行は禁止されていません(自信なし…)。駐車の方法にやや違いが出ます。
・0.75m以上の幅のある路側帯の場合は、「道路端」から0.75m以上空けて駐車します(つまり路側帯に入っても良い。ただし、一時停止してから)。
・0.75m未満の路側帯、駐停車禁止路側帯、歩行者用路側帯の場合は、路側帯のペイントに沿って駐車します(つまり路側帯に入ってはダメ)。大体守られていませんけどね…
・側道帯である場合は「車道の端」に寄せます(側道帯には入ってもよい)。
・特にペイントがない場合は、「道路端」に寄せます。

 センターラインについては#1、2さんに同じですが、白と黄色の二本線の場合は、白線の側だけ追いハミ可だったと思います。ちなみに車両通行帯が黄線で分けられているときは車線変更禁止の意です。
 試験頑張ってくださいね。

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止...続きを読む

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。


人気Q&Aランキング