ある医学系の論文で出てきたのですが、ある種の蛋白の特定のアミノ酸配列に対して反応するmonoclonal抗体についての内容で、抗体作製時の抗原がウシ由来の蛋白で、それを用いてヒトの組織を免疫組織染色すると、その蛋白が正常のものではほとんど染色されることはなく、リン酸化等の修飾により変性が進み、構造が変化したものが陽性に染色されるとのことです。
その原因として、ある特定の位置のアミノ酸がウシではserineであるのに対し、ヒトではprolineであるため、正常の蛋白はいまいち反応しないものの、その変性した蛋白で陽性反応を示すのは、prolineが "serine conformation"を起こしているためと結論づけています。
このserine conformationとは、一体どのような状態なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (41件中41~41件)

serine


     COOH
H2N-CH
     CH2OH

proline
      H
      N  COOH
    / \/
   |_|

ということで、serine conformation(セリン配座)というのは、プロリンが開裂した状態ではないでしょうか。
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
しかし、炭素の数からいくと、プロリンが開裂した状態では、最も近いアミノ酸はグルタミン酸だと思うのですが。
生化学はいまいち苦手意識が強くて、私には理解しづらいです。

お礼日時:2001/05/24 14:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

←前の回答 1  2  3  4  5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血液O型の輸血と抗原・抗体について

血液型A型の人:A抗原とB抗体
血液型B型の人:B抗原とA抗体
血液型AB型の人:A抗原とB抗原
血液型O型の人:A抗体とB抗体
O型の人は、一応他の血液型の人に輸血できる(現場ではほぼ為されない)ということですが、
「抗体を持っている人に抗原を打つと血液が凝集するために輸血できない」からO型の人に他の血液は輸血できない、というのが、よく分かりません。
「抗原を持っている人に抗体を打つと血液が凝集しない」のはなぜですか。輸血するんだから、結局一緒になるのではないでしょうか。O型の人のA抗体とA型の人のA抗原が一緒になったら凝集してしまうのではないですか?

Aベストアンサー

「A抗体」という表現はちょっと変. A とか B とかは抗原の名称なので, 抗体としては「抗A抗体」というのが正確だと思う.

さておき, いわれる通り「O型の人の抗A抗体とA型の人のA抗原が一緒になったら凝集してしまう」は正解です.
ただし, 「輸血する血液の量」が「体内にある血液の量」に対して少ないときにはあまり問題になりません. 凝集する量が少なければ (つまり輸血で追加する赤血球の方が多ければ) いいという考え方もできます.

とはいえ, 今では普通こんなことしませんけどね. 凝集する量が少ないといってもやはり問題ですし, そもそも「意外と血液型を間違って覚えている (あるいは検査をしていない)」人もいるので, よほど余裕がないときを除いてクロスチェックをしているはずです.

Q非極性アミノ酸と非電荷極性アミノ酸

非極性アミノ酸と非電荷極性アミノ酸は、側鎖のどの基によってその性質を決めていますか?
塩基性アミノ酸は側鎖の-NH2(あるいは =NH )が、 -NH3+(あるいは =NH2+)になることで塩基性を示します。というようなかんじで回答をお願いします。

Aベストアンサー

極性のアミノ酸は、側鎖に電離する基を持っているか、双極子モーメントを持っているかです。前者が電荷極性、後者が非電荷極性です。どちらも持たないのが非極性アミノ酸です。側鎖が疎水性であると言い換えてもいいでしょう。

双極子モーメントは共有結合の共有電子対がどちらかの原子に引っ張られて、一方がややマイナス、他方がややプラスになるものです。水素結合を思い浮かべてください。これを側鎖に持つアミノ酸は、OH基をもつSer, Thrなど、SH基をもつCysがあてはまります。

Q体液性免疫と抗原抗体反応の違いを教えてください。

「体液性免疫」と「抗原抗体反応」は生物学のテキストでは、並列されて記述されていますが、
その内容に関しては、

両者とも、
「体内に侵入した抗原をマクロファージが取り込んで分解し、その情報をT細胞に伝え、それをさらにB細胞に伝えられ、B細胞が形質細胞に変化し、抗体を生産する。その抗体で抗原に対処する」

とされています。


それでは、「体液性免疫」と「抗原抗体反応」の違いとは何なのでしょうか?


「免疫」に焦点を当てた場合と「反応」に焦点を当てた場合の解釈の違いと理解することもできますが、
もしそうだとすれば、そのときの「免疫」と「反応」の違いとは何なのでしょうか?



お教え下さればと存じます。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ちょっと難しく考え過ぎかと思います。
もうちょっとシンプルに考えて良いです。

体液性免疫とは、体液に含まれるものによる免疫
まぁ単純に言うと、抗体と補体系による免疫機構のことです。

抗原抗体反応は、抗体が異物と結合することを指しています。

これでわからないことがあればまた質問してください。

Q酸性アミノ酸と塩基性アミノ酸のCOOH/NH2の解離について

初歩的な質問で申し訳ないんですが、酸性アミノ酸において、側鎖のカルボキシル基とα炭素につくカルボキシル基では、どちらが先にイオン化するのでしょうか?

また、同様に、塩基性アミノ酸の側鎖のアミノ基とα炭素につくアミノ基ではどちらが先にイオン化するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

R-COOH ⇔ R-COO^- + H^+

基本的にはα-位の-COOHが最も解離しやすく、離れる程し難くなります。


R-NH2 + H^+ ⇔ R-NH3^+

「イオン化し易い順」つまり塩基としての強い順ですね。

基本的に-NH2はα位から離れる程、塩基として強くなります。

Q抗原抗体反応

1.抗原と抗体が最適比で混合されたときに抗原-抗体沈殿物が最も多くできるんですよね?でも考えてみると、抗体が過剰な分には、できる沈殿物量は同じなのでは?
2.また、クラススイッチにはT細胞のサイトカインが必要ですが、具体的にクラススイッチがどのようにおこるのか教えてください

Aベストアンサー

 抗原抗体反応では様々な格子の様な三次元構造の抗原抗体複合体ができます。抗原と抗体が最適比で混合した場合は大型の格子ができて沈降反応を示します。つまりこのとき、沈殿物量がもっとも大きくなります。
 ところが抗体または抗原が過剰になると格子が小さくなっていて、最終的には格子は生じなくなります。ということは小さいので沈殿しなくなります。
 電子顕微鏡でこのような現象は証明されています。

 クラススイッチって……
  IL-4→IgG1,IgE
  IFN-g→IgG2,IgG3
  TCG-b→IgG2a,IgA
 もっと具体的にどのように作用するかとか知りたければ「免疫生物学」あたりを調べてみるのがよろしいかと思います。生物系医学系大学図書館には必ずあると思いますし。

 なかなか一般人にしてはマニアックな質問でたぶん大学生ですか?

QL-アミノ酸とD-アミノ酸の違いは?

L-アミノ酸とD-アミノ酸の違いは何ですか?

Aベストアンサー

L-アミノ酸を鏡に映して見える像がD-アミノ酸の形です。

右手と左手の関係という感じですね。

物理的性質は変わらなかったと思います(遷光度が+と-が逆になるぐらいです)。

化学的性質も同じですが、構造だけが、右手と左手みたいな違いになります。

しかし、生体になると、話は変わります。

ほとんどの場合、L-型のアミノ酸で存在し、D-型のアミノ酸は、かなり少ないです(微生物がたまに使うぐらい?)。

QHBs抗原・抗体って・・・

健康診断でHBs抗体のみ+でした。抗原は-です。私は医療従事者なので以前肝炎ウイルスのワクチンはしたことがあります。そのため抗体が+なんだなと納得していましたが、そのワクチンを接種したのは3年ほど前だし、普通肝炎ウイルスのワクチンってHCVワクチンですよね?何か今回の結果を見てこれって感染してる!?と怖くなってきました・・・ちなみにHCV抗体、抗原ともに-です。

Aベストアンサー

医療従事者は普通、B型肝炎のワクチンを打ちませんでした?
私は医療系の学生なので、B型ワクチンを接種しました。
感染によって抗体ができたのだとしても、HBs抗体は中和抗体なので、抗体があるということは治癒しているということだと思いますが。。

Q【髪の毛の主成分は「アミノ酸」です】って本当ですか? 髪の毛ってアミノ酸? というか髪の毛だけで

【髪の毛の主成分は「アミノ酸」です】って本当ですか?

髪の毛ってアミノ酸?

というか髪の毛だけでなく人間の身体って全部アミノ酸から出来ているので髪の毛だけに限った話ではないのでは??

髪の毛はアミノ酸から出来ている。体は何から出来ていますか?

あと美容メーカーの謳い文句で「髪の毛はアミノ酸から出来ているので、髪の毛にアミノ酸を塗り付けて髪の毛の品質を高めよう」ってアミノ酸から出来ているからアミノ酸を外塗りして髪の毛が本当に復活するのでしょうか?

アミノ酸で髪の毛の質を上げるという美容用品は水素水と同じエセ科学ですか?

Aベストアンサー

私たちの体の大部分は水とタンパク質で構成されています。
もちろん、私たちの髪の毛もタンパク質で構成されています。

そして、髪の毛は18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質でこのタンパク質のことをケラチンと呼びます。ケラチンは髪の毛以外にもツメや皮膚などの角質層を形成する成分となります。

(アミノ酸系のシャンプーが頭皮・頭髪に良いというのは髪の毛がアミノ酸で構成されているからです。)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9308147.html

Q抗原を免疫された脾臓中の抗体産生細胞率

抗体の開発を行っている者です。
マウスへ抗原を感作させ、脾臓中にはどのくらい(%)の抗体産生細胞が
存在するのでしょうか? 
抗原性や抗体産生細胞の検出法によっても異なるとは思うのですが、FACSで
解析したデータが欲しいです。

論文検索を行いましたが、なかなか適した論文が見つからず、下記の論文の
発見したくらいです。

Immunology and Cell Biology (2003) 81, 163–170

いくつか論文をご紹介して頂けると助かります。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

免疫システムとして、抗原を感作させることによって抗原に合わせた抗体を産生させる訳ではなく、
予め存在していた、抗原と結合できる細胞が感作によって活性化し、
抗原に対する抗体を産生してゆくとこうところに注目してください。

目的の抗原に結合すると言われている細胞は10^6cellに1個だと言われています。

すでに抗体産生中で形質細胞がうろついているような状況であればもっと多くなりますし、
メモリーB状態になっていれば、感作とともに抗体産生細胞が細胞分裂します。

Q蛋白質の性質とアミノ酸の性質について

 リンの検出 
 カゼインと(1N)の硝酸をまぜてモリブデン酸アンモニウムを加えて加熱すると黄色沈殿ができる。これに硫酸ヒドラジンを加え、加熱すると暗緑色になる。この呈色反応についてよくわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

モリブデンブルー法によるリンの定量については
東海大学のページ(pdfだし重い、p6を参照):
http://www.scc.u-tokai.ac.jp/ocean/ot/PARTS/ExB_text03.pdf
兵庫大学のページ(こちらをいつもは薦めてます):
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/4_9.htm
どちらも黄色のリンモリブデン酸が出来、これを還元するとモリブデンブルー(時により見た目が違う)となる、の筈です。
リンモリブデン酸については日本新金属株式会社様のページ:
http://www.jnm.co.jp/pw12.htm
の右下の図を見て下さい。この十二個のモリブデン酸化物の中央にリンがはまっています。正四面体対称性で十二個のモリブデンが等価なため、電子軌道の縮重が起こって非常に還元され易くなるため、頭書の反応が起きます。
なお最近の検出法については同仁化学研究所様のページが参考になります:
http://www.dojindo.co.jp/catalog/protocol/p01.pdf

モリブデンブルー法によるリンの定量については
東海大学のページ(pdfだし重い、p6を参照):
http://www.scc.u-tokai.ac.jp/ocean/ot/PARTS/ExB_text03.pdf
兵庫大学のページ(こちらをいつもは薦めてます):
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/4_9.htm
どちらも黄色のリンモリブデン酸が出来、これを還元するとモリブデンブルー(時により見た目が違う)となる、の筈です。
リンモリブデン酸については日本新金属株式会社様のページ:
http://www.jnm.co.jp/pw12.htm
の右下の図を見て下さい。この...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報