【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

3月15日(金)深夜11:55分過ぎ、バイクで帰宅途中で、パトカーに呼び止められ。パトカー内でビニール袋に呼気を入れ、細い検知管を入れ、白色からオレンジ色に変わったあたりの数値が0.25で「酒気帯び運転」として、自白・自認を強く強要されましたが、ここ数日の平日は、お酒は控えていましたので、一貫して「飲酒はしていません」と主張して、当日は、パトカー内で簡単な供述調書を取り、署名・指印をおして、赤キップは渡されず。迎えに来た、家族と共に自宅に帰りました。その後、1週間位経過後の日曜日に、取締を担当した警官1名と補助者1名と、自宅近くの警察署の取り調べ部屋をお借りして、正式な「供述調書」作成のための取り調べがありました。もちろん、この取り調べでも、一貫して「飲酒はしていません」と主張して、供述調書に記載して頂きました。
今回は、アルコール検知管に基準値を示していただけです。実況検分では、顔色、口調(ろれつ)、応対態度、直線方向等は「問題」なく、自損・他損事故や交通違反もなく、被害者もなく、目撃証人もいなく、警察が飲酒の現場と考えている量販店の駐車場の防犯カメラにも、飲酒している映像がなかった様子が、取り調べの警官の発言から分かりました。そうなると、飲酒の「自白」か「自認」の供述調書ないと、事件として成立しないようです。要するに「自白」「自認」があると、簡単に検察へ送致出来るからだと思います。逆に言うと、この場合「飲酒はしていない」と本人が主張している以上、その他の証拠がないので、事件として処理することが出来ず、もちろん「罪」を断定するには不十分ということの様です。
別件ですが、絶食ダイエット中で体重が短期間で急減(平成24年8月:73キロ→平成25年3月:58キロ)しており、当日を含めた平日は、固形物を口にせず、水分だけを飲んでいたため、一種の「飢餓状態」であったと想定され、肝臓で生成される「ケトン体」が1種類が呼気として排出される際、検知管に過剰に反応する事例があるそうです。その「ケトン体」に関するネット上で公開されている信憑性の高い情報をプリントして、証拠として供述調書に添付して頂きました。「供述調書」に対応して、「ケトン体」に関するネット情報、産業医の診断書(毎月の体重の変化)を証拠として提供したので、私としては、これ以上のことをすることが出来ないと思っていました。ところが、先日、警察から医師の診断書をお願いしたいと連絡がありました。趣旨は、「ケトン体」の発生の可能性がゼロではないとの所見でいいそうで、今更、精密検査をしても、今は、ダイエットをやめておりますので、恐らく精密検査をしても、当日の状況を立証することにはならないことは、警察の方も承知のうえで、医師の診断書があれば、検察官が納得し易いからだと説明を受けました。確かに、私の言葉やネット上の情報より、医師免許のある知識人の医師の診断書があれば、私の主張がより補完することになるとおもいますが、そもそも、立証責任は、私ではなく、警察側にあるではないでしょうか?あくまで任意の依頼だとおもいますが、費用も掛かることなので、ちょっとおかしいのではと思っています。この件にかんして、アドバイスや経験話等がお有りになる方からのご回答をお待ちしております。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お礼ありがとうございます。



> 「刑事補償」とは、具体的には何のことですか?

裁判で無罪判決を受けた場合、身柄を拘束されたことによる損害や、弁護士費用等に対し、国家賠償が受けられますが、検察の「嫌疑なし」も、裁判なしで検察が無罪判決する様なものですから、補償の対象になり得ます。

但し、国政裁判などでは国側の勝率が99%以上などとも言われていますが、国や行政は、基本、間違いを認めません。

従い、不起訴処分でも「嫌疑なし(≒警察の誤認)」では無く、「嫌疑不十分(≒疑わしいけど証拠が無い)」にしちゃう傾向です。

質問者さんも、警察の動きからすれば、不起訴処分が濃厚ですが、「晴れて無罪」と言うよりは、「疑わしきは罰せず」的な不起訴になる可能性が大と思われますし、逆に「嫌疑なし」の判断を得るのは難しいのですよ。

いずれにせよ、不起訴は不起訴ですから、嫌疑不十分でもさほど実害は無いし、嫌疑なしを勝取る争いも大変で、時間や労力、費用を考えたら、刑事補償で儲けを出すのは無理です。

大人しく警察の要請に従い、医師の診断書を提出し、事態を収拾してしまうのも、充分に一向の余地はある状況かとは思います。

一方では、主には質問者さんの名誉の問題でもあるので、名誉回復を主眼になさるなら、「嫌疑なし」か、公訴で「無罪判決」を勝取るべく活動なさることも考慮されますが、この場合は、やはり早期に弁護士を立てるべきです。

但し、弁護士は基本、クライアントの利益を優先的に考えますので、経済的,時間的などの利益の観点からは、無駄な労力を掛けず、嫌疑不十分の不起訴を進める人が多いのでは?と思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

度々のご回答ありがとうございます。私は、約8年間、うつ病で、通院・投薬治療を今も継続中であるため、毎月、定期的に産業医(所長で、循環器系内科医)の診察を受けております。発病当初からの様子も熟知されています。今回の「ケトン体」についても、よくご存知でしたので、診断書を書いて頂きました。診断書の内容の趣旨は「私の疾病により、食事摂取不十分な際、ケトン体が体内に蓄積し、呼気からアセトン臭(アルコール臭に近い)が発生する可能性がある」と記載してあります。先生のお話では、「ケトン臭は、食事をしっかり摂取すれば、通常、2~3日間で発生しなくなり、現在、絶食ダイエットを止めて、3食きちんと食べている状態で呼気を精密検査しても、ケトン体は発生しないはず」だそうです。つまり、アルコール検知検査時に「ケトン体」が発生していたと断言出来る方法は、今更ないものの、絶食ダイエットによる体重の急減や当日を含めた5間は固形物を食べず水分だけ摂取していたことから、アルコール検知検査時に「ケトン体」が発生していた可能性があると言うことです。この内容を電話で、警察官に読み上げたところ、「可能性があると言うだけで、当時、ケトン体が発生していたと言う内容ではないのですか?発生していなかったと言う診断書を期待していたのですが、これではグレーですね」とのご発言でした。元々、医師の診断書を取る様に依頼があった際、現時点では絶食ダイエットは止め、体重の減少も止まってきていましたので、いかに、医師と言えども、当時、「ケトン体」が発生していないとの内容の診断は出来ないため、「可能性がある」との内容になるのではないかと思い、それでも、いいですか?と確認したうえで、適切な診断書を頂くことが出来たのです。そこで、「この診断書の内容では不十分と言うなら、どのよう様な内容の診断書ならいいのでしょうか?」とお尋ねしたところ、「それは、我々が判断することではないでしょう」と少し、怒った感じの強い口調で、つぱねられました。後日、また、呼び出しの電話があるそうで、その際、診断書を持参する様に言われております。以上の経緯を踏まえて、今の私に何かすることがあれば、再度、ご教授願います。

お礼日時:2013/04/06 07:13

ニュースでみましたが、入れ歯安定剤を使用していて飲酒運転で検挙された例がありますが、医師の検査で安定剤が原因とされ、注意するように指導され無罪放免になっています。

この場合警察がその人を尋問して原因を特定したと聞いています。医師の診断書の方が優先されるべきです。課題はあるでしょうが、検察が調べて前例を作って置くべでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報提供を頂き、ありがとうございます。「入れ歯安定剤」のどういう材料が、どのアルコール検知器(例えば、「北川式検知管SE型」が一般的→ビニール袋に呼気を1l程度いれ、昔の温度計の様な棒を入れ、白色からオレンジ色に変わった境目が検知した値とされる方式のもので、取り扱いが簡単で、コスとも安いので一般的に使用されている器具)で、ご認値してしまうのでしょうかね?

お礼日時:2013/04/06 17:17

> そもそも、立証責任は、私ではなく、警察側にあるではないでしょうか?



質問者さんを「酒気帯び運転容疑」で、検察に送検するための証拠を挙げるのが警察の仕事・責任です。
一方、ご質問の内容は、質問者さんが無罪である挙証ですから、警察側の責任では無いですね。

警察も「(診断書を)お願いしたい」と言う低姿勢なのは、質問者さん側から、その「無罪の挙証をしてくれませんか?」と言う依頼であり、これは割と異例です。

警察は、あくまで質問者さんを犯罪容疑者として、警察が把握している状況証拠を添え、事件を検察に送検します。
ただ、「容疑者(である質問者さん)側からは、この様な無罪の証拠も提出されています」として、送検したいと言うことです。

犯罪容疑者を検察に送検するのが警察ですが、その警察が検察に、言わば「なるべく起訴しないで!」的な証拠も添えて送検をするワケで・・かなり矛盾なんですね。
違う言い方をしますと、普通は弁護士が法廷で提出する様な証拠を、警察が検察に送ると言うことです。

警察は、誤認か、少なくとも起訴して有罪に出来るだけの証拠は無いと判断していると思われます。
そんな状況で、もし裁判にでもなれば、公に警察の「誤認逮捕」となってしまう可能性があり、それは警察としては大失態になってしまいます。

検察で早々に「不起訴処分」の判断を得て、内々に済ませちゃいたいワケですが、それはあくまで検察判断ですから、警察としては、万一にも起訴に至らぬ様、質問者さん側からの証拠提出もお願いしているワケです。

あくまで任意の依頼ですから、質問者さんが協力する必要は無く、「送検でも起訴でも、好きにしろ!」でも構いません。

事を荒立てず、またこの件を早急に終わらせると言う観点などで協力しても、恐らく問題は無いとは思いますし、それも賢明な判断では?と思われます。

但し、更にややこしい話しもしておきしますと、今のまま送検されても、不起訴処分の可能性は大ですが、恐らく「嫌疑不十分」の不起訴となる可能性が高いです。
即ち、質問者さんは怪しいけど、充分な証拠はないので、不起訴と言うグレー決着で、質問者さんの経歴には、そういう処分歴が残ってしまいます。

本来、無実の質問者さんの不起訴処分の理由は「嫌疑なし」であるべきで、また嫌疑なしで不起訴の場合、刑事補償も受けられるのですが、嫌疑なしの不起訴は、これも警察の失態なので、滅多にありません。

事が荒立てば、そういう部分でも争いが生じる可能性も出てきますので、警察としては、質問者さん側から、無実の証拠も得て警察に送検し、検察ではサラっと「不起訴処分(恐らく中身は嫌疑不十分)」の判断を得て、「何かとお手を煩わせ、申し訳なかったですが、大事に至らず良かったですね」的に終わらせちゃいたいのでは?と思います。

まあ不起訴であれば、実生活には影響はほとんど無いですから、穏便・早急に終わらせるか?、あるいは手間暇を掛けてでも、法廷で真実を明らかにしたいのか?と言う話しです。

いずれにせよ、一度弁護士と相談なさった方が良いとは思いますよ。
弁護士が関与した方が、警察や検察の対応も、慎重で丁寧にはなりますので。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とても、詳しく、論理的な説明で分かりやすく、結局、表面上の結果は、同じ結果になる可能性が高いが、そこまでの過程を、穏便に済ませるか、警察の大失態に追い込むかの選択権は、私にある訳ですね。ご説明のなかで、「嫌疑なしで不起訴の場合、刑事補償も受けられる・・・」とのことですが、「刑事補償」とは、具体的には何のことですか?初めて耳にする言葉なので、key0001に、ご教授願いたいと思います。宜しくお願いします。

お礼日時:2013/04/04 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察や検察の取調べでみんな結構嘘ついてますよね?

本当はやってても、やってないとか言ったり。
あれって大丈夫なのでしょうか?偽証罪とかになりませんか?
嘘をついた場合は貫き通すしかないと思いますが、
裁判でずっとそのことを主張していれば偽証罪には問われないのでしょうか?

Aベストアンサー

#1の方が説明しているように、警察段階での
ウソは、偽証になりません。

ウソの内容によっては、犯人隠避になる可能性は
ありますが。

裁判になって宣誓して、証人となってウソを言えば
偽証罪になりますが、我が国では、被告人は証人に
なれないので、被告人が偽証罪に問われることはあり
ません。

Q飲酒運転→検挙→逮捕されるのですか?

社会的に大変な犯罪を犯したことを大きく反省しています。
本当に申し訳ありませんでした。

大変恐縮なのですが、質問のご回答頂けたら幸いです。

私は、飲酒運転を行い、警察に尾行されていたみたいです、それに全く気づかなくて、自宅駐車場に着き、検挙となりました。
フラフラ、逆走、速度超過も行なっていたみたいです。。。
呼気は0.88
歩行テストなどを受けて警察署に行き、いわゆる赤切符と思われるものを貰いました。後日、裁判所に行く予定だそうです。
警察が書いた赤切符は、酒気帯び運転でした。酒酔いではなく。
しかし、最後に言われたのが「たぶん、逮捕されると思う。やったことはわからないじゃなくて、認めなさい」と言われ帰宅しました。今現在は車には乗れます。
ちなみに全くの初犯です。

よく見るのが、免許取消と罰金刑と聞きます。逮捕まではされないと・・・・
しかし、警察には、逮捕されると言われ、不安で寝れません。
大罪を犯した身で恐縮なのですが、実際には、どうなると思われますか?
0.88という数値がとんでもないと思うんです。

本当に反省しています。
よろしくお願いします。

社会的に大変な犯罪を犯したことを大きく反省しています。
本当に申し訳ありませんでした。

大変恐縮なのですが、質問のご回答頂けたら幸いです。

私は、飲酒運転を行い、警察に尾行されていたみたいです、それに全く気づかなくて、自宅駐車場に着き、検挙となりました。
フラフラ、逆走、速度超過も行なっていたみたいです。。。
呼気は0.88
歩行テストなどを受けて警察署に行き、いわゆる赤切符と思われるものを貰いました。後日、裁判所に行く予定だそうです。
警察が書いた赤切符は、酒気帯び運転でした...続きを読む

Aベストアンサー

法律上、酒酔い運転にアルコール濃度の規定はありません。アルコールによる判断・運動能力への影響は個人差があるからです。直線上を真っすぐ歩けるかとか、直立できるかなどの行動テストや、質問に対する応答の様子などから、判断することになります。
実務上、取り締まる側の警察では、検知量が0.5mg/lを目安として、酒酔い運転かどうかのテストを行っているようですが、質問者様のように高い数値が検知されていても酒酔い運転と判断されない人もいます。

道交法違反事件では、氏名・居所が不明のとき、逃亡・証拠隠滅の恐れがあるとき、赤切符の受領を拒否した場合や後日の検察庁からの出頭要請を正当な理由なく拒否・無視した場合などには、逮捕されます。
質問者様の場合、すでに赤切符の交付を受けていますから、検察庁からの要請に従って出頭すれば逮捕されることはありません。

酒気帯び運転の法定刑は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

処罰には一定のルールがあり、酒気帯び運転では初犯の場合は略式起訴(=罰金刑)、2回目からは公判請求(≒懲役刑)のようです。
0.88mg/lという検知量がどの程度刑の重さに影響するかは、具体的な経験値に乏しく断定的ではありませんが、30~50万円の罰金ではないかと推測します。

また、刑事処分とは別に行政処分も科されます。違反点数が25点ですから運転免許の取消対象者として、後日、公安委員会(都道府県警察運転免許課)から意見の聴取(いわゆる聴聞会)のための出頭通知があります。
酒気帯び運転の場合、意見の聴取でどのような弁明をしても、違反が事実であれば取り消し処分は免れません。したがって、意見の聴取に出頭しなくても、特段不利ありません。

なお、累積点数25点は、過去3年以内に免許の停止処分を受けていない人でも、運転免許の欠格期間が2年ですから、取消処分を受けてから2年間は運転免許が再取得できません。

さらに、免許再取得時は行政処分歴1回の状態となっています。そのため累積4点の違反で60日免停、10点で再取消になりますので注意してください。また欠格期間が満了した日から5年を経過するまでの間に再び違反や事故を起こして免許取消処分を受けると通常の欠格期間に加えて2年加算されます(但し最大5年間)。

法律上、酒酔い運転にアルコール濃度の規定はありません。アルコールによる判断・運動能力への影響は個人差があるからです。直線上を真っすぐ歩けるかとか、直立できるかなどの行動テストや、質問に対する応答の様子などから、判断することになります。
実務上、取り締まる側の警察では、検知量が0.5mg/lを目安として、酒酔い運転かどうかのテストを行っているようですが、質問者様のように高い数値が検知されていても酒酔い運転と判断されない人もいます。

道交法違反事件では、氏名・居所が不明のとき、逃亡・...続きを読む

Q飲酒運転でも事故ってなければ、飲酒の自白が必須?

先日、ある弁護士とお話した際の内容です。交通事故を起こしてなく、信号無視、スピード違反等がない場合、もし警察に呼び止められ、呼気からアルコール臭がして、パトカー内で風船を膨らませて、検知管を挿入して値が0..25(酒気帯び)が検知された場合でも、その他に、「言動の不自然さ」、「10mの直進歩行」、「楷書での氏名の自署」で問題なく、飲酒自体の「目撃者」や「防犯カメラ」の映像もないと、本人の口から飲酒の事実を述べさせる「自白」や「自認」が事件(起訴)にするため必須だそうです。手続き上は、赤切符を作成されますが、渡されることはありません(みせながら、供述調書」の作成のため、後日、警察から呼び出しが1~2回ありますが、その時も、事実に基づき「飲酒はしていない」と言い、供述調書に書いてもらうことがポイントです。これが、検察官に渡る証拠になります。警察にとっては、罰金、反則金も徴収できないうえ、手間暇掛けて、供述調書を作成して、検察へ送検しても、裁判でも公判維持は不可能なため、起訴されないことは、経験から分かっていますから、運悪く、厄介なクルマを停めてしまったと思っているのが本音らしいです。検察官からも、確認のため呼び出しはあるかもしれませんが、あくまで「飲酒はしていない」と貫くと、もう、どうしょうもないそうです。この様な体験をされた方がいましたら、是非、ご回答下さい。

先日、ある弁護士とお話した際の内容です。交通事故を起こしてなく、信号無視、スピード違反等がない場合、もし警察に呼び止められ、呼気からアルコール臭がして、パトカー内で風船を膨らませて、検知管を挿入して値が0..25(酒気帯び)が検知された場合でも、その他に、「言動の不自然さ」、「10mの直進歩行」、「楷書での氏名の自署」で問題なく、飲酒自体の「目撃者」や「防犯カメラ」の映像もないと、本人の口から飲酒の事実を述べさせる「自白」や「自認」が事件(起訴)にするため必須だそうです。手続き上...続きを読む

Aベストアンサー

大学時代に法学部で刑事訴訟法を勉強しました。

厳密に法解釈を検討すれば、たしかにそうなります。

ただ、そのためには飲酒運転をしていない、と検挙された運転手が厳密に否定しつづけることが必要ですが、よほど法知識がないと誘導尋問にひっかっかって「飲酒を自白した」ということになります。

私の例ですが、一度運転中に携帯電話を使用していて、検問で止められたことがあります。
止めた警官の一番最初の言葉が
「すいません。停めさせて貰いました。仕事の電話ですか?」でした。
たしかに仕事の電話が掛かってきて、保留にしようとしたところだったため、素直に「はい、そうです」と答えました。

その後、私は否認するのですが(なにせ電話には出ていませんから)、最初と別の警官が「いや、先ほど貴方は電話を使用していた、と確認している」と言い出し、わたしが「貴方とそんな会話をした記憶はない」というと、「いや私ではなく、最初に貴方を止めた警官だ」というので、その警官を呼んでもらい「携帯を使ったかどうかの認否はしていませんよね?」と確認すると、最初の会話がその証拠である、というのです。

この件は、結局否認して調書やらなんやらになるわけですが、青切符ですら「自白」を誘導尋問でひきだしているのですから、赤切符の場合、厳密な自白がなければ法解釈上の訴訟手続きはかなり困難になると思います。

ただ、実際には風船で0.25以上出ている人が、たとえ検察官や裁判官であっても、それを厳密に否認できるとは思えません。

ですから逆に言えば、やり取りを全部録音していて「厳密に否認している」証拠がないかぎり、状況証拠で有罪になるでしょう。

法律の厳密な解釈と、ケースバイケースの実際の事件とはなかなか一致しないものです。

大学時代に法学部で刑事訴訟法を勉強しました。

厳密に法解釈を検討すれば、たしかにそうなります。

ただ、そのためには飲酒運転をしていない、と検挙された運転手が厳密に否定しつづけることが必要ですが、よほど法知識がないと誘導尋問にひっかっかって「飲酒を自白した」ということになります。

私の例ですが、一度運転中に携帯電話を使用していて、検問で止められたことがあります。
止めた警官の一番最初の言葉が
「すいません。停めさせて貰いました。仕事の電話ですか?」でした。
たしかに仕事の電話が...続きを読む

Q酒気帯び運転で不起訴になったのだすが、半年も経つのに行政処分が来ません。逮捕もありません。検事さんに

酒気帯び運転で不起訴になったのだすが、半年も経つのに行政処分が来ません。逮捕もありません。検事さんには今後気を付けて下さいと言われただけです。いつまで待てばよいのか。反省はしていますが。不安な毎日です。

Aベストアンサー

>より正確に言うと、刑事処分とは、警察が交通違反者に対して行う、違反点数を引いたり違反金を取ったりする処分のこと。
見事な大間違いの回答ですね。

刑事処分は罰金、懲役などの刑罰のこと。
不起訴になったのならそれで終わりです。
>逮捕もありません。
もう終わったのだから当然です。

行政処分は公安委員会の行う免許取消、免許停止などの処分です。
刑事処分とは別個のものですが一般的には反則金の納付か起訴のタイミングで行われます。
不起訴になれば一般には(絶対では無いが)それまで、加点については通知なしもあり得ます。

Q交通違反時の検察庁からの呼出しはがきについて

最近酒気帯び運転をしてしまい警察に出頭してきました。
警官の説明によると後日検察庁からの呼出しはがきと免許センターからハガキが来ますと言われました。
家族と同居しており内密に処理をしたく思うのですが、はがきの表面か裏面に罪状(この場合酒気帯び運転)や罰金(重罪と思われてしまうような高金額)が明記されているのでしょうか?
封筒や見開きタイプのハガキであれば安心なのですが、それが心配で夜も眠れません。ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

検察庁からは、出頭する様にと言う通知になり、罪名等は記載されていません。しかし、酒気帯びの違反に対しての刑事罰に関しての事情聴取になり、その後は略式起訴されて罰金刑になります。
罰金刑は、結構な高額になりますから、家族に黙っている事は難しいと思いますよ。

後は、免許に関しての行政処分になり、免停は確実です。
1年以内の違反が、点数加算されてしまいますから、下手したら長期免停も可能性があります。

Q飲酒運転は現行犯でなくてもいいの?

友人が酒気帯び運転で物損事故を起こしてしまいました。しかし彼は動転して車を放置し、その場を立ち去ってしまいました。その後別件で警察に通報したため、その時点で警察から呼気検査を受け、酒気帯びについて確認されています。事故については本人の通報ではなく、警察によって発見されたようです。通常であれば酒気帯び運転で物損事故、それに措置義務違反となるところですが、事故を起こした時点で飲酒をしていたという証拠がないのに、酒気帯び運転と認められるのでしょうか。ちなみに本人は飲酒運転の事実については認めているようですが・・・

Aベストアンサー

飲酒の判定には機械判定(測定器)を使うはずです。
飲酒後量にもよると思うのですが、約8時間くらい解毒にかかるといわれます。
ですのでその間に測定器を使用し、呼気中のアルコール濃度を測定し0.15以上出れば現行犯でなくても逮捕されると思います。
又多少でも検知されれば、疑いありにはなるでしょう。

Q酒気帯び運転の検挙の後

こんにちは。大変恥ずかしい話ですが、ご存知の方教えてください。
酒気帯び運転の今後についてです。

年末、缶ビール4本ほど飲んだ後、6時間ほど経過したことをいいことに自動車を運転してしまい、飲酒検問にて赤切符のお世話になりました。今は私の認識の甘さに強い恥を感じています。捕まえていただいたおかげで、人をひかずに済んだことに感謝しています。
もう2度と飲酒した後には運転をしません。。。もうこんな情けない思いをしたくない。。

その上で、今後の処理の仕方に不安を感じており、情けないことに1週間以上寝付けないほど神経がずっと昂っております。当然の報いとはいえ、少しでも今後のことが分かればそれを受け入れ準備することで落ち着ければと思いますので、ぜひ教えてください。

1)勤め先への連絡
警察/検察から勤め先へ連絡は入りますか?
勤め先の名前と電話番号は素直に答えました。
過去の質問を見ると、私が適切に対処していれば普通は無いとのことですが、最近はどうなのでしょうか?
というのも、会社の規定では、特に酒気帯びの項目、報告規定も無いため、猛省して沈黙したい気持ちもあります。情けない話、今の会社を解雇されると、もうどこも雇ってもらえるだろうはずもないキャリアで、家族で路頭に迷うことが恐ろしいです。。。馬鹿なことした。。

2)マスコミに出ますか?
公務員ではないですが、公益性の強い業界の会社にいます。
公務員はリーク率が高いと拝見しましたが、リークの対象や権限はどのような場合に及ぶのでしょうか?

3)今後の出頭等の日程
ざっくり今後は、ハガキ→出頭→略式裁判→講習2日+免許停止90日
と理解していますが、
検挙日が1/1だとすると、出頭/裁判/免許停止スタートはいつ頃からになりますか?

以上、恥ずかしい限りですが、何卒よろしくお願いします。

こんにちは。大変恥ずかしい話ですが、ご存知の方教えてください。
酒気帯び運転の今後についてです。

年末、缶ビール4本ほど飲んだ後、6時間ほど経過したことをいいことに自動車を運転してしまい、飲酒検問にて赤切符のお世話になりました。今は私の認識の甘さに強い恥を感じています。捕まえていただいたおかげで、人をひかずに済んだことに感謝しています。
もう2度と飲酒した後には運転をしません。。。もうこんな情けない思いをしたくない。。

その上で、今後の処理の仕方に不安を感じており、情けない...続きを読む

Aベストアンサー

勤め先への連絡は無いでしょう。
警察からマスコミへの発表も、事件・事故で無い限りは無いです。
リーク等は、ある程度の地位やポジションに居る人でなければ関係ないでしょう。
今後の日程は、住所と同じ都道府県で検挙されたという前提で、一ヶ月以内に検察から呼び出し、更に一ヶ月で免許センターに呼び出し・処分・講習・免停スタートとなります。
罰金が20万円以上掛かりますので、御用意ください。
免停の際、聴聞がありますので、ネット等でよく調べて、出来るだけ良い印象を与えられるようにしてください。
免停期間が短縮される可能性もあります。

Q昨年酒気帯び運転で検挙されてしまいました…

昨年酒気帯び運転で検挙されてしまいました…
反省と後悔の日々です。

ここで質問なんですが、今回検挙当日赤切符をわたされず、後日意見の聴取会の葉書が届き行く予定なのですが、流れ的に罰金等の刑事処分が先に行われると言う例が多いのですが、実際はどうなんでしょう!?

一連の流れが良くわかりません…

詳しくわかるかた意見・回答お願いします

Aベストアンサー

刑事処分と行政処分は管轄が違いますので、処分が前後する事は当然あります、刑事処分は検察庁であり検察官が起訴し裁判所に処分の検討をさします、行政処分は公安委員会が処分決定します。

60日以上の免停処分を科される場合は聴聞会(意見の聴取)に呼ばれます、飲酒の場合は100%と言っても過言では無い程、減刑処分はありません、スピード違反で免許取消し⇒180日免停に減刑は結構ありますが飲酒の場合にはまずありません、聴聞会は必ず行かなければいけないっと言う事ではありませんので、飲酒であるなら減刑はまずありませんから行かなくても良いかもしれませんが、冠婚葬祭等でどうしようも無い言い訳と証明出来るのであれば出頭した方がいいでしょう。
冠婚葬祭でもここ数年厳しくなって来てるようですよ。
聴聞会に行かなければ後日免許証の返納と短縮講習の案内が届きます。

飲酒は、検挙され調書の作成が必要です、調書は取られていないですか?赤切符は裁判所で貰えるかと思いますよ?車の目の届く所にでも置きご自身を戒めて下さい、私は赤切符は全て置いてます。

Q警察の飲酒運転検査の結果は証拠として採用されない!

飲酒運転の容疑で、どんなアルコール検知器でも、基準値を超えていても、残念ながら「自白」「自認」が起訴の最低条件であり、目撃者もおらず、飲酒した映像もなく、事故も起こさず、被害者もなく、実況見分でも、直線歩行、楷書による自署、言動にも問題ない場合、警察側の根拠はアルコール臭を、検知管によるアルコール値だけ。しかも、絶食ダイエットによる肝臓で生成されるケトン体臭(アセトン臭で、アルコール臭に近いもの)が呼気より発生する可能性があるとの内科医の診断書が揃ってしまうと、呼気からアルコール臭がすることは、飲酒によるものかケトン体によるものか判断でなくなり、頼みのアルコール検知器の値だけですが、たった1回だけの検知結果だけでは、誤差の可能性がないこと主張することが出来ないことは、化学実験界では常識です。そこで、警察官は、とにかく本人の口から飲酒の「自白」が欲しいのです。私がこの投稿をするのは、金を撮りやすい小心者かは、国家権力を違法に振りかざし、集金集めと点数稼ぎをする警官を撲滅して、「法律」を理解している警官が増えることと、「飲酒」していないのに、たかが、1回のアルコール検知で、身に覚えの条ない飲酒運転で、低レベルな警官の犠牲になる方を少しでも減らすことが出来ればと思います。
ある知識人はここ断言しています。「現場の警察官は法学的知識に乏しいが、検察官は常識的に法的、証拠を照らしあわせて判断する。」皆さんも、話をするなら警察官よりも検察官にした方法がいいかもしれません。もし、明らかに違法な手段で「自白」を強要する警察官がいれば、警察法第79条に基づき、各都道府県の国家公安委員会に書面にて苦情をすると、必ず、回答する義務があります。苦情の内容が事実であれば、当事者は人事評価上マイナス点を付けられ昇進等に影響します。今の法律のなかで、素人がお金を掛けず、手っ取り早く、苦情・解決する手段は、これしかありません。善良な皆さん、ご存知でしたか?

飲酒運転の容疑で、どんなアルコール検知器でも、基準値を超えていても、残念ながら「自白」「自認」が起訴の最低条件であり、目撃者もおらず、飲酒した映像もなく、事故も起こさず、被害者もなく、実況見分でも、直線歩行、楷書による自署、言動にも問題ない場合、警察側の根拠はアルコール臭を、検知管によるアルコール値だけ。しかも、絶食ダイエットによる肝臓で生成されるケトン体臭(アセトン臭で、アルコール臭に近いもの)が呼気より発生する可能性があるとの内科医の診断書が揃ってしまうと、呼気からア...続きを読む

Aベストアンサー

いいえ。
知りません。

知っていることは・・・
飲んだら乗らない。
深酒(大量飲酒)したら、翌日も乗らない。
それだけ知っていれば、お巡りさんのお世話になならないってことデス。

Q酒気帯び違反 会社にバレますか?・・

先日同僚が酒気帯び運転でパトカーに捕まってしまいました。会社の名前は言ってないらしいのですが、バレたらクビ。どこの会社もそうでしょうが・・本人は会社にバレやしないかと結構憂鬱になってる様ですが実際どうなのでしょう。同僚だけに私も気になってます。どうかわかる方教えてください。

Aベストアンサー

我が社は解ります。
地域の警察に安全運転履行事業所の申請をしてます。
年に一度安全協会に年間の実績を問い合わせます。
そのため無事故・無違反なら会社から表彰されます。
後で調べられた時違反があって自己申告してないと注意勧告されるので
殆どの物が自主的に違反を申告してます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング