ヨーロッパ通貨が完全に統合されるのは2002年1月1日からだと聞いていますが、これによりもとの通貨たとえばフランスフランはどのようになるのでしょうか?
すべてがユーロに変わりフランはすべてその時のレートで両替することになるのでしょうか?
それから通貨統合に伴うユーロ対円、対ドルの動きはどのようねなると思われますか。
かなりの混乱を伴うと思われますが、皆さんの考えをお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フランス・フランやドイツマルクなど、ユーロ参加国の通貨のユーロへの交換比率は既に決まっており、その交換比率でユーロに交換されます。


年末の相場で交換するわけではありません。

海外取引実務では、既に各国通貨は原則ユーロ取引になっています。

為替相場も既に、円対ユーロ、ユーロ対ドルで取り引きされています。
ユーロからフランスフランへの交換、また、その逆は、決められた交換比率で既に交換が行われており、むしろ、ドル対ユーロ、円対ユーロがどう動くかがで、フランスフランの手取り額も変わってきます。

ユーロの価値=フランスフランの価値ですから。

従って、ユーロに切り替えられることによる為替相場の混乱は考えられません。

ただ、実際の日常生活では、通貨が替わることによる価値の判断で、多少の混乱が起こることは予想されますが。

来年1月1日以降は、札や硬貨も発行され、EU加盟国の固有通貨は無くなりますので、フランスフラン、ドイツマルクといった呼称は歴史から消えます。
尚、手持ち通貨のユーロへの交換は、1ヶ月程度の猶予期間が設けられる予定です。
    • good
    • 0

混乱しないための暫定期間が今ですし、混乱とかはそうないとは思います。

確かに何事も導入時の
混乱はつきものだと思いますが。ですから、対ドル・円の為替がどうこうといった問題はないかと
思います。日本から見た立場ですと、EU全域を商圏として取引があった企業は会計的な簡素化で
メリットがあります。しかし今までEU内にも経済力の差は当然あったので今まで安く取引できていた
国がユーロ高に換算すると割高になることもあり、戦略的なEU圏内での事業の統廃合などもする
必要も強いられるかと思います。いずれにしろ世界の基準通貨なので日本からみれば、システムを
合わせる必要を生じますよね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリアはユーロ通貨統合に参加できたのでしょうか

 テレビでユーロ硬貨の配付が始まったと報じられていました。
 ところで、イタリアはユーロ通貨に参加できたのでしょうか。

 確か、国の借金が対GDP比60%以下という参加条件が
あったと思うのですが、イタリアは110%くらいあったと
思うので。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「ユーロ統合のお知らせ」
このページに固定レートの表示もありますが・・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.citibank.co.jp/info/magazine/011002.html

Q通貨ユーロについて

現在、ユーロが日々市場で変動してるけど、ユーロが変動相場になったときの始値はいくらですか。ドルは360円というのは知っていたけど、ユーロについてがわかりません。すごく気になります。

Aベストアンサー

Naodon1020さんのご回答のように、ユーロは誕生時から変動相場です。
誕生時の相場は確か1ユーロ130円ちょっとでした。その後1ユーロ90円ぐらいまで円高ユーロ安が進みましたが、現在は1ユーロ110円くらいまで持ち直しています。

ユーロはいきなり登場したわけでなく、それ以前にEC/EUで存在したECU(European Currency Unit, エキュー)という通貨単位が前身になっています。ECUは仮想的な通貨で紙幣もコインも存在しませんでしたが、ユーロは実際に人々の間で流通するという点が大きく異なります。(ECUも最初から変動相場だったはずです)
ユーロ、ECUについては下記のページなどが参考になると思います。

「ユーロ」
http://www.tradition-net.co.jp/door/door_money/euro.htm

「ユーロについて」
http://pre.yamatake.co.jp/euro.htm

Naodon1020さんのお答えで「ユーロを構成する各国通貨(フラン、マルクなど)間のレートは・・・一定の幅に収まるよう調整されています」とあります。これに関し私の知る限りでユーロと各国通貨の換算割合は既に固定されており、となると各国通貨間の換算割合もユーロを介し自動的に一つに決まっているように思えるのですが・・・もし私が間違った理解をしておりましたらご指摘頂ければ幸いです。

Naodon1020さんのご回答のように、ユーロは誕生時から変動相場です。
誕生時の相場は確か1ユーロ130円ちょっとでした。その後1ユーロ90円ぐらいまで円高ユーロ安が進みましたが、現在は1ユーロ110円くらいまで持ち直しています。

ユーロはいきなり登場したわけでなく、それ以前にEC/EUで存在したECU(European Currency Unit, エキュー)という通貨単位が前身になっています。ECUは仮想的な通貨で紙幣もコインも存在しませんでしたが、ユーロは実際に人々の間で流通するという点が大きく異なります。(ECUも最初...続きを読む

Qアジアもユーロみたいに統一通貨にできるのか?

タイトル通りアジアもユーロみたいに統一通貨にできるのでしょうか?
少なくともオセオニア地域のところとか出来そうな気もしているんだけど・・。
但し、物価の差が激しすぎてやっぱダメかな?
もし、統一通過が誕生したとして通貨の名称は何になるんでしょうかね?
いろいろな意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

アジア通貨危機の時にアジアから一挙に資本が引き上げられました。そのせいでアジア各国の大半は一部の国を除いてマイナス成長になり、経済的な大混乱状態になったのです。石原慎太郎東京都知事はこれを「核兵器だ、欧米はアジアで核兵器を使用した」と断言しています。これはいったいどういうことでしょうか?

90年代はアメリカの規制緩和の圧力がいっそう強まった時期でもありました。アジアの経済学者でアメリカから帰ってきた人は日本人も含めて、アメリカの新古典派経済学を学んできた人々でした。かれらはアジアの母国に帰って、アメリカと同じ主張をしたのです。すなわち「はやく規制緩和するべきだ」と。タイなどではバンコック国際金融市場(BIBF)というオフショア市場を設立しました。これは今までよりも早く借り入れができ、資金調達を容易にしました。しかし、これには欠点があって、資本が出ていってしまった場合に多額の対外債務を負ってしまうのです。新古典派の経済学者は「自由な資本市場と自由な資本の流れが経済を押し上げる」と主張しつづけました。リカードの比較優位論に近い理論です。そしてアジア各国は金融市場を緩和しました。しかし、自由化された金融市場は不安定で、企業も政府も先の見通しが立てられないとともに、先に述べたように何より資本の流出が怖かった。日本ほどの安定成長期に入った大国ですら数十年をかけて金融業界の規制を撤廃しなければ混乱が起こると言われていたし、実際97年に金融ビックバンが行われた時も山一證券が破綻するなど大混乱になりました。アメリカやイギリスでは自国でじっくり時間をかけて緩和しておきながらアジアに対しては混乱が起こるのは重々承知の上で規制緩和を迫ったのです。ですから発展途上であるアジア各国が自由貿易をすると経済が混乱することは分かりきっていたことなのです。だからアジア各国が自由化するにはまだ時期が早く、しかも時期が来たとしても混乱しないようにゆっくり自由化するべきだった。私はこの考えの方が正しいと考えます。これはリストの保護貿易論に近い考えです。アメリカに留学してきたアジアの経済学者にアメリカの主張を叩きこみ、本国に帰して、本国でその主張を繰り返させたのです。その論理に説得力を持たせるためノーベル賞の経済分野では、そのほとんどを新古典派の学者にしました。ですからアジアでは内外から規制緩和の声が高まり、ついにそれを受け入れたのです。そして97年、資本は欧米各国によって意図的に引きあげられ、アジア各国は対外債務に苦しむことになりました。もともと流入した資本が短期資本であっていつでも引き上げられるところに危険があったわけですが、もっとタチが悪いのが、その後IMFが救済する代わりに求めてきた要求が「銀行その他の重要産業を買収すること」だったのです。これを少しでもさけるためにはアジアはペッグ制を維持しなければなりませんが、そのためには貴重な外貨準備を使わねばならず、外貨準備が底をつきれば信用がなくなり、さらなる資本の流出につながるとう悪循環に陥ってしまいました。結局、IMFの要求を飲まざるを得なかったのです。

日本はこのアジアの危機に対して、アジア諸国を救済しようと試みました。そうすれば金融的収縮はさけられ、不況から脱することも可能だったはずなのです。しかし、ワシントンが東京に待ったをかけたのです。東京が勝手に隣人を助けることは許さないと、はっきり伝えられたのです。つまりこれはアメリカが圧力をかけたということです。このことからも日本が独立国家でないことが分かるのですが・・。
しかも恐ろしいことに、インドネシアの企業を主として買収したのはオランダで、ベトナムはフランス、など、第二次大戦前後に植民地支配していた国がことごとく買収していったのです。もちろん日本がそれらの企業を買収することは許されないわけです。つまり、アジア通貨危機は、日本の影響力をアジアから排除するとともに巨額な資本を手に入れようとする欧米の戦略だったのです。

アメリカに裏切られたと感じだアジアの多くはアジアが結束すべきだと考えました。アメリカも南アメリカを中心に自由貿易圏を作っているし、ヨーロッパでも通貨統一まで自由貿易圏が発展しています。これはお互いが金融攻撃から守る手段でもありました。つまりこれをアジアでやろうとしたのです。しかし、アジアは比較的外部への輸出依存が高く、独自の経済圏を作りにくい状況にあるのは確かなことでした。アジアが欧米からの金融攻撃を守り、リスクを減らすには消費物資の輸出先が必要だったわけです。アジアの中でそれほど大きな市場は、GDPで世界第2位である日本のみなのです。つまり日本の「円」によって通貨を統一し、独自の経済圏をアジアで作り上げることこそアジア救済の道だったのです。マレーシアのマハティール首相は日本が円で自由貿易圏を作って欲しいと発言し、日本の旧大蔵省の「ミスター円」こと榊原氏はこの話しに乗り気で、具体的な作業に取り掛かろうとしましたが、ここでもワシントンから圧力がかかってきました。アメリカは日本がアジアで主要な役割を演じることを許さないというわけです。「円」によるアジア自由貿易圏構想は欧米と、正確には中国によってつぶされたわけです。

中国はアメリカから「円を中心とするアジア貿易圏構想をつぶさないか」と誘われ、これに乗った見返りに、中国にはアジア通貨危機の影響がないようにすることで同意していたのです。その証拠に中国は他のアジア諸国ほどGDPが減少していません。他の国はそのほとんどがマイナス成長だったのですから、中国の6~7%成長には疑問が残るはずです。

欧米の干渉がなければ統一通貨はできるというのが結論です。

アジア通貨危機の時にアジアから一挙に資本が引き上げられました。そのせいでアジア各国の大半は一部の国を除いてマイナス成長になり、経済的な大混乱状態になったのです。石原慎太郎東京都知事はこれを「核兵器だ、欧米はアジアで核兵器を使用した」と断言しています。これはいったいどういうことでしょうか?

90年代はアメリカの規制緩和の圧力がいっそう強まった時期でもありました。アジアの経済学者でアメリカから帰ってきた人は日本人も含めて、アメリカの新古典派経済学を学んできた人々でした。かれ...続きを読む

QEUの共通通貨ユーロの価値とは

小国ギリシャ一国の財政破綻危機がユーロの価値下落に直結する背景が分かりません。
日本では、夕張市が財政破綻しましたが、日本円の価値には何の影響もありませんでした。
それとどう違うのでしょうか。

そもそも一国の財政破綻が何故その国の通貨価値の下落に繋がるのかもご説明頂けると有難いです。

Aベストアンサー

EU各国の金融機関がギリシャ国債や関連債権を大量に保有しています。
「昨日まで資産とされていたものが明日から紙切れです」となるとEU各国の金融機関が大量の負債を抱えることになり、その事によって金融機関の倒産が相次ぐと見られています。そしてその金融機関が倒産したり倒産しそうになることで、お金の貸出が行われなくなったり、貸し剥がしが行われたりして、金融機関や企業の連鎖破綻が起こってしまいます。

現在は何とか連鎖破綻が起こらないように計画的デフォルト、計画的な負債の棒引きが行えないかとEUの高官たちが活発に動いています。

Qヨーロッパの通貨統合の歴史

ヨーロッパの通貨統合の歴史について詳しく書かれているページを教えてください。

Aベストアンサー

詳細なとはいきませんが、とりあえず、以下のようなサイトがありましたので、お知らせまで。(書籍だったら、専門のがあるんですけど・・・)


http://www.jal.co.jp/jalcargo/zine/382/supalogi.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報