地元の不動産(兼建設)屋に建ててもらった築6年の家です。2年目の点検で早くも外壁のコーキングにひび割れがあり、無料で補修してもらいました(2年間の保証あり)。しかし最近も相変わらずそのひび割れが顕著で、雨水が浸水(これは10年保証)するのでは?と不動産屋にクレームしたところ、中には防水用のシートがあるのでその心配はない!と言われてしまいました。ここで質問が3点あります。
(1)よその家を注意してみても我が家のような外壁の家はあまり見当たりませんが、このようなコーキングのひび割れは一般的なことなのでしょうか?
(2)中の防水シートで本当に雨水の浸水は防げるのでしょうか?また、シロアリの侵入等の心配はないのでしょうか?
(3)10年保証の雨水の侵入に関して、この不動産屋に消費者として正当に要求できることって何かあるでしょうか?
以上、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)コーキング材の材質にもよりますが、やはり経年劣化等のためコーキングの切れてしまう部分はあるかと思います。

なかなかコーキングの切れを発見するまでにいたる方が少ないため、通常は、雨漏れ等の発生したときに気がつく場合が多いようです。
また、お住まいの地域周辺の環境も多少関係あるかと思います。サイディングと、サイディングの間に目止め等の目的のためコーキング材を使用していますので、建物の揺れのためコーキング材が引き剥がされてしまう場合もあります。
(2)施工のしっかりしている建物であれば、壁貫通している電話線当の処理のきちんとしてあるかと思います。また、防水シートのつなぎ目もきちんとテープで目止めしてあることが一般的かと思いますが、建物の完成している今では、工事写真が残っているか、外壁材を剥がすかしないことには確認できません。
シロアリの進入は、ほとんど床下からのものになるかと思います。完全に進入を防ぐとすれば、基礎の通気口もつぶさないとならないと思いますが・・・。(多分土台の木材は、防蟻薬剤処理してあると思いますが・・・。)
(3)10年間保証の対象になっているのであれば、瑕疵保証の対象になるかと思います。保証書の内容に合致しているのであれば、修理を請求して問題ないはずです。

ちなみに、サイディング外壁の増える前の建物は、モルタル塗りのものが多かったため、外壁じゅうにひび割れが出来てしまい外観情欲内ということで、サイディングが主流になってきています。サイデイングは、ジョイントの部分に負担が掛かるためコーキングが切れてしまうということは、よく聞いたことがありますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
保証に関しては更に交渉中です。

お礼日時:2001/05/27 23:07

コーキング(普段シーリングとも言っていますので、以降シーリングと言わせてもらいます)には色々な種類(シリコン、ウレタン、アクリル、etc.)がありまして、使用場所によって使い分けなければなりません。

使い方が適正でないと、意味のないシーリングになってしまいます。
それから、シーリングは切れる(割れる、はがれる)物です。適切に施工された物でも10年以上もつものは、あんまりないと思います。(たしかシーリング材のメーカーは保証をしていないはずです)

igmpさん家の壁が金属サイディングと仮定してのお答えです

(1)ウレタン系のシーリングを使うと表面はひび割れてきます。(紫外線に弱い物ですから通常はシーリングの上に塗装や吹き付けをする場合に使います。)外壁の目地にそのままシーリングしてあるのならば、それはシーリング材の選定ミスということです。2年でひび割れ当然だと思います。

(2)サイディングの雨仕舞いは、通常目地をシーリングしなくても中に水が入らないようになっていると思いましたが、(サイディングの縦貼り横貼りの違いで変わってきます)収まり図を見ないことには何とも言えません。
それからシロアリですが、水が入らないのとシロアリが入らないのは全くの別物です。だってシロアリさんは地中に巣を作るんですよ。どこの家でもシロアリに進入される可能性はあります。ですから進入されても食われないように防蟻処理をするのです。

(3)10年保証って雨水の浸入に対しての保証ですか?でしたら雨が漏ったときに「無料で直して」って言えるとは思いますが、雨漏りしていないのであればむずかしいかな?と思います。

それから下の方が言っていることで、自分でシーリングをするのであれば注意点が二つあります。

1.既存のシーリングがシリコーン系(判断の目安としてはツルツル・テカテカしていればシリコーン系)ならば、新しいシーリング材のシリコーンでなければダメです。他の材料だとくっつきません。
2.既存のシーリングがシリコーン系でない場合、新しいシーリング材にシリコーンを使わないように。(お店ではシリコーンが一番安いのですが)何年後かにまた修理する時にシリコーンしか使えなくなりますし、塗装類が出来なくなってしまいます。(変成シリコーンならば大丈夫)

どうしても心配というなら、家を建てた会社と無関係な建築やさんに見てもらってはいかがですか?(お金はかかると思います)

ご参考までに。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳細なご回答有難うございます。
雨漏りに関しては、「雨水が侵入して室内仕上面を汚損し、又は室内にしたたるまで、基本性能を損なわれてはならない」と保証書に書かれていました。

お礼日時:2001/05/27 23:43

(1)について


コーキングをきちっとやってない場合やコーキング剤を適切な物を使用しなかっ た場合ひび割れが起きることがあります。
(2)について
防水シートで家の中には雨水は浸水しませんが、壁が腐ってくる可能性はあります。ひびの部分にコーキングをしたほうがいいでしょう。

不動産さんに要求しても修理してくれないようなら、自分でやってみてはどうでしょうか。コーキングもコーキングガン(コーキングする時に使う道具)もそんなに高価な物ではないんで。ホームセンターに行けば材質・色など種類も豊富です。コーキング1本500円程度、コーキングガンは1,500円前後で購入できます。両側に紙テープを張りコーキングしてヘラで撫でて紙テープを剥がせばOKです。ちょっと練習すれば出来ますよ。とりあえず不動産(兼建設)屋にもっと強く要求してみましょう。建設もやっている不動産屋なら自分の所の職人を出せばすむ事ですから。渋るようでしたら良心的ではないですね。参考にして下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございます。
自分でやることまでは考えていませんでした。
最悪の場合は検討してみます。

お礼日時:2001/05/27 23:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外壁 シーリングの 打ち替えをやりたくない!

家を新築してもうすぐ10年です。10年保障が切れるので、最後の(?)無料点検をしてもらったら、
外壁サイディングのシーリングを打ち直したほうがいいとのこと。
見積もってもらったら、なんと100万円弱・・・。
それだけのお金があれば家族みんなで海外旅行に行けちゃうじゃないですか!

ほぼ同時期に建てている周りの家を見ても全然メンテナンスしてませんし、シーリングがひび割れて防水シートが見えてる箇所なんてほんのちょっとなんです。

というわけでDIYで該当箇所だけ打ち増しし、あと5年はもたせてやろう思うんです。ネットで色々調べたんですが、シーリング自身で完全防水しているわけではないらしいのでこの程度の対策で大丈夫かと・・・。具体的な問題点が出たときに修理すればいいや!って感じです。

でも、そんな風に安易に考えるとあとでものすごく痛い思いをしちゃうのかな・・・とも心配なのですが、10年、20年とシーリング工事をしていない人いませんか?けっこういっぱいいると思うのですが。
皆様のご意見おねがいします。

Aベストアンサー

実家が建築板金をしています。私は継いでいませんが、何年かは手伝っていたことがありました。
>10年、20年とシーリング工事をしていない人いませんか?けっこういっぱいいると思うのですが。
いると思いますよ。高いですしね。シーリングがはがれたり、ヒビ割れてもいきなり、下の木材が腐食するとかはないです。放っておくとなりますけどね。ちなみに寿命ですが・・短くて5年、長くて15年ですね。施工状況・素材でだいぶ変わると思います。うちは築10年以上ですけど、特にやってません。最近、一部でひび割れが見られます。やるとしたら、実家に頼みますがw

>具体的な問題点が出たときに修理すればいいや!って感じです。
気持ちはわかりますし、たぶん私もそうですけど。
今回の件で具体的な問題点がでるとすれば、雨漏りとかです。横からなので、内部までしみ込むってことは、そうそうないでしょうけど。しみ込んできてたら、もうアウトですけどね。そこから腐るので・・一カ所とかなら、まだしも、広範囲であれば、問題起きた時はもう立て直すしかないと思いますよw

>シーリングがひび割れて防水シートが見えてる箇所なんてほんのちょっとなんです。
これ、きになったんですけど、どこの部分のこと言ってるんですかね?
サイディングとサイディングの繋ぎ目ではないですよね?繋ぎ目であれば、下にバックアップ材というものがあるはずなので、防水シートが見えるってことはまずないです。サッシとかの周りであれば納得ですけど。

どうしてもお金をかけたくないのであれば、やれる範囲でご自身でやるってのも手ですけどね。
その辺のホームセンターでシーリング・ガン・養生テープ・パテ買ってきて、ひび割れしている箇所だけをやるとか。
やる時は、上から塗る前に一度シーリング材をカッターなりできれいに削ってからなのかな?その辺はまた調べてください。
全部やるとなるとかなりの大仕事になるので、足場等を組まないとやってられないですが・・その時は業者に頼んだ方がいいです。
家は大切なものなので、しっかりとしたメンテナンスした方がいいのは事実ですが、ご自身のお財布と相談して、立て直すのか、リフォームして、長く住むのかをご検討されるのがいいかと思います。

実家が建築板金をしています。私は継いでいませんが、何年かは手伝っていたことがありました。
>10年、20年とシーリング工事をしていない人いませんか?けっこういっぱいいると思うのですが。
いると思いますよ。高いですしね。シーリングがはがれたり、ヒビ割れてもいきなり、下の木材が腐食するとかはないです。放っておくとなりますけどね。ちなみに寿命ですが・・短くて5年、長くて15年ですね。施工状況・素材でだいぶ変わると思います。うちは築10年以上ですけど、特にやってません。最近、一部で...続きを読む

Q家の外壁のコーキング補修

家の壁(サイディング)の目地が経年劣化で傷んできました。築12年の建売で、日当たりは超良好です。古いコーキングが剥がれてくるほどではありません。亀裂や肉やせなどです。

去年の春、全ての目地ではなく、一部だけ、主人(建築関係ではありません)がホームセンターで、ガン式のコーキングを買ってきて上から増し打ちをしましたが、今年、チェックしたら、もう傷んでいました。(コーキングは、もともとホームセンターで取り扱っている種類も限られてる中、DIYアドバイザーに聞いて、コーキングの種類を決めました。)
それで、またコーキングを上から増し打ち(今度はたっぷりめに)をしたのですが、1週間も経ってないのに、もうすでに肉やせ等の状態です。

・ホームセンターで売っているコーキングではだめなのでしょうか?
・やはり業者に発注して、古いコーキングを取り除いてから、打ち直ししてもらった方がよかったのでしょうか?

我が家は、実現できるかどうかわかりませんが、向こう3~5年以内に転居を希望してる為、新居の方にお金を貯めておきたいので、今回は業者に依頼しませんでした。
悩んでおります。
参考にさせていただきたいので、アドバイスお願いします。

家の壁(サイディング)の目地が経年劣化で傷んできました。築12年の建売で、日当たりは超良好です。古いコーキングが剥がれてくるほどではありません。亀裂や肉やせなどです。

去年の春、全ての目地ではなく、一部だけ、主人(建築関係ではありません)がホームセンターで、ガン式のコーキングを買ってきて上から増し打ちをしましたが、今年、チェックしたら、もう傷んでいました。(コーキングは、もともとホームセンターで取り扱っている種類も限られてる中、DIYアドバイザーに聞いて、コーキングの種類...続きを読む

Aベストアンサー

ネット上には色々な情報が溢れています。本業からすれば嘘になる情報が多いです。その中から本当の情報を探すのは大変な作業になります。

まずお宅の施工方法は、すぐ亀裂が入っても当たり前の施工方法でした。

またタップリに施工しても、肉痩せするコーキング材を使ったのですから当たり前に痩せたのです。

コーキングが完全硬化しても体積現象が無い商品があります。
http://www.autochem.co.jp/shohin/shohin_sealingzai/S_siding.html

ホームセンターで購入するよりネットで購入した方が、まだ良かったかもしれません。

本来素人さんの施工でもコーキングは、お金が掛かる訳ではないので、コーキングは出来る限り撤去して、綺麗に養生をして専用のプライマー(接着剤)を塗り、サイディング用のコーキングで施工するべきでしょう。撤去した分だけコーキング材料は使うでしょうが、それは必要な事です。

業者が施工する時は、コーキング材の完全撤去、コーキングを打つ前に隠れて見えなくなる部分にコーキングの2面接着用テープか、バックアップ材を入れます。それから、コーキングの為の養生テープ貼り、専用プライマーの塗布、仕上げに塗装をしないのであれば、普通のサイディング用変成シリコーン。塗装をするのであれば、ノンブリードのサイディング用変成シリコーンを使いコーキングをします。

ネット上には色々な情報が溢れています。本業からすれば嘘になる情報が多いです。その中から本当の情報を探すのは大変な作業になります。

まずお宅の施工方法は、すぐ亀裂が入っても当たり前の施工方法でした。

またタップリに施工しても、肉痩せするコーキング材を使ったのですから当たり前に痩せたのです。

コーキングが完全硬化しても体積現象が無い商品があります。
http://www.autochem.co.jp/shohin/shohin_sealingzai/S_siding.html

ホームセンターで購入するよりネットで購入した方が、まだ良かったか...続きを読む

Q外壁のシーリング/瑕疵担保責任に相当するでしょうか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4421747.html
上記の質問の続きになりますが、よろしくお願いいたします。
新築から4年目になる住宅の外壁シーリング材が、全て剥離したことについて、今後の処置で悩んでおります。

その後、工務店・資材の卸業者・担当設計士に現物を確認して貰いました・

来週に、今後の対応について直接会って話し合いを行う予定なのですが、それぞれと何度か電話で話をした内容から、感じたことは、シーリングに問題はなく、瑕疵担保責任に当たらないと言う見解でした。

現状を下記にまとめます。
●引渡時(4年前)に、瑕疵担保責任について確認しましたが、『しっかり対応します』と言われただけで、書面による約束をお願いしましたが、拒否されました。しかし品確法については、認識しておりました。
●工務店と、引渡後も良い関係を築きたかったのですが、軽微な不備や直しについて、連絡をしても、全て無視されてきましたので、今後、関係を回復するのは困難と思っています。
●今回の苦情について、資材卸業者が工務店に呼ばれたのは、使用した外壁やシーリング材に問題はなく、経時劣化するものを引渡時に説明していなかったが、3~5年で劣化する場合もあり、瑕疵に相当しないとの説明をするためでした。
●実際のシーリング施工は、工務店の従業員(大工)が施工し、バックアップ材などは使用されず、3点接着であったことが判明しました。
(この施工についても、問題がないとの話をされています。)
●設計士は、工務店との付き合いが多いため、工務店に強く言うことが出来ないようで、今回の話し合いからは、離脱することになりました。
●工務店は、本件が、瑕疵に相当しないとの見解で、無償での修理を行うつもりは無さそうです。
●外壁は、松◯の窯業サイディングと純正の変性シリコーンのコーキング剤を使用しており、プライマー剤も付属品を使用しており、材質に何ら問題はなく、万が一雨などが浸入しても、防水シートがあるので、大丈夫との説明。

私としては、シーリング材の剥離は、未熟な作業員による3点接着が原因であり、完全な施工ミスと考えており、瑕疵に相当すると考えています。
工務店で、しっかりした施工ができないのなら、シーリング専門業者に再施工をしてもらって、その費用は工務店が負担するのが望みですが、今までの工務店の対応からは、非常に難しい状態です。

公的なの相談窓口にも問い合わせをしましたが、裁判以外は強制執行力がないことを告げられました。

以上が背景です。
3点接着は瑕疵に相当するでしょうか?
また、対応について、他に良い方法はあるでしょうか?
防水シートが貼ってありますが、サッシ回りや防水シートを抑える木材や母材には、影響が大きいと思っています。
良いお知恵がありましたら、よろしくお願いいたします。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4421747.html
上記の質問の続きになりますが、よろしくお願いいたします。
新築から4年目になる住宅の外壁シーリング材が、全て剥離したことについて、今後の処置で悩んでおります。

その後、工務店・資材の卸業者・担当設計士に現物を確認して貰いました・

来週に、今後の対応について直接会って話し合いを行う予定なのですが、それぞれと何度か電話で話をした内容から、感じたことは、シーリングに問題はなく、瑕疵担保責任に当たらないと言う見解でした。

現状を下記に...続きを読む

Aベストアンサー

品確法では雨水が浸入した場合ではなく
雨水の浸入を防止する部分と謳っているので
直接雨水が浸入していようがシートがあろうがなかろうが
雨水の浸入を防止するための部分であれば10年対象ではないですか?
まさしくコーキングはそれにあたるのではないでしょうか。

あと仮に品確法を抜きにしても
引渡しから2年と言う特約があれば別ですが
約款等が交わされていないのなら
民法がそのまま扱われることになるはずです。
民法での瑕疵修補請求は引渡しから○年ではなく
買主がその瑕疵を知った時から1年以内です。
つまり4年たとうがその瑕疵を知った時から1年以内に
請求すればいいのです。
いちど内容証明郵便でその旨送られたらどうですか?

Qコーキング打ち替え費用

建坪25坪、木造2階建て、サイディングのコーキング打ち買え費用(コーキングのみでサイディングの再塗装等なし)ってだいたいいくらくらいですか?

Aベストアンサー

建坪25坪、木造2階建て
9100×9100 軒高5400の所謂総二階建てのカタチとして。
仮設足場 190m2 ×650=123,500
既存シーリング撤去(劣化したシーリング材に新設のシーリング工事を施しても耐久力に難があります。)変成シリコン材での打ち直し。
外壁目地、開口廻り、軒天廻りの各部位 約300mとして
撤去作業費300円/m  新設シーリング500円/円
300m×800円=240,000ー 
仮設足場代、産廃処分費、シーリング工事 消費税込み合計400,000円
工期は約5日
これくらいかかるはずです。

Qコンクリート割れの補修方法について

 初めて質問します。素人なので、よくわからないため教えて下さい。
家の玄関先がコンクリートでやってあるのですが、所々割れてえぐれたりしていて、歩くときにへこみに足をとられて転びそうになります。
 コンクリートは、あとから付け足して盛り直しても、くっつかなくて、またすぐ取れてしまうと聞いたことがあります。
 コンクリートを全部はがして塗り直す予算がないので、素人が日曜大工程度で補修できる方法はありますか。
 くぼみに埋める物はコンクリートでなく、別の素材でもいいです。
何か方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ご質問のような場合ですと、大きくはつって範囲が大きいところは差筋などを使うなどしてコンクリートかモルタルを流し込んで補修するのが基本です。
モルタルの方が接着強度があり、樹脂を混入させた接着性の良い樹脂モルタルというものもあります。(その分高い)
安価に済ませるのでしたら、モルタルに混入させる樹脂も売られています。

施工時には必ず事前に既存のコンクリートをよく水でぬらして行います。(でないとコンクリートに水がすわれるので、きちんと硬化せず、剥離します。

はつらなければならない面積が広く大変であれば、ホームセンターからハンマードリル等を借りてください。

多分それが一番安価だと思います。

Q外壁塗装は必ず必要ですか?

築15年の軽量鉄骨住宅に住んでいます。外壁、瓦の塗装のセールスが多いのですが、迷っています。10年ごとにと良く言われますが、必ず必要でしょうか?同時期に同じメーカーが建てた家が10棟ありますが、半分以上は1回は塗り替えを行っているようです。定期的な塗り替えが良いことは分かりますが費用の問題があります。
たとえば、40年で解体するとして、その間に4回塗り替えをするのか、1回で済ますのか。1回100万円としても大きな差ですよね。雨漏りなどのトラブルが発生しなければ、なるべく少ない方がいいと思うのですが。近所には、私が小さい頃から1度も塗り替えなどしていないだろうと思われる木造住宅も結構あると思うのですが・・・・
我が家は現在、ひび割れなどはありません。目地部分はだいぶシワシワな感じになっています(ここから雨水が浸入してと言われたことがあります)。雨漏りなどは全くありません。出来れば先延ばしにしてトータルの回数も減らしたいのですが・・・
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

親が大工しています。
実感としては#5さんに近いと思います。
但し建てられた家の状態がわからないのでなんともいえません。
ローコストで建てた場合は比較的早い頻度でしたほうが良い傾向にはあると思います。
リフォームやさんは外壁塗装は変化がわかりやすく費用もかさみ
かつうまみも大きいのでねらい目なのかなと思います。
リフォーム屋さんのお勧めの1.5倍の周期まではまあ大丈夫でしょう。

それより雨漏りやそれ以外の快適性に直接かかわらない部分、眼に見えにくい部分のチェックを大工さんに見てもらったらどうでしょうか ?
お近くに知り合いの大工さん(うでの良い)はありますか ?

ちなみに我が家の外壁は50年間塗装はしていませんまたまだいけそうです。塗ってもいいのですが古くなってきた感じが消えてしまうのが惜しい。

Q古いコーキングのはがし方

風呂場のリフォームをします。古いコーキングをはがして新たにコーキングしなおします。カッターでこすってみました。できなくはないのですが、手間がかかる割りにきれいに取りきれません。すばやくきれいにできる方法があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

どのような種類のコーキング材が使われているかによっても違いますが、
建材店などで主に売っているのは「シリコン」(変性ではありません)。油分が強いので、これが使用されていた場合には、
再度同じ材料でないと「ハガレ」てきます。
プライマーなんて下地処理剤はありますが、再度「シリコン」の使用がよいと思います。
同じ材料なら、多少はがし残しがあってもシールできるはずです。

古いコーキング材は、例えば壁とコーキング材の取合い部(両側)をカッターで分断するように刃を深く入れれば
引き剥がすように引っ張って取れるはずです。

素人がやるとこりゃまた失敗しやすい。テープで養生したり、ヘラで押さえると表面が波打ったり、
面白そうだけどけっこう面倒。
シリコンは硬化が比較的早いので、「ゆっくり」はできません。
ガンバロウ!

Q家でミシッとかバキッという音はしますか?ラップ音?

今まで、色々引越しましたが木造の家でもマンションでも
ミシッとかバキッという音がしました。
それがラップ音なのでしょうか?
江原さんいわく、ラップ音によって色々メッセージがこめられているらしいですが
私はどこの家でもすると思います。
今まで、3人くらいの人に聞きましたが、しない。といわれました。
私は、聞いているけれど慣れてしまっていてわざわざ意識していないんじゃないかと思っています。
鳴るときは良く鳴るし、鳴らないときは鳴らないという感じです。
私も差ほど意識はしていませんが、ずっと不思議に思っています。
家のきしみの音ってどこでも鳴るんじゃないでしょうか?
みなさんはどうでしょう?
もし、本当にメッセージなら少し意識してみたいと思います。

Aベストアンサー

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側は内側より縮もうとする力が働くので、耐えられず表面の部分が割れてしまうのです。
樹種によっても違いますが、たとえばスギの場合、最も深い割れでも表面から4分の1位までのはずです。
そして、木材が1~2シーズンを経験すればたいてい落ち着いて、割れの音もほとんどしなくなると考えられます。

コンクリートのマンションの場合も床がフローリングであれば床鳴り、クッションフロアーや畳でも下地が木であれば同様に音はしますよ。

 主要因はこの辺にあると思います、ただし、もしほとんど木を使っていないコンクリートマンションでしたら?ですね。(断面詳細図でも見ないと確認出来ませんが)

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側...続きを読む

Q変性シリコン(コーキング)材料は各社から販売されていますが、どのメーカ

変性シリコン(コーキング)材料は各社から販売されていますが、どのメーカーのものが一番良いのでしょうか? ALC住宅のリフォームに使用し上から塗装します。
セメダイン、信越などがホームセンターで売ってますが、オート化学工業のオートンウェルシールとか、横浜ゴム(株)のハマタイトというようなものを職人さんが使っていたのを見たことがあります。
やはりプロはホームセンターで販売してるような物は使わないのですか?
どこで入手するのでしょう? 品質が良い物が欲しいのですが。

Aベストアンサー

元防水屋です

変成シリコーンには1液(そのまま使う)と2液(主剤と硬化剤を混ぜて使う)があって大型の建築物はほとんど2液タイプを使います。経済的なのはもちろんですがヘラで押さえたとき、はみ出た材料をまた
ガンに詰めて使うことができます。1液のカートリッジではちょっと難しいですね。
大型の建築物で使われている2液変成シリコーンの7割くらいは横浜ゴムの“ハマタイト”だと思います。実際他のメーカーより使いやすかったです。ですが、専用の混練機が必要になります。棒やヘラで混ぜることもできますが熟練しないと硬化不良を起こす可能性大なのでオススメできませんね。

1液タイプはあまり使うことは無かったですが(何しろ値段が高いので)使うときはセメダインの“POSシール”を使うことが多かったです。1液タイプの変成シリコーンは作っているメーカーが少なく、ほとんどセメダインのOEMだと思います。カートリッジ先端のノズルの形がみなセメダインと同じですから。
硬化後の性能はどちらも変わらないと思います。ですが、1液タイプは硬化後少し体積が減ります。ALCだと目地が割りと太いので意匠的に見せるため多少目地が凹んでいたほうがいいかも知れません。

シールの打ち変えは旧シール材をできるだけ綺麗に取り除くこと プライマー(接着増強剤)をきちんと塗るを忘れないように...


ガンバッテくださいね

元防水屋です

変成シリコーンには1液(そのまま使う)と2液(主剤と硬化剤を混ぜて使う)があって大型の建築物はほとんど2液タイプを使います。経済的なのはもちろんですがヘラで押さえたとき、はみ出た材料をまた
ガンに詰めて使うことができます。1液のカートリッジではちょっと難しいですね。
大型の建築物で使われている2液変成シリコーンの7割くらいは横浜ゴムの“ハマタイト”だと思います。実際他のメーカーより使いやすかったです。ですが、専用の混練機が必要になります。棒やヘラで混ぜることもで...続きを読む

Q家の床が鳴ります。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めてもらったものの、また今も床が「ギギィ」と鳴っています。
こちらも何度も連絡するのが面倒なので、しばらく放っていましたが、静かにしていると結構音が響くので、こないだ不動産会社に電話をしました。
するとまた「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

木造の家って本当に床が鳴るものなのでしょうか?
それとも建築に何か問題があるのでしょうか?(その会社の工法は、床板を完全に乾燥仕切ってない状態で建てていくので、音がすると言われてました)
住宅の鑑定士のような人に相談するのが一般的ですか?

建築には全くの素人なのでよく判りません。
ご存知の方がおられましたら、回答よろしくお願いいたします。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めて...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木を配置します。(小骨だと思ってください)
3:その上に荒床を(だいたい1.2センチ厚ぐらいの合板が多い)敷きます。
(じゅうたんの場合はこの上に直接貼ってしまいます)
4:フローリングの場合は言わばじゅうたん代わりですので、この上にまた品物によって色々ですが1.何センチ程度の化粧板が敷きこまれます。
…ということは、骨組みである1と2の間はかなりきっちりしてるので鳴ることはあってはならないのですが、2と3や、3と4の間というのは季節による膨張縮小などで隙間ができたりするとぎしぎし鳴る場所となります。
(これゆえに木造の床は必ず鳴ります、という返事になるわけです)

ところで心配なのは、なぜ鳴るのか?という原因ですよね。
骨組みと無関係な2と3、3と4の間で鳴っているのであれば、単に音が耳障りだから止めれば良い、という程度の考えでかまいません。
(とくに季節・湿度によって鳴る時期が決まっている場合)
しかし、たとえば家具や重いピアノなどをどすん、と置いてしまったことによって、小骨の根太がぽきん、と折れてしまうようなこともたまに起こります。
そんな場合にはきちんと修繕してもらうことが必要になります。
体重のある大人が、問題の位置で「うん、うん、」と力を入れて床を踏みつけたときに、ゆさゆさするようであれば、根太が折れているようなことが大体わかります。
または、お台所の床下収納があれば、そこから実際に潜って、問題の場所まで匍匐前進して実際に確かめてみることが出来ればそれが一番です。
(メモ用紙とカメラを持っていくといいです)
根太にひびが入っていたら、要修理ということがわかります。

>住み始めて3ヶ月くらいして

という時期から考えますと、乾燥していく経過で、施工時にはぴっちりしていた継ぎ目が、乾燥からすこしずつ隙間があいて音がするようになっているのではないか、と大抵考えられそうです。
新築当初の数年間は、天井裏からいきなり「バリっ!!」とか、誰もいないはずの二階で「どーん!」と家が壊れそうなすごい音もします。
これは大きな梁が乾燥収縮で亀裂が入る音ですが、建築基準法で定められている梁のサイズは収縮亀裂が入ることを前提としたサイズで考えられていますので、「新築の音」を楽しむようにしてみてください。

フローリングの床のぎしぎしが、季節・湿度とは無関係に続くが、床下に潜っても割れはないし、大人がずんずん踏みつけても特にぶよぶよすることもない、という場合は本当に単なる「うぐいす張り」です。でも気持ち悪いですよね、そういう場合には、問題になっている継ぎ目が確定できればそのところに水で薄く溶いた木工用ボンドを筆先や注射器などですーっと浸透していくように吸い込ませてあげると治ってくれます。これはすきまの状況によっては日を変えて3~4回ぐらいやってあげないと吸い込みきれないですが、そんなことでも改善してくれます。

(コニシボンド「フロアメンダー」という商品名でも同様のセット商品として販売されていますが結構高いので、私は水溶きボンドで安上がりに済ませています)

いずれにしましても、床下にもぐれるようでしたら、問題の個所を下から自分の目でしっかりのぞいてみて、ご家族で協力しながら上からふみつけてもらいながら下からチェック、ということをして納得してみるとよろしいと思います。

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報