[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

ここ2-3ヶ月 ヒロボーXRB からハイテックのシングルローター室内ヘリを楽しんできましたが、よくある屋外で飛ばしたいと思うようになり シングルローター小型ヘリを屋外でとばしたら、ほんの多少な風で流されどうしようもないことになりました。私は、60才前で、今後、3Dとか背面飛行等考えていませんが、屋外でそこそこ普通に飛ばす事ができるものありますか?たとえばハイテックのソロプロ228とか今度でるソロプロ230とかどうなんでしょう?
アドバイスお願いいたします。

A 回答 (1件)

私もラジヘリを始めて半年程経った者で、フライバーレスの固定ピッチから始めて、現在は可変ピッチ機で上空飛行を恐る恐る飛ばしています。

ご記載のモデルは全く分かりませんが、自身の経験(少ない)では固定ピッチ機でもローター回転が速い機体は小型でも少々の風でも平気でした。固定ピッチでは私はワルケラのスーパーFPと言うモデルを飛ばしています。可変ピッチであればどんなモデルでも風の影響は少ないと思います(勿論大型の方が安定する)大型でも、固定ピッチでローター回転が低いモデルは微風でも流されてしまいます。海外のワルケラと言うメーカーしか知りませんが、安いし、部品供給も安定していますので国産に拘らなければ一度ワルケラを飛ばしてみては如何でしょうか?特にマスターCPと言う6CH,6軸ジャイロのフライバーレス機はお勧めします。初心者の私でもそこそこ短時間でホバリング卒業ができました。全長45Cm位で手ごろな大きさです。3D飛行に拘らなくても、可変ピッチは飛ばし易いし、操縦を覚える早道だと思います。

参考URL:http://mvsica.sakura.ne.jp/fwind/mastercp/index. …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電動ヘリコプターのバランスバーについて

こんばんは.
先日おもちゃのラジコンヘリを買ったのですが,プロペラの上でまわっている棒状のものの効果が分かりません.バランスバーと呼ばれるものらしいですが,実際のヘリコプターにはついてませんよね?一体何の為にあるのでしょうか?用語からしてバランスを取っているのだと思いますが,なぜこれがバランスを取るのに効いているのかが知りたいです.

以下のリンクのようなものです.http://www.rc711.com/shop/balance-bar-for-wltoys-v911-4ch-micro-helicopter-p-5805.html

お返事おまちしています.

Aベストアンサー

>バランスバーと呼ばれるものらしいですが
リンク先ではそう言っていますが、実機では通常「スタビライザーバー」と
いう名称で「安定棒」と訳されます。ラジコンヘリでは同じか「フライバー」
とも呼びます。屋外サイズのラジコンヘリではここが単なるオモリでなく舵面
を兼ねている方式の方が一般的です。最近では3軸ジャイロを搭載し、このバー
を廃したものを「フライバーレス」あるいは単に「バーレス」と呼びます。

>実際のヘリコプターにはついてませんよね?
「最近の」有人実機に無いだけで、全てが機械的に行われる旧式の実機ヘリ
にはあります。ベル47等がそうです。写真で解ります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB47

>一体何の為にあるのでしょうか? 用語からしてバランスを取っているのだ
>と思いますが,なぜこれがバランスを取るのに効いているのかが知りたいです.
一本の軸に取り付けられ回転する物体は、遠心力でその軸に対し直角な回転面を
維持しようとします。オモリが先端についたバーが回ると、この働きでメイン
ローターの軸であるマストに直角になろうとします。これを機械的にメイン
ローターの「サイクリックピッチ」を変更するようにすると、結果的に機体
に対しメインローター面を直角に保つことになり、機体姿勢安定を得ます。
サイクリックピッチの働きについて以前別カテゴリーで書いたことがあります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5895586.html

尚、小型室内ヘリでは理論上のジャイロの摂動による90°のサイクリックピッチ
の遅れ・進みよりもずれて起こる、というヒロボーの特許理論によりこのバーと
メインローターが45°程ずれている方式が採用されることが多くなっています。

これが無いものは電気的にこの役目を擬似再現しています。メインローター
が2枚でも無いもの、3枚以上のものはすべてこの電気的な安定装置で
「機体の前後左右に傾く角加速度」をゼロにする補正を加えることで
同様の安定をはかります。メリットは余計な質量や空気抵抗を持つもの
を回転させずに済むことです。

屋外サイズのラジコンヘリではオモリが舵面になったものが主流で、この場合
は舵面を「コントロールパドル」とも言い、サイクリックピッチ変更をメイン
ローターとこのパドルの両方で行う「ベル・ヒラー方式」になっています。
これは実機のベル方式とヒラー方式の混合版で、実機にはありません。
考案したのは日本人ですが、模型ではこの方式が長らく使われてきました。
近年多くなって来たのが機首回転(ヨー方向)を安定させる1軸ジャイロに
加え3軸の方向安定を電気的に行う「3軸ジャイロ/バーレス」機ですが、
20%程度駆動パワーを節約出来ると言われ、ローターヘッド構造が簡素化
できます。フライバーによる機械方式に比べ少々操縦感覚が違ってきますが、
急速に普及して来ている状態です。

>バランスバーと呼ばれるものらしいですが
リンク先ではそう言っていますが、実機では通常「スタビライザーバー」と
いう名称で「安定棒」と訳されます。ラジコンヘリでは同じか「フライバー」
とも呼びます。屋外サイズのラジコンヘリではここが単なるオモリでなく舵面
を兼ねている方式の方が一般的です。最近では3軸ジャイロを搭載し、このバー
を廃したものを「フライバーレス」あるいは単に「バーレス」と呼びます。

>実際のヘリコプターにはついてませんよね?
「最近の」有人実機に無いだけで、全てが...続きを読む

Qヘリコプターが揚力を得る仕組みに関してです。

ヘリコプターが揚力を得る仕組みに関してです。

先日以来お世話になっております。
飛行機が揚力を得る仕組みは、我流でなく、キレイな言葉で、簡潔に書きますと、

飛行機の場合はカマボコ型した翼の上下の空気の流れる速度により生じる気圧差によって揚力を発生させ飛ぶ仕組み、とシロウトの私がサイトで調べ上げて達した結論です。他にも、羽根を上に持ち上げる、つまり揚力を得るために、機体の横から見ると、羽根が前部分が上、後部分が下になるように、機体に斜めに付ける必要がありますが。

ここでギモンです。

ギモン1
この飛行機の揚力を得る仕組みが、ヘリコプターではプロペラが機体の上に付いている事により、同様のことが生じて揚力を得て上昇していく。前進はプロペラ自身を前に傾ける必要が、後進はプロペラ自身を後に傾ける必要がある。

とまあ、学生時代に、物理の「ぶ」も学んだことのないシロウトの私が、かなり省略、簡潔に理解したものです。

合っているかどうか、ご指導、ご教授お願い申し上げます。

実は別のサイトに投稿したところベルヌーイの定理が該当するのか、否かで論争が始まりました、でここに逃げてきました。サスガにシロウトではそんな高度な理論が合ってるのかどうかわかりません。ベルヌーイの定理が合っている、と言う人は私の意見は合っている、という回答もいただきました。

ヘリコプターが揚力を得る仕組みに関してです。

先日以来お世話になっております。
飛行機が揚力を得る仕組みは、我流でなく、キレイな言葉で、簡潔に書きますと、

飛行機の場合はカマボコ型した翼の上下の空気の流れる速度により生じる気圧差によって揚力を発生させ飛ぶ仕組み、とシロウトの私がサイトで調べ上げて達した結論です。他にも、羽根を上に持ち上げる、つまり揚力を得るために、機体の横から見ると、羽根が前部分が上、後部分が下になるように、機体に斜めに付ける必要がありますが。

ここでギモ...続きを読む

Aベストアンサー

「揚力発生の仕組み」と「ヘリコプターの前進飛行の仕組み」の2つが含まれてる訳でしょうか。

>ギモン1
>この飛行機の揚力を得る仕組みが、ヘリコプターではプロペラが機体の上に付いている事により、
>同様のことが生じて揚力を得て上昇していく。前進はプロペラ自身を前に傾ける必要が、後進は
>プロペラ自身を後に傾ける必要がある。
言葉の遊びにはなりたくありませんが、「プロペラ(propeller」は主に「推進する(propel)」ためのもの
に対して使い、ヘリコプターのメインローターは主に「揚力(lift)」を発生させるためですので、
この呼び方は使いません。しかし「メインローター推力」という言い方もするのは事実です。

ヘリコプターの揚力発生を飛行機の主翼と同じ原理として説明することは可能です。この場合、
翼素理論という考え方であり、回転するローターを、細切れの主翼断面が集まったという風に
考えます。飛行機の揚力の式は L =1/2 x ρ x V^2 x S x CL ですが、前回
に書いたように同様の式でヘリコプターの揚力も計算可能です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6100396.html
他にここにも書いたように、運動量として説明することも出来ます。どちらも間違いではありません。
ヘリコプターのメインローター翼型の多くは実はカマボコ型ではありません。上下の曲面が等しい
対称翼型、あるいはこれに近い半対称翼型です。これが揚力を発生する説明は飛行機の揚力
の原理として別に調べて下さい。

ベルヌーイの定理と揚力の説明に関し、近年になって疑問を投じた人が現れて話題になった事は
知っていますが、私は、これは一般に広まった誤解を利用してさらに誤解を生む様に仕組んだか、
あるいは一般の「常識」に一石を投じるためのある種のパフォーマンスだと思っています。
「航空力学ではベルヌーイの定理で揚力発生を説明している」と聞くと、空力を系統的に学んだ事
の無い多くの人は、そういえばカマボコ型の上下を流れる空気の流れと上面の負圧で説明された
と思い込み、これが航空力学上の揚力の説明だと錯覚します。ですが、揚力の説明を数行で終わ
らせているような入門書でない限り、ベルヌーイの定理だけで説明している教科書も専門書も存在
しません。ここが誤解の始まりです。
さらにここで「ベルヌーイの定理では説明してない・説明出来ないことがある」として、他の説明を
主張すると、こっちの方が正しいのだと信じてしまう人も現れます。第二の誤解が生まれたのです。
本来、A⊂B であって A≠B であるものを、一般に A=B だと錯覚していることを利用し、
A≠B なのだからと、A=B ではなく 自分の言う C=B が正しい (A⊂B でもあり C⊂B
でもあるにも関わらず)と主張しているだけの話なのです。

このように論争するほどのことでもないのですが、従来からの概念を覆した、という錯覚に落とす
点が興味を引いて、多くの人が勘違いしたまま、さらに曲解を信じさせられたというところです。
「複数の盲目の人が象の一部を触った感想」の話みたいなものです。互いに自分の知っている
事が象の全てで、他人の言っていることは間違いだと主張して決着がつくことはありませんが、
「引き」で象全体を見ることが出来ればどれも間違ってないと簡単に解ります。

前・後進することに関してはその理解で合っています。実際に飛行するヘリコプターを見れば、
前進開始時に前につんのめってる感じですが、これはローター面を傾けた結果です。
このローター面を傾ける「サイクリックピッチコントロール」の原理は別回答で以前書いたことが
あるので見て下さい。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5895586.html

他の方で、勘違いされてるのではないかと思うのですが、ピッチを増して揚力を増やすのは
前進時は「後退する側のローター回転面半分(右回転なら右半分)」であって後ろ半分ではあ
りません。また、ローターヒンジ形式がシーソー、無関節、全関節、いかなるものであろうと
ジャイロの摂動原理は同じで必ず90°ずれて作用します。

「揚力発生の仕組み」と「ヘリコプターの前進飛行の仕組み」の2つが含まれてる訳でしょうか。

>ギモン1
>この飛行機の揚力を得る仕組みが、ヘリコプターではプロペラが機体の上に付いている事により、
>同様のことが生じて揚力を得て上昇していく。前進はプロペラ自身を前に傾ける必要が、後進は
>プロペラ自身を後に傾ける必要がある。
言葉の遊びにはなりたくありませんが、「プロペラ(propeller」は主に「推進する(propel)」ためのもの
に対して使い、ヘリコプターのメインローターは主に「揚力(lift...続きを読む

Qラジコンヘリでラダーのハンチングでの止め方。

当方SDXを楽しんでいる者です。
新品で購入してラダーの調整をホバリングから行っておりますが
プロポーでジャイロ感度を高く設定すると激しくハンチングを起こします。そのため
プロポで50パーセントまで落とさないとハンチングが収まりません。又ラダーのホーンを短くしてもあまり変わりません。
対策を教えてください。
使用機材は以下の通りです。
プロポ-JR-DSX-9
サーボ-DS-8900G
ジャイロ-G-7000T

Aベストアンサー

ヘリを飛ばして10年の者です。
ホバリングの回転が高すぎるのが原因です、もっと下げてください。最近の50ヘリは説明書通りにデータを入力すると回転が高めになる傾向があります、デュアルレートも少し下げてもいいと思います。サーボホーンは説明書の指定通りに戻してください。前の方が回答している様に説明書の数値に拘る必要はありません、あくまで自分の飛ばしやすいように調整してください。アイドルアップ時の不具合は出てないのですか?
クラブには入会されてないのですか、クラブの先輩方に尋ねた方が詳しく教えてくれると思いますが。

Qリポバッテリーの充電について

リポバッテリーの充電について

電動ヘリを始めるのですが、駆動用のリポバッテリーの仕組みがイマイチ分かりません。
皆さんからすると、バカバカしい質問ないようかも知れませんが、回答して頂けるとうれしいです。

(1)購入予定のヘリの指定バッテリーをみると、11.1V、3セルのLi-Poで2000~2200mAhと書かれています。
 一口にバッテリーと言っても、同じ電圧でも25C―45C放電、45C-90C放電と色々種類がありますよね?
 これは、パワーが違うんですか?
(2)一番よくわからないのが、充電です。
 「充電能力が3セルで2600mAhの1C充電まで」とあるのですが、何のこっちゃさっぱり分かりません。
 充電電流3Aとスペックに記載されているので、充電時間と関係があるのでしょうか?
 具体的に教えて下さい。
(3)充電器のタイプも12V(車載BATT)から取るものと100V(家庭用コンセント)からも取れるものがありますが、
 100Vからの充電って、結構負荷が掛かりますか?(家のヒューズが飛びやすくなるとか、電気を喰うとか…)
(4)こんな超ド素人でも安全に使いこなせる充電器があれば紹介して下さい。

長々書きましたが、これからの安全につながる部分だと思っていて、うやむやにしたくないので質問
しました。宜しくお願いします。

リポバッテリーの充電について

電動ヘリを始めるのですが、駆動用のリポバッテリーの仕組みがイマイチ分かりません。
皆さんからすると、バカバカしい質問ないようかも知れませんが、回答して頂けるとうれしいです。

(1)購入予定のヘリの指定バッテリーをみると、11.1V、3セルのLi-Poで2000~2200mAhと書かれています。
 一口にバッテリーと言っても、同じ電圧でも25C―45C放電、45C-90C放電と色々種類がありますよね?
 これは、パワーが違うんですか?
(2)一番よくわからないのが、充電です。
 「充電能力が...続きを読む

Aベストアンサー

1)例えば2000mAhのリポで1Cとは2000mAの事で従って20Cであれば、2000*20=40000mA(40A)流してもリポは壊れないの意味 Cが大きいと電流が沢山流せ、瞬間的に大電流が流れても電圧低下が少なくパワーが大きいです、電動ヘリを始めるには30C~40Cも有れば充分、Cが大きいと高価です。

2)充電電流はリポは1C迄の電流で即ち2000mAhのリポで有れば最大充電電流は2Aです、それ以上で充電するとリポは壊れます、それ以下では時間が掛かるが問題はなし、

3)殆ど負荷は掛かりません、ノートパソコンを動かす程度です、

4)リポ用の充電器を使い、充電電流を守りれば充電に関しては安全ですが、

5)その他 リポはパワーが非常に大きく、ショートするなどが有れば火災に成ります、火災の心配の無い場所で扱いましょう

6)電動の小型ヘリでも操縦は非常に難しいです、組立ても同様、リポも、近くの親切なショップの指導を受チャレンジください、

7)リポは1セル当たり3V以下迄使用すると壊れ、又 火災の心配も有ります、

リポについてはブログ検索すれば沢山記事があると思います。

1)例えば2000mAhのリポで1Cとは2000mAの事で従って20Cであれば、2000*20=40000mA(40A)流してもリポは壊れないの意味 Cが大きいと電流が沢山流せ、瞬間的に大電流が流れても電圧低下が少なくパワーが大きいです、電動ヘリを始めるには30C~40Cも有れば充分、Cが大きいと高価です。

2)充電電流はリポは1C迄の電流で即ち2000mAhのリポで有れば最大充電電流は2Aです、それ以上で充電するとリポは壊れます、それ以下では時間が掛かるが問題はなし、

...続きを読む

Qヘリコプターの横すべり

ヘリコプターの横すべり
オークションで1万円前後で購入した(おもちゃの?)ヘリコプターですが、一応3CHで、スロットル・左右回頭・前後進ができる(はず?)ようになっています。

いろいろ操作をやっているのですが(怖いので50cm以上には上げないようにしている)、一番困るのは、徐々にスロットルを上げて行って、ボディが地面から離れる瞬間には、既にボディが左に傾いていて、そのままズルズルと横すべりして行って、最後にはバタンと転倒してしまうことです。
たまに、うまく上昇することもありますが、左回頭・後進のクセが強く、これはトリマを調整してもあまり改善できません。

後者の問題はともかく、前者の傾き・横すべりを改善しないことには、いくら練習してもムダなような気がします。
しかし、考えてみるとこの3つの操作は、「右に倒す(姿勢を復元する)」こととは全く無関係な操作ですね?

つまり、3CHの基本動作は、メインローターの回転速度(←上昇・下降)、左右回頭(これがどういう原理で出来るのかはわからない)、ローターの回転面をボディに対して傾ける(←前・後進)が基本であり、「左旋回」などは、前進と回頭の組み合わせで生じるわけで、「左・右に倒す」などということは、この3つをどう組み合わせても出来ないのではないかと思うのです。
従って、この問題を改善するには、ボディ本体に直接手を加えなければならないのかな、それも怖くてできないな、などと考えております。

初心者が生意気なことをくどくどと申し上げてすみません。
どうしたらよいかご指導いただけると有難いです。

なお、何回も転倒させ、フライバーが曲がったのを何度も直していますが、完全左右バランスがとれているとは到底思えません。
フライバーのアンバランスは敏感に影響するものでしょうか?
交換したほうがよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

ヘリコプターの横すべり
オークションで1万円前後で購入した(おもちゃの?)ヘリコプターですが、一応3CHで、スロットル・左右回頭・前後進ができる(はず?)ようになっています。

いろいろ操作をやっているのですが(怖いので50cm以上には上げないようにしている)、一番困るのは、徐々にスロットルを上げて行って、ボディが地面から離れる瞬間には、既にボディが左に傾いていて、そのままズルズルと横すべりして行って、最後にはバタンと転倒してしまうことです。
たまに、うまく上昇することもあり...続きを読む

Aベストアンサー

ラジコンは練習時間に比例して腕も上達します。私自身も現在の腕前に達するために今まで家一軒建てられる位のお金を注ぎ込んでます練習も、略1日おきに各機のセッティングを兼ねて2時間飛ばし込んでます。現在も純競技用の機体を5機所有してます(天候や飛行場の地形によってセッティングを変えた物で1機50万から60万します)理論も大事ですが先ずは飛ばす事です。質問者様も早く上達されて競技の出場を目指しては如何ですか、青空の下で思いっきりヘリを飛ばしてると嫌な事も吹っ飛びますよ。

Q電動ヘリコプターかエンジンヘリコプターか?

今現在90エンジンヘリを飛ばして楽しんでいるものです。
最近電動ヘリコプターが各メーカー(JR T-REX)からたくさん出ております。
電動ヘリとエンジンヘリを比べた場合 組み立てやすさ、セッティングのやりやすさ、飛ばしやすさ ランニングコストはどちらが優れていますか。
教えてください。

Aベストアンサー

燃料に比較すれば電気の方が断然安い、これは確かですが、どんな方が
どんなものを求めているかで、話はそう簡単でもないと思います。
特に90クラスエンジン機使用者クラスが発しているご質問でもあり、
知りうる電動の実情を申し上げておきます。

確かに、3セル以下程度の飛行機・ヘリは急速に普及し、私自身もこれら
しか持って行かない「オール電化の日」もあります。この場合、壊す方が
難しいEPP飛行機やパーツの安い(カーボンローターすら2000円等)小型
ヘリということも相まって、実に経済的です。エンジン機オンリーより当然
燃料も減らなくなりましたし、かかるのは12V親バッテリーを数十Wで月に
十数時間程度充電する電気料金です。

しかし、これが本格的な大きさの電動ヘリとなると事情は一変します。
初期投資がバカにならないのです。
まず、充電環境を整えねばなりません。単純に、12セル5000mAhのリポ
を1C充電するならば12cellx4.2Vx5Ah=252Whです。これの充電器は
通常2万円以上位でないと対応出来ません。次に親電源となると、例えば
12V30Ah鉛バッテリーでは全く足りません。半分以上使わない方が
好ましい鉛バッテリーでは、12x15Ah=180Whで一回も充電出来ません。
ここで選択肢はいくつかあります。
・1000w以上の発電機と12~24VDC安定化電源の組み合わせで充電器に
 供給。実際にも見るスタイルですが、これは十万円以上は確実です。
・自動車からエンジンかけっぱなしで充電。これも使われますが、現場で
 必要時間エンジンは回したままになります。
・ハイブリッド車から充電。この場合ハイブリッド車は理想的な「自走式
 発電機付き親バッテリー」として使える訳です。これが理由で本気で車の
 買い替えを考えている人もいます。
・家庭で必要本数分リポを充電してから現場に赴く。これは1個2万円位する
 リポを2本セットで3~5セット揃える必要が出てきます。(実際には何だ
 かんだでそのくらい持っている、という人はいくらもいるのですが。)

セッティングに関しては、ニードルセットに気を使う必要から開放されます。
これは競技で思うようなパワーにならず納得いかない結果になる等、という事が
無く、これがトップフライヤーの大半が電動に移行している理由でもあります。
また、現状電動の方がパワーが上回っています。これはFAI F3Cルール改定で
エンジン排気量制限が取り払われる理由にもなっています。

他には、誰かがやってくれるという場合以外は必ず電動では「半田付け」が
必須になります。難しくはありませんが、下手な配線は容易に半田が溶け散る
等起こります。また、現状「アンプは燃えるもの」と思ってかかった方がいい
でしょう。多分、電動をやっていてアンプが燃えた経験がある人は過半数と
思います。特にヘリコプターだと、全開ではなく、アンプがスイッチングに
忙しい中間域でのホバリングが長い、というだけでも燃えたりします。
リポの基本知識はお有りかとは思いますが、当然この扱いも熟知してないと
危険です。使用には温度管理・バランス管理も要ります。

総じて、容易にその力を発揮させられるのは電動で、機体も汚れず(その代わり
排気による「自動潤滑」が無いのでメインギアや金属各部にグリス・オイル注油
は要ります。)メリットも多いのですが、コンテストレベルの機体を所持して
それを維持しようとすればそれなりに容易ではありません。このあたりをどう
判断し、何を望むかによって結論は違うと思います。

燃料に比較すれば電気の方が断然安い、これは確かですが、どんな方が
どんなものを求めているかで、話はそう簡単でもないと思います。
特に90クラスエンジン機使用者クラスが発しているご質問でもあり、
知りうる電動の実情を申し上げておきます。

確かに、3セル以下程度の飛行機・ヘリは急速に普及し、私自身もこれら
しか持って行かない「オール電化の日」もあります。この場合、壊す方が
難しいEPP飛行機やパーツの安い(カーボンローターすら2000円等)小型
ヘリということも相まって、実に経済的です。エ...続きを読む

Qラジコンヘリ入門機

電動ラジコンヘリを始めようと思います。ヘリを自由に飛ばしてみたいです。
入門機としてヒロボーXRBラマをこのコーナーでも出てきておりますが、まず初心者には二重反転ローターが安定しているのはよく聞きます。また、この二重反転ローター、スティックから手を離していても安定する位ともあります。
素人判断ではありますが、入門機としてはやはり二重反転ローターが一番なのでしょうか。
実際やったことありませんので「じゃぁお前やってみぃ~」と言われるかもしれません。
でも金額を見るとかなりの値段、ということはそれなりの物ではある、と言う事でしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

当然ヘリを自由に飛ばしたいのであれば屋外を目指されると思います。
それなら初めにシュミレーターの購入をお勧めします。
まずシュミレーターでホバリングが出来ないと実機ではまず出来ません。
シュミレーターで正面、対面、側面のホバリングが出来るようになり
実機をした方がかかる経費もトータルで安くなると思います。
シュミレーターは下記があります。

フェニックス(プロポはついてません)
http://tresrey.com/phoenix/index.html
リアルフライト(プロポ付・・・高価)
http://www.rc.futaba.co.jp/realflight/realflight_g5.pdf

シュミレーターである程度出来るようになれば、室内の電動ヘリを購入するか
屋外用のヘリを購入すればいいと思います。
ただそれも1人でするのではなく、お近くのクラブに入って下さい。
お近くのRCヘリを売っている店があればそこでお聞きになると教えてくれる
と思います(購入しなければならないかもしれません)

 RCヘリは大変難しく最悪事故にもなりまねません。十分に安全が確保された
環境で飛ばす必要があります(過去に死亡事故も起こっています)
それと、早く上達するのは経験をつんだ人に教えて貰った方がいいと思います。
 単独でされると大変苦労します。実際に私がそうでした。ホバリングだけで数ヶ月
かかりました。今はクラブに所属しています。

室内の電動ヘリを購入するのならXRBではなくJRが販売している

BLADEmSR フルセット
http://www.jrpropo.co.jp/jpn/products/heli/details.php?hen=88252&db_flg=jp_db1

をお勧めします。XRBは安定はしますが高価ですのでお勧めしません。

屋外用なら
ALIGN製のT-REX(中国製)
JRプロポ(国内)
http://www.jrpropo.co.jp/jpn/index.html
ヒロボー(国内)
http://model.hirobo.co.jp/japanese/

から出ています。頑張って下さい。

当然ヘリを自由に飛ばしたいのであれば屋外を目指されると思います。
それなら初めにシュミレーターの購入をお勧めします。
まずシュミレーターでホバリングが出来ないと実機ではまず出来ません。
シュミレーターで正面、対面、側面のホバリングが出来るようになり
実機をした方がかかる経費もトータルで安くなると思います。
シュミレーターは下記があります。

フェニックス(プロポはついてません)
http://tresrey.com/phoenix/index.html
リアルフライト(プロポ付・・・高価)
http://www.rc.futaba.co.jp/rea...続きを読む

Qラジコン ヘリが欲しいのですが?

ラジコンのヘリコプターを購入したいと思っています。素人でして、ラジコンは子供の頃、ランチャーストラトスを持っていた位でして、本格的なラジコンは経験がありません。どうせなら、より遠くまで飛ばしてみたいのですが、どこを見れば?どの辺りを注意して購入すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。前回答のリンクの一部を訂正します。
ヒロボーのリンクが、HPリニューアル前のもので県検索が無効になって
いました。
http://model.hirobo.co.jp/japanese/category/shop
↑正しくは現在これになります。またヒロボーHPトップはここです。
http://model.hirobo.co.jp/japanese/
ヒロボーの室内ヘリ(SRB・XRB)は現在からすると高価ですが、国内
生産品質で、多くのコピーを生んだ元になった優秀な設計です。

京都寄りならこうしたショップもあるようです。
http://model.hirobo.co.jp/japanese/shop/%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%ba%9c/2464
http://model.hirobo.co.jp/japanese/shop/%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%ba%9c/2450
共にクラブ運営、飛行指導が受けられるとあります。ラジコンショップ/クラブ
というのは県下に数件しかないのも普通で、購入や飛行には数十キロ程度範囲外
に移動が必要というのもザラです。飛行場所となると人里離れる場合も多くあり
ます。これは空物ラジコンの性格上、多少は妥協して頂くしかありません。

付け加えておけば、現在の屋外ヘリは最低6ch要るのが普通です。
内訳を書いたことがあります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6409100.html
メインローター固定ピッチで4chというのは主に室内ヘリです。屋外ヘリ
の大半は可変ピッチで、6chで5サーボ+ジャイロ感度切り替えというのが
定番です。(電動はスロットルサーボが不要なのでサーボ数は1個減る)
現在ch数、サーボ数が少ないヘリという選択はありません。これに引込み脚
や他のギミック、多軸ジャイロ用を必要とすればさらに多くのchが要ります。

No.2です。前回答のリンクの一部を訂正します。
ヒロボーのリンクが、HPリニューアル前のもので県検索が無効になって
いました。
http://model.hirobo.co.jp/japanese/category/shop
↑正しくは現在これになります。またヒロボーHPトップはここです。
http://model.hirobo.co.jp/japanese/
ヒロボーの室内ヘリ(SRB・XRB)は現在からすると高価ですが、国内
生産品質で、多くのコピーを生んだ元になった優秀な設計です。

京都寄りならこうしたショップもあるようです。
http://model.hirobo.co.jp/japan...続きを読む

Qラジコンヘリの操作テクニック

離陸直後、結構、頻繁に画像のような軌跡で飛行します。
いろいろ操作していると、安定飛行に戻ります。
一度、安定飛行して、じわじわと操作すれば乱れる事はあまり無いように思います。
テクニックとしては、この飛行を始めた際、どう言う操作をすれば素早く安定させられますか?
ちなみに、3chなので、横スライドは出来ません。
小型室内ヘリです。

もしかして、これがスリコギ現象と呼ばれるものでしょうか?

Aベストアンサー

該当のラジコンヘリは過去ご質問にあるものと同じかと思いますが、
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8321693.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8321694.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8330529.html
実際にはどんな挙動で、それが異常なのか「そういうもの」なのかも判断が
つきませんが、原因・要因としては;

・「世界最小」を謳うくらいのサイズであること
これは、屋内でもちょっとした風等の「外乱」にも弱いことを意味します。
また製品自体、価格とのバランスを考えても精度には限りがあります。
数kgあるような屋外サイズのような安定飛行はもともと望めません。
30グラムサイズの室内4chヘリでも、これは同様です。操作テクニック
でのカバーも限界があり、小さい方が難しいのです。

・操作系が室内4chヘリや屋外サイズヘリとは違うこと
軌跡を見ると機首が右回転していくのか、右に水平移動していくのを
時々左舵で補正している感じに見えますが、ご承知のとおり、もともと
左右水平移動をする機能は無いのである程度仕方が無い部分があります。
左右回転(ラダー)トリム(微調整)はこの説明書にもあるので、
http://ccp-jp.com/toy/Instruction/PDF/INS84665CCP_20130418.pdf
これを補正してみるというのも方法です。

「操作テクニック」と言っても、ここに書いてある様に他のヘリとは
操縦感覚自体、かなり異なるものの様です。
http://www.ks-j.net/xo/modules/d3blog/details.php?bid=1284

いわゆる「味噌摺り」は屋外ラジコンヘリでもおきます。これはコマの
回転が落ちた際の「歳差運動」に似ており、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B3%E5%B7%AE
ラジコンヘリでは細かく震える振動という現象よりは、ヘッドやスキッド
が揺れるような動きになります。原因はローター回転不足、各部のガタや
精度・バランスの問題、多種多様です。

このヘリの場合、これは味噌擂りというよりは自律安定に頼った左右横
安定に周期があって、その間ふらつきが起こるのは止むを得ない気が
します。4chヘリでは全方向操作可能ですので、「ヘリが行こうとする」
方向をいち早く察知していかに止めるか、ということが安定飛行の操縦
テクニックとなります。

該当のラジコンヘリは過去ご質問にあるものと同じかと思いますが、
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8321693.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8321694.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8330529.html
実際にはどんな挙動で、それが異常なのか「そういうもの」なのかも判断が
つきませんが、原因・要因としては;

・「世界最小」を謳うくらいのサイズであること
これは、屋内でもちょっとした風等の「外乱」にも弱いことを意味します。
また製品自体、価格とのバランスを考えても精度には限りがあります。
数kg...続きを読む

QWL Toys V913の舵切れが悪いのですが・・

ラジヘリを始めて数か月の初心者ですが、最近V911の大型バージョン、V913を購入しました。自分のイメージではV911みたいにキビキビ飛行する事と思っていましたが、舵の効きが非常に悪く
エレベーターを打っても反応しない(ホバリングしてる)時が有ります。サーボもスワッシュも動いていますが、舵が効きません。マスターCPなどのCP機、スーパーFPなども何とか飛ばしていますが、
V913だけが思う様に飛びません。ある程度回転を上げて上空飛行でないと舵が効きづらい設定なのでしょうか?現在は地上1.5M位で様子を見ています。同じ様なベル式のCB180Qなどはキビキビ飛びます。機体の不良(ハズレ)でしょうか?リンク類のガタも大きい様に思います。舵が効く時と効かない時のムラが有ります。ベル方式のウエイトをノーマルと軽量化した物と使い分けしてみましたが、特に変わりませんでした。V911は軽量化したベルでよりトリッキーに動く様になりましたが、V913は変化無です。何か調整があるのでしょうか??

Aベストアンサー

 送信機の設定で舵角が、「L」と「H」が選べるようになっています。
 最初に送信機の電源を入れたときは「L」設定になりますので、送信機左肩のボタンSWを1度押して「H」します。するとモニター画面に「H」の表示がされます。
 これで、舵角が大きくなり、ヘリの動作が大きくなります。
 左肩のSWは押す毎に「L」→「H」→「L」と変わりますので、確認を忘れずに。

 もっと大きな舵角が欲しいときは、右肩のSWを押したときに、より大きな舵角になりますので、押しながら操作してください。

 私は、以下のビデオのように送信機を改造して、右肩SWを押し続けるようにトグルSWを取り付けて、押し下げたときに右肩SWが押された状態が続くようにしています。

 YouTubeの「WLtoys TX Remote for V912 and V913 4 channel」を参照してください。   

 欠点は、このL→Hもそうですが、このSWをONにすると、すべての舵角が大きくなることです。

http://www.youtube.com/watch?v=a-EdazzZHQE

 送信機の設定で舵角が、「L」と「H」が選べるようになっています。
 最初に送信機の電源を入れたときは「L」設定になりますので、送信機左肩のボタンSWを1度押して「H」します。するとモニター画面に「H」の表示がされます。
 これで、舵角が大きくなり、ヘリの動作が大きくなります。
 左肩のSWは押す毎に「L」→「H」→「L」と変わりますので、確認を忘れずに。

 もっと大きな舵角が欲しいときは、右肩のSWを押したときに、より大きな舵角になりますので、押しながら操作してください。

 私は、以下のビ...続きを読む


人気Q&Aランキング