人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

某有名100均ショップで買った軽量紙粘土が、開封したら、パサパサです。粘土らしい粘性がほぼ皆無です。水をつけてもんでみましたが、粘土らしくはなりませんでした。一部が溶けてドロドロになっただけでした。結局、捨てました。安かろう悪かろうということでしょうか?値段は高くなりますが、100均ショップじゃない店で売ってる、名の知れたメーカーの粘土をかうべきでしょうか。粘土で同じ経験をお持ちの方、どう対処されましたか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ダ○ソーのは種類が豊富なだけあって当りハズレが多いんです


ハズレのパサパサな物は水を足すとただのゴミになります
乾燥後,絵の具で色を塗るとニュルニュルになるというありえなさなのだとか
パステルカラーのものは割と当たりらしいです
セ○アのは割と当たりが多いみたい
乾燥後に絵の具で色を塗っても平気なようです

粘土細工大好きな甥っ子が教えてくれました
幼稚園で使うのはパジコというメーカー(パッケージを持ち帰り見せてくれた)
名の知れたメーカーの物の方が確実だと思います
紙粘土の類はパサパサ&練りにくくになってる場合
濡れ手で練るか濡れ武器ンに包んでビニール袋で30分間放置が良いそうです

ちなみにダイソーの当たり粘土は木粉粘土,石粉粘土だとか
    • good
    • 14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q樹脂粘土、軽量粘土などのひび割れ対策に

樹脂粘土や軽量粘土などで作品を作って乾燥させるとひび割れが入ってしまいます。
こちらでの回答などを拝見したところ、よくこねる事が大事だとありましたが、
どのくらいこねるのが目安なのでしょうか。
自分ではよくこねているつもりなのですが…。
使う粘土にもよるかと思いますが、大体これくらい、など皆さんがこねていらっしゃる時間だったり粘土の状態がこんな感じになるまで、などの目安がありましたらご指南いただければと思います。

現在自分が使用している粘土はモデナとハーティが多いです。

Aベストアンサー

乾燥収縮の問題がない。単にはいこう性の問題だけとして、状態の目安は

はいこう性が均一であること
「モデナとハーティ」についてはまったく知らないので、近所の販売品(油粘土)と同じと仮定して、水分含有量が均一であること

以上です。均一に練れない人がいくら練っても不均一であることには代わりないので時間による規定は意味ないです。又、水分(水を吸って柔らかくなるタイプの粘土)では、練り上げているときに手によって加熱され乾燥する場合もあるので、時間では規定できません。兆次間練り上げると乾燥が進み、より不均一になるためです。

練り方の練習として、捨てても良い粘土を用意して、適当な顔料を塗ってさせるのです。適当なところで、輪切りにして、「ぜんぜん練れていないじゃない」と指摘する場合が多いです。直接言うと本人が怒り出すので、顔料を入れた製品を作らせるとわかりやすいです。

はいこう性の問題で、不均一さを緩和するために、水をいれた・固い粘土を混ぜた場合など不均一化を推進するような加工を行った後は、手で練った後3-7日放置し含水率を均一にします。

3-7日ごに、
固い粘土をいれた場合(手で練っても均一にならない場合)には、鉄パイプ(綿棒)や小槌http://meta.affrc.go.jp/afftool/daibunrui/dakkokutyouseiyoukigu.htm
で厚さ5-10mm程度にまで伸ばして、適当に折りたたんで、を5-10回繰り返します。手早くたたいて伸ばさないと乾燥しますので要注意。一玉5-10分で終わる様にしないと乾燥による不均一化が顕著に洗われます。
柔らかい粘土を混ぜたとき(手で練って均一になる程度の場合)には、十分混ざったと思ったらば、5mm程度に薄切りにして
http://homepage2.nifty.com/issin/notoita.html(適当なところが見つからないので、陶磁器用粘土の例)
硬い物がないかをみて、部分的に硬い所を取り除き(前述固い粘土に混ぜて処理する)、均一な部分だけ一分ほどで練り上げてます。
これを一-3日放置して含水率を均一にし、使用前に1-3分ほどかけて変な偏りがないかを見るためにラフに練って使います。

乾燥収縮の問題は、形状効果がありますので文字での回答は不能です。

乾燥収縮の問題がない。単にはいこう性の問題だけとして、状態の目安は

はいこう性が均一であること
「モデナとハーティ」についてはまったく知らないので、近所の販売品(油粘土)と同じと仮定して、水分含有量が均一であること

以上です。均一に練れない人がいくら練っても不均一であることには代わりないので時間による規定は意味ないです。又、水分(水を吸って柔らかくなるタイプの粘土)では、練り上げているときに手によって加熱され乾燥する場合もあるので、時間では規定できません。兆次間練り上げる...続きを読む

Q紙粘土を早く乾かす方法は?

紙粘土で、ちょっと厚みのある塊を作りました。

一晩放置したところ、表面はかちかちに乾燥しましたが、何となく内部に水分が残っている気がします。
完全に抜けるまでには、時間がかかるのではないかと思います。
そこで、紙粘土を早く乾かす方法はないものでしょうか?

ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

厚みのあるものはスポンジなどの詰め物をしてなるべく粘土を薄くするとよいと思います。
特に大きいものは針金や真鍮線で骨組みをしっかりすれば中は空洞になるので乾燥も早いです。
スポンジ以外では発砲スチロールを使いましたがファンドがはがれるのでNGでした^^
私は針金の軸に食器を洗うヤツを切って木工ボンドで貼付けてある程度形を作ってファンドを盛ってました。
100均ショップでいろいろ売ってるようなのでもっといい詰め物があるかもしれませんが。
参考までに

Q紙粘土への色塗り

紙粘土に色塗りする時におすすめな物はなんでしょうか。
小学1年の子どもの自由工作ですので、小さな子にも扱いが簡単なものを紹介してくださるとありがたいです。

Aベストアンサー

アクリル絵の具が適しています。
ポスターカラーと同じ感覚で使えます。
シンナー類は使用していません。
水で溶けて、筆やパレットも水洗いできて
乾けば耐水性になります。


艶のあるタイプ(普通のアクリル絵の具)と
艶のないタイプ(ガッシュ)がありますが
郷土玩具のような素朴な感じを出したいのならガッシュがいいです。

扱いの注意点としては
水で溶けますが、乾くと耐水性になりますから
筆やパレットなどは乾かないうちに水洗いしないと使えなくなります。
当然、絵の具自体も乾いてしまうと使えません。
「もう一度水で溶いて」と言うことは出来ません。



一応完璧を目指すのなら
下地処理として「ジェッソ」と言う下地材を塗っておけば
絵の具が剥がれる事がなくなりますし、仕上がりも綺麗になります。
これも「石膏」の一種ですから、特に扱いに危険性はありません。

Q紙粘土の接着方法

子供が夏休みの工作で紙粘土で恐竜を作ったのですが、乾かしたときに、後から付け足した尻尾の部分が取れてしまいました。

すでに乾いている紙粘土どうしをくっつけるにはどうやったらいいですか?

瞬間接着剤では染み込んで効かなそうだし、それこそ一点物なので、うまくくっつけてあげたいんです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昨年息子が紙粘土でロボット作りました。大変でした…。
いろんな部分(頭、胴体、腕、足)を別々に作って乾く前にくっつけたのですが、やはり接着力が弱いらしく取れてしまいました。
私は、ゲルタイプ強力接着剤を使いました。これだとしみこまずに上手につけられます。
夏休み明けに展示してある間中、いろんな子が触ってましたが壊れませんでした。
私は作る段階で、つなげる部分に串とか割り箸の芯を入れさせていたのですが、なかなか良かったですよ。もし尻尾部分が芯を入れられるくらい太かったら、ちょっと工夫して入れてあげるといいですよ。もし接着剤部分がはがれてしまっても、尻尾が落ちて紛失!なんて心配がなくなります。

綺麗に直るといいですね。

Q紙粘土フィギュアの塗装方法に困っています

今回初めて紙粘土を使ってフィギュアを作ってみました。
表面も紙やすりでつるつるに磨き上げ、初めてのわりにはなかなかよく出来たのではないかと思います。
ですが塗装の面で問題が…。
塗装の際に何を使えば良いのかが分からないのです。
あくまでも紙粘土ですし、安易に絵の具なんて付けたらふやけてしまうのではないかと思い、塗ろうにも手を付けられません。
この後どのようにすればベストなのか、是非教えていただきたいです!
どうか宜しくお願いします!


ちなみに今手元にある画材はアクリル絵の具、アクリルガッシュ、水彩絵の具、コピックマーカー、カラーインクなどです。
粘土は1キロ146円の結構重たいのを買いました。
あと、粘土を買った際に一応一緒にニススプレーも買いました。水溶性と書いてあります。
このほかにも買ったほうが良いものなどももしありましたら教えて欲しいです。

Aベストアンサー

まず、表面が完全に乾燥していれば、そうそうおかしなことにはならないと思います。
絵の具等で着色をやるのでしたら、そのまま塗った方が良いと思います。
もし、アクリル系の塗料を使うのでも、そのままで良いですが、サフェーサーと言うものを先に使うと、発色も色乗りも良くなるし、先にコーティングされますので、塗料による侵食も防げると思います。
ただ、ラッカー系のものしかないと思いますので、臭いや有害性もあるのです。
マスク・換気は、絶対です。
周りに迷惑が及ぶような場合は、お勧めしません。
ちなみに、サフェーサーは、模型屋とかホームセンターにもあります。
車用soft99のプラサフェーサーは、きめが細かく良いですが、臭いはきついです。
後は、模型用の物です。

どちらにしても、長時間水分を与え続けるような塗り方をしなければ、問題ないと思いますよ。
例えば、2度塗り(重ね塗り)する場合は、1回目が完全に乾燥してから2度目を塗るようにすればいいです。

何かの参考にしてください。

Q紙粘土を水に強くする方法

紙粘土が水にぬれても湿気が高くても全然OK!にする方法ってありますか?
教えていただけるとうれしいです~♪

Aベストアンサー

水溶性の木工用ニスを塗ると良いと思います。
(窓を開けて塗るようにしてください)
うすめ液を混ぜる時は取扱説明書に従って気を付けてください。

木工用ボンドを水で薄めてもニスの代用にすることが出来るそうです。
仕上がりはニスにやや劣りますが、窓を開けなくても作業が出来ます。

小さい作品にニスを塗る時には、目立たない所にまち針をさして、
まち針を刺したままニス塗り・乾燥させると綺麗に仕上がります。
(持つ所がなくなる為!)

Q石粉粘土の乾燥時間はどのくらい?

石粉粘土で直径5センチ程度のまんまるっこい人形を作りました。
ほぼ球です。
芯材は入れず中まで石粉粘土です。
外側から急激に乾くとひび割れすると聞いたので布巾を1枚かぶせています。
どのくらいの日数乾燥させれば中まで乾くのでしょうか?
しっかり乾いてから研磨と塗装をしようと思っています。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

直径5cmのムクだと中心まで完全に乾燥するまでにはだいぶかかってしまいますね。たぶん一週間見れば大丈夫かとは思いますが。

ただ表面のヒビ割れ防止という意味では布巾はかけなくても良いかな?オーブントースターで強制乾燥させるのでもない限り(そして造形前にちゃんと石粉粘土を練りこんであれば)そんなに派手にヒビ割れることはない筈です。

もし表面にヒビが入ってしまったとしても、別途石粉粘土を水で柔らかくしたものをヒビに擦り込んでやれば、パテのようにヒビを埋めることも可能です。その場合も半日か一日乾燥させれば表面処理するには十分な乾燥時間かと思います。

今回は芯材なしで造形されたとのことですが、芯材にアルミホイルを丸めたモノを使えば、石粉粘土の使用量も減りますし、その分乾燥時間やヒビ割れ対策にも非常に有効ですよ、なによりアルミホイルは結構複雑な形でも手で芯を簡単に作れてしまいますので。

Q紙粘土がかたまっちゃった。

硬くなってしまった紙粘土をやわらかくすることはできますか。

Aベストアンサー

十数年前の記憶なので、間違っていたらごめんなさい。
濡らした布か何かで包んでおけばいいんじゃなかったかな?

ホントに自信はないですが。

小学校の先生とかに聞けばわかると思うんですけどね。

すみません。

Q紙粘土に色は着けられるのか

実は学校の課題でミニチュア椅子を作らなければいけないのですが、紙粘土(シルキークレイ)に、絵の具で色を着けられるのか知りたいです。お願いします。

Aベストアンサー

アクリル絵具なら、着彩が可能です。
アクリル絵具は、アクリル樹脂をベースとした水溶性樹脂絵具ですが、いったん乾くと耐水性となります。
また乾いた後、絵具を重ね塗りしても下の色が溶け出しません。
定着力が強いので、もちろん紙粘土にもOKです!
紙だけでなく木や石ころ、プラスチックなどにも着彩可能です。
アクリル絵具は、画材屋さんで取り扱っていますが、最近では100円ショップでも見かけるようになりましたよ。(品質はたしかかどうか分かりませんが)

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング