gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

ガソリンスタンドに行って「石油を下さい」と言ったら、「灯油ですね」と言い直されました。ならば石油ストーブは灯油を燃料としているにも関わらず、「灯油ストーブ」とは言わず、「石油ストーブ」と一般に言うのでしょうか?何故そうなっているのか教えて頂けたら幸いです。

gooドクター

A 回答 (2件)

 昔は、石油といえば灯油を指すのが当たり前だったからです。


 今だからこそ、ガソリン、軽油、重油、ケロシンなど色々な石油燃料が世に知られていますが、昔は石油を燃料に使う器械としては、ストーブくらいしかなかったのです。
 だから、昔は「石油ください」でちゃんと通じたわけですね。

 それが今でも、「誰も言い直さなかったから」という理由で、石油ストーブという言い方が残っているのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。この質問はトラブルがありまして、2回目(複数)となってしまいました。既に締め切らさせて頂いています。(1回目)

お礼日時:2004/04/03 00:53

「電灯の明かりをつける」のことを今でも「電気をつける」というがごとし。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。この質問はトラブルがありまして、2回目(複数)となってしまいました。既に締め切らさせて頂いています。(1回目)

お礼日時:2004/04/03 00:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング