よくテレビなどで中国の方は漢字を日本の音読みで言われてますけど
かなり違うと思うんですが。。。
韓国や北朝鮮の方は一応それらしく呼ばれてますよね。
カタカナ読みでは限界があるとは思いますが、なぜ中国の方だけなぜ
そうなんでしょうか。そこらの事情に詳しいか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

ご質問にお答えします。


テレビやラジオなどでは中国人の名前を慣習的に漢字の音読みで報道されてきました。
それと反対に中国では日本人の名前の場合、漢字を現地の読み方(漢語、北京語)するのが慣習になっています。
日本人の名前でひらがなやカタカナは近い漢字を当てて
やはり中国の発音をされています。
こんなので参考になりますでしょうか。

この回答への補足

ちょっと、見ない間にたくさんのご回答ありがとうございます。
私なりに整理してみました。
つまり、韓国、北朝鮮の方は漢字もあまり使わなくなったので
読み方の実際に近いものが望まれて、
中国は地域によって読み方もぜんぜん違うので音読みで呼ばれても
気にする人が少ないということと理解しました。
実際ギネス級に母音の少ない日本人には他国の発音は非常に難しいので
カタカナ表記ぐらいじゃぜんぜん表せない言葉が多いんでしょうね。

補足日時:2001/05/31 17:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山は音訓混在、川は音読み、海は訓読みなのはなぜ?

 高速道路で看板を見ていたら、ふと疑問に思いました。


 山の場合は、「○○サン(ザン)」だったり、「○○ヤマ」だったりします。
 川の場合、「△△カワ(ガワ)」しか聞きません。
 海の場合、「□□カイ」しか聞いたことがありません。

 固有名詞として「○○山」「□□海」「△△川」を発音する場合、なぜ、山の場合は音読み訓読みが混在し、海の場合は音読みのみとなり、川の場合は訓読みのみとなったのでしょうか?

 ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

 (面白い回答もお待ちしています(^_^;))

Aベストアンサー

えーと、ご質問を読ませていただき、ボンヤリと思ったことを書きます。いつもは裏付けをとって確認するのですが、今夜はそろそろ寝ようかなという所でそうするだけの気力がありませんので、いい加減な話でお許し下さい。

海が音読みのみということについて。
訓読みが日本人の古来の読み方であり、身近なものにつけた名前であることはご存知ですよね。で、古代の日本人にとって「海」・・今の私たちが世界地図を見て例えばベーリング海とかバルト海とかいう名前で呼ぶような海は身近ではなかったのでしょう。彼らにとって身近であったものは「入り江」であり、「入り海(いりうみ)」であり、「潟」であり、「瀬戸」や「灘」といったものだったのでしょう。つまり、広く一般的な名称としての海ではなく、もっと身近な海のあらわれ方が日本人にはあったと思われます。熊野灘とか玄界灘とか音戸の瀬戸とかそういう形での固有名詞はたくさんあることがその証拠であると思えます。明治維新後、日本人にとっての世界が広がり、世界の海を知ったときにはじめてそれらを「○○かい」と呼ぶようになったのでしょう。(ついでながら、このような海関連の地名については、高速道路の標識に出てくることはありえませんね。)

「川」や「池」や「沼」などの水関係の地名についても同様でしょう。これらは生活していく上で身近であったからこそ「○○せん」と読んだり「××ち」と読んだり「△△しょう」と呼ぶことは無かったと思われます。

また、「山」については説明が難しいですが、基本的には山は見るものであったことが大きいと思います。日本人にとって「山(やま)」とは里山であるか、おじいさんが芝刈りにいく所のことであって、風景の遠くにあってそびえ立っているものはおそらく「山(やま)」ではなく「山(さん)」であったのでしょう。この場合は「岳」と呼ぶ方がふさわしいのかもしれません。一例を羽黒三山という、修験道でなじみの山を考えますと、実際に修験者たちが修行の場とし、慣れ親しんでいたのは「羽黒山(はぐろやま、今では、はぐろさんとも言います)ですが、遠くにあって見るものとして「鳥海山(ちょうかいさん)」「月山(がっさん)」があります。

もう一つ「山」に関しては名前の呼び変えもあるような気がします。いつのころからか「××やま」というよりは「××さん」と呼ぶ方がかっこいいというような感覚ができて名前を呼び変えて行ったということも考えられます。それでもあまりにも身近なものは天香具山(あまのかぐやま)とか畝傍山(うねびやま)のように「やま」のままで残るということでは無いかと思います。

以上、例にあげた地名の変遷などについて、チェックしたわけではありませんので自信なしにいたします。

えーと、ご質問を読ませていただき、ボンヤリと思ったことを書きます。いつもは裏付けをとって確認するのですが、今夜はそろそろ寝ようかなという所でそうするだけの気力がありませんので、いい加減な話でお許し下さい。

海が音読みのみということについて。
訓読みが日本人の古来の読み方であり、身近なものにつけた名前であることはご存知ですよね。で、古代の日本人にとって「海」・・今の私たちが世界地図を見て例えばベーリング海とかバルト海とかいう名前で呼ぶような海は身近ではなかったのでしょう。...続きを読む

Q《涌く》という漢字を使った音読みの熟語・・・

《涌く》という漢字を使った音読みの熟語を教えてください!!

Aベストアンサー

mamimamimanさん、こんにちは。

質問の趣旨から少しはずれた回答になりますが、辞書的な回答は皆さんされていますので・・・・。

西国三十三所の札所で、京都の今熊野に(確か15番札所だったと思いますが)今熊野・観音寺というお寺があります。
でも、これは正式名称ではなく泉涌寺(せんにゅうじ)という大きなお寺の中の、塔頭寺院(観音堂)の事でしてね。

話は違いますが、実際私が使っている一太郎のATOK13で、こう打ち込めば熟語(固有名詞)として出てまいります。

余談ですが、有名な高僧がこの地を訪れ泉涌寺を建立しようとした時「きれいなわき水」がこんこんと流れ出していたそうで、それ故に銘々されたと聞き及んでいます。

なかなかのかくれた紅葉の名所でしてね。(質問とは全然関係ないですが・・・)

「涌く」の読み方は「ユウ」又は、「ん」の後の読みぐせをとって「ニュウ」とも読めます。
ということで、本当に余計なお邪魔虫でした。
お許し下さい。

Q中国人は日本人が漢字を書いている事についてどう思っているんですか?また日本人は漢字を進化させて平仮名とカタカナを発明して

中国人は日本人が漢字を書いている事について
どう思っているんでしょうか?
また
日本人は漢字を進化させて
平仮名とカタカナを使用していますが
その事について中国人はどう思っているのでしょうか?

Aベストアンサー

別にどうも思わないんじゃないでしょうか。
日本から中国に渡った和製漢語もありますが、ほとんどの日本人は何とも思わないでしょう。

中国語の中の日本語
http://www.catv296.ne.jp/~t-homma/dd040912.htm

日本から中国へ伝来した和製漢語
http://freett.com/nandon/lunwen1.htm

Q音読み・訓読みについて。

私は、今家庭教師で中学3年生を教えています。そこで、国語の問題集を解いている時に問題が発生しました。音読み・訓読みについてです。
問)次の1~3の漢字の、読みの組み合わせとして正しいものはどれか。
1.素直 2.油絵 3.生地 

ア.音+訓 イ.訓+音 ウ.訓+訓 エ.音+音


解説には、「読んでみて意味が分かるものは訓読み。」と書いてありました。
つまり「油」は、「あぶら」と読めば意味が分かるので訓読み。
        「ゆ」と読めば、意味分からないから音読み。
と言うわけです。
3番の「生地」は、答えではイの「訓+音」となってました。
しかし、「生」を「き」と読んでも意味は分かりません。だったら音読みなんじゃないか、と生徒に言われて困ってしまいました。確かにそうだと思うのです。

前置きが長くなりました。ゴメンナサイ。私の質問は、
音読み・訓読みは、どう見分けたらよいのか。また、「生地」の「訓+音」はどう説明したらよいのか。
です。

今度の土曜日にその生徒と会うので、それまでに解決したいのです。どうかよろしくお願いします。

私は、今家庭教師で中学3年生を教えています。そこで、国語の問題集を解いている時に問題が発生しました。音読み・訓読みについてです。
問)次の1~3の漢字の、読みの組み合わせとして正しいものはどれか。
1.素直 2.油絵 3.生地 

ア.音+訓 イ.訓+音 ウ.訓+訓 エ.音+音


解説には、「読んでみて意味が分かるものは訓読み。」と書いてありました。
つまり「油」は、「あぶら」と読めば意味が分かるので訓読み。
        「ゆ」と読めば、意味分からないから音読み。
と言...続きを読む

Aベストアンサー

>解説には、「読んでみて意味が分かるものは訓読み。」
解説がイマイチ不完全です。
たしかにそれで、訓読み、音読みがあたる確率が高いが、それが定義ではありません。
訓読みはやまとことば(本来の日本語)に漢字をあてはめたもの。音読みは中国語の音を日本語で無理なく発音できる形に直したもの。です。

「生」(き)は、やまとことばですね。したがって「訓+音」。お酒で「灘の生一本」(なだのきいっぽん)て、知りませんか?だめかなぁ。

中学3年生なら、このような訓読み、音読みの由来や、湯桶読み・重箱読み、また、これらが昔は、無学のものの読み方と卑しめられていたなどのエピソードも教えてあげていいのではないでしょうか?

中3でご質問のようなレベルの反駁が出ること自体少々嘆かわしいですが、今の子は5歳くらい遅れているとして、その疑問を勉強に対する興味に変革させて行くよう助けてあげましょう。

不完全な説明は、誤解を招きます。(そのままで、「湯」(ゆ)と「油」(ゆ)は、説明できますか?)

ちなみに私は、上記のことを小学校で習いましたよ。

>解説には、「読んでみて意味が分かるものは訓読み。」
解説がイマイチ不完全です。
たしかにそれで、訓読み、音読みがあたる確率が高いが、それが定義ではありません。
訓読みはやまとことば(本来の日本語)に漢字をあてはめたもの。音読みは中国語の音を日本語で無理なく発音できる形に直したもの。です。

「生」(き)は、やまとことばですね。したがって「訓+音」。お酒で「灘の生一本」(なだのきいっぽん)て、知りませんか?だめかなぁ。

中学3年生なら、このような訓読み、音読みの由来や...続きを読む

Q颯の音読みと訓読みを教えていただけますか?

颯の音読みと訓読みを教えていただけますか?

Aベストアンサー

音読み サツ、ソウ

訓読み はやて

http://kanji.jitenon.jp/kanjii/4364.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報