みなさん始めまして!よろしくおねがいします。基本情報の問題です。
以下の計算につき、桁上がりや桁借りをふくめた解説お願いいたします。
-----ココから
2進法
 A:00110101 B:00011110
 A+B
 A-B

16進法
 A:ABCD B:9876
 A+B
 A-B
-----ココまで

A 回答 (5件)

A:110101 B:11110


A+Bについて
110101+11110=121211
ここで、2=10だから(これが桁上がりです)、202011
再び2=10より、A+B=1010011

A-Bについて
一の位は1-0だから桁借りがなく、1(残りは11010-1111)
十の位は0-1だから桁借りをして、10-1=1(残りは1100-111)
百の位も0-1だから桁借りをしたいが、Aの千の位が0なので、更に桁借りをしておく。(つまり、100=12)
面倒なので千の位も同時に考えて12-11=01(残りは10-1)
一万の位は桁借りをして10-1=1 これで計算終了。
A-B=10111

16進法
 A:ABCD B:9876
これでは引き算のときに桁借りがないので、
 A:13579 B:ABCD
これでやってみましょうか。(自爆しそうだけど(笑))
G=10 に注意します。

A+Bについて
一の位
 9+D=(Dから3つ進むとGで、6余るから)6(十の位は桁上がり)
十の位
 1+7+C=(Cから4つ進むとGで、4余るから)4(百の位は桁上がり)
百の位
 1+5+B=(Bから5つ進むとGで、1余るから)1(桁上がりあり)
千の位
 1+3+A=E (桁上がりなし)
以上より、A+B=1E146

A-Bについて
一の位はBの方が大きいから桁借りをしておく。
 19-D=(19から13戻って)6
十の位は一の位で桁借りがあったので、6-Cとなり、またBの方が大きいので桁借りをする。
 16-C=(16から12戻って)4
百の位も同様に、
 14-B=3
千の位も同様に
 12-A=2
よって、A-B=2346

こんな感じでよろしいでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どれもよかったのですが、私的にベストはコレでしょうか。桁上がり、桁借りにかんしてもこの説明で飲み込めました。一番うれしかったのは16進数の引き算で桁借りが発生するよう問題をアレンジしてくださったことです(涙)サンキューベリーマッチでした。

お礼日時:2001/06/04 14:32

【2進法】


 A:00110101 B:00011110

★ A+B *******************************************

  A:00 11 01 01 
+ B:00 01 11 10
------------------
11 ←01+10=10
1 00    ←01+11=100
1 00     ←11+01=100
-------------------
01 01 00 11

★ A+B ******************************************
A:00110101  +10=00110111
- B:00011110  +10=00100000
------------------
A、Bともに10をくわえてからひいても差A-Bは変わらない
A:00110111 
- B:00100000
------------------
   00010111





【16進法】
 A:ABCD B:9876

★ A+B *********************************************
    ABCD
    +9876
-------
13 ←D+6=13
13 ←C+7=13
13 ←B+8=13
13 ←A+9=13
--------
14443



★ A-B *************************************************
    ABCD
    -9876
-------
7 ←D-6=7
5 ←C-7=5
3 ←B-8=3
1 ←A-9=1
--------
1357


説明読むのもかったるいという人向けに
説明文を極力省いてみました。
題して、「目で解く、記数法」
ただし、スペースキーが反映されないとしたら
悲惨な結果になりそう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

基数計算に関してある程度知識があればこれくらい簡潔な説明がかったるくなくてよかったのかも。でもでもわたしは数学音痴なんですぅ(^^;;;。ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/04 14:28

ゆっくりやってたら先を越されてしまった(笑)


一応こんなのを見つけてきたので置いていきます。

参考URL:http://www.josaigakuen.ac.jp/~yoshi561/syumi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

検索でもいろいろさがしたんですけど、このページはひっかからなかった。ナイスサーチ!ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/04 14:29

n進法ならば、各桁の和(繰り上がり分があるときは、それも含む)をxとすると、


 x ≧ n ならば 1つ上の位に1繰り上がり、(x-n)がその桁の答え
 x < n ならば そのままxがその桁の答え
となります。
引き算の場合は、各桁の差(繰り下がり分があるときは、それも含む)をyとすると、
 y < 0 ならば 1つ上の位から1繰り下がり、(y+n)がその桁の答え
 y ≧ 0 ならば そのままyがその桁の答え
となります。

2進法 A:00110101 B:00011110
これを2^0の位(右端)から順に計算していきます。
2^0の位 1+0 = 1
2^1の位 0+1 = 1
2^2の位 1+1 = 2 → 1繰り上がって、この桁は0
2^3の位 0+1 +1(繰り上がり分) = 2 → 1繰り上がって、この桁は0
2^4の位 1+1 +1(繰り上がり分) = 3 → 1繰り上がって、この桁は1
2^5の位 1+0 +1(繰り上がり分) = 2 → 1繰り上がって、この桁は0
2^6の位 0+0 +1(繰り上がり分) = 1
2^7の位 0+0 = 0
よって、A+B=01010011bとなります。(末尾の「b」は2進表記を示します)

続いてA-Bです。やはり2^0の位(右端)からの計算です。
2^0の位 1-0 = 1
2^1の位 0-1 = -1 → 2^2の位から1繰り下がって、この桁は1
2^2の位 1-1 -1(繰り下がり分) = -1 →2^3の位から1繰り下がって、この桁は1
2^3の位 0-1 -1(繰り下がり分) = -2 →2^4の位から1繰り下がって、この桁は0
2^4の位 1-1 -1(繰り下がり分) = -1 →2^5の位から1繰り下がって、この桁は1
2^5の位 1-0 -1(繰り下がり分) = 0
2^6の位 0-0 = 0
2^7の位 0-0 = 0
よって、A-B=00010111bとなります。


さて、16進法の方ですが、これも考え方は一緒です。
ただし、各桁の計算結果が10以上になった場合はちょっとクセがあります。
10→A、11→B、12→C、13→D、14→E、15→F を覚えて下さい。
A:ABCD B:9876
まずA+Bを求めます。やはり16^0の位(右端)から計算します。
16^0の位 D(13)+6 = 19 →16^1の位に1繰り上がって、この桁は3
16^1の位 C(12)+7 +1(繰り上がり分) = 20 →16^2の位に1繰り上がって、この桁は4
16^2の位 B(11)+8 +1(繰り上がり分) = 20 →16^3の位に1繰り上がって、この桁は4
16^3の位 A(10)+9 +1(繰り上がり分) = 20 →16^4の位に1繰り上がって、この桁は4
16^4の位 A、Bともにこの位がないので、 0+0 +1(繰り上がり分) = 1
よって、A+B=14443h(末尾の「h」は16進表記を示します)

つぎにA-Bです。
16^0の位 D(13)-6 = 7
16^1の位 C(12)-7 = 5
16^2の位 B(11)-8 = 3
16^3の位 A(10)-9 = 1
よって、A-B=1357hとなります。


ちょっとゴチャゴチャしてしまいましたが、わかりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私てきにセカンドベストはこれでしょうか。計算のステップをみやすく、わかりやすく、詳細にシミュレートしたくださいました。サンキュー!

お礼日時:2001/06/04 14:34

普通、我々一般人は10進数に慣れ親しんでいます。


10進数の場合は足して10(9+1)以上になったら桁上
がりが、桁借りの場合は10を借り(足し)ます。
この原理は2進数でも16進数でも同様で、2進数の場合
は2(1+1)以上になったら桁上がり、桁借りの場合は2
を借り(足します)。
同じく16進数は、16(F+1)以上になったら桁上がり、
桁借りの場合は16を借り(足します)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

問題の解き方を一通り理解したあとで、知識をざっと整理するのに役立ちました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/04 14:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生算数 「上から2けた」の考え方

小学生算数 「上から2けた」の考え方

お世話になります。
数学のカテゴリで恐縮ですが、小学生の子供に算数を教えていてわからなかったので教えてください。
答えを上から2けたのおよその数で答えなさい、というときに、計算結果が0.536になった場合は、小数第1位を上から1けた目と考えて、小数第3位の6を四捨五入して0.54とすればよいのでしょうか?
1のくらいの「0」を1けた目と数えていいのかどうか、わからなくて質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

小数の場合、「上から?桁」はゼロを無視して数えます。

例)0.00829の上から2桁の概数 → 0.0083

Q(a+b−1)(a+b+1)の計算方法は、 a×a+b×b−1a+b+1a+b+(−1)1 =a^2

(a+b−1)(a+b+1)の計算方法は、

a×a+b×b−1a+b+1a+b+(−1)1
=a^2+b^2−1

であっていますでしょうか?

Aベストアンサー

順番通りに機械的に計算するのがコツです。

左の a と 右の a, -b, +1 をかける。
左の b と 右の a, -b, +1 をかける。
左の -1 と 右の a, -b, +1 をかける。

これを 「a・aがあって、b・bがあって...」と考えながらやると、抜けが出てしまいます。

あとは、既に出ていますが X=a+b とすると、よく知られた公式だけで解くことができて簡単になります。

Q小学生の算数問題です

子どもが塾で出された課題です。
「0から9までの数字を1回づつ使用して、4けた+2けた=4けたの式が成り立つものをすべたあげなさい。」
4通りは発見できたのですが、はたして全部で何通りあるかもわかりません。
どなたか助けて下さい。

Aベストアンサー

ABCD+EF=GHIJ とすれば、
B=9
H=0
A+1=G

また、各桁の偶奇を調べると、
偶+偶=偶、偶+奇=奇、奇+奇=偶
なので、繰り上がりを考えないと、奇数の数は偶数個でなければなりません。
0~9のうち奇数は5個なので、繰り上がりしている桁は奇数個あることになります。
2桁目、3桁目は繰り上がりしているので、1桁目も繰り上がりしています。

以上のことを踏まえて、
CとE、DとFは交換しても和は同じなので、C>E、D>Fとして、
2桁目の組み合わせを調べると、
A92D+8F=G01J (3,4,5,6,7)
A93D+7F=G01J (2,4,5,6,8)
A93D+8F=G02J (1,4,5,6,7)
A94D+6F=G01J (2,3,5,7,8)
A94D+7F=G02J (1,3,5,6,8)
A94D+8F=G03J (1,2,5,6,7)
A95D+6F=G02J (1,3,4,7,8)
A95D+7F=G03J (1,2,4,6,8)
A95D+8F=G04J (1,2,3,6,7)
A96D+7F=G04J (1,2,3,5,8)
A96D+8F=G05J (1,2,3,4,7)
A97D+8F=G06J (1,2,3,4,5)
の12通り。(括弧内は残りの数字)

さらにそれぞれの組み合わせを調べると、

4926+87=5013
5934+78=6012
5934+87=6021
2947+68=3015
5943+78=6021
1956+78=2034
1956+87=2043
1965+78=2043
2964+87=3051
の9通り。

1桁目、2桁目を交換したものも加えると、合計36通りとなります。

ABCD+EF=GHIJ とすれば、
B=9
H=0
A+1=G

また、各桁の偶奇を調べると、
偶+偶=偶、偶+奇=奇、奇+奇=偶
なので、繰り上がりを考えないと、奇数の数は偶数個でなければなりません。
0~9のうち奇数は5個なので、繰り上がりしている桁は奇数個あることになります。
2桁目、3桁目は繰り上がりしているので、1桁目も繰り上がりしています。

以上のことを踏まえて、
CとE、DとFは交換しても和は同じなので、C>E、D>Fとして、
2桁目の組み合わせを調べると、
A92D+8F=G01J (3,4,5,6,7)
A93D+7F=G01J...続きを読む

Q数学 計算式教えて下さい!(a+b+c)二乗−(b+c−a)二乗+(c+a−b)二乗−(a+b−

数学 計算式教えて下さい!
(a+b+c)二乗−(b+c−a)二乗+(c+a−b)二乗
−(a+b−c)二乗

途中の計算式、説明をお願いします。
来週、期末テストの為、助けて下さい
m(_ _)m

Aベストアンサー

(a+b+c)^2 -(b+c-a)^2   を  {(b+c)+a}^2 -{(b+c)-a}^2   に変形し平方の差の形にする

同様に (c+a-b)^2 -(a+b-c)^2   を  {(a+b)+z}^2 -{(a+b)-c}^2 にすると

A^2-B^2=(A-B)(A+B)から            注 ^2は2乗を示します。

左の2項が  (b+c+a-b-c+a)(b+c+a+b+c-a) 整理すると 2a(2b+2c)

右の2項が  (a+b+c-a-b+c)(a+b+c+a+b-c) 整理すると 2c(2a+2b)

まとめると 与式=2a(2b+2c)+2c(2a+2b)      整理すると  8(ab+ac)

参考までに。

Q小5算数パズルの宿題が解りません。

1から9までの数字を1回ずつ使用し、5けたひく4けたの筆算式を2つ作り、
それぞれの答えが22222と33333になる筆算式を作ります。

     □□□□□
   -  □□□□
     2 2 2 2 2

     □□□□□
   -  □□□□
     3 3 3 3 3 

どうしても解けません。助けてください。

 

Aベストアンサー

回答例です。

31874
9652
22222

41286
7953
33333

Q(a+b+c)(-a+b+c)(a-b+c)・・

(a+b+c)(-a+b+c)(a-b+c)(a+b-c)の展開の仕方を教えて下さい。

Aベストアンサー

 ANo.4です。
 お礼をありがとう。

>2行目、(a-b+c)がなぜ(a-Y)と展開できるのでしょうか?。
>Y=b-c なので、合わない気がするのですが。

 ここは次のように計算しています。

 a-b+c
=a-(b-c)
=a-Y    ←Y=b-c

 Yの前にマイナスを付けることでbとcの符号をそれぞれ反転させることができます。

Q小3の算数


1.2.3.4.5.6
1~6までのカードが1まいづつあります。
このカードを使って、
(3けた)-(3けた)の式を作りなさい。
Q1答えが111になる式はなんでしょうか?
 (111になるようにしましょう 答えは6パターンあります)
Q2答えが一番小さくなるのは?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1
246-135 264-153 426-315 462-351 624-513 642-531
隣り合う数字を引けば1になることに気づく。それをうまくならべる方法。パターンをもれなく数え上げるコツ。こんなところを学ぶ問題でしょうか。

2
ほんとはマイナスの数字がいちばん小さいですが、小3ですからそれは考えないんでしょう。だとすると、

100の位は隣り合う数にすべきだというのをまず思いつく。
で、残りの10の位と1の位の数字で、できるだけ、引かれる方を小さく、引く方を大きくするのがいいなと考えるんでしょう。
そうすると65がいちばんでかくて、12がいちばん小さい。のこりの3と4で100の位を作ろう。

みたいな感じでしょうか。
412-365

Qf(a+√b)=c+√b f(a-√b)=c-√b f(a+bi)=c+dif(a-bi)=c-di

f(a+√b)=c+√b
ならば
f(a-√b)=c-√b
は成り立ちますか。
√の中は変わらないので計算後も√bのままでいいでしょうか。

f(a+bi)=c+di
ならば
f(a-bi)=c-di
は成り立ちますか。
前回の質問が締め切られてしまいました。
前回回答いただきましたTacosanさま、かなり考えましたがヒントに最後まで答えることが出来ず、申し訳ありませんでした。一定の条件がわかりませんでした。こちらにも是非回答お願いいたします。詳しい回答本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

反例:
xの一次式
f(x) = x ・(1-√2) + √2

f(1+√2) = (1+√2)・(1-√2) + √2
=1-2 + √2
=-1+ √2

f(1-√2) = (1-√2)・(1-√2) + √2
= 1 -2√2 + 2 + √2
= 3 - √2 ≠ - 1 - √2

---
f(x) = g(a,|x-a|) + (x - a)
と表せるなら
 f(a+√b) = g(a,|√b|) + √b = g(a,√b) + √b
 f(a-√b) = g(a,|-√b|) + (-√b) = g(a,√b) - √b
c = g(a,√b) とすれば
 f(a+√b) = c + √b
 f(a-√b) = c - √b
です。
ですが、 c + √b という形を見ただけでは、√b が「 + (x-a) 」に由来するものなのか、g(a,|x-a|)の|x-a|に由来するものなのか、g()に由来する xに依存しない定数√b なのか、判断できません。

QACCESSで10桁の中から中の3桁を抜き出す関数

ACCESSで7けたの数値7654321から765の部分3桁と43の部分の2桁、21の桁を分けて抜きとりたいのですが、どういう関数を使ったらよいかわかりません、LEFT関数を使ってみたりしたのですがどうも欲しいものが取り出せないので基礎的なことですが教えてください
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

クエリのデザイングリッドの「フィールド」のセルに

a: [x] \ 10000
b: ([x] Mod 10000) \ 100
c: [x]-[a]*10000-[b]*100

と入力してください。ここで、x は 7654321 などが入っているフィールドの名前、a, b, c は計算結果が入るフィールドの名前です。

7654321 に対しては、a に 765、b に 43、c に 21 が得られます。

Qa^(a+b)=b^24,b^(a+b)=a^6を同時に満たす1と異なるの正数a,bを求めよ

こんにちは。

[問]
a^(a+b)=b^24,b^(a+b)=a^6を同時に満たす1と異なるの正数a,bを求めよ。
[解]
a+b=24log[a]b
a+b=6log[b]a=6/log[a]b
なので
(log[a]b)^2=1/4
log[a]b=±1/2
a^(±1/2)=b
からどうしてもa,bが定まりませんどうすれば定まりますでしょうか?

Aベストアンサー

>a,b(>0)の大小関係のいかんによってはlog[a]b<0も有り得るのでは??

ええ、もちろん log[a]b を単独でみるときはそうです。でも、この式
   a+b=24log[a]b をみると、a も b も正の数ですから、左辺は
正の数ですよね。ということは、右辺の log[a]b は正の数でなければな
りませんよね?そういう意味で log[a]b>0 といったのです。
したがって、もし b=a^(-1/2)を log[a]b に入れると log[a]a^(-1/2)=-1/2
となり、a+b=-12 で「a,bは正の数」と言うことに矛盾してしまいます。

納得できたでしょうか。説明が足りなくてすみませんでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報