人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

たとえば、0.859だったとき、少数第1位や第2位はどこになるのですか?1の位が0のときは、普通ではなかったような気がするのですが…。

A 回答 (4件)

小数第一位は、 0.1の桁を示しており、質問の例では8になります。


No.1さんの言うとおり、有効数字との勘違いと思われます。

参考URLの2.3.をご覧ください。

参考URL:http://www.gs.niigata-u.ac.jp/~kimlab/lecture/nu …
    • good
    • 2

小数点第○位というのは、小数点から何番目かという意味なので1の位の数がどんな数であろうともずれることはありません。

    • good
    • 0

1の位が0であろうがなかろうが、同じです。



0.859なら、
 小数第1位→8
 小数第2位→5
 小数第3位→9
です。
    • good
    • 1

小数○位は小数点からの距離で変わらないと思います。


有効数字と混同していますか?
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小数点第一位とは・・・

小数第一位とは、小数のどの位ですか? Wikiを見てもさっぱりです。 例えば、1.23456・・・とあると、どの数字が小数点第一位で、第2位なのかわかりません。 
 数学と言うより、算数ですけど、お願いします。

Aベストアンサー

この場合
少数第一位は 2ですね。
二位は3になります。
三位は4です。

Q小数点第一位が0のとき、切り上げる方法

ウィンドウズ7 エクセル2007を使用しています。

以下のように小数点第一位を切り上げたいのです。

 1.2 → 2
 1.0 → 2
 1.6 → 2

”1.2”と”1.6”の切り上げ方は分かるのですが"1.0”のときどのようにしたらいいか
わかりません。

 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>”1.2”と”1.6”の切り上げ方は分かるのですが"1.0”のときどのようにしたらいいかわかりません。
数値の指定桁で切り上げ、切り捨ては端数がある場合の処理をするものです。
端数が0のときは切り上げ、切り捨ての必要が無いので質問のような処理方法はありません。
1を加えて小数点以下1位を切り捨てや0.5を加えて四捨五入は結果が目的に合うようするための苦肉の策です。
何のためにそのような処理を必要とするかの説明が必要でしょう。
下記のようなことであれば端数切り上げ(ROUNDUP関数)で処理可能です。
=ROUNDUP(A1,0)
元の値 → セルの表示 → 切り上げ後
1.01 → 1.0 → 2
1.00 → 1.0 → 1
貼付画像のA列は実際の値、B列は全て小数点以下1位まで表示、C列は端数切り上げ後の値です。

Q小数第一位までのときは、第二位を四捨五入?

中学校、理科の問題で、
例えば「湿度は何%か。小数第一位まで求めよ。」とかの問題は、第二位を四捨五入するんですか?
それとも、第二位が5~9の数字でも気にせず切り捨てていいんですか?

Aベストアンサー

通常、少数第1位までと言うときには、少数第2位を四捨五入します。

Q小数点以下が0になるときの考え方について教え得て頂けると幸いです。小学

小数点以下が0になるときの考え方について教え得て頂けると幸いです。小学算数の指導方法は理解できました(下のサイト)。たとえば12.0という数字では、実測に関する場合には小数点以下の0が有意味で、それ以外は無意味ということになり、無意味な数字は表記しないことが原則となるようですが、このことは、数学ではどのように説明されるのでしょう。整数の範囲であれば、整数論に関する文献を当たることも可能なのですが、こういう問題は何の分野になるのでしょうか。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5884510.html

Aベストアンサー

物理や化学の分野でよく使われています。
広く言えば測定が関係する、または測定が前提となった数字を扱う分野ではすべて扱います。
「有効数字」という言葉であらわされている数字の扱い方です。
数学的には「誤差論」が背景にあります。(ガウスの「誤差論」というのがよく知られているようです。)
加減・乗除について材料となった数字の誤差が演算の結果の数字の誤差にどのように反映するか、したがって信用できる部分はどれだけであるかを議論しているものです。

普通の数学では測定を前提にしてはいませんのでほとんどの数学的な記述には有効数字は考慮されてはいません。πの値を~万桁出したというようなことが書かれている場合があります。こういうことは自然を記述する数字としてはあり得ないことです。10桁の数字が書かれている文章があれば執筆者の能力を疑ってかかってまず大丈夫でしょう。普通、信用できるのはせいぜい5桁以下の数字です。特別な定数で10桁近い値が得られているものもあります。でもその値は現在得られている最高の精度のものであるということであって、普通の測定で得られる値であるということではありません。
有効数字の桁数を上げることに意味のない数字もかなりあります。
(「桁」という言葉にも注意が必要です。「有効数字」の桁数という時と位どりの意味での桁数とは意味が異なります。位どりの意味での桁数は有効数字の桁数ではありません。測定の精度に関係なく、単位の取り換えでいくらでも変わります。1mは1000mmですから3桁変化します。)

「有効数字」という言葉が異なった意味で使われている場合がありますので注意が必要です。
数値計算の分野(コンピュータの内部処理)の分野で使われている「有効数字」の意味は物理や化学で使われているものとは異なります。コンピュータの中ではほとんどの数字が無限小数として出てきます。どこかで打ち切って次の処理に回さなければいけないのですが打ち切り方が問題になります。最後の数字の扱いも問題になります。これはJISで決めています。(JISにのっているということで工業系の人は「有効数字」というとこの意味だと思っている人が多いです。)
有効数字に慣れてない人が有効数字について知りたいと思ってJISの規格を読むということをやるとおかしなことになります。JISで扱っている数字は測定を前提にしてはいません。有限の桁数の数字(コンピュータの内部処理の有効桁数以下の数字)が出てくればこういう扱いの対象にならないのです。整数が出てくればいつも誤差なしの扱いです。
測定を前提としていて23と23.0は意味が異なるという意味での「有効数字」とは全く別物であることが分かります。
大学の入試問題などではこの食い違いが原因ではないかと思われるおかしな数値がよく目につきます。
自然科学的な立場で言うと欠陥問題である、答えの出ない不十分な数値しか与えられていないおかしな問題であるとしか言えない問題が目につきます。

物理や化学の分野でよく使われています。
広く言えば測定が関係する、または測定が前提となった数字を扱う分野ではすべて扱います。
「有効数字」という言葉であらわされている数字の扱い方です。
数学的には「誤差論」が背景にあります。(ガウスの「誤差論」というのがよく知られているようです。)
加減・乗除について材料となった数字の誤差が演算の結果の数字の誤差にどのように反映するか、したがって信用できる部分はどれだけであるかを議論しているものです。

普通の数学では測定を前提にしてはいません...続きを読む

Q新しい算数(小4) 四捨五入・・・がい数

問題をそのまま書きます。
次の数を四捨五入して、一万の位までのがい数にしましょう。
(1)97083 (2)65434 (3)38056 (4)741276

これって何でしょう?

数学の専門家ならこの意味(問題文の)分かるのでしょうか? 先生の説明を聞いてきたPTAの方々も???だそうで・・・

Aベストアンサー

小学校4年生の教科書では、概数の表し方を二つ紹介しています。

(1)ある位までの概数
(2)上から1けたや2けたの概数

ご質問の場合は、(1)に該当します。
したがって、千の位を四捨五入すればよいことになります。

97083→100000 65434→70000 38056→40000 741276→740000 となります。

QWordに新しいページを挿入する、いらないページを削除する方法は?

1、Wordに新しいページを挿入するにはどうすればいいのでしょうか。
2、いらないページを削除するにはどうすればいいのでしょうか。
初心者の質問で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

たとえば1ページと2ページの間に新しいページを挿入する場合。
2ページの先頭でカーソルを点滅させて、キーボードのCtrlを押しながらEnterして下さい。
2ページ目が3ページに行って、2ページ目が新規に出来ます。

いらないページについては、そのページをすべて選択して、deleteして下さい。

Q小数点以下

簡単なコトだと思うのですが・・・
『小数点以下3位未満の端数は、切り捨てる』とは
0.12345の場合、どうなるのですか?

『小数点以下3位以下の端数は、切り捨てる』とは
0.12345の場合、どうなるのですか?

申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

『小数点以下3位未満の端数は、切り捨てる』とは
0.12345の場合、どうなるのですか?

「未満」は小数点以下第3位を含まない、つまり第4位を切り捨てます。
ですから、
0.123です。


『小数点以下3位以下の端数は、切り捨てる』とは
0.12345の場合、どうなるのですか?

「以下」は小数点以下第3位を含む、つまり第3位を切り捨てます。
ですから、
0.12です。

Q5年生 割合の問題を教えてください

小学5年生の子どもに割合をうまく教えられず困っています。

例)あゆみさんのクラスでは風邪で9人休みました。
これはクラスの30パーセントにあたります。
クラスの人数は何人でしょう?

あとで算数の教科書を見たら、
(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)を使って解くことになるようです。
しかし、この式でなぜ解けるのかが教えられません。
中学生だと、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)から、式を変形させればいいと教えられるのですが…
本人は、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)については理解できています。

ちなみに私は、(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)なんて覚えていないので、いきなり質問されて頭の中でX×0.3=9という式をつくり、X=9÷0.3と変形させてからでないと解けませんでした。

Aベストアンサー

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ分ということです。したがって、
 もとにする量(1あたり量)を○、比べる量(全体の量)を□、割合(○つ分)を△とおけば、いかなる場合も、3つの数量の関係は、以下のようになります。
(1)□=○×△
(2)△=□÷○
(3)○=□÷△
これは、割合だけでなく、速さの問題などいろんな場面で使えます。つまり、掛け算割り算を習った段階で、この原理原則は、すでに小3で完成されているわけです。あとは数値が、大きくなったり、小数になったり、分数になったり、倍や%が出てきたりするだけのことです。ですから、算数における飛び級などもありうるわけです。

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q「小数点以下2桁」と「小数点2桁」

「小数点以下2桁」と「小数点2桁」

「小数点以下2桁」という表現は正しいかと思うのですが、
同じ意味で「小数点2桁」という記載は正しいのでしょうか?

できれば、出展を添えてご教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

「小数点以下2桁」は「小数第2位まで」と表現したほうがよく,また「小数点2桁」は誤解を与えかねないので用いません。
 蛇足ですが,「出展」は「出典」の誤りです。以後注意しましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング