忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

以下の4つの言葉遣いの違いを教えてください。
1.お疲れ様でした
2.ご苦労様でした
3.お疲れ様です
4.ご苦労様です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

#7です。



3度目の補足ですが、あなたは「ご苦労様」を年上に使うことが正解という答えを待っているわけですね?
しかし正誤でいうなら“誤”であることはすでに皆さんの回答の通り、明確です。
つまり「元々の質問にははっきり答えがでてる」んです。

これ以上議論をなさりたいなら、このOK Webでなく、どこかの掲示板でなさるのが適当かと考えます。

ところで補足が届くたびに、いやな感じがしたのは私だけでしょうか?
    • good
    • 1

No.4です。



どうしても目上の方に「ご苦労様」を使わなければ気がすみませんか?
「お疲れ様」はお気に召しませんか?

顧問の方は心が広そうな方なのでそーおっしゃられているだけです。(理想の上司ですね。)
世の中「ご苦労様です」と声をかけただけで説教する方は大勢います。(うちの会社で使ったら間違いなく説教です。)
説教されても構わないのであれば、どーぞご自由に「ご苦労様」を使ってください。
    • good
    • 0

#9 です。



#16 への補足が、私のところへもgooメールで届きましたので。

----
どんな表現でも、その場の状況とか、言い方の調子によって、
皮肉になったり、意味がひっくり返ったりすることもありますし、
ハートが大切なことは言うまでもありません。

ただ、
目上の人に「ご苦労さん」というような言い方をした時に、
"いくらハートが込められていても" 、
皆が皆、抵抗なく受け取るとは限らないということです。

○お話の顧問さんのように、ハートがあれば言葉遣いなんか
瑣末なことだと、気に留めない人もいるだろうし、
○「お前、こういうときはこんな風に言うもんだぞ。」
と、フランクに意見してくれる人もいるだろうし、

ただ、中には、
○何も言わずに胸の内で、
「様子からすると俺をなめていることでもないようだけれど、
 いずれにしても、こいつは言葉遣いを知らないやつなんだな。」
と思う人もいるということです。

理屈ではなくて、現実の話です。

別の言い方もある訳ですから、そういう risk を冒すことも
ないんじゃないかということだと思います。

いずれにしても、
その辺は at your own risk ということですけどね。

--
    • good
    • 0

再びNo.4です。


> 目上の人に「ご苦労」は絶対ありえないのでしょうか。私にはケースによってはあるような気がするのですが。
これは絶対にありえません。

>行事の場合、これから始まり疲れるのであり、来られたときに「お疲れ様です」は少し違和感があります。
何に対して「お疲れ」、「ご苦労」というのか理解していますか?
「これからの作業」に対してとお考えのようですが、そうではありません。
「来てもらったこと」そのものに対してです。

この回答への補足

宴会で会社の顧問の人にこの問題を質問したらこんなことは問題(言葉遣い)ではなく、ハートだと仰っていました。分かる気もしますが、いかがでしょう。極論すれば、ハートがあれば、「ご苦労様」もありということなんですが。

補足日時:2004/05/03 22:35
    • good
    • 0

目上の人を、目下の人間は「ねぎらわない」「ねぎらったら失礼」ということです。

単純に。

だから、ねぎらいの言葉である「ご苦労様」も「お疲れ様」もいわないほうがいい、・・・ということです。

これは文化と価値観の問題です。
価値観の共有がないひと同士の場合
・相手の価値は無視する
・相手の価値を尊重する
のどちらかにしますが、人間関係をうまくやっていこうと思うなら、当然後者を選択するものですよね。
    • good
    • 0

#7です。


2番目の補足を読んで、1番目の補足「皆さんの回答に対して少し不満があります」の意味が多少解りました。

>目上の人に「ご苦労」は絶対ありえないのでしょうか。私にはケースによってはあるような気がするのですが。

結論からいうと、ありえません。
これは敬語に関する多数の文献やサイトで明確ですし、時と場合という例外は、私の知る限りでは見たことがありません。

>行事の場合、これから始まり疲れるのであり、来られたときに「お疲れ様です」は少し違和感があります。

その場合は、ご苦労様という言葉は使わずに、
「御足労おかけします」
「お越しいただいてありがとうございます」などと言ってはいかがでしょうか?
お疲れ様もご苦労様もどちらも過去の労をねぎらう言葉ですので、今から何かが始まる時には向かない言葉だと考えます。

ちなみに私はたとえ部下にも目下にも「お疲れ様」を使います。
その方が面倒くさくないからというのが一番の理由ですが、死語にすべきとは思いません。先に書いたとおり、紛らわしさは全く無いからです。
    • good
    • 1

No.4です。


> たとえば職場ではなく、地域社会などで、行事の役員をしているとします。そこへ町内会長さんが来られて「ご苦労様です」と迎えたら失礼になるでしょうか。
失礼です。
単なる役員と町内会長では「町内会長の方が目上にあたります」。
なのでこの場合は「お疲れ様です」と迎えてください。

# どーしても目上、目下で区別をしたくないのであれば、「お疲れ様です」をお使いください。
 人間目下に見られると不快に思いますが、目上に見られる分には何も言いませんから。

この回答への補足

「ご苦労様」は死語にした方が紛らわしくなく良いということでしょうか。

目上の人に「ご苦労」は絶対ありえないのでしょうか。私にはケースによってはあるような気がするのですが。

行事の場合、これから始まり疲れるのであり、来られたときに「お疲れ様です」は少し違和感があります。

補足日時:2004/04/30 23:06
    • good
    • 0

『たとえば職場ではなく、地域社会などで、行事の役員をしているとします。

そこへ町内会長さんが来られて「ご苦労様です」と迎えたら失礼になるでしょうか。』

⇒あなたが、市長さんなら「ご苦労様です」はまっとうなねぎらいの言葉となります。
しかし、あなたが役員であれば(その町内会に属する人であれば)、町内会長は目上の方ですし、年配の方になるでしょうから、「ご苦労様です」というと町内会長さんは「失礼な」と内心思ってしまわれる恐れもないわけではない、と思います。

使わないほうが無難だと思います。
私なら「本日はご足労いただき、ありがとうございます」といいます。
    • good
    • 0

この問題は、以前からいろいろと取りざたされていますが、年齢層によって「常識」は異なっています。


以下、便宜上、上司と部下の関係で説明します。

・現在おおむね60歳以上の方々

目上から目下への「ねぎらい」の言葉だから、お疲れ様も、ご苦労様も、部下が上司に言ってはいけない、と考えるのが多数派と思われます。

・おおむね30代から50代

ひとによって、考え方が違います。
「お疲れは部下がいっていいが、ご苦労様は上司しかいえない」
という考え方もあるようですね。
間違いとは言わないまでも、このような考え方を「変だ」と思う年配の方々はいらっしゃるでしょう。

・それ以下の方々

目上とか目下といった関係にかまわずに「お疲れ」「ごくろう」を言っていい

--------
もし、あなたがどの年齢層からも「常識のあるひと」だと思われたいのなら、「ご苦労様」も「お疲れ様」も目上の方には言うべきではないでしょう。

では、なんというのか。それは、

・上司がねぎらいのことば(お疲れとか、ご苦労とか)をかけてくれれば(かけてくだされば)、
それが、終業時などであれば「ありがとうございます。お気をつけて」などの挨拶を返す、ということがいいでしょう。

この回答への補足

皆さんの回答に対して少し不満があります。代表してここで再質問させていただきます。たとえば職場ではなく、地域社会などで、行事の役員をしているとします。そこへ町内会長さんが来られて「ご苦労様です」と迎えたら失礼になるでしょうか。

補足日時:2004/04/30 22:05
    • good
    • 0

何となくご質問から察するに新社会人の方ですか?


大分すると「お疲れ」は自分より目上の人に、反対に「ご苦労」は目下の人に使いますね。
またご質問にある「~でした」と「~です」は事前事後ということでだいたい区別はつけられると思いますが、具体的な事例で示した方がいいでしょうかね?

1.お疲れ様でした
 何か仕事などの終了時に一般的に使用。目上/目下問わず使用可。
 ex.)「お先に失礼します」「お疲れ様でした」

2.ご苦労様でした
 基本的には1と同じような用法だとは思いますが、仕事の同僚などの近しい相手というよりは、同じ仕事に関わるのでも業者さんなどの第三者に対して使うことが多いと思います。
 うまく例えられなくてすみませんが、郵便や宅配便の配達の方などにかける労いとしての用法が多いですね。
 この場合は年齢は関係ないですが、「労い」ということ自体が上から下に対する意味を持つので、かなり年上の方に言う時には「『どうも』ご苦労様でした」としたりすると柔らかいと思います。
 それ以外では1と同じシチュエーションで、上司(先輩)から部下(後輩)に使われたりもしますね。「でした」が付かないことも多いと思いますが。
 この関係の場合、立場が逆の場合はNGです。

3.お疲れ様です
 上下関係に関係なく、同じ集団(会社など)に属している人同士が(主にその拘束時間内に)交わす挨拶。
 目上の人からの場合は「です」がないことも多いと思います。

4.ご苦労様です
 2の前者の例で2は事後、この4の「です」は事前に使うと思います。

どちらも基本的には同じような意味ですが、
「ご苦労様」に使われている「労」には同等以下の人の苦労・尽力などを慰め、感謝するという意味がありますので、「お疲れ様」の方に更に「でした」「でございます」などを付けて年上,目上の人に対して使うのでしょう。

ダラダラ長いわりに大した回答になってなくてすみません。私も社会人1年生の時に苦労したり注意されたりしたので、何となく懐かしさもあって投稿してみました。参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Q「ご苦労様」と「お疲れ様」の使い分けについて

最近の若い人の言葉使いについて疑問があるのですが。

自分の考えが古いのかもしれませんが、終業時に年下・部下の人間が自分に対して「ご苦労様です」と言う若者が増えているのですが、それって言葉使いが違ってはいないかと感じる時があります。

「ご苦労様」「ご苦労さん」は自分より年下・部下に対して使う言葉ではないのかと、47年間生きてきた経験からそう思ってきたのですが。

自分が思うには、目上の人・上司への挨拶は「お疲れ様です」「お疲れ様でした」ではないのかなと思うのですが、
・自分の考えが古いのですかね? 
・それともなめられているのかな? 
・それともまだ言葉の使い方が分らないのかな? 

「そんな事いちいち気にして、ケツの穴が小さいな~!」と言われそうですが、どうも違和感があるのですが、自分の考えは間違いですかね?

皆さんのご意見次第では、その若者達に指導していきたいと思います。
自分の考えが間違いなら考えを改めたいと思います。

ご意見お待ちしております。

Aベストアンサー

私は、昨年ある本を読んでいて、帰り際の目上の人にお疲れさまは失礼だという文に接し考えを改めたばかりでしたので回答しました。
質問者さまの言う通り眼下の人間に「御苦労サン」と声をかける上司もよく見かけるのですが、「お疲れ」のほうが「御苦労」よりもいたわりの気持ちが弱い表現と感じませんか?
 確かそんな内容の文だったと思います。取引先の同じくらいの社会的な立場の人の悩みを聞いた時、それは疲れることですねとは言わず、それはご苦労されますねと答えると思います。
 言葉の持つ意味から上司に「お疲れ様」はかえって失礼になるとの文意でした。
 古くはあまり「お疲れ~」などと語尾を飛ばした挨拶はなかったのですが最近は「お疲れ」と語尾を言わない挨拶が普通に行われるようになってきました。「本来はお先に失礼します」の前置き言葉がそのまま挨拶に使われるようになってしまったんだと思います。

QPTA会長様へのお礼の手紙

お礼の気持ちを述べるのに、質問させていただくのは邪道かとは思いますが、どうかよろしくお願いします。
内容は、原稿用紙一枚程度で、『感謝のつどい』という会で読むものです。PTA会長様にはいろいろとお世話をしていただきましたが、なかなかうまくかけません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「感謝のつどい」というのはPTA会長のこれまでの活動全般への感謝を表す会ですか?それともあるイベント(運動会など)など特定のことに関する感謝なのでしょうか。それによって少し文面は変わるかもしれませんが、当たり障りないことをつらつら述べるより、何か具体的なことを挙げるほうが喜ばれるかもしれませんね。

私だったら「PTA会長の○○さんにはこの1年、私たちに直接見える部分だけでなく見えない部分でこの学校・地域・児童のために大変尽力していただいたと聞いています。中でも私が感謝していますのは、学校や児童に直接関わる部分だけでなく、地域の会合に出ていただたり通学路の点検をしていただいたりということを通じて、児童が快適な学校生活を送るサポートをしていただいたことです」という感じでしょうか。
会長って対外的なことをしなくてはならないので、夜間に会合に出かけたり自治体の役所や警察との折衝もあり、本当にとことん疲れる役職です。一般の保護者の方には活動内容はよくわからないところもあると思いますが、休みの日も出かけたりします。他の学校との話し合いもあります。PTA会長が「やってよかった」と思えるような感謝の言葉を差し上げてください。

「感謝のつどい」というのはPTA会長のこれまでの活動全般への感謝を表す会ですか?それともあるイベント(運動会など)など特定のことに関する感謝なのでしょうか。それによって少し文面は変わるかもしれませんが、当たり障りないことをつらつら述べるより、何か具体的なことを挙げるほうが喜ばれるかもしれませんね。

私だったら「PTA会長の○○さんにはこの1年、私たちに直接見える部分だけでなく見えない部分でこの学校・地域・児童のために大変尽力していただいたと聞いています。中でも私が感謝して...続きを読む

Q慰労会での挨拶

私達支部と組合と職場の上司の20人位で2年任期の半分が過ぎたので慰労会を開催します。 
私は支部長と言う役でして挨拶を振られると思います。 
短めに考えたのですが、直すところお願いします 
 
 本日はお忙しい中、また猛暑の中○○支部の慰労会に大勢出席していただきましてありがとうございます。 
 皆様方のご協力をもちまして何とか1年目が過ぎようとしています 
今後、難しい問題も沢山出てくると思いますが、役員一同 力を合わせて1つ1つ解決して行こうと思います 
その時は皆さんのお力をお貸しいただけたらうれしく思います
 これからも至らぬ点が多々あるとは思いますが、お気付きの点はどんどんご指摘していただければありがたく思います
 本日は、労をねぎらいながら楽しく関係をより一層よいものに深めていきましょう 
 
直したほうがいいところありましたらお願いします

Aベストアンサー

こういう質問では、もう少し前提を詳しく書かないと適切な回答が得られないですよ。

質問者さんが会社の中の組合支部の支部長、慰労会には組合執行部の役員と、組合には直接関係ない職場の上司が出席する、という前提ですが・・・

『皆さんこんばんは、支部長の○○です。本日は何かとお忙しい中、また暑い中にもかかわらず慰労会にご参加いただき有難うございます。
 また本日は組合執行部から○○様、そして○○支社の○○部長様にもご出席いただき、心よりお礼申し上げます。
 
 私達が○○支部の役員に選任されてやっと1年たちました。これまで力不足の私達をいつも支えていただいた皆様方には、あらためて厚くお礼申し上げます。折り返し点を過ぎて、残された1年間で様々な課題解決に向けて一生懸命取り組んでいきたいと決意を新たにしています。
 どうか引き続きご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げまして開会のご挨拶とさせていただきます。』

あたりでどうですか。

Q町内会の役員引き継ぎについて

初めまして。

今年度に町内会の役員をしていました。
3月にて次の方に引き継ぐのですが、隣人の方を伺っても不在のことが多く
まずはお手紙にてその旨を伝えたいのですが、お恥ずかしい話、
なかなか上手に書くことができません。。。

「町内で持ち回りでしていること」「隣同士で引き継いでいくこと」「ご不在だったので手紙でお知らせしたこと」「詳細は改めて町内会長から連絡があること」などを上手に盛り込んだ文章はどのように記載するのが通例なのでしょうか。。。

ご教授いただければ幸いです。

そうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 別段、難しく考える必要はなかろうと思いますが。

 お隣さんとの親疎しだいですが、ふつうのおつきあいなら、お書きのことをそのまま書けばよいのでは、と思いますよ。


 前 略
 隣の○○です。
 ご承知かと思いますが、毎年順番に、隣移しで担当しております町内会の班長(区長)のお仕事ですが、来年度は貴家の順番となります。
 仰々しく書面にするのもどうかと思う程度の仕事ですが、何度かお留守の時に来てしまいましたので書面にてお知らせ・お願いする次第です。
 なお、仕事内容などの詳細については、後日町内会長から直接連絡があると思いますので、その際はよろしくお願いいたします。
                       草 々

など。

 失礼ながら、町内会の役員の引き継ぎ程度のことで、仰々しく時候の挨拶や丁寧な敬語など、いれるほうが不自然です。軽くいきましょう。

 なお、私自身が「来年」と書いてしまって直したのですが、4月からは「来年度」ですね。
 

Q「ご苦労様」はなぜ失礼?

 ときどき「ご苦労様」は目上の人には失礼である、という文面をよく見かけます。
 ですが、どうして失礼なのか、を説明した文章等が見つかりません。

 理由をご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。

Aベストアンサー

こんなことが書かれていました。
「ご苦労さま」は、他人の苦労を高みから見物しているような語感があります。

やはり、「お疲れさまでした」がよろしいでしょう。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/k990615.htm

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q会計監査が言うべき言葉は?

自治会の皆生監査をしております。明日自治会の
総会がありその席上で会計監査として「会計処理
が適正に行われた」旨を報告するのですが、実際
どのような発言をすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

○月○日、通帳、領収書など関係書類を確認した結果、適正に処理されていましたので、ここにご報告いたします。

Q町内班長の挨拶

この3月で任期の1年が終了します。
今月末に最後の回覧板を回すのですが、班のみなさんに色々協力を頂き最後に挨拶分を入れ回覧板を回したいのですが、どのような挨拶文を書いたら良いか悩んでいます。
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

お礼
そろそろ桜便りも耳にする季節となりましたが、
この1年間、皆様のご協力を得まして、無事町内班長を相努ることが出来ました。
多々至らぬ点もあったと思いますが、ここまで来れましたのも皆様の温かいご支援あったればこそと
感謝いたしております。ここに厚くお礼申し上げます。
尚、次年度町内班長につきましては〇〇様と相成っております。これからも次期班長様の元、
当町内の運営に付きご協力の程宜しくお願い申し上げます。
○年〇月○日
□年度 xx町内班長 △△ △△

次期班長が決まっていないのなら、別途町内総会などで決まると思いますので(多分順送りで決まっていると思いますが)
「次年度町内班長につきましては〇〇様と相成っております。これからも次期班長様の元、」を「次年度町内班長様の元」と書き替えておけば良いと思います。
「そろそろ桜便りも耳にする季節となりましたが、」は無くても良いのですが季節がら何か入れると良いかもしれません。
町内の班はいくつかあると思いますので 第〇班 班長 とする事も有ると思いますが、同じ班内ですので気にしなくても良いかと思います。
参考になれば幸いです。

お礼
そろそろ桜便りも耳にする季節となりましたが、
この1年間、皆様のご協力を得まして、無事町内班長を相努ることが出来ました。
多々至らぬ点もあったと思いますが、ここまで来れましたのも皆様の温かいご支援あったればこそと
感謝いたしております。ここに厚くお礼申し上げます。
尚、次年度町内班長につきましては〇〇様と相成っております。これからも次期班長様の元、
当町内の運営に付きご協力の程宜しくお願い申し上げます。
○年〇月○日
□年度 xx町内班長 △△ △△

次期班長が決まってい...続きを読む

Qログインせずにフェイスブックを見たら相手に分かる?

私はフェイスブックをやっていません。
先日、ある知人の名前を何気に検索して、知人のフェイスブックを見ました。
ログインせず(フェイスブックをやってないので)、googleの検索から見つけました。

最初はその人かわからず中を閲覧しました。
公開されている写真を見たりし、自分の知り合いと分かりました。
同時に、相手に閲覧(履歴)していたのが知られる?と気になりました。
(昔mixiをしていたのですが、誰から見に来ると履歴が残りました。)

相手にはどこまで分かってしまうのでしょうか?
それとも何も分からないのでしょうか?

自分なりにも調べたのですが、ログインせずに・・・は見つけることが出来なかったです。
mixiのような足跡機能はないような感じ(?)ですが、「足跡アプリ」を使ったら分かると記載されていてよく分からず・・・。

詳しくないので教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結論で言えば「わかりません」

ログインしていないのなら、相手が追跡したところで、
「非会員」が見た!しか、わからないということです。

ただ、「中を閲覧」が気になります。。
その人が、フレンドだけの設定になってるのであれば、
ログインしていた可能性は、0ではないので。
確実にログインしていない確信があるなら、
今回の質問は「相手は、何もわかりません」という
回答になります。


人気Q&Aランキング