マンガでよめる痔のこと・薬のこと

東野圭吾さんの「百夜行」を読んだことがある方に感想をお聞きしたいのですが...(あらすじは省略させてください)

亮司と雪穂は物語中1つも言葉を交わしたり接触したりする場面がなかったのですが、それでも2人は心で結ばれていたのでしょうか?
私の印象では亮司が永遠に愛していたのが雪穂だっただけで、つねに雪穂の近くにいて邪魔な者を排除していただけなような気がするのですが...

雪穂も亮司のことを愛していたのでしょうか?
なんだかすごく後をひくんですよね....

この本を読んだことある方はどう思われますか?
お暇な時、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「白夜行」切ない話だったように記憶しています。


かなり前に読んだ作品なので、詳しく作品中の場面を上げて感想を言えないのが悔しいのですが、
私の感じたことを少しだけ。

亮司と雪穂は、生い立ちから、「愛する」ということを元々は知らない人間だったですよね。
作品の中で、お互いと接する場面は確かになかったと思います。
ですが、文面から、二人が同じように修羅の世界を行きぬく同士として、
強い絆で結ばれていたのはないかと推測していました。
二人にとっては、大人も子供も、一切のものは信じられず、何とか信じられるのはお互いだけ。
誰も守ってはくれないから、非常な世の中から自分たちの身を自分たちで守り
生き抜くことだけを、彼らはひたすらに貫いていたんだと思います。

そして、ここから先は私の独断なのですが、ラストのあのシーン。
雪穂は文面では全く冷静に他人事のように言葉を発して去っていきますよね。
私はこのシーンは、逆に雪穂が珍しく感情を見せた(動揺した)シーンだと思います。
普通に対応するなら、表向き動揺のかけらを見せる場面だと思うのに、
本当にショックを受けてしまってそれが出来なかったのではないかと。
雪穂が本当に亮司のことを「愛している」と自覚していたかどうかはわかりませんが、
私は、雪穂も同士として以上に亮司のことを愛していたのではないかと感じました。

と言っても、私も「幻夜」は読んでおりませんので、それ次第ではまた解釈も変わるかも。
とりあえず、白夜行一冊読んでの感想でした。うろ覚えなので的外れだったら申し訳ありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。文を書くのがヘタでうまく説明できませんが、excelmaniaさんの言ってる事、よくわかります。強い絆は私も感じました。
>誰も守ってはくれないから、非常な世の中から自分たちの身を自分たちで守り生き抜くことだけを、彼らはひたすらに貫いていたんだと思います
本当にそんな感じはヒシヒシと伝わってきましたね。

そして最後のシーンの事ですが、私は単純に雪穂って冷血~なんて思ってしまったのですが、そこに愛があったと感じる...っていう見方もあったのですね。
なんだか本当に奥深い話です。ますます後をひいてます....

お礼日時:2004/05/05 23:55

私は幻夜も読んだクチです。



白夜行は本当に読んだその日はずっと考えちゃう話ですよね。私がここをこうやって書いたらどうだったろう・・・みたいなことを読んだ一日考えてたと思います。
後はひきまくり!

私の印象は幻夜を読む前は、雪穂も亮司もお互いの事を好きなのかなあって・・・思ってました。
雪穂も亮司もお互いがお互いのためを思って行動してるのかなって。
けど、少し前に読んだのでちょっと忘れかけなのですが、亮司は雪穂に助けられてるシーンってあんまないですよね・・・??高校生の時のゲームの著作権の時とか・・・??
2人の会話がないから分からないですけど、今思うと、雪穂が考えた計画なのかもしれない・・・
私も前にいろいろ検索して見たんですけど、結構、他の人は雪穂は雪穂と2度目に結婚した人の弟(確か・・・篠原??)が好きなんじゃないかって意見を見たことがあります。私は、そうは思わなかったけど・・・

あの2人は本当におかしかったですよね・・・
けどあんな生い立ちだったし何も信じられなかったのかな・・・

次はぜひ幻夜を読んでみてください。
私、それを読んで考え方ちょっぴりかわりました。
最後のシーンとか私は雪穂がすぐに去ったのは、泣くためかと思ったし・・・今は雪穂が亮司の事殺したんじゃないかとさえ思ってます・・・
けど、亮司は雪穂とずっと一緒にいたし、雪穂は亮司の事
を同士として思ってましたよね・・・
読めば分かる!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
>亮司は雪穂に助けられてるシーンってあんまないですよね・・・
そうですよね。私も亮司ばかりが雪穂の為に体を張っているような気がして雪穂の気持ちはどうだったの?って疑問に思ったんですよね...

篠塚が好きっていう説は...私も違うように思いました
単に篠塚だけが自分に興味を示さなかった(大学の時)そして自分の地味な親友の方を選んだというのが気にいらなかっただけ...という感じがしましたけど。

「幻夜」是非読んでみたいです。
やはり「幻夜」は「百夜行」の続編なのですか?
ますます読んでみたいです。

お礼日時:2004/05/06 00:06

「白夜行」ですね。



わたしは亮司は雪穂のことを愛していたと思います。そして、その思いが決してかなうことがないということも、彼にはわかっていたと思います。

雪穂の方は、亮司のことを同志として信頼していたでしょうが、異性としての愛は持っていなかったと思います。

読み終わったあと、確かにすごく後をひく物語でした。
最近出た「幻夜」が「白夜行」の姉妹編のように言われていますが、直接の関連はなさそうですね(わたしは未読です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。私もsyarako3さんと同じ印象です。普通に読んでいるとなんだか亮司の気持ちはすごく雪穂の為だけに生きているっていうふうに受け取れたんですけど、雪穂から亮司への愛は感じられなかったので...「幻夜」私もすごく興味があります
是非読んでみたいです

お礼日時:2004/05/05 23:48

雪穂も亮司も人を愛するという心は持っていないのではないでしょうか。


二人とも荒んだ心の持ち主なので、「愛」なんかしないのでは。
私には二人の目的や考え方が全く理解できませんでした。二人とも、哀れな環境の中でしたたかに生きている姿はあ
る意味生命力は感じましたが、それだけでした。
自分の父親が悪戯した少女(雪穂)を亮司は愛することができるでしょうか。私は恋愛対象にはならないと思いました。父の罪を償うために亮司は一生 自分の命をかけて守る決心をしたのかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そうゆう考えもありましたか...っていうと亮司は意外にも責任感の強いイイ人(雪穂にだけ)だったのでしょうか...父親の犯した罪のために雪穂を命をかけて守るなんてある意味男らしいですね。参考になりました。

お礼日時:2004/05/05 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説「白夜行」の疑問

先日、久々に東野圭吾著「白夜行」を読み返しましたが、1つ気になることがあります。
(物語の内容に触れますので、これから読む予定の方はご注意ください)

篠塚美佳(雪穂の再婚相手の娘)がレイプされますよね。
私はこれを、美佳を屈服(服従?)させるために雪穂&亮司が画策したと解釈しているのですが、
なぜ実際にレイプさせたのでしょうか。
藤村都子(雪穂の中学の同級生)や川島江利子(雪穂の友人、篠塚一成の元恋人)は、
同じ目的でありながら何もされずに済んだのに。
なんだか妙に引っかかってしまいました。
特に急いではおりませんので、お分かりの方がいましたら是非教えてください。
宜しくお願いいたします。

※ドラマは見ておりませんのでご了承ください

Aベストアンサー

このサイトには[「白夜行」に残された謎 ]というところで謎解きされていました。
ご参考までに。

参考URL:http://from1985.pekori.to/keigotaku/

Q「白夜行」と「幻夜」について。雪穂=美冬?

東野圭吾氏の「白夜行」と「幻夜」を読みました。
様々な感想をネット上で読んだのですが、自分には「雪穂=美冬」
ということが結局最後まで分かりませんでした。。
この本の中で「雪穂=美冬」だと思われる部分がどこにあったのか
どなたか教えてください。
読み終わった今、どうしてももやもやした感じが取れなくて
気持ちが悪いです。。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ちょっと違った観点から。『幻夜』の文庫解説は黒川博行氏ですが、この最後の部分、東野氏との会話が載せられています。
ネタバレになるのでちょっと引用できませんが、『幻夜』の続編について東野氏は黒川氏に「書くべきや」と勧められています。
この部分で僕としては、黒川氏の想定(「雪穂」=「美冬」)を東野氏が暗黙のうちに肯定しているのではないか、と読みました。
つまり、ややぼかしてはいるものの、この二人は同一人物である、ということでいいのかな、と。しかし、東野氏の性格からいって、これも確実とは言えません。なぜなら、全て承知の上で「似ている別人」として描き、読者が同一人物かどうか推理するのを楽しんでいるかもしれないからです。
つまり、#1さんのお示しになったサイトにもあるように、どちらとも取れる、というのが答えになります。
また、上記のことを一切考えず、僕個人の感触をそのまま表現するなら、『白夜行』と『幻夜』はテーマが違い、よって別人であると感じます。
『白夜行』は、心情を描かないというのをガジェットにしています。ということは、逆に言えば『白夜行』に描かれた「雪穂」の生き方からは、「描かないほうがより伝わりやすい(効果がある)心情」が浮かび上がってくるはずなのです。
あれを読んだ人はおおかたが、雪穂と亮司に感情移入するでしょう。そして、「孤独」と「悲哀」が伝わってくると思います。
ここには、狂気のごとくありながらも、紙一重で狂気に堕していない人間が書かれている、と考えます。
(つまり、そういう微妙な心情こそ、描かないほうが伝わりやすく、「狂気」という実態こそが、描いたほうがわかりやすい、ということなので)『幻夜』の「美冬」では「狂気」がテーマとして「描かれている」と思うわけです。
確かに『白夜行』以降の「雪穂」が狂気に堕すこともありえますが、あれほど強く結びついた二人が、あのくらいで『幻夜』的狂気に堕ちる(または昇りつめる)ことがあるでしょうか。
また、ラストのシーン(引用できないのでページ数を言うとpp.764-70)に見られる「美冬」の姿は、徹底的なまでに『白夜行』を超克しようとしています(作者がそう意図しているように見えます)。
それは、前作の延長としての超克ではなく、別のベクトルとしての描き方であるように思えてなりません。特に「トラウマ」云々のセリフなど、作者の主張であるのが明らかですし、「太陽」なども意味深です。(前作は「白夜」がテーマでした。これは違和感のあるセリフです)
……と、色々考え方がある、というお答えしかできませんが、ご参考になりましたでしょか。

ちょっと違った観点から。『幻夜』の文庫解説は黒川博行氏ですが、この最後の部分、東野氏との会話が載せられています。
ネタバレになるのでちょっと引用できませんが、『幻夜』の続編について東野氏は黒川氏に「書くべきや」と勧められています。
この部分で僕としては、黒川氏の想定(「雪穂」=「美冬」)を東野氏が暗黙のうちに肯定しているのではないか、と読みました。
つまり、ややぼかしてはいるものの、この二人は同一人物である、ということでいいのかな、と。しかし、東野氏の性格からいって、これ...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報