AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

趣味で山歩きをしていますが、これからの季節山菜採りをする人をよく見かけます。
ワラビ・ゼンマイ・フキ・タラノメなど・・・。
でも、考えてみれば山って誰かの持ち物ですよね。
たとえ国有林であっても、勝手に植物を採取してはいけないはずです。
四角四面に言うつもりはないですが、到底自分の家では処理できなさそうな量の山菜を持って帰る姿を見ると、とても浅ましく貪欲に思えます。
採るのなら、せめて自分の家で消費できる量にしてもらいたいと思うのですが・・・。(そのほうが広く行き渡ると思いますので)
皆さんは山菜採りについてどうお考えですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

厳密に言えば、「自然公園法」「森林法」「軽犯罪法」「刑法」に抵触する可能性がありますが、これらの諸法律に違反する行為として、国(実際は国有財産の管理官吏)や県知事(実際は保安林担当職員)が、「山菜取り」を犯罪として刑事告訴、あるいは被害届を出す事は通常は捕らえることは困難で、警察が捜査することもなく、結果的には「黙認」という形になっているのが現状です。



畑と比べれば分かりやすいですが、畑は耕作地として管理されていて野菜などが栽培されてるものですから、ここに立ち入って持っていく行為は窃盗となります。
一方山地は、山菜目的で管理されているわけではなく、出てきた山菜も育てたものではなく勝手に生えてきたものですから、そういう場所において管理者(所有者)が採取を禁止するなどの行為を行っていなければ、例えば柵や看板などで立ち入りを禁止・制限するような意思を示していなければ、(厳密には上記の通り違法ですが)大きな問題にはなりません。

厳密には違法でも、その行為が山地所有者の生命・財産を脅かすようなものではなく、持っていく山菜の量もわずかで山地の環境を変えるほどでもなく、その取り締まりにも手間がかかるような内容は取り締まりの対象となりませんし、社会的に容認された範囲や習慣の行為ならば、違法行為とは見なさないとされています。
したがって、山菜取りはその範疇とみるべきだと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

詳しくご回答くださり、ありがとうございました。
確かに言い出したらキリがないですよね。
カブトムシも捕りに行けなくなってしまいます。
でも、最近はハイカーのマナーも悪いのか、立ち入り禁止の山も増えてきているようです。(粗大ゴミを捨てるというのもあるようですが・・・)

お礼日時:2014/03/31 12:11

実際に山菜採りを生業のひとつにしている知り合いが何人もいますが、国有林でもきちんと許可を得ていますよ



憶測だけで、何の確認もせずに、遺憾に思う人の気が知れません。

この回答への補足

ご意見いただけるのはありがたいですが、不愉快なコメントはご遠慮申し上げます。

補足日時:2014/03/31 12:19
    • good
    • 13

山の所有者(管理責任者)の了解を得て、販売目的で大量に採取している人もいます。



そうではないかどうかも、未確認なのに、遺憾に思う人の気が知れません。

この回答への補足

そういう場合は大体立ち入り禁止区域を設けています。
ロープを張って注意喚起の立て札を設置して、一般のハイカーが立ち入れないようにしています。

補足日時:2014/03/31 11:14
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご意見いただきありがとうございます。
その可能性も無いとは言えませんが、ごく稀なケースだと思います。
ちなみに私が歩いている山は国有林ですので、国の了解を得て採取とは考えにくいです。

お礼日時:2014/03/31 11:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山林に立ち入ったりすること

山林は、国有なり誰かの土地であるわけですが、普通の人はどこが誰のものかは知りません。立ち入り禁止とか、松茸とるなとか、表示してあればそれに従いますが、そいういうものがない場合、ハイキング等で中にはいったり山菜等をとったりすることは許容されるのでしょうか?何か基準があれば教えてください。

Aベストアンサー

 結論的には、所有者が当該土地への立入や生育物の採取を認める旨の特段の意思を表示していない限り、当該立入や採取は違法な行為となります。

 所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をなす権利を有します(民法206条)。
 したがって、所有者が、他人が自由にその所有地に立ち入ることを認める旨の特段の意思を表示しない限り、当該土地への立入りは、所有者のみがなし得るわけです。

 また、物の用法に従い収取する産出物を「天然果実」といい(同法88条1項)、天然果実は、その元物より分離する時にこれを収取する権利を有する者が、所有者となります(同法89条1項)。
 したがって、所有者が、他人が自由に山菜やキノコのような生育物を採取することを認める旨の特段の意思を表示しない限り、当該土地での生育物の採取は、所有者のみがなし得るわけです。

 もっとも、立入については、ハイキング目的程度であれば、なんらの犯罪も構成しませんし、不法行為(民法709条)ともならないと考えられますが、生育物の採取は、窃盗罪(刑法235条1項)を構成し、不法行為に基づく損害賠償責任も生ずることになります。
 なお、山菜類やキノコ類は、種となる胞子や菌糸が他の土地から飛来した可能性もあるわけですが、その場合であっても、生育した山菜類やキノコ類それ自体は、生育地の天然果実(つまり、生育地の所有者の所有物)となります(隣地からのびてきた地下茎から生えた竹で1年ないし数年の間に切り取って利用すべき性質のものは、生えた土地の天然果実であるとした、最高裁昭和35年11月29日判決があります。)。

 SpurさんがNo.1のご回答でご指摘の「入会権」は、共有の一種で、ある集落全体で1個の山林を共有する関係にありますから、集落民は、生育物を採取し得る権利を有しています。
 なお、国有林についても、上記のご説明は何ら異なることなく妥当しますので、採取なさった生育物が高価であれば、窃盗罪の刑事責任を負われる可能性もあることはご認識ください。

 ご参考になれば幸いです。

 結論的には、所有者が当該土地への立入や生育物の採取を認める旨の特段の意思を表示していない限り、当該立入や採取は違法な行為となります。

 所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をなす権利を有します(民法206条)。
 したがって、所有者が、他人が自由にその所有地に立ち入ることを認める旨の特段の意思を表示しない限り、当該土地への立入りは、所有者のみがなし得るわけです。

 また、物の用法に従い収取する産出物を「天然果実」といい(同法88条1項...続きを読む

Q山菜を勝手に獲っていく人たちがいて困っています。敷地内に山があり山菜が

山菜を勝手に獲っていく人たちがいて困っています。敷地内に山があり山菜が自然に生えてるんですが、これを勝手に獲っていく人たちがいて困ってます。まず勝手に敷地内に入る事は不法侵入になりますよね?それと自然に生えている山菜なら勝手に獲ってもいいんでしょうか?勝手に獲っていく人たちは大抵大量に山菜を獲っていき、売っている人も中にはいるんじゃないかと思ってます。注意しても「山菜ならいいんでしょ」と言われ返す言葉に詰まってしまいます。確信犯的な人ばかりで何も知らず山菜獲りを楽しみに来た人たちではありません。なるべく口頭で追い払いたいので、勝手に敷地内に入って勝手に山菜を獲るということはどういう問題になるのか、また何と言えば効果的に追い払えるか教えてください。

Aベストアンサー

難しく言えば「森林法」違反。
他人の「竹やぶ」に立ち入って、無断でタケノコを採取すると罰せられる。
敷地境界線に大きな立て札を何枚も立てましょう「立ち入り禁止」と。
または「観光山林」にして入山料「5マンエン」徴収するか

Q昆虫採集は窃盗や不法侵入にならないのか

子供にカブトムシやクワガタムシの採集に行くようせがまれました。
但し、日本ではたぶん、土地は誰かの所有物だと思います。
そこで私は下記の問題で行き詰ってしまいました。

下記の(1)から(5)の事例どのような問題があるのでしょうか ?

(1)自分の土地において虫を採取
(2)他人の雑木林や森で無断で虫を採取
(3)道路、河川、海、公園、河川敷など自治体や国で管理されている場所で虫を採取(虫をとる規制はしていないところとします)
(4)寺や、神社で虫を採取(今日はこれをしましたが本来は(2)がしたかった)
(5)近所の空き地で虫を採取

条件
・国や自治体から自然が何らかの形で保護されている区域ではない場所とします。
・虫とは天然記念物などではない、ごくありふれたものとします。
・回答は一般常識的(あなたの判断で結構です)でも、法律からでも、判例でもいいですが ご回答はなるべく、それが判るようにお願いします。

私の判断では下記だと思いました。
(1)(3)は問題なし
(2)(5)は不法侵入、窃盗
(4)は一般的な慣習でグレーゾーンだが大丈夫 

ご回答、よろしくお願いします。

子供にカブトムシやクワガタムシの採集に行くようせがまれました。
但し、日本ではたぶん、土地は誰かの所有物だと思います。
そこで私は下記の問題で行き詰ってしまいました。

下記の(1)から(5)の事例どのような問題があるのでしょうか ?

(1)自分の土地において虫を採取
(2)他人の雑木林や森で無断で虫を採取
(3)道路、河川、海、公園、河川敷など自治体や国で管理されている場所で虫を採取(虫をとる規制はしていないところとします)
(4)寺や、神社で虫を採取(今日はこれをしましたが本来は(2)がした...続きを読む

Aベストアンサー

主文
被告人は無罪。

判決理由。
窃盗とは、刑法第二百三十五條に規定されて居る通り、
他人の財物を窃取する行為にて、自然物は他人の財産に
非ず。

「他人の財物」とは、自己以外の者が権限に基づき占有
所持しているモノを謂う(但し、自己の財物であっても
他人に貸し又は役所の命に依り他人が看守している財物
は、他人のモノと見なす.刑法第二百四十二條に依る)

然るに、昆虫は自然物にて、他人が占有、所持して居る
モノと認められず。

他人が占有、所持していないモノを自分のモノにしても
罪に成らず。

依って、窃盗に関して被告人は無罪。

不法侵入。正しくは刑法第百三十條を参考願います。

本罪の成立要件は、常識的に其の場所に他人が入るのは
おかしいと認められる時だけ。

依って、原告の謂ふ2),4),5)の場合、柵などで四囲を明
確に囲われて居らぬ場合は罪に成らず。
所有者が居ても、人が誰でも自由に出入り出来る構造に
なって居るならば、その部分に他人が入り込んでも罪に
成らず。所有権を主張出来る者若しくはその代理が監視
していない土地では尚更そうである。

然るに寺の境内は常識的な時間帯ならば誰でも自由に入
れるので罪に成らず。

依って、不法侵入に関しても被告人は無罪。

参考までに

刑法第百三十條。住居を侵す罪。
故無く人の住居又は人の看守する邸宅、建造物若しくは
艦船に浸入し又は要求を受けて其の場所より退去せさる
者は三年以下の懲役若しくは十万円以下の罰金に処す。

第百三十一條。削除。

第百三十二條。第百三十條の未遂は此を罰す。


刑法第二百三十五條。窃盗の罪。
他人の財物を窃取したる者窃盗の罪と為し、十年以下の
懲役に処す。

第二百三十五條之二。
他人の不動産を侵奪したる者は十年以下の懲役に処す。

本件、上の通り判決す。
平成十七年七月三十一日
以上。

主文
被告人は無罪。

判決理由。
窃盗とは、刑法第二百三十五條に規定されて居る通り、
他人の財物を窃取する行為にて、自然物は他人の財産に
非ず。

「他人の財物」とは、自己以外の者が権限に基づき占有
所持しているモノを謂う(但し、自己の財物であっても
他人に貸し又は役所の命に依り他人が看守している財物
は、他人のモノと見なす.刑法第二百四十二條に依る)

然るに、昆虫は自然物にて、他人が占有、所持して居る
モノと認められず。

他人が占有、所持していないモノを自分のモノ...続きを読む

Qたらの芽:取ってはいけない箇所が分かりません。(全部は駄目?)

棘有/無し 枝分かれ有/無し それぞれのタラの木があり めが開いたものからたらの芽を取っています。が、出てくる芽を全て取ると枯れる?/良くない? と説明されている時がありますが、いまいちどの辺を取ると駄目なのか分かりません。
詳しく説明して頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらのサイトがわかりやすいかもしれません。
http://www4.ueda.ne.jp/~farm-yamazaki/taranome2.html#raberu.tara7

要は二番芽はとるな、根こそぎ採るなってことですよね。


棘なしのたらの芽・・・って知らないですが、
もしかしたらうるしのことかな。
調べると若いうちは背も低く棘も多いようで、
高くなってくると少なくなってくるそうです。
http://www.shizen-taiken.com/mhayashi/20030401.html


高いものは枝ごと切るマナー知らずもいるようで問題外ですが、
芽だけをとれるような捕獲用道具を自作されている人もけっこういるようです。
http://trace.kinokoyama.net/sansai/taranome-torikata2000.htm

Q山林の固定資産税と維持費について教えてください

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわからないのです)

我が家にお金がたくさんあれば良いのですが、我が家も小さい子供がおり生活は楽ではありません。
これからかかるであろう教育費を貯蓄するのに精一杯です。

私も「先祖代々の土地」を主人の代で手放すのは気がひけますし、もしできることなら相続してもいいと思っているのですが、土地の管理のことはよくわからないだけに大変不安ですし、費用がとても心配です。
また、山林は固定資産税や維持費がかかるし、相続しない方が良いと聞いたことがあります。
土地の広さにもよると思うのですが、固定資産税や維持費等、いったいどれくらいかかるのでしょうか?

また、もし主人が相続せず、主人のきょうだいも誰も相続しなかった場合、その山林はどうなるのでしょうか?
わからないことだらけなので、教えてくださると非常に助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわか...続きを読む

Aベストアンサー

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法投棄の被害、山火事の被害です
細かいことを気にしなければ 全く手入れをしなくてもそれなりに維持されます

手入れをしていたのは、先々代程度までで、今では実際の場所が確認できなくなっていることなど珍しくありません
場所が判っても境界がはっきりしないことは、さらに多くあります

父上が、場所をご存知なら、できるだけ早い機会に、場所を確認しておかれることがよろしいです
それと、登記簿を確認なさることが必要です
地域の人たちとの共有や、祖父や曽祖父名義のままになっていることも良くあります

全員が、相続を放棄すれば、国有財産になります(山林だけを放棄することはできません、放棄する場合全財産です)

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法...続きを読む

Q所有する山に入る人間から金を回収してもいいですか?

山菜などを勝手にとっていく輩がいます。地元の人や都会の人と色々入山します。
面倒なので立ち入り禁止とか、山道にロープを張っているわけではありませんが、私の所有する山です。
元々私は都会の人間でして、山菜の知識があまりないので、山菜をとってくる便利な人として下山するところを捕まえて山菜を回収するのに利用してましたが、山菜にも飽きたのでそろそろ見せしめに片っ端から前科者にしてやろうかと思っています。もしくは警察を呼ばない代わりに示談金をとりたいです。
立禁の看板を立てたら入ってくる人間が少なくなるので、トラップ的な理由で看板やロープを張らずにこのままがいいんですが、警察に御用になりたくなかったら示談金を払えと言うのは問題ないですよね?
金を求めたら脅迫罪とかになりますか?
私の山に勝手に入って山菜とっているんだから、その代償をもらうのは問題ないですよね?

Aベストアンサー

山の所有権には長い歴史がありその結果です。昔々は山の山菜などは人々の共有だったことがあります。山という自然物を個人が所有すること自体、ある意味では不自然です。
そこで入会権という概念が生まれました。
現時点では民法第294条「共有の性質を有しない入会権については、各地方の慣習に従うほか、この章の規定を準用する。」でその地方の慣習が認められます。
一度裁判で争う意味はあると思います。単純な私有財産とも言えません。

Q愛知で山菜狩りのできる場所を教えて下さい。

こんにちは。

近々、山菜狩りに出かけよと思っていますが
初めて山菜狩りに行くこともあって、どんなところにいけば
いいかよくわかりません。

そこで、愛知県内で山菜の取れそうな場所と
山菜狩りでのマナー等を教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
タラの芽ですか。
天然物は販売されるのと比べて格段に美味しいですよね。
今販売されているのは温室ものです。
採れる時期は桜の開花した1~2週間後です。
タラの木は植生の分類上伐採跡地群落とされていて、森を切った後に生えます。
山火事の後や、伐採の跡地を捜すのがポイントですが、林縁部にも良く生えています。ただし、誰にでも判りやすい木のため、道路際で無事な姿で見つけることは至難です。愛知県在住ではないので、具体的な場所はアドバイスできませんが海上の森なんかありそうですね。
林道を歩いて、森の切れ目や沢筋を捜すと必ず見つかります。楽しみですね。
私は大阪北部に住んでいますが、穴場をいくつか見つけ採っています。
採るときの道具として、
軍手(分厚いゴム付きの方が良い)、鎌(危ないので必需ではありませんが)芽が高いところにある場合これがあると便利です。

参考URL:http://www.katch.ne.jp/~m-masa/sub8-12.htm

Q初めて山菜狩りをしたいのですが教えて下さい

 こんにちは。初めて山菜狩りをしたいのですが、神奈川県在住で場所は
県内や近郊でどこでも構いません。

 何が山菜として食べられるのかも分かりません。一応図鑑やアウトドア
系の雑誌などを見てはいるのですが、一度やったのは、山菜ではないので
すが、多摩川の河原でよもぎの葉を摘んだ位です。
 初心者にも分かりやすい山菜で採取しやすい物があれば教えて下さい。

 摘んできた山菜で、簡単でおいしく食べる方法もあればお願い致します。

 また、季節はこれからが良いのでしょうか。

Aベストアンサー

自分も#1のnitto3さんのかかれておられるように、
ベテランの方々のいるグループに混ぜてもらうことを
お勧めします。

探せば、市町村発行の広報誌などにも、
「山菜摘み」といった企画などが載っている事があります。
(しかも、結構安い!)

自分も、数年前に家族で「山菜摘み教室」のような
イベントに数回参加し、(秋は、「きのこ狩り」♪)
山菜摘みをしましたが、
蕨やぜんまいなどを採取しても、
すぐに藁灰を用意していてくれて、
個人では、面ど臭くてここまでできるかと思いましたが、
主催者側のきめの細かいサービスで、
楽しく過ごせた覚えがあります。

素人が単独で山に入り、
猛毒の「トリカブト」を「ニリンソウ」と見誤り、
中毒を起こしたという事故例が、毎年あるようです。
これは、図鑑を見ても、素人は「いざ食べれるか?」
となると判別は自信ないです。 笑

ですが、毎年山菜摘みを行なっている団体は、
前年度の繁殖状況もわかっていますので、
そういった事に対する心配もないですし、
また、どこにどの山菜が植生しているかも把握してます。

また、知らずに他人の土地に入って、
「山菜泥棒」呼ばわりされるというトラブルの可能性も
あるかと思います。
たらの芽などは、収穫量も少ないので、
結構取り合いになったりしてます。
来年度のことも考えずに、根こそぎ取り尽くしてしまうのは
マナー違反だということも、教えてもらえます。

宿泊を考えているのなら、
宿泊施設側に問い合わせても、
何かいいアドバイスが頂けるかもしれませんね。

参考サイト
○有毒植物の誤植に注意

参考URL:http://www.pharm.tohoku.ac.jp/depts/yakusoen/goshoku/goshoku.html

自分も#1のnitto3さんのかかれておられるように、
ベテランの方々のいるグループに混ぜてもらうことを
お勧めします。

探せば、市町村発行の広報誌などにも、
「山菜摘み」といった企画などが載っている事があります。
(しかも、結構安い!)

自分も、数年前に家族で「山菜摘み教室」のような
イベントに数回参加し、(秋は、「きのこ狩り」♪)
山菜摘みをしましたが、
蕨やぜんまいなどを採取しても、
すぐに藁灰を用意していてくれて、
個人では、面ど臭くてここまでできるかと思いましたが、...続きを読む

Q石の収集は違法ですか

私は、川原などで片手に乗るぐらいの石を拾ってきて、台座や水盤で鑑賞するのが趣味なのですが、友人が言うには、河川法違反で捕まるのではと忠告されました。わたしは物事には常識としての限度があり、庭石やトラックで川原の石を採取すれば当然違法でしょうが、趣味として小さな石を数個拾うぐらいで捕まるのならば、小中学生の化石・鉱物採集も違法だと思うのですが、その友人曰く、法律には採る量に関係なく砂一粒でも違法は違法と言うのです。全国に何万人もいる愛石家すべてが違法行為をしているのでしょうか。

Aベストアンサー

(1)河川の管理は河川法に基づいて行われています。

(2)河川法の目的は「洪水、高潮等による災害の発生防止」が目的です。

(3)河川法第25条で定めている「土石等の採取の許可」制度は、河川法政令第15条に定めているように岩石を含む「竹木、あし、かやその他これらに類するもので河川管理者が指定するもの」となっております。

(4)要は岩石、あし、かや等を採取することで、大雨の時、流速が激しくなり洪水を起こす危険性を回避する目的で制定されています。

(5)岩石等も、政令で定めた一定の大きさのもの以上の採取が許可制なります。

(6)橋なんかの前後の巨石は橋脚保護のため、一定範囲で、採取の許可は難しいです。

(7)以上のように、一般の人が趣味で河川の石ころ、砂等を趣味で採取するのは河川法の規定するとこではなく違法でも何でもありません。
(シャベルカーですくって取るといった場合以外は、だめですが(笑))

(8)道路脇に生えた雑草をちぎるのと同じことです。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング