アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

世界を股にかける貿易会社の社長は、それに欠かせないスキルとしての語学は当然のように堪能です。

同様に、ITの世界での語学に相当するものといえば、プログラミング言語だと思うのですが、日本では、プログラミング経験もなく、まったくコードの読めないような人が社長をやったりプロデューサをなったりすることがよくありますよね。

シリコンバレーではCEOはエンジニア出身だったり、プロデューサエンジニアのような人もたくさんいると思うのですが何故なんでしょう。

そして、プログラミングが全然できない社長が率いるIT企業群って、世界でわたりあえるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>>そして、プログラミングが全然できない社長が率いるIT企業群って、世界でわたりあえるのでしょうか。



プログラムに対して、日本の社長は「単なる金儲けの手段のひとつ、資本が少なくても儲けることが可能な業種」という認識だと思います。
それに対して、シリコンバレーの社長、トップの方達は、当然ながら金儲けもあるでしょうけど、「このソフトウエアで世界を変えてやる!」「世界に無いものを創り出してやる!」という野望も持っていると思います。

ですから、シリコンバレーの場合は、プログラム言語とか、それ以外の部分で優れた資質を持った人が活躍するけど、日本は違うんです。

それは、日本のIT企業の社長だけでなく、そのIT企業で働く技術者たちも同じなんです。
ちょっと前に読んだ本に書かれていましたが、(特殊な例かもしれませんけど)

A:おまえ、プログラミングの技術、がんばって勉強している?
B:やるわけないだろう。それは、下請けの仕事だろう。下手にプログラム技術を持っていると、出世できないだろう?
A:そうだよなあ。俺たちは、大手IT企業のSE。プログラミングなんて下賎な仕事したくないよなあ。

・・・・・・・

大手SI企業の上司:なんでお前がプログラムを見ているんだ。そんなのは下請けの仕事だろう!そんなことやっていたら儲からないじゃあないか!

・・・・・・・

日経BP社からでている書籍に以下の本があります。

『ソフトを他人に作らせる日本、自分で作る米国「経営と技術」から見た近代化の諸問題』/日経BPビジョナリー経営研究所

これを読むと、本当に誰もが幸せになれない日本のIT業界ってのが、よく判りますね。

さらに、米国からみて、日本企業(エンドユーザ企業)はIT技術者も少ないし、そのレベルも低すぎる。そのくせ、IT技術オンチゆえのメチャクチャな要求を出してきたりする。日本企業のトップはIT技術が判らない人ばかりだし、たまに判る人がいても、トップの技術判断が下に伝わらない。
ということで、すばらしいソフトウエアが米国にあっても、日本で販売しないこともあるといいます。

そして、当然ですけど、日本のIT企業は、世界と渡り合えるわけがありませんし、素晴らしいソフトウエアの存在を知らされることのない日本の一般企業も、仕事の効率の差で負けているのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。具体的な描写がいくつか散りばめられていて、理解しやすかったです。

>ということで、すばらしいソフトウエアが米国にあっても、日本で販売しないこともあるといいます。

>素晴らしいソフトウエアの存在を知らされることのない日本の一般企業も、仕事の効率の差で負けているのではないでしょうか?

問題の影響範囲はIT業界だけに収まらない、思っていたより大きな問題を招いていることが理解できました。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/08 23:12

No.2です



ビルゲイツについては、悪い話ばかりですし、それゆえに技術のないIT企業の経営者って思われがちですが、彼は現場においても通用する優れたプログラマでもありました。
例えば、エクセルのためのVisualBasicの仕様書、500ページを作成して、ビルのレビューを受けた技術者がいます。それだけの分量の仕様書をビルは1日で読み終えて、しかも全てのページの欄外にコメントが入っていたそうです。

そして、彼は仕様書について質問してきたそうです。質問は全てのページを読んでいたらしく、どんどん難しく、ますます詳細なものになっていったそうです。それらの質問に全て答えて、最後の質問がやってきたそうです。それは、日付関数についてでした。
その質問に正しく答えた時点で、レビューは終了したそうです。

この日付の問題は、1900年の閏年のバグの問題でした。それは、ロータス1-2-3のワークシートを読み込むために、そうする必要があったそうです。つまりは、ロータス1-2-3のバグなんですが、640kのメモリで動かすには、ロータス1-2-3は少しでも小さくする必要があったからだそうです。

ビル・ゲイツは、その仕様書に書かれていたVariant型やCOMオブジェクトやIDispatchを理解しており、オートメーションと仮想関数テーブルがなぜ違っていて、なぜデュアルインターフェースが必要になるかが判っていたんです。
彼は、ソフトウエアについてうるさく干渉することはなかったけど、そうかといって一瞬でも、彼を誤魔化すことはできなかったわけです。

また、ジョブズにしても、あのブルーボックス(長距離電話ただがけ装置)を設計する際にプログラミングを行っていました。
ジョブズは、プログラマーではなく、デザイナーとして、経営者として力量を発揮しましたけど、そういう能力を磨くには、プログラミングを学ぶべきだと考えていたそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。ジョブズ氏はセンスよいアマチュア、ゲイツ氏は一流の職人の一人といった感じでしょうか。

程度の差はあれ、手を動かしてプログラムを作り、それを世に出したことがあり、それに喜びを感じたことがあるということは間違いないようですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/09 09:45

会社の有限責任に対する風土の違いですね。


あちらは会社を潰しても経営者はすぐに復活できますから会社経営の素人でも技術があればつとまります。
日本では会社がだめになれば経営者もアウトですから技術が有っても経営の才覚がないとだめですね。

日本でも技術と経営才覚、それに日本人をコケにする目標があれば白い犬の親方の様な人にもなれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

確かに日本の資金調達の仕組みは、一度倒産すると再起不能に近い状態になるという点でアメリカとは違いますね。

参考になりました。ありがとうございます。

PS.日本人をコケにする目標があるかはさておき、技術と経営才覚をもつ白犬の親方。たしかに日本にも強烈なIT起業家がいましたねw

お礼日時:2014/05/09 09:39

よくわからないけど、本格的、という意味なら、



スティーブンジョブズ

ビルゲイツ



プログラミングはできませんよ。
ジョブズは、もうひとりのスティーブという天才的なパートナーがいました。
ビルゲイツは、アスキーの西さんの助言で、OSを他社の製品を買い取って、Windowsの前身、DOSを手に入れました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ビルゲイツは、アスキーの西さんの助言で、OSを他社の製品を買い取って、Windowsの前身、DOSを手に入れました。

そんな出来事があったのですね。

参考になりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/09 09:32

だから日本のIT輸出率が1割程度なんじゃないですか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ。やっぱりこの感覚って、みなさんもある程度納得いただける感覚なのですね。ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/08 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貿易業を営む(起業)ためにはどうすればよいでしょうか?現在浪人生です。

 僕は今浪人1年なのですが、今まさに人生の非常に大きな(おそらく人生で最大の)分岐点にたっています。
と言いますのは将来の夢について深く考えた結果、いわゆる世間通りのレールの上に沿ったやり方では僕の夢は決して実現しないからです。その将来の夢と言うものが "限りなく大きな財産を貯蓄する事を目標とするため「将来的には」貿易会社を営みたい。(そしてできれば世界を回れるような仕事)" と言う事なのですが、これがまた難しく一体何をどうすればよいのか全く分からない状態です。
 そこで質問させて頂くのですが、上記の夢を実現させるためには具体的にはどんな資格があるでしょうか?
自分なりに調べてみたのですが米MBAはどうでしょうか?ただ、米MBAを取得すれば世界の会社で働けるらしいですが夢である"大きな財産を築くため貿易会社を営みたい"という事が本当にできるのでしょうか?

Aベストアンサー

 ABC_CBAさん こんばんは

 現在浪人生との事ですが、近い将来はどうするつもりですが??大学に進学する予定ですか??それとも何か違う事を考えていますか??ともかく今は色々な事を勉強する時期だと私は思います。夢を実現する為の起業をするのは多分10年位は先の話だろと思います。それは起業する為にはそれなりの費用がかかり、それを貯めなければならないからです。

 夢は「大金持ちになりたい」と言う事ですが、全ての起業をする人たちはお金持ちになる事を夢見て起業しています。そしてほとんどの人達は、毎日死ぬほど頑張って何とか生活が成り立つと言うのが実情なんです。そう言う時代で有りながらも、大金持ちになった人なった人(例えばフォーブスに名前が載る様な世界的な大金持ちの人)を勉強する事に何かのヒントがあるんだろうと思います。
 例えばマイクロソフト社のビル・ゲーイツ氏もアップルコンピュターの創始者のスティーブ・ジョブス氏とスティーブ・ヴォズニアック氏も、大金持ちになりたいと言う夢を持って起業したものの、果たして大金持ちになれるかどうか解らない状態で起業したんだろうと想像します。彼らの場合は、彼らが出来る事・したい事を純粋に一生懸命仕事としてしただけだと思います。その仕事が単に時代のニーズに合っただけなんだと思います。
 アップルコンピュターの場合は、スティーブ・ジョブス氏の自宅の駐車場を改造した小さな仕事場で,自分達が使いたいコンピュターを作ると言う事からスタートして、今の大企業が有るわけです。それが単に時代がコンピュター化して行くと言う時代背景にまさに合っただけなんです。ですから、ABC_CBAさんの場合も自分には何が出来るかと言う事を見つめる事。または、何をしたいかと言う事を見つめる事(もちろん夢見たいな事ではなくて、現実性がある事で・・・)そしてその出来る事・したい事の中で、時代のニーズに合うもの(一歩だけでも時代を先読みをして・・・)を見つける事だと思います。

 大金持ちになる方法として貿易会社を起業するとした場合、最初は小さな小さな会社からのスタートですから、社長と言えども御自ら動いて買い付け等をする事になります。その時に必要なのが語学です。世界的に言うと、日本語を話せる人はほんの僅かです。最低でも世界標準語化している英語は話せるように勉強しましょう。その上で中国語を話せるようになると良いと思います。
 商売を成功させる鉄則の1つが、仕入れ値が安く質の良い物を安価で売る事と私は考えています。それを成り立たせる為には、日本みたいな労働賃金の高い所で生産された商品ではなく、中国・東南アジア等の労働力の安い所で生産された製品と言う事になります。そう言う所には、既に架橋と呼ばれる中国系の商売上手な人たちが進出している可能性が高いでしょ。と言う事を考えると中国語を話せるようにする必要が高いと思います。

 資格については,私は貿易会社の事を全く知りませんので何にも言えません。起業するにはタイミングがあると私は考えています。私の場合は小さな小さな薬局を5年前に開局しました。大学に入った当時から薬局開局を夢見て勉強し薬剤師の資格を取りました。5年前父が病死し、父が営んでいた時計・眼鏡の店舗をどうすると言う話になった時に、これぞチャンスと言う事で開局したんです。それと同様に、ABC_CBAさんも起業できるチャンスが来る時があるかと思います。そう言うチャンスの時には、資格側からABC_CBAさんに近づいて来ると思いますよ。資格がABC_CBAさんに近づいて来るとは、簡単に資格が取れる様になると言う事ではなくて、起業(貿易会社)に必要な資格が解ると言う事です。そうなってから資格を取られても遅くないと私は思います。


 長々書きましたが、お解りになりましたでしょうか??

 ABC_CBAさん こんばんは

 現在浪人生との事ですが、近い将来はどうするつもりですが??大学に進学する予定ですか??それとも何か違う事を考えていますか??ともかく今は色々な事を勉強する時期だと私は思います。夢を実現する為の起業をするのは多分10年位は先の話だろと思います。それは起業する為にはそれなりの費用がかかり、それを貯めなければならないからです。

 夢は「大金持ちになりたい」と言う事ですが、全ての起業をする人たちはお金持ちになる事を夢見て起業しています。そしてほとん...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報