初めての店舗開業を成功させよう>>

こんにちは、よろしくお願いします。家には約2歳になるメス猫がいるのですが、サカリがほぼ1年中続いています。季節も朝昼晩問わずウォーウォーと泣き続け、人が近付くとお尻をあげます。
また、粗相もひどく、少し目を離すと壁や布団などに何度もおしっこをしてしまいます。
家にはもう一匹、手術をしていないメス猫がいるのですが、その猫はサカリが弱いらしく、1年3回ほどで、期間も2~3日です。同じ猫なのに、どうしてこうも違うのかと不思議です。
もし、サカリのひどい猫を避妊手術したとして、この鳴き声や粗相は治るのでしょうか?
治らなかった場合、いったいどうやって育てていけばいいのか分かりません。
家族は鳴き声や粗相に我慢の限界です。父は猫を捨てろといい、兄弟は保健所へ連れて行けと迫ってきます。
私は手術させるからそれまで待って欲しいと宥めています。でも、もし手術しても治らなかった場合が怖いです。命に関わることなので、悩んでいます。
手術すれば、鳴き声や粗相は本当に治るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

NO6です。


回答の訂正です。

メラトニンサプリの方法には誤りがあるので、真似しないでください。

それよりも、日光浴や食事改善、運動で状態が良くなるかもしれないので、お試しください。

フードはプレミアムフードが良いでしょう。

タウリンやビタミン、ミネラル類が豊富で、酵素や魚油入りがおすすめです。
    • good
    • 0

N06の者です。


ちょっと訂正させてください。

”にがりでマグネシウムが取れる”と書きましたが、
マグネシウムの過剰摂取は良くありませんでした。

にがりはダメです。
忘れてください。


それからお天気の良い日は日光浴をさせてください。

ビタミンDを作るそうです。^^
    • good
    • 0

本当は避妊手術が1番なのですが、内臓系の病気ということで出来ないですよね。



では、夕方4時には猫がいる部屋のカーテン(遮光カーテン)を閉めて、薄暗くしてください。

薄暗くなるとメラトニンというホルモンが分泌されます。

メラトニンはメス猫のサカリを抑えます。

蛍光灯の明かりでもサカリになるので、気を付けてください。

その他に、メラトニンサプリメントを毎日猫に2~3滴、猫スープやウェットフード、牛乳などお好きな物に混ぜてあげてください。

メラトニンサプリはリキッドもあるし、錠剤もあります。

お好きな方をどうぞ。

錠剤の場合、分量がわからないのでご自分で研究してください。

たぶん少量で良いと思います。
(1錠の半分の半分以下かな。試したことないので正確ではありません)

メラトニンサプリはamazonなどで購入できます。

それでもダメだったら、フードも変えてください。

ビタミンやミネラルなど、何か足りないのかもしれません。

煮干し(無塩)などカルシウムも与えてください。

お水に「にがり」を数滴入れてあげると、マグネシウムが採れていいですよ♪

あとは内臓系の病気を治療してあげてくださいね。

カーテンやメラトニンサプリでサカリが収まってくれるといいけど・・・。

大変でしょうが、頑張ってください!

応援してます。
    • good
    • 0

No4です。

ご返信有難う御座います。責任を持って一生面倒みるつもり事を聞きほっとしました。有難う御座います。
ところ「内臓系の病気」はどんな病気でしょうか?治せる病気でしょうか?きっと猫ちゃんはこの病気にも苦しんで鳴き続けてるでしょう。治す方法や苦痛を和らげる方法など複数の獣医さんに相談して下さい。
大変と思いますが、頑張って下さい。
病気を治せるように、健康で幸せな猫ちゃんになる事を願っています。
    • good
    • 0

猫飼い仲間や猫飼い友人は沢山おります。

合計50匹以上の猫ちゃんも知ってます。すべて避妊や去勢手術しており、お宅のよう、問題になる猫は1匹もいません。つまり原因は猫ではなく、避妊手術してあげない飼い主です。
私は8年前初めて猫を飼いました。こんなに静かで、優雅で、可愛くて、体が柔らかく抱き心地もよく、そしてこんなに清潔な動物って本当に驚きました。嬉しくて、そして猫大好き大好きになりました。猫以上飼いやすい動物はいないと思います。
避妊手術しないままの猫本人は非常に辛いですよ。厳しい言葉になるですが、それは飼い主失格です。それ以上捨てるや保健所へ連れて行くのももっとひどい事で、捨てる=悲惨な猫になり、不幸な野良猫もっと増える事を認識してほしい。
ご質問様はお宅で唯一猫の事を心配している方と思いますので、どうにか猫ちゃんを助けて下さい。できないならせめて猫ちゃんを家族同様大切にしてくれる里親さんを探してあげて下さい。宜しくお願い致します。

この回答への補足

たくさんのお叱り、ご回答ありがとうございます。実は、この質問を投稿したあとに動物病院に猫を連れて行き、避妊手術を申し出たのですが、検査の結果、体重が軽いことと内臓系の病気を持っているらしく、命の危険を考えて手術はやめたほうがいいと言われてしまいました。受診中も猫は鳴き続けていました。
もう一匹いる猫ですが、もう年が12歳を超えていた為、この猫も手術をやめたほうがいいと・・・。
捨てたり保健所は全く考えていませんが、この際私が家を出てペット可の場所へ引っ越すことを考えています。2匹とも自分が拾ってきてずっと育ててきたので、最後までかわいがって行きたいです。
手術は出来ないという結果になりましたが、猫の鳴き声や猫にとっての苦しさを軽減する何か良い案がありましたらご教授お願いします。

補足日時:2014/05/19 09:53
    • good
    • 0

避妊しなかったのは自分たちのせいなのに!


繁殖を望まず、ホルモン系の病気を防ぎたいなら避妊は当たり前のことなんですけど。
避妊手術後、万が一治らなくても捨てるなんて言語道断、里親探しをしてください。

捨てることは動物愛護法違反です。
また、動物愛護法が厳しくなり、保健所も軽はずみに受け取りませんよ、マジで。
人間のせいなので、ご家族全員で考えを改めるべし。
まずは避妊を。



   第六章 罰則

第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。
2  愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、百万円以下の罰金に処する。
3  愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。
    • good
    • 0

手術したら緩和はされると思います。


ただ、ゼロになるかどうかは個体差があるみたいです。
粗相癖などは残る場合も. . .
鳴き声もゼロにはならないとは思いますが、
とりあえず子宮の中の激しい炎症のようなものが
ひどいのかも知れませんね。
猫にとってけっこうつらい状態です。
ひとがなでたりしている間だけは収まったりしませんか。
子宮と卵巣の全摘出タイプの手術をしないと、
発情や、妊娠可能な状態のまま、ということもあるようです。

今言ってもしょうがないんですが、何度も発情をさせていた(2歳まで)ことで
よけいにそういう状態が募ったんだと思います。
1回目の発情がおさまった後に手術できていたらベストだったかも。
(そのときにおうちにいたのかどうかはわからないですが)
ものすごい叫びや粗相など、同じ状態になった猫を知ってますが、
最初の発情のあと手術したら、粗相もないようです。

ちなみに捨てるというのは、法律違反です。(動物愛護法違反)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S48/S48HO105.html
罰金刑とかありますよ。

もう1匹も発情の表れが緩いからと言っても、
結局手術してあげたほうが猫もつらくないと思いました。

手術は発情のときにうるさいとか、粗相があるとかそういうのを
防止するためという副産物もありますが、
基本は、猫に多い子宮や卵巣の病気を
防止するため(健康でいられる確率を上げるため)、
また発情を繰り返すことによって猫がとてもつらい状態に
陥ることを防ぐため、
(子宮が激しい炎症を起こして体にダメージがある)などの
理由でするものだと認識しています。

いずれにせよ、「手術してももし同じ状態なら. . . 」
と思ったにせよ、やらないままという選択肢はもはやないと感じます。
    • good
    • 0

不妊手術



避妊手術
去勢手術
は猫にとって絶対に必要であることを知ろう
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫の発情期はいつまで続くの??

私のネコ(=^・^=)ではないのですが、
代わりに質問させてください。

手術をしてないメスのネコ(4、5歳ぐらい?)なんですが、
今、発情期真っ盛りです。
交配させる予定ではないんですが、
飼主(ちなみに彼氏です^_^;)が「手術はかわいそう」と言っていて手術はしていません。

私事ですが今年の秋に結婚が決まってまして、
彼のネコを新居にもっていく予定です。
(多分マンション)

年内ぐらいで止まって?しまうなら手術をしなくて済みますよね?

分かる方見えましたら無知な私にネコの情報お持ちしています。

Aベストアンサー

交配をせずに発情するままにしておくのは、猫自身にかなりなストレスになります。
性欲は、動物の基本的本能ですから、それを毎年何回も不自然に閉じこめられて「おあずけ」されれば、ストレスになるのもわかる気がします。

手術するのがかわいそうという気持ちもわかりますが、極度のストレスが寿命を縮めるかもしれないと考えたことはありませんか?
人間だってストレスで体をこわしますよね?
猫だって同じではないでしょうか?
また、交配をせずに発情させ続けると、子宮蓄膿症などの生殖器の病気にかかりやすくなります。
そうしたら、避妊手術をするよりもっと大変なことになりますよ。
特に蓄膿症は症状がわかりづらく、気がついた時には手遅れになると言った事も多いと聞きました。

交配をする、しないは、ある程度オーナーさんの考え一つだと思います。
でも、出産は命がけの事ですし、4、5才で初産ではかなりの高齢出産、母胎にも子猫にも影響が出ると考えられます。
そういった事に全て責任をもって対応できる、する、といいのであれば、交配するのもひとつの方法かとは思います。

でも、そこまで責任をとるつもりがないのであれば、避妊手術はしてあげた方がいいと思います。
病気にかかる高い危険にさらし、年に何度も極度のストレスにさらす方が、手術をするよりよほど「かわいそう」で「残酷」な事ではないでしょうか。
手術する方がかわいそうと思うか、極度ストレス放りっぱなし&病気危機状態の方がかわいそうと思うか、考え方一つです。
ストレスから解放してあげれば、猫ちゃんはもっと長生きして彼氏さんのそばにいてくれるかもしれませんよ?

末筆ですが、ご結婚おめでとうござます。
猫ちゃんともども、お幸せに。(*^^*)

交配をせずに発情するままにしておくのは、猫自身にかなりなストレスになります。
性欲は、動物の基本的本能ですから、それを毎年何回も不自然に閉じこめられて「おあずけ」されれば、ストレスになるのもわかる気がします。

手術するのがかわいそうという気持ちもわかりますが、極度のストレスが寿命を縮めるかもしれないと考えたことはありませんか?
人間だってストレスで体をこわしますよね?
猫だって同じではないでしょうか?
また、交配をせずに発情させ続けると、子宮蓄膿症などの生殖器の病気にか...続きを読む

Q発情の時だけいつもと違う場所でオシッコする理由は?

飼い始めて1年半の、7歳の雌猫についてです。

避妊手術済みということで引取りましたが、今年から発情期のような行動を取り始め、卵巣遺残症候群の可能性があるということで今度検査を受けることになっています。

発情行動のひとつに頻尿、それも通常のトイレ以外での排泄があります。ソファや毛布をしょっちゅう汚されるので、試しに毛布を下敷きにしたペットシートのトイレを寝床近くに設置したところ、猫も気に入ってくれたようで、他の場所ですることはなくなりました。

不思議なのは、なぜ発情している時だけそのシートのトイレを使うのかということです。状態が落ち着くとシートのトイレはぴたりと使用しなくなり、いつもの砂トイレに戻ります。そして発情がぶり返してくるに従って徐々にシートを使いだし、完全に発情するとほぼ9割はシートトイレを使うようになります。

砂トイレに行くのが間に合わない、という感じではありません。徘徊している時に何度も砂トイレの横を通りますし、たまには立ち寄って用を足すこともあります(ウンチは必ず砂でします)。飼い主としては、シートが汚れだすと「お、始まったな」、使用が止まると「おさまったか、今回は長かったな」などと状態を把握するのに非常にわかりやすくて助かるのですが、何でこういう行動がおこるのか、不思議でたまりません。

発情期や膀胱炎の時などにトイレ以外の場所で排泄をするというのはよく聞きますが、その理由までわかる方、どなたか教えてもらえませんか?

飼い始めて1年半の、7歳の雌猫についてです。

避妊手術済みということで引取りましたが、今年から発情期のような行動を取り始め、卵巣遺残症候群の可能性があるということで今度検査を受けることになっています。

発情行動のひとつに頻尿、それも通常のトイレ以外での排泄があります。ソファや毛布をしょっちゅう汚されるので、試しに毛布を下敷きにしたペットシートのトイレを寝床近くに設置したところ、猫も気に入ってくれたようで、他の場所ですることはなくなりました。

不思議なのは、なぜ発情している...続きを読む

Aベストアンサー

猫ちゃん大変ですね、治療がうまくいきますように。


猫の突発性下部尿路疾患からのアプローチで回答いたします。

下部尿路(膀胱と尿道)疾患にはいくつか原因があるのですが、原因は異なっても症状が類似しているため、まとめて猫泌尿器症候群と呼びます。臨床現場では単に膀胱炎とも呼びます。
これらの中で、原因が明確に特定できない猫特有の疾患群を、突発性下部尿路疾患といいます。

ここで、排尿異常について。排尿とは、腎臓で産生された尿を一定期間膀胱に溜め置いた後、体外に排泄することです。円滑に生命活動を維持するためには、常に尿が垂れ流しでは不都合が生じます。排尿とは、そのために高等生物が獲得した巧妙な仕組みとも言えます。
主な排尿器官は膀胱とそれに連続する尿道です。蓄尿時には膀胱が弛緩し、尿道は収縮して抵抗を与え、膀胱に尿を溜めます。逆に排尿時には膀胱が収縮し、尿道は弛緩することで、尿を体外に排泄します。

この一連の動きは、神経や、膀胱と尿道に存在する筋組織などが微妙に調和し、制御されて、初めて成立します。従って、これらの調和が崩れるような障害は全て排尿異常に結びつきます。
排尿異常は、排尿困難と尿失禁に大別されます。


・排尿困難
原因には、膀胱や尿道、前立腺の異常や神経障害があります。
このうち今回、膀胱の異常をピックアップしてお話しさせていただきます。
膀胱の異常としては、膀胱炎(感染性、薬剤起因性)や膀胱結石、外傷性損傷、膀胱腫瘍、医源性の膀胱損傷、慢性の不完全尿路閉塞に伴う排尿筋弛緩などがあります。また、尿管痼や子宮の異常(←今回これも考えられる?)、会陰ヘルニアなど、膀胱周囲の解剖学的異常に依る排尿困難もあります。

症状として、排尿姿勢をとるものの、全く排泄されないか、あるいは頻繁に排尿しても、少量ずつしか排泄されません。
(トイレ以外の場所に数滴ずつ漏らすのを、尿淋滴と呼びます。)
この時排尿痛を伴うと、日頃のトイレが「痛みを感じる怖い場所」と認識されて、他所に粗相をすることが多々あります。
特に猫は軟らかい物に排泄することで精神安定するため、毛布などが格好の第2のトイレになります。

今回猫ちゃんは、毛布よりトイレシーツでの排尿のほうが、安心と痛み緩和を感じるのかもしれません。


・尿失禁
蓄尿障害で、排尿が意識的に制御できない状態です。通常、排尿姿勢を伴わずに排尿してしまいます。

尿失禁として今回個人的に考えられるのは、
(1)ホルモン反応性尿失禁 性ホルモンの失調によって起こると考えられています。去勢避妊済みの老齢の犬に多く見られますが、若齢の犬や猫にも見られます。

(2)ストレス性尿失禁 尿道平滑筋の機能不全、あるいは尿道変位によると考えられています。意識的に排尿できますが、ストレス状況下におかれた場合や安静時に尿失禁を起こします。日常的検査では異常は認められません。

(3)切迫性尿失禁 膀胱の炎症や膀胱粘膜の刺激によって起こり、猫の突発性下部尿路疾患に見られる頻尿が、典型的な切迫性尿失禁です。この病気の猫は尿スプレー行動を示します。


発情期のトイレ変えは、いわゆるマーキングと思われます。
猫の精神状態の変化(発情期・環境の変化等のストレスなど)は、マーキング行動の引き金になることがあります。
マーキングは雄猫だけでなく雌猫にも頻繁に見られる行為で、他の雌猫に対するエリア主張だったり、個別の性フェロモンを発して雄猫を誘ったりします。

長口上失礼しました。

猫ちゃん、大丈夫ですか?お大事になさってください、治療がうまくいくこと祈っております。

猫ちゃん大変ですね、治療がうまくいきますように。


猫の突発性下部尿路疾患からのアプローチで回答いたします。

下部尿路(膀胱と尿道)疾患にはいくつか原因があるのですが、原因は異なっても症状が類似しているため、まとめて猫泌尿器症候群と呼びます。臨床現場では単に膀胱炎とも呼びます。
これらの中で、原因が明確に特定できない猫特有の疾患群を、突発性下部尿路疾患といいます。

ここで、排尿異常について。排尿とは、腎臓で産生された尿を一定期間膀胱に溜め置いた後、体外に排泄することで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報