『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

半径Rの円管内の粘土μの液体が、層流状態で発達した速度分布をもって流れている。区間Lの間の圧力損失をΔpとし、次元解析によって流量QとR、μ、Δp/Lとの関係を求めてください。

A 回答 (1件)

不可能です。


次元解析で何でも分かるならば、物理学や流体力学は必要ありません。

流体運動の支配方程式であるナビエ・ストークス方程式、あるいは、それに類する微分方程式を解かなければ、求めることができません。

ハーゲン・ポアズイユ流れ
http://okuma.uunyan.com/category/rheology/hagen_ …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC% …

をご覧になってください。
求める答えは、そこに出ています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング