手塚治虫さんの「奇子」ですが、淀川、霜川、三鷹、松川事件が題材になってますよね。この事件についての描写はノンフィクションですが、この物語のもうひとつのサイドである天外家で起こったことというのはノンフィクションなんでしょうか?それとも全くのフィクションなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

事件 三鷹」に関するQ&A: 三鷹ストーカー事件

A 回答 (1件)

フィクションであり、それを作り出したことこそ手塚治虫の才能なんじゃないでしょうか?奇子や二朗が始末されずに生き延びて、展開していくところにこのストーリーの絶妙さがあると思います。

現実だったらどこかで闇にほおむられてしまうでしょう。

二朗が奇子に、「俺も死んじまった人間さ」と言うシーンがありますよね。
この二人が生きていることで、物語は「都合の悪いこと」を覆い隠している現実とは違う展開を見せ、皆が「戦後は終った」と考えているこの現代に、それがいかに頼りない認識かを見せ付けてくれる。そこが「奇子」のすごいところだと思うのですが。

制作の内幕は知りませんので「私はこう思っていた」レベルの回答です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良いお答えをありがとうございます!そうですね、戦後覆い隠して済ませられてきた現実を暴くすごい作品ですね。そういう気持ちでもう一度読み直してみたら、1回目読んだときとはまた違うものを感じることができました。回答ありがとうございます!

お礼日時:2001/06/19 01:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手塚治虫さんの「奇子」

手塚治虫さんの「奇子」ですが、淀川、霜川、三鷹、松川事件が題材になってますよね。この事件についての描写はノンフィクションですが、この物語のもうひとつのサイドである天外家で起こったことというのはノンフィクションなんでしょうか?それとも全くのフィクションなのでしょうか?

Aベストアンサー

フィクションであり、それを作り出したことこそ手塚治虫の才能なんじゃないでしょうか?奇子や二朗が始末されずに生き延びて、展開していくところにこのストーリーの絶妙さがあると思います。現実だったらどこかで闇にほおむられてしまうでしょう。

二朗が奇子に、「俺も死んじまった人間さ」と言うシーンがありますよね。
この二人が生きていることで、物語は「都合の悪いこと」を覆い隠している現実とは違う展開を見せ、皆が「戦後は終った」と考えているこの現代に、それがいかに頼りない認識かを見せ付けてくれる。そこが「奇子」のすごいところだと思うのですが。

制作の内幕は知りませんので「私はこう思っていた」レベルの回答です。

Q手塚 治虫氏の作品に毎回登場する、豚のようなキャラは?

 鉄腕アトム、火の鳥、ブラックジャック、etc…
手塚氏の手がけた作品の多く(全作品ではどうかわかりませんが)で、
豚のような顔につぎはぎがあり、ひょうたんのような形をしたボディの
キャラクターがちょい役でしばしば出てくるのが気になります。

 手塚プロダクションのHP(http://www.tezuka.co.jp/)にアクセスし、
トップを飾るフラッシュを読み込む際にもいきなり上記のキャラクターが現れるのですが、
あの豚の顔をしたキャラクターの正式名称は、公式では一体なんていうのでしょうか?
(正式名称に関する設定がないようでしたら、通称でも構いませんが)

 小さい頃からこのキャラクターの存在がとても気になって仕方ないのですが
何か特別な意味があったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

「なにか」というと諸説あるようで・・・
研究ページ見つけちゃいました。

手塚さんの漫画の作り方というのは「スターシステム」といって、
頭の中に「劇団」みたいなものがあって、
ロック(黒サングラスの悪役専門の青年)やヒゲオヤジ、アセチレン・ランプ、ハム・エッグ、スカンクといった「俳優」に作品ごとに「役」を与える・・・といったものだそうです。

ヒョウタンツギもその「団員」の一人(?)ですね。
小説で、ヒョウタンツギが主役を張っているものもあるとか・・・
私も未見ですが、読んでみたいですね。

参考URL:http://www.scn-net.ne.jp/~yato/hyoutan/theory/theory.htm,http://ja.tezuka.co.jp/studio/character/star01.html

Q昔テレビで放送していた。君の名はの簡単なあらすじとネタバレを教えてください(^^ゞ

昔テレビで放送していた。君の名はの簡単なあらすじとネタバレを教えてください(^^ゞ

Aベストアンサー

そうですね〜。どこかのサイト内で最初の冒頭が書かれてあるのがありますよ。

Q手塚 治虫のオススメ。

いつもお世話になります。
手塚 治虫の漫画で、あなたの「オススメ」を、教えてください。

僕は、ブラック・ジャックが好きなんですが、それ以外、あまり読んだ事がないんです。
なんか難しそうなやつとかあるじゃないですか。

なので、「これ、以外に面白い」ってやつを教えていただきたいのです。
※例えると、「火の鳥」なんて、なんか難しそうなイメージがあるんですが…。

どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  手塚治虫氏は天才です。彼だけは別格という扱いで、わたしのなかではなっています。
 
  まず、『火の鳥』は、傑作で、十ぐらいの長編に分かれていますが、できばえに少し不揃いがあります。「未来編」「ヤマト編」、あと我王という天才彫刻師の出てくる「鳳凰編」でしたか、この三つぐらいは必読です。その他の編も好み次第です。
 
  古いシリーズでは、『鉄腕アトム』があります。これは、今からすると、少し古めかしいですが、古典だと思います。長編でヴァージョンが三つあるはずです。つまり、アトムの最後が三種類あったと思います。太陽に突入して蒸発するという最後と、時間を過去に遡って、自分の誕生の時点まで戻り、話が円環になるというのと、もう一つは何だったでしょうか。
 
  『三つ目が通る』というのも、わたしは非常に好きです。和登さんという女性が非常に格好いいです。これも時代が出ていて古いですが、奇想天外な話が次々に出てきます。「三つ目族伝説」などを、世界の色々な伝承と結びつけて、非常に説得力があります。本当に「三つ目族」はいたのではないかとわたしなどは思ってしまったのですが、最後の巻のなかのインタビューで、「あれはみんな作りごとです」とあっさり言っていたのには驚きました。しかし、「作りごと」ではないと思います。作者がそう言っても、そう思えない、面白い話です。
 
  『ワンダー3』というのもシリーズですが、たいへん面白いです。
  『ジャングル大帝』というのは、ずっと大昔アニメだったので、大長編のような気がしますが、長編は事実ですが、三巻本ほどです。
 
  『アドルフに告げる』も、非常に広範囲な社会的・民族的問題を扱っていて、また非常に面白いです。手塚氏の戦争体験が記されているのだと思います。
 
  別格として、サファイヤ・フォン・シルヴァーランドが主人公の少女コミックの傑作『リボンの騎士』がありますが、これは、男性が読むとどうなのか、分かりません。たいへん感動した話ですが、少女漫画です。
 
  『プライム・ローズ』という長編もあります。非常に興味深いシチュエーションから始まり、意外な展開となる冒険ロマンSF漫画です。
 
  作品がたくさんあり過ぎて、これが、という風に絞れないです。短編で傑作があるのですが、「怪奇サスペンス傑作集」などに入っているかも知れません。
 

 
  手塚治虫氏は天才です。彼だけは別格という扱いで、わたしのなかではなっています。
 
  まず、『火の鳥』は、傑作で、十ぐらいの長編に分かれていますが、できばえに少し不揃いがあります。「未来編」「ヤマト編」、あと我王という天才彫刻師の出てくる「鳳凰編」でしたか、この三つぐらいは必読です。その他の編も好み次第です。
 
  古いシリーズでは、『鉄腕アトム』があります。これは、今からすると、少し古めかしいですが、古典だと思います。長編でヴァージョンが三つあるはずです。つ...続きを読む

Q黒皮の手帖のあらすじ(ネタバレOK)

松本清帳原作の「黒皮の手帖」

いま米倉さんがやっているドラマの公式ホームページは知っています。
でもここは放送段階までのあらすじしかなくて・・・。

この小説の全あらすじが載っているサイトをご存知でしょうか?

もしくはネタバレOKですので、小説のあらすじを知りたいです。読んだ方、詳しく教えてください。
私は、結末はどうなるのか、先に知っても楽しめるタイプなので、ぜひ知りたいです。

Aベストアンサー

最後は米倉演じるヒロインが逆に巧妙に仕組まれた詐欺に引っかかって無一文になります。因果は巡るです。(原作より)

Q『金田一少年の事件簿』の事件はなぜほとんど殺人事件なのか?

タイトルの通りです。理由をご存知の方いらっしゃいますか? 僕は別に金田一が嫌いじゃなくて、ただ単純にギモンに思ったんです。確かに殺人事件なら、いろいろ構想を練って話の中身を充実したものにできるとは思います。でも、それなら別に殺人事件でなくとも良いのでは? それなのになぜ、原作者の天樹氏と金成氏はあえて殺人事件メインにしたのでしょう? 

Aベストアンサー

金田一少年だけではなく、推理小説の大部分は殺人事件を扱ったものです。

20世紀前半の推理作家に、ヴァン・ダインという人がいますが、
この人が、推理小説のルールとして、「ヴァン・ダインの二十則」というのを提唱しました。
その中に「推理小説には殺人がなければならない」というルールが含まれています。

別にこのルールに従う必要はないのですが、
本格推理小説を書く人は、いちおうこのルールに敬意を払って、
殺人事件にすることが多いのでしょう。

まあ殺人事件の方が、ハデだし、ストーリー的に盛り上げやすいというのもあるでしょう。

個人的には、殺人事件ではない事件を扱ってスマートに仕上げた推理小説の方が好きです。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%F4%A5%A1%A5%F3%A1%A6%A5%C0%A5%A4%A5%F3%A4%CE%C6%F3%BD%BD%C2%A7?kid=90998

Q映画のあらすじや内容(ネタバレ)が豊富なサイト

タイトルのように映画のネタバレが豊富なサイトを探しています。私は理解力がなかったり、見た映画のあらすじを忘れたりすることが多いので、どんな映画だったかなと確認するためにそんなサイトがあればいいなと思っています(できるだけ映画数が豊富で)。映画でいろいろ検索しても軽い内容は書いてあってもネタバレ防止のため全内容や結果などが書かれているサイトは少ないのです。

わがままですが、こんなサイトがあるよ、という方ひとつよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと違うかもしれないのですが、下記のサイトなどはどうでしょう?ストーリーが詳しく書いてあるわけではないのですが、会員(?)の方々のその映画に対するコメントがネタバレありで載っています。種類も多いです私は映画を観るかみないかを決めるためにみるのはもちろん、観終わった後もみて参考にしています。http://www.jtnews.jp/dict.html

参考URL:http://www.jtnews.jp/dict.html

Q手塚治虫オススメのマンガ

最近、手塚治虫さんのマンガを読んでみたいと思いまして…。
私は全くマンガを読んだことがないので、こんなマンガ初心者(?)でもハマってしまうような手塚さんマンガを探しています!何かオススメはありませんか?

Aベストアンサー

私は手塚治虫大好きです!!

ブラックジャックや火の鳥が定番なんですけど、ちょっと外れてどろろが一番好きです!!

ランキングをつけるとしたら
1 どろろ
2 ブラックジャック
3 海のトリトン
4 火の鳥
5 ブッダ

他にもたくさん面白い作品があるので是非読んでみてください!!

Q【ネタバレ注意】『BLUE DROP ~天使の僕ら~』のあらすじ教えてください。

吉富昭仁原作の漫画作品で、チャンピオンREDにて連載の『BLUE DROP ~天使の僕ら~』をご存じの方、あらすじを教えてもらえませんか。
Wikipediaだと、「ある日、謎の少女が矢波翔太の前に現れた。彼女の正体に気づいた翔太は異星人の実験対象に選ばれてしまう」とあるのですが、結末も含めてもう少し詳しく教えてもらえないでしょうか。
結末まで言及して頂いて、自分としては一向にかまいません。むしろ、結末も含めたおおよそのストーリーを知りたいと思っています。
結末を含むあらすじが紹介してあるHPを教えていただくというのでもかまいません。
ご存じの方、おねがいします。

※第三者の方は、ネタバレの危険があるので、閲覧には十分注意してください。

Aベストアンサー

たくさんあるので、できるだけ紹介します。

http://cartoonworld.blog120.fc2.com/blog-entry-8.html
http://tarusworld.blog102.fc2.com/blog-entry-73.html

Q手塚治虫先生のような

手塚治虫先生のような絵の漫画を探しています。

下ネタ系のギャグ漫画だったと思うんですが

友達同士で回し読みしているうちになくなってしまいました。

タイトルや、作者さんの名前も全くわからないので

どなたか教えてください!

難しいとは思いますが、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

田中圭一という作家の漫画だと思うけど…

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31016136


人気Q&Aランキング