iframeはSEO的に不利になる!という記事をよく見かけるのですが、これは具体的にどういうことでしょうか?

よく見かけるというのは「iframeを使うことによって表示されたコンテンツはクローラーから見られた時に"意味のないコンテンツ"だと評価されるので、できるだけ使わないようにするべき」というものですが、iframeで表示したいコンテンツが特に意味のない"ただデザイン上使いたい"という理由であれば使用しても問題ないでしょうか?

例えばiframeを使う事によってページが重くなってしまい評価が下がってしまうだとか、iframeを使うこと自体がNGだとか、そういう理由から"iframeはSEO的に不利になる!"と言っているのか分かりません。

面倒な質問ですが宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

SEO観点で不利だ有利だ、という話題は聞く耳をもたないほうがよろしいです。



SEOということば自体が、人を押しのけて自分が前に出ようという感覚です。
だから、自分と他とおんなじドングリだと思う発想から生まれています。

もし唯一無二のことを提供していたりするのであればそれしかないのですからSEOもなにもありません。

iframeですが、
これでなければいけないというのは、動画のようなものを扱いながらスマホでもPCでも大丈夫なレスポンシブなページにしたい場合です。
これでなければいけないなら使うしかないでしょう。情報が発信できなければ何も始まらない。

SEOなんて議論にもなりません。

一方、iframeを層状にして積むなんていう、意味不明なテクニックを行使しようとしたらgoogleは嫌います。
多数のブラウザに対応可能な保証はないからです。
一般にframe系を嫌うのは、多層化して事故確率が増えるからです。

それと、SEOなんて考えるのは入口ページだけでいいでしょう。
iframeで構成しているページにはリンクで飛ばせばいいのではないですか。

ひとより目立つためにどういう服を着たらいいかなんか考えずに、優れた独自のページを作ることに頭を使うのがまっとうではないでしょうか。
Googleもそう推奨していますよ。
小手先の変なページを切り捨てるためのペンギンやパンダの子孫はこれからもどんどん進化します。
ペンギンがどう動くか対策なんか考えている暇があるなら、皆が寄ってくる情報を展開するのがいいのではないですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

javascriptを少なく!head内はシンプルに!など、様々なSEO対策という名の技法がありますが、結局のところこれら一般化している技法を使っても最終的には"コンテンツ力"によるんですよね。本当に勉強になりました。

お礼日時:2014/07/04 08:19

iframeは、ページ内に別のページを表示する仕組みなので、検索エンジンはは恐らく個別にページ評価をしてるはずです。


希にフレーム内だけのページが検索結果に出てきますが、それはそういう事なのではないのでしょうか?

フレームを一つ使うと、そのページでは単純計算で2ページ分表示する時間がかかるので、そういう意味では不利かもしれませんね。
また、検索エンジンがフレーム内のページを個別に評価するため、フレーム内だけ拾われたりする状況を考えると、それも不利です。広告などのフレームページに訪問者がいきなり来ても、訪問者はどうしようもありません。この訪問者が普通に普通のページに訪れていればと考えれば。

ただ、SEOに関しては1番さんと同意見です。不利と言ってもこれは誤差程度の話かと。
Googleが何を求めているかですね。YouTubeもGoogleですが、youtubeで膨大な閲覧数を稼ぐ動画とは何か。
検索エンジンの集客も結局それと同じです。膨大な訪問者数を誇るサイトはどんなサイトなのか。これを考えれば、まっとうなウェブページのSEO効果など誤差程度でしょう。

Googleはなぜ日本にサーバーを置かないのか。
Googleが作り上げた帝国で一番楽に儲かっているのは誰か。その代わり誰が犠牲になっているか。
本質を見れば、SEO等という言葉自体が空しくなってきます。
一見検索のお客は何もかも無料で手に入れられて儲かっているように見えますが、長い目で見れば、何もかもクオリティは下がり続け、すべてのものに価値が無くなっていくだけです。最終的にはお客さんもショボイものばかり手にすることになるでしょう。そして、コアなカテゴリはその犠牲に耐えられず消える。

と、変な話ですが、Googleはこれからもアップデートを続けるので、グレーとかブラックなSEOはどんどん意味をなさなくなっていきますから、気にしてもあまり意味はないですよ。気楽に行きましょう。
訪問者さえ大事にすれば、台頭する検索エンジンが変わっても大丈夫かと思いますよ。

デザイン的というか、広告などあまり意味をなさないものを表示するときに利用するのがベストっぽいですよ。
レイアウト的なデザインなら、フレームなど使わず、divタグですね。「overflow:auto」か「overflow:scroll」辺りでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

本当にとても勉強になりました。このようにズバッと言われて感謝しています。

お礼日時:2014/07/04 08:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリー素材

フリー素材を探しています。
花柄で、小さな花模様でフリーの素材はないでしょうか?
ポスターとかはがきにその花柄を印刷しまして、
そのポスターやはがきを販売しますので、
印刷物に使用でき、販売目的でもOKのフリー素材は
ないでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

素材辞典
http://www.sozaijiten.com/

プロの素材
http://www.hakata-good.co.jp/

満タンWEB
http://www.dex.ne.jp/mantan/index.html

上記は、商用OKのロイヤリティフリー素材を販売されているサイトです。
使えそうな画像がある素材集を購入すればご要望の用途にかなうかもしれません。

また、検索エンジンなどで、キーワードを「ロイヤリティフリー」「素材」「商用」などで検索されれば、その他の商用可能なフリー素材も見つかるかもしれません。

Q縦書きはSEO的に不利ですか?

ただいま縦書き文字のHPを製作しています。
しっかり検索で引っかかるHPをつくりたいのですが、SEO的に縦書き文字はどうなんでしょうか?
不利になるのでしょうか?

Aベストアンサー

スタイルシートを使わない状態でどう見えるかが全てです。

こ<br>
ん<br>
に<br>
ち<br>
は<br>

と書いてあれば「こ」「ん」「に」「ち」「は」が1文字ずつばらばらになりますので、「こんにちは」で検索しても引っかかりません。

Q商用でのフリー素材の使用で教えてください。

初心者ですみません。
歯医者のHPを作成するのですが、
素材はフリー素材などから使用は厳禁ですよね?
規約を読んでいてもいまいちぴんと来ないのですが・・。

フリー素材集を購入して使用するのがベストでしょうか?

どうぞ教えてください。。

Aベストアンサー

こんにちは。
ホームページで利用できるフリー素材を公開しているサイトでは、個人利用の場合や商用利用の場合についての注意書きが必ず書かれています。
例えば
・個人のようならばOK
・個人でも団体でもOKだが商用はだめ
・すべてOK(ただし自サイトでダウンロードさせることを目的として公開することはだめ)
などです。
二次加工については、すべてだめ、というところは少なくて、プレートなどに文字入れぐらいはOKというところをよく見かけます。たまに、何をしても良いけど著作権表示はしてね、というところもあるようです。

歯医者さんのHPということであれば
・商用可
・プレートなどへの文字入れ可
というところを選ばれてはどうでしょうか。
ちなみに
http://www.ma-fa.com/
は比較的利用対象者が広く
http://homepage1.nifty.com/kumamis/read.html#yakusoku
はリンクしてもらえれば企業でもOKとしているところです。
ご参考までに。

Qブログの記事タイトルを変更したらSEO的にどうなのでしょう?

こんにちは。
詳しい方、勉強なさっている方、専門の方など、分かる方教えて下さい。

ブログの記事タイトルが検索流入には大切だと知らずに、ブログの記事タイトルを適当につけていました。

そこで、記事タイトルをSEO的に直そうと思うのですが、インデックスされてから記事タイトルを変更してもSEO的に問題はないでしょうか?

もともと、アクセスが少ないのでそんなに心配はありませんが、それでもやはり気になります。

どうか、どなたか教えて下さいm(__)m
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最初からSEOを狙った独自ドメインサイトなら影響は甚大。
ブログなら元々SEOは強くないから、余り影響は無い。

そもそもが、記事タイトルと言ってるものは、H3見出しであり、ブログ名を本当のタイトルとして変換させているブログが多い。

確認した方が良い。

Qフリー素材などのサイトって…

ここのカテゴリーで合っているか不安なのですが、よく“フリー素材”のサイトありますよね??
あれは、どのようなソフトを使うと出来るのでしょうか?ペイントだと本格的なのは出来そうに有りません。

あと自分の作ったHPから誰かが素材を持ちかえったらそれは商売(つまりお金はからむ)なのでしょうか?あくまでもフリーはフリー??

たまに見かける「リクエスト(オーダー)受付」って言うのも無料??

趣味で作成して公開しているだけなの??

Aベストアンサー

ソフトは「フォトショップ」みたいなペイントよりもっと高度な機能をもつもので作ってるのでしょうね。

フリーなので商売にはならないはずでは?
趣味でやってる人がほとんどなのでは?
あとはそれに文字を入れたりするときは有料になるとかもあって、そういう場合は別にメールでお願いするとかだったり。
リクエストオーダーも製作者が無料と言えば無料だし有料の場合もあります。1文字いくらとかね。
微々たる商売でしょうが(・・;)

イラストなどを描く人は自分の作ったものを人に使ってもらえるだけでうれしいんではないでしょうかね?
そこから発展して職業にする人もいるでしょうが、よほど有名になってお金払っても使いたいって人がでてこないかぎり趣味止まりかもですね・・・

なんだか答えにあまりなってないみたいでごめんなさい。

QSEO的に見てこの場合の記事は
タグと

タグ、どちらが好ましいか教えてください。

会社の紹介記事を書いていて、1ページに1社こういう感じで書いています。
(間の空ける行も正確にしています。「」は使っていません。)




「【品名】○○会社

【ジャンル】ドリンク、健康食品

【住所】東京都〇〇区○○-○○
【番号】080-××××ーoooo
【HP】なし

時間:
月火水木金土09:00〜17:00 月火木金17:00〜24:30 

休日:日・祝
(時間・休日は変更されていることがあります。)」



<br />タグと<p>タグ...どちらを使うかはそのブログ記事の形状によると聞きました。
この場合、私の記事の書き方だと、どちらのタグを使った方がSEO的に強いのでしょうか?

Aベストアンサー

<br>は改行、<p>は段落を示します。
それぞれ、文章の時によく利用されるタグですが、今回は文章というより表ですよね。
最近はSEOを重要視する感じではなくなりましたが(記述をより正確に行おうとするようになったため)、SEO的には、それらは文章とみなしてしまうし、そこに半角スペースがやたらあったりするようなことで、いい文章だとはみなされないと思います。

なので、どっちかっていったら、テーブルやdl, dt, ddを使った方がいいのでは。
http://taneppa.net/dl_float/
http://www.02320.net/description-list-css-decoration/

ここの会社さんの概要が参考になるかもですね。
http://www.cyber-l.co.jp/ir/management/outlone-ir/

Qロイヤリティーフリー素材

サイト制作の際に写真やイラストの素材が必要なのですが、
予算の問題で購入することができません。
そのため完全無料、ロイヤリティーフリー素材を探しています。
特にビジネス系の写真素材があれば助かるのですが、
ご存知であれば教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

ネットで検索すると沢山出てきますけど

QいまどきのSEO対策・SEO無双・インゴットSEO

一回払いで半永久的に被リンクを付けてくれる被リンク業者を利用しようと思っています。
この手の被リンクサービスはかなり多いのですが詳細に検討を重ねたところ、いまどきのSEO対策・SEO対策無双・インゴットSEOの3つの業者が一回払いの大手であることが分かりました。この3つの業者に絞って比較検討しています。

いまどきのSEO対策
http://imadokiseo.com/
・5万円
・検索エンジン100+独自ドメインからの被リンク10
・SEOコンサルティング、アドバイス

SEO対策無双
http://seo.seo-miu.com/news/twitter/blog/musou/seo%E5%AF%BE%E7%AD%96.html
・料金:3~6万3000円
・無料ブログ200+α

インゴットSEO
http://millionmobile.biz/
・料金:4万9800円
・独自ドメインのブログから50

料金と提供被リンク数は明確ですが被リンクの効果がはっきりしません。この中でどの業者が上位表示の効果が高いと思いますか?

一回払いで半永久的に被リンクを付けてくれる被リンク業者を利用しようと思っています。
この手の被リンクサービスはかなり多いのですが詳細に検討を重ねたところ、いまどきのSEO対策・SEO対策無双・インゴットSEOの3つの業者が一回払いの大手であることが分かりました。この3つの業者に絞って比較検討しています。

いまどきのSEO対策
http://imadokiseo.com/
・5万円
・検索エンジン100+独自ドメインからの被リンク10
・SEOコンサルティング、アドバイス

SEO対策無双
http://seo.seo-miu.com/news/t...続きを読む

Aベストアンサー

業者を選ぶ場合の目安の一つとしてはその業者のホームページが重要なキーワー
ドで上位表示されているかどうかです。

いまどきのSEO対策はかつて激戦のキーワード「SEO対策」で上位表示されていま
した。しかし今では100位以内にすら表示されていません。 SEO対策無双は被リ
ンク提供専門なので「被リンク」が重要なキーワードですが、現在2位となって
います。インゴットSEOも「SEO対策」、 「被リンク」で100位以内に表示されて
いません。

更に重要なのは費用対効果です。被リンク1本あたりの単価を比べると圧倒的に
SEO対策無双が安いことがわかります。効果に関しては被リンクの数 に比例する
と考えられます。

被リンクは質より数だと言われていて、Googleも被リンクのペナルティを強化し
ていることはわかっていますが、それはGoogleが不自然な リンクと判断した場
合に限られます。自然なリンクと判断した場合は検索順位に大きな影響があるこ
とには変わりがありません。

もしGoogleが順位付けの要素から被リンクを外すのであれば、わざわざペナル
ティの強化はしません。だから被リンクはこれからも効果があると 考えるのが
自然です。

その点で3社を比較すると絶対的なリンク数が多いSEO対策無双が最も有利です、

最後に安全性の比較ですが、コンサルティングをしているからGoogleのガイドラ
インに違反しないという理由にはなりません。リンク売買と Googleが判断すれ
ばペナルティを受けるというのは3社共に同じリスクです。むしろ自社サイトを
上位表示し続けているSEO対策無双はペナル ティ回避の方法にも熟知していると
考えられます。

リンク付の作業には手を抜くといった余地はありません。特にリンク付けした
ページのURLを作業終了後に提出しているSEO対策無双は信用できると思いま
す。リンクURLのリストを提出しない業者は逆に信用できません。

トータルで考えても個別に検証してもSEO対策無双が最も効果が高く費用対効果
に優れていると判断できます。

業者を選ぶ場合の目安の一つとしてはその業者のホームページが重要なキーワー
ドで上位表示されているかどうかです。

いまどきのSEO対策はかつて激戦のキーワード「SEO対策」で上位表示されていま
した。しかし今では100位以内にすら表示されていません。 SEO対策無双は被リ
ンク提供専門なので「被リンク」が重要なキーワードですが、現在2位となって
います。インゴットSEOも「SEO対策」、 「被リンク」で100位以内に表示されて
いません。

更に重要なのは費用対効果です。被リンク1本あたりの単価を比べると...続きを読む

Qおすすめのフリー素材(写真)サイトを教えて下さい

特にフード関係の写真が豊富なサイトを探しています。

・無料
・加工自由
・サイト内検索ができる

以上の条件で、おすすめのフリー素材サイトを教えてください。

Aベストアンサー

http://www.photo-ac.com/

こちらはいかがですか。
会員登録は必要ですが、登録メールアドレスにメルマガが来る程度で、個人情報は必要ありません。

Qseo的に有利なブログってなに

seo的に有利なブログってなにですか?ムーバブルタイプ、アメブロとか何が有利ですか??

Aベストアンサー

18種類の無料ブログで実験したサイトがありましたので紹介します。
このサイトでは、それぞれのブログに同じ内容で投稿して、google検索上位に表示された順番で下のようにランクを決めていました。

1位 イザ!ブログ
2位 はてなダイアリー
3位 エキサイトブログ
4位 eoブログ

1位のイザ!ブログは投稿してから約20分でgoogle検索に上位表示されたそうです。
seo対策が十分されているかは分かりませんが、seo的に有利ということは言えるのではないでしょうか。
とにかく早く多くの人に自分のブログを見てもらうという意味では、イザ!ブログが一番だと思います。
ただ、他の無料ブログほどのカスタマイズの自由度が少ないのが難点です。アクセス解析も試してみましたができませんでした(アクセス数の表示はできます)。
もしブログアフィリエイトをされたいのならば、他の無料ブログを使われたほうがいいでしょう。ちなみに、はてなダイアリーも有料でなければアクセス解析やアフィリエイトが制限されています。 
エキサイトブログならばアフィリエイトOKですし、自由にカスタマイズできます。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/seo11/

18種類の無料ブログで実験したサイトがありましたので紹介します。
このサイトでは、それぞれのブログに同じ内容で投稿して、google検索上位に表示された順番で下のようにランクを決めていました。

1位 イザ!ブログ
2位 はてなダイアリー
3位 エキサイトブログ
4位 eoブログ

1位のイザ!ブログは投稿してから約20分でgoogle検索に上位表示されたそうです。
seo対策が十分されているかは分かりませんが、seo的に有利ということは言えるのではないでしょうか。
とにかく早く多くの人に自分のブログ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング