co.jpの「jp」が「se」ってどこの国ですか?
アラブ系だと思うんですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

スウェーデンのはずです。

下記のurlに国名一覧表があったので見てください。

参考URL:http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/letterj/083/83r …
    • good
    • 0

先の方が答えておられるように、seはスウェーデンの


ドメイン(TLD)です。

最近はドメインの登録代行業者も増え、あまりなじみの
無いドメインを見かける機会も増えましたね。
以下のURLで世界の国別のドメインや、ドメインの利用
状況を調べることが出来ますので、興味があれば参照
してみて下さい。

参考URL:http://www.mse.co.jp/ip_domain/all_whois.shtml
    • good
    • 0

「.se」はスウェーデンです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妊婦だと入国拒否される国がある…?

以前嫁さんとフィジーへ旅行する時に旅行会社の方から…
「奥さん妊娠はしていらっしゃらないですよね?フィジーは妊娠されている方は入国が拒否される国なのですが…」
と言われました。
結婚前の出来事なので、妊娠はしていなかったのですが、無知だったせいか嫁さんとお互い…
「へぇ~。妊娠していると入国拒否される国があるんですか!」言っちゃいました(^_^;)。

それで、質問です。
観光目的で海外旅行する時、フィジー以外で妊娠していると入国が拒否される国って他にありますか?
(マレーシアも拒否されると噂を聞いたのですが…)

☆ちなみに僕ら夫婦ではなく、友人夫婦が旅行を計画しているらしいのですが、最近になって奥さんが妊娠発覚。
それで「確か行けない国があったよね?」の話題になって分からなかったので、質問しましたm(_ _)m

Aベストアンサー

 身近な国では、アメリカで入国を拒否される可能性があります。ご存知の通り
アメリカは国籍については出生地主義を取っているので、誰であろうとアメリカ
国内で生まれれば自動的にアメリカ国籍が与えられます。これを悪用し、臨月の
妊婦さんがアメリカで子供を生んで、アメリカ国籍を取らせようとするんですね。

 この場合は、観光にも商用にも該当しませんので、入国審査官が入国目的を
偽っていると判断し、その場で強制送還になる可能性があります。しかも、目的
詐称は重大ですからブラックリストに載ってしまい、その後5年~10年間アメリカに
入国できなくなる可能性もあるでしょう。たとえ、当の本人に「私は絶対に日本で
子供を生むんです!」という固い意志があっても、それを証明する術はありません。

 なお、出生地主義の国はほかに、カナダ、イギリス、オーストラリア、ブラジル
などが挙げられます。基本的に移民の多い国がそうですね。これらの国が目的地の
場合は、おなかの大きい=いつ子供が生まれてもおかしくない妊婦さんであれば、
入国を拒否される可能性を考慮されるべきでしょう。逆に言えば妊娠のごく初期
であれば、体調の問題を別にして、入国拒否のケースは少ないでしょうね。

参考URL:http://www.complete.co.jp/files/mass.html

 身近な国では、アメリカで入国を拒否される可能性があります。ご存知の通り
アメリカは国籍については出生地主義を取っているので、誰であろうとアメリカ
国内で生まれれば自動的にアメリカ国籍が与えられます。これを悪用し、臨月の
妊婦さんがアメリカで子供を生んで、アメリカ国籍を取らせようとするんですね。

 この場合は、観光にも商用にも該当しませんので、入国審査官が入国目的を
偽っていると判断し、その場で強制送還になる可能性があります。しかも、目的
詐称は重大ですからブラックリス...続きを読む

Q「.com」と「.co.jp」の違い

日本企業のドメイン名で「.com」と「.co.jp」の違いが分かりません。
「.com」が外資系というわけでもなさそうですし。
どのような企業が「.com」で、どのような企業が「.co.jp」なのか教えてください。

Aベストアンサー

.comは比較的自由に取れるドメインです。一応企業向けですが、個人でも取得可能です。

.co.jpは、割り当てに制限があって、日本国内で業務を行っている会社であること、組織1つに1つのみと言う割り当て制限があったと思います。(子会社などを利用する抜け穴があるみたいですが。)

故に.co.jpと.comドメインを併用している会社もありますし、同名他社が.co.jpを取ってしまった場合に.comを利用する場合もあります。

Qフィジーへの行き方

こんにちは☆
実際フィジーに行くわけではないのですが、イングリッシュコミュニケーションの授業で自分が行ってみたい国へ行くと仮定してプランを立て、プレゼンテーションをすることになりました。
より、現実味のあるプランを立てるよういわれました。空港には何時に到着するか、レンタカーを借りるか・・・など言え、だそうです。
JALのサイトから調べようと思ったのですが、フィジーには空港がありますか?
あったとすればそこはなんと言う名前で、どこの航空会社の便で行くのでしょうか。教えてください
お願いします☆

Aベストアンサー

フィジーにはナンディ国際空港があります.首都はスバですが,こちらへの
日本からの直行便はないと思います.ナンディへは,成田からエア・パシフィックが
月・木・土の夜19時に出ています.ナンディ到着は翌朝6:45.
フィジーは日付変更線の西側なので,日付のずれはありません.
あとは大韓航空を使う方法あるのですが,そちらは関空からかも知れません.

成田出発の場合,ナンディには早朝につきますが,旅行代理店のデスクは
オープンしています.レンタカーはちょっと不明ですが,日本で申し込んでおけば
係員が待機してくれると思います.
AVISやHERTSなどの会社のデスクがあったように記憶しています.
フィジーのHPとエアパシのHPを参考URLに.

参考URL:http://www.bulafiji-jp.com/index2.html,http://www.airpacific.co.jp/

Q「???★mail.goo.ne.jp」→「★をアットマークに変えてください。」……これって意味あるの?

よく、ホームページなどに、下記のようにメールアドレスを掲載し――

“???★mail.goo.ne.jp”

「★をアットマークに変えてください。」などと、追記している人がいますが、
これは、意味のあることなのでしょうか?

よく、これがスパムメール対策になると聞きますが、
こんなのがどう対策になっているのか、わかりません。

変な話、前述の場合だと、たとえメールアドレスの“@”を“★”にしていても、
「アットマークに変えてください。」に従って、“@”に変えたメールアドレスで、スパムメールを送られてしまえば、おしまいですし……。

本当に意味があるのか、疑問です。
理由をご存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

★の部分が@だと
業者は一括で取得して、@の前後を含めメールアドレスであると判断し、一方的にメールと送ってきます。
これは、人が手動で★を@へなおしているのではなく、ソフトを使って一括処理されます。

それ以外の文字である場合、★などは通常の文章でも使われるため
メールアドレスとの判断を自動的に行うことが難しくなります。
あらかじめ★とわかっていれば処理できますが
それが人によって☆だったり○だったり@(全角)だったり
するので、自動的に認識できません。

だからスパム対策に効果はあるのです。

Qどこの国の英語を覚えるのが一番いいのか。

世界で最も幅広く使える言語といったらやはり英語ですよね。
しかし国によって発音や使い方が多少違うようですが
どの国の英語を覚えるのが一番いいのでしょうか?
それとも標準英語みたいなものがあるのでしょうか?

国の例としては
アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ
インド、フィリピン、シンガポール、パラオ、フィジーなどなど。

Aベストアンサー

大別するといわゆるイギリス英語(英語)とアメリカ英語(北米語)に分かれるのはご存知と思います。
また、目的が仕事で多くの人に通用するということですね。
どんな人があなたの仕事にかかわり、どういう英語を話す場合が多いかなど知りえませんので、個人の好みというか自分例を示すと北米の標準語がよいと感じます。(イギリスなどで米語を話すとその発音は違っていると言われたり、アメリカでイギリス英語で通したら何を上品ぶっているんだと言われたりした経験や現在の世界の社会情勢などを考慮し、自分なりに決めました。)もちろん北米語でも地方によって俗語や表現、発音に違いはあります。

現在はどういう英語を勉強され、それがどういう状態にあるか知りませんが、アメリカ人と話す機会が多いとかはっきり分からないのなら、それを続けるかどちらでもよいから決めて勉強すべきと考えます。それから発音、表現の違いなどを蓄積していけばよいと考えます。

仕事の関係でいろんな国を渡ってきた経験で言うと、多くの日本人はどちらともつかない日本語英語若しくはそれプラスその現地英語が混ざったようなものを話しています。自分もそうだと思います。

ただし、違うと言ってもイギリス英語を習得したからアメリカ英語をそうするには同じだけの時間が必要であるということはないので、あまり神経質になることはないと思います。

私の例で恐縮ですが、アメリカの他、ドイツ、スイス、オーストラリア、東南、東アジア各国等からの来客が多いです。時に聞きなおしたり、説明したりすることがありますが、それらができれば問題なく、支障になったことは一切ありません。

大別するといわゆるイギリス英語(英語)とアメリカ英語(北米語)に分かれるのはご存知と思います。
また、目的が仕事で多くの人に通用するということですね。
どんな人があなたの仕事にかかわり、どういう英語を話す場合が多いかなど知りえませんので、個人の好みというか自分例を示すと北米の標準語がよいと感じます。(イギリスなどで米語を話すとその発音は違っていると言われたり、アメリカでイギリス英語で通したら何を上品ぶっているんだと言われたりした経験や現在の世界の社会情勢などを考慮し、自分なりに...続きを読む

Qメールアドレスのne.jp, co.jp, or.jpて何ですか

jpは日本国をあらわすのは知っていますが、その前のneとかcoとかorは何を意味しているのですか。

Aベストアンサー

下記のページを参考にしてください。

参考URL:http://www.nic.ad.jp/ja/dom/types.html#jp-dom

Qフィジーのマナ島

フィジーのマナ島
こんにちは。
今年の年末に初めてフィジーのマナ島に旅行に行きます。
フィジーのナンディ国際空港に到着したあと、フェリーでマナ島に向かうと聞いておりますが、このフェリーにはお手洗いがついているのでしょうか?
フィジーでの両替はフィジー空港で済ませたほうがいいでしょうか?6日間の滞在でしたら、予算はどのぐらいあればよいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お手洗いですかぁ?ついてますよぉ!
町中の両替屋の方がレートがいいと思いますが、探すのが面倒なら空港でいいんじゃないでしょうか。
ホテルでの両替が一番レートが悪いと思います。
フィジーもカード社会ですからできるだけクレジットカード利用がいいと思います。
以前フィジーに住んでいました(今年も3ヶ月いました)が、マナは乗換えただけで行ったことはありません。
以前は日本人が多かったそうですが、直行便が無くなって目っきり減ったそうです。
個人的にはマナのちょっと先(ボートで15分位)のマタマノアがお奨めです。
トレジャーアイランドリゾートもちょうど良い大きさでフレンドリーな雰囲気が好きですね。
フィジー本島のビーチはお奨めではないですね。コーラルコーストの景色は良いですがビーチは左程ではありありせん。
ナンディの食事は大したところはありませんが、最近はマーティンタール辺りに割と良い店ができてます。
安くて美味しいインド料理や中華は首都スバですが、車で4時間ですし、スバの海はヘドロです。
治安は以前に比べるとかなり良くなっていますね。
予算?ローカルプライスで旅行してましたので良く分かりません。

お手洗いですかぁ?ついてますよぉ!
町中の両替屋の方がレートがいいと思いますが、探すのが面倒なら空港でいいんじゃないでしょうか。
ホテルでの両替が一番レートが悪いと思います。
フィジーもカード社会ですからできるだけクレジットカード利用がいいと思います。
以前フィジーに住んでいました(今年も3ヶ月いました)が、マナは乗換えただけで行ったことはありません。
以前は日本人が多かったそうですが、直行便が無くなって目っきり減ったそうです。
個人的にはマナのちょっと先(ボートで15分位)のマ...続きを読む

Q洗濯表示、「弱」について、うちの洗濯機は「強」も「弱」もついてないのだが・・

洗濯表示の水洗いのマークに「弱」の表示がついてる服あるじゃないですか。
でもうちの洗濯機にはそういう強度を調節できるボタンがついてないのですが、この場合、洗濯機は使わないものでしょうか?
何か痛んだような気がします。
具体的に申し上げると、なんか裾のあたりがボコボコになった手触りがあります。これは毛玉というやつでしょうか?
どうすれば直りますかね・・・。

おねがいします。

Aベストアンサー

うちの洗濯機もありませんよ!そんなに昔のではないんですけど・・・
「弱」表示のある服は、たいていドライコースで洗っています。ドライは水流が弱というよりもほとんどないので、洗濯槽にたまった水の中でネットに入った服を軽く手押しします。

Qハワイ、グアムVSモルディブ、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア

海外で結婚式を挙げようと思っています。

彼-ハワイ、グアム
(定番だし、未開の地は嫌い、彼の家族の希望)
私-モルディブ、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア
(ハワイ・グアムは昔から行きたいと思ったことが無い、海が綺麗、水上コテージに泊まりたい、私の家族は私が行きたいところが一番)


そこで質問です。

A-ハワイ、グアム
B-モルディブ、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア

AもBも両方行った事がある方は、両方の評価をお願いします(Aの中の1カ国、Bの中の1か国でOK)
それ以外の方もこの国のここが良かったということがあれば、お願いします。

ただし、買い物には全く興味が無いので、ブランド品が購入できるや、日本語が通じるというのは(日本語や英語が通じない国でもバックパッカーで旅しているので、通じなくても全然平気)、良い点には含まないでください。

Aベストアンサー

こんにちは。

候補に挙げられているところ全てに行ったことがあります。
グアム、モルディブ、フィジーに関しては昨年行きました。

海外旅行経験が豊富なようですので、時期選びやそのための情報収集に関しては問題はないかと思いますが、挙式される時期によってお勧めは違ってきますね。どこに行くにしても雨季は外した方がいいです。

それから、挙式に関して言えば、圧倒的にA方が選択肢が多いですし、色々な面で融通が利くと思いますので、挙式そのものに拘るならこちらが有利だと思います。
また、もしご家族も参列されるならこちらの方が楽ではないでしょうか?(旅行そのものも手配や費用も)
あと、今後挙式をした思い出の地に家族が増えてからも気軽に再訪しやすいというのもメリットの一つだと思います。
もちろん、挙式だからこそ滅多に行けないところを選ぶ人が多いですけどね。私もそうだと思います。
それから、ハワイもワイキキ周辺には私も興味が持てませんでしたが、離島なら水上コテージこそありませんが、リゾートとしては満足できると思いますよ。

それからBの中で、フィジーにも水上コテージがオープンするという情報がありますが、今のところはないはずです。
1島1リゾートが多く、島によって雰囲気も料金もだいぶ違います。挙式が出来るかどうかは島によって違うかもしれません。
個人的にはいくらフィジーといえども、日本人ばかりのマナ島で挙式するくらいなら、ハワイの離島の方がよいと思ってしまいます。
また、ニューカレドニアも2つしかないので、タヒチやモルディブのように選択肢が豊富ではありません。
ただ、私自身は挙式で行ったわけではないので、評価というのは難しいですね。
もう少し具体的に補足、ご質問していただければ、分かる範囲で回答させていただきます。

こんにちは。

候補に挙げられているところ全てに行ったことがあります。
グアム、モルディブ、フィジーに関しては昨年行きました。

海外旅行経験が豊富なようですので、時期選びやそのための情報収集に関しては問題はないかと思いますが、挙式される時期によってお勧めは違ってきますね。どこに行くにしても雨季は外した方がいいです。

それから、挙式に関して言えば、圧倒的にA方が選択肢が多いですし、色々な面で融通が利くと思いますので、挙式そのものに拘るならこちらが有利だと思います。
また、...続きを読む

QCopyright (c) 年号 会社名 Co.,Ltd. All Rights Reserved.って?

会社のホームページの各ページの最後に
Copyright (c) 年号 会社名 Co.,Ltd. All Rights Reserved.ってありますよね?
どういう意味なのでしょうか?
掲載情報の著作権関係のことであるというのはわかるのですが、年号の書き方が様々ですよね。

↓このページの一番下のNTT Resonantのように・・・
Copyright (c) 2005 会社名. All Rights Reserved.という年号がひとつだけの形と、

↓その上のOK Webのように・・・
Copyright (c) 1999-2005 会社名. All Rights Reserved.と年号のところがなっている場合とがありますよね?

あと初歩的な質問ですが、英語で会社名のあとにつく、Co.,Ltd.やInc.の使い分け等も教えてください。
どなたか詳しい方、どうかよろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

「Copyright」は著作権「(C)」は Copyright の略記号(本当は丸の中にCを書きます)
「19xx-20xx」は最初に著作権が発生した年と最終更新の年、会社名は著作権を有する会社
個人が著作権をもっている場合は個人名になります。「All rights reserved.」は
「すべての権利は著作者が持っている」という意味を示します。

日本の法律では創作物を作成した時点で、自動的に著作権が発生しますので、特にこの
表記をしなくても守られます。しかし国によっては、公的機関などによる登録を経て初めて
著作権が認められるという制度をとっている国があります。
そういう国に持ち込まれても国際条約によって、このCopyrightの書式を守った表記を
していれば著作権が保護される事になっています。

Co.,Ltd.やInc.は著作権とは関係なくて、株式会社(有限会社)が自社の名前の英語表記を
どう決めているかによって変わってきます。つまり、Co.,Ltd.までが会社名です。

Co., Ltd は Company, Limited の略
Inc. は Incorporated の略
Corp. Corporation は Corporation の略
厳密に言うと意味が違うようですが、よくは知りません。

日本の商法では、正式な株式会社の名前には、「株式会社」という文字を入れる事と
定められていますが、英語表記をどうするかは、特に決められていませんので、各会社が
自由に決めています。
最近は、Corp.やInc.が多いようで、歴史が古い会社は Co., Ltd が多いようです。

「Copyright」は著作権「(C)」は Copyright の略記号(本当は丸の中にCを書きます)
「19xx-20xx」は最初に著作権が発生した年と最終更新の年、会社名は著作権を有する会社
個人が著作権をもっている場合は個人名になります。「All rights reserved.」は
「すべての権利は著作者が持っている」という意味を示します。

日本の法律では創作物を作成した時点で、自動的に著作権が発生しますので、特にこの
表記をしなくても守られます。しかし国によっては、公的機関などによる登録を経て初めて
著作権が認め...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報