現在の中国では北と南では通訳が必要なほど言葉が違いますが,
昔,三国志時代にも通訳はいたのでしょうか?
多民族国家ですばやく命令を出さねばならない時に通訳を介してたら遅くなる気がします。又,一人で何か国語(方言)も話せるとは思えませんし。
どうでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ちなみに,『学研漢和大辞典』によると,「通訳」という言葉(意味も今と同じ)は『後漢書』にすでに見られるそうですから,少なくとも三国時代の直後には通訳は存在したもののようです。

文脈を見ていないので,どのような人の間で必要とされた通訳なのか不明ですが。
    • good
    • 0

通訳を介してタイムラグができるとしても,通訳を介さなければそもそも伝わらないわけですから,やはり通訳はいたはずです。

あるいは,(中央と言葉の異なる)地方の偉い人たちは,基本的に中央の言葉が使えなければやっていけなかったのかもしれません。それなら政治的な命令系統において「通訳」は不要だったということになりますが,それ以外の場面で通訳が必要とされることがなかったとは考えられません。

ご参考までに,やや時代は下がりますが,日本書紀には,607年に小野妹子を遣隋使としたとき「鞍作福利」という人を通訳(当時は「をさ」といった)につけたという記事があります。さらに下って10世紀には,旅行者向けに「中国語-チベット語」「中国語-コータン語」(コータン語は西域で話されていたイラン系の言語)の会話練習帳が作られていて,敦煌から出土しているそうです(「サンスクリット-コータン語」とかもあるらしい)。言葉に関する状況は,昔も今も変わらないと考えて間違いないと思います。
    • good
    • 0

中国のことは分かりませんが、一般論として古代でも、中国に限らず言葉が違えば通訳がいたことは間違いありません。

(通訳という職業人がいたかどうかは別として)ローマ軍がヨーロッパに攻め込んだ時、現地にはラテン語を理解する人は一人もいなかった筈です。スペイン人がはじめてメキシコ(マヤ、アステカ帝国)やペルー(インカ帝国)を攻めた時、原住民はスペイン語を理解出来ないし、スペイン人は原住民の夫々の言葉は理解出来ません。日本にフランシスコ・ザビエルがカトリック教を伝えたときもザビエルは通訳が必要だった訳です。

地球上のいかなる地域でも、孤立した例外中の例外の民族でないかぎり国境の人々と交流があり、場合によっては混血もしています。彼らが貴重な通訳になるのが普通です。アメリカ・インディアンのように手話によってほぼ全部族が理解しあっていたケースもあります。スペイン人を助けたのは難破してインディオに助けられていたスペイン人と二カ国語(マヤとアステカ)が出来た原住民の女性でした。スペイン語→マヤ→アステカという三カ国語の通訳となった訳です。

中国でも同じようなことがあったと推測できますが、ひとつ事情が違うのは彼らは
筆談ができたということです。種子島にポルトガル人が漂着したとき、領主との会談はポルトガル人に同行していた中国人を介した筆談(ポルトガル語→中国語→
書かれた中国語)だったといわれます。昔の日本人は中国人の出身が(方言)どこであれ、筆談が出来たのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米ヒップホップ界の勢力図

アメリカのヒップホップ界の勢力図が分かる書籍やHPを教えてください。

Aベストアンサー

米ヒップホップ界の勢力図

ラップとヒップ・ホップの正確な違いを、各ジャンルのアーティストやファン、その他さまざまな関係者に説明してもらったとしても、てんでんばらばらな答えが返ってくるに違いない。しかしながら、ヒップ・ホップは音楽という以上に、アート/ブレイクダンス/ファッションなど文化的な現象を示すものであり、一方、ラップは音楽のひとつのタイプである――という定義には、ほとんどの人が賛成するだろう。また、ラッパー兼社会理論家であるKRS-Oneは「ラップは行動、ヒップ・ホップは信条」と語っているが、これもまた頷ける発言ではないだろうか。

勢力図はありません。

参考URL:http://www.listen.co.jp/xtpsub494.jsp

Q日本民族遺伝子調査

日本民族のルーツを遺伝子調査によって調べた結果があるの聞きました。
日本列島でどの地域でどの民族系の遺伝子の分布が多いか調べたものだそうです。

朝鮮半島系 中国系、、その他いろいろあるそうですが、この分布図や詳しい内容を知りたいのです。
ご存知の方よろしくお願いします

Aベストアンサー

以下の本は参考になります。

『モンゴロイドの道』朝日選書523
『分子人類学と日本人の起源』裳華房刊
『古代日本史と縄文語の謎に迫る』
『モンゴロイドの地球全5巻』東京大学出版会
特に第3巻「日本人のなりたち」第5巻「最初のアメリカ人」

以上はいずれもモンゴロイド(新旧の二大グループ)の広がりをHTLV1のトレースから分析、追及したものです。
日本人が大きな二つのグループから成り立っていることまではほぼ定説のようですが、それ以降の流れにはいろいろな説があって未だ結論は見えていないようです。

お酒に強い旧モンゴロイド(縄文人)弱い新モンゴロイド
(弥生人など)の分布図なども新大陸を含めて紹介されています。紹介した本は全て図書館にあると思います。

Qポータルサイトの勢力図を示してください。

ポータルサイトの勢力図を示してください。

Aベストアンサー

先日、日本経済新聞に記事がありましたね。
NIFTY(富士通)とBIGLOBE(NEC)を順位に入れないずるい(賢い(^^))書き方でしたけど、ね。
1位は押しも押されもせぬYahoo!(ソフトバンク) もうぶっちぎりです。対抗はGOOGLEか。
3位以下は団子レースですが(順位も記憶があやふや)
INFOSEEK(楽天)MSN(マイクロソフト)GOO(NTT-X)LIVEDOOR(ライブドア)あたり。
NTT系が大枚払って面子で運営しているGOOがLIVEDOORに追い抜かれそうな勢いで他社買収計画だそうです(^^)
EXCITEあたりはGOOが買っちゃうのかな? 当面LIVEDOORに抜かれる心配なくなる! OKWEBという質問回答サイトはGOOと提携していましたがEXCITEとも提携。統合の布石かも(注 根拠はないです。信じたりしないように(^^))

Qアイヌ民族と土器

アイヌ民族の文化遺産として土器が見られないようですが、実際にアイヌ民族では土器が古代から生産、使用されていなかったのでしょうか?アイヌ民族はかつては東北地方にも多く住んでいたとされています。東北地方では縄文土器を始め、土器文化は発達していましたが、なぜアイヌの文化財に土器が見られないのか、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。

>疑問に思ったところもありました。それは土器と燃料の関係についてです。

突っ込みありがとうございます。

実は私もこじ付けだと思っていますw

現実、北海道は原生林が多く、燃料に困ったとは考えにくいとも思えるのですが、幕末の蝦夷地調査団で雪に閉じ込められた宗谷での越冬隊は、薪炭・食料の調達が出来ず、全滅している事例も在ります。

まぁ、冬に素人が食料を得るのが困難なのは判りますから、此れだけで判断は出来ませんが、土地によっては狩猟は出来ても燃料の乏しい場所はあるのですよね。

ま、妄想のこじ付けですw


現実に北海道で生産された土器は存在しますので、擦文時代には間違いなく生産・利用していたのは事実です。

ただ集落が少なかったのか、遺跡が少ないので、出土が少ないと言う事になっています。


此処から更に妄想・・

北海道アイヌ文化は、早い段階で自給自足を捨ててしまっているので、残っている形から古代の生活を類推するのが難しいのです。

それと生活様式が、北から来たというより、南から渡った感が、どうしても拭えないのです。

農耕は捨てたのか?新たに得たのか?少なくとも北回りでは、農耕は入り様も無いです。

またエスキモーやイヌイットには高度な醗酵文化があるのに、アイヌに無いのも、どの様な理由か・・

実は擦文時代には暖房用の囲炉裏と、調理用の竈が、住居に存在していたようです。

しかし徐々に竈は姿を消し、囲炉裏のみとなります。

此れが鉄器に切り替わった時点だと、一般的には推察されています。

擦文時代はそもそもが7世紀辺りからで、600年代ですから、既に本州では鉄器が生産され、関東・東北でも始まる頃なのですよね。

高価な物ですから広がりが遅れただけで、その間に土器を使用していたのかもしれません。


どう~~も、最初期段階から「交易」をしていた気がしてしょうがないのですよね・・・

北方から南下して、本州に接したのならば、生活様式は自給自足型が成立していなければ、話にならないのです。

其れに豊かな土地なのですから、人口も増加して然るべきで、其れに伴い遺跡も多くなければなりません。

しかし本州から・・・、と考えると、整合性が付き易いのです。

ま、此れからの研究次第ですね。

補足ありがとうございます。

>疑問に思ったところもありました。それは土器と燃料の関係についてです。

突っ込みありがとうございます。

実は私もこじ付けだと思っていますw

現実、北海道は原生林が多く、燃料に困ったとは考えにくいとも思えるのですが、幕末の蝦夷地調査団で雪に閉じ込められた宗谷での越冬隊は、薪炭・食料の調達が出来ず、全滅している事例も在ります。

まぁ、冬に素人が食料を得るのが困難なのは判りますから、此れだけで判断は出来ませんが、土地によっては狩猟は出来ても燃料の乏し...続きを読む

Q世界の自動車メーカ勢力図

世界の自動車メーカの勢力図みたいなのってありますか?
ネットで探したんですけど見つかりませんでした
たとえばダイムラーとメルセデスの関係とアウディーとVWの関係が図式化されているものです

Aベストアンサー

こんな感じですか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=732173

Q三国志の中における倭国の位置付け

史実、三国志の中における倭国の位置付けとはどんなものだったのでしょう?
明確な解釈が見つからず、悩んでいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一言でいえば「とるに足りない辺境の野蛮国」です。
俗に「魏志倭人伝」とされている文章は、正確には「魏志東夷伝倭人条」で、たしか2000文字ぐらいの記述しかないのでしたよね。一冊の「伝」を建てるに足りないと判断されたわけですし、また実際それだけの情報しか魏には届いていなかったのでしょう。紀伝体の元祖である「史記」では、「帝王に本紀を建て、それを助けた人物に世家を建て、いずれにも入らないが漏らすには惜しい人物に列伝を建てる」という基準で分類されています。さらにその下に、一人の人物ではなく複数をまとめて一編の列伝にまとめてしまうという扱いもあります。後続の正史では世家を列伝にまとめてしまいましたが、つまり「魏志」での倭国の扱いは、「記述は必要だろうが最低限でよろしい」というレベルです。
内容を見ても、「これこれこんなに遠いところに、これこれこのような野蛮な風俗をもつ国がある。生意気にも朝貢してきたので、恩恵を与えてやった」というだけの話で、朝貢の事実がなければ(本当の意味で朝貢という意識があったかどうかも疑問ですが)正史には残らなかったでしょう。
こんなところが趣味で中国史の本を読みあさっているわたしの解釈ですが、どんなものでしょうか。

一言でいえば「とるに足りない辺境の野蛮国」です。
俗に「魏志倭人伝」とされている文章は、正確には「魏志東夷伝倭人条」で、たしか2000文字ぐらいの記述しかないのでしたよね。一冊の「伝」を建てるに足りないと判断されたわけですし、また実際それだけの情報しか魏には届いていなかったのでしょう。紀伝体の元祖である「史記」では、「帝王に本紀を建て、それを助けた人物に世家を建て、いずれにも入らないが漏らすには惜しい人物に列伝を建てる」という基準で分類されています。さらにその下に、一人の人物...続きを読む

Q【政治で◯◯派とか派閥があるじゃないですか?】 ああいう派閥ってどれだけあるのかどういう勢力図と相関

【政治で◯◯派とか派閥があるじゃないですか?】


ああいう派閥ってどれだけあるのかどういう勢力図と相関関係になってるのかニュースで説明してくれないですよね?

ドラマの相関図みたいな政治の派閥版を見たいんですけど女子アナの◯◯会の女子アナ派閥相関図とかは見つけれますが政治版の相関図はどこかありませんか?

Aベストアンサー

こんなの?政治家の離合集散は激しいからネ・・・
http://unotama.hatenablog.com/entry/2017/01/09/000000

Qケルト人以前のヨーロッパの先住民族

ヨーロッパにはもともとどんな民族が住んでいたのでしょうか?
特にフランス・ドイツ辺りの民族について知りたいのです。
ケルト人も民族移動によってガリアの地域に移ってきたそうなのですが・・・
ならばケルト人以前のヨーロッパの原住民とはいったいどんな民族なのか?
ゲルマン系の民族なのでしょうか?
クロマニョン人のルーツはどこへ行ったのでしょう?
新石器時代はいつ頃始まったのでしょう?
ストーンヘンジは誰が築いたのか?
衣食住はどんな暮らしをして遺跡は残っていないのか?
青銅器はいつ頃伝わった?
土器と小麦の伝播は?
などなど、いろいろ知りたいことがいっぱいです。
情報お寄せ下さい。

Aベストアンサー

質問を絞って頂きましたが、満足な回答は出来そうにありません。ヨーロッパの歴史の専門家の登場までの前座としてとりあえず纏めてみます。

結論からいえばケルト以前の先住民社会は新石器時代の人々であり、ヨーロッパ文明の基礎はギリシャ・ローマ文明にありとする人々は、ケルト以前の社会は先史時代として専門書でもない限り大雑把な解説でおわっています。

エジプトで文字が使われ最初のピラミッドが建造された紀元前3,500年ごろのヨーロッパでは文字も青銅器も鉄器も知らない石器時代が続いていました。紀元前3千年ごろエジプトではじまった青銅器文化が前ヨーロッパに広まるのに2千年を要したといわれます。一方、原始ケルト族は紀元前2千年まで遡るものの歴史の表舞台に登場するのは紀元前千年ごろからです。すでに鉄器を知っておりアルプス以北の中央ヨーロッパ全域に展開していました。従って、歴史に登場するヨーロッパの部族は北部のゲルマン、東部のスラブを除いて、ケルトの支族であり、民族名があってもケルト系という括弧つきがほとんです。唯一の例外はアルプス山中に住むバスク人で
彼らの言語は、どのインド・ヨーロッパ語(現在のヨーロッパ語の共通の祖先)にも所属しない謎の民族・言語とされています。

石器時代にヨーロッパ各地に巨石遺跡を残した人々がいますが、彼らの存在は考古学の世界であり、名前があるとしても遺跡発見の地の名前を便宜上つけるもので、
後の民族とは別のものです。ヨーロッパの歴史上の主な出来事はケルト以降と思ってまず間違いないでしょう。*フン族のヨーロッパ侵略、*民族大移動(フン族に圧迫されたゲルマン族の南下

ケルト人は好戦的で当時のヨーロッパで対抗できる民族はいなかったようですが、帝国をつくることを知らず、族長を中心とする小集団の集まりだったため、後にローマ軍に撃破され(シーザのガリア戦記が有名)、又ローマ人とのたびたびの戦争でローマ人の戦い方を学び取ったゲルマン人にも破れました。英国に住んでいたケルト人は侵入してきたゲルマン人(アングロ、サクソン他の支族)に完敗し、今日ではケルトの末裔と言われる人々が英国のウエールズ地方とアイルランドに残っています。

以上、疑問解消に少しでも役立てれば嬉しく思います。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~can36360/i122.htm

質問を絞って頂きましたが、満足な回答は出来そうにありません。ヨーロッパの歴史の専門家の登場までの前座としてとりあえず纏めてみます。

結論からいえばケルト以前の先住民社会は新石器時代の人々であり、ヨーロッパ文明の基礎はギリシャ・ローマ文明にありとする人々は、ケルト以前の社会は先史時代として専門書でもない限り大雑把な解説でおわっています。

エジプトで文字が使われ最初のピラミッドが建造された紀元前3,500年ごろのヨーロッパでは文字も青銅器も鉄器も知らない石器時代が続いていました...続きを読む

Q最近の周辺機器メーカー勢力図

ずいぶん昔、パソコン関係の仕事をしていました。Windows95が
出るか出ないかの頃の話です。
その頃のパソコン周辺機器メーカーというと、メルコ(現バッファロー)
とアイ・オー・データ機器が両雄。老舗のロジテックとサプライからの
新規参入エレコムが第二勢力。って感じだったと思います。

さて、最近の勢力図はどんな感じなんでしょうか? 量販店の売り場を
見ていると、バッファローが頭一つ抜け出して、アイ・オーがエレコム
に並ばれている。そんな感じがしているのですが・・・

Aベストアンサー

http://melco-hd.jp/ir/zaimu/kessan/200903setsumei.pdf
こちらの3ページ・4ページ・11ページ・12ページを参照ください。こんな感じです。

Q日本民族の成立は何時頃でしょうか?

日本民族の成立は何時頃でしょうか?
ミトコンドリアDNAから日本列島には異なった時期に異なったルートでホモ・サピエンスが来た事が近年の研究で分ってきていますが、それでは学術的には日本民族の成立は何時頃でしょうか?

Aベストアンサー

まず「日本民族とは何か」という定義をしなければ答えが出ない質問です。
単純に「日本列島に居住した人類」という意味なら「後期旧石器時代」となります。
あるいは「遣唐使廃止により国風文化が成熟した」なら「平安時代」でしょうし、「わび・さび」なら「室町時代後期~戦国時代」です。
「国号」とするなら「7世紀」、現在も残る生活文化という意味では「江戸時代」かもしれません。
ようするに「日本民族の成立」という概念は歴史学・考古学上の概念では成立しない命題のように思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報